株式投資情報 2011年1月17日 (月曜日)

プレナスは一転して業績を上方修正、純益減益率縮小し3連騰

■材料株人気が増勢となろう プレナス<9945>(東1)は、53円高は1309円と3営業日続伸している。前週末14日大引け後に今2月期第3四半期(3Q)決算とともに、昨年7月、10月と2回も下方修正した2月通期業績の一転した上方修正を発表、純益連続減益率を縮小することが下げ過ぎ訂正買いを拡大させている。 2月期業績は、10月再減額値より売り上げを3億円、経常利益を10億円、純利益を4億4000万円それぞれ引き上げ、経常利益は60億円(前期比3%増)と増益転換し、純利益は、24..


【銘柄フラッシュ】リチウムイオン電池のチタン工業が高くパイオニアも堅調

 17日前場は、円相場が欧州債務国の財政不安の後退感を背景に安定、伊藤忠商事<8001>(東1)と丸紅<8002>(東1)が昨年来の高値。東芝<6502>(東1)は東証1部の売買代金1位。 東証1部の値上がり率1位は株価ひとケタ銘柄で、2位のチタン工業<4098>(東1)はリチウムイオン電池の高性能化に関する電極材を材料に16.8%高、3位の宇徳<9358>(東1)は低PBRがいわれて14.6%高、4位のニッケ<3201>(東1)は11月本決算と自己株の取得を材料に13.2%..


【話題株】プライムワークスは3Q好決算と立会外分売が綱引きも反発

■立会外分売終了の人気再燃も見込まれる プライムワークス<3627>(東マ)は、寄り付きの7800円安から切り返し2400円高の14万4200円と買い戻され反発している。 前週末14日大引け後に今2月期第3四半期(3Q)決算を発表、2ケタ増益転換したが、同時発表の株式立会外分売と綱引きし売り買いが交錯している。 同社は、昨年4月に発表した株式分割を好感して株価が急伸したが、5月実施の立会外分売が響き値を消しており、悪連想が働き利益確定売り材料視された。 3Q業績は、前年同期比..


[PR]注目のキーワード「共通一次」


【株式市場】東証1部の7割近くが値上がりし全般堅調で反発

 17日前場の東京株式市場は、全般堅調。中国主席の訪米を前に米中の経済安定成長に期待があり、欧州債務国の財政不安が後退したことも好感。大手商社が堅調で電機・精密、繊維製品もしっかり。水産・農林、不動産株も堅調。東証1部の値上がり銘柄数は1121銘柄(約67%)だった。 日経平均は反発となり、朝方1万562円39銭(63円35銭高)まで上げ、前引けは1万536円74銭(37円70銭高)。 東証1部の出来高概算は8億9826万株、売買代金は5718億円。1部上場1671銘柄のうち..


ビックカメラは第1四半期55%増益を見直す買い再燃となり反発

 ビックカメラ<3048>(東1)は17日、反発となり、3万4200円(200円高)で寄ったあと3万4250円(250円高)まで上昇。10時45分にかけても3万4150円(150円高)前後で堅調となっている。1月12日に第1四半期決算(9〜11月)を発表し、13日に3万4500円まで上げたあと一服商状だったが、下値の固さが見直されて買い直す雰囲気が再燃したようだ。 第1四半期は、営業利益が前年同期比54.8%増の30.9億円。テレビ・エアコン・冷蔵庫のエコポイント対象3商品が..


【銘柄診断】北興化はV字続伸業績手掛かりに低位割安株買いが再燃し急反発

■前期業績は、それぞれ黒字転換 北興化学工業<4992>(東1)は、23円高の291円まで上げて15円高の283円と急反発している。前週末14日大引け後に11月期決算を発表、前期は、昨年12月27日の修正通りに黒字転換して着地し、今期もV字続伸することを手掛かりに低位値ごろの割安株買いが再燃している。 前期業績は、売り上げが前々期より17%増と増収転換し、経常利益が7億4000万円(前々期は17億5500万円の赤字)、純利益が3億1200万円(同11億4900万円の赤字)とそ..


【注目銘柄】1stホールディングスは初決算が業績増額と期末再増配伴い5連騰

■業績観測報道を超えての上方修正 1stホールディングス<3644>(JQS)は、31円高の577円と5営業日続伸している。前週末14日大引け後に昨年12月1日の新規株式公開(IPO)以来の初決算となる今2月期第3四半期(3Q)業績を発表、合せて今年1月13日の業績観測報道を超えて今期業績を上方修正し、期末配当を昨年12月20日に続き再増配したことが下げ過ぎ訂正買いを拡大している。 2月期業績は、上場時予想値より売り上げを2億3100万円、経常利益を1億8700万円、純利益を..


東宝不動産が有楽町などの活性化策に期待高まり連日の高値更新

 東宝不動産<8833>(東1)は17日、昨年来の高値を連日更新する始まりとなり、612円(11円高)で寄ったあと638円(37円高)まで上昇。本社が東京・有楽町で、この地区を含めた環境交通推進審議会が、交通渋滞の緩和などを目指し、民間の敷地に駐輪場を設置する社会実験を行なうと14日に伝えられたことを引き続き材料視する相場となった。 東京・有楽町や大手町、丸の内地区の事業者で構成する「大丸有」地区と周辺地区の環境交通推進審議会が交通渋滞の緩和などを目指した実験を開始することで..


ニッケが好決算と自己株取得の発表を好感し戻り高値を更新

 ニッケ<3201>(東1)が17日は急伸の始まりとなり、730円(40円高)で寄ったあと742円(52円高)と戻り高値を大きく更新。値上がり率7.5%高で東証1部の2位に受ける場面があった。先週末14日に発表した2010年11月期の本決算と自己株の取得を好感。 前11月期の決算は、空気清浄機用フィルターや自動車用緩衝材などの産業資材が好調で、売上高が前期比2.8%増の848.3億円、営業利益は同64.9%増の46.2億円。また、自己株の取得は、上限株数30万株(発行済み株式..


アートネイチャーは12月の月次好調で戻り高値を更新

 アートネイチャー<7823>(JQS)は17日、戻り高値を更新する始まりとなり、791円(8円高)で寄ったあとも790円前後でしっかり。前週末14日、12月の月次動向(単体)を発表。12月の総売上高は前年同月比14.6%増となったことが材料視されている。昨年来の高値は10年9月につけた796円。 12月の月次動向は、オーダーメイドかつらが男性用は同6.8%増、女性用は同35.8%増となった。育毛サービスも女性向けは同19.2%増となり好調。延べ来店顧客数は同2.4%増となっ..


安川電機はEV約1000台分のモーターなど受注と伝えられ戻り高値

 安川電機<6506>(東1)は17日、戻り高値を更新する始まりとなり、852円(22円高)で寄ったあと854円をつける推移となった。電気自動車(EV)約1000台分のモーターと制御装置を受注したと前週末に伝えられたことが材料視されている。 安川電機はEV約1000台分のモーターと制御装置をEVベンチャー企業のゼロスポーツ(岐阜県)から受注したと16日付の日経新聞朝刊で伝えられた。ゼロスポーツ社が2011年度に日本郵政グループの郵便事業会社に納める集配車両向けという。


イワキ 前10年11月期連結業績は増収大幅増益

■海外向けプリント配線板用の硫酸銅めっき薬品や半導体関連薬品が好調 医薬品のイワキ<8095>(東1)の前10年11月期連結業績は、売上高504億1200万円(09年期比5.1%増)、営業利益4億9400万円(同64.4%増)、経常利益6億4500万円(同7.39倍)、純利益3億8100万円(09年期△1億1800万円)と増収大幅増益を達成。 同社の事業は、医薬品事業、医薬・香粧原料事業、化成品事業、食品原料事業と多くの事業に分けられているが、前期にメルテックスを子会社化した..


資生堂はアルメニア共和国とベラルーシ共和国で化粧品販売開始

 資生堂<4911>(東1)は、2011年2月から、100%出資の子会社「資生堂ヨーロッパ(フランス・パリ)」を通じ、NIS諸国(旧ソ連新独立国家)であるアルメニア共和国とベラルーシ共和国で、全世界共通のグローバルブランド「SHISEIDO」のスキンケア、メーキャップなどを販売し、欧米市場を中心に資生堂が長年培ってきたプレステージマーケティングを展開する。これにより、資生堂化粧品の販売は、世界85の国と地域(日本含む)となる。 2010年度は、7月のアルバニア共和国を皮切りに..


日本ライフライン 株価は12月に入りほぼ一直線で上昇し、1月12日に最高値586円を付ける

■自社製品を増やしメーカ色を強める 心臓周辺の循環器医療機器の専門商社である日本ライフライン<7575>(JQS)の株価は、12月に入り500円からほぼ一直線で上昇し、今期ザラ場最高値586円を1月12日に付けた。580円台は4月1日以来となる。 11月2日に第2四半期と通期業績予想の上方修正を発表していることから業績は順調といえる。しかし、公定価格引き下げによる売上減少を見込んでおり、前期比では減益を見込む。 同社は商社であるが、一方で自社製品を増やし、メーカ色を強めている..


ティムコ フォックスファイヤーにたくさんのTV取材依頼

■“山ガール”スタイルが、今年は流行するとの予測 フィッシング、アウトドアのティムコ<7501>(JQS)は、昨年流行した山スカにレギンス(ボトムスの一種)を合わせたコーディネートを基調とした“山ガール”スタイルが、今年は流行するとの予測から、フォックスファイヤーにたくさんのTV取材依頼が来ている。 1月14日に前10年11月期業績予想の下方修正を発表しているが、アウトドアの“山ガール”スタイルが予測通り流行すると今11年11月期業績は期待できそうである。■1/8放送済日本テ..


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧