証券新報 2007年5月1日 (火曜日)

エネルギーの安定確保に向けて

安倍晋三首相は『日本経団連中東ミッション(日本経団連会長・御手洗富士夫団長、70社175名)』とともに4月28日〜5月3日、6日間の工程で中東5ヵ国を歴訪している。  一行は、輸入依存度の高いサウジアラビアやUAE(アラブ首長国連邦)、クウェート、カタール、エジプトを訪問している。将来のエネルギー安定供給や、貿易・投資拡大を通じた同地域とのさらなる経済関係強化を図ることが目的とされている。


底堅い地合いは続く

東工取中東産原油はおおむね小幅上昇。同先限は前週末比260円高の4万9280円で取引を終了した。前日のNY市場の下落を受けて軟調に始まったものの、為替相場が119円台後半で円安傾向に推移したことから後場にかけてジリジリと上昇した。 4月以降、イランやナイジェリアなど産油国における地政学的リスクや、堅調なガソリン需要の伸びに支えられ、同先限は4万5000〜5万円の高値圏での推移が続いている。これら市場を取り巻く環境に当面大きな変化が起こる可能性は低く、底堅い地合いはしばらく続くとみる。


楽天で誤発注 の噂

楽天が大引け間際の2万株の売り注文で急落したが、大引け後に市場では誤発注の噂が流れている。4月3日のNRIの誤発注疑惑などが市場では記憶に新しい。 異動直後の4月頭や連休中は、不慣れな担当者が注文入力を自動セットする事で、ミスが発生しやすいとの見方もあるようだ。


MPT 半期報告書の提出が遅延

エムピーテクノロジーズは、証券取引法が定める提出期限に、関東財務局への半期報告書が提出不能と発表した。子会社で、人的過失により在庫の不適切な会計処理が発生したことで、現地監査法人と最終調整を行っている為としている。5月14日までには提出する予定としている。なお、架空取引等の不正会計は無しとしている。


アルデプロの9カ月速報 経常92%増益

アルデプロの9カ月連結(速報)は、売上高551億円(前年同期比80%増)、経常利益90億1200万円円(同92%増)、純利益46億2400万円(同90%増)だった。 同社では、個人向け居住用住宅の販売や、個人投資家・法人向け投資用物件の販売が好調に推移したことに加え、連結子会社のプロパティマネジメント事業や電気設備工事事業も堅調に推移した、としている。また通期計画に対する進ちょく率は75%未満だが、大型案件の決済が5月にずれこんだためで、計画は十分に達成できるという。 なお、7月通期予想は、売上高752億0800万円(進ちょく率73%)、経常利益120億5700万円(同74%)、純利益65億7300万円(同70%増)で変更なし。(証券新報)


MTI 前3月期末上方修正

エムティーアイは、2007年3月中間連結予想を発表した。主力コンテンツの着歌フルの有料コンテンツが好調に推移し、売上原価の上昇を売上高がカバーし、また、医療保険販売事業の譲渡に伴う費用が想定より低い事で、上方修正となった。 売上高89億円(前予想87億円)、経常利益0.01億円(同1.7億円赤字)、当期純利益6.44億円(同1.5億円赤字)。


次回の「証券新報投資セミナー」は特別企画! しかも無料放送です!(PR)

毎週火曜日は、「証券新報投資セミナー」を放送中。 次回のネットライブの夜間版「証券新報投資セミナー」は、連休明けの5月8日火曜日19:00より放送予定(いつもと開催時間が異なります)。通常とは趣向を変え、特別企画として「新報ビリオンズ倶楽部」食事会の模様を生中継! 株式講演会などでお馴染みの諸寄編集局長、大岩川源太氏による特別講演を行います。もちろん月初恒例の無料放送ですので、皆様、是非ご覧ください。 なお、会場からの中継形式の開催となりますので、チャットでの質問にはお答えできかねます。また、通常放送に比べ画像が不鮮明なうえ、音声等聞き取り難い面もあります。ご了承ください。 参加申し込みは、こちらからお申し込みいただけます。 ネットライブとは、直伝チャンネルが運営。インターネットを用いて、ライブの映像による講演者の表情や声、資料の掲示によって充実した情報を得られると同時に、その場で質問をすることができるシステムです。 参加するためのシステム環境は、こちらをご覧ください。 初めて参加される方は、こちらをご覧ください。 通常の「証券新報投資セミナー」は有料サービスとなっています(2000円)。直伝ポイント(参加に必要な費用)の支払い方は、こちらをご覧ください。


「株式市場の心理戦」 無料購読者募集!(PR)

証券新報社では、無料メルマガ「株式市場の心理戦」を1日3回発行しています。主に記者の相場見通しや注目銘柄の情報を提供。寄り前、前引け後には弊紙記者の相場見通し、大引け後には場況・注目銘柄をご紹介します。また記者勉強会のご案内もいち早くお届け!この機会にぜひお申し込みください。 内容の詳細は、こちらをご覧ください。 メールマガジンは、こちらからお申し込みいただけます。


ヤマダ電機 前3月期末4円増配

ヤマダ電機は、前3月期末配当25円予想を29円に増配すると発表した。年間配当は29円。


ヤマトHD 今期増益予想 市場予想下回る

ヤマトHDは、2008年3月通期連結予想を発表した。 営業収益1兆2300億円(前年同月比5.9%増)、経常利益740億円(同7%増)、当期純利益390億円(同15.3%増)、一株利益88.08円。市場予想は、クイックコンセンサスで、経常利益783億円、当期純利益424億円。(証券新報)


ノエビア、3月中間期は経常3%増益を達成

ノエビアの3月中間連結は、売上高296億6700万円(前年同期比0.6%増)、経常利益22億6200万円(同3.9%増)、純利益9億5500万円(同159.5%増)だった。 9月通期予想は、売上高600億円(前期比1.1%増)、経常利益44億円(同3.5%増)、純利益18億円(同19.4%増)で変更なし。クイックコンセンサスの売上高605億円、経常利益46億円、純利益19億円を下回った。(証券新報)


ツインバード工業 前3月期下方修正

ツインバードは、2007年3月通期連結予想を発表した。使用見込みのない金型の処分損失、過剰在庫・長期不回転在庫棚卸資産の処分損失、SC事業再構築損失を計上し、下方修正となった。 売上高182億円(前予想186億円)、経常利益4.57億円赤字(同3.71億円赤字)、当期純利益11.44億円赤字(同7.19億円赤字)。


クラビット、今期は11%経常増益予想

クラビットの今3月期連結は、売上高145億円(前期比35%増)、経常利益12億円(同11%増)、純利益7億円(同11%増)、年間配当5円(前期5円)を見込む。 「四季報」予想は、売上高142億円、経常利益12億5000万円、純利益7億円だった。(証券新報)


滝沢ハム、前期予想を下方修正

滝沢ハムは、前3月期の連結業績予想を下方修正、売上高333億円(前回予想330億円)、経常利益4500万円(同1億円)、純損益1億9500万円の赤字(同5500万円の赤字)とした。(証券新報)


セゾン情報、今期8%経常増益予想 市場予想下回る

セゾン情報システムズの今3月期連結は、売上高255億円(前期比10%増)、経常利益29億3000万円(同8%増)、純利益16億8000万円(同9%増)、1株利益103円72銭、年間配当30円(前期25円)となる見通し。クイックコンセンサスの売上高261億円、経常利益29億7500万円、純利益17億5500万円を下回った。(証券新報)


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧