NHKニュース|社会 2015年11月9日 (月曜日)

マイナンバー配達で不祥事 日本郵便を行政指導

先月始まったマイナンバーの通知カードの配達で、受取人にもらうべき受け取りのサインを郵便局員が書き込むなどの不祥事が相次いでいることから、総務省は業務を請け負っている日本郵便を厳重注意する行政指導を行いました。


ブラックバイト 初の実態調査で6割がトラブル経験

学生がアルバイト先で不当に働かされる、いわゆる「ブラックバイト」の問題について、厚生労働省が初めて行った実態調査の結果が9日に公表され、6割の学生が何らかのトラブルを経験するなど問題が広がっていることが明らかになりました。


JOC元役員も山口組元幹部と面会

日本大学の名誉教授が指定暴力団山口組の元幹部から2000万円を借りていた問題で、名誉教授が7年前、元幹部らと会食した際、JOC=日本オリンピック委員会の当時の役員も元幹部と面会していたことが、民事裁判の記録から明らかになりました。JOCの元役員は取材に対し、「指導しているスポーツ選手が繁華街で暴力団員とトラブルになるのを避けるためのあいさつだった」と説明しています。


有機肥料偽装 農水省が工場を立ち入り検査

JAが東日本の11の県で販売した有機肥料の成分が偽装されていた問題で、農林水産省は、問題の肥料を製造していた秋田市のメーカー「太平物産」の茨城県阿見町にある工場など4つの工場で立ち入り検査を行っています。


SIMカード不正貸し出しの疑いで逮捕 詐欺に悪用か

携帯電話の番号を記録した「SIMカード」と呼ばれるICチップを不正に貸し出したとして、さいたま市の風俗店従業員が警察に逮捕されました。この従業員が貸し出したおよそ180回線が振り込め詐欺などに悪用され被害額が7億円余りに上るということで、警察は、詐欺グループが関わっているとみて貸し出し先の特定を進めています。


ホテルオークラ東京 工事現場から古い砲弾

9日正午前、東京・港区の「ホテルオークラ東京」の本館の建て替えに伴う工事現場から古い砲弾3個が見つかり、警視庁や陸上自衛隊が調べたところ、爆発のおそれがないことが分かり、回収されました。


野球賭博問題 巨人 3選手との契約解除へ

プロ野球、巨人の選手による野球賭博問題で、球団は、賭博を行っていた3人の選手との契約を解除する方針を決めました。


官房長官“BPOの指摘はあたらない”

NHKの報道番組「クローズアップ現代追跡”出家詐欺”」など2つの番組を審議していたBPO=放送倫理・番組向上機構の委員会が、総務大臣がNHKに対し厳重注意をしたことは「極めて遺憾である」という内容の意見を公表したことについて、菅官房長官は午後の記者会見で、BPOは放送法の解釈を誤解しているなどとして指摘はあたらないという認識を示しました。


国連人権担当者 拉致被害者家族と面会

北朝鮮の人権状況の監視などを目的に、新しく韓国に設置された国連人権高等弁務官事務所・ソウル事務所のトップが、拉致被害者の家族と初めて面会し、問題の解決に向け全力で取り組む考えを示しました。


ワゴン車横転 荷物スペースに7人乗車か

9日未明、東京・新宿区の山手通りでワゴン車が横転した事故で、けがをした大学生12人のうち7人は車の荷物を積むスペースに乗っていたことが分かりました。運転していた大学生は「ハンドル操作を誤った」と話していて、警視庁は、1台の車に定員の2倍の人数が乗っていたことから道路交通法違反の疑いで調べています。


文部科学省 教科書協会に再発防止策検討を指導

教科書を作成している「三省堂」が小中学校の校長などに検定中の教科書を閲覧させたうえで現金を渡していた問題を受けて、9日、教科書会社で作る協会の臨時の会議が開かれ、文部科学省は営業活動のルールを見直すことを含めて再発防止策を検討するよう指導しました。


“アイヌ民族への配慮欠けた” 日本ハム 広告撤去へ

プロ野球・日本ハムは、北海道の新千歳空港に掲げている「北海道は、開拓者の大地だ」と書かれた広告について、先住民族であるアイヌ民族に対し「配慮に欠けていた」などとして撤去することを決めました。


尖閣沖接続水域から中国海警局船出る

第11管区海上保安本部によりますと、9日朝、沖縄県の尖閣諸島の沖合で日本の領海に一時侵入した中国海警局の船2隻は、午後1時45分ごろ、領海のすぐ外側にある接続水域を出ました。


自殺した男性のズボンから拳銃か 男から事情聴く

7日、東京・杉並区で23歳の男性が首をつって自殺し、男性のズボンから拳銃とみられるものが見つかりました。警視庁は本物の拳銃とみて鑑定するとともに、男性が住んでいた部屋にいた28歳の男から事情を聴いて調べています。


私立幼稚園通園補助金 1000万円余多く支払う

東京・調布市は、子どもを私立の幼稚園に通わせているおよそ70世帯に対して、保育料と入園料の一部を支給する補助金を1000万円余り多く支払っていたと発表しました。調布市では、それぞれの世帯に事情を説明し、払い過ぎた分を回収することにしています。


戦後最悪 三池炭鉱事故52年 国の支援訴え

死者400人以上に上った戦後最悪の炭鉱事故、三池炭鉱三川坑の炭じん爆発事故から、9日で52年となりました。炭鉱のあった福岡県大牟田市や熊本県荒尾市では関係者が集会を開いて、事故で重い後遺症を負った人たちへの国の支援を訴えました。


埋め立て承認取り消し 国は撤回を指示

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、国は9日、新たに、沖縄県の翁長知事に対し、名護市辺野古沖の埋め立て承認の取り消しを撤回するよう指示する文書を送りました。国は、今月中にも、知事の代わりに埋め立てを承認する代執行を求め提訴する方針で、国と沖縄県が法廷で争う異例の事態となる可能性が高まっています。


両親殺害と危険ドラッグ使用 男に懲役30年求刑

去年10月、神奈川県横須賀市の住宅で37歳の男が両親を殺害したなどとして殺人の罪や危険ドラッグを使用した罪に問われている裁判で、検察は懲役30年を求刑しました。


東京スカイツリー 来場者2000万人に

東京スカイツリーは、開業から3年半で来場者の数が2000万人に達し、9日、記念の催しが行われました。


保育士確保へ 専門家会議で対策検討始まる

待機児童の解消を目指して保育所などの整備が進められる一方で、都市部を中心に保育士不足が深刻になっていることから、厚生労働省は専門家会議を立ち上げて保育士確保に向けた対策の検討を始めました。


有機肥料偽装 10年以上前から偽装か

JAが東日本の11の県で販売した有機肥料の成分が偽装されていた問題で、9日、問題の肥料を製造していた秋田市のメーカー「太平物産」の社長が記者会見を開き、偽装が10年以上前から行われていたとみられることを明らかにしました。


ワゴン車横転事故 定員の2倍の12人が乗車

9日未明、東京・新宿区の山手通りでワゴン車が横転した事故で、けがをした男女12人は大学のサークルのメンバーとみられることが分かりました。警視庁は、1台の車に定員の2倍に当たる12人が乗っていたことから道路交通法違反の疑いもあるとみて調べています。


日本大学名誉教授 山口組元幹部から2000万円借金

日本大学の名誉教授が指定暴力団山口組の元幹部から海外での投資に充てる資金として2000万円を借り、今も返済していないことが、NHKの取材で分かりました。日本大学は「教育に携わる立場にもかかわらず極めて遺憾だ」として、名誉教授が担当している大学院の授業を休講にするとともに内部調査を進めています。


伊方原発事故想定 初の大分への避難訓練

先月、地元の愛媛県などが再稼働に同意した四国電力伊方原子力発電所で行われている事故を想定した国の訓練は、2日目の9日、孤立するおそれがある佐田岬半島の住民が実際に船を使って対岸の大分県まで避難する初めての訓練が行われています。


遊覧船運航再開に向け川底の土砂ならす 栃木

関東・東北豪雨の際に土砂が流れ込んだ栃木県栃木市の川で、9日、遊覧船が運航できるよう川底にたまった土砂をならす作業が始まりました。


尖閣沖 日本の領海に中国海警局船が一時侵入

9日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船2隻がおよそ1時間半にわたって日本の領海に侵入しました。2隻はその後も領海のすぐ外側にある接続水域で航行を続けていて、海上保安本部が再び領海に近づかないよう警告と監視を続けています。


エスカレーター設置 適切な施工の徹底を

3年前、東京・港区の都営大江戸線六本木駅でエスカレーターの踏み段が壊れた事故について、国の審議会の部会はエスカレーターの設置工事に不備があったために、何かに乗り上げるなどしてせり上がったと考えられるとする報告書をまとめ、国土交通省に対して、関係団体を通じ、適切な施工の徹底を図るよう求めました。


エスカレーター逆走 定期検査基準の見直しなど求める

去年1月、川崎市の武蔵小杉駅で上りのエスカレーターが逆走し、1人が足の骨を折る大けがをするなど、11人がけがをした事故について、国の審議会の部会は部品の劣化に点検の不備などが重なり、事故につながったと考えられるとして、国土交通省に対し、定期検査の基準の見直しや適切な保守作業の徹底を指導するよう求めました。


ワカサギ釣りボート転覆1人死亡 群馬

8日、群馬県の赤城山にある大沼で親子2人が乗ったワカサギ釣りのボートが転覆し、いずれも救助されましたが、このうち65歳の父親が9日になって死亡しました。


西日本・東日本 荒れた天気に 突風や落雷に注意

前線を伴った低気圧の影響で西日本と東日本は荒れた天気になる見込みで、気象庁は竜巻などの突風や落雷に注意するよう呼びかけています。


辺野古沖埋め立て承認取り消し 国が撤回を指示へ

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、名護市辺野古沖の埋め立て承認を取り消した沖縄県の翁長知事は先週、撤回を求める国の勧告に応じないと表明しました。これに対して国は、近く撤回を文書で指示する方針で、最終的に知事の代わりに埋め立てを承認する代執行を求め、裁判を起こすことにしています。


東京・新宿区でワゴン車が横転 12人けが

9日未明、東京・新宿区の山手通りでワゴン車が横転し、東京消防庁によりますと、乗っていた12人がけがをしました。


「ゆう活」業務削減につながらない傾向も

政府が働き方改革の一環として、ことし夏に実施した、始業時間を早めて夕方に仕事を終える試み「ゆう活」について、中央省庁の職員にアンケート調査をした結果、働き方の意識を変えるきっかけになる一方、業務の削減につながらない傾向もあったとして、来年度は改善を加えて実施したいとしています。


アルコール依存症の深刻さ 元患者らが語る

アルコール依存症から立ち直った人やその家族がみずからの体験を語り、病気の深刻さや治療の大切さを知ってもらおうという催しが、8日夜東京都内で開かれました。


福島支援の在り方 糸井重里さんら語る

震災と原発事故から4年8か月になるのを前に、風化が進む福島の支援の在り方を考えるシンポジウムが東京で開かれました。


佳子さま 少年の主張全国大会に

中学生が身近な体験を通じて意見を述べる「少年の主張全国大会」が、秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまも出席されて、8日東京で開かれました。


布川事件で無罪の杉山さん死去

昭和42年に茨城県利根町で起きた強盗殺人事件、いわゆる「布川事件」で無期懲役の判決を受けて服役し、4年前再審=やり直しの裁判で無罪となった杉山卓男さんが、先月27日に亡くなっていたことが分かりました。69歳でした。


伊方原発で防災訓練 100以上の機関が参加

先月、地元自治体が再稼働に同意した愛媛県にある伊方原子力発電所で地震に伴う事故が発生したことを想定した国の防災訓練が始まり、住民と、国や県、四国電力など100余りの機関が参加して避難の手順などを確認しました。


五輪に向けサイバー攻撃に備えを 国際会議が閉幕

サイバー攻撃への対処をテーマに沖縄県名護市で開かれた国際会議は8日閉幕し、東京オリンピック・パラリンピックなどに向けて、犯罪組織やテロリストなど幅広い脅威に備える重要性を指摘した成果文書が発表されました。


療養費詐欺 ほかの4つの接骨院でも不正請求か

暴力団組長らによる接骨院での療養費の詐欺事件で、組長らがほかにも東京の4つの接骨院でも不正な請求を行っていた疑いがあることが警視庁への取材で分かりました。警視庁は不正が発覚しないように複数の接骨院にまたがって行っていたとみて調べています。


伊方原発の避難計画 対岸の大分県内に不安の声

愛媛県の伊方原子力発電所で事故が起きた場合、佐田岬半島の住民が船で対岸の大分県に避難するケースも想定した避難計画について、NHKが避難者を受け入れる大分県の自治体にアンケート調査を行ったところ、「十分検討された内容とは思わない」という回答が3分の2に上るなど、不安の声が出ています。


北海道知事 旭化成建材社長に全容解明を要請

旭化成建材が請け負った物件でくいのデータの流用などが相次いで見つかっている問題で、8日北海道の高橋知事が旭化成建材の社長と面会し、全容の解明と速やかな安全確認を求めました。


沖縄戦「白梅学徒隊」の同窓会

70年前、太平洋戦争末期の沖縄戦に動員された「白梅学徒隊」の元学徒たちが同窓会を開き、戦争によって若くして命を落とした学友たちを悼みました。


眞子さま テニス全日本選手権の決勝観戦

日本テニス協会の名誉総裁を務められる秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまは、8日、テニスの全日本選手権、男子シングルスの決勝を観戦されました。


ワカサギ釣りのボート転覆 1人意識不明 群馬

8日午前、群馬県の赤城山にある大沼で、男性2人が乗ったワカサギ釣りのボートが転覆し、いずれも救助されましたが、警察などによりますと、このうち60代の男性が意識がない状態で病院に搬送され手当てを受けているということです。


なぜ避難指示が出なかったのか 常総市で住民説明会

「関東・東北豪雨」で大きな被害が出た茨城県常総市の上三坂地区で、地元の住民を対象にした道路や農地などの復旧についての説明会が開かれましたが、住民からは決壊前に避難指示が出なかったことを市側に問いただす意見が次々と出されました。


「レセプト債」発行会社が破たん 運用に不審点か

医療機関から診療報酬を請求する権利を買い取って、「レセプト債」と呼ばれる債券を発行していた東京の会社が投資家から集めた227億円を償還しないまま裁判所に破産を申し立てました。証券取引等監視委員会は債券の運用などに不審な点があるとして調査を始めました。


サイバー攻撃 重要インフラの防御対策急げ

サイバー攻撃への対処をテーマに、沖縄県名護市で開かれている国際会議は、最終日の8日、去年のソチオリンピックでサイバー攻撃対策を担当した専門家が講演し、今後、攻撃が増えることが想定される重要インフラの防御対策を急ぐべきだという考えを示しました。


再稼働合意の伊方原発 地震想定し訓練

先月、地元自治体が再稼働に合意した愛媛県にある伊方原子力発電所で地震に伴う事故が発生したことを想定した国の防災訓練が始まり、国や県、四国電力など100余りの機関と住民が、緊急事態に連携して対応する訓練を行っています。


尖閣沖接続水域に中国海警局の船3隻

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


東京メトロ千代田線 運転を再開

東京メトロ千代田線は、湯島駅の線路のポイント付近で煙が確認されたため、一部の区間で運転を見合わせていましたが、午前10時1分に全線で運転を再開しました。


東京メトロ千代田線 運転見合わせ

東京メトロ千代田線は、湯島駅の線路のポイント付近で煙が確認されたため、午前9時10分から大手町と北千住の間の上下線で運転を見合わせています。


秋篠宮ご夫妻 日系人らの歓迎行事に

ブラジルを公式訪問中の秋篠宮ご夫妻は、ブラジル第2の都市、リオデジャネイロで、現地の日系人らによる歓迎行事に臨まれました。


鳥取市で住宅焼け2人死亡 高齢夫婦か

8日未明、鳥取市で住宅の内部が焼ける火事があり、高齢の男女2人が病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。このうち男性はこの家に住む78歳の男性と確認され、警察は、もう1人は男性の妻とみて身元の確認を進めるとともに、火事の原因を調べています。


ライター用のガス吸引 高校生が死亡

7日夜、栃木県足利市の公園で、16歳の男子高校生がライター用のガスを吸っていたところ意識を失って倒れ、病院で手当てを受けていましたが死亡しました。


高校生がライター用のガス吸引 意識不明

7日夜、栃木県足利市の公園で、高校1年生の16歳の少年がライター用のガスを吸って倒れ、意識不明の重体になっています。


栃木県で震度4

7日午後10時45分ごろ、栃木県で震度4の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。


2人遺体発見の漂着船内にハングルのペットボトル

北海道南部の松前町の海岸に漂着し、6日、男性2人の遺体があるのが見つかった、国籍不明の木造の船について、警察と海上保安部が調べたところ、船内からハングルが書かれたペットボトルなどが見つかりました。警察などは、船がどこから来たのかなど、引き続き調べを進めています。


難病患者ら 社会参加への支援求める

難病の患者らが暮らしや仕事で抱える悩みについて意見を交わす催しが都内で開かれ、患者の社会参加への支援を求める声が相次ぎました。


東京メトロ千代田線 運転再開

東京メトロ千代田線は、西日暮里駅で人が線路に立ち入ったという情報があり、綾瀬と代々木上原の間で上下線とも運転を見合わせていましたが、安全が確認されたとして、午後7時34分に運転を再開しました。


東京メトロ千代田線 運転見合わせ

東京メトロ千代田線は、西日暮里駅で人が線路に立ち入ったという情報があり、午後7時12分から綾瀬と代々木上原の間で上下線とも運転を見合わせています。


療養費詐欺 保険証の名義人に複数のタレント

暴力団組長や接骨院を開いていた男らによる療養費の詐欺事件で、うその請求に使われた健康保険証の名義人に複数のタレントなどが含まれていたことが、警視庁への取材で分かりました。こうした名義人はおよそ1000人に上り、警視庁は複数のルートで幅広く集めていたとみて調べています。


東芝 不正会計で歴代3社長らに損害賠償提訴

東芝は、経営トップも含めた組織的な関与によって不正な会計処理を行っていた問題で、田中前社長ら歴代の3人の社長らを相手取り、決算の訂正にかかった費用など3億円の損害賠償を求める訴えを、7日、東京地方裁判所に起こしました。


ドローンの操作競う 国内初の本格レース

小型の無人機「ドローン」の速さや操作の正確性を競うレースを通じて、安全で健全な使い方を広めようという、国内で初めての本格的な大会が、千葉県香取市で開かれました。


矢刺さったカモの池に頭のないカラスの死骸

矢が刺さったカモが相次いで見つかった兵庫県伊丹市の池で、7日朝、頭の部分がないカラスの死骸があるのが見つかりました。近くでは吹き矢が1本落ちているのも見つかり、警察は鳥獣保護法違反の疑いで捜査しています。


サイバー犯罪捜査で“司令塔”部署設置へ 警視庁

サイバー犯罪の脅威が高まるなか、警視庁は、複数の部門に分かれているサイバー犯罪捜査の“司令塔”の役割を果たす部署を設置し、対応を強化する方向で検討を始めました。


防災アプリ使った避難経路などの実証実験

神奈川県鎌倉市で、津波などの災害時に避難する経路などがスマートフォンに表示される防災アプリの実証実験が行われました。


高齢者や障害者の消費者トラブル 電話相談

高齢者や障害者から訪問販売や電話勧誘などに関するトラブルについて相談を受け付ける電話相談会が、7日から行われています。


サイバー攻撃への対処テーマに国際会議

サイバー攻撃への対処をテーマにした国際会議が沖縄県名護市で始まり、安倍総理大臣はビデオメッセージを寄せ、来年の主要国首脳会議「伊勢志摩サミット」や2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、サイバーセキュリティー対策に万全を期す考えを示しました。


療養費詐取 住吉会の本部事務所捜索

住吉会系の暴力団組長や接骨院を開いていた男らによる療養費の詐欺事件で、うその請求は接骨院が開設された直後から行われていた疑いがあることが、警視庁への取材で分かりました。警視庁は、住吉会の本部事務所を捜索するとともに、当初から療養費をだまし取る目的で接骨院が開設されたとみて調べています。


こん睡強盗などの疑い 男を逮捕

ことし9月、東京・渋谷区で、女性に酒などを飲ませて意識を失わせて現金を奪い、その後、乱暴したとして、北九州市の46歳の男が警視庁に逮捕されました。調べに対し容疑を否認しているということです。


過重労働の悩みを電話相談 全国一斉に

長時間労働や残業代の未払いなど、過重労働の悩みに答える電話相談が、全国一斉に行われています。


尖閣沖接続水域に中国海警局の船3隻

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が、日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


秋篠宮ご夫妻 ブラジル政府主催の昼食会出席

ブラジルを公式訪問中の秋篠宮ご夫妻は、日本との外交関係樹立120周年を記念する昼食会に出席されました。


認知症 はいかいなどで保護の人 情報公開を

認知症によるはいかいなどで自治体に保護され身元が分からないままになっている人の特定を進めようと、厚生労働省は全国の都道府県に対し、保護している人の情報をホームページで公開するよう求めました。


中学生自殺 保護者説明会で厳しい意見

名古屋市の男子中学生がいじめを受けたとして自殺したことを受けて、6日夜、中学校で保護者に対する初めての説明会が開かれ、保護者からは「甘い対応が見受けられる」などの厳しい意見が相次ぎました。


1人数万円の報酬で名義人1000人集めたか

住吉会系の暴力団組長や東京の接骨院を開いていた男らによる療養費の詐欺事件で、組長らがうその請求で使う健康保険証の名義人を1人当たり数万円の報酬で集めていたことが、警視庁への取材で分かりました。名義人はおよそ1000人に上り、警視庁は、被害額は1億円を超えるとみて捜査しています。


JR福知山線事故 現場の保存工事計画伝える

107人が死亡したJR福知山線の脱線事故で、電車が衝突したマンションの保存工事について、JR西日本は、来年1月ごろに着工し、2年半後の平成30年の夏ごろまでに工事を終えるなどとする計画を、事故の遺族らに伝えたことが分かりました。


雅子さま 園遊会行事に12年ぶり出席か

宮内庁は、今月12日に開かれる秋の園遊会の行事の一部に、皇太子妃の雅子さまが出席される可能性があると発表しました。雅子さまの園遊会への出席が実現すれば、12年ぶりになります。


漂着の木造船から2人の遺体 外国船籍か

6日午後、北海道南部の松前町で、海岸に漂着していた木造船から男性2人の遺体が見つかり、警察は、船体に記された番号などから外国船籍の船とみて詳しく調べることにしています。


三井不動産 中間決算発表で改ざんを謝罪

「三井不動産レジデンシャル」が販売した横浜市のマンションで傾きが見つかり、建物を支えるくいのデータが改ざんされていた問題で、親会社の「三井不動産」の佐藤雅敏常務は、6日の中間決算の会見で「お客様や関係者にご迷惑やご心配をおかけして大変申し訳ない」と謝罪しました。


破綻のDIOジャパン 不適切支出は4億円余

東日本大震災の被災地などでコールセンターを運営し、その後、経営破綻した「DIOジャパン」について、厚生労働省は国からの助成金のうち、不適切な支出が4億円余りに上ったとする調査結果を公表しました。


高校生模擬選挙マニュアルに「集団的自衛権など避ける」

18歳から選挙権が得られるようになることを受け、各地の高校で生徒に政治への関心を高めてもらうための授業が行われますが、北海道の選挙管理委員会が模擬投票を行う際のマニュアルを作り、「集団的自衛権など生々しいテーマは避ける」などと求めていたことが、NHKの取材で分かりました。道選管は、不適切な表現だったとして修正することにしています。


交番の女性用休憩室で盗撮か 巡査部長を書類送検

神戸市内の警察署の巡査部長が、ことし4月、交番の女性用休憩室に入り、盗撮するためにスマートフォンを置いたとして、建造物侵入の疑いで書類送検されました。


グリーンピース 辺野古沖停泊で行政不服審査請求

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、環境保護団体「グリーンピース」は名護市辺野古沖の埋め立てに抗議しようと、周辺に船を停泊させる許可を国に申請しましたが、退けられたため、6日、国土交通大臣に対し、行政不服審査請求を行いました。


名張毒ぶどう酒事件 元死刑囚の妹が再審申し立て

54年前に三重県で起きた「名張毒ぶどう酒事件」で、再審=裁判のやり直しを求めたまま、死亡した奥西勝元死刑囚の85歳の妹が6日、名古屋高等裁判所に再審の申し立てを行いました。


御嶽山の災害対策本部 活動終え廃止

長野県は、去年9月の御嶽山の噴火を受けて、1年以上にわたって設けていた災害対策本部について、活動を終えたとして、6日で廃止しました。


データ改ざん 横浜市が住民支援策を検討

横浜市のマンションで傾きが見つかり、建物を支えるくいのデータが改ざんされていた問題で、横浜市は、このマンションの住民に対する支援策の検討を始めました。


えん罪被害者救済の団体 来春から活動へ

最新のDNA鑑定などを駆使して、えん罪被害者の救済を目指す研究者などのグループが、東京でシンポジウムを開き、科学者のネットワークを作って独自に鑑定を行うことなど、今後の取り組みを説明しました。


性的マイノリティーの人が働きやすい職場とは

5日、東京・渋谷区が自治体として初めて同性のカップルに「結婚に相当する関係」と認める証明書の発行を開始しましたが、同性愛や性同一性障害など、LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちにとって、働きやすい職場作りを考える会議が6日、東京都内で開かれました。


両陛下 フィリピンで戦没者慰霊へ

天皇皇后両陛下は来年初めの方向で調整が行われているフィリピンへの親善訪問で、日本政府が建てた慰霊碑を訪ね、太平洋戦争で命を落とした戦没者の霊を慰められることになりました。訪問の日程は、1月26日からの4日間を軸に調整が進められています。


暴力団幹部ら診療報酬も詐取疑い 被害1億円超か

暴力団幹部や東京の接骨院を開いていた男らがうその請求をして療養費をだまし取ったとして、警視庁は、住吉会系の暴力団組長ら14人を詐欺の疑いで逮捕しました。組長らは療養費のほかに診療報酬もだまし取っていた疑いがあり、警視庁は、被害額は合わせて1億円を超えるとみて、実態の解明を進めています。調べに対し、組長ら11人は容疑を否認しているということです。


農水省 抜き打ち検査でも偽装発見できず

JAが東日本の11の県で販売した有機肥料の成分が偽装されていた問題で、農林水産省は、成分を偽装した肥料を製造していた秋田市の肥料メーカーに、過去少なくとも8回、法律に基づく抜き打ち検査を行っていましたが、検査の過程で成分の偽装など問題を見つけることはできませんでした。


JA全農 成分偽装の肥料の回収急ぐ

JA全農=全国農業協同組合連合会は、成分の偽装を認めた秋田市のメーカーから調達し販売した、およそ4万トンの肥料のうち、販売先として最も多かったのは青森県で、1万1000トン余りに上ることを明らかにしました。JA全農はすでに出荷された肥料の回収を急ぐことにしています。


原子力艦事故の避難基準 原発事故と同じに

アメリカ軍の原子力空母などで事故が起きた際の住民の避難の基準を見直す、政府の有識者会議が開かれ、福島第一原発の事故のあとに大幅に引き下げられた原子力発電所の基準と同じ放射線量が検出されれば、避難などを行うよう改定することになりました。


生後まもない赤ちゃん置き去りの疑い 母親を逮捕

今月3日、茨城県鉾田市の路上に生後まもない赤ちゃんが置き去りにされた事件で、警察は近くに住む24歳の母親を保護責任者遺棄致傷の疑いで逮捕しました。


トヨタ 新型車に問題のタカタ製部品採用せず

自動車部品メーカーの「タカタ」が製造したエアバッグの不具合を巡る問題で、トヨタ自動車の豊田章男社長は、今後発売する新型車では、エアバッグの主要部品に問題となったタイプのタカタ製を採用しない方針を明らかにしました。


肥料偽装 流通側も商品撤去などに追われる

JAが東日本の11の県で販売した有機肥料の成分が偽装されていた問題で、宮城県の生協は、問題の肥料を使った特別栽培米について、国のガイドラインを満たせないおそれがあるとして、店頭から撤去しました。


熊谷6人殺害 地元自治会が検証求め知事に要望書

ことし9月、埼玉県熊谷市で6人が殺害された事件で、地元の自治会は埼玉県の上田知事に対して、不審者に関する情報を地域住民に伝えていなかった警察や市の対応について徹底的な検証を求める、およそ4万人分の署名と要望書を提出しました。


療養費詐欺容疑 暴力団幹部ら十数人の一部逮捕

暴力団幹部や東京の接骨院の元経営者らが、骨折した人たちなどの施術回数を水増しするなどのうその請求をして、療養費数十万円をだまし取った疑いがあるとして、警視庁は、詐欺の疑いで暴力団幹部ら十数人の逮捕状を取り、一部を逮捕しました。順次逮捕する方針で、警視庁は、だまし取った療養費が暴力団の資金源になっていたとみて捜査することにしています。


漁業者が福島第一原発の「遮水壁」を視察

東京電力福島第一原子力発電所で汚染された地下水が海に流れ出すのを抑える「遮水壁」と呼ばれる施設が先月、完成したのを受けて、6日、地元の漁業者が初めて視察に訪れました。


BPO クローズアップ現代“重大な放送倫理違反”

NHKの報道番組「クローズアップ現代追跡”出家詐欺”」など2つの番組について審議していたBPO=放送倫理・番組向上機構の委員会は「正確性に欠けるなど重大な放送倫理違反があった」とする意見をまとめ、6日、公表しました。


道路標識が老朽化で倒れ事故相次ぐ 滋賀

滋賀県内に設置されている道路標識が、老朽化の影響で過去5年間に少なくとも18本倒れ、このうち5本で子どもがけがをしたり、走行中の車に衝突したりする事故が起きていたことが、自治体や警察などへの取材で分かりました。


南スーダン 陸自が墜落機の片づけに協力

アフリカの南スーダンで、4日、輸送機が墜落した事故で、国連のPKO=平和維持活動のため現地に派遣されている陸上自衛隊の施設部隊が、国連の要請を受け、機体の破片を片づける作業に協力していることが分かりました。


SEALDs“国は地方自治などないがしろに”

安全保障関連法に反対し、国会前などで集会を続けてきた、大学生ら若者のグループ「SEALDs(シールズ)」のメンバーが、沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡る国と沖縄県の対立について、東京都内で会見し、国は地方自治や民主主義をないがしろにしているなどと訴えました。


川内原発周辺の放射線測定装置 断続的に測定できず

鹿児島県にある川内原子力発電所の事故に備え、県が原発周辺の25か所に設置している太陽光発電を使った放射線測定装置=モニタリングポストが、十分に電力が得られず、断続的に放射線量を測定できない状態になっていたことが、会計検査院の調べで分かりました。


母親に漂白剤飲ませた疑い 中3の息子を逮捕

ことし9月、東京・板橋区の中学3年の男子生徒が、漂白剤を入れたアイスコーヒーを母親に飲ませて殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで警視庁に逮捕されました。調べに対し、容疑を認め、「母親の性格が嫌いだった」などと供述しているということです。


肥料回収やコメ販売中止 産地で影響広がる

JA全農=全国農業協同組合連合会が東日本の11の県で販売した有機肥料の成分が偽装されていた問題で、JA全農いばらきは、県内20の農協の幹部を集めた緊急の会議を開いて、対象となる肥料を早急に回収するよう指示しました。


成分偽装の肥料メーカー「分かっていても直せず」

JAが東日本の11の県で販売した有機肥料の成分が偽装されていた問題で、問題の肥料を製造していた秋田市のメーカーの幹部が取材に応じ、「偽装が分かっていても、なかなか直せなかった」と話しました。偽装を始めた時期については、少なくとも3年前からあったとしていますが、調査中だとして明言を避けました。


JSC 契約手続きの多数を1か月以上怠る

新しい国立競技場の整備計画が白紙撤回された問題で、事業主体のJSC=日本スポーツ振興センターが、およそ26億円で発注した設計業務など、多くの契約で内部の会計処理に必要な手続きを1か月以上、怠っていたことが会計検査院の調べで分かりました。


8省庁がサポート終了のソフト利用

国の8つの省庁が、ホームページの作成などに欠陥を修正するサポート期間が終わったソフトウエアを利用していて、長い場合で1年以上、サイバー攻撃によって情報が漏えいするおそれがあったことが、会計検査院の調べで分かりました。


検査院 公金1568億円余が不適切な取り扱い

会計検査院は昨年度の検査の結果、国の支出などで不適切な取り扱いをされた公金が1568億円余りに上り、学校や高速道路などの公共施設では安全対策などが不十分だったとする報告書をまとめました。


大学院生のドローンが新幹線線路脇に落下

横浜市港北区の東海道新幹線の線路脇に、ことし4月、慶応大学の大学院生が飛ばしていた小型無人機「ドローン」が落下し、JRが大学側に対して再発防止を要請していたことが分かりました。


妖怪ウォッチグッズの偽物販売か 会社役員ら逮捕

人気アニメ、「妖怪ウォッチ」のキャラクターグッズの偽物を製造して売ったとして、東京・渋谷区の会社役員ら3人が著作権法違反の疑いで逮捕され、警視庁はキャラクターグッズの偽物の販売を繰り返し、10億円以上を売り上げていたとみて調べています。


マイナンバー 郵便局員が自分で配達証にサイン

マイナンバーの通知カードを配達していた石川県珠洲市の郵便局員が、留守だった21世帯に直接手渡したように装うため、受取人に成り済まして、自分で簡易書留の配達証にサインしていたことが分かりました。この局員は不正を認め「早く終わらせたかった」と話しているということです。


翁長知事「取り消しは適法」勧告に応じない考え

アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、沖縄県の翁長知事は、6日の記者会見で、国土交通省が埋め立て承認取り消しの決定を撤回するよう求めた勧告について「取り消しは適法だ」と述べ、勧告に応じない考えを正式に表明しました。


中国調査船 2日連続で排他的経済水域で活動

沖縄県の久米島沖の日本の排他的経済水域で、中国の海洋調査船が5日に続いて6日も、事前の通報とは異なる海域で調査とみられる活動を続けていて、海上保安本部が監視を続けています。


療養費詐欺か 暴力団幹部らへの取り調べ開始

暴力団幹部や東京の接骨院の元経営者らが、骨折した人たちなどの施術回数を水増しするなど、うその請求をして、療養費数十万円をだまし取った疑いがあるとして、警視庁は詐欺の疑いで暴力団幹部ら十数人の逮捕状を取り、このうち、一部について取り調べを始めました。6日にも逮捕する方針で、警視庁は、だまし取った療養費が暴力団の資金源になっていたとみて捜査することにしています。


理化学研究所 権限ない研究員ら約3900件契約

STAP細胞の問題が起きた理化学研究所について、会計検査院が研究費の使い方などを調べたところ、遺伝子研究に使う試料を購入する契約を、権限のない研究員らが3900回近く結び、購入代金として3億8000万円余りが支払われていたことが分かりました。


金属加工会社の工場火災 元社長らを書類送検

去年5月、東京・町田市にある金属加工会社の工場で爆発が起き、工場長が死亡したほか、6人がけがをした火災で、警視庁は作業で出るマグネシウムの粉じんの換気が不十分だったことが爆発火災につながったとして、当時の社長らを業務上過失致死傷などの疑いで書類送検しました。


カンロ あめにゴム片混入 80万袋自主回収

菓子メーカーのカンロは製造した、あめにゴム片が混入していたとして3種類の商品、およそ80万袋を自主的に回収すると発表しました。


皇太子さま 国連の会合出席でニューヨーク訪問へ

皇太子さまは今月17日からニューヨークを訪れ、名誉総裁を務める国連の「水と衛生に関する諮問委員会」の最終会合などに出席されることになりました。


中国海警局の3隻 尖閣沖の接続水域を航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


住宅と物置から“高齢夫婦”の遺体 同居の長男逮捕

5日、福島県西郷村の住宅と物置から、この家に住む高齢の夫婦とみられる2人の遺体が見つかり、警察はこのうち女性の遺体を遺棄したとして、同居している48歳の長男を死体遺棄の疑いで逮捕しました。


マイナンバー「通知カード」今月中に全世帯に

先月下旬から始まったマイナンバーの「通知カード」の発送について、政府のまとめによりますと、4日までに全世帯の5分の1に当たる1116万通は郵便局に持ち込まれていて、政府は、おおむね今月中には、およそ5400万の全世帯に届けることができるとしています。


JR中央・総武線 各駅停車も運転再開

JR中央・総武線の各駅停車の電車は、人身事故のため、千葉と三鷹の間の上り線で運転を見合わせていましたが、午前6時10分ごろに運転を再開しました。


基地移設計画に反対の弁護士らがシンポジウム

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画に反対する沖縄の弁護士や研究者がそれぞれの主張を訴えるシンポジウムが5日夜、東京で開かれました。


JR中央・総武線 一部で運転見合わせ続く

人身事故のため運転を見合わせていたJR中央線の快速電車は午前5時20分ごろに全線で運転を再開しました。JR中央・総武線の各駅停車の電車も千葉と三鷹の間の下り線で運転を再開しました。上り線は運転を見合わせています。


秋篠宮ご夫妻 ブラジル外交樹立120周年式典に

ブラジルを公式訪問中の秋篠宮ご夫妻は、ブラジル連邦議会で行われた日本との外交関係樹立120周年を記念する式典に臨まれました。


JR中央・総武線 各駅停車など運転見合わせ

JR中央・総武線の各駅停車の電車は、東京の荻窪駅で起きた人身事故のため午前5時15分現在、千葉と三鷹の間の上下線で運転を見合わせています。この影響で、中央線の快速電車も東京と高尾の間の上下線で運転を見合わせています。


「まち・くらしづくり活動賞」高校生ら受賞

住みやすい地域社会のためのすぐれた取り組みを表彰する「あしたのまち・くらしづくり活動賞」に、高校生が中心となって住民と共に町づくりに取り組んだ山形県川西町のNPO法人などが選ばれました。


肥料メーカーが成分偽装 JA全農が回収始める

JA全農=全国農業協同組合連合会は、秋田市の肥料メーカーが有機質の原料の割合を偽って製造した肥料を東日本の11の県の農家に供給していたことが分かったとして、回収を始めました。安全性に問題はないとしていますが、この肥料を使った野菜やコメなどは「有機農産物」などに該当しない可能性があることから農家や消費者に影響が広がりそうです。


名古屋の中学生自殺 いじめ前提に実態調査へ

名古屋市の男子中学生がいじめを受けたとして自殺したことについて、市の教育委員会は、同じ学校に通う多くの生徒が調査に対し、いじめられているのを見たと答えたことから、いじめがあったことを前提に、生徒から聞き取りを行うなど詳しい実態の調査を進めることにしています。


国交省 沖縄県に撤回を文書で指示する方針

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、沖縄県の翁長知事が、名護市辺野古沖の埋め立て承認を取り消した先の決定を撤回するよう求める国の勧告に応じない姿勢を示していることから、国土交通省は、次は撤回を文書で指示する方針で、最終的に、知事の代わりに埋め立てを承認する代執行を求め裁判を起こすことにしています。


翁長知事「勧告に応じられない」文書送付へ

アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、国土交通省が沖縄県の翁長知事に対し、埋め立て承認を取り消した決定を撤回するよう求めた勧告は6日が期限ですが、翁長知事は勧告に応じない考えです。翁長知事は、国土交通大臣による代執行が行われた場合は承認を撤回することも検討していて、国と沖縄県の対立はさらに激しさを増す見通しです。


日本テレビの男性社員 傷害容疑で逮捕

ことし9月、千葉県市川市のマンションで交際していた28歳の女性の頭を床に打ちつけるなどしてけがをさせたとして、日本テレビの43歳の社員が傷害の疑いで警察に逮捕されました。警察の調べに対し、容疑を一部否認しているということです。


秋田の肥料メーカーが成分偽装 商品回収へ

秋田市の肥料メーカーが、表示より有機質の原料を少なくするなど、大半の商品で肥料の成分を偽装していたことがJA全農の調査で分かりました。このメーカーは製造を停止し、出荷済みのすべての商品を回収することにしています。


データ流用 愛知県知事が国交省に申し入れ

旭化成建材が請け負った物件でくいのデータの流用や改ざんが相次いで見つかっている問題を受けて、愛知県の大村知事は5日、国土交通省を訪れ、速やかな情報の提供や行政によるチェックの在り方を検証することなどを申し入れました。


文科省 いじめ「自殺」 再発防止策求める

仙台市の中学1年の男子生徒が去年いじめを受けたあと自殺した問題で、文部科学省は、5日、地元の教育委員会のこれまでの調査結果について改めて報告を受け、「学校や教育委員会の対応に問題があった」として、再発防止に向けた取り組みを求めました。


男子高校生が電車にはねられ死亡 自殺か

5日午後、千葉県八千代市の東葉高速鉄道の駅で高校3年の男子生徒が線路に飛び込み、電車にはねられて死亡し、警察は自殺とみて調べています。


アール・ブリュット拠点作りへ検討会 東京都

東京都は障害のある人などが制作した「アール・ブリュット」と呼ばれる芸術作品の拠点施設を作ろうと有識者による専門部会を立ち上げ、設置場所や具体的な運営方法などについて検討を始めました。


ネット不正接続容疑で業者ら逮捕 不正送金に悪用か

他人のIDとパスワードを使ってインターネットに不正に接続したとして、埼玉県のサーバー業者ら4人が逮捕され、警視庁などは業者が設けていたサーバーがインターネットバンキングの預金が不正に送金された事件に悪用されたとみて調べています。調べに対し4人は容疑を否認しているということです。


衆院選1票の格差訴訟 今月25日に最高裁が判決

去年12月に行われた衆議院選挙の1票の価値の格差が憲法に違反するかどうかが争われた裁判で、最高裁判所は今月25日に判決を言い渡すことを決めました。


くいのデータ流用 下請け元役員5件認める

旭化成建材が請け負った物件でくいのデータの流用や改ざんが各地で明らかになっている問題で、旭化成建材の下請けだった北海道の建設会社の元役員が、道内で明らかになっている8件の流用のうち5件に関わったことを認めました。元役員は、データを記録する機械のスイッチの入れ忘れなどで一部のデータが不足したため流用したと話しています。


オスプレイ整備拠点 防衛省が木更津市に説明

沖縄のアメリカ軍普天間基地に配備されている新型輸送機・オスプレイの定期整備の拠点が、千葉県木更津市の陸上自衛隊木更津駐屯地に決まったことを受けて、防衛省北関東防衛局の幹部らが木更津市役所を訪れ、アメリカ軍に安全対策の徹底を求めることを伝えました。


頭部切断された鳥の死骸 相次いで見つかる

5日、栃木県大田原市で頭部を切断されたハトの死骸が見つかり、警察は4日も現場付近で頭部のないカモの死骸が見つかっていることから、動物愛護法違反などの疑いで関連を調べています。


五輪組織委のHP「サイバー攻撃受けた」

2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会のホームページが4日夜から5日にかけて閲覧できない状態になったことについて、組織委員会は、サーバーに大量のデータを送りつけるサイバー攻撃を受けたという認識を示しました。


敦賀原発2号機 規制委に審査申請

原発の真下を通る断層が「将来動く可能性がある」とされ、廃炉の可能性が出ている福井県にある敦賀原子力発電所2号機について、日本原子力発電は5日、反論する追加調査の結果を盛り込んで再稼働の前提となる審査を原子力規制委員会に申請しました。


JR東日本社員ら100人余が野球賭博

福島県郡山市にあるJR東日本の車両センターやグループ会社の社員合わせて100人余りが、高校野球を対象にした野球賭博を行っていたことが分かり、JR東日本は関わった社員の処分を検討することにしています。


投稿の少なくとも3割が子どもの裸写真などか

画像などを共有する「写真袋」と呼ばれるスマートフォン向けのアプリに投稿された児童ポルノの画像を誰でも見られるようにする手助けをしたとして、運営会社の社長が逮捕された事件で、投稿された画像のうち少なくとも3割が子どもの裸の写真などだったとみられることが警視庁への取材で分かりました。調べに対し社長は容疑を否認しているということです。


世界の科学者「核兵器廃絶を」宣言採択

被爆地・長崎で初めて開かれた世界の科学者が核兵器廃絶について話し合う「パグウォッシュ会議」は、5日閉会し、世界の指導者に対し、長崎や広島の被爆者の声を受け止め、核兵器をなくすよう求める「長崎宣言」を発表しました。


尖閣沖の接続水域に中国海警局の船3隻

第11管区海上保安本部によりますと、5日午前11時すぎ、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入ったのが確認されました。


都知事「船とほかの交通機関の相互乗り入れ強化を」

オリンピック・パラリンピックに向けて都内の水辺の魅力をPRしようと、新たな船の運航を検討している東京都の舛添知事は、東京港で民間の水上タクシーを視察し、今後、船着き場を駅やバス停の近くなどに整備し、ほかの交通機関との相互乗り入れを強化していく考えを示しました。


津波防災の日 羽田空港で避難訓練

5日は東日本大震災を受けて制定された「津波防災の日」です。東京湾に面した羽田空港では、大津波警報が出たという想定で、乗客や空港で働く人たちを高いところに避難させる訓練が行われました。


東京・世田谷区も同性カップルに証明書始める

東京・世田谷区でも同性のカップルから宣誓書を受け付け、区がそれを証明する受領証を発行する取り組みを5日から始めました。


三重・志摩市の海女キャラクター 公認を撤回

三重県志摩市が公認した海女をイメージした女性キャラクターについて、一部の住民から「実際の海女とかけ離れたイメージを与える」として、公認の撤回を求める署名が提出され、志摩市は公認を撤回することを発表しました。


乗馬で事故相次ぐ 消費者庁が注意呼びかけ

人気が高まっている乗馬で、初心者などが落馬してけがをする事故が相次いでいるとして、消費者庁が注意を呼びかけています。


津波防災の日 首相が日頃からの備え呼びかけ

5日は東日本大震災を受けて制定された「津波防災の日」です。東京・丸の内では内閣府主催のイベントが開かれ、安倍総理大臣が家族で災害時に集まる場所を決めておくなど日頃からの津波への備えを呼びかけました。


津波防災の日 各地で避難訓練

11月5日は「津波防災の日」です。そのいわれとなった「稲むらの火」の故事が残る和歌山県広川町など各地で避難訓練が行われました。


マイナンバー汚職 週半分程度出勤もほぼ毎日押印

厚生労働省は、マイナンバー制度の導入に向けたシステム設計などの業務を巡る汚職事件で、逮捕・起訴された室長補佐について、週の半分程度しか職場に出勤していなかったにもかかわらず、出勤簿にはほぼ毎日、出勤を示す押印があったことを明らかにしました。


小田急線 運転再開

人身事故のため相模大野駅と相武台前駅の間の上下線で運転を見合わせていた小田急線は、全線で運転を再開しました。


名古屋大 自動運転車実験で事故

先月、名古屋大学が公道で行った自動運転車の走行実験で、民放のリポーターを運転席に座らせていたところ、車が道路の縁石に乗り上げ、タイヤがパンクする物損事故が起きていたことが分かりました。


五輪組織委のHP 一時閲覧できない状態に

2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会のホームページが、4日夜から5日午前にかけて半日以上閲覧できない状態になり、組織委員会はサイバー攻撃の可能性も含めて調査しています。


元デパート社員を追送検 詐欺の被害総額11億円か

大手デパート、三越伊勢丹の特別会員になれば、商品券が受け取れると、知人らにうその話を持ちかけ現金をだまし取ったなどとして、元社員が逮捕・起訴された事件で、警察は元社員が合わせて8800万円をだまし取ったとして、5日までに追送検しました。警察によりますと被害の総額は11億円近くに上るとみられるということです。


ウミネコの繁殖地 青森・蕪島の神社が全焼

5日朝早く、ウミネコの繁殖地として知られる青森県八戸市の蕪島で、神社の社が全焼しました。けが人はいませんでした。


名古屋 中学生自殺「いじめ直接見た」20人

名古屋市の男子中学生がいじめを受けたと書かれた遺書を残して自殺したことを受けて、市の教育委員会が中学校の全校生徒を対象にアンケート調査を行った結果、20人の生徒が男子中学生がいじめられているところを「直接見た」と答えたことが分かりました。


小田急線 一部運転見合わせ

小田急線は、小田急相模原駅で発生した人身事故の影響で、相模大野駅と相武台前駅の間の上下線で運転を見合わせています。


連合 来年の春闘に向け格差是正など議論

来年の春闘に向けた連合の討論集会が開かれ、中小企業や非正規労働者の賃金の底上げと格差の是正を掲げる基本方針について、全国の労働組合の代表が意見を交わしました。


中国の調査船 久米島沖の排他的経済水域で活動

沖縄県の久米島沖の日本の排他的経済水域で、5日、中国の海洋調査船が、事前の通報とは異なる海域で調査を行ったのが確認され、海上保安本部が監視を続けています。


わいせつDVD10万枚 販売目的で所持の疑い

東京・新宿歌舞伎町で、わいせつなDVD10万枚を販売する目的で所持していたなどとして、販売店の責任者ら4人が警視庁に逮捕されました。この店の関係先からは、捜査車両およそ100台分のナンバーなどが書かれた一覧表が見つかり、警視庁は捜査の動きを察知して摘発を逃れようとしていたとみて調べています。


秋の叙勲 皇居で親授式

秋の叙勲で「大綬章」を受章した人たちへの勲章の親授式が、5日、皇居で行われました。


児童ポルノ閲覧放置した疑い 会社社長を逮捕

画像や動画を共有する「写真袋」と呼ばれるスマートフォン向けのアプリで、投稿された児童ポルノの画像を誰でも見られるように手助けをしたとして、警視庁は、アプリの運営会社の社長を、児童ポルノ禁止法違反のほう助の疑いで逮捕しました。調べに対し、容疑を否認しているということです。


同性カップルに「証明書」発行始まる

東京・渋谷区が同性のカップルを「結婚に相当する関係」と認める証明書の発行が5日から始まり、女性2人のカップルが第1号となる証明書を受け取りました。


非正社員の割合 初めて4割に

パートや契約社員など正社員でない人の割合が、厚生労働省の調査で初めて4割に達したことが分かりました。厚生労働省は、「景気回復による人手不足も背景にある」としています。


東急大井町線 運転再開

人身事故のため、大井町と大岡山の間の上下線で運転を見合わせていた東急電鉄大井町線は、午前9時15分に運転を再開しました。


東急大井町線 運転見合わせ

東急電鉄大井町線は、午前7時26分におきた人身事故の影響で、大井町と大岡山の間の上下線で運転を見合わせています。


東京のごみ処理ノウハウをモスクワへ

ごみの問題に悩む海外の都市を支援するため、東京23区のごみ処理を行う組合などは、施設の運転管理や分別回収などごみ処理の一括したノウハウをロシアのモスクワに輸出する取り組みを始めることになりました。


火災予防運動前に歌舞伎町のビルを立ち入り検査

秋の火災予防運動を前に、44人が死亡する火災が起きた東京・新宿歌舞伎町で、東京消防庁が雑居ビルを対象に立ち入り検査を行い、防火対策に問題がないかチェックしました。


中国サンゴ漁船 今秋はほとんど確認されず

去年の秋、日本近海には中国のサンゴ漁船が大量に押し寄せ、一時およそ200隻に達しましたが、ことしの秋はほとんど確認されておらず、海上保安庁は取締りの強化や外交ルートを通じた中国側への働きかけが効果を生んだと分析しています。


視覚障害者巻き込まれた事故 ことし30件余に

先月、徳島市と新潟市で、視覚障害がある人が車にひかれて死亡した事故が相次いだことを受けて、警察庁が調べたところ、ことしに入って視覚障害がある人が巻き込まれた人身事故が、全国で30件余り起きていたことが分かりました。警察庁はドライバーへの注意喚起を徹底することにしています。


金の密輸が急増 脱税額は2億3000万円余に

金の延べ棒を空路、密輸しようとして税関で見つかった件数が急増しており、金にかかる消費税を脱税した金額は、ことし6月までの1年間に2億3000万円余りと、この10年間で最も多かったことが分かりました。


偽造教員免許で懲戒解雇 免許なく9年勤務 福島

福島県郡山市の私立高校の元講師が、偽造された教員免許の写しを学校に提出していたことが分かり、懲戒解雇されました。この元講師は教員免許を取得せずに、9年前から県内の複数の学校に勤務していたということです。


天皇皇后両陛下 文化勲章受章者や文化功労者と歓談

天皇皇后両陛下は、ことしの文化勲章の受章者や文化功労者を皇居に招き、茶会を開いてねぎらわれました。


天皇陛下 ベルギーとの友好150周年事業名誉総裁に

天皇陛下は、来年、日本とベルギーが友好150周年を迎えるのに合わせて両国で行われる記念事業で、日本側の名誉総裁を務められることになりました。


神戸の80代女性 うその電話で1億2000万円被害

神戸市の80代の女性が、「医療関連の会社に名前が登録されている」といううその電話で、「削除するには、金が必要だ」などと持ちかけられ、十数回にわたって合わせて現金1億2000万円をだましとられていたことが分かり、警察は詐欺事件として捜査しています。


高エネルギー加速器研究機構職員 大量の個人情報紛失

茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構の男性職員が、職員や施設で研究している大学院生の名前や所属など重複するものも含め、およそ8000人分の個人情報が入った記憶装置を、出張先のイタリアで紛失していたことが分かりました。


日本野球機構 賭博問題で9日に臨時の実行委

巨人の3人の選手が野球賭博を行っていた問題で、NPB=日本野球機構は今月9日に臨時の実行委員会を開き、12球団に対して調査の進捗(しんちょく)状況などを説明することになりました。


くいのデータ流用あった中学校で保護者説明会

旭化成建材が請け負った工事で建物を支えるくいのデータが流用されていた東京・江東区の中学校で4日夜、生徒の保護者などを対象にした説明会が開かれ、区の教育委員会はこの中学校では、これまでに流用を明らかにしていたくい1本に加えて、別のくい2本でもデータの流用が確認されたことを明らかにしました。


採用面接 大学側「来年も8月解禁を」と要請

学生の就職活動について、経団連が採用面接の解禁時期を来年は、ことしよりも前倒しする方針を固めたことを受けて、全国の大学などで作る「就職問題懇談会」は「学生の授業への出席に支障を来すなどのおそれがある」として、来年もことしと同じく8月からの解禁にするよう経団連などに要請しました。


ペルー人の男を再逮捕 84歳女性殺害の疑い

ことし9月、埼玉県熊谷市で6人が殺害された事件で、50代の夫婦を殺害した疑いで逮捕されたペルー人の男が、1人暮らしの84歳の女性を殺害したとして、警察は男を殺人などの疑いで再逮捕しました。逮捕されたペルー人の男は、容疑について「うそです」と話し、否認しているということです。


マイナンバー「通知カード」誤配達 千葉

マイナンバーを各世帯に伝える「通知カード」について、日本郵便関東支社は、千葉県鎌ケ谷市で誤って別の人にカードを配達するミスがあったと発表しました。


マイナンバー制度 住民向け説明会 埼玉

日本に住む一人一人に番号を割りふる「マイナンバー制度」について知ってもらおうと、埼玉県八潮市で住民に対する説明会が開かれ、制度を悪用した詐欺などに気をつけるよう呼びかけました。


毎日新聞HPにサイバー攻撃 アノニマス関与か

東京の毎日新聞社のサーバーに大量のデータを送りつけるサイバー攻撃が行われ、会社のホームページが数時間にわたって、閲覧しづらい状態になりました。国際的なハッカー集団「アノニマス」を名乗る人物がツイッターで、攻撃を行ったことを示唆する投稿をしていて会社側が調べています。


TPP大筋合意 著作権法改正へ聞き取り

TPP=環太平洋パートナーシップ協定交渉の大筋合意を受け、著作権の保護などに関して法律の改正を検討している文化庁は4日、音楽や出版物などの著作権に関わる業界団体から意見を聞き、団体側からは新たな創作活動が萎縮しないよう配慮した対応を求める要望が相次ぎました。


アマゾン日本法人 従業員が組合結成

労働環境が過酷だとして、ヨーロッパ各国で労働組合が結成されているインターネット通販大手の「アマゾン」の日本法人で従業員が組合を結成し、「安心して働ける環境にしたい」と訴えました。アマゾンの日本法人は「社員の個々の権利を尊重しています」としています。


矢が刺さったカモを保護 埼玉の公園

先月下旬、埼玉県入間市の県営公園で矢が刺さっているのが見つかったカモが4日、公園の管理事務所によって保護されました。警察は何者かが意図的に矢でカモを傷つけた疑いがあるとみて、鳥獣保護法違反の疑いで調べています。


保険金の受け取り 同性のパートナーも可能に

5日から東京・渋谷区と世田谷区で区が結婚に相当する関係と認めた同性のカップルに対し独自の「証明書」の発行が始まるのを前に、東京に本社がある生命保険会社が、死亡に伴う保険金の受取人の指定範囲を「同性のパートナー」に拡大できる新たなサービスを始めました。


採用面接の時期 経済団体と大学で意見に食い違い

ことし8月に解禁された大手企業の採用面接の課題を検証する政府の会合が開かれ、経済団体側が「就職内定を辞退されるケースが相次いだ」として、面接時期を6月に前倒したいという考えを示したのに対し、大学側は「授業の真っ最中だ」などとして8月から変更しないよう求め、意見が食い違いました。


矢が刺さったカモ 新たに2羽 兵庫 伊丹

兵庫県伊丹市の池で2日、矢が刺さったカモが2羽確認されたことが、市への取材で分かりました。この池では先月も顔に矢が刺さったカモが見つかっていて、いずれも同じ種類の吹き矢とみられ、警察は同一人物による犯行の可能性が高いとみて、鳥獣保護法違反の疑いで捜査しています。


「夫婦別姓認めず」は違憲か 最高裁で弁論

夫婦別姓を認めない民法の規定が憲法に違反するかどうかが争われた裁判で、最高裁判所の大法廷で弁論が開かれました。原告側が「ほとんどの夫婦が夫の名字で、男女差別だ」と訴えたのに対して、被告の国側は「どちらかの名字を選ぶという規定で、差別ではない」と反論しました。


タカタ製エアバッグ 日産が約31万台再リコール

リコールが相次ぐタカタのエアバッグを巡り、部品の不足で修理できなかった車で先月、異常破裂が起きたことを受け、日産自動車はおよそ31万台を対象に、修理ができない場合はエアバッグの作動を一時的に停止させる対策を取る再リコールを国に届け出ました。


くいデータ流用 年内にも再発防止策など中間報告

旭化成建材が請け負った物件で、くいのデータの流用や改ざんが相次いで見つかっている問題を受けて、再発防止策などを検討する国の委員会の初会合が開かれ、くいの工事の管理体制やチェックの在り方も含め、今回の問題の原因や背景を検証したうえで、年内にも再発防止策などを盛り込んだ中間報告をまとめることになりました。


マイナンバー制度 全国16自治体でミス発生

マイナンバー制度に関する政府の実施本部が開かれ、制度が施行されて以降、マイナンバーを記載した住民票を誤って交付するなどといったミスが、全国の合わせて16の自治体で発生したことが報告されました。


婚活パーティー参加女性から現金詐取の疑いで逮捕

東京のIT企業の社長が役員に指示して、いわゆる婚活パーティーに参加していた女性から現金300万円をだまし取ったとして詐欺の疑いで警視庁に逮捕されました。調べに対し容疑を否認しているということです。


身代金要求型ウイルス「ランサムウェア」に注意を

パソコンの中のファイルを勝手に暗号化して利用できなくしたうえで、元に戻す見返りとして金銭を要求する「身代金要求型」のコンピューターウイルスをまき散らすように改ざんされたホームページが、国内で相次いで見つかっていることが分かりました。


ボディースキャナー 羽田空港でも試験運用へ

テロ対策強化の一環として、羽田空港の国際線では乗客の全身に電磁波を当て不審物がないか調べるボディースキャナーと呼ばれる新たな検査機器が5日から試験運用されます。


発着便数が日本一に 新宿駅バスターミナル報道公開

東京の新宿駅で周辺に分散する高速バスの乗り場を集約し、発着便数が日本一となる新たなバスターミナルの整備が進められていて、4日、来年春の完成を前に報道各社に工事の様子が公開されました。


JR中央・総武線各駅停車 運転再開

ポイント故障のため、三鷹駅と中野駅の間の上下線で運転を見合わせていた、JR中央・総武線の各駅停車は、午後2時前に運転を再開しました。


JR中央線のケーブル焼いた疑い 男を再逮捕

東京都内のJRの施設などで相次いだ放火事件で、JR山手線の事件について起訴された男が、立川市のJR中央線で燃料用のアルコールが入ったペットボトルに火つけて投げ入れ、線路脇のケーブルを焼いたなどとして、警視庁は火炎瓶処罰法違反などの疑いで再逮捕しました。


高校生をひき逃げか 93歳の女を逮捕

2日、福岡県みやま市で小型バイクを運転していた16歳の高校生が軽ワゴン車にひき逃げされて意識不明の重体になり、警察は3日夜、93歳の女をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。警察によりますと、容疑を否認しているということです。


「黒い雨」支援対象地域の拡大など求め提訴

原爆投下直後に降った放射性物質を含むいわゆる「黒い雨」を浴びたのに被爆者健康手帳などの申請を却下されたとして、国の支援の対象地域の外で浴びたとする64人が、広島県と広島市に却下を取り消し対象地域を拡大するよう求める訴えを広島地方裁判所に起こしました。


名古屋 中学生自殺 市教委が生徒にアンケート調査へ

名古屋市の男子中学生がいじめを受けたと書かれた遺書を残して自殺したことを受けて、市の教育委員会は、いじめがあったかどうか調査するため、同じ中学校に通うすべての生徒を対象にしたアンケート調査を実施することを決めました。


再婚禁止期間巡り 最高裁で弁論

離婚した男女のうち、女性にだけ6か月間再婚を禁止する民法の規定が憲法に違反するかどうかが争われている裁判で、最高裁判所の大法廷で弁論が開かれました。原告側が「女性だけ婚姻の自由が制限されるのは差別だ」と主張したのに対して、被告の国側は「父親が誰かを巡る争いを防ぐには規定が必要だ」と反論しました。


イヌワシの剥製をネットに出品か 男を書類送検

絶滅のおそれがあるとして国が希少な野生動物に指定しているイヌワシの剥製をインターネットのオークションサイトに出品していたとして、警視庁は新潟県の68歳の男を種の保存法違反の疑いで書類送検しました。


JR中央・総武線各駅 三鷹〜中野で運転見合せ

JR中央・総武線の各駅停車は三鷹駅でのポイント故障のため、午前11時28分から三鷹駅と中野駅の間の上下線で運転を見合わせています。


辺野古に警視庁機動隊 反対派ともみ合い

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設先とされる名護市辺野古で、東京から派遣された警視庁の機動隊が4日朝から警備に当たっていて、移設計画に反対して座り込みをする人たちと激しくもみ合いになるなど一時、騒然となりました。


ウイルス作成ソフト不正所持の疑い 中学生を逮捕

パソコンから個人情報を盗み出すコンピューターウイルスの作成ソフトを不正に所持していた疑いで、札幌市の中学2年の男子生徒が逮捕されました。警視庁は、生徒がインターネットの掲示板を通じてウイルス作成ソフトを売っていたとみて購入者の特定などを進めています。


線路上に自転車 何者かが投げ込んだ疑い

3日夜、JR中央線の快速電車が線路上にあった自転車と接触した事故で、警視庁は何者かが自転車を投げ込んだ疑いがあるとみて、列車往来危険の疑いで捜査しています。


篠原一さん死去 市民の政治参加唱えた政治学者

市民の政治参加を唱えた政治学者で東京大学名誉教授の篠原一さんが、先月31日、老衰のため東京都内の病院で亡くなりました。90歳でした。


視覚障害者の事故 見えてきた「音」の課題

先月3日、徳島市で目の不自由な男性がトラックにひかれて亡くなり、一緒にいた盲導犬も死にました。それから1か月。視覚障害者にとって大切な「音」を巡る課題が見えてきました。


6人殺害事件 独居女性殺害疑いで再逮捕へ

ことし9月、埼玉県熊谷市で6人が殺害された事件で、警察は、50代の夫婦を殺害した疑いで逮捕したペルー人の男が1人暮らしの84歳の女性を殺害した疑いが強まったとして、男を殺人などの疑いで4日にも再逮捕する方針です。


名古屋 中学生自殺 第三者機関に調査依頼へ

今月1日、名古屋市の男子中学生がいじめを受けたと書かれた遺書を残して自殺したことを受けて、市の教育委員会は今後、弁護士や有識者などで作る第三者機関にも調査を依頼し、生徒が自殺に至った経緯を解明したいとしています。


夫婦別姓と再婚巡る規定 最高裁きょう弁論

夫婦別姓を認めない民法の規定と、女性のみに離婚後6か月間再婚を禁止する別の規定が憲法に違反するかどうかが争われている2つの裁判で、最高裁判所は4日に弁論を開きます。判決は早ければ年内の見通しで、明治時代から続く規定の見直しの議論につながるかどうか注目が集まっています。


快速電車が線路上の放置自転車と接触

3日夜、JR中央線の快速電車が東京の飯田橋駅付近を通過中、線路上に放置されていた自転車と接触しましたが、乗客や運転士にけがはありませんでした。


JR中央線快速 自転車放置で運転見合わせ

JR中央線の快速電車は、午後11時10分ごろ、御茶ノ水と四ツ谷の間の線路上に自転車が放置されていた影響で、上下線とも全線で運転を見合わせています。


群馬 小沢岳で夫婦遭難 夫死亡 妻捜索続く

3日午前、群馬県の小沢岳で男性の遺体が見つかり、警察で身元を確認した結果、妻と一緒に登山に向かったまま連絡が取れなくなっていた東京の78歳の男性と分かりました。警察は4日も74歳の妻の捜索を続けることにしています。


三菱ガス化学の工場で爆発 けが人なし

3日夜、茨城県神栖市の三菱ガス化学の鹿島工場で爆発があり、火災が起きましたがけが人はなく、火はおよそ2時間後に消し止められました。


くいデータ流用 豊田市のビジネスホテルでも

「旭化成建材」が請け負った工事で、建物を支えるくいのデータの流用が各地で明らかになっている問題で愛知県豊田市のビジネスホテルの建設工事でもデータが流用されていたことが明らかになりました。ホテルを所有する不動産会社は、外部の専門家などによる検査の結果、建物に異常は見つからず安全性に問題はないとしています。


道路脇の乳児 置き去りは午前6時ごろか

3日朝、茨城県鉾田市の路上で生後まもない女の赤ちゃんが裸で置き去りにされているのが見つかりました。警察では、近所の人たちが午前6時ごろから赤ちゃんの泣き声が聞こえたと話していることなどからその少し前に置き去りにされたとみて保護責任者遺棄の疑いで捜査しています。


紅葉シーズン迎え登山届の提出呼びかけ

紅葉のシーズンを迎え、埼玉県秩父市で警察の山岳救助隊などが登山に向かう人に、登山届の提出を呼びかけました。


東北新幹線の線路脇 コンクリート片が落下

3日未明、東京のJR日暮里駅に近い東北新幹線の線路脇にコンクリート片が落下しているのが見つかりました。けがをした人はおらず、JRは線路の上に架かる乗り換え用の橋から落下したとみて詳しい原因を調べています。


道路脇に生後まもない赤ちゃん置き去り

3日、茨城県鉾田市の路上で生後まもない女の赤ちゃんが裸で置き去りにされているのが見つかりました。赤ちゃんは、体温が下がっていたものの命に別状はなく、警察は保護責任者遺棄の疑いで捜査しています。


保育料値上げのケースも 改善求め全国集会

ことし4月から始まった子ども・子育て支援新制度について全国の保育関係者や保護者が集会を開き、「保育料が値上げされたケースがある」などとして改善を求めました。


自殺した男子生徒の告別式 同級生ら参列

1日、名古屋市で、いじめを受けたと書かれた遺書を残して自殺した男子生徒の告別式が営まれ、多くの同級生や保護者らが参列しました。


明治の市民が作った「五日市憲法草案」 特別展

日本国憲法が公布されてから69年を迎え、東京・あきる野市の図書館では明治時代に市民が作った憲法草案として知られる「五日市憲法草案」の原本が展示されています。


分かりやすい憲法の本が人気に

11月3日、文化の日は日本国憲法が公布された日です。安全保障関連法を巡る議論をきっかけに憲法への関心が高まっていることから、東京の書店では憲法に関する書籍を集めた特設コーナーが設けられ、分かりやすく憲法を伝える本が人気を集めています。


眞子さま 金沢市の「兼六園」を視察

国際青年会議所の世界大会に出席するため石川県を訪れている秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまは、3日、金沢市の「兼六園」を視察されました。


名古屋 自殺した男子生徒の告別式

1日、名古屋市で、いじめを受けたと書かれた遺書を残して自殺した男子生徒の告別式が営まれ、多くの同級生や保護者らが参列しています。


被災地の集団移転地区で合同のまちびらき

1つの地区だけで1200戸余りと、東日本大震災の被災地では最大規模の集団移転事業が行われている宮城県石巻市で、3日、合同のまちびらきが行われました。


警視庁が恐喝事件で誤認逮捕

2日、警視庁が恐喝の疑いで暴力団組長ら3人を逮捕しましたが、このうちの1人の男性について被害者に再度確認したところ、事件に関わった人物と別人だと分かり、警視庁は男性をおよそ6時間後に釈放しました。警視庁は「誠に申し訳なく、再発防止に努めたい」としています。


くいデータ流用 繰り返された経緯など調査

旭化成建材が請け負った物件でくいのデータの流用や改ざんが相次いで見つかっている問題で、会社側は2日、横浜市のマンションの担当者が関わった19の物件でデータの流用などがあったことを明らかにしました。一方、会社側のこれまでの調査でデータの流用などが行われていたとみられる物件は過去10年余りで300件前後に上るとみられ、国土交通省は長期間にわたって流用などが繰り返された経緯などを詳しく調べています。


中学生自殺 部活動の生徒からも聞き取りへ

1日、名古屋市の男子中学生が、いじめを受けたと書かれた遺書を残して自殺したことを受けて、市の教育委員会は、同じ部活動に所属する生徒からも話を聞いて、いじめがあったかどうかの調査を進めることにしています。


4種混合ワクチン 地域間の供給調整を要請

熊本市にあるワクチンメーカーが製造工程の確認のため子どもが接種する「4種混合ワクチン」などの出荷を自粛し一部の地域で供給が不足する懸念が出ているとして、厚生労働省は全国の都道府県などに対し不足している地域がある場合はワクチンを融通するなど地域間の調整を行うよう求めました。


住宅全焼し2人死亡 夫婦か 青森

2日夜、青森県八戸市で、住宅1棟が全焼する火事があり、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。警察によりますと、この家に住む72歳と69歳の夫婦と連絡が取れなくなっているということで、警察は、亡くなったのはこの2人とみて身元の確認を急いでいます。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧