有名人のお金の使い方 2010年7月28日 (水曜日)

ロバート・キヨサキ 第70回 デッド・キャット・バウンス─死んだ猫が跳ね返るとき

ダウ平均は、2010年中に5000ドルまで下落するだろうか。


ロバート・キヨサキ 第69回 2010年は、最良の年か、最悪の年か

「それは最良の時代であり、最悪の時代でもあった」


ロバート・キヨサキ 第68回 史上最大の詐欺

2009年10月19日発行のタイム誌[米国版]の見出しに、次のような見出しが躍った。


ロバート・キヨサキ 第67回 キヨサキコラム 最悪の時に備えるための方法

昔、日曜学校で教わったことの一つに、「エジプトのファラオ(王)が見た夢」というたとえ話がある。


ロバート・キヨサキ 第66回 最悪のときに備える

「金融危機は終わったのでしょうか」


ロバート・キヨサキ 第65回 投資家よ、「平均的」になるなかれ

私がよく聞かれる質問に次のようなものがある。「あなたは、平均的な投資家にはどんなアドバイスをするのですか?」私の答えはこうだ。


ロバート・キヨサキ 第64回 「安物買い」では金持ちになれない理由

先日、友人の一人が訪ねてきて、興奮ぎみにこう言った。


ロバート・キヨサキ 第63回 略奪者の宴会で、投資資金を巻き上げられない方法

あらかじめ申し上げておくが、今回のコラムには不適切な表現が含まれている。


ロバート・キヨサキ 第62回 「高い料金を支払って悪いアドバイスをもらう」

金融危機のいま、誰もが良いアドバイス、適切なアドバイスを求めている。だが、そういうアドバイスを見つけるのは難しくなっているかもしれない。


ロバート・キヨサキ 第61回 かくして金融危機はシステムに組み込まれた

「いったいどうして、ここまで金融が混乱してしまったのでしょうか」――すばらしい質問だね。


ロバート・キヨサキ 第60回 資本主義は倒壊し、アメリカの納税者はそのかけらを拾う

2001年9月11日、ワールドトレードセンターのツインタワーが崩壊したのを境に世界が大きく変わったのは、誰もが認めるところだ。


ロバート・キヨサキ 第59回 悲観主義がはびこるときこそ金持ちになるチャンスだ

もしあなたが金持ちになりたいと真剣に願っているなら、いまがその絶好のチャンスだ。悲観論が大量生産される時期に入ったからだ。どっちを向いても悪いニュースだらけで、楽観論者が悲観論者になるときが、投資の最高のタイミングになる。


ロバート・キヨサキ 第58回 金持ちになりたいなら、本当に金持ちになれるアドバイスをさがせ

私は、最近のテレビ出演では、米国の金融危機について話をしている。こうした番組は、いわゆる「金融の専門家」と称される人たちによる討論を目玉にしていることが多い。彼らが互いの意見に同意することはめったにない。


ロバート・キヨサキ 第57回 もっとも富める者たちが生き残る

ベア・スターンズ(米国の投資銀行。サブプライム問題で信用危機に陥り、JPモルガンに買収された。)の買収劇が、大きな犠牲をともなう大量虐殺であることは、ほとんどの人が知っている。これを「救済」と呼ぶ人もいるが、私に言わせればこれは「施し」だ……


ロバート・キヨサキ 第56回 破滅の恩恵

この世の終わりを告げる預言者たちはいつも、世間から嘲笑され屈辱を受けるという危険を冒してきた。「地球最後の日が近づいている」という看板を持って街頭に立てば、通行人に笑われるか、ヤジを飛ばされるのがオチだ。


ロバート・キヨサキ 第55回 より良い情報筋に投資する

数日前のことだが、ある記者に、あなたも不動産で損をしているのではないのかと聞かれた。私は、「いや、儲かっていますよ」と答えた。


ロバート・キヨサキ 第54回 時代の先を行く

ファイナンシャル・アドバイザーのほとんどは、未来を予測することは不可能だと言う。そういう専門家たちは、相場の天井や底を言い当てることはできないと主張する。そして、この先どうなるかなんて、あなたには(あるいは自分たちには)予想がつかないのだから、私たちにあなたのお金を長期間預けておけばいいのですなどというアドバイスをする。


ロバート・キヨサキ 第53回 波乱の時代が始まっている

(2007年)9月30日付けのニューヨークタイムズ紙に大々的に載った2つの記事は、私たちにとって将来への警鐘となるはずだ。「僧侶を激怒させたものは何か」と題する記事は、ミャンマーの仏教の僧侶たちが主導した騒乱に関するものだった。


ロバート・キヨサキ 第52回 景気後退の波にさらわれないために

「お隣さんが失業したら景気後退、自分が失業したら不景気」という古い言葉がある。テレビの経済ニュースを見たり、金融関係の本を読んだりしていると、このところ、「米国経済は景気後退に向かっているのではないか」と聞く人が多くなっているのに気づくだろう。


ロバート・キヨサキ 第51回 危機の時こそ買い時

知ってのとおり、(2007年)8月初旬、ダウ平均は400ドル近く下落した。数時間とたたないうちに、Fox News、CNN、Bloombergといったニュース番組のプロデューサーが電話をかけてきた。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧