株式投資情報 2015年12月1日 (火曜日)

【引け後のリリース】NECが独ウェゲナー極地海洋研究所などにスパコン納入

■今年は大きなモミ合いを形成し、抜け出せば再び中期上昇軌道に移行も NEC<6701>(東1・売買単位千株)は30日、ベクトルスーパーコンピュータ「SX−ACE」を、ドイツのキール大学、アルフレッドウェゲナー極地海洋研究所、シュツットガルトハイパフォーマンス計算センターに納入し、「SX−ACE」を活用した本格的な研究が開始されたと発表した。 発表によると、「SX−ACE」は、超高速な並列処理を要する科学技術計算や大規模なデータ解析を伴う高度なシミュレーションに最適なスーパーコ..


【銘柄フラッシュ】データホライゾンなど急伸し郵政3銘柄は久々そろって高い

 30日は、日本郵政<6178>(東1)が3日ぶりに反発して1.0%高となり、かんぽ生命保険<7181>(東1)は4日続伸の0.3%高、ゆうちょ銀行<7182>(東1)は4日ぶりに反発し1.3%高となり、金融庁と信金・信組などとの会合で郵便貯金などの限度額引き上げに関する話が行われたと伝えられ期待が再燃した。 上場2日目のネオジャパン<3921>(東マ・売買単位100株)は本日も買い気配を上げ、13時46分に公開価格2900円の5.02倍の1万4550円で初値をつけた。その後..


【株式市場】中国株が一時下げ日経平均は続落だが材料株など個別に活況

◆日経平均の終値は1万9747円47銭(136円47銭安)、TOPIXは1580.25ポイント(14.20ポイント安)、出来高概算(東証1部)は24億6693万株 30日後場の東京株式市場は、中国株式の一時下げ幅拡大などが手控え要因になり、日経平均は後場寄り後に先物主導型で一段安の176円27銭安(1万9707円67銭)まで下押した。その後は一進一退を続けて2日続落となった。一方、東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均は高い。 後場は、10月の新設住宅着工戸数(国交省発表)が..


【12月の株主優待】福田組、鳥越製粉、キリンホールディングスなど

【12月の株主優待】(1)サムシングホールディングス<1408>(JQS)優待品=お米券売買単位=100株直近株価=552円美樹工業<1718>(JQS)優待品=?サラダコスモ製品売買単位=1000株直近株価=419円福田組<1899>(東1)優待品=クオカード売買単位=1000株直近株価=1293円鳥越製粉<2009>(東1)優待品=自社製品売買単位=100株直近株価=806円


オープンハウスが「持ち家は6ヵ月連続増加」と伝わり上場来高値

 オープンハウス<3288>(東1・売買単位100株)は30日の後場一段ジリ高となり、14時40分を回って9.4%高の2589円(223円高)まで上昇し、11月18日以来の上場来高値更新となった。国交省発表の10月の新設住宅着工戸数が午後発表され、前年同月比2.5%減少して8カ月ぶりの減少となったが、うち「持ち家」は同2.4%増加して6カ月連続の増加と伝えられたため選別買いが入った。業績は好調で株価もPER9倍台のため好材料に反応しやすいようだ。上場来高値の相場のため需給や心..


ジャパンインベストメントアドバイザーはValliere Aviation 社へ出資し、資本・業務提携を発表

■来期の売上高は10数億円以上を見込む ジャパンインベストメントアドバイザー<7172>(東マ)は27日、子会社JIAルクセンブルクを通じて、Valliere Aviation 社(以下VAG社)へ出資し、資本・業務提携を行ったと発表した。 世界の航空機需要は2030年ごろまで堅調に推移する一方で、今後20年間で約14,000機以上の航空機が退役になる見通しで、退役する航空機を解体しその部品・装備を航空機ユーザー(整備会社、航空会社、リース会社等)に販売するパーツアウト・ビジ..


ケミプロ化成が一時ストップ高など「有機EL」関連株の活況高続く

■フーマイスターエレクトロニクスは14時30分にかけても買い気配 米アップル社が「アイフォーン」などに有機ELパネルを採用する方針と26日の日本経済新聞が伝えたことを受け、30日も倉元製作所<5216>(JQS・売買単位100株)が朝方から断続的にストップ高の408円(80円高)に張り付き、ケミプロ化成<4960>(東2)は後場寄り後に3日連続ストップ高の322円(80円高)まで上げるなど、「有機EL」関連株の活況高が続いている。フーマイスターエレクトロニクス<3165>(J..


パイプドHDグループ会社、アズベイスは「第16回コールセンター/CRMデモ&コンファレンス2015 in 東京」に出展

■「BizBaseテレマーケティング」、「BizBase CRM」を出展 パイプドHD<3919>(東1)のグループ会社、アズベイスは、11月12日(木)、13日(金)に池袋サンシャインシティで開催された日本最大級のコールセンター・CRM業界イベント「第16回コールセンター/CRMデモ&コンファレンス2015 in 東京」に出展した。  当日は、アズベイスブースでは、「BizBaseテレマーケティング」、「BizBase CRM」を出展し、デモンストレーションを交えて説明した..


【話題】ニュース証券:観光客急増!航路開発・高速フェリーなど、好調企業注目

■グエンさん・女性の日に次ぎ、「先生の日」を紹介 2015年もあと一か月、わが国ではインバウンドが大きな話題となった。ベトナムも例外でなく、経済状況を反映した海外からの来航者があるようだ。 国別にみれば、中国からの訪問客がトップだが今年は減少傾向で、同国への直接投資が増えている韓国、台湾からの入国者数が伸びているという。 特に、「ベトナム最後の楽園」として、近年開発が進むフーコック島への観光客数が急増し、今年はビングループのリゾート施設・ホテルや(高級)病院がオープン、観光客..


クリーク・アンド・リバー社のRPG武将英雄伝『戦国修羅SOUL』の事前登録ユーザーが10万人を突破

■10万人突破を記念して、ゲーム内でレアガチャを回すことのできるアイテム「金塊」2,000個等をプレゼント クリーク・アンド・リバー社<4763>(JQS)は本日(30日)、スマートフォンゲーム、3DリアルタイムバトルRPG武将英雄伝『戦国修羅SOUL』の事前登録ユーザーが10万人を突破したことを発表した。 10万人突破を記念して、ゲーム内でレアガチャを回すことのできるアイテム「金塊」2,000個に加え、アーティストのGACKTをモデルにした『戦国修羅SOUL』のオリジナルキ..


データホライゾンが「ストレスチェック」なども思惑に3ヵ月ぶり1000円回復

 データホライゾン<3628>(東マ・売買単位100株)は30日の後場も約3ヵ月ぶりに1000円(122円高)台に乗って推移し、13時を過ぎての値上がり率は14.4%で東証マザーズ銘柄の2位に躍進している。 30日付で、内閣府の「歳出効率化に資する優良事例の横展開のための健康増進・予防サービス・プラットフォーム」で優良事例としてヒアリングを受けたことなどを発表。また、12月1日施行の改正労働安全衛生法で企業に「ストレスチェック」が義務付けられることも思惑買いにつながったようだ..


上海総合指数が前週末の3500割れに続き3400ポイントも割る

 30日の中国株式は続落模様となり、上海総合指数が日本時間の正午前に11月3日以来の3400ポイント台を割り込み、1.1%安の3397.84ポイント(38.47ポイント安)前後となっている。前週末27日に大手証券への査察などが手控え要因とされて約3週間ぶりに3500ポイントを割り込んだばかり。日経平均は後場寄り後に一段軟化し、150円安の1万9740円前後となっている。中国景気に敏感とされるコーセー<4922>(東1)などや鉄鋼株、トイレタリー株の一角が安い。 中国株式につい..


ヨコレイ頑強、4ケタ前に約2カ月モミ合う、2ケタ増益を見直す展開へ

 ヨコレイ<2874>(東1・売買単位100株)は980円を挟んだモミ合いが10月8日からほぼ2カ月にわたって続いている。同時に日足・25日線に対しても大きく下回ることなく底堅い動きである。9月ボトムからTOPIXが約16%上昇していることと比べ、とくに、16年9月期が29.1%の営業増益、EPS59.9円、配当年20円見通しという好内容からみて割安で出遅れているといえるだろう。11月9日の出来高約11万株以降、10万株を下回る出来高となっておりシコリの売りは一巡したものとみ..


師走相場の「水準より変化率」の投資セオリーで上方修正の黒字転換銘柄、復配銘柄にリターンマッチ余地=浅妻昭治

<マーケットセンサー> 「フリー、フェア、グローバル」と今はなき橋本龍太郎首相が、声高にアピールした日本版金融ビックバンが導入されて来年で満20年となる。この3原則の影響か、兜町のマチの様子やカルチャー、投資家事情もすっかり変わってきた。たとえば師走の「餅つき相場」、「掉尾の一振」では、決まって「ご意見無用」とばかり値ごろ材料株を集中アタックする腕に覚えの低位株ファン、ボロ株マニアがいたものだが、そうした投資家もいまや希少生物、あるいは絶滅危惧種となっているようだ。証券専門の..


【株式市場】日経平均は軟調だが上場2日目のネオジャパンは本日も買い気配

◆日経平均の前引けは1万9807円43銭(76円51銭安)、TOPIXは1585.00ポイント(9.45ポイント安)、出来高概算(東証1部)は9億9272万株 30日前場の東京株式市場は、前週末の中国株が約3週間ぶりに3500ポイントの大台を割り、欧州株もスイスを除き全面安となったほか、朝発表の日本の鉱工業生産指数についても冴えないとの見方があり、日経平均は9時30分にかけて122円01銭安(1万9761円93銭)まで下げる場面があった。ただホンダ<7267>(東1)などの自..


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧