経済指標・統計情報 2007年9月1日 (土曜日)

7月の景気一致指数 予想値

日本経済新聞がまとめた、9月7日14時に発表予定の7月の景気一致指数の予想最頻値は、一致指数が66.7%、先行指数が70%。


7月の新設住宅着工 23.4%減

7月の新設住宅着工は、前年同月比23.4%減、7月の建設工事受注は、10.4%減となった。


7月の自動車生産台数 10.5%減

7月の自動車生産台数は、87万5431台・前年同月比10.5%減、輸出は51万4637台・0.2%増。


7月の鉱工業生産 予想上回る

7月の鉱工業生産は、前月比0.4%マイナス。市場事前予想は0.5%マイナスであった。8月の予想は、6.8%上昇。


7月の有効求人倍率 予想通り

7月の有効求人倍率は、1.07倍。市場予想も1.07倍であった。完全失業率は前月比0.1%マイナスの3.6%。


7月の全世帯消費支出

7月の全世帯消費支出は、29万1632円で実質0.1%減。


7月のCPI全国消費者物価 予想通り

7月のCPI・全国消費者物価は0.1%減・市場予想も0.1%減であった。


8月19日〜25日の対内株式投資

8月19日〜25日の対内株式投資額は、130億円流入超。


7月の小売業販売額2.2%減

7月の小売業販売額、2.2%減、大型店は3.8%減。前回数値は0.4%減。


7月の住宅着工予想平均

日本経済新聞がまとめた8月31日14時に発表予定の7月住宅着工は予想平均は、前年比1%減。


7月の鉱工業生産 予想平均

日本経済新聞がまとめた8月31日8時50分発表予定の7月の鉱工業生産予想平均は、前月比0.4%減。


7月の全国消費者物価予想平均など

日本経済新聞がまとめた8月31日8時半発表される、全国消費者物価予想平均は、0.1%減、都区部8月が0.1%減。7月の家計調査予想平均は、0.1%、7月の失業率予想平均は、3.7%。有効求人倍率予想平均は1.07倍。


7月の外食既存店売上高 2.3%減

日本フードサービス協会が発表した、7月の外食既存店売上高は、前年同月比2.3%減となったと日本経済新聞が速報で報じている。ファミレスや居酒屋が不振であったとしている。


7月の企業サービス価格 +1.6% 予想上回る

7月の企業向けサービス価格は、前年同月比1.6%プラス94.5.市場予想は、+1.3%であり予想を上回った。


8月12日〜18日の対内株式投資

8月12日〜18日の対内株式投資額は、8181億円流出超。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧