株式投資情報 2015年8月5日 (水曜日)

ワイヤレスゲートの12月期第2四半期は売上高、利益ともに過去最高を達成

■「ワイヤレスゲートWi−Fi+WiMAX」サービスを中心に順調に推移 ワイヤレスゲート<9419>(東マ)は4日、12月期第2四半期連結累積業績(1〜6月)を発表した。売上高が前年同期比30.3%増の54億77百万円、営業利益が同24.3%増の5億6百万円、経常利益が同24.6%増の5億6百万円、四半期純利益が同24.8%増の3億22百万円と2ケタ増収増益で、売上高、利益ともに過去最高を達成した。 発表によると、売上高は「ワイヤレスゲートWi−Fi+WiMAX」サービスを中..


【引け後のリリース】ファーストリテイリングの7月月次は大幅改善

■既存店1.5%減だが8月は天候次第で5月並みの2ケタ増も ファーストリテイリング<9983>(東1)は4日の大引け後、7月の月次動向(国内「ユニクロ」事業売上推移速報)を発表し、既存店売上高は前年比1.5%減となり、6月の同11.7%減に続き2カ月連続で減少した。発表によると、前半が梅雨の影響で気温が低かったことから夏物全般の販売が苦戦した。しかし、減少率は大きく縮小し、このところの全国的な猛暑の効果に期待が集まる動向となった。 一方、直営店合計の売上高は同1.4%減となり..


【話題】ニュース証券:ベトナム市場の注目の不動産業の対応は

■6大要因踏まえ、各企業はいま・・・何を? 前回のセミナー(第12回)では「ベトナム株式市場を取り巻く6大要因(VN指数100ポイントへ向けて)」をテーマに取り上げ解説した。 それぞれの要因が企業に与える影響は一律ではない。いくつもの要因が重なり作用することも、その逆も生じうる。各企業の事業展開の状況も大きく左右される。 今回のセミナーではこうした状況を踏まえ、ラオス、カンボジアと国境を接し、ザーライ(ベトナム)に本拠を構える「ホアンアイン・ザーライ(HAG)」を取り上げ検討..


【株式市場】日経平均は小安いが新規上場株は買い気配を続け好決算株が高い

◆14時現在の日経平均は2万470円80銭(77円31銭安)、TOPIXは1653.57ポイント(6.03ポイント安)、出来高概算(東証1部)は18億4023万株 4日14時現在の東京株式市場は、中国がカラ売り規制を強化と伝えられて上海株式などが朝方を除いて堅調だったが、為替が対ドルで123円台に入る円高進行となったことなどが手控え要因になり、日経平均は77円安の2万470円前後で推移している。引き続き、昨日四半期決算を発表したスズキ<7269>(東1)などが高く、13時に発..


旭化成が第2四半期の利益予想を増額修正し一段高

■第1四半期決算は営業利益33%増加、通期予想は次回見直す予定 旭化成<3407>(東1)は13時に2016年3月期・第1四半期の連結決算(4〜6月)を発表し、第2四半期の営業・経常・純利益の見通しを増額修正。株価は一段高となり993.8円(34.9円高)まで上げて出直りを強めている。 第1四半期は、ケミカル事業やクリティカルケア事業などを中心に好調で、売上高は前年同期比3.4%増加して4623.7億円となり、営業利益は同じく33.4%増加して355.5億円となった。住宅・建..


ピクセラは正午過ぎに提携を発表し急伸ストップ高

 ピクセラ<6731>(東2)は12時20分にイスラエルのLTE通信モデムチップ開発・販売企業・Altair SemiconductorLtd.社との業務提携を発表し、株価は後場寄り後に急伸。13時にはストップ高の236円(50円高)まで上げて3日ぶりに2011年以来の高値を更新した。 発表によると、ピクセラは国内市場向けに高速データ通信機器およびLTE搭載IoT(モノのインターネット化)機器の開発・拡販を進めることとしている。一方、Altair社はLTEに特化した低価格・低..


セントラルスポーツと日本水産はEPAに着目したオリジナルサプリメントを共同開発

■『SPORTS EPA ACTIVE CONDITION』を発売 全国約200ヶ所でスポーツクラブを運営・指導しているセントラルスポーツ<4801>(東1)は、日本水産<1332>との共同開発商品『SPORTS EPA ACTIVE CONDITION』を発売した。 同商品は、魚油に含まれる成分のEPAをはじめ、こだわりの還元型コエンザイムQ10やビタミンB群を配合し、スポーツを長く楽しむことができるカラダづくりをサポートするサプリメントである。


【銘柄紹介】コラボスはコールセンター向けクラウドサービスの最大手、業績好調で株価上場来高値

<歩み> コラボス<3908>(東マ・売買単位100株)は、2001年10月設立で今年14年となる。上場は2015年3月。本社は東京都千代田区。<規模・銘柄特性> 年商約15億円、営業利益約2億円、従業員数約70名。営業利益率約14%、発行済株式数は約70万株の小型。外国人投資家、投信などの保有はまだ少ない。1株利益は約200円、自己資本比率は74.9%、配当は内部留保優先で無配。マーケットでは、クラウド関連、コールセンター、テレマーケティング関連としての人気で注目されやすい..


【アナリスト水田雅展の銘柄分析】sMedioは中期成長力を評価して6月の上場来高値試す

 sMedio(エスメディオ)<3902>(東マ)はスマートフォンやタブレットなどに組み込まれるソフトウェア開発専業企業である。8月3日の株価はストップ高水準の5060円まで急伸した。調整が一巡して強基調に転換した形だ。■スマートフォン・タブレットなどに組み込まれるソフトウェア開発専業企業 07年3月の設立で、15年3月東証マザーズに新規上場した。起業時のコンセプトを「開発はアジア、市場は世界へ」として、世界市場で通用するソフトウェア専業企業を目指し、デジタルテレビ、ブルーレ..


ピックルスコーポレーションは8月17日から「ご飯がススム ふなっしーの梨キムチ」を順次発売

■国産の梨果汁を使用した、爽やかですっきりした甘みのあるキムチ ピックルスコーポレーション<2925>(JQS)は3日、8月17日から「ご飯がススム ふなっしーの梨キムチ」を順次発売すると発表した。 大人気キャラクターである「ふなっしー」とのコラボ企画で出来た新製品。特徴としては、国産の梨果汁を使用した、爽やかですっきりした甘みのあるキムチで、もちろん国産の白菜、大根を使用している。しかし、「ご飯がススム」シリーズらしい甘みと旨味はそのままで、ご飯にぴったりの味つけとなってい..


【株式市場】好決算銘柄など強く日経平均は小安いが新規上場株は買い気配

◆日経平均の前引けは2万526円94銭(21円17銭安)、TOPIXは1658.89ポイント(0.71ポイント安)、出来高概算(東証1部)は11億2937万株 4日前場の東京株式市場は、早朝から為替が対ドル、対ユーロとも円高基調のため、日経平均は朝方に99円62銭安(2万448円49銭)まで軟化したが、30日に四半期決算を発表した武田薬品工業<4502>(東1)や昨日発表したスズキ<7269>(東1)などが高く、日経平均の前引けは21円17銭安(2万526円94銭)。TOPI..


パイプドビッツは8月25日(火)に、リードを受注につなげる仕組みを紹介する無料セミナーを福岡市博多区にて追加開催

 パイプドビッツ<3831>(東1)とソフトブレーンは、両社が2015年4月に発表した業務提携による協業の一環として、8月25日(火)に、リードを受注につなげる仕組みを紹介する無料セミナーを福岡市博多区にて追加開催する。 セミナーは、マーケティング部門が獲得したリードを営業部門が受注するまでのPDCAサイクルを、最速で回すための仕組みづくりの勘所やシステム化のポイントについて、成功事例を交えて紹介する。【セミナー案内ページの申込みフォーム】http://www.pi-pe.c..


データ・アプリケーションが増額濃厚の期待強く連日大幅高

 データ・アプリケーション<3848>(JQS)は11時にかけて17.3%高の2092円(309円高)まで上げて2007年以来の2000円台に進み、昨日のストップ高に続いて大幅続伸となっている。31日に2016年3月期・第1四半期の連結決算(4〜6月)を発表し、営業・経常・純利益とも通期予想の63%から65%を確保したことなどが連日好感されている。 第1四半期は、売上高が前年同期比85.2%増加して7.64億円となり、営業利益は同7.5倍の3.36億円となった。通期予想は据え..


メディカル・データ・ビジョンは3日、2015年7月末日の診療データベース概況を発表

■実患者数1,095万人、二次利用の許諾を得ているデータ提供病院数は200病院(がん拠点病院85病院を含む) メディカル・データ・ビジョン<3902>(東マ)は3日、2015年7月末日の診療データベース概況を発表した。 7月末日までの診療データベースは、実患者数1,095万人、二次利用の許諾を得ているデータ提供病院数は200病院(がん拠点病院85病院を含む)となっている。 実患者数の推移を見ると、11年349万人、12年477万人(対前年比36.7%増)、13年617万人(同..


リプロセルが「ヒトiPS細胞由来心筋細胞」に関する発表で急反発

 リプロセル<4978>(JQG)は朝方6.4%高の644円(39円高)まで上げて急反発となり、10時30分を過ぎても630円前後で強い展開となっている。4日朝、同社が進める「大量供給可能で高機能なヒトiPS細胞由来心筋細胞の試作品開発」が平成27年度の「革新的ものづくり産業創出連携促進事業」の補助金交付に採択されたと発表し、期待が強まっている。株価は上場翌月の2013年7月につけた3722円を高値に約2年の長期調整基調が続いており、さすがに売り物がかすれてきたとの見方が出て..


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧