NHKニュース|社会 2015年11月28日 (土曜日)

父親が娘殺害し飛び降りか 愛知・常滑

27日夜、愛知県常滑市の住宅で9歳の女の子が死亡し、父親が市内のマンションの敷地で死亡しているのが見つかりました。母親が「一緒に死んでほしい」と言われたと話していることなどから、警察は父親が娘を殺害したあとマンションから飛び降りたとみて調べています。


中越地震の記憶後世に 山古志地区の住宅公開

11年前の新潟県中越地震の記憶を後世に伝えようと、「震災遺構」として保存の計画が進む長岡市山古志地区の住宅の一時的な補強工事が終わり、27日、内部が公開されました。


政治団体複数作り寄付制限を超えた支援も

政治団体どうしの寄付は年間5000万円以内と定められていますが、受け皿の政治団体を複数作ることで実質的に5000万円を超えて特定の議員を支援できるケースがあることが、27日公表された政治資金収支報告書から分かりました。


子宮頸がんワクチン接種と症状を調査へ

子宮頸がんワクチンを接種した後、原因不明の体の痛みなどを訴える患者が相次いだ問題で、厚生労働省は全国の医療機関を通じて同様の症状が出ている患者の調査を行いワクチンの接種と症状の因果関係を調べることになりました。


北海道 昼ごろにかけ吹雪も 交通影響など十分注意

発達した低気圧の影響で、北日本や北陸では28日朝にかけて風や雪が強い荒れた天気となりました。引き続き北海道では28日昼ごろにかけてふぶくところもある見込みで、気象庁は強風や高波のほか交通への影響などに十分注意するよう呼びかけています。


接骨院での療養費詐欺 9割がうその請求か

暴力団組長らによる接骨院での療養費の詐欺事件で、この接骨院で施術を行ったとして自治体などに療養費が請求された200件余りのうち、およそ9割が実際には施術を行っていないうその請求だった疑いがあることが警視庁への取材で分かりました。


くいデータ流用 業界全体の再発防止策検討へ

建物のくいの工事を巡り、旭化成建材のほかに6社でもデータの流用が判明したことから、国土交通省は業界で広く流用が行われていたとみて、専門家による委員会の議論を踏まえながら、業界全体としての再発防止策を検討することにしています。


JR常磐線快速電車 運転再開

JR常磐線の快速電車は工事用の車両が故障した影響で、上野駅と取手駅の間の上下線で始発から運転を見合わせていましたが、午前5時10分に運転を再開しました。


JR常磐線快速電車 運転見合わせ

JR常磐線の快速電車は工事用の車両が故障した影響で、上野駅と取手駅の間の上下線で、始発から運転を見合わせています。


肝臓がん手術などで認定の2機関 死亡率4倍

肝臓がんやすい臓がんの難しい手術を安全に行えるとして専門の学会から認定を受けていた大学病院など2つの医療機関が、実際には死亡率が平均の4倍にのぼり、手術の技量などが十分ではなかったとして日本肝胆膵外科学会から認定を取り消されていたことが分かりました。


菊地元信者無罪 検察上告するかが焦点

20年前のオウム真理教による東京都庁の郵便物爆破事件で殺人未遂のほう助の罪に問われ、1審で懲役5年の判決を言い渡された菊地直子元信者は27日、2審の東京高等裁判所で無罪を言い渡され、釈放されました。今後は検察が上告するかどうかが焦点となります。


速やかに補修必要な橋 15%前後

橋の老朽化による事故を防ぐため全国の自治体などが行った定期点検の結果が初めてまとまり、速やかに補修が必要なものが15%前後を占めていることが分かりました。


菊地直子元信者「事実関係見ていただき感謝」

釈放された菊地直子元信者は、弁護士を通じて次のようなコメントを出しました。


全国の教委に警察庁かたるうその文書

警察庁の名をかたって新手の詐欺への注意を呼びかけるうその文書が全国の教育委員会などに相次いで送られていることが分かり、警察庁は誤った対応を取らないよう注意を呼びかけています。


弁護士と施設の少年 立ち会いなく面会可で和解

少年審判を担当した弁護士が東京の自立支援施設に送られた少年と面会しようとしたところ児童相談所の職員の立ち会いを条件とされたのは不当だとして東京都を訴えた裁判は、立ち会いがなくても面会できることを双方が確認して和解が成立しました。


酔った客のカードで現金引き出した疑い

東京・新橋で、酒に酔ったサラリーマンのキャッシュカードを使って現金を引き出し盗んだとして中国人の女ら5人が逮捕され、警視庁は同様の手口でおよそ1400万円を盗んだとみて調べています。調べに対し5人は容疑を否認しているということです。


韓国で観光バスが事故 日本人8人けが

韓国南東部の高速道路で観光バスとトラックなどが衝突し、観光バスに乗っていた日本人8人がけがをして病院で手当てを受けました。


中国軍機11機 沖縄近海で確認 侵犯はなし

27日、沖縄近海の東シナ海で、中国軍の爆撃機など合わせて11機が確認され、自衛隊機がスクランブル=緊急発進しましたが、領空侵犯はありませんでした。防衛省は、1度に10機を超える中国軍機が沖縄に近づき飛行したケースはここ数年、例がないとして、分析を進めています。


日歯連 来年参院選に候補者擁立せず

政治資金を巡る事件で前会長らが起訴された日歯連=日本歯科医師連盟は27日、内部の会議を開き、来年の参議院選挙では組織を代表する候補者を擁立しない方針を決めました。


沖縄県「著しく正当性欠く」弁論前に答弁書

沖縄県名護市辺野古沖の埋め立て承認を巡り、国が知事の代わりに承認の取り消しを撤回する代執行を求めた裁判で、沖縄県は来月2日の最初の弁論を前に、「国の訴えは著しく正当性を欠くもので、却下されるべきだ」とする答弁書を、27日、裁判所に提出しました。


ゴミ集積所で見つかった遺体は86歳女性

26日夜、宮城県大崎市の住宅地にあるゴミの集積所で、女性が死亡しているのが見つかり、警察が調べた結果、近くに住む86歳の女性と確認されました。死因は低体温症で、警察は女性の頭に傷があり、血を流していたことなどから、事件に巻き込まれたとみて捜査しています。


運転手3人に切りつけた男 懲役3年の実刑判決

去年12月、石川県の国道で自分の車を走行中の車に次々と割り込ませ、運転手3人を刃物で切りつけるなどしてけがをさせた罪などに問われた男に対し、金沢地方裁判所は「犯行は短時間に連続して無差別的に行われ、被害者に与えた恐怖は甚大だ」と指摘して、懲役3年の実刑判決を言い渡しました。


うその違反切符作成の疑い 警察官逮捕

北海道の森警察署に勤務する28歳の警察官が、過去に交通違反で検挙された人のデータを基にうその違反切符を作成したなどとして逮捕されました。警察によりますと、調べに対して「事件や事故の取り扱いが少なく、交通違反を検挙しないと格好がつかなかった」などと供述しているということです。


震災復興職員の残業代に未払い 宮城・気仙沼

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市で、復興などに当たる市の職員にきちんと残業代が支払われていなかったことが分かりました。気仙沼市は延べ1600人の職員に対し、過去3年分の残業代など合わせておよそ3億9000万円を改めて支給することになりました。


拳銃など発見の住宅 周辺約100人避難させ捜索

愛知県知立市で、自宅に拳銃1丁を持っていたとして会社員が逮捕され、警察が27日、この家を捜索したところ、砲弾のようなものが35発見つかりました。一部は火薬が入っているということで、警察は自衛隊に依頼して処分することにしています。


「民泊」どう進める 新制度の検討始まる

外国人観光客の増加で都市部を中心に宿泊施設が不足するなか、厚生労働省と観光庁は、住宅などを有料で貸し出すいわゆる「民泊」を進めるため、新たな制度の検討を始めました。


辺野古の土器や石器は文化財 移設工事に影響も

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設先とされている名護市辺野古沿岸部で見つかった土器や石器について、沖縄県教育委員会は27日、文化財に認定しました。名護市は見つかった一帯を遺跡に認定するよう沖縄県に申請する方針で、認められれば現地調査のため、移設工事のスケジュールに影響が出る可能性もあります。


家族4人の車が岸壁から転落 子ども2人重体

27日午後、鳥取県米子市の中海で島根県の家族4人が乗った軽乗用車が岸壁から転落し、全員が救助されましたが、警察によりますと15歳の長男と13歳の長女が意識不明の重体だということです。警察に対し父親は「妻が運転を誤って転落した」と話しているということで、警察は詳しい状況を調べています。


85歳の女性殺害 男に懲役25年の判決

去年3月、栃木県那須塩原市の住宅で85歳の女性をナイフで刺して殺害したとして、殺人などの罪に問われている男の裁判員裁判で、宇都宮地方裁判所は「落ち度のない人を殺害するという極めて理不尽な犯行だ」として、懲役25年の判決を言い渡しました。


自民派閥団体の収支報告書に事実と異なる記載

27日に公表された政治資金収支報告書のうち、自民党の派閥の政治団体の収支報告書で、合わせて450万円の政治資金について、受け取った日付が実際より3か月前になっているなど事実と異なる記載がされていたことが、NHKの取材で分かりました。これらの政治資金は同じ支援者から、法律で禁止されている他人名義を使って提供されたものでした。政治団体は、他人名義での資金提供とは知らなかったとして返金していて、収支報告書については「意図的に誤った記載をしたわけではないが、調査したうえで必要があれば訂正する」としています。


戦後まもなく撮影 昭和天皇の未発表写真発見

太平洋戦争の終戦後、昭和20年12月に撮影された昭和天皇の未発表の写真が新たに見つかり、来月から東京で一般公開されることになりました。当時としては極めて異例だった昭和天皇の笑顔の写真もあり、専門家は「戦後まもない時期の昭和天皇の素顔を捉えた貴重な資料だ」と話しています。


人気ブーツの偽物 販売目的で所持容疑 7人逮捕

若い女性に人気のブーツの偽物を販売する目的で所持していたとして、大阪の衣料品販売会社の代表取締役ら7人が、商標法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。調べに対し7人は、「偽物とは知らなかった」と容疑を否認しているということです。


北日本中心に荒れた天気 北海道は猛吹雪に警戒

発達した低気圧の影響で、北日本を中心に雨や雪を伴って強い風が吹く荒れた天気になっています。気象庁は、28日朝にかけて暴風や高波に警戒し、北海道では猛吹雪にも警戒するよう呼びかけています。


自称祈とう師の男 中高年にも「治療」か

体をさする行為などを「治療」と称して、糖尿病を患っている宇都宮市の7歳の男の子にインスリンを投与させずに死亡させたとして、自称祈とう師の男が殺人の疑いで逮捕された事件で、男はほかにも、病気に悩む中高年の人たちに「自分には特殊な力がある」と話して「治療」と称する行為を行っていたことが、警察への取材で分かりました。


重大ないじめ 加害者の名前を被害者側へ 大津

学校で重大ないじめの問題が起きた場合、加害者側の児童や生徒の名前を被害者側に伝えるという新たな基準を、大津市教育委員会が設けることになりました。文部科学省によりますと、いじめの問題を巡るこうした対応は全国でも例がないということです。


くいデータ流用 旭化成建材のほかに6社でも

建物のくいの工事でデータの流用などが相次いで明らかになっている問題で、業界団体は、旭化成建材のほかに6社でデータの流用が行われていたと発表し、業界全体で流用が行われていたという認識を示しました。一方で、これまでのところ、横浜市のマンション以外に建物が傾くなどの異常は報告されていないとしています。


クマが事務所に侵入 麻酔銃で捕獲 福島

27日朝、福島県本宮市にある物流センターの事務所にクマが侵入し、事務所の中を荒らしましたが、およそ3時間後に地元の猟友会が麻酔銃を使って捕獲しました。従業員にけがはありませんでした。


政府 沖縄・名護の3地区に直接財政支援へ

中谷防衛大臣は閣議のあとの記者会見で、沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、移設先の名護市にある3つの地区に対して、今年度、それぞれ1300万円を上限に直接財政支援を行うことを明らかにしました。


オウム真理教の菊地直子元信者 2審で無罪 釈放

20年前に起きたオウム真理教による東京都庁の郵便物爆破事件で、殺人未遂のほう助の罪に問われた菊地直子元信者に、2審の東京高等裁判所は「テロ行為を認識して手助けしたと認めるには合理的な疑いが残る」として、1審の懲役5年の判決を取り消し無罪を言い渡しました。菊地元信者は27日夕方、釈放されました。


中継サーバーに12万件余のカード情報か

他人のIDなどを使ってインターネットに不正に接続したとして摘発された埼玉県のサーバー業者のサーバーの中から、クレジットカードの契約者情報とみられるデータが12万件余り見つかったことが分かりました。警視庁は、カード情報とみて調べるとともに、犯罪に悪用された疑いもあるとみて捜査しています。


肥料偽装の太平物産 民事再生法適用申請

JAが販売した有機肥料の成分が偽装されていた問題で、肥料を製造した秋田市のメーカーは、偽装が発覚したあと出荷を停止し、資金繰りが悪化したことから、経営破綻し、27日、秋田地方裁判所に民事再生法の適用を申請しました。


菊地直子元信者 2審で無罪判決 釈放へ

20年前に起きたオウム真理教による東京都庁の郵便物爆破事件で、殺人未遂のほう助の罪に問われた菊地直子元信者(43)に、2審の東京高等裁判所は、1審の実刑判決を取り消し、無罪を言い渡しました。菊地元信者は無罪判決によって、勾留を続ける根拠がなくなったことから、このあと、手続きを経て、釈放されることになりまた。


政治資金 データベース化しネット公開の試み

国会議員の政治資金を透明化しようと、27日に公表された政治資金収支報告書などをデータベース化してインターネットで公開する新たな試みが、東京のNPO法人によって始められました。


北海道で猛吹雪のおそれ 注意点は

北海道では28日の明け方にかけて、雪を伴って非常に強い風が吹く猛吹雪となるおそれがあります。気象情報などに注意し、風が強く吹く時間帯は外出しないことが重要です。


東日本大震災復興状況の国会報告を閣議決定

政府は27日の閣議で、東日本大震災からの復興状況に関する国会報告を決定し、来年度から5年間の「復興・創生期間」で、被災地の自立につながり、地方創生のモデルとなる復興を実現していくとしています。


皇太子さま 神奈川県の石老山で登山

皇太子さまは27日、神奈川県の石老山に登り、山頂からの景色などを楽しまれました。


国交相 データ流用360件の年内報告求める

石井国土交通大臣は閣議のあとの記者会見で、旭化成建材の社内調査でくいのデータの流用が判明した360の物件の安全性の確認について、「年内にはめどをつけて取りまとめたい」と述べ、ボーリング調査が必要なものなど確認に時間がかかるものを除いて、年末までに報告するよう会社側に求めたことを明らかにしました。


ゴミ集積所で高齢女性死亡 事件とみて捜査

26日夜、宮城県大崎市の住宅地にあるゴミの集積所で80代とみられる女性が死亡しているのが見つかり、警察は、女性の頭に傷があり血を流していたことなどから事件に巻き込まれたとみて捜査しています。


暴言繰り返し投稿 新潟日報元部長 無期限休職に

新潟県の地方紙、新潟日報上越支社の元報道部長が、インターネットのツイッターで弁護士に対する暴言を書き込んでいた問題で、過去にも不適切な内容の書き込みを繰り返していたとして、新聞社は無期限の休職処分としました。


連合の春闘方針 賃上げと格差是正掲げる

来年の春闘の方針を決める連合の中央委員会が27日に開かれ、2%程度を基準にした賃上げの要求とともに、中小企業や非正規労働者の処遇の改善など格差是正を掲げて経営側との交渉に当たることを、正式に決定しました。


ロンドン大会に学ぶ東京五輪のテロ対策

東京オリンピック・パラリンピックに向けたテロ対策をテーマに、都内でシンポジウムが開かれ、3年前のロンドン大会で警備などに当たったイギリスの専門家が、民間と連携して事前に入念な計画を立てることが重要だと指摘しました。


オウム菊地直子元信者に無罪判決 東京高裁

20年前に起きたオウム真理教による東京都庁の郵便物爆破事件で、殺人未遂のほう助の罪に問われた菊地直子元信者(43)に、2審の東京高等裁判所は「テロ行為を認識して手助けしたと認めるには合理的な疑いが残る」として、1審の懲役5年の判決を取り消し、無罪を言い渡しました。


鉄道の安全対策確実に 総務省が国交省に勧告

おととしのJR北海道での脱線事故などを受けて、総務省が各地の鉄道事業者の安全対策について調査したところ、定期検査や必要な補修工事を実施していなかった事業者が複数あったとして、総務省は検査や補修の確実な実施を指導するよう国土交通省に対し勧告しました。


生活苦で娘殺害 母親に2審も懲役7年

千葉県銚子市で、県営住宅の家賃を滞納して明け渡しを求められた母親が、13歳の長女を殺害した罪などに問われた裁判で、東京高等裁判所は「精神的に追い込まれた原因のすべてが被告にあったとは言えない」として、1審と同じ懲役7年の判決を言い渡しました。


接骨院の療養費詐欺事件 組長らを再逮捕

住吉会系の暴力団組長らが接骨院での療養費をだまし取ったとして逮捕された事件で、組長らがほかにもうその請求を繰り返し、自治体などから療養費およそ250万円をだまし取っていたとして、詐欺の疑いで警視庁に再逮捕されました。調べに対し、組長らは容疑を否認しているということです。


自称祈とう師の男 治療費名目で現金受け取りか

体をさする行為などを「治療」と称して、重い糖尿病を患っている宇都宮市の7歳の男の子にインスリンを投与させずに死亡させたとして、自称祈とう師の男が殺人の疑いで逮捕された事件で、男は10年以上前から活動し、病気などの症状に応じて治療費名目で現金を受け取っていたとみられることが分かり、警察が実態を調べています。


北日本・北陸で大荒れに 北海道は猛吹雪警戒

発達した低気圧が通過するため、北日本と北陸では28日にかけて雪を伴って非常に強い風が吹き、大荒れの天気になる見込みです。気象庁は、暴風や高波に加えて、北海道では猛吹雪にも警戒するとともに、雪による交通への影響などにも十分注意するよう呼びかけています。


六本木ヒルズ30階で火事 一時エレベーター停止

東京・港区の大型商業施設、六本木ヒルズの30階にあるオフィスで、じゅうたんなどが焼ける火事がありました。けが人はいませんでしたが、一時、六本木ヒルズのエレベーターが停止するなどの影響が出ました。


企業で働く障害者 過去最多の36万人余

障害者の雇用が義務づけられている従業員50人以上の企業で働く障害者は36万人余りに上り、これまでで最も多くなりました。


振り込め詐欺で有罪 検索結果の削除命じる仮処分

振り込め詐欺で過去に有罪が確定した男性が、10年以上たってもインターネットの検索で当時の記事が表示されるのはプライバシーの侵害だと訴えた仮処分について、東京地方裁判所がグーグルに検索結果の削除を命じる決定を出したことが分かりました。専門家によりますと、振り込め詐欺で検索結果の削除が命じられたのは初めてとみられるということです。


東京湾フェリー 強風で再び欠航

神奈川県横須賀市の久里浜と千葉県富津市の金谷を結ぶ「東京湾フェリー」は、強風のため、久里浜発午前9時25分、金谷発午前10時25分の便から欠航することを決めました。再開は、今後の風の状況をみながら判断するということです。


東京湾フェリー 運航を再開

神奈川県横須賀市の久里浜と千葉県富津市の金谷を結ぶ「東京湾フェリー」は、強風のため27日朝の始発から欠航していましたが、久里浜発午前8時20分、金谷発午前8時15分の便から運航を再開しています。


10月の有効求人倍率は1.24倍 高水準続く

仕事を求めている人ひとりに対し、企業から何人の求人があるかを示す、先月の有効求人倍率は、前の月と同じ1.24倍で、平成4年1月以来の高い水準が続いています。


「くいの長さ不足」 市が調査求める 千葉・八千代

千葉県八千代市のマンションの管理組合が、「建物を支えるくいの一部で長さが不足している」と市に相談を寄せ、市は建設会社側に詳しく調査するよう求めました。


北海道 強い雨で高速道路ののり面崩れる

荒れた天気となっている北海道の黒松内町では、強い雨の影響で高速道路ののり面が崩れて土砂が片側の車線をふさぎ、一部の区間で通行止めとなっています。


農業機械の6社 談合で課徴金7億円近く

北海道のJAなどが発注した「カントリーエレベーター」と呼ばれる穀物の大型貯蔵施設の入札で談合が繰り返されていたとして、公正取引委員会は農業機械メーカー6社に合わせておよそ6億7000万円の課徴金の支払いを命じる方針を固めました。


東京湾フェリー 強風で始発から欠航

神奈川県横須賀市の久里浜と千葉県富津市の金谷を結ぶ「東京湾フェリー」は、強風のため、27日朝の始発から欠航することを決めました。再開は、今後の風の状況をみながら判断するということです。


糖尿病男児死亡 両親「わらにもすがる思いで」

体をさする行為などを「治療」と称して、重い糖尿病を患っている宇都宮市の7歳の男の子にインスリンの注射をやめさせて死亡させたとして、自称祈とう師の男が殺人の疑いで逮捕された事件で、男の子の両親が「嫌がっている注射を毎日打っているのがかわいそうで、わらにもすがる思いで治してくれるよう頼んだ」と話していることが警察への取材で分かりました。


政府 COP21前に省エネ推進の新方針

地球温暖化対策の新たな枠組みを話し合う国連の会議、COP21が来週始まるのを前に、政府は省エネを推進するため、企業などが節電した電力を売買できる市場を、再来年までに創設することなどを含む、新たな方針を取りまとめました。


温室効果ガスの排出量 5年ぶり減少

昨年度の日本の温室効果ガスの排出量は、13億6500万トンと前の年度に比べて3%減少したことが分かりました。排出量が減少したのは5年ぶりで、環境省は原発事故のあと、省エネや再生可能エネルギーの導入が進んだことを理由にあげています。


北日本と北陸 雨や雪伴い荒天続く

発達した低気圧の影響で北日本と北陸を中心に風が強まり、これから28日にかけて雨や雪を伴った荒れた天気となる見込みです。北日本から西日本の標高の高い地域を中心に雪が降る見込みで、気象庁は、暴風や高波に警戒するとともに雪による交通への影響などにも注意するよう呼びかけています。


教育機関への公的支出 日本は“最下位”

学校などの教育機関に対する日本の公的な支出がGDP=国内総生産に占める割合は、OECD=経済協力開発機構の加盟国の中で最も低いことが分かりました。


裁判所が盗撮ビデオを差し押さえ

宮崎市で、マッサージと称する店の女性客に乱暴した罪などに問われた経営者の裁判で、宮崎地方裁判所は事件の状況を経営者が盗撮していたビデオを差し押さえました。これまでの裁判で、検察は映像が流出して被害者が精神的苦痛を受けるおそれがあるとして没収するよう求めたのに対し、被告側は拒否して争っていました。


大麻吸引 小6男児を児童相談所に通告

京都市の小学6年の男子児童が教師に「大麻を吸った」と話し、高校生の兄が大麻草を隠し持っていたとして逮捕された事件で、警察は、立ち直りのための指導を受ける必要があるとして、26日、男子児童を児童相談所に通告しました。


金属製の矢で住宅の窓ガラス壊した疑い 男逮捕

大阪・八尾市で近所の住宅に金属製の矢を撃ち込み、窓ガラスなどを壊したとして、45歳の男が建造物損壊の疑いで逮捕されました。警察によりますと、「犬がうるさくて苦情を言ったことはあるが、自分はやっていない」と供述し、容疑を否認しているということです。


列車にはねられ男の子死亡 佐賀

26日午後6時ごろ、佐賀県唐津市のJRの踏切付近で男の子が普通列車にはねられ死亡しました。警察によりますと、男の子は近くに住む9歳の男の子とみられ、確認を進めています。


ロッテ創業者が会社訴えた裁判 審理取りやめ

26日から東京地方裁判所で始まる予定だった、「ロッテホールディングス」の創業者が会社を訴えた裁判で、会社側の主張を受けて審理が取りやめられ、改めて協議が行われることになりました。


陸上幕僚長「捜査に全面的に協力すべき時期」

陸上自衛隊の元幹部が、在日ロシア大使館の元駐在武官に外部に持ち出すことができない内部文書を渡したとして自衛隊法違反の疑いが持たれていることについて、陸上自衛隊トップの岩田清文陸上幕僚長は26日の会見で、「捜査に全面的に協力すべき時期だ」と述べました。


石垣島に陸上自衛隊配備 市に協力求める

防衛省の若宮健嗣副大臣が沖縄県の石垣市長と会談し、南西地域の離島防衛の強化を目的に、石垣島の中央部に500人から600人規模の陸上自衛隊の部隊を配備する計画を伝え協力を求めました。


慰安婦問題 韓国の大学教授起訴で抗議

いわゆる従軍慰安婦を巡る問題で、韓国の大学教授が韓国社会の認識は実態と異なるなどと著書で指摘し、ソウルの検察から名誉毀損の罪で在宅起訴されたことについて、日本やアメリカの有識者らが言論の自由を封じるものだとして抗議しました。


列車にはねられ2人死亡 親子か 岡山

岡山県浅口市のJRの踏切で25日、若い女性と男の子が列車にはねられて死亡し、警察は2人は親子とみて確認を急ぐとともに、列車の運転士が「女性は線路上に立っていた」と話していることから、当時の詳しい状況を調べています。


糖尿病男児死亡 逮捕の男「インスリンは毒」

体に手をかざす行為などを「治療」と称して、重い糖尿病を患っている宇都宮市の7歳の男の子にインスリンを投与させずに死亡させたとして、会社役員の男が殺人の疑いで逮捕された事件で、男が「インスリンは体に毒で、栄養価の高いものを食べさせるべき」と話して、男の子にハンバーガーなどを食べさせていたことが警察への取材で分かりました。男は容疑を否認しているということです。


伊勢志摩サミットまで半年 テロ想定し訓練

来年5月に三重県で開かれる伊勢志摩サミットまであと半年となった26日、警察や海上保安庁などが松阪市の港でテロを想定した訓練を行い、連携を確認しました。


マイナンバー 40都府県の510万通は来月配達に

マイナンバーの通知カードの配達について、日本郵便は、千葉県や埼玉県など40の都府県の合わせて510万通は、最初の配達が来月になるという計画を公表しました。


くい打ち業界最大手 小学校の工事でデータ流用

福井市に本社がある、くい打ち業界最大手の「三谷セキサン」が、福井県内の小学校で行った工事で、くいのデータを流用していたことが分かりました。会社では、建物に傾きなどはなく安全は確認されているとしています。


元学園長の不適切な支出 5600万円余に

埼玉県狭山市の学校法人の元学園長の女性が海外出張の際に不適切な支出を繰り返していた問題で、学園側は、不適切な支出の総額は7年間で5600万円余りに上ると発表しました。


点検実は購入持ちかけ 浄水器販売会社を行政処分

浄水器の点検に来たと言いながら実際には浄水器の購入を持ちかけていたのは、本来の目的を告げずに勧誘を行うことを禁じた特定商取引法に違反するとして、消費者庁は大阪市の浄水器販売会社に対し、3か月間勧誘業務の停止を命じました。


三菱自動車 約10万台で改善対策を届け出

三菱自動車工業は、一部の車種でサイドブレーキをかけずに坂道に駐車すると、最悪の場合、車が動き出すおそれがあるとして、およそ10万台についてリコールに準じた改善対策を国に届け出ました。


自転車で2回検挙の会社員に有料安全講習命じる

自転車による重大な事故が相次ぐなか、東京の20代の会社員が自転車で人身事故などを起こして2回検挙され、東京都公安委員会は26日、都内で初めて会社員に対して改正道路交通法に基づいて有料の安全講習の受講を命じました。


仮眠でアラーム気付かず患者死亡 病院長ら書類送検

ことし8月、京都市の病院で男性患者の人工呼吸器に不具合が起き、アラームが鳴ったにもかかわらず、当直の看護師らが仮眠をしていて気付かず、患者を死亡させたとして、院長ら3人が業務上過失致死の疑いで書類送検されました。


「民泊」認める条例案提出へ 東京・大田区

外国人観光客の急増で課題となっている宿泊施設の不足を解消するため、東京・大田区は26日から始まった区議会に、空き家などを宿泊施設として活用するいわゆる「民泊」を、一定の条件で認めるための条例案を提出することにしています。


デルのPC ソフトにセキュリティー上の欠陥

アメリカの大手パソコンメーカー「デル」が、出荷時に独自にパソコンに組み込んでいたソフトウエアの中に、セキュリティー上の欠陥があることが分かりました。デルは悪用されると、パソコンに入力した個人情報などが外部から盗み見られるおそれがあるとして、欠陥を修正するプログラムの提供を始めました。


ツイッターで暴言 新潟日報 支社報道部長を解職

新潟県の地方紙、新潟日報上越支社の報道部長がインターネットのツイッターで弁護士に対する暴言を書き込んでいた問題で、過去にも問題のある書き込みがあることが分かり、会社はこの報道部長の職を解くとともに、近く社としての最終的な処分を決めることにしています。


高速道路で積み荷の缶が散乱 6時間通行止め

26日午前、兵庫県三木市の山陽自動車道の上り線で、大型トレーラーが道路脇の斜面に乗り上げるなどしたあと、道路を塞ぐ形で動けなくなりました。積み荷のアルコール飲料の缶が路上に散乱し、現場付近はおよそ6時間にわたって通行止めになりました。


アジアの防災担当者 日本の津波対策を学ぶ

海上保安庁がアジア各国の防災担当者らを対象に津波対策についての研修を初めて企画し、日本での取り組みなどを紹介しました。


中国人と日本人の偽装結婚を仲介か 女ら逮捕

中国人と日本人の偽装結婚を仲介したとして51歳の女らが逮捕され、警視庁は、7年間に40組以上を偽装結婚させ、不正に利益を得ていたとみて調べています。調べに対して、女は容疑を否認しているということです。


妻と交際の弁護士問い詰めに 検察が事件を説明

東京の法律事務所で妻の同僚の男性弁護士を殴り、下腹部を切断したとして、傷害などの罪に問われている元プロボクサーの裁判で、検察は裁判所の判断で延期されていた事件の説明を行い、被告がはさみを準備したうえで妻と交際していた弁護士を問い詰めるため事務所を訪れたことを明らかにしました。


密輸しようとしたか 手荷物から約20キロの覚醒剤

ウガンダからの飛行機の手荷物に隠して覚醒剤を密輸しようとしたとして、ウガンダ人の男が逮捕され、警視庁はおよそ20キロ、末端の密売価格で14億円相当の覚醒剤を押収し、日本国内の流通ルートを捜査しています。調べに対し、男は容疑を否認しているということです。


正面衝突で2人死傷 雪で路面が凍結しスリップか

26日午前、北海道紋別市で軽乗用車と大型トラックが正面衝突し、軽乗用車を運転していた21歳の女性が死亡したほか、助手席に乗っていた19歳の男性が意識不明の重体になっています。路面は降り積もった雪が固まって凍結した状態で、警察は、軽乗用車がスリップして対向車線にはみ出したとみて調べています。


女子高校生を暴行か 警視庁巡査部長を逮捕

警視庁の35歳の巡査部長がことし5月、埼玉県富士見市の路上で、女子高校生に対し「協力しないとあなたの個人情報が流出する」と、うそを言ってホテルに連れ込み暴行したとして、警察に逮捕されました。


COP21合意に向け途上国支援の増額を表明

地球温暖化対策の新たな枠組みを話し合う国連の会議、COP21が来週から始まるのを前に、政府は発展途上国の温室効果ガスの排出削減策などに対する資金支援を、2020年に年間およそ1兆3000億円に増額すると表明しました。


登校中の児童の列に車 4人重軽傷 佐賀・小城

26日朝、佐賀県小城市の市道で、登校中の5人の女子児童の列に乗用車が突っ込み、4人が骨を折るなどの重軽傷を負いました。警察は、車を運転していた46歳の会社員を過失運転傷害の疑いで逮捕し、詳しい状況を調べています。


北日本や北陸 雨や雪伴った荒れた天気に

発達した低気圧が通過するため、これから28日にかけて全国的に風が強まり、北日本や北陸では雨や雪を伴った荒れた天気となる見込みです。北日本から西日本の標高の高い地域を中心に雪が降る見込みで、気象庁は強風や高波のほか、雪による交通への影響などにも十分注意するよう呼びかけています。


電気暖房器具の火事 5年で30人以上死亡

電気ストーブに布団が接触するなど、電気を使う暖房機器での火災がこの5年間で全国で400件以上報告され、亡くなった人も30人余りに上ることが分かり、本格的な冷え込みを前にNITE=製品評価技術基盤機構が注意を呼びかけています。


6人死亡貨物船事故 中国人乗組員の確認不十分か

おととし、伊豆大島沖で名古屋市の海運会社の貨物船が外国船籍の貨物船と衝突して転覆し、6人が死亡した事故で、国の運輸安全委員会は、外国船籍の船の中国人乗組員が相手の動きを十分確認しないまま、前を横切ろうとしたのが原因だった可能性が高いとする報告書を公表しました。


インスリン投与させず糖尿病男児死亡 殺人容疑で逮捕

ことし4月、体に手をかざす行為などを「治療」と称して、重い糖尿病を患っている宇都宮市の7歳の男の子にインスリンの注射を受けさせずに死亡させたとして、警察は60歳の会社役員の男を殺人の疑いで逮捕しました。


私立高校で学費滞納の生徒 僅かに増加

私立高校で3か月以上学費を滞納している生徒の割合は、国の支援制度が始まって以降、減少していましたが、今年度は去年に比べて僅かに増え、調査を行った教職員の労働組合は、ひとり親家庭の増加などが背景にあるのではないかと話してます。


北日本・北陸 雨や雪伴い荒れた天気に

急速に発達している低気圧の影響で、26日は全国的に風が強く、北日本や北陸では雨や雪を伴った荒れた天気となる見込みです。27日にかけて上空に寒気が流れ込むため、西日本などでも標高の高いところを中心に積雪が予想され、気象庁は強風や高波、それに雪による交通への影響などに十分注意するよう呼びかけています。


旧村上ファンド保有の関係銘柄も相場操縦か

旧・村上ファンドの村上世彰元代表が複数の銘柄の株を相場操縦したとされる事件で、この中にはかつて村上ファンドが株を保有していた企業に関係する銘柄も含まれていることが、関係者への取材で分かりました。証券取引等監視委員会は村上元代表らから事情を聴くなどして、株取引の実態を調べています。


データ流用物件 安全性の確認基準を了承

旭化成建材による、くいのデータの流用や改ざんの問題で、再発防止策を検討する国の委員会の会合が25日に開かれ、流用などが確認された物件の安全性については、ほかのくいの施工記録などから推定するなどとする基準を了承しました。これを受けて国土交通省は、旭化成建材に対して、この基準に基づいて早急に安全性を調査するよう求めることにしています。


赤ちゃんに後遺症 頭揺さぶった疑いで父親逮捕

生後間もない赤ちゃんの頭を激しく揺さぶり、後遺症が残る大けがを負わせたとして、23歳の自衛官の父親が傷害の疑いで逮捕されました。


男児と若い女性 列車にはねられ死亡 岡山

25日夜、岡山県浅口市のJR山陽線の踏切で、2歳から3歳くらいの男の子と若い女性の2人が列車にはねられて死亡しました。警察は亡くなった2人の身元の確認を急ぐとともに、当時の詳しい状況を調べています。


うその投資話 消費者守る機関装う新手口

国民生活センターなど消費者を守る立場の機関を装って、うその投資話を信用させる新たな手口の被害が相次いでいることが分かり、消費者庁が注意を呼びかけています。


表現の自由調査 訪日延期で早期実現訴え

日本での表現の自由を調査するため来月予定されていた国連の特別報告者の訪日が、日本政府の要請で延期されたことについて、国内のNGOが記者会見し、延期は極めて異例だと指摘したうえで、早期の訪日を実現すべきだと訴えました。


母親の遺体放置か 2年間不明の息子逮捕

2年前に仙台市の公営住宅で死亡した母親を部屋に放置したまま行方が分からなくなっていた67歳の息子が、25日、死体遺棄の疑いで逮捕されました。警察の調べに対して、息子は「介護していた母親が亡くなり、葬式の費用もなく、現実から逃げたかった」と供述しているということです。


旧ライブドア 株価下落で賠償命じる判決

旧ライブドアの粉飾決算事件で株価が下落し損害を受けたとして、株主だった男性が堀江貴文元社長ら当時の経営陣に賠償を求めた裁判で、東京地方裁判所は、およそ9200万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。


首相 介護離職ゼロへ受け皿さらに充実を

安倍総理大臣は、みずからが掲げる「介護離職ゼロ」の達成に向けて、塩崎厚生労働大臣に対して、2020年代初めまでに新たに40万人分の介護サービスの受け皿を整備するとした厚生労働省の方針を見直し、さらに充実を図るよう指示しました。


うつ伏せに寝かされ死亡 2審は賠償命じる

6年前、大阪市の保育園で生後4か月の男の子がうつ伏せに寝かされたあと死亡したことについて、両親が、保育園を運営していた会社や大阪市に賠償を求めた裁判で、2審の大阪高等裁判所は、訴えを退けた1審の判決を取り消し、保育園を運営していた会社に5000万円余りの賠償を命じました。


「違憲状態」判決 裁判官の判断分かれる

去年12月に行われた衆議院選挙で選挙区ごとの1票の価値に最大で2.13倍の格差があったことについて、最高裁判所大法廷は「憲法が求める投票価値の平等に反する状態だった」と指摘し、「違憲状態」だったという判決を言い渡しました。判決は裁判官14人の一致した意見ではなく、「憲法違反であり無効にすべきだ」という意見が出た一方、「合憲だ」という意見も出て、判断が分かれました。


木造船漂着相次ぐ 2か月で25人の遺体

日本海の沿岸や沖合でハングルが表記されるなどした木造船が相次いで見つかり、先月と今月の僅か2か月で合わせて25人の遺体が確認されました。朝鮮半島から漂流してきたとみられる木造船はおととしからことしにかけ170隻余りに上っていて、専門家は「北朝鮮が水産事業に力を入れるなか多くの船が漁に出るものの、装備の不十分などによって遭難が相次いでいる」と指摘しています。


大雪の北海道 雪道で交通事故相次ぐ

北海道内では、24日から降り続いた雪の影響でスリップ事故などが相次いでいます。警察は、雪道を運転する際は急ハンドルや急ブレーキを避けて安全運転を心がけるよう呼びかけています。


利根川の無理心中 父親は事件10日前まで仕事

埼玉県の利根川で認知症の症状がある母親と病気の父親を車に乗せて無理心中を図ったとして47歳の三女が逮捕された事件で、父親は「妻の世話をしたい」と事件の10日前まで新聞配達の仕事を続けていたということで、警察はなぜ事件に至ったのか、詳しい経緯を調べることにしています。


コンビニ店員 客の画像をネット投稿 神奈川

神奈川県厚木市にあるコンビニ「セブンイレブン」の店舗で、アルバイトの男性店員が、立ち読みする客の画像や複数の客を中傷する書き込みなどをインターネット上に投稿していたことが分かりました。


逃げた大型の鳥エミュー 山中で捕獲 群馬

群馬県高崎市で一般の人が飼育していた体長1メートル60センチほどの大型の鳥「エミュー」が逃げ出していたことが分かり、警察などが捜索した結果、25日夕方、山の中で捕獲されました。


あす北日本や北陸 雨や雪伴う荒れた天気に

急速に発達する低気圧の影響で、26日は全国的に風が強く、北日本や北陸では雨や雪を伴って荒れた天気になる見込みです。さらに27日にかけては上空の寒気の影響で西日本などでも標高の高いところを中心に積雪が予想され、気象庁は強風や高波とともに、雪による交通への影響などにも十分注意するよう呼びかけています。


国連難民高等弁務官 日本企業に難民支援要請

パリの同時テロ事件を受けて欧米で難民政策の見直しを求める声が高まるなか、難民の保護と支援を行うUNHCR=国連難民高等弁務官事務所のグテーレス高等弁務官が来日し、記者会見で「今こそ最も支援が必要なときだ」と述べ、日本の企業に協力を呼びかけました。


タカタ問題 トヨタが新たなリコール

先月、部品が不足し修理できなかったタカタのエアバッグが破裂し女性がけがをしたことを受け、トヨタ自動車は、すでにリコールを届け出ているおよそ161万台について、部品がない場合は作動を一時停止させる新たなリコールを国に届け出ました。


74人犠牲の病院 高台に再建 宮城・南三陸町

東日本大震災の津波で患者と看護師、合わせて74人が犠牲になった宮城県南三陸町の病院が新たに高台に再建され、25日落成式が行われました。


工藤会幹部ら11人逮捕 連続放火の疑い

3年前、北九州市で暴力団の立ち入りを禁止する飲食店が入るビルの一部が相次いで焼けた火事で、警察は、特定危険指定暴力団・工藤会による組織的な犯行の疑いがあるとして、幹部ら11人を放火の疑いで逮捕しました。


京都 放火で夫婦死亡 少年に懲役7〜12年

去年8月、京都市で住宅や倉庫などが焼け、自治会長の夫婦が死亡した火事で、放火などの罪に問われた17歳の少年に、京都地方裁判所は「住宅密集地で行われた犯行は悪質だ」などとして、懲役7年以上12年以下の不定期刑を言い渡しました。


親子3人殺害容疑でペルー人の男再逮捕

ことし9月、埼玉県熊谷市の3軒の住宅で6人が殺害された事件で、警察は、3軒目の住宅で母親と小学生の娘2人を殺害したとして、ペルー人の男を再逮捕しました。男は、これで3件の事件すべてで逮捕されましたが、いずれも容疑を否認しているということです。


大手外食チェーン売り上げ 4か月連続増加

全国の大手外食チェーンの先月の売り上げは、雨の日が少なく利用客が増えたことなどから、去年の同じ月を5%上回り4か月連続で増加しました。


高浜3・4号機 検査遅れ再稼働は来年以降

福井県にある高浜原子力発電所について、関西電力は、検査が遅れていることから、目指していた年内の3号機の再稼働を断念し、3号機は来年1月下旬、4号機は来年2月下旬に再稼働させると修正した計画を原子力規制委員会に提出しました。


東・西日本と沖縄・奄美は暖冬予想

気象庁の長期予報によりますと、この冬はエルニーニョ現象の影響で、東日本と西日本、それに沖縄・奄美で平年より気温が高い暖冬となり、雨量も東日本と西日本の太平洋側を中心に多くなると予想されています。


去年の衆院選 1票の格差は「違憲状態」 最高裁

去年12月に行われた衆議院選挙で選挙区ごとの1票の価値に最大で2.13倍の格差があったことについて、最高裁判所大法廷は「憲法が求める投票価値の平等に反する状態だった」と指摘し、「違憲状態」だったという判決を言い渡しました。選挙の無効を求めた訴えは退けましたが、判決は、国会に対して選挙制度の見直しを着実に進めることを求めました。


村上世彰元代表に相場操縦の疑い 強制調査

「もの言う株主」として知られ、旧・村上ファンドを率いた村上世彰元代表が、複数の銘柄の株式を市場で大量に売って株価を意図的に下げるなどの相場操縦をした疑いがあるとして、証券取引等監視委員会は25日、村上元代表や投資会社を運営する長女の自宅などを捜索し、強制調査に乗り出しました。


もんじゅトラブル 事故防止の心構え欠如と指摘

福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」でことし7月に起きた安全上重要な非常用発電機の部品を破損させたトラブルについて、原子力規制委員会は、事業者の日本原子力研究開発機構が示した再発防止策を了承する一方、事故を防ぐ心構えが欠けているのではないかと指摘しました。


非正規雇用の女性 6割が産休取れず

パートや派遣社員など非正規雇用の女性のうち、妊娠した際に退職させられるなどして産休を取れなかった人が6割に上ることが、NPOのアンケート調査で分かりました。


警部補が同僚に実弾入り拳銃向ける 大阪

大阪・平野警察署の50代の警部補が、装備品の点検中に実弾が入った拳銃を同僚に向けていたことが分かり、警察は、銃刀法違反の疑いで調べるとともに警部補を処分する方針です。


山中で男児死亡 事故死の可能性高い 東京

先月、東京・日野市の山の中で首をつった状態で死亡しているのが見つかった10歳の男の子について、警視庁は現場の状況などから遊んでいるうちに誤って死亡した事故の可能性が高いと判断したことが分かりました。


コマツ元幹部を再逮捕 別の旅費詐取の疑いで

出張旅費をだまし取ったとして逮捕された建設機械大手「コマツ」の元幹部社員が、ほかにもうその旅費の請求を繰り返し会社から750万円余りをだまし取っていたとして、詐欺の疑いで警視庁に再逮捕されました。


北海道 米海兵隊の実弾射撃訓練始まる

アメリカ軍の基地が集中する沖縄県の負担軽減のために行われているアメリカ海兵隊の実弾射撃訓練が、北海道東部にある陸上自衛隊の演習場で25日から始まりました。この訓練では、おととし、砲弾の実弾1発が誤って演習場の外に着弾する事故があり、訓練に反対する住民団体が監視活動を行っています。


札幌 62年ぶりの大雪 あす以降も注意を

24日から降り続いた雪のため、札幌市では積雪が40センチを超え、11月としては62年ぶりの大雪となりました。北海道では26日以降も雪や雨が降る見込みで、気象台は、落雪や雪崩に注意するよう呼びかけています。


警報音装着車に使用義務化 条例案を提出へ 徳島

先月、徳島市で目の不自由な男性が一緒にいた盲導犬とともにトラックにひかれて死亡した事故を受けて、徳島県は、周りに音で注意を促す装置が車についている場合、使用を義務づける条例案を12月定例県議会に提出することになりました。条例が制定されれば全国で初めてだということです。


新潟日報の支社報道部長 弁護士にツイッターで暴言

新潟県の地方紙、新潟日報の上越支社の報道部長が、水俣病訴訟の弁護団長を務める弁護士に対し、インターネットのツイッターで「弁護士やめろ」などと暴言を書き込んでいたことが分かりました。新潟日報は本人とともに24日、弁護士に謝罪したということです。


銃のスコープ不正輸出か 外国人の兄弟逮捕

国の許可を受けないでライフル銃のスコープをインドネシアに不正に輸出したとして、インドネシア人の兄弟が警視庁に逮捕されました。


東京国税局職員 強制わいせつ容疑で再逮捕

東京国税局の27歳の職員が東京・品川区の路上で帰宅途中の30代の女性の体を無理やり触ったとして、強制わいせつの疑いで警視庁に再逮捕されました。


児童の裸の写真撮影か 小学校教諭を逮捕

東京・三鷹市にある小学校の教諭が、児童の裸の写真を撮影したなどとして、強制わいせつなどの疑いで警視庁に逮捕されました。教諭のパソコンなどからは10人以上の児童の写真が見つかり、警視庁は同じような撮影を繰り返していたとみて調べています。


桜島 噴火警戒レベル 3から2に引き下げ

鹿児島県の桜島について、気象庁は「ことし9月下旬以降噴火は観測されておらず、火山活動は低下している」として、噴火警戒レベルをレベル3からレベル2に引き下げました。一方、地元の鹿児島市は、火口から2キロ以内での立ち入り禁止措置を継続することにしています。


南米でM7.5の地震 日本への津波心配なし

アメリカの地質調査所から気象庁に入った連絡によりますと、日本時間の25日午前7時45分ごろ、南米西部のペルーとブラジルの国境付近を震源とするマグニチュード7.5の大きな地震がありました。気象庁によりますと、この地震による日本への津波の心配はありません。


就業者800万人減少 働き方など対策へ

厚生労働省は24日、将来の労働力について、15年後の2030年に働く人が800万人近く減るという推計結果を公表しました。一方、高齢者や女性の労働参加が進んだ場合は180万人余りの減少にとどまるとして、働きやすい環境作りを進めることにしています。


野生きのこ出荷制限解除へガイドライン

東京電力福島第一原子力発電所の事故の後、放射性物質の影響で出荷制限が続いている野生のきのこなどについて、林野庁は出荷を再開するための具体的な手順を示したガイドラインをまとめました。


衆院選1票の格差 きょう最高裁判決

去年12月の衆議院選挙で、選挙区ごとの1票の価値に最大で2.13倍の格差があったことが憲法に違反するかどうかが争われた裁判で、最高裁判所大法廷は、25日判決を言い渡します。選挙区の見直しが行われた一方で、依然として格差が2倍を超えることを最高裁がどう判断するか注目されます。


データ流用問題 再発防止策検討へ

旭化成建材によるくいのデータの流用や改ざんの問題で、会社側は社内調査の結果、データの流用などが過去10年余りで360件に上り61人の担当者が関わっていたことを明らかにしました。国土交通省は安全性の確認を改めて指示するとともに、業界大手の別の会社でも流用が行われていたことから、業界の実態についても調べ、再発防止策を検討していくことにしています。


母娘3人殺害容疑でペルー人の男を再逮捕へ

ことし9月、埼玉県熊谷市の3軒の住宅で6人が殺害された事件で、警察は3軒目の住宅で母親と小学生の娘2人を殺害したとしてペルー人の男を25日にも再逮捕する方針で、男は6人全員を殺害した疑いで逮捕されることになります。


コンビニ店員殺害 「金銭トラブルあった」

24日相模原市にあるコンビニエンスストアで61歳の男性店員が刃物で刺されて死亡した事件で、逮捕されたこのコンビニの経営者の62歳の男が、警察の調べに対し「店員との間に金銭トラブルがあった」と供述していることが分かり、警察は動機などについて慎重に捜査しています。


東京国税局職員 強制わいせつ容疑で再逮捕へ

東京国税局の27歳の職員が、東京・品川区でマンションの部屋に忍び込んだとして逮捕されていたことが警視庁への取材で分かりました。警視庁は、この職員が路上で女性の体を触った疑いがあるとして、25日にも強制わいせつの疑いで再逮捕する方針です。


JR東海道線 運転再開

JR東海道線は、人身事故のため、午後10時半すぎから東京駅と熱海駅の上下線で運転を見合わせていましたが、午後11時40分すぎに運転を再開しました。


JR東海道線 運転見合わせ

JR東海道線は、人身事故のため、午後10時半すぎから東京駅と熱海駅の上下線で運転を見合わせています。


少年法保護年齢引き下げに反対のシンポ

少年法で保護する対象を20歳未満から引き下げるかどうかが議論されるなか、見直しに反対するシンポジウムが東京で開かれました。


漂流の木造船 新たに4人の骨見つかる

22日、福井県越前町の沖合を漂流して3人の遺体が見つかった木造船について、海上保安部が詳しく調べたところ、新たに4人の人の骨が見つかったことが分かりました。船内にはハングルで書かれたメモもあったということで、海上保安部は朝鮮半島から流れ着いた可能性があるとみて調べています。


テレビ朝日 収録中にアイドルこん倒で処分

テレビ朝日はことし1月に番組の収録中に女性アイドルグループのメンバーが、声の高さを変えるヘリウムガスを吸って意識を失い救急搬送された問題について、当時の番組プロデューサーを戒告とするなどの懲戒処分を決めていたことが分かりました。


海自の演習に参加の米原子力空母を公開

先月、日本に配備されたアメリカの原子力空母「ロナルド・レーガン」は、日本近海で、海上自衛隊が毎年行っている演習に参加していて、24日、その様子が公開されました。


島尻沖縄北方相が代表の自民支部で不記載と告発

島尻沖縄・北方担当大臣が代表を務める自民党の支部が、大臣本人から借りた合わせて1050万円を、政治資金収支報告書の資産の欄に記載していないなどとして、市民オンブズマンが、政治資金規正法違反などの疑いで島尻大臣や会計責任者の告発状を検察庁に送りました。島尻大臣は、「単なる記載のミスだ」として収支報告書を訂正したことを明らかにしました。


輪島市沖で発見の木造船 内部に漁具残る

石川県輪島市の沖合で見つかり、10人の遺体が確認された3隻の木造船について、NHKが船の内部を初めて撮影しました。甲板には海藻が生え漁網や釣り針などの漁具が残されているのが確認されました。


福井沖漂流の木造船 朝鮮半島からか

22日に福井県越前町の沖合を漂流し、船内から3人の遺体が見つかった木造船について、船底が平らで日本の船には見られない構造をしていることが分かり、海上保安部は朝鮮半島から流れ着いた可能性もあるとみて詳しく調べています。


架空発注で詐欺の疑い 東レ元課長ら逮捕

大手繊維化学メーカー、東レの元課長ら3人が架空の業務を発注したように装って、東レから現金およそ2300万円をだまし取ったとして詐欺の疑いで警視庁に逮捕されました。


JR横浜線 運転再開

JR横浜線は人身事故の影響で小机駅と中山駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後8時半に運転を再開しました。


原爆ドームの一部を川から引き上げ 広島

広島市の原爆ドームのすぐ脇を流れる元安川で、70年前の原爆投下で壊れたドームの一部と見られる石材などを引き上げる作業が行われました。


葬儀出席で勾留一時停止中に逃走 男を確保

今月21日、奈良県桜井市で、親族の葬儀のために勾留を一時停止された覚醒剤事件の容疑者が逃走し、警察が行方を捜していましたが、24日夕方、奈良県大和高田市内で身柄を確保されました。警察は逃走した詳しいいきさつなどを調べることにしています。


阿蘇山の立ち入り規制 火口約1キロに縮小

熊本県の阿蘇山の噴火警戒レベルがレベル3からレベル2に引き下げられたことを受けて、地元の阿蘇市などで作る「阿蘇火山防災会議協議会」は24日夕方、火口から半径およそ2キロとしていた立ち入り規制の範囲を火口から半径およそ1キロに縮小しました。


JR横浜線 一部区間で運転再開

人身事故の影響で上下線の全線で運転を見合わせていたJR横浜線は、一部の区間で運転を再開しましたが、小机駅と中山駅の間の上下線で運転を見合わせています。


JR横浜線 全線で運転見合わせ

JR横浜線は人身事故の影響で、午後6時45分から東神奈川駅と八王子駅の間の上下線の全線で運転を見合わせています。


データ流用 都道府県別の内訳は

旭化成建材と親会社の旭化成の発表よりますと、元請けの建設会社の調査との照合を終えた2864の物件のうち、データの流用などが確認された物件は、横浜市のマンションを含めて合わせて360件に上ります。都道府県別の内訳です。


靖国神社 時限発火装置が出火し爆発音か

23日に東京・千代田区の靖国神社のトイレで爆発音がして火が出た事件で、警視庁は、現場で見つかった時計のような物などで作られた時限式の発火装置が何らかの原因で出火し、爆発音がした可能性があるとみて調べています。


横浜のマンションは「安全性問題なし」

横浜市のマンションで傾きが見つかり、建物を支えるくいのデータが改ざんされていた問題で、横浜市は、この建物の安全性を調査していたマンションの建設会社などから「震度7の揺れでも倒壊のおそれがない」とする調査結果の報告があったことを明らかにしました。


コーヒー店にトレーラー 運転手「寝てしまった」

24日朝、長野県岡谷市にある中央自動車道下り線のサービスエリアで、大型トレーラーがコーヒーチェーン店に突っ込む事故があり、店の従業員とトレーラーの運転手がけがをしました。運転手は「車を止める前に寝てしまい、気付いたら店に突っ込んでいた」と話しているということで、警察は過失運転傷害の疑いで調べています。


労働力推計 15年後に800万人近く減少も

将来の労働力について、厚生労働省が初めて都道府県別、産業別に推計を行い、経済成長率が低い場合は15年後の2030年に働く人が800万人近く減るという結果を公表しました。秋田県や青森県、高知県など8つの県では20%以上減少し、働き手が足りなくなる事態が心配される内容になっています。


親子無理心中 逮捕の三女が生活保護申請

22日、埼玉県の利根川で認知症の症状がある母親と病気の父親を車に乗せて無理心中を図ったとして、47歳の三女が逮捕された事件で、三女が事件の前、生活苦を訴えて市に生活保護の申請をしていたことが関係者への取材で分かりました。警察は、行政に支援を求めながら事件に至ったいきさつを詳しく調べています。


旭化成建材 データ流用360件に

旭化成建材が工事を請け負った物件でくいのデータの流用や改ざんが相次いで見つかっている問題で、旭化成建材は過去10年余りに請け負った物件の調査結果を公表し、追加を含めた3052件のうち元請けと連絡が取れた2864件について元請けの調査との照合を終え、このうち360件でデータの流用などが行われていたことを明らかにしました。


二階氏「世界津波の日」実現で防災後押しを

インドネシアを訪れている自民党の二階総務会長は、防災をテーマに開かれたシンポジウムで講演し、日本が国連に提案している「世界津波の日」を実現し、国際社会の防災への取り組みを後押ししていきたいという考えを示しました。


警察庁長官 「社会全体で暴力団排除を」

指定暴力団・山口組から離脱した団体が新たな組織を立ち上げるなか、警察庁の金高長官は暴力団排除を訴える会合で、「暴力団壊滅の実現には社会全体による暴力団排除活動が不可欠で、警察としても前面に立って活動を推進していく」と述べました。


警察官の凶悪事件 原因分析と再発防止指示

現職の警察官による凶悪事件が相次いでいることを受けて、警察庁の金高長官は全国の警察の人事担当者などを集めた会議で、事件の原因を分析し、教訓を共有して再発防止に反映するよう指示しました。


野々村元県議 初公判出廷せず 「精神的に不安定」

日帰り出張をしたとするうその報告などで、政務活動費910万円余りをだまし取った罪などに問われている兵庫県議会の元議員、野々村竜太郎被告が、「精神的に不安定になっている」という理由で24日開かれた初公判に出廷せず、神戸地方裁判所は初公判を改めて開くことを決めました。


「消雪パイプ」作業員3人 車にはねられ死傷

24日午前、新潟県長岡市の国道で、道路に積もった雪をとかす「消雪パイプ」を点検しようとしていた作業員3人が軽乗用車にはねられ、このうち1人が死亡、作業員2人と車の運転手が大けがをしました。


札幌でまとまった雪 「ササラ電車」初出動

札幌市では今シーズン初めてまとまった雪が降り、路面電車の線路に積もった雪を取り除く「ササラ電車」がこの冬初めて出動しました。


阿蘇山噴火警戒レベル 3から2に引き下げ

ことし9月に火砕流を伴う噴火が発生した熊本県の阿蘇山について、気象庁は、先月下旬以降新たな噴火が発生しておらず、火山ガスの量も減ってきていることなどから、24日午後、噴火警戒レベルをレベル3からレベル2に引き下げました。そのうえで、中岳第一火口からおよそ1キロの範囲では、引き続き大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。


都市部の国有地 介護施設向け賃料原則半額へ

財務省は「介護離職ゼロ」など一億総活躍社会の実現に向け、都市部にある国有地を特別養護老人ホームなど介護施設に積極的に活用してもらおうと、来年1月から賃料を原則、今の半額まで引き下げることになりました。


マイナンバー通知カード 510万通が来月に

高市総務大臣は、マイナンバーの「通知カード」の配達について、全体の9%に当たるおよそ510万通が来月にずれ込む見通しとなったことを明らかにしました。


厚労省HPサイバー攻撃 被害届提出へ

塩崎厚生労働大臣は、今月20日の夜から厚生労働省のホームページがサイバー攻撃によって閲覧できない状態になったことについて、「行政サービスを阻害する許し難い行為だ」と述べ、速やかに警察に被害届を出す考えを示しました。


茨城県教育委員の辞職決定 障害児巡る発言で

茨城県の教育委員の1人が、県の会議で「妊娠初期に障害の有無が分からないのか。4か月を過ぎるとおろせない」などと発言した問題で、県の教育委員会は臨時の会合を開き、委員から提出された辞職願いに全会一致で同意し、委員の辞職が正式に決まりました。


吉田拓郎さんのライブ音源 不正コピーし販売か

歌手の吉田拓郎さんが昭和48年に開いたコンサートの音源を入手し、許可を得ずに不正にCDにコピーして販売したとして、音響機器販売会社の元社員が著作権法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。


コンピューターウイルス販売容疑 中学生を再逮捕

パソコンから個人情報を盗み出すコンピューターウイルスの作成ソフトを所持していたとして札幌市の中学2年の男子生徒が逮捕された事件で、警視庁は、別の女子中学生にコンピューターウイルスを売るなどした疑いで男子生徒を再逮捕しました。


出張先を遠方に装い1億円余の所得隠したか

保険会社の依頼を受けて交通事故の原因などを調べている東京の調査会社が、調査員の出張先を実際よりも遠方にして多くの交通費がかかったように見せかける方法でおよそ1億1000万円の所得を隠していたとして、東京国税局から脱税の疑いで検察庁に告発されました。


「警察官誘導で虚偽自白の疑い」審理やり直し命じる

詐欺の罪などに問われている被告の裁判で、東京高等裁判所は、「警察官から『刑を軽くする』などと誘導されてうその自白をした疑いを否定できない」として1審の実刑を取り消し、審理のやり直しを命じる判決を言い渡しました。


コンビニで店員死亡 経営者「トラブルあった」

24日未明、相模原市にあるコンビニエンスストアで61歳の男性店員が倒れているのが見つかり、まもなく死亡しました。警察は、このコンビニの経営者の62歳の男が店員を刺したとして逮捕しました。男は「店員との間でトラブルがあった」などと供述しているということです。


靖国神社 きのう午前中に不審物仕掛けたか

23日、東京・千代田区の靖国神社のトイレで爆発音がして火が出た事件で、23日の朝に神社の関係者がトイレを巡回した際には異常がなかったことが、警視庁への取材で分かりました。警視庁は23日の午前中に不審物が仕掛けられたとみて捜査するとともに、靖国神社に機動隊を出して24時間態勢で警戒に当たっています。


サミット会場周辺でドローン飛行禁止 三重県が条例案

来年の主要国首脳会議「伊勢志摩サミット」の安全対策として、三重県は24日、会場周辺などで小型の無人機「ドローン」の飛行を禁止する条例案を県議会に提案しました。三重県などによりますと、ドローンの飛行禁止に限定した条例が制定されれば全国で初めてだということです。


中央道SAのコーヒー店にトレーラー突っ込む

24日朝、長野県岡谷市にある中央自動車道下り線の諏訪湖サービスエリアでコーヒーチェーン店に大型トレーラーが突っ込み、店の従業員が足などにけがをしたほかトレーラーの運転手もけがをしました。いずれも命に別状はないということです。


コンビニで店員刺され死亡 経営者を逮捕

24日未明、相模原市にあるコンビニエンスストアで61歳の男性店員が倒れているのが見つかり、その後、病院に搬送されましたが、まもなく死亡しました。警察は、このコンビニの経営者の62歳の男が店員を刺したとして逮捕しました。


気象災害による死者 20年間で60万人超に

地球温暖化対策の国連の会議、COP21が今月末からフランス・パリで開かれるのを前に、国連は世界各地で起きた洪水など気象災害による死者の数が、この20年間で60万人を超えたとする報告書をまとめました。


靖国神社の爆発音 男が立ち去った直後に

23日に東京・千代田区の靖国神社のトイレで爆発音がして火が出た事件で、紙袋のような物を持った男が現場近くから立ち去った直後に爆発音がしていたことが、警視庁への取材で分かりました。警視庁は事件と男との関連を調べるとともに、現場から見つかった鉄パイプ状の物が爆発物かどうか鑑定を進めています。


小中高一貫教育校開設へ 東京都が基本構想

東京都は、小学校から高校までの12年間を一貫して学ぶ、公立では全国初となる小中高一貫教育校を立川市に開設するとした基本構想をまとめ、英語教育などに力を入れ国際的に活躍できる人材の育成を目指すことになりました。


ネット掲示板にイベントの爆破予告で捜査

23日に横浜市で開かれたゲーム音楽のイベントについて、インターネットの掲示板に爆破を予告する書き込みがあったことが分かりました。イベントは予定どおり開催されましたが、警察は悪質ないたずらとみて調べています。


仕事と介護の両立を目指す講演会

仕事と親などの介護を両立させるにはどうすればよいのかを考える講演会が、23日夜に都内で開かれ、主催した団体の代表は、家族の介護が必要になった場合は勤め先に早めに相談し、職場の理解と協力を得ることが必要だと訴えました。


ラグビー日本代表 81年前の映像見つかる

ワールドカップでの活躍で関心が高まっているラグビーの日本代表が、今から81年前の昭和9年に対戦したオーストラリアのチームとの試合の映像が見つかり、専門家は日本代表の草創期を記録した貴重な映像だと話しています。


2人死亡のヘリ墜落事故 運輸安全委が本格調査

22日に群馬県安中市の上信越自動車道のそばの山の斜面にヘリコプターが墜落し、2人が死亡した事故で、23日に国の運輸安全委員会の事故調査官などが現場を訪れ、墜落原因の本格的な調査を行いました。


大阪ダブル選挙題材に若者2000人が模擬投票

22日投票が行われた「大阪ダブル選挙」を題材に全国の高校や大学などが参加して模擬投票が行われ、およそ2000人の若者が実際の候補者の政策や主張を参考に1票を投じました。


靖国神社のトイレで爆発音 防犯カメラに男の姿

23日午前、東京・千代田区の靖国神社のトイレで爆発音がして火が出た事件で、事件の前に現場から立ち去る男の姿が防犯カメラに写っていたことが警視庁への取材で分かりました。警視庁は爆発音の原因の特定を進めるとともに、周辺のカメラの映像を解析するなどして捜査を進めています。


福井県沖で漂流の木造船から3遺体収容

22日、福井県越前町の沖合で、漂流している木造船の中から3人の遺体が見つかり、海上保安部は23日、船から遺体を収容して港に搬送しました。海上保安部は警察とともに、死因や身元の確認を進めることにしています。


世界核被害者フォーラム 広島宣言を採択

広島市で開かれていた核物質による被害を考える国際フォーラムが23日、最終日を迎え、兵器だけでなくエネルギーへの利用も含めて、「誰もが核被害を防ぐための権利を持っている」とする広島宣言を採択しました。


認知症の母の介護の心労で無理心中か

22日、高齢の両親を車に乗せて川に入り、無理心中を図ったとして、埼玉県深谷市に住む47歳の三女が殺人と自殺ほう助の疑いで逮捕された事件で、三女は認知症の母親の介護を続けていたということで、警察では病気で父親が働けなくなった生活苦のほか、介護の心労も背景にあったのではないかとみて、詳しいいきさつを調べています。


海岸で木片発見 漂流船の一部か 石川

23日朝、石川県輪島市の海岸で、木造船の一部とみられる複数の木片が見つかりました。近くの沖合では、漂流している3隻の木造船から10人の遺体が見つかっていて、海上保安部は関連を調べています。


遺体は高齢の兄妹 1か月以上気付かれず

22日、東京・江東区の都営アパートで見つかった2人の遺体は、この部屋に住む81歳の兄と71歳の妹の高齢のきょうだいだと分かりました。現場の状況などから、2人は少なくとも死後1か月以上、周囲に気付かれずにいたとみられ、警視庁が詳しい状況を調べています。


ヘリ墜落2人死亡 運輸安全委が調査開始

22日、群馬県安中市の上信越自動車道のそばの山の斜面にヘリコプターが墜落して2人が死亡した事故で、国の運輸安全委員会の事故調査官が現場に到着し、墜落の原因について本格的な調査を進めています。


高齢夫婦死亡 三女逮捕 生活苦で無理心中か

22日、埼玉県の利根川で81歳と74歳の夫婦が死亡しているのが見つかり、警察は47歳の三女が無理心中を図ったとして、殺人と自殺ほう助の疑いで逮捕しました。三女は「一家の収入がなくなり、父親から死にたいと言われた」と供述していているということで、警察が詳しいいきさつを調べています。


長野・白馬村で合同のスキー場開き

1年前、長野県北部で最大震度6弱を観測した地震の影響で昨シーズンのスキー場の利用客が減少した白馬村では、観光の復興に向けた合同のスキー場開きが行われました。


中国海警局船 尖閣沖の領海に一時侵入

23日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船3隻が、およそ1時間半にわたって、日本の領海に侵入しました。3隻は、その後、領海のすぐ外側にある接続水域からも出ましたが、海上保安本部は周辺海域の警戒を続けています。


靖国神社のトイレ「爆発音」 神社狙った事件か

23日午前、東京・千代田区の靖国神社のトイレが爆発音とともに焼け、現場からは時限式の発火装置に使われることがある乾電池などが見つかったことから、警視庁は靖国神社を狙った事件の疑いもあるとみて捜査を進めています。


住宅火災 2人の遺体見つかる 東京 中野区

23日朝早く、東京・中野区で住宅1棟が焼ける火事があり、女性とみられる2人の遺体が見つかりました。警視庁は、亡くなったのはこの家に住む60代の姉妹とみて確認を進めるとともに火事の原因を調べています。


千葉県職員 酒気帯び運転の疑いで逮捕

千葉県の50歳の職員が、22日、千葉市で酒を飲んで車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。


相続税約5億円脱税した疑い 7人逮捕

遺言書を偽造して兄の遺産の大半を社会福祉法人に寄付したように装い、相続税およそ5億円を脱税したとして、大阪地検特捜部は、東大阪市の不動産管理業の男ら7人を相続税法違反などの疑いで逮捕しました。


認知症の介護苦に無理心中か 三女を逮捕

22日、埼玉県の利根川で74歳と81歳の夫婦が川の中で死亡しているのが見つかり、警察は、47歳の三女が認知症の母親の介護を苦に無理心中を図ったとして殺人と自殺ほう助の疑いで逮捕しました。


都営アパートで2人の遺体見つかる

22日夕方、東京・江東区の都営アパートで、男性と女性とみられる2人の遺体が見つかりました。遺体に目立った外傷はなく、死後数か月ほどたっているとみられるということで、警視庁は身元を確認するとともに死因などを調べています。


ヘリ墜落 運輸安全委 きょう調査官を現地に

22日に群馬県安中市の山の斜面にヘリコプターが墜落して2人が死亡した事故で、国の運輸安全委員会は、23日、調査官2人を現地に派遣し、墜落の原因を調査することにしています。


沖縄周辺で中国の海洋調査船の活動活発に

沖縄周辺の主に東シナ海で中国の海洋調査船の活動が活発になっていて、事前の通報がなかったり、通報と異なる海域で活動したりしていたケースは、去年1年間で9回だったのが、ことしはすでに20回を超えています。


ヘリ墜落 死亡した2人は54歳と57歳男性

22日午前、群馬県安中市の山の斜面にヘリコプターが墜落して、乗っていた男性2人が死亡し、警察の調べで、死亡したのはいずれも東京・板橋区の54歳と57歳の男性と確認されました。


福井県沖で木造船漂流 船内から3人の遺体

22日午前、福井県越前町の沖合およそ100キロの海上で、木造船が転覆した状態で漂流しているのが発見され、船内から3人の遺体が見つかりました。日本海側の沿岸では外国船籍とみられる木造船が漂着し、遺体が見つかるケースが相次いでいて、海上保安部は、身元の確認を急ぐとともに船の所属などを調べることにしています。


漂流の木造船 ハングルで「朝鮮人民軍」「保衛部」

石川県輪島市の沖合を漂流し、10人の遺体が見つかった3隻の木造船のうち、2隻の船体にはハングルで「朝鮮人民軍」や「保衛部」と書かれていることが、海上保安部の調べで分かりました。いずれの船からも釣り針や漁網が見つかっていて、海上保安部は、漁船として使われている北朝鮮の船の可能性があるとみて調べています。


長野県北部地震の断層 300年前にも活動か

去年11月に長野県北部で震度6弱を観測した地震から22日で1年になりますが、専門家が地震の断層を詳しく調べた結果、およそ300年前にもずれ動き、大地震を引き起こしていた可能性が高いことが分かりました。1000年以上としている国の評価よりも、短い間隔で激しい揺れの地震が起きていた可能性があり、専門家はさらに詳しい調査が必要だと指摘しています。


高級宝石店強盗 被害額は1億円超える

東京・表参道の高級宝石店で起きた強盗事件で、警視庁がさらに被害の状況を精査したところ、奪われたのはダイヤの指輪やネックレスなど合わせて46点で、被害額は1億円を超えることが分かりました。警視庁は逃げた3人組の男らの行方を捜査しています。


ゲーム有利になる不正プログラム ネットで販売

スマートフォン向けの人気ゲーム「モンスターストライク」を有利に進めるための不正なプログラムをインターネットのオークションで販売したとして、奈良県橿原市の17歳の男子高校生が著作権法違反の疑いで警察に逮捕されました。


ヘリ事故の影響 上信越道の通行止め解除

群馬県の高速道路交通警察隊によりますと安中市で起きたヘリコプターの墜落事故の影響で上信越自動車道は、群馬県の松井田妙義インターチェンジと長野県の佐久インターチェンジの間の上り線が、機体が道路に落ちてくる可能性もあったことから、正午から通行止めになっていましたが、午後5時に通行止めが解除されました。墜落現場付近では、事故の処理が続いているため、上り線は片側の車線が規制されているということです。


ヘリコプター墜落 男性2人死亡 群馬・安中

22日午前、群馬県安中市の山の斜面にヘリコプターが墜落し、乗っていた男性2人がいずれも死亡しました。


長野県北部地震から1年 復興祈念の式典

去年11月に長野県北部で震度6弱を観測した地震から22日で1年になります。住宅の被害が集中した白馬村では、復興を進めるとともに災害に強い地域作りを進めようと、村民などが参加した式典が開かれました。


小田急江ノ島線 運転再開

小田急江ノ島線は人身事故の影響で、神奈川県の大和駅と長後駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後2時すぎに運転を再開しました。


北海道 本格的な雪で事故相次ぎ2人死亡

今シーズン初めて本格的な雪となった北海道で交通事故が相次ぎ、北部の当麻町では軽乗用車とワゴン車が出会い頭に衝突して女性2人が死亡しました。


小田急江ノ島線 一部運転見合わせ

小田急江ノ島線は神奈川県大和市で発生した人身事故の影響で、午後0時半すぎから大和駅と長後駅の間の上下線で運転を見合わせています。


ヘリコプター墜落 2人意識なし 群馬・安中

22日午前、群馬県安中市の山の斜面にヘリコプターが墜落し、乗っていた男性2人が機内から救助されましたが、いずれも意識がないということです。


「ヘリコプター墜落か」数件の通報 群馬・安中

群馬県警察本部の安中警察署などによりますと、22日午前11時ごろ、群馬県安中市に「赤いヘリが墜落したようだ」と警察や消防に通報が入り、現場に向かい確認しています。


リゾートマンション前理事長 11億円着服か

新潟県南魚沼市にある大型のリゾートマンションの管理組合の前理事長が、15年以上にわたってマンションの管理費など11億円余りを着服していたということで、管理組合は、時効になっていない分について、業務上横領の疑いで警視庁に告訴状を提出しました。


小湊鉄道「トロッコ列車」当面運休

千葉県市原市などを走る小湊鉄道で今月から運行が始まった観光列車、「トロッコ列車」で車輪をつなぐ部品が壊れるトラブルがあり、当面、運行を見合わせることになりました。


尖閣沖の接続水域 中国海警局3隻航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


茨城県で震度4 津波の心配なし

22日午前8時20分ごろ茨城県で震度4の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。


きょう「いい夫婦の日」円満は77%

11月22日は語呂合わせで「いい夫婦の日」です。ファッション業界などの団体が行ったインターネットの調査で全体の77%の人が夫婦関係は円満だと答えました。


高台の住宅用地 整備完了で「まちびらき式」

東日本大震災の大津波が国内最大級の防潮堤を乗り越え、大きな被害が出た岩手県宮古市田老地区で、津波で住宅を失った人たちが移り住む高台の団地の区画整備が完了し、22日、「まちびらき式」が開かれました。


宝石店強盗 3人組 役割決め押し入ったか

東京・表参道の高級宝石店でダイヤの指輪など7500万円分が奪われた強盗事件で、3人組のうち最初に1人だけが客を装って来店し、警備員を殴っているすきに、あとから残る2人も店内に入り、指輪などを奪っていたことが警視庁への取材でわかりました。警視庁は、あらかじめ役割を決めて押し入ったとみて調べています。


長野県北部の地震から1年 住宅確保が課題

去年11月、長野県北部で震度6弱の激しい揺れを観測した地震から22日で1年になります。住宅の被害が集中した白馬村では被災した人たちが今も仮設住宅などで生活を続け、住宅の確保が大きな課題となっています。


防災教育の教材 小中学校などに配布へ

政府は、災害が起きた際の被害を最小限に抑えようと、小学生や中学生を対象にした防災教育のための教材を作成し、希望した全国およそ1万4000校の小・中学校などに、今年度中に配布することにしています。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧