Reuters: ビジネス 2007年10月1日 (月曜日)

製造業大企業先行きDI、4ポイント悪化=9月日銀短観

 [東京 1日 ロイター] 日銀が発表した9月短観によると、大企業製造業の業況判断は足元で横ばいとなったが先行きは4ポイントの悪化となった。サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン) 問題に端を発した金融市場の混乱や米経済の先行き不安を背景に、企業が先行きに対し慎重になっていることが明らかとなった。


市場混乱の悪影響に対し、透明性が最良のワクチン=ECB

 [ザルツブルク(オーストリア) 29日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁は29日、ここ25年間に起きた一連の経済・金融市場の混乱をみると、これらの悪影響に対する最良の予防は透明性であることが明らかだ、との考えを示した。


為替市場の動きを注視=ウォン高で韓国中銀幹部

 [ソウル 1日 ロイター] 韓国銀行(中央銀行)のAhn Byung-chan国際局長は1日、ウォンはドルに対して短期間に過度に上昇しているとして、為替レートの動きを注意深く見守る考えを示した。


郵政民営化がスタート、資産規模300兆円の金融機関が発足

 [東京 1日 ロイター] 日本郵政公社が1日民営化され、株式会社となる日本郵政グループが発足した。持ち株会社と銀行、保険、郵便局会社、郵便事業会社の4社の事業会社に分社され、銀行と保険の金融2社の総資産は合計約300兆円と国内大手金融グループを上回って世界的にも巨大な金融コングロマリットが誕生した。


中国国家投資ファンドが業務開始、巨額の外貨準備を運用

 [北京 29日 ロイター] 中国の巨額の外貨準備を運用する国家投資ファンド(SWF)、「中国投資有限責任公司(中国投資)」が29日、業務を開始した。約2000億ドルを運用する中国投資は世界最大級の投資ファンドになる可能性を秘めている。


米AMR株、今後1年で50%超上昇も=バロンズ紙

 [ニューヨーク 30日 ロイター] 10月1日付の米金融週刊紙バロンズは、アメリカン航空の親会社AMRについて、部門のスピンオフの可能性やバランスシートの改善などを理由に挙げ、株価は今後1年間で50%以上上昇する可能性があると報じた。


6月末の中国対外債務、2年ぶり減少=国家外為管理局

 [上海 29日 ロイター] 中国国家外為管理局(SAFE)が発表した6月末時点の中国の対外債務残高は3278億ドルとなり、3月末時点の3316億ドルから減少した。ただ、昨年末時点の3230億ドルからは増加した。


英財務省、米ファンドにノーザン・ロック買収交渉を承認=英紙

 [ロンドン 30日 ロイター] 英財務省は2つの米ヘッジファンドに対し、英住宅金融機関ノーザン・ロック買収に向けた交渉を同社と始めることを承認したもよう。英紙サンデー・テレグラフが伝えた。


今週の日経平均は下値固め、短観強めなら外国人の買い増勢か

 [東京 1日 ロイター] 今週の東京株式市場は、下値固めの展開となりそうだ。日経平均は米国の利下げをきっかけに急ピッチの上昇をみせたが、短期的には過熱感も出ている。


米住宅市場、回復は2010年か11年以降=バロンズ紙

 [ニューヨーク 30日 ロイター] 10月1日付の米金融週刊紙バロンズは、米国の住宅市場の回復は2010年か2011年以降になるとする有力債券ファンドマネジャーのジェフリー・ガンドラック氏の予測を掲載した。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧