NHKニュース|社会 2015年7月21日 (火曜日)

JR山手線外回り 運転再開

JR山手線は、浜松町駅のホームで乗客が列車に接触して救助を行ったため、外回りが運転を見合わせていましたが、午後11時26分に運転を再開しました。


JR山手線 外回りが運転見合わせ

JR山手線は、浜松町駅のホームで乗客が列車に接触して救助を行っているため、外回りが午後10時41分から全線で運転を見合わせています。内回りは、平常どおり運転しています。


公認会計士協会 東芝担当監査法人を調査

日本公認会計士協会の森公高会長は21日記者会見し、会計処理の問題が明らかになった東芝の監査を担当している「新日本監査法人」について、監査が適切だったかどうかの調査を始めていることを明らかにしました。


電気柵事故で関係省庁が対策会議

静岡県西伊豆町で、川岸に設置された動物よけの電気柵で感電した男性2人が死亡した事故を受けて、農林水産省や経済産業省など関係省庁が対策会議を開き、安全対策の周知を徹底することを確認しました。


除染土壌の再生利用検討へ 環境省

福島県の中間貯蔵施設に搬入される除染で出た土などの最終処分に向けて、環境省は放射性物質の濃度を下げて建設資材などとして再生利用する方法の検討を始めました。


九州南部で猛烈な雨 土砂災害に厳重警戒

湿った空気の影響で九州南部では大気の状態が不安定になり、鹿児島県では局地的に猛烈な雨が降っています。鹿児島県ではこの48時間に降った雨の量が多いところで平年の7月1か月分の2倍を超える大雨となっていて、気象庁は土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。


期限切れポリオワクチンの誤接種が判明

全国の医療機関で有効期限が切れたポリオワクチンを誤って子どもに接種していたことが分かり、厚生労働省は自治体や医療機関に対し、有効期限の確認を徹底するよう通知しました。これまでに健康被害は確認されていないということです。


被爆70年 平和宣言の文案判明

被爆70年となる来月6日の広島原爆の日に広島市の松井一実市長が読み上げる平和宣言の文案が明らかになり、松井市長は核兵器を「絶対悪」と指摘し、「核兵器禁止条約」の交渉開始に向け最善を尽くす決意を強調することにしています。


東芝 元役員などから同情や釈明の声

元役員や元幹部への取材では社長が目標の達成を迫るのは経営トップとして当然で、それを問題のあるやり方でごまかそうとする部下や社内のチェック体制の不備こそ問われるべきとの声も聞かれました。


各地で猛暑日 大気不安定も

21日も広い範囲で気温が上がり、東日本や東北南部では35度以上の猛烈な暑さとなりました。一方、前線や湿った空気の影響で北海道や九州南部などでは非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は雨が降り続く九州南部では土砂災害に警戒するよう呼びかけています。


箱根山の噴煙に火山灰 活発な活動続く

神奈川県の箱根山では21日、大涌谷の火口で噴煙に僅かに火山灰が混ざっていることが確認されるなど、火山活動が活発な状態が続いています。気象庁は引き続き、箱根山に噴火警戒レベル3の火口周辺警報を発表し、大涌谷からおおむね1キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。


浅間山 引き続き火口から約2キロは警戒を

先月、ごく小規模な噴火が発生した浅間山では、火山活動が活発な状態が続いています。気象庁は周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生するおそれがあるとして、引き続き、火口からおおむね2キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。


電気柵に漏電防止装置設置されず

静岡県西伊豆町で家族連れなど7人が川岸に設置された動物よけの電気柵で感電し、男性2人が死亡した事故で、警察のこれまでの調べで、電気柵には漏電した場合に電気の供給を止める装置が設置されていなかったことが分かり、警察は安全対策に問題がなかったか当時の状況を詳しく調べています。


証券取引等監視委 東芝への課徴金勧告を本格検討

東芝の第三者委員会の調査結果を受けて、証券取引等監視委員会は、利益の下方修正が大きい年度の決算などが、有価証券報告書の虚偽記載に当たるという見方を強め、課徴金を科すよう金融庁に勧告する検討を本格的に始めました。東芝が来月中に行う過去の決算の訂正を精査したうえ、最終的に判断する方針です。


生徒の供述と傷の状況一致せず 慎重に捜査

愛知県日進市の路上で男性が殺害されバッグが奪われた事件で、逮捕された17歳の高校生は警察の調べに対し、「抵抗されたので無我夢中で刺した。殺すつもりはなかった」と供述しているということですが、男性には抵抗した際にできる傷がないなど供述と一致しない点があることから、警察は慎重に裏付け捜査を進めています。


神宮球場で熱中症 3人搬送 男性が一時重体

東京・新宿区の神宮球場で高校野球を観戦していた60代の男性と高校生2人の合わせて3人が熱中症とみられる症状で病院に搬送され、このうち60代の男性が、一時、意識不明の重体になりました。男性はその後意識が戻り、高校生2人も症状は軽いということです。


モデルとして派遣中に殺害 労災と認める

4年前、愛知県一宮市でモデルとして所属事務所から派遣された女子大学生が殺害された事件を巡り、労災と認めなかった労働基準監督署などの決定について、国の労働保険審査会が、一転、労災と認める裁決をしていたことが分かりました。


広島・長崎の協議会 被爆者支援充実を要望

原爆が投下されてから来月で70年となるのを前に、広島と長崎の知事や市長などで作る協議会が厚生労働省に対し、高齢化が進む被爆者の支援の充実などを求めました。


臓器売買約束した暴力団幹部ら逮捕

路上生活者に200万円の報酬で臓器移植のための腎臓を提供させる約束をしたなどとして、暴力団幹部らが臓器の売買を禁じた臓器移植法違反などの疑いで警視庁に逮捕されました。


国交省 都心上空新飛行ルートの住民説明会

国土交通省は羽田空港の発着枠を増やすため、東京都心の上空を従来より低い高度で通過する新たな飛行ルートについて住民を対象にした説明会を開きました。


各地で猛暑日 熱中症に十分注意を

21日も広い範囲で気温が上がり、各地で35度以上の猛烈な暑さとなっていて熱中症に十分注意が必要です。


ツイッタートラブルから暴行か 少年4人逮捕

ことし2月、東京・足立区で無免許運転の事故で死亡した友人についてのツイッターの書き込みに腹を立て、書き込んだ少年たちに集団で暴行を加えてけがをさせたとして、15歳の少年4人が警視庁に逮捕されました。


御嶽山の捜索再開は29日 正式決定

戦後最悪の火山災害となった御嶽山の噴火で、長野県の災害対策本部は、今も行方不明となっている6人の捜索を今月29日に再開する方針を正式に決定しました。


鹿児島 十島村 宝島に避難勧告

鹿児島県十島村は大雨のため、午後1時半に宝島の77世帯133人に避難勧告を出しました。十島村では、これまでに、中之島、口之島、諏訪之瀬島、平島、それに悪石島の合わせて267世帯490人に避難勧告を出しています。鹿児島県内では、このほか屋久島町が3500世帯、6773人に避難勧告を出しています。


広島の平和宣言 安保関連法案盛り込まず

被爆70年となることしの広島原爆の日に、広島市の松井一実市長が読み上げる平和宣言の内容を検討する懇談会の最終会合が開かれ、今の国会で最大の焦点となっている安全保障関連法案については平和宣言に盛り込まない考えを示しました。


デング熱 専門の医療機関リストを公開

去年、東京の代々木公園などで感染者が相次いだデング熱が、ことしも広がるおそれがあるとして、日本感染症学会は迅速な診断で感染拡大を防げるよう専門の医療機関のリストをホームページで公開し、利用を呼びかけています。


口永良部島で停電 観測機器データ届かず

ことし5月に爆発的な噴火が起きた鹿児島県の口永良部島で20日夜遅くから停電が起き、地震計など一部の観測機器のデータが届かなくなっています。20日夜は落雷が発生しやすい気象状況だったということで、九州電力は今月24日にも島に立ち入って原因を調べることにしています。


小田急線 運転再開

小田急電鉄によりますと、人身事故の影響で、新百合ヶ丘駅と町田駅の間の上下線で運転を見合わせていた小田急線は、運転を再開しました。


石川でも高齢女性が電気柵に触れ搬送

静岡県では19日、動物よけの電気柵で感電し、男性2人が死亡する事故がありましたが、石川県でも今月17日に95歳の女性が動物よけの電気柵に触れて、病院に運ばれていたことが分かりました。


バッグに物色痕 現金奪う目的か

愛知県日進市の路上で、男性を殺害しバッグを奪ったとして、17歳の高校生が逮捕された事件で、発見されたバッグには、現金が残されていたものの物色したような跡があったことが分かり、警察は現金を奪う目的だったとみて、さらに動機の解明を進めています。高校生は容疑を否認しているということです。


電気柵感電 現場検証で漏電対策調べる

静岡県西伊豆町で家族連れなど7人が川岸に設置された動物よけの電気柵で感電し男性2人が死亡した事故で、警察は、切れた電気柵の電線が川に入り漏電が続いたとみられることから漏電を防ぐ対策がどのように取られていたか現場検証して詳しい状況を調べています。


すでに猛暑日 鹿児島では猛烈な雨も

21日も広い範囲で気温が上がり、各地で35度以上の猛暑日となっていて熱中症に十分な注意が必要です。一方、鹿児島県では大気の状態が不安定になり、局地的に猛烈な雨が降っていて、気象庁は土砂災害に警戒するよう呼びかけています。


小田急線 運転見合わせ

小田急電鉄によりますと、人身事故の影響で小田急線は新百合ヶ丘駅と町田駅の間の上下線で運転を見合わせています。


経産相 電気柵感電で全国に注意喚起の通知へ

静岡県西伊豆町で川岸に設置された動物よけの電気柵で感電した男性2人が死亡した事故を受けて、電線の管理を所管する宮沢経済産業大臣は、21日にも全国の関係部局に注意喚起の通知を行うことを明らかにしました。


“北陸地方で梅雨明け” 気象台発表

新潟地方気象台は、午前11時に「北陸地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。


元参議院議員の紀平悌子氏死去

元参議院議員で女性の政治参加を目指す取り組みを行ってきた紀平悌子氏が心不全のため、東京都内の病院で亡くなりました。87歳でした。


鹿児島 屋久島町と十島村に避難勧告

鹿児島県では大雨の影響で、午前8時現在、屋久島町が南部の永久保地区から栗生地区にかけての3500世帯、6773人に避難勧告を出しているほか、十島村が中之島、口之島諏訪之瀬島、平島、それに悪石島の合わせて267世帯490人に避難勧告を出しています。


住宅展示場で小2男児はねられ死亡 神奈川

20日午後、神奈川県厚木市にある住宅展示場内の道路で、両親と訪れていた小学2年生の男の子が住宅販売会社の社員が運転する車にはねられまもなく死亡しました。警察が事故の原因を詳しく調べています。


各地で猛暑日予想 熱中症に十分注意を

21日は東北南部から近畿にかけての広い範囲で晴れて気温が上がり、各地で35度以上の猛暑日が予想されています。気象庁は水分をこまめに取るなど、熱中症に十分注意するよう呼びかけています。


鹿児島 十島村に避難勧告

鹿児島県の十島村は、大雨のため午前4時半に中之島の89世帯159人に避難勧告を出しました。


鹿児島 屋久島町に避難勧告

鹿児島県の屋久島町は、大雨による土砂災害などの危険性が高まっているとして、午前4時15分に屋久島南部の永久保地区から栗生地区にかけての3500世帯、6773人に避難勧告を出しました。


津波被害の球場 復旧し再オープン 福島

東日本大震災の津波で大きな被害を受けた福島県南相馬市の野球場が復旧工事を終えて再オープンし、20日、震災後初めてプロ野球の2軍戦が行われました。


鹿児島で猛烈な雨 土砂災害に警戒を

湿った空気の影響で、九州南部や奄美地方では大気の状態が不安定になり、鹿児島県では局地的に猛烈な雨が降り、50年に1度の記録的な大雨となっているところがあります。鹿児島県では21日昼ごろにかけて局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。


東芝 見かけ上の利益かさ上げに組織的関与

東芝で発覚した会計処理の問題を調べていた、外部の専門家で作る第三者委員会は20日調査結果をまとめた報告書を会社側に提出しました。この中で一連の会計処理の中には、「経営トップらを含めた組織的な関与があり、意図的に『見かけ上の利益のかさ上げ』をする目的で行われた」ものがあると断定し、経営体質そのものを厳しく批判しました。


屋久島で50年に1度の大雨

鹿児島地方気象台は、屋久島町では50年に1度の記録的に大雨になっているところがあるとして土砂災害に厳重な警戒を呼びかけています。


鹿児島 十島村で50年に1度の大雨

鹿児島県の名瀬測候所は、十島村では、50年に1度の記録的な大雨になっているところがあるとして、土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。


電気柵の感電事故 漏電の状況を調査へ

静岡県西伊豆町で家族連れなど7人が川岸に設置された動物よけの電気柵で感電し、男性2人が死亡した事故で、警察は21日、現場検証をして、専門家の立ち会いのもと、川の水に漏電した場合の電気の流れ方などについて詳しく調べることにしています。


逮捕の少年 友人に「疑われるので預かって」

愛知県日進市の路上で65歳の男性が殺害された事件で、逮捕された17歳の高校生は、事件に使われたのとは別のものとみられるナイフを友人に預けた際、「ナイフを何本も持っていると疑われるので預かってほしい」と話していたことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は捜査が及ぶことを警戒してナイフを隠そうとした疑いもあるとみて調べています。高校生は容疑を否認しているということです。


仮設住宅で100歳迎える 家族らが祝う会

東日本大震災で被災し、岩手県陸前高田市の仮設住宅で暮らす女性が20日、100歳になり、家族や友人などが祝う会を開きました。


母親運転の車にひかれる 3歳児死亡

20日夕方、茨城県笠間市で3歳の女の子が、34歳の母親が運転する車にひかれ、まもなく死亡しました。


有馬温泉で発見の遺体 死後1〜2か月か

18日、神戸市の有馬温泉の川で見つかった男性の遺体の一部は、警察の調べで、死後1か月から2か月ほどたっており、大雨で上流から流れてきた可能性が高いことが分かりました。警察は、川の上流などを捜索して、死因や身元の特定を急いでいます。


箱根山 活発な火山活動続く 警戒を

ごく小規模な噴火が確認された神奈川県の箱根山では、火山活動が活発な状態が続いています。気象庁は引き続き、箱根山に噴火警戒レベル3の火口周辺警報を発表し、大涌谷からおおむね1キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。


浅間山 火口から2キロ 引き続き警戒を

先月、ごく小規模な噴火が発生した浅間山では、火山活動がやや活発な状態が続いています。気象庁は周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生するおそれがあるとして、引き続き火口からおおむね2キロの範囲では、噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。


熊本 水俣 土石流災害から12年

平成15年に熊本県水俣市で19人が犠牲になった土石流災害から、20日で12年となり、犠牲者を追悼する慰霊式が行われました。


電気柵の感電事故 漏電防止など安全対策捜査

19日、静岡県西伊豆町で、家族連れなど7人が川岸に設置された動物よけの電気柵で感電し、男性2人が死亡した事故で、警察は20日朝から現場の状況を詳しく調べ、電気柵に漏電を防ぐ装置が備えつけられていたかどうかなど、安全対策に問題がなかったか、詳しく調べています。


安保法案に反対 学者など150人が訴え

安全保障関連法案に反対する学者およそ150人が、20日、都内で会見を開き、「法案は憲法9条に違反し、衆議院で採決を強行したことは国民世論を無視するものだ」などと訴えました。


水の事故相次ぐ 全国で7人死亡1人不明

3連休の最終日の20日、各地で水の事故が相次ぎ、NHKが午後8時現在でまとめたところ、全国で7人が死亡、2人が意識不明の重体、1人が行方不明となっています。


海水浴場で小学5年生溺れ死亡 長崎

20日午後、長崎県諫早市の海水浴場で、友人と一緒に泳いでいた小学5年生の男の子が溺れて死亡しました。


「組織的な不正」第三者委が東芝に報告書提出

東芝で発覚した会計処理の問題を調べている、外部の専門家で作る第三者委員会は、経営トップの関与で幅広い分野で「組織的な不正」が行われていたとする調査結果の報告書を、20日夕方、会社側に提出しました。


両陛下 旧満州から引き揚げの開拓者と懇談

天皇皇后両陛下は、静養先の那須で、戦後旧満州から引き揚げ、開拓に携わった人たちと懇談されました。


熱中症の疑い 全国で833人搬送

NHKが各地の消防などに取材して午後8時現在でまとめたところ、熱中症とみられる症状で全国で少なくとも833人が病院に運ばれました。


逮捕の高校生「公園で血を洗い流した」

愛知県日進市の路上で、男性が刃物で刺されて殺害されバッグが奪われた事件で、逮捕された17歳の高校生は、逃げる際、近くの公園で手などについた血を洗い流したとみられることが、警察への取材で分かりました。途中の階段でも血の痕のようなものが見つかっているということで、警察は逃走経路を調べています。高校生は、容疑を否認しているということです。


淡路島 2つの海水浴場で男性2人死亡

兵庫県の淡路島にある2つの海水浴場で遊泳中の男性2人が死亡し、警察は2人が溺れたとみて、詳しく調べています。


大気不安定 群馬では局地的に猛烈な雨

湿った空気や低気圧の影響で、沖縄・奄美や関東北部などで大気の状態が不安定になり、局地的に非常に激しい雨が降っています。気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫などに警戒するよう呼びかけています。


赤ちゃんとみられる4人の遺体見つかる 愛媛

愛媛県八幡浜市の住宅で、今月14日に生後まもない女の赤ちゃんの遺体が見つかり、20日、さらに4人の赤ちゃんとみられる遺体が見つかりました。警察は死体遺棄の疑いで逮捕した女が「自分が出産した」と供述していることから、いきさつを詳しく調べています。


群馬・みなかみ町付近 記録的短時間大雨情報

気象庁によりますと、群馬県みなかみ町付近では、レーダーによる解析で、午後5時までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。災害の危険が迫っていることから、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して、安全を確保するよう呼びかけています。


自衛官で初 海賊対策で多国籍部隊の司令官

アフリカ・ソマリア沖の海賊対策で、多国籍部隊の司令官に初めて就任した幹部自衛官が、現地での取材に初めて応じ、日本の存在感を示す重要なポストであり、日本の法律が許す範囲のなかでできるかぎりのことをしたいと述べました。


過労死予備軍 営業職と管理職対象に電話相談

長時間労働や残業代の未払いなどに悩む営業職や管理職からの相談に、弁護士が無料で応じる、「過労死予備軍ホットライン」が行われ、相談が相次いで寄せられています。


被爆2世の健康状態 親との関連分析へ

原爆で被爆した人を親に持つ、いわゆる「被爆2世」の人たちで作る団体の総会が、広島市で開かれ、健康状態に不安を抱える被爆2世の人が多いことから、今後、親の被爆との関連などを詳しく分析することになりました。


小型機が離陸直後に墜落 4人重軽傷

20日昼ごろ、北海道東部の別海町にある航空機の離着陸場で、セスナ機が離陸直後に墜落し、乗っていた男性4人が重軽傷を負いました。


バイク2台衝突 1人死亡2人重体 兵庫・明石

19日夜遅く、兵庫県明石市の国道で、2人乗りのオートバイどうしが正面衝突する事故があり、男性1人が死亡しました。また、2人が意識不明の重体になっているほか、1人が重傷になっています。


拿捕された漁船 北方領土の国後島に連行

ロシアの排他的経済水域で、決められた漁獲枠を超えてサケ・マス漁を行っていたとして拿捕(だほ)された北海道の流し網漁船が、20日、北方領土の国後島に連行されました。今後、ロシアの警備当局が詳しい事情を聞くものとみられます。


逮捕の高校生の自宅などから複数のナイフ

愛知県日進市の路上で、65歳の男性が刃物で刺されて殺害されバッグが奪われた事件で、逮捕された17歳の高校生の自宅などから、事件で使われたものとは別のものとみられる複数のナイフが押収されていたことが、警察への取材で分かりました。警察は凶器の発見を急ぐとともに、複数のナイフを所持していた理由についても調べています。高校生はその後の調べに対し、容疑を否認しているということです。


電気柵事故 子どもが電線に触れ感電か

19日、静岡県西伊豆町で家族連れなど7人が、川岸に設置された動物よけの電気柵で感電し、男性2人が死亡した事故で、警察は、8歳の子どもの左手にやけどの跡があることから、この子どもが電気柵の電線に直接触れて感電したあと、電線が川の中に入った可能性があるとみて、当時の状況を調べています。


東芝問題 第三者委「組織的な不正」と結論

東芝で発覚した会計処理の問題を調べている、外部の専門家で作る第三者委員会は、20日、会社側に調査結果の報告書を提出することにしていて、この中で、経営トップの関与で、幅広い分野で「組織的な不正」が行われていたと結論づけたことが分かりました。


中国・近畿・東海で梅雨明け 熱中症に十分注意

20日は、中国地方から関東を中心に晴れ、気象庁は「中国地方と近畿、それに東海が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。20日も各地で35度以上の猛暑日になるなど厳しい暑さになっていて、熱中症に十分な注意が必要です。


三菱マテリアル 元米兵捕虜に謝罪

三菱マテリアルは、太平洋戦争中、前身の会社が経営していた国内の鉱山で、旧日本軍の捕虜となったアメリカ兵が労働を強いられていたことを認め、元捕虜に初めて謝罪しました。


近畿・中国・東海地方で梅雨明け

大阪管区気象台は、午前11時に「近畿地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。また、広島地方気象台は、午前11時に「山口県を除く中国地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。さらに、名古屋地方気象台は、午前11時に「東海地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。


近畿地方・中国地方が梅雨明け

大阪管区気象台は、午前11時に「近畿地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。また、広島地方気象台は、午前11時に「山口県を除く中国地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。


中国海警局の3隻 尖閣沖の接続水域出る

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で航行を続けていた中国海警局の船3隻は、20日午前1時ごろ、日本の領海のすぐ外側にある接続水域から出ました。


台風12号 熱帯低気圧から再び台風に

いったん熱帯低気圧に変わった台風12号は、20日午前、日本の南の海上で再び台風になりました。


ロシア当局 日本漁船拿捕の事実認める

ロシアの排他的経済水域で、サケ・マス漁を行っていた北海道の流し網漁船が拿捕(だほ)されたことについて、ロシア極東のサハリン州の警備当局はロシアの通信社の取材に対し、この事実を認めました。漁船は20日にも北方領土の国後島に連行される見通しです。


京浜急行 運転再開

京浜急行は人身事故の影響で、神奈川新町駅と上大岡駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午前7時5分に運転を再開しました。


京浜急行 一部運転見合わせ

京浜急行は横浜市の井土ヶ谷駅で起きた人身事故の影響で、神奈川新町駅と上大岡駅の間の上下線で運転を見合わせています。


関東から近畿で厳しい暑さに 熱中症注意

20日は関東から近畿にかけての広い範囲で晴れて厳しい暑さとなる見込みで、所によって35度以上の猛暑日になると予想されていて、気象庁は熱中症に十分注意するよう呼びかけています。


高速道で少年2人死亡 バイク逆走し衝突か

19日夜、兵庫県宍粟市の中国自動車道で乗用車2台とバイク1台が関係する事故が起き、バイクに乗っていた少年2人が死亡しました。警察はバイクが高速道路を逆走し、乗用車と正面衝突したとみて、詳しい状況を調べています。


電気柵 何らかの理由で電線切れ感電か

19日に静岡県西伊豆町で家族連れなど7人が川岸に設置された動物よけの電気柵で感電し、男性2人が死亡した事故で、警察は、電気柵の電線の一部が川の中に垂れ下がった状態になっていたことなどから、何らかの理由で電線が切れて感電が起きた可能性があるとみて、20日に現場検証を行って詳しい状況を調べることにしています。


逮捕の高校生 約600m男性の後つけたか

愛知県日進市の路上で65歳の男性が刃物で刺されて殺害されバッグが奪われた事件で、逮捕された17歳の高校生が、男性が直前に立ち寄ったコンビニエンスストアから現場まで、およそ600メートルにわたって後をつけていたとみられることが、警察への取材で分かりました。警察の調べに対し、高校生は「強盗が目的ではなかった」と容疑の一部を否認しているということです。


動物よけの電気柵で感電 重体の2人死亡

19日夕方、静岡県西伊豆町で、大人と子ども合わせて7人が川岸に設置された動物よけの電気柵で感電し、このうち40代の男性2人が病院に運ばれましたが死亡しました。警察によりますと、男性が倒れていた川には、柵に電気を送るための電線の一部が切れてつかっていたということで、警察が詳しい状況を調べています。


水の事故 全国で7人死亡2人重体1人不明

3連休の中日の19日、各地で水の事故が相次ぎ、NHKが午後8時現在でまとめたところ、全国で7人が死亡、2人が意識不明の重体、1人が行方不明になっています。


動物よけの電気柵に触れ感電 2人が重体

19日夕方、静岡県西伊豆町で、大人と子どもの合わせて7人が畑の周りに設置されていた動物よけの電気柵に触れて感電し、このうち40代の男性2人が意識不明の重体となっています。


強盗殺人容疑の高校生「無我夢中で刺した」

愛知県日進市の路上で65歳の男性が刃物で刺され殺害された事件で、逮捕された高校生が調べに対し、「直前に男性を刺そうと決め、無我夢中で刺してしまった」と供述していることが警察への取材で分かりました。警察は詳しいいきさつや動機の解明を進めています。


北海道の漁船拿捕 関係者が情報収集

北海道の漁船がロシアの排他的経済水域で決められた漁獲枠を超えてサケ・マス漁を行ったとして拿捕(だほ)されたことについて、漁の拠点となっている根室市などでは引き続き、関係者が情報収集に当たっています。


箱根山 大涌谷から1キロの範囲は警戒を

ごく小規模な噴火が確認された神奈川県の箱根山では、火山活動が活発な状態が続いています。気象庁は引き続き、箱根山に噴火警戒レベル3の火口周辺警報を発表し、大涌谷から、おおむね1キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。


浅間山 火口から2キロは引き続き警戒を

先月ごく小規模な噴火が発生した浅間山では、火山活動がやや活発な状態が続いています。気象庁は周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生するおそれがあるとして引き続き、火口からおおむね2キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。


水の事故 全国で相次ぐ 4人が死亡

3連休の中日の19日、各地で水の事故が相次ぎ、NHKが午後6時現在でまとめたところ、全国で4人が死亡、2人が意識不明の重体、1人が行方不明になっています。


熱中症 全国で少なくとも653人搬送

NHKが各地の消防などに取材して午後8時現在でまとめたところ、熱中症とみられる症状で、全国で少なくとも653人が病院に運ばれました。


あすも厳しい暑さ 熱中症に十分注意を

19日は梅雨明けが発表された関東甲信を中心に、各地で厳しい暑さとなりました。20日も関東から近畿にかけての広い範囲で晴れて厳しい暑さとなる見込みで、引き続き、熱中症に十分注意が必要です。


各地で台風11号の爪痕 影響続く

兵庫県内では台風11号が通過し雨が上がって1日以上がたっても、各地で新たに土砂崩れが起きるなど、台風による大雨の影響が続いています。


日航機墜落事故から30年 遺族の手記10年ぶりに出版

520人が犠牲となった日航ジャンボ機墜落事故から来月で30年となるのを前に、遺族の手記をまとめた本、「茜雲」が10年ぶりに出版されました。


日本航空社員が墜落現場近くの追悼施設を清掃

520人が犠牲となった日航ジャンボ機墜落事故から来月で30年となるのを前に、日本航空の社員が墜落現場の近くにある、群馬県上野村の追悼施設を清掃しました。


中国の調査船 尖閣沖の排他的経済水域で活動

沖縄県の尖閣諸島沖の日本の排他的経済水域で19日朝、中国の海洋調査船が調査とみられる活動を行っているのを第11管区海上保安本部が確認しました。


病気で運転免許の取り消しなど 義務化前の5倍に

車の運転免許の取得や更新の際に、運転に支障を及ぼすおそれのある症状の申告が義務づけられてから先月で1年がたちました。この間、申告を受けて出された免許の取り消しなどの行政処分は、義務化前よりおよそ5倍に増えたことが警察庁のまとめで分かりました。


被災地の集団移転先で「まち開き」 宮城・岩沼

東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県岩沼市で、沿岸部の住民が集団移転した新たな町の「まち開き」の式典が行われました。


強盗殺人容疑の高校生 被害男性と「面識なし」

今月、愛知県日進市の路上で65歳の男性を刃物で刺して殺害しバッグを奪ったとして、17歳の高校生が逮捕された事件で、高校生が「男性と面識はなかった」と供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。調べに対し、「強盗が目的ではなかった」と容疑の一部を否認しているということで、警察は動機の解明を進めています。


関東甲信が梅雨明け 平年より2日早く

関東甲信は広い範囲で晴れ、気象庁は19日午前、「関東甲信が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。関東甲信では午後も気温が上がり内陸を中心に35度以上の猛暑日となるなど厳しい暑さとなっていて、気象庁は、こまめに水分を取るなどして熱中症に十分注意するよう呼びかけています。


中国海警局船3隻 尖閣沖の接続水域を航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。3隻は午後3時現在、久場島の北側38キロから40キロの沖合で航行を続けていて、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。


強盗殺人の容疑で17歳高校生を逮捕

今月、愛知県日進市の路上で、65歳の男性が刃物で刺されて殺害された事件で、17歳の男子高校生が強盗殺人の疑いで逮捕されました。警察によりますと、男性を殺害したことは認めていますが、強盗が目的だったことについては否認しているということです。


中2男子“自殺” ノートの内容共有されず

岩手県矢巾町で中学2年生の男子生徒がいじめをうかがわせる内容を学校のノートに書き残し、自殺したとみられる問題で、調査を行ってきた学校は、いじめがあったと認めたうえで、ノートの内容が教員どうしで共有されず、いじめの早期発見に向けた組織的な対応が不十分だったと、報告書に盛り込む方針であることが分かりました。


いじめ問題話し合う初の連絡協議会

岩手県矢巾町で中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺したとみられる問題を受け、町内の小中学校の校長らがいじめ問題を話し合う初めての連絡協議会が18日開かれました。男子生徒の学校ではほかの学校と同様に「いじめ防止基本方針」が定められていたことから、出席者からは再発防止のためには、改めて運用を見直す必要があるという意見が相次ぎました。


JR 関西走る路線は一部除き平常運行

台風11号による大雨の影響で、JR西日本の関西を走る路線は、18日、東海道線の一部の区間がおよそ12時間にわたって運転を見合わせるなど、ダイヤが大幅に乱れました。19日は、一部を除いて始発から平常どおり運行しているということです。


年金情報流出問題で通報窓口新設へ

年金情報の流出問題を受けて、厚生労働大臣の諮問機関である社会保障審議会の部会は、日本年金機構に対する監視体制を強化するため、国民から直接、機構に関する意見や通報を受け付ける新たな窓口を、今月29日から設置することにしています。


東芝に課徴金の勧告視野に監視委が検討へ

東芝の不適切な会計処理の問題で証券取引等監視委員会は投資家に与えた影響などを重くみて、課徴金の勧告を視野に検討を始めることが関係者への取材で分かりました。


子どもの養育巡る調停や審判が増加

子どもの養育を巡って家庭裁判所に申し立てられた調停や審判の件数は、去年は4万1000件余りと10年前の1.5倍に増えたことが最高裁判所のまとめで分かりました。背景には、少子化が進むなか、夫婦や家どうしの争いが激しくなっていることなどがあるとみられます。


南極海で「マイクロプラスチック」調査へ

魚などの体内に取り込まれることで生態系への影響が懸念されている「マイクロプラスチック」と呼ばれる細かなごみが、人の生活圏から離れた海洋にどの程度存在するかを把握するため、環境省などは今年度から世界で初めて南極海で調査を行うことになりました。


ひき逃げなどの疑いで70歳の男逮捕

18日朝早く、名古屋市の路上で40代の男性を車でひき逃げして死亡させたとして警察は70歳の自営業の男をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。死亡した男性はおよそ1.5キロにわたって引きずられたとみられ、警察は、詳しい状況を調べています。


有馬温泉街の川で遺体の一部見つかる

18日朝、神戸市の有馬温泉街の川で、成人の男性とみられる遺体の一部が見つかり、警察は、大雨で川の水かさが増し、上流から流れてきた可能性があるとみて、周辺を捜索することにしています。


仮設住宅「世話人会解散」最後の夏祭り

東日本大震災の被災地で仮設住宅から災害公営住宅などへの転居が本格化するなか、宮城県石巻市の仮設住宅でゴミ出しのルール作りなど住民サービスを自主的に行ってきた「世話人会」が解散することになり、最後の夏祭りが開かれました。


神戸 事前に通行止めの県道で土砂崩れ

台風11号による大雨の影響で、神戸市の県道では道路脇の土砂が崩れ、道がふさがれましたが、あらかじめ通行止めとなっていてけが人などはありませんでした。


京都 西本願寺の墓地で土砂崩れ

台風11号による大雨の影響で京都市にある西本願寺の墓地で斜面が崩れ、墓が100基余り土砂で埋まるなどの被害が出ました。


和歌山 水難相次ぎ1人死亡1人重体

18日午後、和歌山県湯浅町の海岸で、ダイビングをしていた30代の女性が死亡したほか、白浜町の海水浴場では泳ぎに来ていた40代の男性が意識不明の重体となっています。


三重 台風で一時孤立地区 農業への影響も

台風11号の大雨で道路が冠水し、一時大半が孤立状態となった三重県紀宝町の高岡地区では、川沿いの田んぼが水没して稲が水につかったため、生育への影響が懸念されています。


高齢者の山岳遭難者 ベテランに集中傾向

去年1年間に全国の山で遭難した人はおよそ2800人と、これまでで最も多くなり、年齢別では60歳以上が半数を占めています。高齢の遭難者が多いことは、中高年の登山ブームが続くなか以前から指摘されてきましたが、最近の調査で、高齢者の中でも特にベテランが遭難するケースが多いことが分かってきました。


下水道工事で事故 重体の作業員が死亡

18日、東京・台東区の下水管の交換工事の現場で、地下の壁面が突然崩れ、巻き込まれた42歳の男性作業員が死亡し、警視庁は、安全管理に問題がなかったかなどについて調べています。


悠仁さま 山形で伝統の神楽鑑賞

秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまは18日、山形県遊佐町で伝統の神楽を鑑賞されました。


大阪 茨木市の避難勧告解除

大阪・茨木市は一部の地域の合わせて1184世帯、2575人に出していた避難勧告を午後3時20分にすべて解除しました。台風11号に伴って大阪府内に出されていた避難指示と避難勧告はすべて解除されました。


大阪 能勢町の避難勧告すべて解除

大阪・能勢町は一部の地域の合わせて8世帯、8人に出していた避難勧告を午後5時にすべて解除しました。


大阪 箕面市の避難勧告すべて解除

大阪・箕面市は、一部の地域の合わせて168世帯、373人に出していた避難勧告を午後5時半にすべて解除しました。


大阪 豊能町の避難勧告すべて解除

大阪・豊能町は、一部の地域の1970世帯、4944人に出していた避難勧告を午後5時30分に解除しました。これで町内に出されていた避難勧告はなくなりました。


大阪 高槻市の避難勧告すべて解除

大阪・高槻市は、一部の地域の合わせておよそ2万世帯、4万8000人余りに出していた避難勧告を、午後5時半にすべて解除しました。


神戸市西区の一部 避難勧告解除

神戸市は、神戸市西区押部谷町福住の12世帯17人に出していた避難勧告を、午後5時半に解除しました。灘区と垂水区、それに西区の合わせて29世帯68人については、引き続き避難勧告が出されています。


浅間山 18日も活発な火山活動続く

先月ごく小規模な噴火が発生した浅間山では、火山活動が活発な状態が続いています。気象庁は山頂火口の周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生する可能性があるとして、引き続き火口からおおむね2キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。


箱根山 引き続き噴石に警戒を

ごく小規模な噴火が確認された神奈川県の箱根山では、火山活動が活発な状態が続いています。気象庁は引き続き、箱根山に噴火警戒レベル3の火口周辺警報を発表し、大涌谷からおおむね1キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。


北海道のサケ・マス漁船 ロシアに拿捕

北海道・広尾町の広尾漁協に所属するサケ・マス流し網漁を行っていた漁船1隻が、ロシアの排他的経済水域で決められた漁獲枠を超えて漁を行ったとして、ロシア・サハリン州の国境警備局に拿捕(だほ)されました。外務省は「拿捕された場所は北方領土周辺と聞いており、受け入れられない」として、乗組員の早期解放を求めていくことにしています。


京都市の避難勧告 すべて解除

京都市は、午後3時40分に左京区の大原地区、鞍馬地区、静原地区、花背地区、久多地区の合わせて5つの地区の1181世帯、3543人に出していた避難勧告を解除しました。これで京都府内に出されていた避難勧告はすべて解除されました。


大阪 島本町の避難勧告解除

大阪・島本町は、576世帯、1421人に出していた避難勧告を午後4時にすべて解除しました。


兵庫 高砂市の避難指示解除

兵庫県高砂市は、土砂災害のおそれがあるとして曽根地区と阿弥陀町魚橋地区の合わせて7世帯、14人に出していた避難指示を午後3時に解除しました。


大阪 池田市の避難勧告解除

大阪・池田市は1878世帯、3756人に出していた避難勧告を午後3時20分にすべて解除しました。


御嶽山 29日にも捜索再開

戦後最悪の火山災害となった御嶽山の噴火で、今も行方不明のままとなっている6人について、長野県の災害対策本部は、警察や消防などおよそ200人からなる捜索隊を編成し、今月29日にも捜索を再開する方針です。


用水路に遺体 不明の女性高校生と確認 埼玉

16日、台風11号に伴う大雨の影響で増水していた埼玉県桶川市の用水路に人が流されるのが目撃され、警察などが捜索を続けた結果、18日、下流で女性の遺体が見つかり、遺体は行方が分からなくなっていた女子高校生と確認されました。


京都 北区と左京区 一部で避難勧告解除

京都市は午後0時15分に北区の柊野地区、上賀茂地区の2つの地区と、左京区の岩倉北地区、上高野地区、修学院地区、松ヶ崎地区、岩倉南地区、明徳地区、市原野地区の7つの地区の合わせて4万2033世帯、9万5933人に出していた避難勧告を解除しました。


大阪 豊能町 一部の避難勧告解除

大阪・豊能町は、町内全域に出していた避難勧告のうち、西地区の6711世帯、1万6106人に出していた勧告を正午に解除しました。東地区では、引き続き避難勧告が出されています。


滋賀 高島市の避難勧告解除

滋賀県高島市は午後1時5分、朽木栃生の51世帯92人に出していた避難勧告を解除しました。


道路の掘削作業中 壁面崩れ作業員重体

18日午前、東京・台東区の工事現場で、道路の掘削作業中に壁面が崩れて作業員の男性1人が埋もれ、意識不明の重体になっています。


大分の放火4人死亡 父親を精神鑑定へ

今月6日、大分県杵築市で住宅が全焼して子ども4人が死亡した放火事件で、大分地方検察庁は、逮捕された父親がささいなきっかけで火をつけたと供述していることなどから、当時の精神状態を調べるため来週から専門家による精神鑑定を行うことになりました。


男性死亡 路面に引きずられたような跡

18日朝早く、名古屋市中村区の路上で40代くらいの男性が倒れているのが見つかり、まもなく死亡が確認され、警察は近くで車を止めていた男からひき逃げの疑いで事情を聴いています。警察によりますと、男性が見つかった場所までおよそ1キロにわたって路面に引きずられたような跡があるということで、詳しい状況を調べています。


都心の海岸 水質改善で海水浴場として開放

高度経済成長期の水質の悪化に伴い顔を海水につけてはいけないなど、これまで事実上、遊泳が禁止されてきた都心やその周辺の海岸で、下水道の整備などにより水質の改善が見られるとして、東京都は18日から江戸川区の一部の海岸を試験的に海水浴場として開放しています。


神戸市須磨区の避難勧告解除

神戸市は、大雨による土砂災害の危険性が高いとして神戸市須磨区の6世帯12人に出していた避難勧告を18日正午に解除しました。神戸市内では灘区、長田区、垂水区、西区の44世帯90人に引き続き避難勧告が出されています。


大雨で一時孤立の集落で復旧作業 三重

台風11号の大雨で道路が冠水し、一時集落が孤立した三重県紀宝町の高岡地区では、水が引いたことを受けて、18日朝から復旧作業が進められています。


関西JRのダイヤ大幅に乱れ 台風の影響で

台風11号による大雨の影響で、JR西日本の関西を走る路線は東海道線の一部の区間が始発から夕方までおよそ12時間にわたり運転を見合わせるなど、ダイヤが大幅に乱れています。


台風で熊野川氾濫 けさから現地調査 和歌山

台風による大雨で氾濫した熊野川流域の和歌山県新宮市は、被害の実態を把握するため、職員が現地調査を行いました。


不明の女子高校生か 用水路下流に遺体 埼玉

16日、台風11号に伴う大雨の影響で増水していた埼玉県桶川市の用水路で人が流されるのが目撃され、警察と消防が捜索を続けた結果、18日、下流で若い女性の遺体が見つかりました。警察は行方が分からなくなっている女子高校生とみて身元の確認を進めています。


熱帯低気圧影響で強い雨も しばらく警戒を

台風11号から変わった熱帯低気圧の影響で、近畿では18日朝にかけて強い雨が降り続きました。気象庁はこれまでに大雨となったところでは地盤が緩んでいるため、しばらく土砂災害に警戒し、川の増水にも十分注意するよう呼びかけています。


盗難仏像の1体 韓国から対馬に戻る

3年前に長崎県対馬市の神社や寺から盗まれ、その後、韓国で見つかった仏像2体のうち、国の重要文化財に指定されている1体が韓国政府から返還され、18日、対馬市の資料館に運ばれました。


京都・北区の一部で避難勧告解除

京都市は午前11時半に、いずれも北区の紫野地区、大宮地区、鷹峯地区、小野郷地区、中川地区、雲ヶ畑地区の6つの地区の1万4557世帯3万1939人に出していた避難勧告を解除しました。


神戸市の避難勧告 一部除き解除

神戸市は、大雨による土砂災害の危険性が高いとして5万1798世帯11万1336人に避難勧告を出していましたが、午前9時45分までに一部の地域を除いて解除しました。灘区、長田区、垂水区、須磨区、西区の50世帯102人には引き続き避難勧告が出されています。


中国海警局の船3隻 尖閣沖接続水域を航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。3隻は午後3時現在、魚釣島の北西およそ32キロを航行していて、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。


大津市の避難指示解除

大津市は午前10時15分、葛川学区の139世帯264人と木戸学区1883世帯4735人、伊香立途中町の75世帯171人に出していた避難指示をすべて解除しました。


兵庫 西宮市の避難指示解除

兵庫県西宮市は、台風11号による大雨で市内を流れる武庫川の水位が上昇し氾濫のおそれがあるとして、武田尾温泉地区の2世帯7人に避難指示を出していましたが、午前7時50分に解除しました。


京都 向日市の避難勧告解除

京都府向日市は、午前9時25分に物集女町北ノ口、物集女町長野、物集女町出口、寺戸町北野、寺戸町大牧、寺戸町芝山、向日町南山の合わせて7つの地区の291世帯、725人に出していた避難勧告を解除しました。


京都市左京区の避難勧告 一部解除

京都市は午前9時45分、左京区の北白川地区、浄楽地区、錦林東山地区の3つの地区の合わせて1万1085世帯、2万490人に出していた避難勧告を解除しました。


京都・長岡京市の避難勧告解除

京都府長岡京市は、午前9時25分に市内15地区の7444世帯1万8352人に出していた避難勧告を解除しました。


京都・東山区と西京区の避難勧告解除

京都市は、午前9時10分、東山区の6つの地区、合わせて1万3973世帯2万6881人に出していた避難勧告を解除しました。京都市は午前9時10分、西京区樫原地区の6154世帯1万4650人に出していた避難勧告を解除しました。


京都・大山崎町の避難勧告解除

京都府大山崎町は、午前9時5分に天王山のふもとの地域のおよそ1200世帯の2900人に出していた避難勧告を解除しました。


京都・宇治市の避難勧告解除

京都府宇治市は、午前9時5分、14地区の1498世帯2829人に出していた避難勧告を解除しました。


和歌山・古座川町の避難指示解除

和歌山県古座川町は、真砂地区の1世帯2人に出していた避難指示を午前9時に解除しました。これで、和歌山県内に出されていた避難指示と避難勧告は、すべて解除されました。


和歌山 4市町の避難指示・勧告解除

和歌山県由良町は、大引地区の一部の6世帯14人に出していた避難指示を午前8時に解除しました。和歌山県日高川町は、川辺地区と中津地区の合わせて3284世帯8568人に出していた避難勧告を午前8時25分に解除しました。和歌山県田辺市は、中辺路地区、本宮地区、熊野地区、面川地区、深谷地区合わせて5つの地区の3249世帯6094人に出していた避難勧告を、午前8時25分に解除しました。和歌山県有田川町は、土生地区の192世帯559人に出していた避難勧告を午前6時半に解除しました。


兵庫・芦屋市の避難勧告解除

兵庫県芦屋市は、市内すべての土砂災害警戒区域に住む5442世帯1万2802人に避難勧告を出していましたが、午前7時半に解除しました。


JR京都駅など 運転見合わせで困惑

大雨の影響でJR京都駅では、大阪方面を結ぶ京都線などで列車の運転を見合わせていて、多くの人たちが足止めされています。嵯峨野線で京都市内の自宅に帰る予定だっという19歳の専門学校生の女性は、「昨夜、京都駅で食事をしていたら帰れなくなり、ネットカフェで一晩を過ごしました。朝になってもまだ電車が動いていないので早く帰りたいです」と話していました。また京都から大阪に帰る予定だった26歳の会社員の男性は、「出張から戻る途中でしたが帰れなくなって困ってしまいカラオケ店で一夜を過ごしました。早く運転を再開してほしいです」と話していました。


京都・京田辺市の避難勧告解除

京都府京田辺市は、午前7時40分、山あいの21地域の9178世帯2万3249人に出していた避難勧告を解除しました。


兵庫・宝塚市の避難勧告解除

兵庫県宝塚市は、88世帯192人に避難勧告を出していましたが、午前6時50分に解除しました。


大阪・柏原市の避難勧告解除

大阪・柏原市は、2980世帯、6850人に出していた避難勧告を午前7時45分にすべて解除しました。


近畿の9観測点 24時間雨量が最多に

今回の台風11号で、近畿地方では18日午前7時現在で、京都府と兵庫県、和歌山県の合わせて9つの観測点で、24時間に降った雨の量が統計を取り始めてから最も多くなりました。


兵庫・西宮市の避難勧告解除

兵庫県西宮市は、市北部の名塩、生瀬、山口の各地区の7800世帯1万7700人に避難勧告を出していましたが、午前7時に解除しました。


大阪・和泉市の避難勧告解除

大阪・和泉市は、2602世帯8980人に出していた避難勧告を午前7時30分に全て解除しました。


大阪・八尾市などの避難勧告解除

大阪・八尾市は6236世帯1万7466人に出していた避難勧告を午前6時に解除しました。また、大阪・阪南市も41世帯123人に出していた避難勧告を午前5時10分に解除しました。さらも大阪・羽曳野市も129世帯348人に出していた避難勧告を午前5時30分に解除しました。


兵庫・三田市の避難勧告解除

兵庫県三田市は、市内にある土砂災害警戒区域すべて9752世帯2万3040人を対象に避難勧告を出していましたが、午前6時に解除しました。


奈良・十津川村の避難勧告解除

奈良県十津川村は午前7時4分、20世帯40人に出していた避難勧告を解除しました。これで奈良県内の避難勧告はすべて解除されました。


京都 鴨川は避難判断水位を下回る

京都市を流れる鴨川では、府が設置している荒神橋の水位観測所で氾濫危険水位に達していましたが、水位は下がり午前6時40分には避難判断水位も下回りました。水位はさらに下がる見込みですが、京都府と京都地方気象台は引き続き、河川の氾濫に注意するよう呼びかけています。


新国立競技場 計画見直し 大会準備に影響も

新国立競技場の改築計画の見直しを受けて、2020年の東京オリンピックを前に会場の運営の確認などを行うテスト大会の開催計画の変更など、大会準備への影響が避けられない可能性が出てきました。


東京マラソン 来年の参加枠1000人増

国内最大規模の市民マラソン、東京マラソンの来年の大会は10回目を迎えることから、フルマラソンの参加枠を1000人増やし、これまでで最も多い3万7000人が参加することになりました。


大雨で帰宅困難に 駅で夜を明かす 神戸

台風11号による大雨で、JR山陽線が17日午後5時すぎから神戸駅と姫路駅の間の上下線で終日運転できなくなった影響で、神戸市内の三ノ宮駅や神戸駅の構内では帰宅できない人たちが座り込んだり横になったりして夜を明かしました。


陸上自衛隊 イラク派遣の内部資料を開示

防衛省は、これまで一部の記述を黒塗りにして開示してきた、陸上自衛隊イラク派遣の活動や教訓をまとめた内部資料の全文を、今週から国会議員や報道機関の求めに応じて開示しています。


刑法犯は減少も 振り込め詐欺は増加

ことしの上半期に全国で起きた殺人や盗みなどの刑法犯罪は53万件余りと、13年連続で前の年より減少した一方で、振り込め詐欺は去年より30%余り増加したことが警察庁のまとめで分かりました。


台風11号は熱帯低気圧に 引き続き警戒を

台風11号は、18日未明に日本海で熱帯低気圧に変わりましたが、湿った空気が流れ込んでいるため、近畿の北部や中部では強い雨が降り続いています。17日からの雨量が300ミリを超える大雨になっているところがあり、気象庁は土砂災害や川の氾濫に警戒するよう呼びかけています。


京都 鴨川が氾濫危険水位に

京都市を流れる鴨川では、午前3時前に府が設置している荒神橋の水位観測所で、洪水が起きる危険性がある氾濫危険水位に達しました。京都府と京都地方気象台は共同で午前3時15分に「氾濫危険情報」を出して安全の確保につとめたり市町村からの避難情報などに注意するよう呼びかけています。


大阪・枚方市 一部地域に避難勧告

大阪・枚方市は、台風11号による大雨の影響で土砂災害のおそれが高まっているとして、17日午後11時30分に800世帯、1840人に避難勧告を出しました。


電車が4時間立往生 19人病院に搬送 京都

台風による大雨の影響でJR東海道線は新快速電車が17日夜からおよそ4時間にわたって京都府大山崎町で停車して立往生しました。消防によりますとこの影響で乗客19人が気分が悪くなり病院に運ばれたということです。


大阪・柏原市 一部地域に避難勧告

大阪・柏原市は、台風11号による大雨の影響で土砂災害のおそれが高まっているとして、午前0時30分に2980世帯、6850人に避難勧告を出しました。


京都市東山区 一部地域に避難勧告

京都市は、午前1時25分に東山区の今熊野地区の2303世帯4897人、粟田地区の2307世帯3805人、合わせて4610世帯8702人に避難勧告を出しました。


京都市東山区 4地区1万8000人余に避難勧告

京都市は、18日午前0時50分に東山区の一橋地区、清水地区、月輪地区、修道地区の4地区の合わせて9363世帯1万8179人に避難勧告を出しました。


京都・向日市 7地区に避難勧告

京都府向日市は、18日午前0時10分に寺戸町芝山、物集女町北ノ口、向日町南山、物集女町長野、物集女町出口、寺戸町北野、寺戸町大牧の合わせて7つの地区の291世帯725人に出していた避難準備情報を避難勧告に切り替えました。


尖閣沖の排他的経済水域に中国調査船

沖縄県の尖閣諸島沖の日本の排他的経済水域で17日夕方、中国の海洋調査船が調査とみられる活動を行っているのを、第11管区海上保安本部の航空機が確認しました。尖閣諸島の沖では、中国の別の海洋調査船も確認されていて、海上保安本部が活動を中止するよう求めています。


京都市北区 5地区の6万人余に避難勧告

京都市は17日午後11時55分に、京都市北区の柊野地区の5003世帯11942人、上賀茂地区の8024世帯17739人、大宮地区の8518世帯19672人、鷹峯地区の1959世帯4050人、紫野地区の3775世帯7514人、合わせて2万7279世帯、6万917人に避難勧告を出しました。


大阪・羽曳野市 一部地域に避難勧告

大阪・羽曳野市は、土砂災害のおそれがあるため、18日午前0時に129世帯、348人に避難勧告を出しました。


大阪・八尾市 1万7000人余に避難勧告

大阪・八尾市は、土砂災害のおそれがあるため、18日午前0時に6236世帯、1万7466人に避難勧告を出しました。


神戸市北区の避難勧告解除

神戸市は、北区淡河町の159世帯427人に出していた避難勧告を、18日午前0時に解除しました。


京都・京田辺市 山あいの21地域に避難勧告

京都府京田辺市は、午後11時30分、山あいの21地域の9178世帯、2万3249人に避難勧告を出しました。


神戸市須磨区 一部地域に避難勧告

神戸市は須磨区緑が丘2丁目で、山の斜面が崩れる危険があるため周辺の17世帯53人に対し17日午後11時に避難勧告を出しました。


京都市左京区 新たに避難勧告

京都市は17日午後11時25分に左京区の修学院地区、岩倉北地区、明徳地区、岩倉南地区、上高野地区の5地区、2万2240世帯5万1608人に新たに避難勧告を出しました。さらに京都市は、午後11時40分に左京区の北白川地区、市原野地区、松ヶ崎地区、浄楽地区、錦林東山地区の5地区、1万7851世帯3万5134人に新たに避難勧告を出しました。


京都・長岡京市 15地区に避難勧告

京都府長岡京市は、午後11時40分、市内15地区7444世帯の1万8352人に出していた避難準備情報を避難勧告に切り替えました。


近畿6府県55万人余に避難指示・勧告

近畿地方では午前5時半現在、各地に避難指示や避難勧告が出るなど、影響が続いています。


台風11号 日本海を北上 大気不安定に

日本海をゆっくりと北上する台風11号の影響で、近畿の北部や中部を中心に強い雨が降り続き、この24時間の雨量が300ミリを超えているところがあります。台風の影響で西日本と東日本では18日も大気の不安定な状態が続いて激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の氾濫に警戒を呼びかけています。


台風 4人死亡1人重体 18府県で56人けが

NHKが各地の放送局を通じてまとめたところ、台風の備えをしていた兵庫県の男女など4人が17日までに死亡したほか、台風の影響で滋賀県で2歳の男の子が川で溺れて意識不明の重体になっています。けがをした人は、18の府と県で56人にのぼっています。


大阪・和泉市 一部地域に避難勧告

大阪・和泉市は、台風11号による大雨の影響で土砂災害の危険性が高まっているとして、午後11時25分、2602世帯、8980人に避難勧告を出しました。


大津市 新たに一部地域171人に避難指示

大津市は、午後11時15分、土砂災害のおそれがあるとして伊香立途中町の75世帯171人に避難指示を出しました。大津市ではこのほか、葛川学区の139世帯264人と、木戸学区の1883世帯4735人に避難指示が出ています。


京都市左京区 4地区に避難勧告

京都市は午後11時に左京区の鞍馬地区、花背地区、大原地区、それに静原地区の4地区、合わせて1134世帯3453人に出していた避難準備情報を避難勧告に切り替えました。


大阪・阪南市 一部地域に避難勧告

大阪・阪南市は、台風11号による大雨の影響で土砂災害のおそれが高まっているとして、午後10時に41世帯、123人に避難勧告を出しました。


大阪・能勢町 2地区に避難勧告

大阪・能勢町は、台風11号による大雨の影響で土砂災害のおそれが高まっているとして、午後8時45分、2つの地区の8世帯、8人に避難勧告を出しました。


京都・大山崎町 一部地域に避難勧告

京都府大山崎町は、午後10時45分に、天王山のふもとの地域のおよそ1200世帯、2900人に避難勧告を出しました。


京都・宇治市 14地区に避難勧告

京都府宇治市は、午後10時20分、山間部や丘陵地の14地区、1498世帯、2829人に避難勧告を出しました。


家族5人死傷事故 酒気帯び容疑で追送検

北海道砂川市で、猛スピードで乗用車を運転し家族5人を死傷させたとして、逮捕・起訴された27歳の男が、当時酒を飲んで車を運転していたとして、酒気帯び運転の疑いで追送検されました。


大阪・島本町 1地区に新たに避難勧告

大阪・島本町は、台風11号による大雨の影響で土砂災害のおそれが高まっているとして、午後9時16分に、山間部にある1つの地区の69世帯、170人に新たに避難勧告を出しました。島本町では、これまでに、576世帯、1421人に避難勧告を出しています。


大阪・高槻市 新たに4万8000人余に避難勧告

大阪・高槻市は、台風11号による大雨の影響で土砂災害のおそれが高まっているとして、午後10時20分に、山間部の2万471世帯、4万8296人に新たに避難勧告を出しました。高槻市では、これまでに、5561世帯、1万2698人に、すでに、避難勧告が出ています。


大津市 避難勧告を解除 避難指示は継続

大津市は午後10時10分、小松学区の1855世帯4346人に出していた避難勧告を解除しました。大津市ではこのほか、葛川学区の139世帯264人と、木戸学区の1883世帯4735人に避難指示が出ています。


大阪・島本町 14地区に避難勧告

大阪・島本町は、台風11号による大雨の影響で土砂災害のおそれが高まっているとして、午後9時15分に山間部など14地区の576世帯、1421人に避難勧告を出しました。


兵庫・宝塚市 一部区域に避難勧告

兵庫県宝塚市は、土砂災害の危険が高まっているとして午後8時15分に土砂災害警戒区域の一部の88世帯、192人に避難勧告を出しました。


京都市西京区 一部に避難勧告

京都市は、台風11号による大雨の影響で午後10時15分に西京区の樫原学区の6154世帯、1万4650人に避難勧告を出しました。


丸ノ内線 運転再開

東京メトロの丸ノ内線は進路の安全確認のため、荻窪と新宿の間で運転を見合わせていましたが、午後10時21分に運転を再開しました。


東武東上線 運転再開

東武東上線は、人身事故のため池袋と小川町の間で運転を見合わせていましたが、午後10時12分に全線で運転を再開しました。


京都市北区の3地区に避難勧告

京都市は、土砂災害の危険性が高まっているとして、午後10時に京都市北区の中川地区の135世帯・317人、小野郷地区111世帯・240人、雲ケ畑地区59世帯・146人に避難勧告を出しました。


三重・紀宝町 住民孤立が解消

三重県紀宝町の高岡地区は、台風11号の影響で川が増水して地区に通じる唯一の道路が水につかり、一部の住民が孤立した状態になっていましたが、水が引いて17日午後9時に孤立状態は解消されました。


大阪・高槻市 1万2000人余に避難勧告

大阪・高槻市は台風11号による大雨の影響で、午後9時半に5284世帯、1万2167人に避難勧告を出しました。市はこれまでに、市内の2つの地区の277世帯、531人に避難勧告を出しています。


大阪・箕面市 2地区に避難勧告

大阪・箕面市は台風11号による大雨の影響で土砂災害のおそれが高まっているとして、17日午後9時に山間部の2つの地区の168世帯、373人に避難勧告を出しました。


大阪・豊能町 全域に避難勧告

大阪・豊能町は台風11号による大雨の影響で土砂災害のおそれが高まっているとして、午後8時50分に市内5地区の6711世帯、1万6106人に避難勧告を出しました。豊能町では、これまでに9地区の1970世帯、4944人にすでに避難勧告が出されていて、今回で町内全域に避難勧告が出されたことになります。


丸ノ内線 一部区間で運転見合わせ

東京メトロの丸ノ内線は新中野駅で進路の安全確認を行っているため、午後9時45分現在、荻窪と新宿の間の上下線で運転を見合わせています。


三重・紀宝町 避難指示を解除

三重県紀宝町は午後9時10分、高岡地区の118世帯216人に出していた避難指示を解除しました。


東武東上線 全線で運転見合わせ

東武東上線は、午後9時ごろ埼玉県の新河岸駅構内で起きた人身事故のため、池袋と小川町の間の全線で運転を見合わせています。


JR紀勢線 土砂流入で一部不通続く

和歌山県内を走るJR紀勢線は、広川町で線路に土砂が流入するなどしたため、和歌山駅と新宮駅の間で17日は終日、運転を見合わせることになりました。


河口付近で女性死亡 誤って転落か 兵庫

17日夕方、兵庫県赤穂市を流れる鳴瀬川の河口付近で、82歳の女性が死亡しているのが見つかり、警察は、女性が台風で増水した川を見に行き、誤って転落した可能性があるとみて調べています。


びわ湖でウインドサーフィンの男性死亡

17日午後、滋賀県高島市のびわ湖で、ウインドサーフィンをしていた会社員の39歳の男性が心肺停止の状態で見つかり、まもなく死亡が確認されました。当時、高島市は台風の強風域に入っていて、警察は男性が溺れたとみて詳しい状況を調べています。


大阪・高槻市 500人余に避難勧告

大阪・高槻市は、台風11号による大雨の影響で土砂災害のおそれが高まっているとして、午後8時半に、市内の2つの地区の277世帯、531人に避難勧告を出しました。


海岸で遊んでいた中学生が死亡 横須賀

17日夕方、神奈川県横須賀市の海岸で、岸壁から海に飛び込んで遊んでいた中学2年の男子生徒が行方不明となっていましたが、およそ2時間後に岸壁近くの海中で見つかり、死亡が確認されました。


道に迷い熱中症か 認知症の女性が死亡

4日前、東京・世田谷区の多摩川の河川敷で、70代の女性が熱中症とみられる症状で死亡しているのが見つかりました。女性は認知症だったということで、警視庁は、道に迷った末に熱中症で死亡したとみて調べています。


大阪・茨木市 2500人余に避難勧告

大阪・茨木市は、台風11号による大雨の影響で土砂災害のおそれが高まっているとして、午後8時すぎに、市内14の地区の1184世帯、2575人に避難勧告を出しました。


女子高校生殺害 画像流出で両親が告訴

おととし、東京・三鷹市で女子高校生が殺害された事件で、被害者の両親は、元交際相手の被告がインターネット上に被害者の画像を流したリベンジポルノと呼ばれる行為を検察に告訴しました。裁判では「起訴されていない行為を処罰することはできない」と判断されていることから、両親は「改めて捜査し罪に問うべきだ」としています。


三重・紀宝町 避難指示を一部で解除

三重県紀宝町は、午後7時、大里地区の309世帯636人に出していた避難指示を解除しました。高岡地区に出している避難指示は継続しています。


秋篠宮ご夫妻と佳子さま 戦争証言展に

秋篠宮ご夫妻と次女の佳子さまは17日、東京都内で、戦争を巡る体験をつづったはがきなどを集めた展示会をご覧になりました。


C−C−Bのリーダー 渡辺英樹さん死去

「Romanticが止まらない」などのヒット曲で知られるバンド「C−C−B」のリーダーで、ベーシストの渡辺英樹さんが、今月13日、多臓器不全のため、東京都内の病院で亡くなりました。55歳でした。


鹿児島 土石流の川の流域 避難勧告解除

先月24日と今月5日に相次いで土石流が発生した、鹿児島県垂水市の牛根地区では、土石流被害を防ぐ応急工事が終わったことなどから、17日午後5時に避難勧告が解除され、付近の国道も24時間、片側通行できるようになりました。


2歳男児 増水した川で溺れ重体 滋賀

17日午後、滋賀県長浜市の川で2歳の男の子が溺れ、病院に運ばれましたが意識不明の重体になっています。川は雨の影響でふだんより水かさが増していたということで、警察が当時の詳しい状況を調べています。


岡山市 東区の避難勧告すべて解除

岡山市は、東区の一部、658世帯1518人に出していた避難勧告を、午後6時40分に解除しました。これで岡山県内に出されていた避難勧告はすべて解除されました。


奈良・五條市 避難勧告を解除

奈良県五條市は、午後6時30分に、市内の大塔町の187世帯、323人に出していた避難勧告を解除しました。


大阪・池田市 3700人余に避難勧告

大阪・池田市は、台風11号による大雨の影響で土砂災害のおそれが高まっているとして、午後6時すぎに、市内19の地区の1878世帯、3756人に避難勧告を出しました。


球場等の車いす席の割合 国際基準下回る

障害者などがスポーツを観戦しやすい環境をつくるため国際パラリンピック委員会はプロスポーツなどの会場についても観客席に占める車いす席の割合をガイドラインで定めていますが、NHKがプロ野球とJリーグの合わせて30のホームスタジアムを調べたところ基準を満たしているのは4つの施設にとどまることが分かりました。


兵庫・芦屋市 1万2000人余に避難勧告

兵庫県芦屋市は、台風11号の影響で土砂災害のおそれがあるとして、市内すべての土砂災害警戒区域に住む5442世帯、1万2802人に避難勧告を出しました。


兵庫・たつの市 避難勧告を解除

兵庫県たつの市は、林田川の水位が下がったため、たつの市誉田町の4つの地区の合わせて893世帯2169人に出していた避難勧告を、午後5時に解除しました。


兵庫・三田市 2万3000人余に避難勧告

兵庫県三田市は、台風11号による大雨で土砂災害の危険が高まっているとして、午後5時半、市内にあるすべての土砂災害警戒区域に住む、9752世帯、2万3040人に避難勧告を出しました。


神戸市 避難勧告が11万人余に

神戸市は、台風11号の大雨で土砂災害の危険が高まっているとして、午後5時45分、新たに神戸市東灘区と灘区の土砂災害警戒区域に住むおよそ1万7900世帯、3万8400人に避難勧告を出しました。これで、神戸市内は市内のすべての土砂災害警戒区域に避難勧告が出され、北区の一部の地域と合わせて、5万1459世帯、11万427人に避難勧告が出ています。


徳島・東みよし町 避難勧告を解除

徳島県東みよし町は、421世帯760人に避難勧告を出していましたが、土砂災害の危険性が低くなったとして、午後6時、解除しました。これで徳島県内に出されていた避難指示と避難勧告はすべて解除されました。


大阪・豊能町 4900人余に避難勧告

大阪府豊能町は、台風11号による大雨の影響で土砂災害のおそれが高まっているとして、午後6時に、町内の9つの地域の1970世帯、4944人に避難勧告を出しました。


築地に代わる新市場 開場は来年11月7日

築地市場の移転先として東京都が整備を進めている豊洲新市場について、開場を来年11月7日とし、前日までの4日間で引っ越しを行うとする移転のスケジュールが決まりました。


岡山・倉敷市 避難勧告を解除

岡山県倉敷市は、午後5時半に、児島田の口地区に出していた避難勧告を解除しました。これで、倉敷市に出されていた避難勧告はすべて解除されました。


兵庫・高砂市 14人に避難指示

兵庫県高砂市は、土砂災害のおそれが高まっているとして、曽根地区と阿弥陀町魚橋地区の合わせて7世帯、14人に避難指示を出しました。


神戸市 東灘区の1万3000人に避難勧告

神戸市は、大雨で土砂災害の危険性が高くなったとして、午後5時45分、神戸市東灘区の土砂災害警戒区域の5900世帯、1万3000人に避難勧告を出しました。


静岡・小山町 避難勧告を解除

静岡県小山町は、台風に伴う大雨の影響で小山町小山にある住宅の下のコンクリート製の壁が崩れるおそれがあるとして、この住宅に住む1世帯7人に避難勧告を出していましたが、午後5時25分に避難勧告を解除しました。


海遊びの中学生が行方不明 横須賀市

17日夕方、神奈川県横須賀市の海岸で、岸壁から海に飛び込んで遊んでいた中学2年の男子生徒の行方が分からなくなり、警察や消防などが行方を捜しています。


台風11号 速度が遅く同じ場所で大雨に

今回の台風11号は、日本に近づいてからもスピードが上がらず、自転車並みのゆっくりした速度で西日本を縦断したため、同じ場所で長時間激しい雨が降り続き、紀伊半島などで記録的な雨量となっています。


和歌山・美浜町 避難勧告と避難準備情報解除

和歌山県の美浜町は、2つの地区の合わせて626世帯、1179人に出していた避難勧告を午後5時に解除しました。また、町内の残りのすべての世帯に出していた避難準備情報も解除しました。


浅間山 引き続き火口から約2キロは警戒を

先月ごく小規模な噴火が発生した浅間山では、引き続き活発な火山活動が続いています。気象庁は今後も山頂火口の周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生する可能性があるとして、火口からおおむね2キロの範囲では、噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。


箱根山 活発な火山活動続く 噴石に警戒を

ごく小規模な噴火が確認された神奈川県の箱根山では、火山活動が活発な状態が続いています。気象庁は引き続き、箱根山に噴火警戒レベル3の火口周辺警報を発表し、大涌谷からおおむね1キロの範囲では、噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。


山梨・上野原市 避難勧告一部で解除

山梨県上野原市の秋山地区の45世帯114人と八ツ沢地区の3世帯7人に出されていた避難勧告は、午後5時に解除されました。しかし、住宅下ののり面が崩れた八ツ沢地区の2世帯6人については引き続き避難勧告を出しています。


和歌山・日高町 避難勧告を解除

和歌山県日高町は、▽高家地区と▽荊木地区、▽谷口地区の川沿いに住む199世帯542人に出していた避難勧告を、午後4時に解除しました。


和歌山・新宮市 避難勧告を解除

和歌山県新宮市は、市内の熊野川町など3462世帯6321人に出していた避難勧告を、午後4時に解除しました。


岡山 備前・玉野・赤磐3市の避難勧告解除

岡山県備前市は、市内全域に出していた避難勧告を午後5時に解除しました。また、同じ岡山県の玉野市と赤磐市もそれぞれ、市内に出していた避難勧告を解除しました。


徳島・三好市 避難指示と避難勧告を解除

徳島県三好市は、土砂災害の危険性が低くなったとして99世帯186人に出していた避難指示と1459世帯2735人に出していた避難勧告を、午後5時にいずれも解除しました。


兵庫・三木市 避難勧告すべて解除

兵庫県三木市は、美嚢川流域の3464世帯1万1085人に出していた避難勧告を、午後4時半に解除しました。


大津市 さらに4700人余に避難指示

大津市は、雨による土砂災害のおそれがあるとして、午後4時45分に木戸学区の1883世帯4735人に避難指示を出しました。また、小松学区の1855世帯4346人に避難勧告を出しました。


大津市 264人に避難指示

大津市は、土砂災害のおそれがあるとして、葛川学区全域の139世帯264人に出していた避難勧告を、午後4時45分、避難指示に切り替えました。


和歌山・すさみ町 避難勧告を解除

和歌山県すさみ町は、町内全域の2279世帯、4398人に出していた避難勧告を午後4時すぎにすべて解除しました。


兵庫・佐用町 避難勧告を解除

兵庫県佐用町は、台風11号による大雨で千種川が氾濫するおそれがあるとして、久崎地区、家内地区、小赤松地区、大酒地区の4つの地区合わせて302世帯、904人に避難勧告を出していましたが、午後4時に解除しました。


仙台空港 民間委託を来年6月に延期

全国で初めて民営化される仙台空港について、国土交通省は空港の安全態勢を整えるため、委託する企業への十分な引き継ぎ期間が必要だとして、運営の委託を3か月遅らせて来年6月までに行うと発表しました。


兵庫・篠山市 一部に避難勧告

兵庫県篠山市は、台風11号による大雨の影響で土砂災害の危険が高まっているとして、坂本地区の4世帯5人に避難勧告を出しました。


テーマパークの客狙い すり50件以上か

東京ディズニーランドで客のかばんから財布を盗んだなどとして、愛知県の男女2人が逮捕・起訴され、警察はテーマパークの客を狙って50件以上のすりを繰り返していたとみて、調べています。


三重・紀宝町 避難指示を一部で解除

三重県紀宝町は、井内地区の75世帯162人に出していた避難指示と、鮒田地区の183世帯358人に出していた避難指示を解除しました。引き続き、高岡、大里の2つの地区に避難指示が出ています。


岡山・瀬戸内市 避難勧告すべて解除

岡山県瀬戸内市は、市内全域の1万5207世帯、3万8318人に出していた避難勧告を、午後3時半に解除しました。


台風 桃に大きな被害 香川

桃の生産が盛んな香川県丸亀市では、台風による強風で桃の木が倒れたり実が落ちたりする被害が出ました。


兵庫・西宮市 2世帯に避難指示

兵庫県西宮市は、台風11号による大雨で市内を流れる武庫川の水位が上昇し、氾濫のおそれがあるとして、午後3時45分、武田尾温泉地区の2世帯7人に避難指示を出しました。


滋賀・高島市 避難勧告も避難できず

滋賀県高島市は、土砂災害のおそれがあるとして朽木栃生の51世帯92人に避難勧告を出していますが、直接、避難所に通じる国道367号線が土砂崩れのため通行止めになり、避難が出来ない状態だということです。このため、高島市は住民に対して、通行止めが解除されるまで自宅の2階などに避難するよう呼びかけています。


兵庫・三木市 避難勧告さらに拡大

兵庫県三木市は、市内を流れる美嚢川の水位が上がり、氾濫のおそれがあるとして、あらたに、三木地区久留美の10世帯30人に避難勧告を出しました。これで、三木市内の美嚢川流域で避難勧告が出されているのは、3464世帯1万1085人になりました。


三重・熊野市 紀和町の避難勧告を解除

三重県熊野市は、熊野市紀和町の全域に出していた避難勧告を、午前11時に解除しました。


兵庫・西宮市 8507人に避難勧告

兵庫県西宮市は、降り始めからの雨の量が、180ミリを超えて、今後も降り続くことが予想されるとして土砂災害のおそれがある西宮市北部の名塩、生瀬、山口の各地区と、武庫川の洪水のおそれがある武田尾温泉地区の合わせて3702世帯、8507人に午後1時20分、避難勧告を出しました。


台風11号 日本海を北上 引き続き警戒を

台風11号は、四国と中国地方を通過して、現在は日本海を北上しています。紀伊半島では降り始めからの雨量が700ミリを超えているほか、東日本や西日本では南から湿った空気が流れ込んで、18日にかけて再び大雨となるおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の氾濫に警戒を呼びかけています。


兵庫・三木市 1万1000人余に避難勧告

兵庫県三木市は、市内を流れる美嚢川の水位が上がり氾濫のおそれがあるとして、3454世帯1万1055人に避難勧告を出しました。


東名高速 通行止め解除

高波のおそれがあるため通行止めになっていた東名高速道路の静岡県の富士インターチェンジと清水ジャンクションの間の下りは、午後1時半に通行止めが解除となりました。


和歌山・白浜町 避難勧告を解除

和歌山県白浜町は日置川の流域にある田野井地区、口ケ谷地区、安居地区、大地区の合わせて316世帯634人に出していた避難勧告を午後1時に解除しました。


六本木クラブ襲撃 主犯格の有力情報に懸賞金

3年前、東京・六本木のクラブで客の男性が金属バットなどで殴られて死亡した事件で、主犯格として国際手配されている暴走族グループの元リーダーについて、警察庁は有力な情報を提供した人に懸賞金を支払うことを決めました。懸賞金は民間のグループが出すものと合わせて最高で600万円にのぼるということです。


和歌山・田辺市の避難指示 避難勧告に切り替え

和歌山県田辺市は、本宮町本宮地区の一部の224世帯468人に避難指示を出していましたが、近くを流れる熊野川が氾濫危険水位を下回ったため、午後0時半避難勧告に切り替えました。


和歌山・橋本市 避難勧告を解除

和歌山県橋本市は、学文路地区と南馬場地区の一部の158世帯429人に出ていた避難勧告を午後1時に解除しました。


国際的経済学者の青木昌彦さん死去

各国の経済の仕組みを文化の違いなどからひもとく新たな経済学の分野を開拓し、日本人として初めてのノーベル経済学賞の受賞が期待されていたアメリカ・スタンフォード大学の名誉教授で経済学者の青木昌彦さんが、15日、アメリカ西部で亡くなりました。77歳でした。


熊野川 田辺市では氾濫危険水位下回る

和歌山県と和歌山地方気象台は、田辺市を流れる熊野川では、本宮水位観測所で洪水が起きる危険性がある「氾濫危険水位」を超えたとし「氾濫危険情報」を出していましたが、水位が下がったため、正午に「氾濫警戒情報」に切り替えました。


文科省 全国の学校に“いじめ対応再点検を”

岩手県矢巾町で中学2年の男子生徒がいじめをうかがわせる記述を残し自殺したとみられる問題で、文部科学省は、学校が法律で義務づけられた方針に沿って、いじめを防ぐための組織的な対応を取っていなかったとして、全国の学校に対し、改めて学校全体で対応するよう求める通知を出すことにしました。


高松市の不正開票 元選管事務局長に有罪

おととし7月に行われた参議院選挙の高松市での開票作業で、白紙の票を水増ししたとして公職選挙法違反などの罪に問われた市選挙管理委員会の当時の事務局長に対し、高松地方裁判所は「票が不足していることを聞いてつじつまを合わせるために安易に票の水増しを容認した」と指摘して、執行猶予がついた懲役2年の有罪判決を言い渡しました。


“ハッカー少年” 他人のカード情報で購入か

出版社のサーバーに不正にアクセスしたなどとして逮捕された川崎市の18歳の少年が他人のクレジットカードの情報でソフトウエアを購入した疑いで再逮捕されました。少年のUSBメモリーからはほかにも90件のクレジットカードの情報が見つかったということで、警視庁はいわゆる「闇サイト」で情報を入手し、サイバー攻撃に悪用していたとみて捜査しています。


消防士が急病人の情報をLINEに投稿

千葉県いすみ市の消防署に勤める消防士が、勤務中に知った急病人の情報を無料通話アプリ「LINE」に投稿していたことが分かり、消防本部は事実の確認を進めるとともに処分を検討しています。


滋賀・高島市 92人に避難勧告

滋賀県高島市は、土砂災害のおそれがあるとして朽木栃生の51世帯92人に避難勧告を出しました。


岡山 笹ヶ瀬川が氾濫危険水位に

台風11号による雨の影響で、岡山市北区を流れる笹ヶ瀬川は、午前11時半ごろ、岡山市北区首部の観測所で住民の避難の判断基準となる「氾濫危険水位」に達しました。水位はさらに上昇する見込みで、岡山県は、場所によっては氾濫のおそれがあるとして、市町村からの避難情報に注意するよう呼びかけています。


強風で集合住宅の屋根飛ぶ 徳島

台風11号が接近した16日夜、徳島県南部の美波町で平屋建ての集合住宅の屋根が強風で飛んで壊れる被害がありました。けが人はいませんでした。


山梨・小菅村 避難勧告解除

山梨県小菅村は、橋立地区や白沢地区など合わせて93世帯234人に出していた避難勧告を午前11時半に解除しました。村内全域の356世帯、732人に避難準備情報が出されています。


神戸市 北区の一部427人に避難勧告

神戸市は、淡河川が氾濫の恐れがあるため、新たに神戸市北区淡河町の野瀬地区、中山地区、淡河地区の全域と、勝雄地区の一部の159世帯427人に避難勧告を出しました。


大津市 264人に避難勧告

大津市は、午前11時20分に雨による土砂災害のおそれがあるとして、葛川学区全域の139世帯264人に避難勧告を出しました。


和歌山 各地の河川で氾濫の危険

和歌山県内では、新宮市熊野川町の日足地区で17日午前2時に熊野川が氾濫したほか、各地の河川でも水位が上昇し、氾濫の危険性が非常に高くなっています。正午現在、氾濫の危険性がある「氾濫危険水位」に達しているのは、▽広川の広川町名島の観測所、▽日高川の日高川町玄子の観測所、それに▽切目川の印南町古井の観測所です。また、▽自治体が避難を呼びかける目安となる「避難判断水位」に達しているのは、▽熊野川の田辺市本宮町大居の観測所、▽南部川のみなべ町谷口の観測所と▽日置川の白浜町安居の観測所、▽日高川の日高川町高津尾の観測所、それに、▽古座川の古座川町月野瀬の観測所です。気象台や和歌山県などは、引き続き、各地で厳重に警戒するよう呼びかけています。


和歌山・新宮市 土砂流出し線路浮いた状態に

JR西日本によりますと、紀勢線は新宮駅と三輪崎駅の間で土砂が流出し、線路の一部が浮いた状態になっているということです。17日午前8時ごろ、JRの職員が点検した際に見つかったということで、土砂は長さおよそ11メートル、幅およそ7メートル、深さおよそ9メートルにわたって流出しているということです。JRは17日、台風の影響でこの区間を含む新宮駅と紀伊田辺駅の間で終日、運休を決めています。


兵庫・三木市 一部で避難勧告

兵庫県三木市は、市内を流れる美嚢川が避難判断水位に達したため、市内の細川町と口吉川町の合わせて375世帯1402人に避難勧告を出しました。


岡山・和気町 一部で避難勧告解除

岡山県和気町は、藤野地区と本荘地区に出していた避難勧告のうち、本荘地区の2055世帯5127人について解除しました。和気町の藤野地区の1095世帯、2489人には引き続き避難勧告が出されています。


用水路で流されたのは女子高校生か 捜索続く

16日に台風11号に伴う大雨の影響で増水していた埼玉県桶川市の用水路で人が流されるのが目撃されましたが、警察は現場付近を通っていたとみられる女子高校生の行方が分からなくなっていることから、流されたのはこの女子高校生の可能性もあるとみて捜索を続けています。


岡山・倉敷市 一部に避難勧告

岡山県倉敷市は、土砂災害の危険が高まっているとして、午前10時50分に児島田の口の一部、389世帯944人に避難勧告を出しました。


神戸市が7万人余りに避難勧告

神戸市は、午前10時50分、中央区、北区、兵庫区、長田区、須磨区、垂水区、西区の土砂災害警戒区域に住むおよそ3万3400世帯、およそ7万1600人に避難勧告を出しました。


徳島・美馬市が避難勧告を解除

徳島県美馬市は1万2870世帯、3万1043人に出していた避難勧告を午前8時半に解除しました。


九州南部が梅雨明け

九州南部は、台風の影響も次第に収まり各地で晴れていて、鹿児島地方気象台は「九州南部が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。


兵庫・林田川 氾濫危険水位に

兵庫県によりますと、姫路市やたつの市を流れる林田川は、たつの市誉田町の誉水位観測所で洪水が起きるおそれがある氾濫危険水位に達しました。兵庫県は今後、さらに水位が上がるおそれがあるとして、午前9時50分に「氾濫危険情報」を出しました。


岡山・赤磐市 一部に避難勧告

岡山県赤磐市は、畑地区や吉原地区など5地区の339世帯、867人に避難勧告を出しています。


岡山・和気町 一部に避難勧告

岡山県和気町は一部の地区の3150世帯7616人に避難勧告を出しています。


岡山・玉野市 沿岸部に避難勧告

岡山県玉野市は沿岸部の1万902世帯、2万3649人に避難勧告を出しています。


岡山・備前市 全域に避難勧告

岡山県備前市は市内全域の1万5901世帯3万6689人に避難勧告を出しています。


徳島・那賀町 避難勧告を一部解除

徳島県那賀町は町の全域に出ていた避難勧告のうち、鷲敷地区や相生地区などの3347世帯、7904人については午前9時25分に解除しました。このほかの、木頭地区の676世帯、1324人には、引き続き避難勧告が出ています。


静岡・小山町 一部に避難勧告

静岡県小山町は、台風に伴う大雨の影響で、小山町小山にある住宅の下のコンクリート製の壁が崩れるおそれがあるとして、午前9時半に、この住宅に住む1世帯4人を対象に避難勧告を出しました。


奈良・十津川村 避難指示はすべて解除

奈良県十津川村は、十津川の水位が下がり、氾濫するおそれがなくなったとして、午前10時10分に川沿いの合わせて9つの地区、102世帯232人を対象に出していた避難指示を解除しました。一方、谷垣内地区、沼田原地区の20世帯40人には引き続き、避難勧告が出ています。


徳島・阿南市 避難指示すべて解除

徳島県阿南市は、1万2879世帯、3万2532人に出していた避難指示を、午前9時50分にすべて解除しました。


岡山・瀬戸内市 全域に避難勧告

岡山県瀬戸内市は、午前4時45分に市内全域の1万5207世帯、3万8318人を対象に避難勧告を出しています。


高知県内の避難指示すべて解除

高知県馬路村は午前10時5分に、日浦地区の43世帯88人に出していた避難指示と、このほかの413世帯859人に出していた避難勧告を解除しました。これで高知県内に出されていた避難指示は、すべて解除されました。


兵庫・たつの市 一部に避難勧告

兵庫県たつの市は、台風11号の影響で、林田川が氾濫するおそれがあるとして、午前10時に、たつの市誉田町の4つの地区の合わせて893世帯2169人に避難勧告を出しました。


徳島 佐那河内村が避難勧告を解除

徳島県佐那河内村は村内を流れる園瀬川の水位が下がったことなどから午前9時半、2世帯5人に出していた避難勧告を解除しました。


兵庫・佐用町4地区に避難勧告

兵庫県佐用町は、台風11号による大雨で千種川で氾濫のおそれがあるとして午前9時20分、久崎地区、家内地区、小赤松地区、大酒地区の4つの地区のあわせて302世帯、904人に避難勧告を出しました。


岡山 八塔寺川が氾濫危険水位に

岡山県備前市と和気町を流れる八塔寺川は、午前8時20分ごろ、備前市吉永町の観測所で、住民の避難の判断基準となる「氾濫危険水位」に達しました。水位はさらに上昇する見込みで、岡山県は場所によっては氾濫のおそれがあるとして、市町村からの避難情報に注意するよう呼びかけています。


岡山・和気町 金剛川で氾濫危険水位

台風11号による雨の影響で岡山県和気町の金剛川では、午前6時50分ごろ、和気町吉田の観測所で住民の避難の判断基準となる「氾濫危険水位」に達しました。水位はさらに上昇する見込みで、岡山県などは、場所によっては氾濫のおそれがあるとして、市町村からの避難情報に注意するよう呼びかけています。


岡山市東区の一部に避難勧告

岡山市は、東区を流れる砂川で氾濫の危険が高まっているとして、午前9時10分に、東区の一部658世帯1518人に避難勧告を出しました。


岡山・砂川が氾濫危険水位に

台風11号による雨の影響で、岡山市東区を流れる砂川は午前9時20分ごろ、東区竹原の観測所で住民の避難の判断基準となる「氾濫危険水位」に達しました。水位はさらに上昇する見込みで、岡山県は場所によっては氾濫のおそれがあるとして、市町村からの避難情報に注意するよう呼びかけています。


徳島・吉野川市の避難勧告すべて解除

徳島県吉野川市は、山川地区と美郷地区の1831世帯4140人に出していた避難勧告を解除しました。


徳島・つるぎ町の避難指示は解除

徳島県つるぎ町は、町内に出していた避難指示を午前8時にすべて解除しました。依然として1529世帯2765人に避難勧告が出されています。


徳島・勝浦町の避難勧告すべて解除

徳島県勝浦町は町内に出していた避難勧告を午前8時にすべて解除しました。


高知・室戸市の避難勧告解除

高知県室戸市は、午前9時15分、市の全域の7842世帯1万4664人に出していた避難勧告を解除しました。


高知・北川村の避難指示は避難勧告に

高知県北川村は午前9時、小島影地区の9世帯16人に出していた避難指示を避難勧告に切り替えるとともに、小島影地区以外の全域635世帯1385人に出していた避難勧告を解除しました。


和歌山・有田川町の一部に避難勧告

和歌山県有田川町は、大雨の影響で崖崩れのおそれがあるとして、午前8時、土生地区の192世帯559人に避難勧告を出しました。


和歌山・由良町 一部で引き続き避難指示

和歌山県由良町は里地区の一部、19世帯49人に出していた避難勧告を午前8時半に解除しました。大引地区の6世帯14人には引き続き避難指示が出されています。


徳島・那賀川で「避難判断水位」下回る

徳島県南部の那賀町から阿南市へと流れる那賀川は、台風による大雨で水位が上昇し阿南市古庄の観測所で一時、「氾濫危険水位」に達していましたが、その後、水位が下がり、午前8時10分には住民の避難の目安となる「避難判断水位」も下回りました。しかし、依然として、上流の観測所では水位が高い状態が続いていることから、徳島県と気象台は、注意を呼びかけています。


和歌山・七川ダム 放流量を2倍に

和歌山県は古座川町の七川ダムについて、満水とならないよう、午前8時ごろから放流の量を当面、ふだんの2倍ほどに当たる毎秒600トンに増やす操作を始めました。県は、下流の地区で水位が上がるおそれがあるとして、町が発表する情報に注意し、川から離れて警戒するよう呼びかけています。これを受けて古座川町は、ダムの下流にある真砂地区の1世帯2人に避難指示を出しました。


高知・奈半利町の避難勧告解除

高知県奈半利町は、宇川地区の15世帯32人に出していた避難勧告を午前8時半に解除しました。


台風11号 鳥取付近を北上 厳重警戒を

岡山県に再上陸した台風11号は現在、鳥取県付近を北上しています。台風は動きが遅いため、紀伊半島で降り始めからの雨量が700ミリを超えるなど、各地で大雨になっていて、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重な警戒が必要です。


高知・香美市の避難勧告解除

高知県香美市は、市内全域の1万2903世帯2万7056人に出していた避難勧告を午前8時15分に解除しました。


高知・大川村が避難勧告解除

高知県大川村は、村の全域の227世帯415人に出していた避難勧告を午前8時半に解除しました。


三宅島で住宅火災母と子か2人死亡

16日夜、東京・三宅島で住宅が全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。警視庁はこの家に住む70代の母親と50代の娘の親子とみて、身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べています。


JR中央線運転再開

JR中央線は大雨の影響で16日夜から、東京の高尾と山梨県の大月の間の上下線で運転の見合わせが続いていましたが、午前8時18分に運転を再開しました。


兵庫・洲本市が4200人余に避難勧告

兵庫県洲本市は、土砂災害のおそれがあるとして午前7時45分、▽上灘▽由良▽小路谷の3つの地区のあわせて2211世帯4220人に避難勧告を出しました。


三重・板屋川「氾濫危険水位」下回る

三重県によりますと、熊野市を流れる板屋川は、所山観測所で洪水が起きる危険性がある氾濫危険水位を超えていましたが、水位が下がり、氾濫危険水位を下回ったということです。


三重・木津川氾濫危険水位下回る

三重県伊賀市を流れる木津川は、依那古観測所で洪水が起きる危険性がある氾濫危険水位を超える状況が続いていましたが、水位が下がり、午前3時10分、氾濫危険水位を下回りました。


三重・銚子川 氾濫危険水位下回る

三重県紀北町を流れる銚子川は、便ノ山観測所で洪水の危険性のある氾濫危険水位を超える状況が続いていましたが、その後、徐々に水位が下がり、午前7時、氾濫危険水位を下回りました。


高知・芸西村の避難勧告解除

高知県芸西村は、▽叶木地区▽和食浜中地区▽和食浜西地区▽松原地区▽浜浦地区の合わせて32世帯66人に出していた避難勧告を午前8時に解除しました。


高知・安芸市の避難指示・勧告解除

高知県安芸市は▽穴内地区の一部、6世帯13人に出していた避難指示を、午前8時に解除しました。また、▽別役地区の6世帯9人に出していた避難勧告も午前7時45分に解除されました。


徳島・小松島市の避難勧告すべて解除

徳島県小松島市は、市内に出ていた土砂災害警戒情報が解除されたことなどから、午前7時半に避難勧告を解除しました。


徳島・阿波市の避難勧告解除

徳島県阿波市は、午前6時47分、台風11号による災害の危険性が低くなったとして避難勧告をすべて解除しました。


熊野川氾濫 新宮市日足地区で住民避難

和歌山県新宮市では、熊野川があふれた影響で、一部の住民が小学校などに避難しています。


徳島・吉野川市の避難勧告一部解除

徳島県吉野川市は、鴨島地区の1070世帯2720人と、川島地区の852世帯1939人に出していた避難勧告を、午前6時50分に解除しました。山川地区と美郷地区の合わせて1831世帯4140人には現在も避難勧告を出しています。


徳島・徳島市の避難勧告解除

徳島市は、午前7時半に市内に出していた避難勧告をすべて解除しました。


中央道通行止め解除

日本道路交通情報センターによりますと、中央自動車道は大雨の影響で東京の八王子インターチェンジと山梨県の大月インターチェンジの間の下り、山梨県の勝沼インターチェンジと上野原インターチェンジの間の上り、それに都留インターチェンジと大月ジャンクションの間の上りで通行止めとなっていましたが午前7時50分にすべての区間で通行できるようなりました。


徳島・石井町の避難勧告解除

徳島県石井町は、1364世帯3519人に出していた避難勧告を午前7時に解除しました。


高知・香南市の避難勧告解除

高知県香南市は、市内全域の1万4613世帯3万4073人に出していた避難勧告を午前7時10分に解除しました。


香川・まんのう町の避難勧告解除

香川県まんのう町は、山沿いの1126世帯2869人に出していた避難勧告を解除しました。これで香川県内の市や町に出ていた避難勧告はすべて解除されました。


京都・京都市左京区の一部に避難勧告

京都市は土砂災害の危険性が高まっているとして、午前7時、京都市左京区久多の47世帯90人に避難勧告を出しました。


香川・綾川町 すべて避難勧告解除

香川県綾川町は、川沿いと山沿いの2674世帯6585人に出していた避難勧告をすべて解除しました。


和歌山・日高町の一部に避難勧告

和歌山県日高町は、川が氾濫するおそれがあるとして午前6時15分、▽高家地区と▽荊木地区▽谷口地区のそれぞれ川沿いの地域、199世帯、542人に避難勧告を出しました。


高知・北川村の一部で避難指示解除

高知県北川村は、村内の川の水位が下がったため、▽加茂中川原地区の24世帯63人に出していた避難指示を午前6時半に避難勧告に切り替えました。一方、▽小島影地区の9世帯16人には、引き続き避難指示を出しています。▽このほかの村内全域の635世帯1385人には避難勧告が出されています。


栃木・五行川の氾濫警戒情報 解除

栃木県と宇都宮地方気象台は、真岡市を流れる五行川の水位が上昇したため、「氾濫警戒情報」を出していましたが、その後、観測所の水位が下がり、避難判断水位の2メートル70センチを下回ったとして、午前2時15分に「氾濫警戒情報」を解除しました。


徳島・那賀町 避難指示を解除

徳島県那賀町は、雨の勢いが弱まり水害の危険性が低くなったことから、町内の一部に出していた避難指示をすべて解除しました。一方で、土砂災害警戒情報が出ていることから、町内全域の4023世帯9228人に引き続き避難勧告を出しています。


奈良・十津川村の一部に避難指示

奈良県十津川村は、十津川が増水して氾濫するおそれがあるとして、川沿いの滝川地区から折立地区までのうち、国道168号線よりも標高の低い地域を対象に午前6時に避難指示を出しました。


台風11号 岡山県倉敷市に再上陸

台風11号は17日朝、岡山県倉敷市付近に再上陸し、中国地方を北上しています。四国や紀伊半島では、降り始めからの雨量が多いところで500ミリを超えていて、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水、暴風や高波に厳重な警戒が必要です。


台風11号 岡山・倉敷市に再上陸

気象庁は「台風11号が午前6時すぎ、岡山県倉敷市付近に再び上陸した」と発表しました。


香川・高松市の避難勧告すべて解除

高松市は、川沿いの3805世帯8499人に出していた避難勧告を解除しました。これで、高松市に出ていた避難勧告はすべて解除されました。


香川・三木町の避難勧告すべて解除

香川県三木町は山沿いの1301世帯3009人に出していた避難勧告をすべて解除しました。


和歌山・紀の川市の一部に避難勧告

和歌山県紀の川市は、大雨の影響で貴志川が氾濫するおそれがあるとして、午前5時に市内の貴志川町の丸栖東地区と丸栖北地区の合わせて78世帯238人に避難勧告を出しました。


台風11号 降り始めからの雨量500ミリ超も

台風11号は、16日夜、高知県に上陸し、四国や近畿、中国地方を暴風域に巻き込みながら北上しています。四国や紀伊半島では降り始めからの雨量が多いところで500ミリを超えていて、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水、暴風や高波に厳重な警戒が必要です。


東京・土砂災害警戒情報 解除

東京の多摩地方の檜原村と奥多摩町に出ていた土砂災害警戒情報は、午前5時47分に解除されました。気象庁は東京の多摩地方ではこれまでの雨で地盤が緩んでいるところがあるため、引き続き土砂災害に警戒するよう呼びかけています。


和歌山・新宮市 4800人余に避難勧告

熊野川が氾濫する危険が高まったとして、和歌山県新宮市は、午前5時、新宮地区の2621世帯4884人に避難勧告を出しました。


和歌山・みなべ町の一部に避難勧告

和歌山県みなべ町は、土砂災害のおそれがあるとして、▽清川地区と▽高城地区それに▽岩代地区の合わせて961世帯3017人に出していた避難準備情報を、午前5時に避難勧告に切り替えました。


東名高速 上り線の通行止め解除

東名高速道路は高波の影響で、静岡県の清水ジャンクションと富士インターチェンジの間の上下線で通行止めになっていましたが、午前5時に上り線の通行止めが解除されました。下り線は引き続き通行止めになっています。


労働者派遣法 施行日延期へ改正案修正も

今の国会の重要法案の1つである労働者派遣法の改正案について、与党内では、安全保障関連法案を巡る与野党の対立の影響などで、目標としていた来月上旬までの成立は困難になったという見方が出ていて、9月1日としている施行日を先に延ばすため、改正案を修正することも検討しています。


香川・直島町の避難勧告解除

香川県直島町は、沿岸部にある380世帯900人に出していた避難勧告を解除しました。


志賀原発の断層「一部の変位 否定できない」

石川県にある志賀原子力発電所の1号機の下を走る断層について「12万年から13万年前以降に一部が変位したことは否定できない」とする評価書の案が17日の原子力規制委員会の専門家会合で示されることが分かりました。今後、この断層が将来活動する可能性があると判断された場合、1号機は再稼働できずに廃炉になる可能性があります。


和歌山・日高川が氾濫危険情報

和歌山県と和歌山地方気象台によりますと、日高川町を流れる日高川は、午前4時半ごろ、日高川町の川辺水位観測所で洪水が起きる危険性がある氾濫危険水位に達しました。今後、水位はさらに上昇する見込みで、県などは、きょう午前4時40分に「氾濫危険情報」を出して厳重に警戒するよう呼びかけています。


三重・大台町の一部で避難勧告

三重県大台町は午前4時半、土砂災害の危険性が高まっているとして、大杉谷と領内の2つの地区の合わせて436世帯891人に避難勧告を出しました。また、荻原地区の一部に出ていた避難準備情報を全域の1044世帯2280人に拡大し安全を確保するよう呼びかけています。


知床 世界自然遺産登録から10年

北海道の知床が世界自然遺産に登録されて17日で10年となります。ダムの改修が進んで川を遡上する魚が増える一方、今月、ユネスコから新たな対応を求められるなど、知床は自然と人の暮らしの共存を目指してさまざまな取り組みが続いています。


香川・高松市 避難勧告さらに解除

高松市は、山間部の1万5474世帯3万7707人に出していた避難勧告を解除しました。一方、川沿いの3805世帯8499人には引き続き避難勧告を出しています。


香川・東かがわ市の避難勧告解除

香川県東かがわ市は、山沿いの157世帯325人に出していた避難勧告を解除しました。


和歌山・広川に氾濫危険情報

和歌山県によりますと、広川町を流れる広川は、新広橋水位観測所で洪水が起きる危険性がある氾濫危険水位に達しました。今後、水位はさらに上昇する見込みで、和歌山県は、17日午前3時25分に「氾濫危険情報」を出して厳重に警戒するよう呼びかけています。


三重・産田川で氾濫危険水位超える

三重県によりますと、熊野市を流れる産田川は、大前池観測所で洪水の危険性のある氾濫危険水位を超えました。今後さらに水位があがるおそれがあり、三重県では警戒を呼びかけています。


香川・さぬき市 避難勧告解除

香川県さぬき市は山沿いの2345世帯5835人に出していた避難勧告を解除しました。


和歌山・田辺市 一部に避難指示

台風11号の接近にともない、熊野川が氾濫危険水位を超え、さらに上昇が見込まれるとして、和歌山県田辺市は本宮町本宮地区の224世帯468人に避難指示を出しました。


徳島・神山町 避難指示すべて解除

徳島県神山町は、鮎喰川の水位が上昇したため五反地地区の28世帯80人に避難指示を出していましたが、雨の勢いが弱まり鮎喰川の水位が下がっているため午前3時半に避難指示を解除しました。これで、神山町に出された避難指示はすべて解除されました。


和歌山・日置川に氾濫危険情報

和歌山県によりますと、白浜町を流れる日置川は、安居水位観測所で氾濫の危険性がある氾濫危険水位に達しました。今後、水位はさらに上昇する見込みで、県は、午前3時15分に「氾濫危険情報」を出して厳重に警戒するよう呼びかけています。


和歌山・日高川町の一部に避難勧告

台風11号の影響で、土砂災害のおそれがあるとして、和歌山県日高川町は、▽川辺地区と▽中津地区の合わせて3284世帯8568人に避難勧告を出しました。


愛媛・松山市の一部に避難勧告

松山市は、土砂災害の危険性が高まっているとして午前3時、五明地区と日浦地区、そして杉立町の合わせて349世帯932人に避難勧告を出しました。


三重・熊野市の一部に避難勧告

三重県熊野市は、土砂災害の危険性が高まっているとして、午前3時20分、熊野市紀和町の全域、738世帯1229人に避難勧告を出しました。


和歌山・熊野川 田辺市で氾濫危険情報

和歌山県と和歌山地方気象台によりますと、熊野川は田辺市の本宮水位観測所で氾濫する危険性がある氾濫危険水位に達しました。今後、水位はさらに上昇する見込みで、県と気象台は、堤防の低い箇所では氾濫するおそれがあるとして午前3時20分に「氾濫危険情報」を出して厳重に警戒するよう呼びかけています。熊野川は、田辺市より下流の新宮市の熊野川町日足地区ですでに氾濫しています。


香川・坂出市 避難勧告解除

香川県坂出市は、沿岸部の3402世帯8848人に出していた避難勧告を解除しました。坂出市は、引き続き市内全域の2万1405世帯、5万3027人に避難準備情報を出しています。


和歌山・印南町 一部に避難勧告

和歌山県印南町は、台風にともなう大雨の影響で印南川があふれるおそれがあるとして、流域にある山口地区の1世帯、2人に避難勧告を出しました。


和歌山・高野町 一部に避難勧告

台風11号の影響で土砂災害のおそれがあるとして、和歌山県高野町は17日午前2時半、▽富貴地区と▽筒香地区の合わせて288世帯508人に避難勧告を出しました。


去年浸水の中学校グラウンドが再び浸水 徳島・阿南

去年8月の台風で広い範囲で浸水被害が出た徳島県阿南市加茂谷地区では、土砂災害のおそれがあるとして一部に避難指示が出ています。住民によりますと、去年、2階まで浸水した加茂谷中学校のグラウンドが浸水し始めているということです。


徳島・吉野川水系の飯尾川 氾濫警戒情報

徳島市などを流れる吉野川水系の飯尾川は石井町上浦にある観測所で「避難判断水位」に達し、県の河川事務所と地元の気象台は今後も、水位が上昇する見込みだとして午前1時20分に「氾濫警戒情報」を出して流域の住民に警戒を呼びかけています。


和歌山・すさみ町 全域に避難勧告

台風11号の影響で、和歌山県すさみ町は土砂災害のおそれが高まったとして、17日午前2時20分、町内全域の2279世帯4398人に避難勧告を出しました。


和歌山県 古座川町の七川ダム放水へ

和歌山県は、古座川町の七川ダムが大雨の影響で満水になることが予測されるため、午前3時ごろから放流の量を増やすと発表し、その場合下流で大規模な氾濫が発生するおそれがあるとして警戒を呼びかけました。しかしその後、ダムに流入する水の量が徐々に減り始めたことから、放流量を増やす作業を見合わせていて、午前4時現在その必要があるかどうか、改めて検討しているということです。


埼玉・土砂災害警戒情報すべて解除

埼玉県と熊谷地方気象台は、飯能市に出していた土砂災害警戒情報を、午前2時10分に解除しました。これで埼玉県内に出されていた土砂災害警戒情報は、すべて解除されました。


三重・銚子川で氾濫危険水位超える

三重県紀北町を流れる銚子川は、便ノ山観測所で午前2時10分、4メートル36センチの水位を観測し、洪水の危険性がある氾濫危険水位を超えました。紀北町は、流域の住民に安全を確保するよう呼びかけています。


和歌山・かつらぎ町の一部に避難勧告

台風11号の影響で和歌山県かつらぎ町は、近くの川の水位が上昇したとして佐野地区の一部の合わせて17世帯51人に出していた避難準備情報を17日午前1時半、避難勧告に切り替えました。


和歌山・熊野川が氾濫

和歌山県と和歌山地方気象台は、17日午前2時に新宮市熊野川町の日足地区で熊野川が氾濫したと発表しました。この地区では、県と気象台が午前0時に、氾濫する危険性がある氾濫危険水位に達したとして「氾濫危険情報」を出して厳重に警戒するよう呼びかけていました。


徳島・那賀川が氾濫危険水位に 氾濫警戒情報

徳島県南部の那賀町から阿南市へと流れる那賀川は水位が上昇し午前2時に阿南市にある2つの観測所で住民の避難の判断基準となる「氾濫危険水位」に達しました。国の河川事務所と気象台は午前0時45分に「氾濫警戒情報」を出して流域の住民に警戒を呼びかけています。


JR中央線 再開めど立たず 乗客が車内泊

JR東日本は、大雨の影響で山梨県内で止まっていた中央線の2本の普通列車について、運転再開のめどが立たないことから、乗客合わせておよそ80人を列車内に宿泊させることを決めました。


徳島・牟岐町の全域4500人余に避難勧告

徳島県牟岐町は、土砂災害などの危険性が高まっているとして、17日午前0時ごろ町内全域の2167世帯4511人に避難勧告を出しました。


住宅に銃弾 自衛隊演習の流れ弾か 滋賀

16日、滋賀県高島市の自衛隊の演習場近くの住宅で、天井に小さな穴が開き、室内に銃弾1発が落ちているのが見つかりました。警察は、重機関銃を使った演習の流れ弾とみて、詳しい状況を調べています。


崖下で男性死亡 水路確認に行き滑落か 兵庫

16日夜、兵庫県宍粟市で85歳の男性が川沿いの崖の斜面で倒れているのが見つかり、死亡が確認されました。警察は、男性が台風に備えて水路を確認しに行った際に誤って滑り落ちたのではないかとみて調べています。


都営新宿線 運転再開

人身事故の影響で運転を見合わせていた都営地下鉄の新宿線は、17日午前1時10分すぎから、新宿駅と本八幡駅の間の全線で運転を再開しました。


埼玉の元荒川 「氾濫警戒情報」解除

大雨のため利根川水系で埼玉県内を流れる元荒川で出されていた「氾濫警戒情報」は、越谷市三野宮の観測所の水位が下がったため午前3時前に解除されました。


香川・まんのう町山沿いに避難勧告

香川県まんのう町は、土砂災害のおそれが高まったとして、吉野地区など5つの地区の山沿いの合わせて1126世帯、2869人に避難勧告を出しました。


和歌山・由良町の一部に避難指示

台風11号の接近にともない近くのため池が決壊するおそれがあるとして、和歌山県由良町は、大引地区の一部の6世帯14人に出していた避難勧告を17日午前0時、避難指示に切り替えました。由良町によりますと住民たちは、すでに全員が避難しているということです。


愛媛県に「記録的短時間大雨情報」

気象庁によりますと、レーダーによる解析で午前0時半までの1時間に愛媛県新居浜市付近と愛媛県四国中央市付近で、いずれもおよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。災害の危険が迫っていることから、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して安全を確保するよう呼びかけています。


香川・綾川町 避難勧告拡大6500人余に

香川県綾川町は、町を流れる綾川の水位が上っているとして、川沿いの山田下地区の583世帯1401人に新たに避難勧告を出しました。これで、綾川町では、山沿いと川沿いの地区の合わせて2674世帯6585人に避難勧告が出たことになります。


四国や中国地方で潮位上昇 高潮に警戒

台風の接近に伴って四国や中国地方の沿岸では潮位が上がっているところがあります。17日朝にかけて満潮の時間を迎えることから、気象庁は各地に高潮警報を出して海岸や河口付近の浸水に警戒するよう呼びかけています。


徳島・つるぎ町の一部に避難指示

徳島県つるぎ町は、土砂災害と水害の危険性が高まったとして16日午後11時半に、▽貞光川東地区の155世帯347人に避難指示を出しました。


徳島で氾濫危険高まる 厳重警戒を

徳島県では断続的に猛烈な雨が降り、川の水位が急速に上がって氾濫の危険性が非常に高まっている地域があり、気象庁は厳重に警戒するよう呼びかけています。


和歌山・熊野川で氾濫危険情報

和歌山県によりますと、熊野川は16日午後11時50分ごろ、新宮市熊野川町の日足水位観測所で洪水が起きる危険性がある氾濫危険水位に達しました。今後、水位はさらに上昇する見込みで、県と和歌山地方気象台は、17日午前0時に「氾濫危険情報」を出して厳重に警戒するよう呼びかけています。


都営新宿線 一部区間で運転見合わせ

都営地下鉄の新宿線は、神保町駅で起きた人身事故のため、17日午前0時すぎから新宿駅と本八幡駅の間の全線で運転を見合わせています。


徳島・阿波市 一部に避難勧告

徳島県阿波市は、土砂災害のおそれが高まったとして16日午後11時22分、2277世帯6062人に避難勧告を出しました。


三重・3つの川で氾濫危険水位超える

三重県紀宝町を流れる相野谷川は、午後11時50分に高岡観測所で洪水が起きる危険性がある氾濫危険水位を超えました。流域の高岡地区では向清水団地の7世帯11人に避難指示が、それ以外の地域の111世帯205人に避難勧告が出されていて、町が安全の確保を呼びかけています。三重県によりますとこのほか伊賀市を流れる木津川の依那古観測所で午後4時に、氾濫危険水位を超えたほか、午後10時20分に熊野市を流れる板屋川でも川の水が堤防を超えてあふれ出すおそれがある氾濫危険水位を超えたということです。


徳島県の3河川が氾濫危険水位

大雨が降り続いている徳島県では、3つの川で、洪水が起きる危険性がある「氾濫危険水位」に達しています。


三重・紀宝町 避難指示を拡大

三重県紀宝町は、相野谷川の水位が上昇を続けているため、午前3時、井内地区の75世帯162人に出していた避難勧告を避難指示に切り替えました。紀宝町ではこのほか、大里地区の309世帯636人と、鮒田地区の183世帯358人、それに高岡地区の全域の118世帯216人に避難指示が出されています。


台風 高速道路への影響

台風の影響で、高速道路などでは関西地方などの一部の区間で通行止めが続いています。


台風11号 高知県室戸市付近に上陸し北上

大型の台風11号は、16日夜、高知県に上陸し、四国や近畿、中国地方を暴風域に巻き込みながら北上しています。四国や紀伊半島では、降り始めからの雨量が多いところで500ミリを超えていて、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水、暴風や高波に厳重な警戒が必要です。


住宅など23棟に被害 13県で浸水

NHKが各地の放送局を通じて午後5時現在でまとめたところ、建物の被害では、岡山県で土砂崩れによって住宅1棟が全壊したほか、奈良県では店舗1棟が半壊、大阪や京都など、8つの府と県の住宅、合わせて21棟で一部が壊れる被害が出ています。また、和歌山など13の県で、少なくとも131棟が床上や床下浸水しました。停電についても、徳島や香川など、5つの県のおよそ3300世帯で起きています。


徳島・阿南市 避難指示拡大3万2500人余に

徳島県阿南市は、水害の危険性が高まったとして17日午前1時35分、加茂谷地区と持井地区の合わせて780世帯2153人に出していた避難勧告を避難指示に切り替えました。これで阿南市には1万2879世帯3万2532人に避難指示が出されています。


全国で18万人余りに避難指示・勧告

NHKが各地の放送局を通じて午後5時現在でまとめたところ、滋賀、三重、和歌山、兵庫の4つの県で合わせて5800人余りに避難指示が出されていて、避難勧告の対象も兵庫など9つの府と県で18万人余りにのぼっています。


徳島市 避難勧告拡大 4万6900人余に

徳島市は、台風による大雨で川のはん濫などの危険性が高まったとして、17日午前0時40分、新たに論田町と大原町それに大松町と雑賀町の1329世帯3148人に避難勧告を出しました。徳島市では16日夜、佐古地区や新町地区などに避難勧告が出されていて、避難勧告は合わせて2万510世帯4万6971人に達しています。


台風 鉄道への影響

台風の影響で鉄道にも影響が出ています。


徳島・那賀町 一部に避難指示

徳島県那賀町は町内全域に避難勧告を出していますが、▽鷲敷地区の1039世帯2563人▽木頭川切地区の101世帯202人▽木頭出原地区の114世帯202人の合わせて1254世帯、2967人に対しては午前0時に避難指示に切り替えました。


高知・安芸市で新たな避難勧告

台風11号の影響で土砂災害の恐れがあるとして高知県安芸市は(あきし)午前1時45分、山あいにある別役地区の(べっちゃく)6世帯9人に避難勧告を出しました。安芸市はこのほか、穴内地区の一部の(あなない)6世帯13人に避難指示を出しています。


香川・高松市 避難勧告を一部解除

高松市は、沿岸部の2万9095世帯、6万104人に出していた避難勧告を解除しました。一方、山間部や川沿いの1万9279世帯4万6206人には引き続き避難勧告を出しています。


台風 船の便への影響

台風の影響で、船の便でも欠航が相次ぎましたが、運航を再開する便も出ています。


台風 空の便への影響 18日は平常どおり

17日の国内の空の便は、台風の影響で四国や中国、それに関西地方の各空港を発着する午前中の便を中心に合わせて187便が欠航しました。航空各社によりますと、18日は、平常どおりの運航を予定しているということです。


徳島・石井町 一部に避難勧告

徳島県石井町は、土砂災害の危険性が高まったとして、午後11時に石井地区と浦庄地区の合わせて1364世帯3519人に避難勧告を出しました。


香川・東かがわ市で新たな避難勧告

香川県東かがわ市は、土砂災害が発生するおそれがあるとして、新たに市内の山沿いの笠松地区の11世帯26人に避難勧告を出しました。これで東かがわ市内では、五名地区と合わせて2つの地区の157世帯325人に避難勧告が出てています。


徳島・三好市の一部に避難指示

徳島県三好市は午後11時半、土砂災害の危険性が高まったとして▽東祖谷菅生地区と▽東祖谷名頃地区の合わせて99世帯186人に避難指示を出しました。


高知・北川村の一部に避難指示

台風11号による大雨で川の水位が上がったことから高知県北川村は、16日午後11時45分に▽加茂中川原地区と▽小島影地区の合わせて33世帯79人に避難指示を出しました。また、土砂災害の危険性が高まっているとしてこのほかの村の全域の611世帯1322人に避難勧告を出しました。北川村は住民に対し、集会所などに避難するよう呼びかけています。


山梨・都留市全域に避難準備情報

山梨県都留市は、土砂崩れのおそれがあるとして市内全域の1万2984世帯、3万1653人に対し、午後11時15分に避難準備情報を出しました。


徳島・吉野川市 新たに避難勧告

徳島県吉野川市は、市内を流れる川田川の水位が氾濫危険水位を超えたため、16日午後10時55分、新たに411世帯1023人に避難勧告を出しました。吉野川市ではこのほか▽山川地区の1320世帯、3070人▽鴨島地区の1070世帯、2720人▽川島地区の852世帯、1939人▽美郷地区の511世帯、1070人に避難勧告を出しています。


香川・三木町の一部に避難勧告

香川県三木町は、土砂災害のおそれが高まったとして山沿いの合わせて1301世帯、3009人に避難勧告を出しました。


香川・高松市 山沿い3万7700人余に避難勧告

高松市は、土砂災害が発生するおそれがあるとして、市内の山沿いの塩江町や東植田町など6つの地区の合わせて1万5474世帯、3万7707人に避難勧告を出しました。


香川・さぬき市の一部に避難勧告

香川県さぬき市は、土砂災害のおそれが高まったとして、市内の山沿いの地区の合わせて2345世帯5835人に避難勧告を出しました。


徳島・県内2河川で氾濫危険水位

大雨が降り続いている徳島県では、2つの川で、洪水が起きる危険性がある「氾濫危険水位に」達しています。このうち川田川は水位が上昇して吉野川市にある観測所で、午後10時20分ごろ「氾濫危険水位」を超えました。また、園瀬川は徳島市にある観測所で午後10時に、洪水が起きる危険性がある「氾濫危険水位」に達しました。


山梨・道志村の一部に避難勧告

山梨県道志村は、午後10時、土砂崩れのおそれがあるとして椿地区と釜之前地区の合わせて284世帯796人に対し「避難勧告」を出しました。また、引き続きそのほかの全域の337世帯1015人に避難準備情報を出しています。


徳島・園瀬川が氾濫危険水位に

徳島県の園瀬川は水位が上昇し、徳島市にある観測所で午後10時、洪水が起きる危険性がある「氾濫危険水位」に達しました。水位はさらに上昇する見込みで、低い土地では氾濫のおそれがあるとして、警戒を呼びかけています。


東武東上線 運転再開

東武東上線は、人身事故の影響で池袋駅から和光市駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後9時37分に運転を再開しました。


徳島・佐那河内村に避難勧告

徳島県佐那河内村は、村内を流れる園瀬川の水位が増しているため、午後9時31分、川沿いの2世帯5人に避難勧告を出しました。


高知・馬路村で避難指示・勧告

高知県馬路村は、午後9時55分、日浦地区の43世帯の88人に避難指示を出しました。日浦地区では、去年8月の大雨で土砂崩れが起きていて、馬路村は村に土砂災害警戒情報が出されたのに伴い、避難指示を出しました。また、馬路村は日浦地区を除く村内の全域413世帯859人にも避難勧告を出しました。村は、近くの小中学校の体育館などに避難するよう呼びかけています。


徳島県に「記録的短時間大雨情報」

気象庁によりますと、徳島県東みよし町付近で午後9時半までの1時間におよそ110ミリの猛烈な雨が降ったと見られます。また、午後10時までの1時間には、レーダーによる解析で、徳島県上勝町付近でおよそ120ミリ、徳島県三好市付近でおよそ110ミリの猛烈な雨が降ったと見られます。災害の危険が迫っていることから、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して安全を確保するよう呼びかけています。


徳島・神山町の一部に避難指示

徳島県神山町は五反地地区の28世帯80人に避難勧告を出していましたが、近くを流れる鮎喰川の水位が上昇し続けているため、午後10時10分、避難指示に切り替えました。


台風11号 四国に接近 上陸のおそれ

大型で強い台風11号は四国や中国地方、それに紀伊半島の一部を暴風域に巻き込みながら高知県の南の海上を北上し、四国にかなり接近していて、17日の明け方にかけて上陸するおそれがあります。四国では非常に激しい雨が降り続き、徳島県では猛烈な雨が降っていて、気象庁は暴風や土砂災害、川の氾濫、高波に厳重に警戒するとともに、高潮にも警戒を呼びかけています。


東武東上線 一部区間の運転見合わせ続く

東武東上線は人身事故の影響で一部の区間で運転を見合わせていますが、このうち、川越市駅から小川町駅の間の上下線は午後9時40分ごろ運転を再開しました。池袋駅から和光市駅の間の上下線は引き続き運転を見合わせています。


茨城・久慈川 氾濫危険水位下回る

茨城県によりますと、県北部を流れる久慈川は、大子町の観測所で氾濫危険水位を超えていましたが、午後9時10分までに水位が下がり氾濫危険水位を下回りました。茨城県は、川の水位が高い状態はまだ続いているとして注意を呼びかけています。


日本人殺害関与か 武装グループ指導者に逮捕状

おととし、北アフリカのアルジェリアでプラント建設大手「日揮」の施設が武装グループに襲撃され40人が犠牲となった事件で、神奈川県警察本部は人質を監禁した疑いで国際手配している武装グループの指導者が日本人男性1人の殺害に関わったとして、新たに組織的殺人の疑いで逮捕状を取りました。


徳島・小松島市の一部に避難勧告

徳島県小松島市は、土砂災害の危険性が高まったとして、16日午後8時45分に立江地区や赤石地区などの合わせて1241世帯2879人に避難勧告を出しました。


茨城・大子町の避難勧告と準備情報解除

茨城県大子町は、町内を流れる久慈川の流域の58世帯106人に出していた避難勧告と、町内全域に出していた避難準備情報を午後9時20分に解除しました。


徳島・三好市の一部に避難勧告

徳島県三好市は16日午後5時半、東祖谷地区、西祖谷地区、山城町柿野尾地区の一部と河内地区の一部の合わせて1459世帯2725人に避難勧告を出しました。また、午後9時15分に井川町の一部、99世帯196人に避難勧告を出しました。


徳島県に「記録的短時間大雨情報」

気象庁によりますと、徳島県東みよし町付近ではレーダーによる解析で午後9時半までの1時間におよそ110ミリの猛烈な雨が降ったと見られます。災害の危険が迫っていることから、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して安全を確保するよう呼びかけています。


徳島・つるぎ町の一部に避難勧告

徳島県つるぎ町は、土砂災害の危険性が高まったとして16日午後8時40分、▽一宇地区、▽半田八千代地区、▽半田日浦地区、▽貞光端山地区の合わせて1529世帯2765人に避難勧告を出しました。


東武東上線 一部区間で運転見合わせ

東武鉄道によりますと、人身事故の影響で、池袋駅から和光市駅と川越市駅から小川町駅の間の上下線で午後9時20分頃から運転を見合わせています。


強盗殺人容疑で男3人を再逮捕 山形

先月、山形市内の山林で殺害された男性の遺体が見つかった事件で、遺体を遺棄したとして逮捕された3人が男性を殺害して金を奪った疑いが強まったとして、警察は3人を強盗殺人の疑いで再逮捕しました。


栃木・高根沢町の避難勧告を解除

栃木県高根沢町は、川の水位が上がったため、16日午後1時半から上高根沢地区の10世帯34人に避難勧告を出していましたが、午後8時半に解除しました。これで栃木県内に出されていた避難勧告はすべて解除されました。


台風11号 西日本の太平洋側に接近 上陸の見込み

大型で強い台風11号は四国と紀伊半島の一部を暴風域に巻き込みながら高知県の南の海上を北上しています。16日夜遅くから17日明け方にかけて四国を中心とする西日本の太平洋側に最も接近し、上陸する見込みです。徳島県では猛烈な雨が降っていて、気象庁は暴風や土砂災害、高波に厳重に警戒するとともに、高潮にも警戒を呼びかけています。


孫殺害容疑の祖母 精神鑑定で不起訴に

ことし3月、さいたま市のマンションで1歳の孫を包丁で刺したとして逮捕され殺人の疑いで送検された65歳の祖母について、さいたま地方検察庁は精神鑑定の結果、刑事責任を問うのは難しいとして不起訴にしました。


不明の男性は無事発見 山梨 大月

16日午後、山梨県大月市に住む70歳の男性が用水路の水門を確認したあと、行方が分からなくなったという通報が警察にありましたが、警察によりますと、男性は無事発見され、けがもないということです。


台風 通信各社が災害用伝言板を提供

台風11号が接近していることを受けて、通信各社はインターネットで安否に関する情報を登録したり確認したりできる災害用の伝言板サービスなどの提供を始めました。


3歳児が5階ベランダから転落して死亡

16日午後、京都市西京区のマンションで、3歳の男の子が5階の部屋のベランダから転落して死亡し、警察は男の子がベランダのさくの隙間から誤って転落したものとみて調べています。


水路で男性死亡 窓の補強中に転落か 兵庫

16日昼すぎ、兵庫県南あわじ市の水路で71歳の男性が倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。警察は現場の状況から男性が台風に備え窓の補強をしていた際、水路に転落したものとみて調べています。


徳島・阿南市の一部 3万300人余に避難勧告

徳島県阿南市は、土砂災害の危険性が高まったとして16日午後8時20分、市内の羽ノ浦地区など広い範囲の1万2099世帯、3万379人に避難勧告を出しました。


東海原発の低レベル廃棄物 処分計画を提出

解体作業が進められている茨城県東海村の東海原子力発電所から出る低レベル放射性廃棄物について、事業者の日本原子力発電は、一部を敷地内に埋めて処分するための計画書を茨城県と東海村に提出しました。


水門確認後に山林で男性不明 山梨

16日午後、山梨県大月市に住む70歳の男性が用水路の水門を確認したあと、近くの山に向かったまま行方が分からなくなったという通報が警察にありました。警察は大雨のため16日の捜索を打ち切り、17日朝から再開することにしています。


「心神喪失の状態」被告に無罪判決

去年2月、千葉県睦沢町の住宅で男性を刃物で刺して殺害したとして殺人などの罪に問われた男の裁判員裁判で、千葉地方裁判所は「被告は事件当時、心神喪失の状態で自分の行動を制御できなかった」として、無罪の判決を言い渡しました。


長崎 被爆者たちが安保法案に抗議の集会

安全保障関連法案が衆議院本会議で可決され、参議院に送られたことについて、JR長崎駅前では労働組合や被爆者たちが抗議する集会を開き、参議院での法案撤回を強く求めました。


徳島・勝浦町全域5500人余に避難勧告

徳島県勝浦町は、土砂災害の危険性が高まったため、16日午後8時に町内全域の2176世帯5585人に避難勧告を出しました。


岡山・玉野市 沿岸部に避難勧告

岡山県玉野市は、高潮の被害が発生するおそれがあるため、16日午後7時10分に沿岸部の1万902世帯、2万3649人に避難勧告を出しました。


芥川賞に又吉さんと羽田さん 直木賞は東山さん

第153回芥川賞と直木賞の選考会が16日夜、東京で開かれ、芥川賞にお笑い芸人として活躍する又吉直樹さんの「火花」と羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」の2作品が選ばれました。また、直木賞には東山彰良さんの「流」が選ばれました。


栃木・芳賀町 避難勧告を解除

栃木県芳賀町は川の水位が上昇したため、町内の東水沼地区と西水沼地区の合わせて21世帯、69人に出していた避難勧告を午後8時に解除しました。


安保法案 大学教授や弁護士らが反対集会

国会近くにある「憲政記念館」では、大学教授や弁護士らが参加して、安全保障関連法案に反対する集会が開かれました。


国会前 安保法案反対の人たちが抗議活動

国会前では、安全保障関連法案に反対する人たちが、夜も抗議活動を続けています。


三重・紀宝町の一部に避難勧告

三重県紀宝町は、相野谷川の水位が上昇していることから、午後6時10分、高岡地区の向清水団地の7世帯11人に避難勧告を出しました。


福島第一原発 排水路から雨水が海に流出

台風の接近に伴う大雨で、東京電力福島第一原子力発電所で雨水が排水路のせきを乗り越えて港湾の外の海に流れ出しているのが見つかりました。排水路の雨水からは国の排出基準を超える放射性物質が検出され、東京電力で監視を続けています。


映画監督5人が安保法案に反対の意見

16日に衆議院本会議で可決された安全保障関連法案を巡って、アニメーション映画監督の高畑勲さんをはじめとする映画監督らが、16日、東京都内で記者会見を開き、法案に対して反対の意見を述べました。


強風にあおられ転倒 73歳女性骨折 兵庫

兵庫県伊丹市によりますと、16日午後4時半ごろ、市内に住む73歳の女性が自宅近くで台風による強風にあおられて転倒し、左足の骨を折るけがをしたということです。


和歌山・美浜町の一部に避難勧告

台風11号の接近に伴って和歌山県美浜町は午後6時20分、海に近い三尾地区と浜ノ瀬地区の合わせて626世帯、1179人に避難勧告を出しました。


愛媛・新居浜市の一部に避難勧告

愛媛県新居浜市は、土砂災害の危険性があるとして、午後6時に、市内28の地区の212世帯、437人に避難勧告を出しました。


岡山・備前市 全域3万6000人余に避難勧告

岡山県備前市は、大雨や暴風、それに高潮の被害が発生するおそれがあるとして、午後6時に市内全域の1万5901世帯、3万6689人を対象に避難勧告を出しました。


和歌山・橋本市の一部に避難勧告

台風11号による大雨の影響で紀の川があふれる危険性があるとして、和歌山県橋本市は午後6時、学文路地区と南馬場地区のそれぞれ一部、合わせて158世帯429人に避難勧告を出しました。


日弁連「採決強行に抗議」と決議

16日に衆議院本会議で可決された安全保障関連法案について、日弁連=日本弁護士連合会は「採決の強行に抗議する」という決議をしました。


離島防衛の連隊長「使う、使わない 決めるのは国民」

南西諸島などの離島防衛を担う長崎県の陸上自衛隊西部方面普通科連隊は16日、報道各社に訓練の様子を公開し、部隊の指揮官は、自衛隊を使う、使わないを決めるのは国民であり、現場は決められたことに従うだけだと述べました。


陸上幕僚長「引き続き審議を注視したい」

16日の衆議院本会議で、安全保障関連法案が可決されたことについて、陸上自衛隊トップの岩田清文陸上幕僚長は、定例の記者会見で、「今後、参議院の場で議論されていくと認識しているので、引き続き、審議内容を注視していきたい」と述べました。そのうえで、仮に法案が成立した場合について岩田陸上幕僚長は、「陸上自衛隊について、新たな行動が入るのであれば、新しい行動に対する必要な準備があると思う。与えられた役割を果たすべく、最大限努力するのが役割だと思っている」と述べました。


連合・古賀会長 参院では野党共闘で徹底審議を

連合の古賀会長は、記者会見で、「憲法に関わる重要な課題であり、国民の合意形成もないまま、政府・与党が強行採決に出たことは極めて遺憾で、強く抗議する。『政権への支持率が、これ以上、下がらないうちに早く通してしまおう』という本音が見え隠れする。参議院では、野党共闘を大事にしながら徹底した審議を行わなければならないし、われわれも世論を喚起していきたい」と述べました。


香川・直島町 沿岸部900人に避難勧告

香川県直島町は、高潮の被害を受けるおそれがあるとして、午後6時に沿岸部に住む合わせて380世帯900人に避難勧告を出しました。


岡山・瀬戸内市 沿岸部4900人余に避難勧告

岡山県瀬戸内市は午後6時に、沿岸部の2301世帯、4931人に避難勧告を出しました。


茨城・大子町の9地区に避難勧告

茨城県大子町は町内を流れる久慈川が増水していることから、午後4時半に流域の大子、下野宮、矢田、袋田、下津原、久野瀬、南田気、北田気、池田の9地区合わせて49世帯に避難勧告を出しました。


和歌山・古座川町 全域2900人余に避難勧告

台風11号の影響で土砂災害などの危険性が高まったとして、和歌山県古座川町は午後6時、町内全域の1553世帯、2952人に避難勧告を出しました。


奈良・十津川村の4地区に避難勧告

奈良県十津川村は、土砂災害の危険性が高まっているとして、午後5時に滝川地区、風屋地区、谷垣内地区、沼田原地区の4つの地区の合わせて39世帯、78人に避難勧告を出しました。


茨城・大子町 11地区58世帯に避難勧告

茨城県大子町は、町内を流れる久慈川が増水していることから、午後5時半までに大子、下野宮、矢田、袋田、下津原、久野瀬、南田気、北田気、池田、頃藤、それに盛金の11地区の58世帯106人に避難勧告を出しました。


和歌山・田辺市 5地区に避難勧告

台風11号による大雨の影響で土砂災害の危険性があるとして、和歌山県田辺市は午後5時、中辺路地区、本宮地区、熊野地区、面川地区、深谷地区の5つの地区の3249世帯6094人に避難勧告を出しました。


両陛下 福島で原発事故の避難者と懇談

天皇皇后両陛下は16日、福島県を訪れ、原発事故で避難生活を続ける人たちと懇談されました。


高知・香美市 全域2万7000人余に避難勧告

台風11号の接近に伴い、高知県香美市は市内全域の1万2903世帯、2万7056人に、午後5時半に避難勧告を出しました。


避難は明るいうちに 安全確保の注意点

台風の影響で西日本や東日本では土砂災害や洪水の危険が高まっている地域があり、避難勧告などが出されている地域では、明るいうちに避難所に避難するなど早めの対策を取ることが重要です。


山梨・小菅村の一部に避難勧告

山梨県小菅村では、土砂崩れのおそれが高まったとして、宮川地区の12世帯21人、橋立地区の55世帯134人、白沢地区の16世帯45人、淀地区の10世帯34人に対して午後5時に「避難勧告」を出しました。


栃木・芳賀町 2地区の21世帯に避難勧告

栃木県芳賀町は、町内を流れる野元川の水位が上昇したため、東水沼地区の16世帯53人と西水沼地区の5世帯16人の合わせて21世帯、69人に避難勧告を出しました。


香川・坂出市 沿岸部8000人余に避難勧告

香川県坂出市は、高潮の被害を受けるおそれがあるとして、午後5時に、市内の沿岸部に住む合わせて3402世帯、8848人に避難勧告を出しました。


和歌山・田辺市 独自の「早期避難情報」発表

和歌山県田辺市は4年前の紀伊半島豪雨を教訓に、台風11号の接近で大雨による土砂災害の危険性が高まるおそれがあるとして、市が独自に設けた「早期避難情報」を午後3時に発表しました。


箱根山 16日も活発な火山活動続く

ごく小規模な噴火が確認された神奈川県の箱根山では、火山活動が活発な状態が続いています。気象庁は引き続き、箱根山に噴火警戒レベル3の火口周辺警報を発表し、大涌谷からおおむね1キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。


被災者支援かたる詐欺の疑い 2人逮捕

東日本大震災の被災者支援を巡るうその電話で、80歳の女性から現金200万円をだまし取ったとして、男2人が詐欺の疑いで逮捕され、警視庁は男らがこれまでに2000万円をだまし取っていたとみて捜査しています。


強風でゴールポスト倒れ高校生骨折 山口

台風11号が接近するなか、16日午後、山口県宇部市の県立高校でサッカー部の男子生徒が部活動中、強風で倒れてきたサッカーのゴールポストに足を挟まれ、足の骨を折る大けがをしました。


高知・香南市全域 3万4000人に避難勧告

台風11号の接近に伴い、高知県香南市は市内全域の1万4613世帯、3万4073人に、午後4時20分に避難勧告を出しました。


高知・奈半利町の一部に避難勧告

台風11号の接近に伴い、高知県奈半利町は午後3時、宇川地区の15世帯、32人に避難勧告を出しました。町内全域には避難準備情報が出されています。


高知・芸西村の一部に避難勧告

台風11号の接近に伴い、高知県芸西村は午後4時に、叶木地区、和食浜中地区、和食浜西地区、松原地区、浜浦地区の合わせて32世帯66人に、避難勧告を出しました。


台風11号北上 高知県の一部が暴風域に

大型で強い台風11号は四国の南の海上を北上し、高知県の一部が暴風域に入っています。16日夜には四国を中心とする西日本の太平洋側にかなり接近し、そのあと上陸する見込みで、気象庁は土砂災害や暴風、高波に厳重に警戒するよう呼びかけています。


徳島・美馬市 全世帯に避難勧告

台風11号の接近を受け、徳島県美馬市は午後3時半に、市内全域の1万2870世帯、3万1043人に避難勧告を出しました。


高知・室戸市 全世帯に避難勧告

台風11号の接近に伴い、高知県室戸市は、午後3時に市内全域の7842世帯、1万4664人に避難勧告を出しました。


高知・大川村 全世帯に避難勧告

台風11号の接近に伴い、高知県大川村は午後3時に、村内全域の227世帯、415人に避難勧告を出しました。


用水路で人が流されたか 付近を捜索 埼玉

16日朝、埼玉県桶川市の用水路で人が流されるのが目撃され、警察と消防が付近を捜索しています。


茨城・久慈川 氾濫危険水位を超える

茨城県の北部を流れる久慈川は、午後2時40分ごろ、大子町の観測所で洪水が起きる危険性がある氾濫危険水位を超えました。茨城県は、洪水の危険性が非常に高まっているとして、厳重に警戒するよう呼びかけています。


栃木・高根沢町 10世帯に避難勧告

栃木県の高根沢町は、大雨による増水で町内を流れる五行川の水位が氾濫注意水位に達したため、午後1時半、上高根沢地区の10世帯34人に避難勧告を出しました。


JR四国 特急「しおかぜ」運転見合わせへ

JR四国によりますと、台風の影響で松山と岡山を結ぶ特急「しおかぜ」は、松山を午後3時28分に出発する24号と、岡山を午後4時35分に出発する19号を最後に運転を見合わせます。


JR西日本 特急「くろしお」午後2時以降運休

台風11号の接近に伴い、JR西日本は、新大阪駅や京都駅と、和歌山県の新宮駅などとを結ぶ特急列車「くろしお」について、午後2時以降に出発する上下線合わせて14本の運転を取りやめました。JRは、台風の進路次第では、16日の午後以降、ほかの路線でも列車の見合わせなどが出る可能性があるとして、最新の情報に注意するよう呼びかけています。


年金機構誤回答 二重チェックせずと陳謝

日本年金機構の水島理事長は厚生労働大臣の諮問機関・社会保障審議会の部会で、個人情報が流出していた加入者に、誤って「情報は流出していない」と回答していた問題について、システムへの入力作業の際に、ダブルチェックを怠っていたことがミスにつながったとして、重ねて陳謝しました。


東京大学 最大3万6000件余の情報流出か

東京大学は、学内の業務用のパソコンに不正なアクセスがあり、学生の氏名や学生証の番号など最大で3万6000件余りの情報が流出した可能性があることを明らかにしました。


中央道 一部通行止め解除

中日本高速道路によりますと、雨のため通行止めになっていた中央自動車道の上野原インターチェンジと八王子インターチェンジの間の上りは、午後0時時15分に通行止めが解除されました。


台風11号 このあと四国の一部暴風域に

大型で強い台風11号は高知県の南の海上を北上し、まもなく、四国の一部が台風の暴風域に入る見込みです。16日夜には四国を中心とする西日本の太平洋側にかなり接近し上陸する見込みで、気象庁は土砂災害や暴風、高波に厳重に警戒するよう呼びかけています。


詐欺収益2000万円隠していた疑い 3人逮捕

アメリカの詐欺事件の犯罪収益2000万円余りを日本の銀行口座などに隠していたとしてナイジェリア人の男ら3人が組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕され、神奈川県警察本部は国際的な犯罪グループによるマネーロンダリングが行われていた疑いがあるとみて解明を進めています。


台風11号北上 今夜西日本に接近 上陸か

大型で強い台風11号は、高知県の南の海上を北上していて16日夜、四国を中心とする西日本の太平洋側にかなり接近しその後、上陸する見込みです。気象庁は、大雨や暴風、高波、それに高潮に厳重に警戒するよう呼びかけています。


山梨・笛吹市の平等川は氾濫危険水位下回る

山梨県によりますと、笛吹市などを流れる平等川の水位が午前11時10分に氾濫危険水位の1.7メートルに達しましたが、その後、水位が下がり、午前11時20分に氾濫危険水位を下回ったということです。県では、今後の雨の降り方によっては再び水位が上昇するおそれがあるとして注意を呼びかけています。


山梨・笛吹市の平等川が氾濫危険水位に

山梨県によりますと、笛吹市などを流れる平等川で、午前11時10分に洪水が起きる危険性がある氾濫危険水位に達したということです。県は、洪水の危険性が非常に高まっているとして、厳重に警戒するよう呼びかけています。


関東などで大雨被害 転落しけが・土砂崩れ

台風11号の影響による大雨のため、群馬県千代田町では、住宅の屋根の修理をしていた65歳の男性が、屋根から落下してけがをするなど被害も出ています。


高知・大豊町 全域に避難勧告

台風11号の接近に伴い、高知県大豊町は午前10時に町内全域の2431世帯、4264人に避難勧告を出しました。


関東甲信 鉄道・高速道路への影響

関東甲信地方では台風の接近による大雨で交通機関に影響が出ています。


台風接近で高潮に警戒必要 各地の満潮時刻

大型で強い台風11号は、17日の明け方にかけて四国を中心とする西日本の太平洋側に接近し、その後、上陸する見込みです。台風の接近に伴って高潮に警戒する必要があります。


ギニア人男性 エボラウイルス検出されず

15日夜、西アフリカのギニアから到着し、発熱の症状を訴えたギニア人の30代の男性について、厚生労働省が念のためエボラウイルスに感染していないかどうか詳しい検査を行った結果、エボラウイルスは検出されませんでした。


台風 今夜接近・上陸のおそれ 広範囲で風雨強まる

大型で強い台風11号は高知県の南の海上を北上していて16日夜、西日本の太平洋側にかなり接近し、その後、上陸するおそれがあります。台風の接近にともなって西日本から東北にかけての広い範囲で断続的に激しい雨が降り風も非常に強まっていて、気象庁は大雨や暴風、高波、それに高潮に警戒するよう呼びかけています。


北関東道 大雨で一部通行止め

北関東自動車道は大雨のため、午前9時20分ごろから群馬県の太田桐生インターチェンジと栃木県の佐野田沼インターチェンジの間で、東行き西行きともに通行止めとなっています。


山梨・上野原 45世帯に避難勧告

山梨県上野原市は土砂崩れのおそれがあるとして、秋山地区の45世帯114人に対して午前9時に「避難勧告」を出しました。


中央道 雨のため一部で通行止め

日本道路交通情報センターによりますと、中央自動車道は雨のため、午前8時半すぎから、▽八王子インターチェンジと大月インターチェンジの間の下りと、▽勝沼インターチェンジと八王子インターチェンジの間の上り、それに▽都留インターチェンジと大月ジャンクションの間の上りで通行止めになっています。


JR高崎線 運転再開

JR高崎線は、人身事故の影響で東京から高崎までの全線で上下線とも運転を見合わせていましたが、午前7時53分に全線で運転を再開しました。


中国のサンゴ密漁船 半年近く確認されず

去年、小笠原諸島の周辺でサンゴを密漁しているとみられる中国漁船が多く確認されたのを受けて、日中両政府が取締りを強化した結果、ことし1月下旬以降、漁船は確認されておらず、両政府は引き続き協力して取締りに当たることにしています。


JR高崎線 運転見合わせ

JR高崎線は埼玉県内で起きた人身事故の影響で、東京から高崎までの全線で上下線とも運転を見合わせています。


五輪に向けJR京葉線の輸送力増強要望へ

5年後の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、千葉県は東京臨海部とのアクセス向上を図る必要があるとして、来年度の国の予算編成に向けて、東京と千葉を結ぶJR京葉線の輸送力増強を重点的に要望していくことになりました。


静岡県 東名高速の一部通行止め

東名高速道路の上り線は台風による高波の影響で、清水ジャンクションと富士インターチェンジの間が16日午前5時45分から通行止めになっています。また、同じ区間の下り線は15日から通行止めが続いています。


台風 今夜西日本太平洋側にかなり接近へ

大型で強い台風11号の影響で関東甲信や東海で雨が強まり、局地的に非常に激しい雨が降っています。台風は16日夜には西日本の太平洋側にかなり接近し、その後、上陸するおそれがあり、気象庁は、大雨や暴風、高波、それに高潮に警戒するよう呼びかけています。


米で詐取の金 日本の口座に隠した疑い 3人逮捕へ

アメリカの詐欺事件の犯罪収益およそ2000万円を日本の銀行口座などに隠していた疑いが強まったとして、神奈川県警察本部は、ナイジェリア人の男ら3人を組織犯罪処罰法違反の疑いで16日にも逮捕する方針です。不正に送金された金はおよそ6億円に上るとみられ、警察は、国際的な犯罪グループがマネーロンダリングを行っていた疑いがあるとみて実態の解明を進めています。


安保法案 国会周辺の反対の声 深夜まで

15日、国会周辺では深夜になっても、法案に反対する人たちが声を上げました。抗議活動は16日も予定されています。


台風 今夜西日本接近 あすにかけ上陸か

大型で強い台風11号は日本の南の海上を北上していて、16日夜には西日本の太平洋側に接近し、その後、17日にかけて上陸するおそれがあります。西日本や東日本では風が強まり、17日にかけて広い範囲で大雨となる見込みで、気象庁は、大雨や暴風、高波などに警戒するよう呼びかけています。


大雨・洪水・暴風・高波・高潮に警戒必要な時間帯

気象庁によりますと、台風11号による大雨と洪水、暴風、高波、それに高潮に警戒が必要な時間帯の目安は次のとおりです。


顔写真公開「似た男」情報から3人逮捕

実体のない会社の債権の取り引きを持ちかけて現金をだまし取る詐欺グループのメンバーとして、警視庁が顔写真を公開し行方を捜査していた3人が、潜伏先の大阪市内で逮捕されました。「似た男がいる」という情報が市民から寄せられ、逮捕につながったということです。


高知・安芸 一部沿岸部に避難勧告

高知県安芸市は、高知県沿岸部に波浪警報が出されたことを受けて、午後9時21分、市内の穴内地区の沿岸部にある6世帯13人に避難勧告を出しました。


浅間山 火口から2キロの範囲内は警戒を

先月ごく小規模な噴火が発生した浅間山では、引き続き活発な火山活動が続いています。気象庁は今後も山頂火口の周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生する可能性があるとして、火口から、おおむね2キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。


箱根山 活発な火山活動続く

ごく小規模な噴火が確認された神奈川県の箱根山では、火山活動が活発な状態が続いています。気象庁は引き続き、箱根山に噴火警戒レベル3の火口周辺警報を発表し、大涌谷から、おおむね1キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。


安保法案 浅田次郎さん「法治国家と言えず」

衆議院の特別委員会で可決された安全保障関連法案について、日弁連=日本弁護士連合会がシンポジウムを開き、作家の浅田次郎さんが、憲法の拡大解釈の限界を超えており法治国家とは言えないなどと述べました。


安保法案 連合「採決は暴挙で強く抗議」

安全保障関連法案が衆議院の特別委員会で可決されたことについて、連合=日本労働組合総連合会は談話を発表し、「十分な審議を尽くさず、強行採決という暴挙に出たことは極めて遺憾で、強く抗議する」としています。


安保法案 日本ペンクラブが抗議声明

安全保障関連法案が衆議院の特別委員会で可決されたことについて、作家などでつくる日本ペンクラブは、「集団的自衛権の行使が憲法に違反することは自明であり、強行採決された法案に強く抗議し、廃案を求める」などとする声明を発表しました。


安保法案 那覇市で数百人が反対デモ

安全保障関連法案が15日に衆議院の特別委員会で可決されたことを受け、那覇市の中心部では法案に反対する市民ら数百人がデモ行進し、「今すぐ廃案にすべきだ」などと訴えました。


サッカーの高校生 熱中症で重体 群馬

15日午後、群馬県館林市の高校で、屋外でサッカーをしていた男子生徒が熱中症で倒れ、意識不明の重体となっています。


電子マネーIDだまし取る詐欺か 男を逮捕

「インターネットのサイトの料金が未払いだ」といううそのメールを送りつけ、埼玉県の女性に、およそ50万円分の電子マネーを買わせてID番号をだまし取ったとして、茨城県の29歳の男が逮捕されました。警視庁は、男を含む詐欺グループが、1億円分の電子マネーのID番号をだまし取り、その番号で購入したギフト券を現金に換えていたとみて捜査しています。


女性死体遺棄事件 交際の男と知人の女起訴

東京・新宿区に住んでいた女性が神奈川県内の墓地で遺体で見つかった事件で、東京地方検察庁は交際していた男と知り合いの女を死体遺棄の罪で起訴しました。警視庁は引き続き、女性が死亡したいきさつを調べるとともに、行方が分からなくなっている女性の長男について捜査しています。


老老介護で夫と無理心中未遂 妻に猶予判決

病気を抱えながら認知症の夫の介護を続けた末に無理心中しようとした80歳の妻の裁判で、東京地方裁判所は懲役3年、執行猶予4年の判決を言い渡しました。裁判長は執行猶予をつけた理由として妻が福祉の専門家の支援を受けられるようになったことを挙げ、「遠慮なく相談してください」と語りかけました。


安保法案に反対する人 夜も抗議続ける

安全保障関連法案が衆議院の特別委員会で可決されたあとも、国会周辺では、法案に反対する人が抗議を続けています。


中2男子“自殺” 友人に「死にたい」と話す

岩手県矢巾町で、中学2年の男子生徒がいじめをうかがわせる内容をノートに書き残し自殺したとみられる問題で、ことし4月ごろ、男子生徒が一緒に遊んでいた友人に対して「死にたい」などと話していたことが分かりました。


15日も各地で猛暑日 宮城では猛烈な雨も

15日も西日本から北日本にかけて広く高気圧に覆われ、各地で35度以上の猛暑日となりました。一方、午後に入って宮城県で局地的に猛烈な雨が降るなど、広い範囲で大気の状態が不安定になっていて、気象庁は熱中症とともに土砂災害や低い土地の浸水にも十分注意するよう呼びかけています。


熱中症か 全国で8人死亡11人重体

熱中症についてNHKが各地の消防などに取材したところ、午後8時現在、熱中症とみられる症状で全国で8人が死亡し、11人が意識不明の重体になっていることが分かりました。


最低賃金と生活保護 “逆転現象”の地域なし

去年の最低賃金の引き上げによって最低賃金で働いた場合の収入が生活保護の受給額を下回るいわゆる「逆転現象」が起きている地域がなくなったことが、厚生労働省の調査で分かりました。


熱中症で91歳女性死亡 福島

15日正午前、福島県喜多方市の畑で91歳の女性が倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、熱中症のため死亡しました。


安保関連法案 反対の学者ら1万人超える

衆議院の特別委員会で可決された安全保障関連法案を巡っては、幅広い分野の学者たちで作るグループが、憲法に違反しているとして反対していて、インターネットを通じて集まった学者や研究者の賛同者は1万人を超えています。


同じコースの台風 過去に大きな被害

今回の台風11号の予想進路と似たコースを進んだ過去の台風としては、去年8月の台風11号と平成23年9月の台風12号があります。


三菱マテリアル 元米兵捕虜に謝罪へ

戦後70年のことし、三菱マテリアルは、太平洋戦争中、経営していた秋田県の鉱山などで旧日本軍の捕虜となったアメリカ兵に労働を強いていたとして、初めて謝罪することになりました。


斜面から落石 女性死亡 熊本

15日午前、熊本県小国町で、斜面から、長い部分で80センチほどの大きさの石が落下して、下の道路を歩いていた66歳の女性に当たり、女性が死亡しました。


大気不安定 宮城で局地的に猛烈な雨

湿った空気の影響で広い範囲で大気の状態が不安定になり、宮城県では局地的に猛烈な雨が降っています。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水に警戒するよう呼びかけています。


住宅全焼し2人死亡 60代夫婦か 愛知

15日午前、愛知県幸田町で住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。警察は、亡くなったのは、火事のあと連絡が取れなくなっているこの家の60代の夫婦とみて調べています。


組員放火で死亡 山口組組長ら1億円支払いで和解

5年前、名古屋市の繁華街のキャバクラに暴力団員が放火し、従業員の男性が死亡した事件で、遺族が、上部団体のトップにも責任があるとして山口組の組長らに賠償を求めていた裁判で、組長らが1億円の解決金を支払うことなどで和解が成立していたことが分かりました。


警視庁 ヤフオクに“盗品”転売防止を要請

東京の書店で万引きされた本など1700点がインターネットのオークションで売られていたことが分かり、警視庁は15日、オークションの運営会社に対し、盗まれたものが出品されていないか監視を強めるなど、対策を強化するよう要請しました。


元少年の手記出版 遺族が法整備を要望

平成9年に神戸市で起きた児童連続殺傷事件の手記が出版されたことを受けて、被害者の父親は、事件を起こした加害者が本を出版する場合は被害者や遺族の同意を得なければならないとして、法律の整備を求める要望書を国会議員に提出しました。


宮城で80代女性死亡 熱中症か

15日朝、宮城県亘理町の住宅で80代の女性が体調不良を訴えて病院に運ばれ、その後、死亡しました。病院によりますと熱中症とみられています。


衝突事故 バスは直前まで正常に走行か

14日、三重県四日市市の東名阪自動車道で、大型バスがダンプカーに追突して乗客など合わせて23人が重軽傷を負った事故で、バスは直前まで蛇行するなどせずに正常に走行していたとみられることが警察への取材で分かりました。警察は事故の原因を明らかにするため岡山県にあるバスの運行会社を捜索しました。


台風11号 大雨・暴風などへの注意点

台風11号は、16日の夜には西日本の太平洋側に接近し、その後、上陸するおそれがあります。大雨や暴風、高波に警戒するとともに、早めの避難や対策を進める必要があります。


日本被団協が抗議の声明

安全保障関連法案が衆議院の特別委員会で可決されたことについて、日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会は、15日午後、声明を発表し、暴挙に怒りをもって抗議し、廃案を強く求めるとしています。声明では15日の採決について、「暴挙に怒りをもって抗議し、法案を廃案とするよう強く求める」としたうえで「70年前の生き地獄を体験した被爆者は、到底だまって見過ごすことはできない」としています。


学研 2万人余の個人情報が流出か

「学研ホールディングス」は、会社のシステムに外部から不正なアクセスがあり、高校生向けのインターネットによる教育サービスの利用者、2万2000人余りの個人情報が流出した可能性があると発表しました。


トヨタ ハイブリッド車34万台リコール

トヨタ自動車は、ハイブリッド車の「プリウスα」などで制御プログラムに不具合があり、最悪の場合、走行できなくなるおそれがあるとして、およそ34万台のリコールを国土交通省に届け出ました。


タカタのエアバッグ 国内のリコール976万台に

リコールが相次いでいるタカタのエアバッグについて、ダイハツ工業は15日、新たに4車種合わせて29万台のリコールを国土交通省に届け出ました。これにより、国内でのタカタのエアバッグのリコールは合わせておよそ976万台になりました。


熱中症か 都営アパートで50代男性死亡

13日、東京・北区の都営アパートで50代の男性が熱中症とみられる症状で死亡していたことが分かり、警視庁などが詳しい状況を調べています。


国会周辺 約1000人が反対訴え

国会周辺には午前中から安全保障関連法案に反対する人たちが集まっていて、衆議院の特別委員会で法案が可決されたとき、主催者の発表でおよそ1000人が、「憲法9条を壊すな」とか「戦争させない」などと書かれたプラカードを手に、法案への反対を訴えていました。


奄美地方が梅雨明け 平年より16日遅く

鹿児島県の奄美地方は高気圧に覆われて晴れていて、鹿児島地方気象台は「奄美地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。奄美地方の梅雨明けは去年より11日、平年に比べて16日遅く、気象台が統計を取り始めてから最も遅くなりました。


投資詐欺容疑 暴力団員ら6人逮捕

投資を巡るうその電話で千葉県の女性から現金2300万円をだまし取ったなどとして、九州に本部を置く暴力団の組員ら6人が詐欺などの疑いで逮捕され、警視庁は、このグループがほかにも4000万円をだまし取っていたと見て捜査しています。調べに対し、いずれも容疑を否認しているということです。


テナガコガネを違法に飼育か 2人逮捕

生態系に大きな影響を及ぼすため、国の許可がなく飼育や販売が禁じられている昆虫「テナガコガネ」を違法に飼育していたとして、京都の会社員など2人が警視庁に逮捕されました。


関東甲信越 熱中症か40人搬送 91歳女性死亡

この暑さで、関東甲信越の1都9県では、午前11時までに少なくとも合わせて40人が熱中症とみられる症状で病院に搬送され、埼玉県の坂戸市では91歳の女性が熱中症とみられる症状で死亡しました。


午前中から各地で真夏日に 熱中症に注意を

15日も西日本から北日本にかけて広く高気圧に覆われて晴れ、午前中から各地で30度以上の真夏日となっています。内陸部などでは35度以上の猛暑日が予想され、気象庁は引き続き熱中症に十分注意するよう呼びかけています。


気象庁会見「台風11号 強い勢力維持」

台風11号の今後の見通しについて、気象庁は午前11時15分から記者会見を行いました。


熱中症か 91歳女性が死亡 埼玉

15日朝、埼玉県坂戸市の住宅で91歳の女性が意識のない状態で病院に搬送され、熱中症とみられる症状で死亡しました。


関東から西日本 猛暑日予想 熱中症に注意を

高気圧に覆われるため、関東から西日本にかけては15日も35度以上の猛暑日が予想されていて、気象庁はこまめに水分を取るなど14日に続いて熱中症に十分注意するよう呼びかけています。


箱根町「割安料金で施設周遊」チケット販売

火山活動によって観光などへの影響が続いている神奈川県箱根町で、観光施設が連携し、割安な料金で施設を周遊できるチケットを販売することになりました。


海外企業を誘致 東京都がロンドンでセミナー

海外の企業を東京に誘致しようと、東京都は、イギリスのロンドンで、14日、進出する外国企業を支援する取り組みなどを紹介するセミナーを開きました。


東名高速 高波の影響で一部通行止め

東名高速道路は高波の影響で、静岡県の富士インターチェンジと清水ジャンクションの間の下り線で、午前2時30分から通行止めになっています。


児童ポルノ 所持も罰則対象に

子どものわいせつな写真や画像などいわゆる児童ポルノをみずからの性的好奇心を満たす目的で所持した人にも15日から罰則が適用されます。


愛媛 伊方原発の審査書 決定へ

愛媛県にある伊方原子力発電所3号機について原子力規制委員会は安全対策が新しい規制基準に適合しているとする審査書を15日開く会合で決定する見通しです。審査書の決定は鹿児島県の川内原発などに次いで全国で3か所目です。


ウィンドウズサーバー2003 15日で対策終了

企業や自治体などの中核的なコンピューターで広く使われている基本ソフト「ウィンドウズサーバー2003」はメーカーによる不正アクセスなどへの対策が15日で終了しますが、全国のおよそ6万台でまだ使用されているとみられ、情報セキュリティー機関はサイバー攻撃の被害を防ぐため早急な対策を呼びかけています。


台風11号 16日夜に西日本の太平洋側に接近か

大型で非常に強い台風11号は、日本の南の海上を北上していて、16日の夜には西日本の太平洋側に接近し、その後、上陸するおそれがあります。気象庁は、台風が接近する地域では16日以降、暴風や高波などに警戒し、早めの安全確保をするよう呼びかけています。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧