NHKニュース|社会 2015年9月24日 (木曜日)

高知 須崎市の避難指示 解除

高知県須崎市は、6つの地区に出していた避難指示を午後9時に解除しました。避難指示が解除されたのは、安和地区、新荘地区、須崎地区、多ノ郷地区、南地区、それに吾桑地区の小浜と鯛の川下です。引き続き須崎市の全域、1万1055世帯、2万3176人に避難勧告が出されています。


秋の連休 交通混雑は春の大型連休に匹敵

5連休となった23日までの秋の連休は、天候に恵まれたことなどで、JRや空の便、高速道路は春の大型連休に匹敵する混雑が続きました。


茨城 常総 仮設の堤防工事が完了

「関東・東北豪雨」で、茨城県常総市を流れる鬼怒川の堤防が決壊した現場で進められていた仮設の堤防工事が、24日夜すべて完了しました。これを受けて常総市は、一部の地区に出している避難指示や勧告の解除について検討することにしています。


高知 室戸市の一部に避難勧告

高知県室戸市は、大雨の影響で土砂災害の危険性が高まっているとして、午後8時20分に佐喜浜地区の808世帯1481人に避難勧告を出しました。


高知 佐川町の避難勧告解除

高知県佐川町は、佐川地区、斗賀野地区、加茂地区に出していた避難勧告を、午後5時15分に解除しました。


高知 東洋町の一部に避難勧告

高知県東洋町は、大雨の影響で町内を流れる川が氾濫するおそれがあるとして、午後8時15分に甲浦の原地区と小池地区、それに河内地区の177世帯366人に避難勧告を出しました。


デイサービスでパチンコ 全国初の規制条例

介護保険のデイサービス施設でパチンコやカードゲームなどを長時間提供することについて、利用者の依存性が高まるおそれがあるとして、こうした施設を規制する全国で初めての条例が、神戸市議会で可決、成立しました。


高知・室戸付近など「記録的短時間大雨情報」

気象庁によりますと、高知県の室戸市付近と東洋町付近では、レーダーによる解析で午後8時までの1時間におよそ120ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。災害の危険が迫っていることから、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して安全を確保するよう呼びかけています。


両陛下 豪雨被害の常総市を来月訪問へ

天皇皇后両陛下が、来月初め、「関東・東北豪雨」で大きな被害を受けた茨城県常総市を訪れ、被災した人たちを見舞われることになりました。


徳島・海陽町 避難勧告が全域に拡大

徳島県海陽町は、午後7時に、町内の海部地区と海南地区に避難勧告を出しました。これで、海陽町の避難勧告は、町内全域の4720世帯、1万62人に拡大されました。


JR横浜線 運転再開

JR横浜線は、東京・町田市内で起きた人身事故のため、中山と橋本の間で運転を見合わせていましたが、午後7時15分上下線ともに運転を再開しました。


安保法巡り国会前で反対集会

安全保障関連法を巡っては、先週、成立したあとも各地で抗議の訴えが続いていて、24日は国会前で集会が開かれ、雨のなか集まった人たちがこの法律を廃止するよう求めました。


四国太平洋側 あす明け方にかけ猛烈な雨のおそれ

低気圧と前線の影響で、四国では大気の状態が不安定となり、高知県や徳島県で断続的に猛烈な雨が降っています。四国の太平洋側を中心に25日の明け方にかけて猛烈な雨が降るおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の増水などに警戒を呼びかけています。


ラーメン店強盗殺人事件 250万円奪われる

愛知県春日井市のラーメン店で従業員2人が鈍器のようなもので殴られて1人が死亡、もう1人が大けがをして現金が奪われた事件で、店の金庫からは少なくとも250万円が奪われていたことが警察への取材で分かりました。警察は連休中の売上金を狙った犯行の疑いもあるとみて調べています。


JR横浜線 一部で運転再開

人身事故のため全線で運転を見合わせていたJR横浜線は、一部の区間で午後6時すぎから運転を再開し、中山と橋本の間の上下線で運転を見合わせています。


北海道で連休中にハチに刺される被害 2人死亡

23日までの連休中、北海道の十勝地方では、農作業中にハチに刺された男性と山菜採りをしていてハチに刺されたとみられる男性が、相次いで死亡し、警察が注意を呼びかけています。


イノシシが男性襲う 2頭海泳ぎ逃げる 佐賀

佐賀県唐津市で23日、イノシシが男性を襲ってけがを負わせ、24日になって近くの港を2頭のイノシシが泳いでいるのが確認されました。2頭はその後、行方が分からず、唐津市は、市街地に潜んでいるおそれもあるとして住民に注意を呼びかけています。


高知県に「記録的短時間大雨情報」

気象庁によりますと、高知県の室戸市付近と、東洋町付近ではレーダーによる解析で午後5時半までの1時間におよそ120ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。災害の危険が迫っていることから、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して安全を確保するよう呼びかけています。


JR横浜線 全線で運転見合わせ

JR横浜線は、午後5時半頃、東京・町田市内で起きた人身事故のため、東神奈川と八王子の間の全線で上下線ともに運転を見合わせています。


鬼怒川の仮設堤防工事 今夜完了へ

「関東・東北豪雨」で茨城県常総市を流れる鬼怒川の堤防が決壊した現場では、仮設の堤防を設置する工事が進められていて、国土交通省によりますと、工事は24日午後9時ごろにも完了する見通しです。これを受けて常総市は、一部の地区に出している避難指示や勧告の解除について、25日、会議を開いて検討することにしています。


国交省汚職事件 他にも数百万円やり取りか

羽田空港にある航空機格納庫の土地の使用許可を巡る汚職事件で、贈賄の疑いで逮捕された航空関連会社の元社長が会社の調査に対し、「国土交通省の係長に現金数百万円を渡した」などと話していたことが関係者への取材で分かりました。警視庁は係長がほかにも現金を受け取っていたとみて調べを進めています。


サミットに向け警視庁が射撃訓練を公開

来年、三重県で開かれる「伊勢志摩サミット」に向けて、警視庁はテロなどの対応に当たる機動隊の部隊の実弾を使った射撃訓練を初めて報道陣に公開しました。


小1女児 自転車にひき逃げされ大けが

先週、東京・葛飾区で、小学生の6歳の女の子が自転車にはねられて大けがをしていたことが分かりました。自転車はそのまま走り去り、警視庁は、ひき逃げ事件として捜査しています。


豪雨の常総市にふるさと納税支援広がる

「関東・東北豪雨」で大きな被害を受けた茨城県常総市を、「ふるさと納税」などで支援しようという動きが広がっています。


秋の交通安全運動 通学路で一斉取締り

秋の全国交通安全運動に合わせて24日朝、全国一斉に通学路での取締りが行われ、都内では歩行者専用道路に入った車のドライバーなど623人が検挙されました。


熊谷殺害事件 ペルー人容疑者の意識戻る

埼玉県熊谷市で6人が殺害された事件で、このうち夫婦を殺害した疑いで逮捕状が出ているペルー人の男の意識が戻ったことが警察への取材で分かりました。警察は入院している男の容体の回復を待ち、取り調べを行ったうえで殺人などの疑いで逮捕する方針です。


200人余が避難所で生活 栃木県内

各地で大きな被害が出た関東・東北豪雨から24日で2週間になりますが、栃木県内では、23日の時点で200人余りが避難所での生活を余儀なくされていて、避難している人たちからは、いつ、元の生活に戻れるのか不安の声が上がっています。


豪雨被害の小学校再開 最初の授業で災害体験話し合う

「関東・東北豪雨」で大きな被害が出た茨城県常総市で、休校が続いていた小中学校が24日、2週間ぶりに授業を再開しました。このうち、学校周辺が広く浸水した水海道小学校では、今回の豪雨災害について考える授業が行われ、子どもたちがそれぞれの体験を話し合いました。


都知事 防災冊子活用した授業視察

東京都の舛添知事は、都が防災の情報をまとめた冊子を子どもたちの教育に活用している港区の小学校を視察し、「こうした取り組みを各学校でも進めてもらいたい」と述べ、首都直下地震などに備えて防災教育に力を入れていく考えを示しました。


豪雨の片づけ 預かり保育に大学生参加

関東・東北豪雨で被害を受けて休園している栃木県小山市の幼稚園では、市内の大学の教室を使いボランティアの学生の力も借りて預かり保育を行っています。


高知・須崎市で新たに避難指示

高知県須崎市は大雨の影響で洪水の危険性が高まっているとして、安和地区、新庄地区、須崎地区、多ノ郷地区、南地区の合わせて7969世帯、1万6827人に新たに避難指示を出しました。


大雨 高知・佐川町の一部に避難勧告

高知県佐川町は大雨による土砂災害の危険性が高まっているとして午前11時45分、佐川地区、斗賀野地区、加茂地区の5172世帯11495人に避難勧告を出しました。


茨城・常総 小中学校が2週間ぶりに授業再開

「関東・東北豪雨」で茨城県内を流れる鬼怒川の堤防が決壊し、大きな被害を受け休校が続いていた常総市の6つの小中学校が、24日、2週間ぶりに授業を再開しました。


熊谷6人殺害事件 親子3人の告別式

埼玉県熊谷市で6人が殺害された事件で、母親と小学生の娘2人の告別式が営まれ、小学校の友人や親族らが最後の別れを惜しみました。


国交省汚職 国への説明のしかた教えたか

羽田空港にある航空機格納庫の土地の使用許可を巡る汚職事件で、収賄の疑いで逮捕された国土交通省の係長が贈賄側の航空関連会社の元社長に許可の更新に向けて国にどのように説明すればよいか内容を教えていた疑いがあることが警視庁への取材で分かりました。警視庁は国土交通省などを捜索しいきさつなどを調べています。


豪雨で浸水の水田でコメ品質検査 宮城

「関東・東北豪雨」で、川の水があふれて浸水被害が出た宮城県大和町で、水につかった水田などから収穫されたコメの品質検査が、本格的に始まりました。これまでの検査では、すべてのコメが1等米と判定され、地元の農協は「品質への影響はほとんどないようだ」と話しています。


川釣りで不明の3人救助1人けが 北海道

23日、北海道上ノ国町で中学生を含む男性3人が山あいを流れる川に釣りに出かけたまま戻らず、連絡が取れなくなっていましたが、警察や消防が捜索した結果、24日午前、近くの山中で見つかり救助されました。警察によりますと1人が崖から転落して胸などに痛みを訴えていますが、命に別状はないということです。


高知県に記録的短時間大雨情報

気象庁によりますと、高知県の土佐市付近と須崎市付近では、レーダーによる解析で午前10時半までの1時間におよそ120ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。災害の危険が迫っていることから、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して安全を確保するよう呼びかけています。


徳島・海陽町の一部に避難勧告

徳島県海陽町は、宍喰地区の1340世帯2835人に避難準備情報を出していましたが、土砂災害や水害の危険性が高まっているとして、午前10時半に避難勧告に切りかえました。


大雨 高知・須崎市に避難勧告 一部地区には避難指示

高知県須崎市は大雨の影響で災害の危険性があるとして、午前9時40分、市内全域の1万1055世帯2万3176人に避難勧告を出しました。また、洪水の危険性が高まっているとして、午前10時にこのうち吾桑地区の小浜と鯛の川下地区の213世帯506人に避難指示を出しました。須崎市は市内20か所に避難所を開設しています。


ラーメン店で2人死傷 強盗殺人で捜査

24日朝、愛知県春日井市のラーメン店で従業員2人が頭から血を流して倒れているのが見つかり、このうち1人の死亡が確認されました。店の金庫に物色された跡があることから、警察は強盗殺人事件として捜査を始めました。


尖閣沖の接続水域に中国海警局の船

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


大分・佐伯 避難勧告を解除

大分県佐伯市は、大雨で土砂災害の危険性があるとして市内の6つの地区に出していた避難勧告を午前8時40分に解除しました。


川釣りの中学生ら3人戻らず 遭難か 北海道

23日、北海道上ノ国町の山あいを流れる川に釣りに出かけた中学生を含む男性3人が戻らず、警察と消防は3人が遭難した可能性もあるとみて山中を捜索しています。


6人殺害 遺体を隠そうとした疑い

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で6人が殺害された事件で、50代の夫婦の遺体に布のようなものが掛けられていたことが新たに分かりました。ほかの4人も浴槽の中やクローゼットで見つかっていて、警察は身柄を確保した男が、すべての現場で遺体を隠そうとした疑いがあるとみて調べています。


関東・東北豪雨2週間 長期的な支援が課題

「関東・東北豪雨」で、茨城県内を流れる鬼怒川の堤防が決壊してから24日で2週間となります。大きな被害を受けた常総市では、今も1000人余りが避難所での生活を余儀なくされていて、住宅の再建など被災者への長期的な支援が課題となっています。


中国人登山者など10人を無事救助 山梨

23日、山梨県都留市の標高およそ1600メートルの鹿留山の山中で中国人の登山者など10人が道に迷ったと110番通報があり、警察が24日朝から捜索した結果、全員、無事救助されました。


大気不安定 高知で120ミリの猛烈な雨

低気圧と前線の影響で、西日本では大気の状態が不安定となっていて、高知県では局地的に猛烈な雨を観測しています。気象庁は、土砂災害や川の氾濫に警戒を呼びかけています。


大分・佐伯 6地区の1万人余に避難勧告

大分県佐伯市は、大雨による土砂災害の危険性があるとして、市内の6つの地区の合わせて6939世帯、1万5289人に避難勧告を出しました。対象は、蒲江地区の3257世帯7280人、鶴見地区の1542世帯3237人、上浦地区の981世帯2062人、米水津地区の872世帯2044人、青山地区の261世帯626人、大入島日向泊区の26世帯40人となっています。


国交省汚職 「督促業務」通じ知り合う

羽田空港にある航空機格納庫の土地の使用許可を巡る汚職事件で、収賄の疑いで逮捕された国土交通省の係長は、滞納した土地の使用料の督促業務を通じて元社長と知り合っていたことが警視庁の調べで分かりました。警視庁は、2人が親交を深め、現金をやり取りしたいきさつについて調べを進めています。


大分・佐伯 市内全域の7万人余に避難準備情報

大分県佐伯市は、大雨で土砂災害の危険性が高くなっているとして、午前2時35分、市内全域の3万3612世帯、7万5315人に避難準備情報を出しました。佐伯市は市内の9か所に避難所を開設しています。


埼玉・熊谷 殺害された母娘3人の通夜

今月16日に埼玉県熊谷市の住宅で殺害されているのが見つかった加藤美和子さんと小学生の2人の娘の通夜が、23日夜、営まれ、親族や友人らが突然の死を悼みました。


茨城・常総 支援物資受け入れ一時取りやめ

「関東・東北豪雨」で大きな被害を受けた茨城県常総市は、被災した人たちに向けた支援物資がすでに足りていることなどを理由に、今月28日から物資の受け入れを一時的に取りやめると発表しました。


5連休最終日 上りの混雑ピーク

6年ぶりの5連休となった秋の連休、最終日の23日、各交通機関は上りの混雑がピークとなり、行楽地やふるさとで過ごした人たちで混み合っています。


安保法と原発再稼働に反対する集会

今月19日に成立した安全保障関連法と、原発の再稼働に反対する集会が東京都内で開かれ、作家や若者などが抗議の声を上げ続けようと訴えました。


できるだけごみを出さない五輪を考える

5年後の東京オリンピック・パラリンピックを、できるだけごみを出さずに開催する方法を考える講演会が千葉市で開かれました。


国交省航空局係長ら 贈収賄容疑で逮捕

国土交通省航空局の係長が、羽田空港にある航空機の格納庫の土地の使用許可を巡り便宜を図った見返りに航空関連会社の元社長から現金およそ50万円を受け取っていた疑いが強まったとして、警視庁は係長と元社長を贈収賄の疑いで逮捕しました。


国交省航空局係長ら 贈収賄容疑で取り調べ

国土交通省航空局の係長が、羽田空港にある航空機の格納庫の使用契約を巡って便宜を図った見返りに、航空関連会社の元社長から現金数十万円を受け取っていた疑いが強まったとして、警視庁は、贈収賄の疑いで係長ら2人の取り調べを始めました。容疑が固まりしだい、逮捕する方針です。


個人情報保護団体装う 2800万円詐欺

東京・北区の74歳の女性が、個人情報保護を装った架空の団体の職員を名乗る男らに2800万円をだまし取られ、警視庁は、詐欺事件として捜査しています。


浸水被害の常総市役所 仮庁舎で業務開始

「関東・東北豪雨」で庁舎が浸水する被害を受けた茨城県の常総市役所で、プレハブの仮庁舎が完成し、23日から業務を始めました。


5連休最終日 上りの混雑ピーク

6年ぶりの5連休となったこの秋の連休を行楽地などで過ごした人たちの上りの混雑がピークとなり、各交通機関は午後を中心に混み合う見通しです。


常総 連休最終日も大勢のボランティア

「関東・東北豪雨」で大きな被害を受けた茨城県常総市では、連休最終日の23日もボランティアの人たちが大勢訪れ、住宅の片づけなどを手伝っています。


ペルー人の男 通りがかりの車で移動

埼玉県熊谷市で6人が殺害された事件で、逮捕状が出ているペルー人の男が仕事を辞めた今月12日、群馬県伊勢崎市で通りかかった初対面の人の車に乗せてもらい、前橋市まで移動したとみられることが分かりました。車に乗せた人は「男は困っている様子だった」と話しているということで、警察が当時の男の様子などを詳しく調べています。


尖閣沖の排他的経済水域 中国調査船の活動続く

沖縄県の尖閣諸島沖の日本の排他的経済水域で、中国の海洋調査船2隻が事前の通報とは異なる海域で調査とみられる活動を続け、このうち1隻は6日連続で確認されています。海上保安本部は、調査の中止を求めるとともに監視を続けています。


中国海警局の3隻 尖閣沖の接続水域航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


秋の連休最終日 上りの混雑がピークの見通し

6年ぶりの5連休となった、この秋の連休は23日が最終日となり、行楽地などで過ごした人たちの上りの混雑がピークとなる見通しです。


ペルー人の男 住宅3軒すべてで飲食し犯行か

埼玉県熊谷市で6人が殺害された事件で、逮捕状が出ているペルー人の30歳の男が、現場の3軒の住宅すべてで飲食をしたとみられることが、警察への取材で分かりました。警察は、男がそれぞれの住宅に一定の時間とどまって、次々と事件を起こした疑いがあるとみて詳しい行動を調べています。


台風21号が発生 今後の情報に注意を

23日未明、フィリピンの東の海上で、台風21号が発生しました。


支援物資と必要な品物 食い違いの解決が課題

「関東・東北豪雨」で大きな被害を受けた茨城県常総市では、支援物資が数多く寄せられる一方で、住民が必要とする一部の品物が不足していて、こうした食い違いを解決することが課題となっています。


兵庫・姫路 女性死亡 工場階段から転落か

21日、兵庫県姫路市の側溝で服を着ていない状態で見つかった27歳の女性の遺体を警察が詳しく調べた結果、死因は腹を強く打ったことによるものと分かりました。女性が倒れていた場所のそばには工場があり、警察は、女性が工場の外の階段から転落した可能性があるとみて調べています。


秋の連休 “新幹線効果”で兼六園にぎわう

秋の連休中、石川県内の観光名所は開業から半年がたった北陸新幹線の効果もあって大勢の人でにぎわっています。


ハロウィーンに向けジャンボかぼちゃ収穫

「ハロウィーン」の飾りとして人気が高い「ジャンボかぼちゃ」などの収穫が長野県原村で始まっています。


茨城 常総 休校の小中学校を24日から再開へ

「関東・東北豪雨」で被災して休校が続いている、茨城県常総市の小中学校合わせて6校で、24日に2週間ぶりに授業を再開することが決まりました。


群馬大病院事故調 遺族から聞き取り

群馬大学医学部附属病院で肝臓の腹くう鏡手術などを受けた患者が相次いで死亡した問題で、新たに学外の有識者だけで立ち上げられた事故調査委員会の2回目の会合が開かれ、患者1人の遺族から手術の事前説明などについて聞き取りを行ったことを明らかにしました。


豪雨被害のゴルフ場で復旧作業 栃木・日光

関東・東北豪雨で、コースに大量の土砂が流れ込むなどの被害が出た栃木県日光市のゴルフ場では、作業員が重機を使った復旧作業に追われています。


浦上天主堂で原爆犠牲者追悼コンサート 長崎

原爆の犠牲者を追悼するコンサートが長崎市の浦上天主堂で開かれ、平和を祈る合唱団の歌声が響きました。


茨城 外国人に公営住宅入居の意向調査

「関東・東北豪雨」で大きな被害を受けた茨城県で、避難生活を余儀なくされている外国人を支えようと、県の職員が通訳と共に避難所を回り、公営住宅への入居を希望するか尋ねる取り組みを始めました。


6人殺害事件 侵入の住宅で服を着替えた疑い

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で6人が殺害された事件で、逮捕状が出ているペルー人の30歳の男が、今月13日に警察署で事情を聴かれてから身柄を確保されるまでに服装を替えていたことが分かり、警察は、男が侵入した住宅で服を盗んで着替えていた疑いもあるとみて調べています。


佐賀 2人殺害の疑いで男を再逮捕 男は黙秘

ことし7月、佐賀市の残土置き場で山口県の会社経営者ら男女2人の遺体が見つかった事件で、警察は、遺体を遺棄したとして逮捕した知り合いの66歳の男が2人を殺害した疑いが強まったとして、殺人の疑いで再逮捕しました。調べに対し男は黙秘しているということで、警察は詳しいいきさつを調べることにしています。


秋の連休 高速道路 上りの混雑ピーク

この秋の連休で、高速道路の上り線は22日が混雑のピークとなり、夜になっても行楽地などから帰る人たちの車で激しい渋滞が続いています。


安保関連法 中年世代・母親など反対訴え

今月19日に成立した安全保障関連法に反対する中年世代や母親などのグループが東京・渋谷に集まり、「日本の平和主義を守るため反対の声を上げ続けよう」などと訴えました。


4歳女児 ボートから川に落ち死亡 茨城

茨城県龍ケ崎市で、家族と一緒にボートに乗って釣りをしていた4歳の女の子が川に落ちて溺れ、死亡しました。


茨城 常総 警察が鬼怒川で初の水中捜索

「関東・東北豪雨」で大きな被害を受けた茨城県常総市で、警察が、これまでに把握されていない行方不明者がいないか確認に万全を期すため、鬼怒川の水中で初めて捜索を行いました。


「関東・東北豪雨」 携帯電話の不通解消

「関東・東北豪雨」の影響で、栃木県の日光市の一部の地域でNTTドコモの携帯電話がつながらない、あるいはつながりにくい状況が続いていましたが、22日午後、復旧しました。


中国調査船 通報と異なる海域で活動継続

沖縄県の尖閣諸島沖の日本の排他的経済水域で、中国の海洋調査船2隻が事前の通報とは異なる海域で22日も調査とみられる活動を続け、このうち1隻は5日連続で確認されています。海上保安本部は調査の中止を求めるとともに監視を続けています。


茨城 常総 空き巣など警戒 パトロールを強化

「関東・東北豪雨」で大きな被害を受けた茨城県常総市で、空き巣や住宅の修理業者を装った詐欺などを警戒して警察がパトロールを強化しています。


茨城 常総「保育ボランティア」で片づけに専念

「関東・東北豪雨」で大きな被害を受けた茨城県常総市で、幼い子どもを持つ親が被災した自宅の片づけなどに専念できるよう、日中、子どもを預かる「保育ボランティア」が行われています。


ペルー人の男 事件前 知人に「誰かに殺される」

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で6人が殺害された事件で、殺人などの疑いで逮捕状が出ているペルー人の男が事件の前、携帯電話で複数の知人に「誰かに追われていて殺される」などと話していたことが分かりました。警察は知人らからさらに話を聞いて当時の男の状況や事件のいきさつを調べています。


佳子さま 手話交えおことば

秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまは、22日、鳥取県で開かれた高校生による手話パフォーマンスの全国大会に出席し、手話を交えておことばを述べられました。


偽ブランドなど輸入品差し止め 過去最多に

ことし上半期に全国の税関が偽ブランドや著作権侵害の輸入品を差し止めた件数は、1万6000件余りと過去最多となり、このうち中国からが9割以上を占めました。


尖閣沖 接続水域に中国海警局の船3隻

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。3隻は22日午後3時現在、魚釣島の南西およそ28キロを航行していて、海上保安本部が、領海に近づかないよう警告と監視を続けています。


翁長知事 国連人権理事会で演説

アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、沖縄県の翁長知事は、スイスで開かれている国連人権理事会で、「沖縄には在日アメリカ軍専用施設の73.8%が存在し、人権がないがしろにされている」などと演説し、移設計画への反対を国際世論に訴えました。


敬老の日 91歳女性が86歳の車にはねられ死亡

敬老の日の21日、熊本県宇土市の交差点で、敬老の集会に向かっていた91歳の女性が、同じ集会から帰る途中の86歳の男性が運転する車にはねられて、死亡しました。


拉致被害者家族 国連で帰国への協力訴え

国連で開かれた、北朝鮮による人権侵害を考えるパネルディスカッションに、拉致被害者の家族が出席し、国際社会に対して直接、肉親の帰国に向けた協力を訴えました。


復興庁 マイナンバー通知 避難の人にも周知徹底

来月からマイナンバーの通知が始まることから、復興庁は、東日本大震災や原発事故により仮設住宅などに避難している人たちが、確実に通知カードを受け取ることができるよう、被災3県の市町村に対し、説明会を開くなど、周知を徹底するよう求めています。


児童ポルノ事件 上半期で子ども380人余被害

ことし上半期に全国の警察が摘発した児童ポルノに関する事件は、およそ830件で、被害を受けた子どもが380人余りと、いずれもこれまでで最も多くなったことが分かりました。


高速道上りの混雑 きょう夕方ピークに

この秋の連休で、高速道路の上り線は22日が混雑のピークとなる見込みで、夕方を中心に、行楽地などから帰る人たちの車で激しい渋滞が予想されています。


常総市 市役所の自家発電機の浸水対策へ

「関東・東北豪雨」で大きな被害が出た茨城県常総市は、市役所の非常用の自家発電機が水没して、業務に深刻な支障を来したことから、自家発電機の浸水の被害を防ぐ対策を進める方針を固めました。


ペルー人の男 姉に「仕事でストレス」と電話

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で6人が殺害された事件で、殺人などの疑いで逮捕状が出ているペルー人の男が、事件の前の今月13日に任意で事情を聞かれた警察署で、日本にいる姉に電話をした際、「仕事でストレスを感じている」という趣旨の会話をしていたことが、新たに分かりました。警察は、事件の動機解明につながる手がかりの1つとみて、会話の内容を詳しく調べています。


JR東海道線 運転再開

JR東海道線は、横浜駅で起きた人身事故のため、東京と熱海の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後10時45分ごろ、運転を再開しました。


息子装うオレオレ詐欺 3000万円被害

東京・多摩市の79歳の女性が、いわゆるオレオレ詐欺の手口で、息子を装った男から現金3000万円をだまし取られ、警視庁は詐欺事件として捜査しています。


JR東海道線 一部で運転見合わせ

JR東海道線は、横浜駅で起きた人身事故のため、東京と熱海の間の上下線で、午後9時40分ごろから運転を見合わせています。


側溝に27歳女性の遺体 未明から行方分からず

21日夕方、兵庫県姫路市の工場や住宅が建ち並ぶ地域の側溝で、衣服を着けていない女性が倒れているのが見つかり、死亡が確認されました。女性は21日未明から行方が分からなくなっていた、市内に住む27歳の女性と確認され、警察が死因などを調べています。


エンブレム再選考 応募条件に受賞歴設けず

2020年東京オリンピック・パラリンピックの新たなエンブレムの選考の際、前回、応募条件が厳しいとして批判された、デザインコンテストの受賞歴が、設定されない方針になりました。


茨城・常総 約7400世帯の水道が仮復旧

今回の豪雨の影響で、茨城県常総市では浄水場が稼働できなくなり、市内のおよそ7400世帯で水が出にくい状態となっていましたが、県の災害対策本部は、21日午後7時までに応急的に修理した、各世帯に水を送るポンプが、正常に稼働することが確認でき、水が供給できるようになったと発表しました。しかし、県や常総市では、現時点ではあくまで「仮復旧」だとして、水質が安定していないため、飲み水としては使用しないよう呼びかけるとともに、水の量が不足しているため、節水への協力も求めています。


神社の石灯籠壊れ 登っていた男児死亡

21日午後、新潟県長岡市の神社の境内で、6歳の幼稚園児の男の子が石灯籠に登って遊んでいたところ、灯籠の一部が壊れて2メートルほど下の石畳に転落し、死亡しました。


佳子さま 「玉栄丸」事故の慰霊碑に献花

秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまは21日、鳥取県を訪問し、太平洋戦争中に火薬運搬船で起きた爆発事故の犠牲者の慰霊碑に花を供えられました。


秋の連休 高速道路上り 22日に混雑ピーク

この秋の連休で、高速道路の上り線は、行楽地から帰る車などで、21日夜になっても渋滞が続いています。


尖閣沖排他的経済水域 中国調査船の活動継続

沖縄県の尖閣諸島沖の日本の排他的経済水域で、中国の海洋調査船2隻が事前の通報とは異なる海域で21日も調査とみられる活動を続けていて、このうち1隻は4日連続で確認されています。海上保安本部は中止を求めるとともに監視を続けています。


原発の運転員 20%超が運転経験全くなし

東京電力福島第一原子力発電所の事故から4年半、鹿児島県にある川内原発の再稼働から1か月余りがたちました。全国の原発では運転停止が続くなか、最前線で安全を担う運転員のうち運転経験が全くない人が20%、5人に1人を超え、大きな課題となっていることが分かりました。


認知症が影響 エアコン操作間違え熱中症に

この夏、熱中症で救急搬送された人のうち、認知症が疑われる高齢者が東京23区で少なくとも120人に上っていたことが自治体への取材で分かりました。中には認知症の影響でエアコンの使い方が分からず、冷房と暖房をつけ間違って熱中症になった人もいて、専門家は、体温調節の問題はこれからの季節でも起こりうるとして周囲で見守る必要性を指摘しています。


茨城 常総の避難指示・勧告 24日解除も検討

「関東・東北豪雨」で、およそ3万4000人に避難の指示と勧告を出している茨城県常総市は今月24日に鬼怒川の堤防が決壊した場所で仮設の堤防が完成すれば、その日のうちにも避難の指示と勧告を解除する方向で検討することになりました。


ペルー人の男 電車で前橋から熊谷に移動か

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で6人が殺害された事件で、殺人などの疑いで逮捕状が出ているペルー人の男が、事件の前の今月13日に前橋市から電車で熊谷市に移動したとみられることが分かりました。警察は、このあと警察署から逃げ出した男が、現場周辺の狭い地域に潜伏しながら一連の事件を起こしたとみて詳しい足取りを調べています。


JR埼京線 運転再開

JR埼京線は東京・北区の浮間舟渡駅で起きた人身事故の影響で、全線で運転を見合わせていましたが、午後6時24分に運転を再開しました。


JR埼京線 全線で運転見合わせ

JR埼京線は午後5時20分ごろ、東京・北区の浮間舟渡駅で起きた人身事故の影響で、大崎駅と大宮駅の間の全線で運転を見合わせています。JR東日本によりますと、運転の再開は午後6時20分ごろを見込んでいるということです。


「国際平和デー」に安保法反対 渋谷で訴え

21日は、国連が定める「国際平和デー」です。秋の連休でにぎわう東京・渋谷では19日、成立した安全保障関連法に反対する、さまざまなグループが戦争をしない国であるために引き続き、反対していこうなどと訴えました。


自宅浸水の高齢者を保健師が巡回

「関東・東北豪雨」で大きな被害を受けた茨城県常総市では、浸水した自宅で生活するお年寄りなどの健康状態を確認して相談に乗ろうと、保健師が巡回を行っています。


阿蘇山噴火1週間 きょうも連続発生 警戒を

今月14日の噴火で噴火警戒レベルが3に引き上げられた熊本県の阿蘇山では、1週間となる21日も中岳第一火口で、噴火が連続して発生しています。気象台は、火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。


福祉用具の事故多発 5年間に49人死亡

高齢者や体の不自由な人が使う介護ベッドや電動車いすなどの福祉用具の事故で昨年度までの5年間に49人が亡くなっているとして、NITE=製品評価技術基盤機構が注意を呼びかけています。


国勢調査 37%の世帯が「オンライン」回答

5年に1度行われている国勢調査で今回初めて、全国で実施されたパソコンなどで回答するオンライン調査が20日締め切られ、最終的な回答数は1917万件余りと、総務省が目標としていたおよそ1000万件を大きく上回りました。


「枯れ木も山のにぎわい」半数近くが誤解

文化庁が行った国語に関する調査で、「枯れ木も山のにぎわい」という慣用句の意味を、本来の「つまらないものでも無いよりはまし」ではなく、誤って「人が集まればにぎやかになる」と理解している人が、半数近くに上ることが分かりました。


常総市の水道復旧へ 東京都が支援

「関東・東北豪雨」の影響で浄水場が稼働できなくなり、一部の地域で水道が出にくい状態が続いている茨城県常総市で、現地に派遣されている東京都水道局の職員が浄水場の復旧に向け支援に当たっています。


連休で多数のボランティア 住宅の後片づけ

関東・東北豪雨で土砂崩れや床上浸水などの被害が出た栃木県鹿沼市には、連休を利用して多くのボランティアの人たちが訪れ、住宅の片付けなどを手伝っています。


秋の全国交通安全運動 二輪車の事故防止を

高齢者と子どもの事故防止などを重点にした秋の全国交通安全運動が21日から始まり、東京都内では二輪車の死亡事故が増加していることから、警視庁の女性白バイ隊員たちが事故防止を呼びかけました。


鬼怒川の決壊現場 24日めどに仮設堤防

「関東・東北豪雨」で堤防が決壊した茨城県常総市の鬼怒川で、仮設の堤防を作っている工事現場が公開され、国土交通省は今月24日をめどに完成させたいとする見通しを示しました。


6人殺害事件 50代夫婦殺害から1週間

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で6人が殺害された事件で、先週14日に50代の夫婦が自宅で殺害されて1週間となる21日、現場周辺には近くの人などが夫婦の死を悼み手を合わせに訪れています。


茨城 常総市 避難情報の一斉メール送信せず

「関東・東北豪雨」で大きな被害が出た茨城県常総市で、住民に出した避難指示や避難勧告について、携帯電話への一斉メールを送信していなかったことが分かりました。市は防災行政無線で避難を呼びかける対応などに追われ、送信できなかったとしています。


中国海警局船3隻 尖閣沖の接続水域を航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


茨城 常総 連休中も金融機関が窓口開設

「関東・東北豪雨」で大きな被害を受けた茨城県常総市では、金融機関が連休中も窓口を開いて、被災した人たちの預金の引き出しや融資の相談などに応じています。


きょうから秋の全国交通安全運動

高齢者と子どもの事故防止などに重点的に取り組む秋の全国交通安全運動が、21日から始まります。


熊谷連続殺害事件 目立った金銭的被害なし

埼玉県熊谷市で6人が殺害された事件で、最初に50代の夫婦が殺害されてから21日で1週間となります。殺人などの疑いで逮捕状が出ているペルー人の男は、事件の前、金に困っているような言動をしていた一方、被害者の家では目立った金銭的な被害は確認されておらず、警察は動機やいきさつを調べています。


バイト・パートの時給 過去最高を更新

人手不足が続くなか、3大都市圏の企業がアルバイトやパートを募集するときに示す時給の平均は、先月には969円と3か月連続で過去最高になったという、調査結果がまとまりました。


姫路城大天守にドローン衝突 男性が出頭

19日兵庫県姫路市の国宝・姫路城の大天守に小型の無人機「ドローン」が衝突し、窓枠に傷が見つかった事件で、20日朝、49歳の会社役員の男性が「私がやった」などと言って警察に出頭しました。警察は、文化財保護法違反などの疑いで任意で捜査しています。


北海道で死亡の朝鮮半島出身者 遺骨を韓国で納骨

戦前や戦中に日本で働いていて、死亡した朝鮮半島出身者のうち、北海道で亡くなった115人分の遺骨が韓国に返還され、遺族が立ち会うなか、納骨式が行われました。


戦争体験者から直接記憶を受け継ぐ

終戦から70年の節目に合わせ、戦争の記憶をどう受け継いでいくかを考える集会が、東京・千代田区で開かれ、今は90歳を超える体験者が、戦争を知らない世代によって再び戦争が起こることだけは許してはならないなどと訴えました。


安保関連法で学者170人が会見 「暴挙」の声明

19日に国会で成立した安全保障関連法について、およそ170人の学者が東京都内で会見を開き、「憲法9条の下で持続してきた平和主義を捨て去る暴挙だ」とする声明を発表しました。


秋連休混雑 午前がピーク 高速道は21日も

この秋の連休で、高速道路の下り線は20日が混雑のピークとなり、行楽地などに向かう人たちの車で、午前中から激しい渋滞となりました。


横田めぐみさんに再会誓う 同級生がコンサート

中学1年のときに新潟から北朝鮮に拉致された、横田めぐみさんの当時の同級生たちが、両親を招いてチャリティーコンサートを開き、ことしは初めて会場全体で思い出の曲を合唱して、めぐみさんとの再会を誓い合いました。


豪雨の被災地支援にSNSの活用広がる

「関東・東北豪雨」で大きな被害を受けた茨城県常総市では、若い世代を中心に、インターネットで多くの人と情報のやり取りができる、LINEやフェイスブックといったSNSを活用し、生活に身近な情報をやり取りしたり、支援を呼びかけたりする動きが広がっています。


司法試験問題漏えいの元教授 授業でも内容伝える

ことしの司法試験で、教え子に試験問題を漏えいしたとして告発された、明治大学法科大学院の元教授が、ほかにも、試験の2日前の授業の中で、学生に対し試験問題の内容を伝えていたことが、NHKが入手した授業の記録などから明らかになりました。


常総市 「り災証明書」連休も発行受け付け

「関東・東北豪雨」で広い範囲が浸水した、茨城県常総市では、被災した人が支援を受けるのに必要な「り災証明書」の発行の受け付けを連休中も行っていて、20日も多くの市民が手続きに訪れました。


65歳以上の高齢者は3384万人 過去最多

21日は「敬老の日」です。総務省のまとめによりますと、日本の65歳以上の高齢者は3384万人で、過去最多を更新し、このうち80歳以上は、初めて1000万人を超えて、1002万人でした。


浸水した常総市の排水作業がほぼ完了

記録的な豪雨で鬼怒川の堤防が決壊し、広い範囲が浸水した、茨城県常総市について、国土交通省は、20日までに排水作業がほぼ完了したと発表しました。今後、雨で再び浸水した場合には、排水作業を行うことにしています。


沖縄 市民グループのテント襲撃 3人逮捕

19日夜、沖縄県名護市辺野古にあるアメリカ軍基地のゲート前で、普天間基地の移設計画に抗議していた市民グループのテントに、20人余りの集団が押しかけて、市民グループの男性を殴ってけがをさせたり、横断幕を切ったりしたとして、3人が傷害などの疑いで警察に逮捕されました。


埼玉・熊谷の夫婦殺害容疑でペルー人の男に逮捕状

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で6人が殺害された事件で、警察は、このうち今月14日に50代の夫婦を殺害したなどとして、20日、すでに身柄を確保し、意識不明となっている、ペルー人の30歳の男の逮捕状を取りました。


チリ M6超の余震相次ぎ不安広がる

今月16日に巨大地震が発生した南米チリの沖合で、マグニチュード6を超える余震が相次ぎ、また津波が押し寄せるのではないかと、沿岸部の人々に不安が広がりました。


彼岸の入り 決壊堤防の近くの墓を掃除

20日は彼岸の入りです。鬼怒川の決壊で大きな被害を受けた茨城県常総市の上三坂地区では、地域の人たちが決壊した場所のすぐ近くにある墓地を訪れ、墓の掃除などを行いました。


JR中央線快速 運転再開

JR中央線の快速は、武蔵小金井駅で起きた人身事故の影響で、東京駅と高尾駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午前11時36分に運転を再開しました。


栃木・小山 浸水した大学を学生が清掃

関東・東北豪雨で校舎が水につかった、栃木県小山市の大学で、今月25日からの授業に向け、学生たちが校舎を清掃しました。


連休 高速道混雑ピーク 午前から激しい渋滞

この秋の連休で、高速道路の下り線は20日が混雑のピークとなり、行楽地などに向かう人たちの車で、午前中から激しい渋滞となっています。


茨城・常総 小学校授業再開へ通学路点検

「関東・東北豪雨」の影響で休校している、茨城県常総市の小学校では、連休明けからの授業の再開に向けて、教員たちが通学路を点検しました。


ネットでバカラ賭博 カジノ店経営者ら逮捕

東京・新宿歌舞伎町のカジノ店の経営者ら3人が、海外のインターネットサイトを利用したバカラ賭博で客に金を賭けさせたとして逮捕されました。警視庁は、10か月ほどの間に4000万円余りを不正に得ていたとみて、捜査しています。


JR中央線快速 運転見合わせ

JR中央線の快速は、午前11時すぎに武蔵小金井駅で起きた人身事故の影響で、東京駅と高尾駅の間の上下線で運転を見合わせています。


拉致被害者家族 国際社会の協力求めスイスへ

拉致被害者の家族が、国連のヨーロッパ本部で初めて開かれる、北朝鮮による人権侵害を考える会合などに出席し、肉親の帰国に向けた国際社会の協力を求めるため、スイスのジュネーブへ出発しました。


尖閣沖 中国海警局3隻が接続水域航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合では、中国海警局の船3隻が、日本の領海のすぐ外側にある接続水域で航行を続けています。


介護職員が入所者の首を絞めた疑いで逮捕

19日、大阪・住吉区の特別養護老人ホームで、介護職員の男が入所している97歳の女性の首を絞めたとして、殺人未遂の疑いで逮捕されました。調べに対し、男は「日々の介護に疲れていた」などと供述しているということで、警察で詳しい動機を調べています。


ペルー人の男が自転車盗み移動に使ったか

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で6人が殺害された事件で、このうち、今月14日に殺害された夫婦の車が乗り捨てられていた駐車場の近くで自転車が盗まれ、次の殺人事件が起きた地区で見つかっていたことが、警察への取材で分かりました。警察は、身柄を確保されたペルー人の男が盗んで移動に使っていたのではないかとみて、関連を調べています。


秋の連休 高速道路下り線 混雑のピークに

この秋の連休で、高速道路の下り線は、20日が混雑のピークとなり、朝から行楽地などに向かう人たちの車で各地で激しい渋滞が起きています。


震災経験した大学生 当時の状況を同世代に

中学生の時に東日本大震災を経験し、この春、関東などの大学に進学した宮城県南三陸町出身の若者たちが同じ世代の若者を地元に招いて当時の状況を語る初めてのツアーが19日に行われました。


山形新幹線 運転再開

JR東日本山形支店によりますと山形新幹線は山形駅と新庄駅の間で午後6時前から運転を見合わせていましたが、午後7時4分に運転を再開しました。運転見合わせの原因について、JRは、当初、人身事故の影響と発表しましたが、実際には、山形県天童市内で運転手が線路を横切る人を発見して緊急停止したためで、警察などが確認を進めたところ、人が列車に接触したあとは確認されず、線路を横切った人もその後、無事に見つかったということです。


追い込み漁でイルカ捕獲 “禁止”後で初

和歌山県太地町の追い込み漁で、19日、およそ200頭のバンドウイルカが捕獲されました。日本動物園水族館協会が加盟する水族館に対してこの漁で捕獲されたイルカの入手を禁止して以降初めてで、地元の漁協は、2割程度を協会に加盟していない水族館などに出荷し、残りは海に放すことにしています。


秋の連休初日 交通機関 午前中心に混雑

6年ぶりの5連休となる秋の連休が19日から始まり、各交通機関は、行楽地などに向かう人たちで午前中を中心に混雑しました。


「広域避難」対策迫られる自治体

「関東・東北豪雨」で、各地で川の氾濫が相次いだことを受けて、大きな河川の流域の自治体では多くの住民が自治体の外へ避難する広域避難をどう実現するか、対策を迫られています。


山形新幹線 運転見合わせ

JR東日本山形支店に入った連絡によりますと、山形新幹線は山形県天童市で起きた人身事故の影響で、午後5時46分ごろから山形駅と新庄駅の間の上下線で運転を見合わせています。


殺害された夫婦の車に血痕 逃走に使用か

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で6人が殺害された事件で、今月14日に殺害された50代の夫婦の車のハンドルに被害者のものとみられる血がついていたことが警察への取材で分かりました。車は住宅から離れた駐車場で見つかり、警察は身柄を確保されたペルー人の男が夫婦を殺害したあと逃走に使った疑いがあるとみて調べています。


姫路城の大天守にドローン衝突 窓枠に傷

19日朝、兵庫県姫路市の国宝・姫路城の大天守に、小型の無人機「ドローン」が衝突し、窓枠にプロペラでひっかいたような傷が見つかりました。ドローンを操縦していた人物は見つかっておらず、警察は文化財保護法違反の疑いもあるとみて調べています。


安保法成立 自衛隊は半年以内に準備必要

安全保障関連法の成立で、自衛隊の現場は、来年3月までの半年以内に、拡大した新たな任務に対応できるよう求められます。


少年非行「スマホ普及が問題」

内閣府が、少年非行について、世論調査を行ったところ、スマートフォンやインターネットなどの普及により、簡単に暴力や性に関する有害な情報を手に入れられる社会環境に問題があると答えた人が、70%近くに上りました。


「被爆者にとって許すことができない法律だ」

安全保障関連法が成立したことについて、日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会の坪井直代表委員は、「憲法解釈の変更という手法ではなく、きちんと国民に真意を問うたうえで成立させるべきで、憲法9条の重みを理解していないのではないか」と述べました。そのうえで、「戦争になると戦場に行かされるのは若者であり、国民は戦争の被害を受忍するしかない。放射線の被害に70年間苦しんできた被爆者にとって、許すことのできない法律だ」と述べました。


避難指示解除の楢葉町 温泉宿泊施設が再開

原発事故の影響で町のほぼ全域に出されていた避難指示が今月5日に解除された福島県楢葉町で、かつて観光の拠点で、町民の憩いの場だった温泉宿泊施設が営業を再開しました。


中国船 日本の排他的経済水域で調査か

19日朝、沖縄県の久米島沖の日本の排他的経済水域で、中国の海洋調査船がワイヤーのようなものを海に垂らして調査とみられる活動を行っているのが確認され、海上保安本部が調査の中止を求めるとともに監視を続けています。


介護施設の元所長 危険ドラッグ密輸の疑い

大阪・泉佐野市にある高齢者介護施設の元所長が、海外から危険ドラッグを密輸したとして、麻薬取締法違反などの疑いで逮捕・起訴されました。この施設では、ほかにも、職員2人が密輸にかかわったとして書類送検され、近畿厚生局麻薬取締部は、元所長らが危険ドラッグを繰り返し密輸し、使用していた疑いがあるとみて調べています。


安保法成立 タレントらの投稿相次ぐ

19日未明に成立した安全保障関連法を巡っては、ツイッター上でもタレントや文化人らの投稿が相次ぎました。


中国の調査船 きょうも通報と異なる海域で調査

沖縄県の尖閣諸島沖の日本の排他的経済水域で、18日に続いて19日も、中国の海洋調査船が事前の通報とは異なる海域で調査を行っているのが確認され、海上保安本部が中止を求めるとともに、監視を続けています。


翁長知事が国連演説へ出発

アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡って、政府と沖縄県の対立が続くなか、沖縄県の翁長知事は、計画に反対する県の立場を国際世論に訴えようと、スイスのジュネーブで開かれる国連人権理事会に出席するため、19日午前、那覇空港を出発しました。


全日空機から油漏れ 宮崎空港

19日午前、宮崎市の宮崎空港に到着した全日空の旅客機から油が漏れるトラブルがあり、およそ30分間滑走路が閉鎖され、欠航便が出るなど秋の連休初日の空港に影響が出ました。


武蔵野線 運転再開

JR武蔵野線は、信号トラブルの影響で、府中本町駅と東所沢駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後0時45分に運転を再開しました。


栃木 栃木市の一部の避難勧告を解除

栃木県栃木市は、土砂崩れのおそれがなくなったとして、17日の夜に大平町西山田地区の12世帯52人に出していた避難勧告を19日正午、解除しました。


台風20号 小笠原諸島 しばらく警戒を

強い台風20号の影響で小笠原諸島では、この24時間に降った雨の量が300ミリ近くに達しています。台風は次第に小笠原諸島から遠ざかる見込みですが、これまでの雨で地盤が緩んでいるところがあり、気象庁はしばらくの間、土砂災害や高波に警戒するよう呼びかけています。


5連休 下りの混雑はきょうがピーク

6年ぶりの5連休となる秋の連休が19日から始まり、各交通機関は、行楽地などに向かう人たちで午前中から混み合っています。


“安保政策 大転換へ” さまざまな声

今の国会の最大の焦点である、集団的自衛権の行使を可能にすることなどを盛り込んだ安全保障関連法は、19日未明の参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党と次世代の党などの賛成多数で可決され、成立しました。これにより、戦後日本の安全保障政策は、大きく転換することになります。各地でさまざまな声が聞かれました。


武蔵野線 運転見合わせ

JR武蔵野線は北府中駅での信号トラブルの影響で府中本町駅と東所沢駅の間の上下線で19日午前11時半すぎから運転を見合わせています。


茨城・常総 連休で大勢のボランティア

連休初日の19日、「関東・東北豪雨」で広い範囲で浸水の被害があった茨城県常総市には、朝から大勢のボランティアが訪れ、住宅の片付けなどを手伝っています。


夫婦殺害現場で採取のDNA ペルー人と一致

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で6人が殺害された事件で、今月14日に50代の夫婦が殺害された住宅から採取したDNAの型が身柄を確保されたペルー人の男のものと一致したことが警察への取材で分かりました。3軒すべての住宅からこの男のものとみられる足跡も見つかっているということで、警察は男が6人の殺害に関わったという見方を強めています。


尖閣沖 中国海警局船が一時 領海侵入

第11管区海上保安本部によりますと、19日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で一時、日本の領海に侵入した中国海警局の船3隻は、領海のすぐ外側にある接続水域で航行を続けていて、午後3時現在、久場島の東およそ30キロの沖合を航行しているということです。海上保安本部が、再び領海に近づかないよう、警告と監視を続けています。


停車バイクはねられ少年1人死亡1人重体

19日未明、愛知県豊田市の有料道路で、バイクに乗った少年5人のグループが路肩に止まっていたところに乗用車が突っ込み、少年1人が死亡、別の少年1人が意識不明の重体になっています。警察は乗用車を運転していた会社員を逮捕し、脇見運転が原因とみて調べています。


眞子さま 英留学終え帰国へ

イギリスの大学院に留学中の秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまは、およそ1年間の留学を終えて、今月、帰国されることになりました。


安保関連法 賛成グループ「心から歓迎」

安全保障関連法が成立したことについて、賛成する立場のジャーナリストや学者などでつくる「平和安全法制の早期成立を求める国民フォーラム」は、「心から歓迎したい。日米の信頼と絆はより深まり、わが国への武力進攻を思い留まらせる『抑止力』は飛躍的に高まると確信する。今後時間の経過とともに必ずや多くの国民が理解し、受け入れるものと確信している」などとするコメントを発表しました。


改正労働者派遣法 運用方針まとまる

今月30日施行される改正労働者派遣法について厚生労働省の審議会は、労働者への教育訓練を派遣会社が有給で行うことや無許可で派遣を行う悪質業者は業者名を公表することなど具体的な運用方針を盛り込んだ答申をまとめました。


虐待で通告の子ども 1万7000人余

ことし上半期に、全国の警察が虐待の疑いがあるとして児童相談所に通告した子どもは1万7000人余りと、これまでで最も多くなったことが分かりました。


5連休 下りの混雑はきょうピーク

6年ぶりの5連休となる19日からの秋の連休を行楽地などで過ごす人たちの下りの混雑がピークとなり、このうち高速道路の下り線は朝から渋滞が始まっています。


小笠原諸島に記録的短時間大雨情報

気象庁によりますと、小笠原諸島の父島で午前4時までの1時間におよそ80ミリの猛烈な雨が降りました。災害の危険が迫っていることから、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して安全を確保するよう呼びかけています。


6人殺害事件 逃走など住民に周知せず

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で6人が殺害された事件で、警察は一連の事件が起きる前にペルー人の30歳の男が警察署から逃げ出したことや直後に住居侵入が相次いだことなどの情報を地域の住人に周知しておらず、埼玉県警は「経過などを含め、事実関係を解明する」としています。


京急 運転中に携帯操作で運転士処分へ

京浜急行の運転士が、特急電車を走行させていた際に携帯電話を操作していたことが分かり、会社は運転士を処分することにしています。


安全保障関連法 合憲性巡り裁判へ

19日成立した安全保障関連法について、憲法学者などは「憲法9条に違反する」として今後、集団で国に対する裁判を起こすことにしています。このほかにも複数の個人やグループが提訴を準備していて、法律の合憲性は、司法でも争われることになります。


小渕前大臣 検察審査会が「不起訴妥当」

小渕前経済産業大臣の政治資金を巡る事件で嫌疑不十分で不起訴となった小渕氏本人について東京の検察審査会は「不起訴は妥当だ」とする議決をしました。


国会前 安保法案可決に抗議の声

国会前では日付が変わっても、安全保障関連法に反対する人たちの訴えが続いていましたが、可決されたと伝えられると、大きな声で「採決撤回」と繰り返し、抗議の意思を示していました。


台風20号北上 小笠原諸島は厳重警戒を

強い台風20号は、小笠原諸島を暴風域に巻き込みながら北上しています。小笠原諸島ではこのあとしばらくは猛烈な風が吹き、非常に激しい雨が降る見込みで、気象庁は、暴風や高波、それに土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。


新聞社社長 シュノーケリング中に死亡

18日午前、沖縄県宮古島市の池間島の沖合で、シュノーケリングをしていた北海道の新聞社の社長が、心肺停止の状態で浮いているのが見つかり、病院に搬送されましたがおよそ4時間後に死亡が確認されました。


司法試験漏えい 再発防止検討で初会合

法科大学院の元教授が、司法試験で教え子だった受験生に試験問題を漏えいしたとして告発された事件で、法務省が設置したワーキングチームの初会合が開かれ、再発防止策として、短期間で対応できるものは来年の司法試験に間に合うよう検討することを確認しました。


国会前 深夜も抗議の訴え続く

国会の正門前では、日付が変わっても、若者を中心に多くの人が歩道に集まり、安全保障関連法案に反対する訴えを繰り返しています。


浸水住宅から3歳児救助の映像公開

記録的な豪雨で鬼怒川の堤防が決壊し、大きな被害を受けた茨城県常総市で、3歳の女の子が浸水した住宅からヘリコプターで救出された様子を記録した映像を神奈川県警察本部が初めて公開しました。


埋め立て承認取り消し判断は連休明けに

アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、沖縄県の翁長知事は、移設先の埋め立て承認を取り消すための意見聴取に沖縄防衛局が応じないと決めたことを受けて、18日、対応を協議し、防衛局から届いた文書を今後詳しく検討したうえで、外国出張から戻る連休明け以降に取り消しについての判断を行う考えを示しました。


反社会的勢力との関係隠す 課徴金勧告

名証セントレックスに上場する仙台市の会社が、資金調達先の企業に反社会的勢力との関わりが疑われることを認識しながら関わりがないとするうその発表をしたなどとして、証券取引等監視委員会は、この会社に対し、9900万円余りの課徴金の支払いを命じるよう金融庁に勧告しました。


アジア系外国人か 2人逃走で捜査 熊本

18日午後、熊本県氷川町の路上で窃盗事件に使われた疑いがある乗用車が見つかり、警察官が、乗っていたアジア系の外国人とみられる男2人に職務質問しようとしたところ、逃走しました。警察は2人が盗みに関わっているとみてヘリコプターも出して捜索しましたが見つからず、引き続き行方を捜しています。


台風20号 小笠原諸島は厳重警戒

非常に強い台風20号は、小笠原諸島の南の海上を北上していて、19日にかけて小笠原諸島の父島にかなり近づく見込みです。小笠原諸島では、これから猛烈な風が吹くと予想され、気象庁は、暴風や高波に厳重に警戒するよう呼びかけています。


国立大文系見直し 文科省が学術会議に説明

国立大学の人文社会科学系学部の見直しを求める通知を巡り、文部科学省の担当者は、18日、通知に対する批判声明を出した日本学術会議を訪れ、「通知は大学の変革を促すのが目的で、人文社会科学系の学問を軽視しているわけではない」などと説明しました。


新幹線カバー落下事故 JRが報告書提出

先月、福岡県内を走行していた山陽新幹線の床下のアルミ製のカバーが外れ乗客がけがをした事故で、JR西日本は、専用の工具を使って締めるべきボルトを手で締めただけだったためカバーが外れたなどとする報告書をまとめ国に提出しました。


阿蘇山 14日の噴火で火砕流発生

今月14日に熊本県の阿蘇山で発生した噴火では、噴火に伴って火砕流が発生し、火口から1.3キロ流れ下っていたことが気象庁のその後の調査で分かりました。気象庁は、中岳第一火口からおおむね2キロの範囲では、大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。


介護施設で日常的に虐待か 職員解雇 仙台

宮城県仙台市の有料老人ホームで、先月、28歳の男性職員が90代の入居者の女性の顔をたたいてけがをさせたとして解雇されていたことが分かりました。この施設では、別の職員も入居者をたたくなどして解雇され、仙台市は、日常的に虐待が行われていた可能性があるとみて、詳しい状況を調べています。


安保法案 名古屋市中心部でも反対集会

安全保障関連法案を巡って国会で与野党の大詰めの攻防が続く中、名古屋市中心部では、法案に反対する人たちが集会を開き成立阻止を訴えました。


原発事故の賠償金詐欺容疑で逮捕の4人 不起訴に

原発事故の風評被害で損害が出たとする申請で、東京電力から賠償金をだまし取ったとして逮捕された東京のNPO法人の元役員など4人について、東京地方検察庁は、18日、不起訴にしました。


強盗傷害容疑で2人組逮捕 多摩で連続犯行か

先月、東京・立川市の路上で、男性2人を殴ってけがをさせ現金を奪ったとして警視庁は、21歳の男2人を強盗傷害の疑いで逮捕しました。調べに対し2人は、17日、多摩市で3件相次いだ強盗傷害事件も含め、「ほかにも6件やった」と供述していて、警視庁は、多摩地域で事件を繰り返していたとみて調べています。


安保法案で問われた2点は

集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案を巡って問われたのは、法案そのものが憲法に違反するかどうかと、憲法改正ではなく憲法解釈の変更という手法に問題がなかったかという点です。


安保法案にさまざまな意見

国会で安全保障関連法案を巡って与野党の大詰めの攻防が続くなか、富山市では法案の内容や審議の在り方についてさまざまな意見が聞かれました。


原爆ドームの前で反対集会

安全保障関連法案を巡り国会で与野党の大詰めの攻防が続くなか、広島市の原爆ドームの前では、法案に反対する集会が開かれ、集まった人たちが法案を廃案にするよう訴えました。


元捜査幹部「警察の対応検証すべき」

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で合わせて6人が殺害された事件について、殺人や強盗など凶悪事件の捜査に当たる警視庁捜査1課の課長を務めていた久保正行さんは、埼玉県熊谷市で起きた一連の事件の警察の対応について検証すべき点があると指摘しています。


新エンブレムの委員会 メンバー今月中に決定へ

2020年東京オリンピック・パラリンピックの新エンブレムを決めるエンブレム委員会設立のための準備会が初めて開かれ、今月中にメンバーを決める方針を示しました。


豪雨被害 宮城で1700棟余浸水

「関東・東北豪雨」で宮城県大崎市の川の堤防が決壊し広い範囲が浸水する被害が出てから18日で1週間になります。県によりますと、宮城県内では、これまでに住宅など1700棟余りで浸水の被害が確認されています。


被災者アンケート 半数の人が住宅再建めど立たず

関東・東北豪雨で多くの住宅が浸水した茨城県常総市で被災した人およそ150人にNHKが避難所などでアンケート形式で取材したところ、半数の人が、自宅の再建のめどが立たないと回答し、避難生活が長期化するおそれが出ていることが分かりました。


西之島 面積減少も活発な火山活動続く

小笠原諸島の西之島について、海上保安庁が16日上空から観測した結果、島の面積は前回の観測に比べて減っていたものの、引き続き溶岩が流れ下るなど、活発な火山活動が続いていることが確認されました。


6人殺害 事件前に親子の住宅近くに来ていたか

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で合わせて6人が殺害された事件で、身柄を確保されたペルー人の30歳の男が、13日の事情聴取中に警察署から逃げ出したあと、今回の事件の現場近くまで来ていたとみられることが警察への取材で分かりました。警察は、男の足取りについてさらに調べを進めています。


安保法案 国会前で夜も反対集会続く

安全保障関連法案の採決を巡る与野党の攻防が続く中、国会前では、夜も、法案に反対する人たちの集会が続いていて、審議が続く国会議事堂に向け、「戦争法案絶対廃案」などと声を上げています。


豪雨被害の廃棄物処理で環境省が支援へ

「関東・東北豪雨」で浸水被害を受けた茨城県内の住宅などから発生した大量の災害廃棄物の処理について、望月環境大臣は、環境省の職員を現地の災害対策本部に常駐させて、仮置き場の設置に助言を行うなどして支援していく考えを示しました。


6人殺害の容疑者か 前日に民家の物置に隠れる

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で合わせて6人が殺害された事件で、身柄を確保されたペルー人のナカダ・ルデナ容疑者とみられる男が最初の殺人事件が起きる前日の今月13日に熊谷市内の民家の物置に隠れていたところを住民に見つかり逃走していました。


ペルー人容疑者の姉「普通でなかった」

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で合わせて6人が殺害された事件で警察が身柄を確保したペルー人の男について、ペルーに住む男の姉は、男が普通の精神状態ではないと認識していたことを明らかにしました。


宮城 豪雨1週間 終わらない後片づけ

「関東・東北豪雨」から1週間となりましたが、川の水があふれ広い範囲が水に浸かった宮城県大和町では、18日も住民たちが後片づけなど復旧作業に追われていました。


栃木・日光の大規模土石流現場を調査

先週の豪雨で栃木県内で最も大きな規模の土石流が起きた日光市の現場を18日、専門家などが訪れ、被害の状況を調べました。


韓国からの入国者の検疫 通常態勢に

韓国で感染が拡大した「MERSコロナウイルス」について、厚生労働省は新たな感染が2か月以上、確認されていないことから、国内にウイルスが持ち込まれる可能性は極めて低くなったとして、韓国からの入国者を対象に強化していた検疫を通常の態勢に戻しました。


千葉の突風被害は全壊4棟など79棟

今月6日、千葉市中央区で起きた竜巻とみられる突風で、被害を受けた住宅は、全壊が4棟・半壊が15棟など、合わせて79棟に上ったことが、千葉市の調査で分かりました。


宮城・大崎 渋井川の堤防は浸透で決壊か

先週の豪雨で、宮城県大崎市の渋井川の堤防が決壊した原因について、東北大学の研究チームは、合流する本流の水位が高くなって支流の渋井川から水が流れにくくなり、増水した水が堤防に浸透して決壊した可能性が高いという調査結果をまとめました。


津波注意報 すべて解除

17日、南米チリの沖合で起きた巨大地震では、日本でも北海道から沖縄の各地で津波が観測され、岩手県久慈港では高さ80センチの津波を観測しました。気象庁は18日朝早く、太平洋沿岸を中心に津波注意報を発表しましたが、午後4時40分にすべて解除しました。


小学校の調理室で爆発 1人死亡 5人けが

18日午後、青森県黒石市にある小学校の給食の調理室で爆発があり、調理員の女性1人が死亡したほか、児童2人を含む5人がけがをしました。調理室の地下では当時、害虫の駆除作業が行われていて、警察と消防が詳しい状況を調べています。


東武 日光線・鬼怒川線 8日ぶり運転再開

豪雨による土砂崩れなどの影響で一部区間で不通となっていた東武鉄道の日光線と鬼怒川線は、18日午後、8日ぶりに全線で運転が再開され、沿線の住民などがさっそく列車を利用していました。


中国の海洋調査船 通報とは異なる海域で調査

沖縄県の尖閣諸島沖の日本の排他的経済水域で、中国の海洋調査船が事前の通報とは異なる海域で調査を行っているのが確認され、海上保安本部が中止を求めるとともに監視を続けています。


6人殺害事件 市教委「今後はいち早く情報を」

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で小学生を含む6人が相次いで殺害された事件について、熊谷市教育委員会は、「ペルー人の男が逃走しているという連絡が警察からもらえれば違った角度から対応ができたと思う。今後は情報をいち早く伝えてもらいたい」などと話していました。


宮城・南三陸町 土砂崩れで11人に避難勧告

宮城県南三陸町は、歌津地区の町道で道路脇ののり面が崩れ、沿線の集落が孤立するおそれがあるとして、午後1時前に集落の8世帯11人に対し避難勧告を出しました。


高校生の求人倍率1.54倍 大幅に改善

来年春に就職を希望する高校生の求人倍率は、1.54倍と、去年の同じ時期と比べて0.26ポイントと大幅に改善し、リーマンショック前の水準を上回りました。厚生労働省は、「人手不足が顕在化していて今後、若い人材をどう確保するかが課題だ」と話しています。


1歳女児への傷害致死容疑 伯父を再逮捕

東京・江戸川区のマンションで1歳2か月の女の子が死亡した事件で、警視庁は、女の子を置き去りにしたとして逮捕された伯父が、暴行を加えて死亡させた疑いが強まったとして傷害致死の疑いで再逮捕しました。調べに対し、伯父は容疑を否認しているということです。


東日本大震災で米国に漂着の鳥居が日本に

東日本大震災の津波で青森県からアメリカの西海岸に流された鳥居の一部が4年半ぶりに日本に戻り、18日、横浜市の税関で流されたものと確認する手続きが行われました。


被災者に住宅3か月無償提供 茨城・常総

記録的な豪雨で避難生活が長期化するおそれがあるなか、東京の大手建設会社が、浸水の被害にあった人を対象に3か月間無償という条件で、茨城県内のアパートなどの貸し出しを始めました。


静岡刑務所の護送車が追突事故 首都高

18日午前、東京・中央区の首都高速道路で、静岡刑務所の護送車が渋滞中の車に追突したのをきっかけに合わせて4台が関係する事故が起きて1人が軽いけがをし、警視庁は過失運転傷害の疑いで事故の原因を調べています。


沖縄県 辺野古の埋め立て承認取り消すか協議

アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、沖縄県の翁長知事は、移設先の埋め立て承認を取り消すための手続きとして予定していた意見聴取に沖縄防衛局が応じない方針を決めたことから、承認を直ちに取り消すかどうか、18日朝から対応を協議しています。


気象庁「午後4時までデータ監視し解除か判断」

気象庁の長谷川洋平地震津波監視課長は午後2時から記者会見し、「北海道太平洋沿岸東部から宮古島・八重山地方にかけての各地で津波が観測されている。日本で最初に津波が観測されたけさ6時から8時間ほど津波が観測されており、データを解析すると去年、チリの地震で発生した津波と同じパターンを示しているようだ。きょうの午後4時ごろまでの記録を確認すれば傾向が判断できると考えられ午後4時までデータを監視したうえで、津波注意報の解除について判断したい」と述べました。そして「津波注意報が解除されるまでは海岸や川の河口付近には近づかないでほしい」と注意を呼びかけました。


「関東・東北豪雨」と気象庁が名付ける

今月9日から11日にかけて、茨城県や栃木県、それに宮城県など関東や東北で大きな被害が出た豪雨について気象庁は、「平成27年9月関東・東北豪雨」と名付けました。


転落死の老人ホーム運営会社を立ち入り検査

川崎市の有料老人ホームで、去年、2か月の間に3人の入所者が相次いで転落して死亡した問題を受けて、厚生労働省は18日、施設を運営する介護関連会社の東京の事務所で立ち入り検査を行い、施設の管理体制などを詳しく調べています。


びわ湖に友人突き落とした疑い 少年3人逮捕

ことし7月、滋賀県長浜市のびわ湖の漁港で、定時制高校に通っていた16歳の男子生徒を堤防から突き落として死亡させたとして、警察は、知り合いの18歳の少年3人を傷害致死の疑いで逮捕しました。


危険ドラッグ乱用し隣人切りつけ男に実刑判決

去年12月、東京・世田谷区のマンションで隣の部屋に侵入し、女性にナイフで切りつけたとして傷害などの罪に問われた男の判決で、東京地方裁判所は「危険ドラッグによって善悪を判断する能力が低下していた」と判断し、懲役2年6か月の実刑を言い渡しました。


宮城 豪雨から1週間 避難所は閉鎖

記録的な大雨で宮城県大崎市を流れる川の堤防が決壊し広い範囲が浸水する被害が出てから1週間になります。大崎市では、18日避難所が閉鎖され、避難所で過ごしていた人たちが市から提供された住宅に移りました。


秋篠宮ご夫妻 日航機事故の展示施設を視察

秋篠宮ご夫妻は18日、30年前の日航ジャンボ機墜落事故の教訓を伝える施設を訪れ、事故機の機体などの展示をご覧になりました。


長崎の被爆者団体 参院特別委の可決に抗議声明

安全保障関連法案が18日、参議院の特別委員会で可決されたのを受けて、長崎の5つの被爆者団体が記者会見を開き、「あの戦争を、あの原爆被害をもう一度、体験しろというのか」と強く非難する抗議声明を出しました。


山中に取り残された除染作業員5人発見

17日夜、福島県飯舘村で除染に関わる仕事をしていた作業員5人が山の中に取り残されましたが、警察や消防などが捜索した結果、5人全員が見つかりました。警察によりますと、このうち2人に足のけがや衰弱があるということですが、全員、命に別状はないということです。


6人殺害事件 住宅に包丁2本 壁に血文字

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で合わせて6人が殺害された事件で、ペルー人の男を確保した際、現場の住宅から血のついた包丁が2本見つかったほか、夫婦が殺害された住宅では部屋の壁に血でアルファベットのような文字が書かれていたことが分かりました。警察は犯行の詳しい状況や男の行動などを調べています。


大雨被害で18市町に交付税繰上げ交付

総務省は、台風18号による大雨で浸水などの被害を受けた宮城県と茨城県、栃木県の合わせて18の市と町に対し、11月に交付する予定の普通交付税の一部、74億円余りを、今月24日に繰り上げて交付することを決めました。


太平洋沿岸 各地の原発 潮位の変化を観測

太平洋沿岸にある各地の原子力発電所では、これまでに最大で40センチの潮位の変化を観測しています。


茨城・常総 臨時のアメダス観測点を設置

記録的な豪雨で大きな被害を受けた茨城県常総市で、雨の観測体制を強化して今後の災害に備えるため、気象庁は18日、臨時の「アメダス」の観測点を設置しました。


安保法案 きょうも国会前で雨のなか反対訴え

国会前には、18日も午前中から、安全保障関連法案に反対する人たちが集まり、抗議の訴えを続けています。


各地の津波の高さ 岩手 久慈港で80センチ観測

気象庁によりますと各地の津波の高さは次のとおりです。


中国海警局の3隻 尖閣沖の接続水域を航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


気象庁「津波注意報解除まで海に近づかないで」

日本の太平洋沿岸を中心に各地で津波が観測されたことを受けて、気象庁の長谷川洋平地震津波監視課長は午前10時から記者会見し、「これまでに北日本から西日本の各地で津波が観測されていて、このあとほかの沿岸にも到達する可能性がある。潮の流れが速い状況は、このあと、しばらく続くと予想され、津波注意報が発表されている海岸では、注意報が解除されるまでは海に入ったり、海岸に近づいたりすることはやめてほしい」と述べました。


豪雨被害の関東鉄道常総線 不通区間の一部で再開

記録的な豪雨の影響で、一部の区間で運転の見合わせが続いている関東鉄道常総線は18日から、茨城県守谷市の守谷駅と常総市の水海道駅の間で運転を再開しました。


雨で土砂崩れや冠水 宮城 石巻の6地区孤立

前線と低気圧の影響で、宮城県内は17日夜から18日朝にかけてまとまった雨が降り、石巻市と気仙沼市、それに女川町などで道路が冠水したり、道路脇の土砂が崩れたりする被害が出ています。


津波観測 岩手 久慈港で70センチに

気象庁によりますと各地の津波の高さは次のとおりです。


女川原発 港湾内で20センチの潮位変化

東北電力によりますと、宮城県にある女川原発の港湾内に設置されている潮位計で午前8時ごろ、およそ20センチの潮位の変化が観測されたということです。女川原発は運転を停止中で、17日のうちに海岸近くにある機材を高台に移動したほか、海岸付近での作業を取りやめていて、今回の潮位の変化による異常は確認されていないということです。


福島第一原発 港湾内で12センチの潮位変化

原子力規制庁によりますと、東京電力福島第一原発の港湾内に設置されている潮位計で、午前7時半ごろ、およそ12センチの潮位の変化が観測されたということです。この潮位の変化による異常は確認されていないということです。福島第一原発では津波注意報の発表を受けて構内での作業を中断していて、東京電力によりますと作業員は高台に避難しているということです。また、青森県にある東北電力東通原発でも午前8時15分ごろ、およそ15センチの潮位の変化が観測されたということです。異常は確認されていないということです。


東海第二原発 港湾内で30センチの潮位変化

原子力規制庁によりますと、茨城県にある日本原子力発電、東海第二原発の港湾内に設置されている潮位計で、午前7時15分ごろ、およそ30センチの潮位の変化が観測されたということです。東海第二原発は現在、運転を停止中で、今回の潮位の変化による異常は起きていないということです。このほかの太平洋沿岸にある原発や原子力施設では、午前8時現在、潮位の変化は確認されていないということです。


津波観測 北海道と岩手県で40センチに

気象庁によりますと、北海道えりも町で午前7時34分、岩手県久慈港で午前7時15分に、いずれも高さ40センチの津波を観測し、さらに上昇しています。また、福島県のいわき市小名浜港で午前7時34分、茨城県大洗港で午前6時43分に、いずれも高さ20センチの津波を観測しました。また、岩手県宮古港で午前7時29分、小笠原諸島の父島で午前7時40分に、いずれも高さ10センチの津波を観測し、さらに上昇しています。このほか、北海道釧路港で午前7時36分、浜中町で6時33分、岩手県釜石港で午前7時9分、千葉県銚子市で午前7時26分、勝浦市で午前6時59分に、いずれも10センチの津波を観測しました。


岩手 久慈港 30センチの津波を観測

気象庁によりますと、岩手県の久慈港で午前7時13分に高さ30センチの津波を観測し、さらに上昇しています。また、北海道浜中町で午前6時33分、北海道えりも町で午前7時5分、岩手県釜石港で午前7時9分にいずれも高さ10センチの津波を観測しました。また、岩手県宮古港で午前6時16分に高さ10センチの津波を観測し、小笠原諸島の父島では午前6時11分に微弱な津波を観測しています。この津波の高さはあくまで検潮所での記録です。実際の津波は場所によってはこの数倍の高さに達するおそれがあります。また、津波は1度だけでなく何度も繰り返し押し寄せ、2回目、3回目の波の方が高くなることがあります。今後も津波注意報が解除されるまでは海岸や川の河口付近には近づかないでください。


津波観測 気象庁が午前10時から会見

気象庁は、日本で津波が観測されたことを受けて午前10時から長谷川洋平地震津波監視課長が記者会見を行い、津波の注意点や今後の見通しなどについて説明することにしています。


茨城 常総の災害廃棄物処理 県が協力要請も

茨城県は、今回の豪雨で大きな被害を受けた常総市で今後、住宅の解体が進めば、災害廃棄物の発生量が大幅に増えることが予想されるとして、処理を支援するため必要に応じて周辺の自治体に協力要請などを行う方針です。


北海道〜沖縄で津波観測 各地に津波注意報

17日、南米チリの沖合で発生した巨大地震で、北海道から沖縄にかけての各地で津波を観測し、岩手県久慈港では高さ80センチの津波を観測しました。気象庁は引き続き、太平洋沿岸を中心とする各地に津波注意報を発表し、海岸や川の河口付近に近づかないよう呼びかけています。


福島 楢葉町 堤防より海側に避難指示

津波注意報の発表を受けて、福島県楢葉町は午前6時、海岸の堤防より海側の場所に避難指示を出しました。町は海岸や河口に近づかないよう呼びかけています。


和歌山市 海岸付近に避難指示

和歌山県沿岸に津波注意報が出されたことを受けて、和歌山市は午前6時20分、沿岸で釣りをしている人や海岸の堤防よりも海側にいる人を対象に、避難指示を出しました。


ペルー人の男 数日にわたり周辺に潜伏か

埼玉県熊谷市の3軒の住宅で小学生を含む6人が相次いで殺害された事件で、16日に見つかった1人暮らしの84歳の女性は、前の日の夕方から当日の朝の間に殺害された疑いが強いことが、警察への取材で分かりました。警察は、身柄を確保したペルー人の男が数日間にわたって現場周辺に潜伏しながら次々と住宅に侵入していたとみて、事件前後の行動を調べています。


茨城 大洗町 海岸や川沿いに避難指示

茨城県に津波注意報が出されたことを受けて、大洗町は午前5時35分に海岸や川沿いの地域を対象に避難指示を出しました。


神奈川 三浦市 堤防から海側地域に避難指示

津波注意報の発表を受けて、神奈川県三浦市は午前5時半、市内の堤防から海側の地域に避難指示を出しました。市では防災行政無線や沿岸をパトロールしている消防を通じて、漁業者や住民に対し海に近付かないよう呼びかけています。


安保法案 国会前できょうも反対集会予定

国会周辺では安全保障関連法案に反対して、17日の夜遅くまで多くの人が集まりました。国会前では18日も集会が予定されていて、法案に反対する訴えが続く見通しです。


福島 広野町 堤防より海側に避難指示

津波注意報が発表されたことを受けて、福島県広野町は午前5時15分、海岸の堤防より海側の場所に避難指示を出しました。町は、広野町中央体育館を避難所として開放しています。


千葉 木更津市 堤防の海側地域に避難指示

千葉県木更津市は津波注意報の発表を受けて、午前3時に海岸の堤防から海側の地域に避難指示を出しました。海岸や河口付近にいる人に対して、海から離れるよう呼びかけています。


愛知 田原市 堤防外の漁業者などに避難指示

愛知県田原市は、津波注意報が出されたことを受けて午前3時に、渥美半島の太平洋岸と三河湾内に面したおよそ100キロの海岸沿いのエリアに対し、堤防より外にいる漁業者や釣り人に避難指示を出しました。市によりますと、海岸に沿った堤防よりも海側に住宅はないということです。田原市は広報車を出して海岸にいる人たちに避難を呼びかけています。


関東 東北鉄道各社 携帯電源オフは混雑時限定に

関東や東北などのJRや主な私鉄それに地下鉄の各社は、優先席付近では常に携帯電話の電源を切るよう呼びかけてきた取り組みを、来月1日から混雑時に限定することを決めました。


千葉 鴨川市 海岸地域に避難指示

津波注意報の発表を受けて、千葉県鴨川市は午前4時20分、市内の海岸の防潮堤より海側の地域に避難指示を出しました。鴨川市は漁業者などに対し、海岸に近づかないよう呼びかけています。


和歌山 有田市 海岸付近に避難指示

津波注意報の発表を受けて、和歌山県有田市は午前3時、漁業関係者や沿岸の港湾施設で仕事をする人、海岸の堤防より海側にいる人を対象に避難指示を出しました。


和歌山 海南市 海岸付近に避難指示

和歌山県沿岸に津波注意報が出たことを受けて、和歌山県海南市は午前3時に、漁業関係者や沿岸の港湾施設で仕事をする人、海岸の堤防より海側にいる人を対象に避難指示を出しました。


神奈川 湯河原町の海岸に避難指示

津波注意報の発表を受けて、神奈川県湯河原町は午前3時、町内の海岸に避難指示を出しました。漁業者などに対し、堤防より海側に立ち入らないよう防災無線などで呼びかけています。


「クラブ」朝まで営業できる条件まとまる

若者などが音楽やダンスを楽しむ「クラブ」の朝までの営業が可能になる改正風俗営業法が成立したことを受けて、警察庁は、営業できる地域を繁華街や湾岸地域とする条件をまとめました。


津波注意報 羽田空港は通常どおり運航

国土交通省の東京空港事務所によりますと、羽田空港では午前4時現在、通常どおりの運航を行っているということです。


青森 五所川原市 沿岸部の一部地区に避難指示

青森県では日本海沿岸にも津波注意報が発表され、五所川原市は午前3時45分、沿岸部の市浦地区の一部、およそ500世帯のおよそ1200人に避難指示を出しました。五所川原市は、市内の4か所に避難所を設けて避難を呼びかけています。


津波注意報 各地の満潮時刻は

南米チリ中部の沖合で発生した巨大地震で、気象庁は午前3時に、北海道から九州にかけての太平洋沿岸と、沖縄・奄美、伊豆諸島と小笠原諸島、青森県日本海沿岸、大分県の豊後水道沿岸と瀬戸内海沿岸、愛媛県宇和海沿岸、それに鹿児島県西部に津波注意報を発表しました。各地の18日の満潮時刻です。


津波注意報 太平洋沿岸の原発が対応

津波注意報が発表されたことを受けて、太平洋沿岸にある各地の原子力発電所では、作業を中断するなどの対応を取っています。


東京・港区 お台場海浜公園に避難指示

東京都港区は東京湾内湾に津波注意報が出されたことを受けて、区内のお台場海浜公園を訪れている人に対し、避難指示を出しました。


千葉市 堤防より海側に避難指示

千葉市は、津波注意報の発表を受けて、午前3時、中央区・美浜区・花見川区の海岸の堤防より海側の地域に避難指示を出しました。千葉市は、海岸や河口付近などにいる人に対して、海から離れるよう呼びかけています。


宮崎 都農町の海岸付近に避難指示

津波注意報が発表されたことを受けて宮崎県都農町は、午前3時に町内の海岸付近に避難指示を出しました。都農町は、漁業者や釣り人などに対して海岸や河口付近に近づかないよう呼びかけています。


気象庁が会見 「海岸から離れて」

津波注意報の発表を受けて、気象庁の長谷川洋平地震津波監視課長は午前3時半から記者会見し、「津波注意報が発表されたところでは津波の高さは20センチから1メートル程度と予想している。海の中や海岸付近では潮の流れが速くなるため、海の中で作業をしている人や海岸近くにいる人は海岸から離れてほしい。また、潮の流れが速い状態は今後、数時間以上続くと予想される。今回のように日本から離れた場所で起きた地震の場合、第1波の津波が小さくても、その後の第2波、第3波が大きくなることが多い。はじめに観測された津波の高さが小さいからといって安心せず、津波注意報が解除されるまでは、海岸や川の河口付近には近づかないようにしてほしい」と呼びかけています。


千葉 鴨川市の海岸に避難指示

津波注意報の発表を受けて、千葉県鴨川市は午前3時に市内の海岸に避難指示を出しました。鴨川市は漁業者などに対し、海岸に近づかないよう呼びかけています。


静岡 沼津市 沿岸部4地区に避難指示

津波注意報の発表を受けて静岡県沼津市は午前3時10分、沿岸部の4つの地区の5255世帯1万2073人に避難指示を出しました。避難指示が出されたのは、内浦地区833世帯2015人、戸田地区1036世帯2174人、西浦地区612世帯1607人、静浦地区2774世帯6277人となっています。


岩手 大槌町の9地区に避難指示

津波注意報の発表を受けて、岩手県大槌町は午前3時、東日本大震災の浸水域の2939世帯6709人に避難指示を出しました。避難指示が出されているのは吉里吉里地区、浪板地区、花輪田地区、桜木町地区、源水地区、大ヶ口地区、沢山地区、安渡地区、赤浜地区の合わせて9地区です。


徳島市・阿南市 堤防より海・川側に避難指示

徳島県沿岸に津波注意報が出されたことを受けて、阿南市は午前3時、漁業関係者や沿岸の港湾施設などで仕事をする人など、海岸の堤防より海側にいる人を対象に、避難指示を出しました。また、徳島市も、午前3時15分、海岸の堤防より海側や河川の堤防より川側にいる人に対して、避難指示を出しました。


各地の津波 到達予想時刻は

南米チリ中部の沖合で発生した巨大地震で、気象庁は午前3時に、北海道から九州にかけての太平洋沿岸と、沖縄・奄美、伊豆諸島と小笠原諸島、青森県日本海沿岸、大分県の豊後水道沿岸と瀬戸内海沿岸、愛媛県宇和海沿岸、それに鹿児島県西部に津波注意報を発表しました。予想される津波の高さは、いずれも最大で1メートルです。各地の津波の到達予想時刻と高さは、あくまで目安です。


青森 八戸市の海岸付近に避難指示

青森県の太平洋沿岸に津波注意報が出されたことを受けて、青森県八戸市は午前3時に市内の海岸付近に避難指示を出しました。八戸市は、海岸から離れるよう呼びかけているほか、沿岸部の高台などにある小学校や公民館合わせて8か所に避難所を開設することにしています。


岩手 釜石市 1万1200人余に避難勧告

津波注意報の発表を受けて岩手県釜石市は午前3時に沿岸部の5463世帯、1万1240人に避難勧告を出しました。避難勧告が出されたのは、鵜住居地区、釜石地区、平田地区、唐丹地区の4地区です。


岩手 岩泉町 防潮堤の海側地域に避難勧告

津波注意報の発表を受けて、岩手県岩泉町は、午前3時に防潮堤の海側の地域に避難勧告を出しました。


福島 いわき市 堤防より海側に避難指示

福島県いわき市は、午前3時、海岸の堤防より海側の地域に避難指示を出しました。いわき市は漁業者などに対し、海岸や河口に近づかないよう呼びかけています。


青森 三沢市の沿岸部に避難指示

津波注意報の発表を受けて、青森県三沢市は、午前3時に市内の沿岸部に避難指示を発表しました。三沢市によりますと、避難指示を出した沿岸部に住宅はないということで、沿岸に近づかないよう注意を呼びかけています。


岩手 陸前高田 1000人余に避難勧告

津波注意報の発表を受けて岩手県陸前高田市は、午前3時に東日本大震災で浸水した地域の326世帯1026人に避難勧告を出しました。避難勧告が出されたのは、高田地区33世帯95人、気仙地区35世帯100人、竹駒地区18世帯63人、矢作39世帯125人、米崎地区44世帯142人、小友地区62世帯199人、広田地区95世帯302人となっています。


岩手 山田町の6地区に避難勧告

津波注意報の発表を受けて岩手県山田町は、午前3時に東日本大震災で浸水した地域の1935世帯3786人に避難勧告を出しました。避難勧告が出されたのは山田地区、大沢地区、織笠地区、船越地区、田の浜地区、大浦地区の合わせて6地区です。


岩手 久慈市の防潮堤海側に避難指示

津波注意報の発表を受けて、岩手県久慈市は午前3時に防潮堤の海側の地域に避難指示を出しました。


北海道〜沖縄などに津波注意報

17日に南米チリの沖合で発生した巨大地震で、気象庁は18日午前3時に太平洋沿岸を中心とする各地に津波注意報を発表しました。予想される津波の高さは最大で1メートルで、すでに津波の到達予想時刻を過ぎているところがあり、気象庁は海岸や川の河口付近に近づかないよう呼びかけています。


津波第1波 各地の到達予想時刻の目安は

南米チリ中部の沖合で発生したの巨大地震で、気象庁は、日本の沿岸にも18日の明け方以降、津波が到達するおそれがあるとして、午前3時ごろに津波注意報を発表する予定だと明らかにしました。気象庁が発表した、現時点で津波の第1波が到達すると予想される各地の時刻の目安です。今後の精査で変更する可能性があります。


気象庁 午前3時ごろ津波注意報発表へ

17日に南米チリ中部の沖合で発生したマグニチュード8.3の巨大地震で、気象庁は日本の沿岸にも18日の明け方以降、津波が到達するおそれがあるとして、午前3時ごろに、北海道から九州にかけての太平洋沿岸と、沖縄・奄美、伊豆諸島と小笠原諸島、青森県日本海沿岸、大分県の豊後水道沿岸と瀬戸内海沿岸、愛媛県宇和海沿岸、それに鹿児島県西部に津波注意報を発表する予定だと明らかにしました。


チリ巨大地震の津波影響 気象庁が説明へ

17日、南米チリの沖合で発生したマグニチュード8.3の巨大地震で、気象庁は、18日の明け方以降、日本にも高さ20センチから1メートル程度の津波が到達する可能性があるとして分析を進めています。気象庁は午前1時から記者会見を開き、津波注意報などを発表するかどうかについて説明することにしています。


栃木 147世帯233人が避難生活

栃木県内では、日光市芹沢地区の26世帯52人に避難指示が、鹿沼市の60世帯119人と栃木市の24世帯91人に避難勧告が出されています。また、18日午後5時現在、自治体が設置した避難所には、住宅に被害を受けた人など147世帯233人が避難しています。


茨城 1500人余が避難生活

茨城県内では、常総市で依然として避難指示や勧告が出されていて、18日午後4時現在で1500人余りが避難を続けています。


茨城 3人死亡 24人けが

今回の記録的な豪雨によって、茨城県内では、常総市で2人、境町で1人の合わせて3人が死亡しました。県によりますと、常総市で67歳の男性が自宅前の駐車場で、流れ込んだ泥に足を滑らせて足の骨を折る大けがをするなど、4つの市と1つの町で合わせて24人がけがをしたということです。


栃木 3人死亡 3人けが

豪雨による栃木県内の被害です。警察によりますと、これまでに3人が死亡し、3人がけがをしました。また、NHKが県内の各自治体に取材したところ少なくとも138棟の建物が全壊したり一部が壊れたりしたほか、少なくとも4554棟の住宅などで浸水する被害が出ています。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧