NHKニュース|スポーツ 2015年8月23日 (日曜日)

阪神 DeNAに3連勝し今季60勝目

プロ野球は、6試合が行われ、セ・リーグは、阪神が、DeNAに3連勝して首位をキープし、今シーズンの60勝目を挙げました。


パラリンピックメダリストが走り方指導

片足が義足のパラリンピックの陸上のメダリストが、義足の障害者に走り方を指導する催しが開かれました。


巨人・マイコラス 体調不良で登録抹消

プロ野球・巨人でリーグトップに並ぶ10勝を挙げているマイコラス投手が、コンディション不良を理由に、23日1軍の出場選手登録を抹消されました。


女子ゴルフ 服部真夕が3年ぶりの優勝

女子ゴルフの国内ツアーの大会は神奈川県の箱根町で最終ラウンドが行われ、服部真夕選手が3年ぶりに優勝し、ツアー通算5勝目を挙げました。


“電気自動車のF1”都内の繁華街を走る

排気ガスや騒音を出さない電気自動車の普及につなげようと、電気自動車の国際レース「フォーミュラE」のレーシングカーが、都内の繁華街を走りました。


U18のW杯へ 清宮「打線の中心で盛り上げたい」

今月28日に開幕する、野球の18歳以下のワールドカップに出場する、日本代表の選手が大阪で記者会見し、1年生で唯一選ばれた早稲田実業の清宮幸太郎選手は、「自分が打線の中心となってチームを盛り上げたい」と抱負を述べました。


イチロー 先発出場もノーヒット

大リーグ、マーリンズのイチロー選手は、22日のフィリーズ戦は3打数ノーヒットでした。


米女子ゴルフ 横峯38位に上げる

女子ゴルフのアメリカツアーの大会は、22日、カナダのバンクーバーで第3ラウンドが行われ、横峯さくら選手が通算1アンダーで38位に順位を上げました。


陸上世界選手権20キロ競歩 3選手入賞逃す

中国・北京で開かれている陸上の世界選手権の男子20キロ競歩は、世界記録保持者の鈴木雄介選手が途中棄権するなど、3人の日本選手全員が入賞を逃しました。


米男子ゴルフ 石川は47位に上げる

男子ゴルフのアメリカツアー大会、今シーズンのレギュラーツアーの最終戦は、22日、ノースカロライナ州で第3ラウンドが行われ、石川遼選手はスコアを2つ伸ばして、47位に順位を上げました。


ジャイアンツ青木 4打数ノーヒット

大リーグ、ジャイアンツの青木宣親選手は22日のパイレーツ戦に「1番・レフト」で先発出場し、4打数ノーヒットでした。青木選手は第1打席で空振り三振に倒れ、後の3打席も内野ゴロ2つと外野フライで、打率は3割3厘に下がりました。チームは2対3でサヨナラ負けしました。


柔道殿堂に新たに上村氏と山下氏

柔道界の発展に大きな功績を残した人をたたえる国際柔道連盟の殿堂に、ともにオリンピック金メダリストの講道館の上村春樹館長と全日本柔道連盟の山下泰裕副会長の2人が新たに加わりました。


サッカー岡崎 フル出場もゴールならず

サッカーのイングランドプレミアリーグ、レスターの岡崎慎司選手は22日のトットナム戦にフル出場しましたが、2試合連続のゴールは奪えませんでした。試合は1対1で引き分け、レスターは2勝1引き分けとなりました。


ヤクルト快勝 山田が3本のホームラン

プロ野球は6試合が行われ、ヤクルトは山田選手が3本のホームランを打って、中日に快勝しました。山田選手は前の試合の最終打席と合わせてプロ野球記録に並ぶ4打数連続ホームランを打ちました。


陸上世界選手権開幕 ボルト9秒台で準決勝へ

陸上の世界選手権が22日北京で開幕し、男子100メートル予選では世界記録を持つジャマイカのウサイン・ボルト選手が後半、力を抜きながら9秒台を出し、準決勝に進みました。


サッカーJ1 アントラーズ5連勝首位守る

サッカーJ1は第2ステージ第8節の残り8試合が行われ、鹿島アントラーズが5連勝で首位を守りました。


ラグビー日本代表 強化試合でウルグアイに勝利

ラグビーの日本代表が来月開幕するワールドカップを前に福岡市でウルグアイと強化試合を行い、30対8で勝ちました。


バレーボールW杯女子 日本は初戦勝利

バレーボールのワールドカップは女子の大会が開幕し、この大会で来年のリオデジャネイロオリンピックの出場権獲得を目指す日本は初戦でアルゼンチンにストレート勝ちしました。


ヤクルト山田が4打数連続ホームラン

プロ野球・ヤクルトの山田哲人選手が21日夜と22日夜の中日戦でプロ野球記録に並ぶ4打数連続でのホームランを打ちました。


全国高校軟式野球開幕 「タイブレーク制度」導入

軟式野球の高校日本一を決める全国高校軟式野球が開幕し、兵庫県明石市の球場で開会式が行われました。


体操の学生選手権 男子総合で野々村が優勝

体操の全日本学生選手権は新潟県で男子の個人総合が行われ、順天堂大学4年生の野々村笙吾選手が2年ぶり2回目の優勝を果たしました。


ジャイアンツ青木 3安打で勝利に貢献

大リーグ、ジャイアンツの青木宣親選手は21日、ピッツバーグで行われたパイレーツ戦でヒット3本を打ちチームの勝利に貢献しました。


イチローが2試合連続の複数安打

大リーグ、マーリンズのイチロー選手は21日、マイアミで行われたフィリーズ戦でヒット2本を打ち、2試合連続で複数安打をマークしました。


大リーグ ファイアーズがノーヒットノーラン

大リーグ、アストロズのマイク・ファイアーズ投手が21日のドジャース戦でノーヒットノーランを達成しました。


陸上世界選手権 男子マラソン藤原は21位

陸上の世界選手権が22日、北京で開幕し、男子マラソンで日本の藤原正和選手は21位、前田和浩選手は40位でした。


ヤンキース田中6敗目 2桁勝利持ち越し

大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が21日、インディアンズ戦に先発して7回途中まで投げて4失点で6敗目を喫し、2年連続の2桁勝利は持ち越しとなりました。


西武 5連勝で3位に浮上

プロ野球は雨で1試合が中止になり、5試合が行われ、パ・リーグでは、4位・西武は3位・ロッテとの直接対決に勝ち5連勝で3位に浮上しました。


国際柔道連盟 2年ぶりに日本の理事

国際柔道連盟の理事に、講道館の上村春樹館長と全日本柔道連盟の山下泰裕副会長が復帰することが決まり、国際柔道連盟で日本の理事がいない事態は2年ぶりに解消されることになりました。


体操全日本学生選手権 男子団体で順天堂大が優勝

体操の全日本学生選手権は、21日、新潟県で男子の団体が行われ、世界選手権代表の加藤凌平選手の順天堂大学が、2年ぶり8回目の優勝を果たしました。


女子ゴルフ初日 服部真夕ら4人が首位

女子ゴルフの国内ツアーの大会は神奈川県の箱根町で第1ラウンドが行われ、服部真夕選手、三塚優子選手、鈴木愛選手、鬼沢信子選手の4人が7アンダーで首位に並びました。


「オリンピック教育」推進へ 中間報告

オリンピック・パラリンピックを通じた教育について検討してきた東京都の有識者会議は、都内のすべての学校などで競技を体験したり、参加国の歴史や文化を学んだりする取り組みを進めるとした中間報告をまとめました。


東海大相模 地元に凱旋 優勝報告

夏の全国高校野球で、45年ぶり2度目の優勝を果たした神奈川県の東海大相模高校の選手たちが、さきほど相模原市の学校に戻り、出迎えた地元の人たちや学校関係者に優勝を報告しました。


バスケ男子新リーグ 1部は18チーム

日本バスケットボール協会の川淵三郎会長はバスケットボールの男子リーグを統一してできる新たなリーグで1部に入るチームが、合わせて18チームになることを明らかにしました。


新国立アンケート 4割超が「維持管理」重視

政府が新しい国立競技場の整備計画の策定に向けて、インターネットサイトで実施したアンケート調査の結果、コストの抑制を目的に、メンテナンスが容易で維持管理のしやすい施設とすべきだという回答が4割余りで最も多くなりました。


イチロー 5打数2安打で勝利に貢献

大リーグ、マーリンズのイチロー選手は、20日のフィリーズ戦で5打数2安打でチームの勝利に貢献しました。


米女子ゴルフ 宮里美香と有村 初日21位

女子ゴルフのアメリカツアーの大会は20日、カナダのバンクーバーで第1ラウンドが行われ、宮里美香選手と有村智恵選手が、ともに1アンダーで21位につけました。


レッドソックス田澤 2セーブ目

大リーグ、レッドソックスの田澤純一投手は、20日のロイヤルズ戦で今シーズン2セーブ目を挙げました。


ジャイアンツ青木 復帰戦で1安打1盗塁

大リーグ、ジャイアンツの青木宣親選手は20日、頭に受けたデッドボールの影響で入っていた7日間の故障者リストから復帰し、パイレーツ戦に先発出場して1安打1盗塁でした。


米男子ゴルフ最終戦 松山11位スタート

男子ゴルフのアメリカツアー大会、今シーズンのレギュラーツアー最終戦は、20日、ノースカロライナ州で第1ラウンドが行われ、松山英樹選手は11位でスタートしましたが、石川遼選手は116位と大きく出遅れました。


東京五輪などへ リフト付きバス導入促す

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに合わせて、海外から体の不自由な旅行客も多く訪れることが予想されるため、国土交通省は、リムジンバスや長距離バスを運行する事業者に、車いすの乗客が乗り降りしやすいリフト付きバスの導入を促す実証実験を始めることになりました。


巨人 阪神に3連勝 0.5ゲーム差に迫る

プロ野球は20日、6試合が行われ、セ・リーグは、2位の巨人が首位の阪神にサヨナラ勝ちし、このカード3連勝として、0.5ゲーム差に迫りました。


競泳 瀬戸が両足のかかとを手術へ

水泳の世界選手権の競泳男子400メートル個人メドレーで2連覇を果たした瀬戸大也選手が、来月、両足のかかとの手術を受けることになりました。


ハリルホジッチ監督 Jリーグに日程検討など要望

サッカー日本代表のハリルホジッチ監督が、Jリーグの村井満チェアマンと会談し、代表チームの強化のため、準備期間が確保できるようなリーグ戦の日程の検討などを要望しました。


J1 柏が松本に勝つ 3連勝で暫定首位

サッカーJ1は、第2ステージ第8節の柏レイソル対松本山雅の1試合が行われ、レイソルが2対0で勝ち、3連勝で暫定首位に立ちました。


DeNA山崎 32セーブ 新人記録を更新

DeNAのルーキー、山崎康晃投手が20日夜、横浜スタジアムで行われたヤクルト戦で32セーブ目を挙げ、プロ野球の新人のセーブ記録を更新しました。


東海大相模OBの原監督「ご苦労さまと言いたい」

夏の全国高校野球で母校の東海大相模高校が45年ぶり2回目の優勝を果たしたことについて、巨人の原監督は「こんなに感激的なことはない。全国制覇というのがいかに難しくて遠いものなのかよく分かりましたし、『ありがとう、ご苦労さま』と言いたい」とねぎらいました。


野球U18W杯 代表に清宮ら20人

今月下旬に日本で開幕する野球の18歳以下のワールドカップに出場する日本代表が発表され、早稲田実業の1年生、清宮幸太郎選手など20人が選ばれました。


東海大相模が仙台育英破り優勝

100年の節目を迎えた夏の全国高校野球は20日に決勝が行われ、神奈川の東海大相模高校が宮城の仙台育英高校に10対6で勝って、45年ぶり2回目の優勝を果たしました。仙台育英は、東北勢初の優勝はなりませんでした。


早稲田実 清宮「甲子園は不思議な場所」

夏の全国高校野球で19日、準決勝で敗れた西東京の早稲田実業が20日、宿舎をあとにし、大きな注目を集めたなか、大活躍した1年生の清宮幸太郎選手は「持っている力以上のものを出させてくれた不思議な場所でした」と初めての甲子園を振り返りました。


レッドソックス田澤 3季ぶりのセーブ

大リーグ、レッドソックスの田澤純一投手は19日、ボストンで行われたインディアンズ戦で3シーズンぶりのセーブをマークしました。


巨人が首位・阪神に連勝 1.5差に

プロ野球は6試合が行われ、セ・リーグは2位・巨人が、1イニングに12点を奪う猛攻を見せて、首位・阪神に連勝し、ゲーム差を1.5に縮めました。


ヤクルト山中 右胸の肉離れで登録抹消

プロ野球・ヤクルトで今シーズン、先発ローテーションの一角を担い6勝負けなしの山中浩史投手が右胸の軽い肉離れのため19日、1軍の出場選手登録を抹消されました。


バンコク爆発でサッカー13歳以下選抜 帰国へ

タイの首都・バンコクで起きた爆発事件を受けて、サッカーJリーグは、バンコクに遠征している13歳以下の選抜チームの現地滞在を切り上げて、20日帰国させることになりました。


野球のU18W杯 日本代表に清宮ら内定

今月下旬に日本で開幕する野球の18歳以下のワールドカップの日本代表に早稲田実業の1年生、清宮幸太郎選手が入ることが分かりました。


国際陸連 新会長に英のコー氏を選出

IAAF=国際陸上競技連盟は19日、北京で総会を開き、新たな会長に現在副会長を務めているイギリスのセバスチャン・コー氏を選出しました。


東海大相模 関東第一に勝って決勝進出

夏の全国高校野球、準決勝の第2試合は、神奈川の東海大相模高校が東東京の関東第一高校に10対3で勝って、準優勝した平成22年以来、5年ぶりの決勝進出を果たしました。


イチロー 2シーズンぶり1試合4安打

大リーグ、マーリンズのイチロー選手は18日のブルワーズ戦に先発出場し、2シーズンぶりに1試合4安打をマークしました。


新国立競技場 当初建設費妥当か検証へ

新しい国立競技場の整備計画の見直しに至る経緯を検証する文部科学省の第三者委員会が開かれ、デザインコンペの募集要項に示された、当初の見込みの建設費の1300億円という金額が妥当だったかどうか、今後、検証していくことになりました。


マリナーズ岩隈 日米通算150勝

大リーグ、マリナーズの岩隈久志投手は18日、レンジャーズ戦に先発し、7回を2失点に抑えて今シーズン5勝目を挙げ、日米通算150勝を達成しました。


仙台育英 早稲田実に勝って決勝進出

夏の全国高校野球、準決勝の第1試合は、宮城の仙台育英高校が、1年生の清宮幸太郎選手の活躍などで勝ち上がってきた西東京の早稲田実業に7対0で勝ち、26年ぶりの決勝進出を果たしました。


DeNAの山崎 31セーブ挙げ新人記録タイ

プロ野球は6試合が行われ、DeNAがヤクルトに競り勝ち、山崎康晃投手が31セーブ目を挙げ、新人のプロ野球記録に並びました。


ソフトバンク松坂が右肩手術 今季復帰は絶望

プロ野球、ソフトバンクの松坂大輔投手が、18日に右肩を手術し、今シーズン中の復帰が絶望となりました。


大リーグ 来年日本で少年野球大会

野球に親しむ子どもたちを増やそうと、大リーグ主催の少年野球大会が来年、日本で開かれることになり、元大リーガーのランディ・ジョンソンさんなどが記者会見して大会の魅力を訴えました。


トルコの陸上選手 ドーピングで金メダル剥奪へ

2012年のロンドンオリンピックの陸上女子1500メートルで金メダルを獲得したトルコの選手が、ドーピング違反のため、金メダルを剥奪されることになりました。


ダルビッシュ 手術後初のキャッチボール

大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手が、ことし3月に右ひじの手術を受けたあと初めてキャッチボールを行い、来シーズンの復帰に向けて本格的なスタートをきりました。


ノーヒットノーランの岩隈が初の週間MVP

大リーグで日本選手として2人目となるノーヒットノーランを達成した、マリナーズの岩隈久志投手がアメリカンリーグの先週の週間MVP=最優秀選手に初めて選ばれました。


五輪組織委 エンブレム巡る訴訟「受け入れ難い」

東京オリンピックのエンブレムを巡り、ベルギーのデザイナーがIOC=国際オリンピック委員会に使用の差し止めを求める訴えを起こしたことについて、東京大会の組織委員会は「説明に耳を傾けず提訴を選んだ態度は受け入れ難い」と対応を非難するコメントを出しました。


バレー女子日本代表 五輪出場権獲得へ意気込み

来年のリオデジャネイロオリンピックの出場権をかけたバレーボールのワールドカップが始まるのを前に女子の日本代表が記者会見し、キャプテンの木村沙織選手は「オリンピックへの切符を取れるよう、強い心を持って戦いたい」と決意を述べました。


FIFA会長選 韓国の鄭夢準氏 立候補表明

FIFA=国際サッカー連盟が来年2月に行う会長選挙に、韓国のチョン・モンジュン(鄭夢準)元FIFA副会長が、立候補することを表明しました。


新国立競技場 審査委が業者選定へ

政府が決定した新国立競技場の整備計画の基本的な考え方で、設計から施工を一貫して発注する方式が導入されることを受けて、事業主体のJSC=日本スポーツ振興センターは、17日立ち上げた専門の審査委員会で、業者の選定や価格のチェックなどに当たることになりました。


関東第一 興南に競り勝ち初の準決勝へ

夏の全国高校野球は大会12日目。準々決勝の第4試合は東東京の関東第一高校が沖縄の興南高校に5対4で競り勝ち、初めて準決勝に進みました。


楽天・斎藤が引退表明「幸せな野球人生」

大リーグでも活躍したプロ野球、楽天の斎藤隆投手が記者会見して今シーズン限りで引退することを表明し、「幸せな野球人生でした」と24年間のプロ生活を振り返りました。


東京五輪 事前合宿誘致へHPを開設

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに出場する国や地域の選手が大会直前に滞在し、調整やトレーニングを行う事前合宿について、大会の組織委員会や全国知事会では、合宿の誘致を目指す全国の自治体からスポーツ施設などの情報を集め、世界各国にホームページを通じで紹介する準備を進めています。


錦織 前回と同じ世界ランキング4位

テニス男子の最新の世界ランキングが発表され、シングルスの錦織圭選手は自己最高に並ぶ4位で変わりませんでした。


仙台育英 秋田商に勝ち26年ぶり準決勝へ

夏の全国高校野球、準々決勝の第3試合は宮城の仙台育英高校が秋田商業との東北勢どうしの対戦に6対3で勝ち、26年ぶりの準決勝進出を果たしました。


ゴルフ全米プロ 岩田21位松山37位

男子ゴルフの今シーズンメジャー最終戦、全米プロ選手権は16日、ウィスコンシン州で最終ラウンドが行われ、岩田寛選手は通算7アンダーで21位、松山英樹選手は通算3アンダーで37位でした。


米女子ゴルフ 横峯は13位

女子ゴルフのアメリカツアーの大会は16日、オレゴン州で最終ラウンドが行われ、横峯さくら選手がスコアを7つ伸ばし、通算9アンダーで13位となりました。


東海大相模が花咲徳栄にサヨナラ勝ち

夏の全国高校野球は大会12日目、準々決勝の第2試合は神奈川の東海大相模高校が、埼玉の花咲徳栄高校に4対3でサヨナラ勝ちし、5年ぶりに準決勝に進みました。


ブラジル各地でデモ 五輪テスト大会に影響

ブラジルでは16日、汚職事件を巡る政府の対応を批判するデモが各地で行われ、リオデジャネイロでは、来年のオリンピックに向けた自転車のテスト大会のコースが一部、変更になるなどの影響が出ました。


早稲田実が九州国際大付破り準決勝進出

夏の全国高校野球、準々決勝の第1試合は西東京の早稲田実業が注目の1年生、清宮幸太郎選手の2試合連続ホームランなどで福岡の九州国際大付属高校に8対1で勝ち、準決勝に進みました。


甲子園 清宮が2試合連続のホームラン

夏の全国高校野球、準々決勝の第1試合で、早稲田実業の注目の1年生、清宮幸太郎選手が2試合連続ホームランを打ちました。


大リーグでも活躍 楽天の斎藤が引退へ

プロ野球、楽天の斎藤隆投手が、今シーズン限りで現役を引退することを球団側に伝えていたことが分かりました。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧