NHKニュース|社会 2015年12月25日 (金曜日)

比で少女にみだらな行為 元校長に猶予付き判決

フィリピンのホテルで現地の少女にみだらな行為をして撮影し、画像を保存していた罪などに問われた横浜市の中学校の元校長に対し、横浜地方裁判所は「犯行はフィリピンの子どもたちの経済的な苦境に乗じたもので卑劣だ」として、執行猶予の付いた懲役2年の判決を言い渡しました。


千葉市 仕事納め行事前倒し 長期休暇取りやすく

年末年始に長期の休暇を取りやすいようにと、千葉市は、来週の28日に予定していた仕事納めの行事を前倒しして25日に行いました。


尖閣沖の接続水域に中国海警局の船3隻

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。3隻は午前9時現在、久場島の北およそ34から38キロを航行していて、海上保安本部が領海に近づかないよう、警告と監視を続けています。このうち1隻の甲板上には4本の砲とみられる装備が確認できるということです。


口永良部島 一部を除き避難指示解除

鹿児島県の口永良部島でことし5月に爆発的な噴火が起きて以降、島の全域に出されていた避難指示が、25日午前10時、一部の地域を除いておよそ7か月ぶりに解除されました。


11月の有効求人倍率1.25倍 高い水準続く

仕事を求めている人1人に対し企業から何人の求人があるかを示す、11月の有効求人倍率は1.25倍と、10月より0.01ポイント上昇し、平成4年1月以来の高い水準が続いています。


11月の完全失業率は3.3% 前月に比べ悪化

11月の全国の完全失業率は3.3%で、10月に比べて0.2ポイント悪化しました。


ニューヨーク 史上最も暖かいクリスマスイブに

アメリカでは東部から南部にかけた地域で記録的な暖かさになり、ニューヨークでは観測史上最も暖かいクリスマスイブとなって、コートを脱ぎ薄手の格好で出かける人の姿が目立ちました。


歌会始 10人の入選者決まる

新春に皇居で行われる「歌会始」の入選者に、新潟市の高校生など10人が選ばれました。


厚生労働省 化血研を業務停止処分へ

熊本市にある製薬会社「化血研」が、長年にわたって国の承認とは異なる方法で血液製剤を製造し、組織的な隠蔽を図っていた問題で、厚生労働省は来月にも会社に対し、薬の販売を一定期間禁止する業務停止処分を行う方針を決めました。


口永良部島の避難指示 きょう一部を除き解除

鹿児島県の口永良部島でことし5月に爆発的な噴火が起きて以降、島の全域に出されていた避難指示が、25日に一部の地域を除いておよそ7か月ぶりに解除されます。


子どもの貧困対策 単独の計画は6割の道府県

子どもの貧困対策を具体的に進めるための計画を、都道府県が策定するよう定めた法律が去年施行されたのを受けて、6割の道府県が、単独の計画を策定あるいは策定予定であることが分かりました。ほかの4割は一般の子育て支援計画に盛り込んだなどとしていて、調査を行った専門家は「貧困状態の子どもは特別な支援を必要としている。地域によって受けられる支援に差が出てしまう」と指摘しています。


トンネルのモルタル落下 工事の進め方が影響か

22日に千葉県君津市の補修工事中のトンネルでモルタルがはがれ落ちた事故で、専門家は、道路の通行止めの時間をできるだけ減らそうとする工事の進め方が影響した可能性もあると指摘し、千葉県などが詳しく調べることにしています。


災害時に船の強制移動 海上保安庁が法改正検討

東日本大震災で、津波を避けようとした船が東京湾に集中する傾向が見られたことから、海上保安庁は、衝突事故や支援物資の輸送への影響を防ぐため、災害時に停泊する船の位置を強制的に移動させることができるよう、法律の改正を検討しています。


火災のフェリー 来月中にも同じ航路で運航再開へ

ことし7月、北海道の苫小牧沖で起きたフェリーの火災で、車両デッキなどが焼けた船の修理作業がほぼ終わり、船会社は来月中にも、以前と同じ茨城県の大洗港と苫小牧港の間で運航の再開を目指す方針です。


仮設住宅でクリスマスのイルミネーション

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県東松島市では、仮設住宅の広場や部屋の中にイルミネーションが飾られ、住民たちがクリスマスイブの夜を楽しみました。


消防施設900か所余 浸水への対策取られず

ことし9月の豪雨で、茨城県常総市の庁舎にあった非常用電源が水没し、業務に支障が出たことなどを受けて、総務省消防庁が全国の消防施設を調べたところ、非常用電源を災害時に想定される浸水域より高い場所に置くなどの対策が取られていない施設が、900か所余りに上ることが分かりました。


普天間基地移設巡り 沖縄県がきょうにも国を提訴へ

アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、沖縄県の翁長知事は、名護市辺野古で進められている移設工事を早急に止めるため、25日にも国を相手に裁判を起こす方針です。移設計画を巡り、国と沖縄県が互いに相手を訴える異例の事態となります。


大阪大学大学院教授 1億5000万円余の不正経理か

大阪大学大学院の50代の男性教授が、研究費を業者に預ける「預け金」と呼ばれる方法などで、10年以上前から不正な経理処理をしていた疑いのあることが大学の調査で分かりました。不正に処理された金額は合わせて1億5000万円以上にのぼり、一部は私的に流用されたとみられるということで、大学は教授の処分や刑事告訴を検討することにしています。


東京都の公園や美術館でWiーFiサービス

5年後のオリンピック・パラリンピックに向けて、外国人旅行者が手軽に観光情報などを得られるよう、東京都はインターネットに無料で接続できる「Wi−Fi」のサービスを、25日から都立の公園や美術館など35の施設でスタートさせます。


高浜原発3号機 きょう核燃料入れる作業開始

福井県にある高浜原子力発電所の3号機と4号機について、裁判所が再稼働を認める判断を示したことを受けて、関西電力は、まず3号機の来月下旬の再稼働を目指して、25日午後から原子炉に核燃料を入れる作業を始めます。


自然災害被災者の債務免除 指針まとまる

全国の金融機関などでつくる研究会は、大規模な自然災害で被災して、住宅ローンなどを返せなくなった人たちの借金を一部免除するための指針をまとめ、ことし9月に起きた「関東・東北豪雨」の被災者にも適用する方針です。


普天間基地移設巡る沖縄県の申し出を却下

国と地方の争いを調停する「国地方係争処理委員会」は、アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、沖縄県の翁長知事が行った埋め立て承認取り消しの効力を、石井国土交通大臣が一時停止したことは「違法だ」とした沖縄県の申し出について、審査の対象にならないとして却下しました。


社長解任巡り セーラー万年筆と中島氏が和解

業績不振が続く老舗の文具メーカー「セーラー万年筆」の社長職を解かれた旧大蔵省出身の中島義雄氏が、この決議を無効だとして裁判所に仮処分を申請していた問題で、24日に両者が和解して、中島氏は申請を取り下げたうえで、取締役として経営にあたることになりました。


環境省 アサリで東京湾浄化の事業 来年度は行わず

東京オリンピックの関連予算で環境省が実施している、アサリなどで東京湾の水質浄化を目指す事業について、環境省は省庁の事業にむだがないかを検証する「秋のレビュー」で妥当性が疑問視されたことから、来年度は事業を行わないことを決めました。


ドラマ制作巡る裁判 NHKと講談社が和解

ドラマの制作が撮影開始の直前に取りやめになったことを巡って、NHKが原作となった小説の著作権を管理する講談社に損害賠償を求めた裁判は、24日に東京高等裁判所で和解が成立しました。


パチンコ台不正改造 全国で数十万台回収へ

ギャンブル性が高くなるように不正に改造されたパチンコ台が全国に出回っているとして、来月以降、メーカーで作る業界団体が自主回収に乗り出すことが分かりました。業界団体によりますと、回収するのは数十万台に上る見通しだということです。


災害時の医療情報通信態勢強化で研究会

総務省は、東日本大震災から来年3月で5年になるのを前に、災害時の医療に関する情報通信の態勢強化を検討する研究会を立ち上げ、全国の医療機関などが、病院の被災状況や患者の数などの情報を共有するシステムの活用を促す対策について、議論を始めました。


東京メトロ社員 切符払い戻し悪用などで着服

東京メトロの男性社員が、切符の払い戻しを悪用したり落とし物のICカードを現金化したりする不正を300回以上繰り返し、現金17万円余りを着服していたことが分かりました。


介護や医療支援の最新ロボットを紹介

介護や医療などの現場で使われる最新のロボットを集めた展示会が、神奈川県藤沢市で開かれています。


トンネルのモルタル 下に支えのない状態で落下か

23日、千葉県君津市の補修工事中のトンネルでモルタルが長さ20メートルにわたって剥がれ落ちた事故で、現地調査を行った専門家は、アーチ状のモルタルとコンクリートの基礎部分との間に隙間があって下に支えのない状態になり、山の地肌との接着力が不足して剥がれ落ちた可能性があるという見方を示しました。


「政務活動費の一部 報酬に」 千代田区へ答申

地方議会で政務活動費の不透明な支出がたびたび問題になっているなか、東京・千代田区議会の議員の政務活動費について、区の審議会は議員1人にひと月15万円支給される政務活動費のうち、10万円を使いみちの報告義務がない報酬に移し替えるかたちにするよう区長に答申しました。議員の中からも「透明性がなくなる」と批判の声が上がっています。


国交省汚職事件 元係長が起訴内容認める

羽田空港にある航空機格納庫の土地の使用許可を巡り、現金およそ350万円などを受け取った罪に問われている国土交通省の元係長の裁判が東京地方裁判所で始まり、元係長は起訴された内容を認めました。


就学支援金不正事件受け文科省の特別チーム発足

広域通信制のある三重県の高校で国の就学支援金が不正に支給された疑いが持たれていることを受けて、文部科学省は24日、特別チームを立ち上げ、広域通信制の在り方を定めたガイドラインの作成に向けて検討を始めました。


中3男子生徒が死亡 ビルから飛び降りか

24日朝、兵庫県明石市の駐車場で若い男性が死亡しているのが見つかり、警察の調べで、市内に住む15歳の中学3年の男子生徒と確認されました。警察は近くのビルから飛び降りたとみて調べるとともに、学校の関係者などから話を聞いています。


トンネルのモルタル落下 専門家の調査始まる

23日、千葉県君津市の補修工事中のトンネルで天井や側面のモルタルが長さ20メートルにわたって剥がれ落ちた事故で、24日午後、国土交通省の専門家ら20人近くが現場のトンネルに入り、調査しました。


コンデンサーでカルテルか 67億円の課徴金へ

電子機器や電化製品に組み込まれている「コンデンサー」という電子部品について、国内の複数のメーカーが価格をつり上げる不正なカルテルを結んでいた疑いがあるとして、公正取引委員会はこのうち5社に対して、合わせて67億円の課徴金を命じる方針を固めました。


来春の花粉飛散予測 西日本でかなり多い

来年の春、スギやヒノキの花粉が飛ぶ量は、西日本の多くの地域でことしの春と比べてかなり多くなるという予測を、環境省が発表しました。


東京五輪見据え 羽田に「空港危機管理課」新設へ

5年後の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、羽田空港の国土交通省東京空港事務所に、来年、テロ対策などを一元的に担当する「空港危機管理課」が新設されることになりました。


女子中学生 路上で死亡 校舎から飛び降りか

24日午前、大阪・藤井寺市の中学校の前の道路で3年生の女子生徒が倒れているのが見つかり、死亡が確認されました。警察は、女子生徒が校舎の3階から飛び降りた可能性が高いとみて調べています。


皇居「三の丸尚蔵館」 展示収蔵スペース拡充へ

宮内庁は皇室ゆかりの美術品を所蔵する皇居の「三の丸尚蔵館」を増築し、展示や収蔵のスペースを2倍前後に拡充する基本構想を取りまとめました。


隊員2人が相次ぎ自殺 兵庫県警機動隊長を処分

兵庫県警の機動隊に所属する20代の隊員2人が相次いで自殺した問題で、警察は「パワハラや、いじめとまで言える言動はなかった」とする調査結果をまとめる一方、適正な組織管理ができていなかったなどとして、機動隊長を本部長注意の処分にしました。


患者家族の宿泊施設 寄付から5年も見通したたず

心臓の移植手術を待ちながら亡くなった女の子の親から7000万円余りの寄付を受け、岡山大学病院が整備するとしている患者家族の宿泊施設が、寄付から5年たった今も、設置の見通しがたっていないことが分かりました。女の子の父親は「率直に残念で、できる範囲で早く作ってほしい」と話しています。


トラブル相次いだ山手線新型車両 27日から試運転

営業運転の初日にトラブルが相次ぎ、運転を取りやめていたJR山手線の新型車両について、JR東日本はトラブルの原因とみられる情報管理システムを修正し、今月27日から試運転を始めることになりました。問題がないことが確認されれば、営業運転を再開させたい考えです。


西武新宿線 運転再開

西武新宿線は踏切で起きた人身事故の影響で、西武新宿駅から東村山駅の区間で上下線ともに運転を見合わせていましたが、午後2時に再開しました。


大飯原発3・4号機 住民の申し立て退ける 福井地裁

福井地方裁判所は高浜原発と同じ福井県にある大飯原子力発電所の3号機と4号機についても、再稼働しないよう求めた住民の申し立てを退ける決定を出しました。


高浜原発3・4号機 再稼働認める判断 福井地裁

福井県にある高浜原子力発電所の3号機と4号機について、福井地方裁判所は「新しい規制基準の内容と審査の判断は合理的で、住民の生命が脅かされる具体的な危険は認められない」と指摘し、再稼働しないよう命じた、ことし4月の仮処分を取り消し、再稼働を認める判断をしました。これを受けて関西電力は、まず3号機を来月にも再稼働させる方針です。


浪曲師の国本武春さん 死去

三味線を弾きながら浪曲を語るスタイルで人気を集めた浪曲師の国本武春さんが、24日未明、東京都内の病院で急性呼吸不全のため亡くなりました。55歳でした。


西武新宿線 一部運転見合わせ

西武新宿線は踏切で起きた人身事故の影響で、西武新宿駅から東村山駅の区間で上下線ともに運転を見合わせています。


宮城 震災被害の閖上中学校 校舎解体始まる

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市で、多くの住民が避難した閖上中学校の校舎を解体する作業が始まりました。


マイナンバー汚職事件 懲役1年6か月求刑

マイナンバー制度の導入に向けた厚生労働省のシステム設計などを巡る汚職事件の裁判が東京地方裁判所で行われ、収賄の罪に問われた厚生労働省の元室長補佐は起訴された内容を認めました。検察は懲役1年6か月を求刑し、判決は来年2月に言い渡されます。


モルタル落下のトンネル 工法見直しへ

23日、千葉県君津市の補修工事中のトンネルで、天井や側面のモルタルが長さ20メートルにわたって、はがれ落ちた事故で、補修工事を発注した千葉県の土木事務所は現在の工法は適切でなかった可能性が高いとして、原因を調べたうえで、工法を見直すことを明らかにしました。


北海道新幹線 東京〜新函館北斗2万2690円に

来年3月に開業する北海道新幹線の特急料金について、国土交通省はJRの申請を認可し、東京と新函館北斗の区間の運賃と指定席の特急料金は合わせて2万2690円となることが正式に決まりました。


モルタル落下 千葉県知事が陳謝「原因究明急ぐ」

23日、千葉県君津市の国道のトンネルで天井などを覆っていたモルタルが長さ20メートルにわたって、はがれ落ちた事故について、千葉県の森田知事は国に専門家の派遣を要請し、原因究明を進めていく考えを示しました。


沖縄返還「密約」 2年前に肩代わり含め検討

1972年の沖縄返還の際、本来アメリカが負担すべき基地を撤去したあとの原状回復の費用を、日本が代わりに支払ったとする「密約」を巡って、返還の2年前に、外務省が日本が肩代わりすることも含めて検討していたことが、24日に公開された外交文書で明らかになりました。日米の「密約」につながる議論が、沖縄返還前の早い段階から行われていたことがうかがえます。


ジャーナリスト安田純平さん シリアで拘束の情報

フリージャーナリストの安田純平さんが、ことし6月、取材でシリア国内に入ったあと行方が分からなくなっています。これについてジャーナリストの国際団体は、シリアの武装組織が安田さんを拘束し身代金を要求しているという情報があるとして、日本政府に解放のため努力するよう求めました。


尖閣沖の接続水域 中国海警局の3隻航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


司法試験漏えい事件 元教授に執行猶予つき有罪判決

ことしの司法試験の問題を教え子だった女性に漏えいしたとして国家公務員法の守秘義務違反の罪に問われた明治大学法科大学院の元教授に対し、東京地方裁判所は「司法試験の公正さへの信頼が大きく害されたことは明らかだ」などとして、執行猶予のついた有罪判決を言い渡しました。


日航機 カナダ上空で揺れ乗客1人けが 乱気流か

日本時間の24日未明、成田発の日本航空の旅客機が目的地のカナダ上空で機体が突然大きく揺れ、乗客1人が通路で転倒して軽いけがをしました。日本航空は乱気流に巻き込まれた可能性があるとみて調べています。


秋田・湯沢で住宅火災 焼け跡から2人の遺体

24日朝早く、秋田県湯沢市で住宅1棟が全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。警察は、亡くなったのはこの住宅に住む90代と70代の女性2人ではないかとみて確認を急いでいます。


詐欺グループの電話の80%がレンタル悪用

警視庁はことし摘発した振り込め詐欺グループなどが使っていた電話を分析したところ、全体の80%がレンタル業者が貸し出した携帯電話などが悪用されていたことが分かりました。貸し出す際の本人確認で偽造された運転免許証などが使われたケースが大半で、警視庁は悪質なレンタル業者の摘発を強化することにしています。


モルタル落下 1か月ほど前に直す作業完了

23日、千葉県君津市の国道のトンネルで天井などを覆っていたモルタルが長さ20メートルにわたって落下した事故で、剥がれ落ちたモルタルは、1か月ほど前に吹きつけ直す作業が完了したばかりだったことが千葉県への取材で分かりました。県は24日から現場での調査を始め、事故の原因を調べることにしています。


高校生はねられ死亡 運転の男“間違えてアクセル”

23日午後、さいたま市浦和区の市道で、渋滞中の車列に突っ込んできた乗用車に、道路脇を歩いていた15歳の女子高校生がはねられて死亡しました。過失運転傷害の疑いで逮捕された80歳の男は「ブレーキと間違えてアクセルを踏んでしまった」と話しているということです。


軽ワゴン車が衝突し炎上 2人死亡1人けが

23日夕方、岩手県釜石市で、若い男性3人が乗った軽ワゴン車が、道路脇の信号機の支柱に衝突して炎上し、2人が死亡し、1人がけがをしました。


国会議員が育休取得へ 一億総活躍社会後押しを

自民党の宮崎謙介衆議院議員は、東京都内で記者団に対し、来年の国会開会中に1か月程度、育児のための休暇を取りたいという考えを示したうえで、「国会議員が率先して育児に参加し、『一億総活躍社会』を後押したい」と述べました。


トンネル天井のモルタル23トン余剥落 千葉・君津

3年前の山梨県の笹子トンネルの事故を受けて天井の補修工事を進めていた千葉県君津市の国道のトンネルで23日、天井を覆っていた長さ20メートル、重さ23トン余りのモルタルが剥がれ落ちました。当時、通行していた車は無く、けが人はいないということで、県が原因を詳しく調べています。


死体遺棄容疑で男2人逮捕 鹿児島・奄美

鹿児島県奄美市で、今月12日ごろから67歳の女性の行方が分からなくなり、警察が奄美市の山の中を捜索したところ、女性の遺体が見つかりました。警察は、女性と同居していた66歳の男と、その知人の41歳の男の2人を死体遺棄の疑いで逮捕するとともに死亡したいきさつについても調べています。警察によりますと、同居していた男は容疑を否認し、知人の男は認めているということです。


津波被害の町ににぎわいを 宮城・女川町に新商店街

東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた宮城県女川町に23日、新しい商店街がオープンしました。女川町は被災地の中でも最も人口減少が進んでいて、商店街を中心ににぎわいを取り戻せるかが課題となっています。


うその電話信じ7900万円の詐欺被害 佐賀

佐賀県内の70代の男性が、証券会社や金融庁の関係者を名乗る男からのうその電話を信じて、先月までに数回にわたって現金合わせて7900万円をだまし取られ、警察は詐欺事件として捜査しています。


西武池袋線 運転再開

西武池袋線は、人身事故の影響で池袋駅と練馬駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後2時44分に運転を再開しました。一方、池袋駅と埼玉県の西武秩父駅を結ぶ特急のレッドアロー号は運転を見合わせています。


西武池袋線 運転見合わせ 池袋〜練馬

西武池袋線は、人身事故の影響で、午後1時10分すぎから池袋駅と練馬駅の間の上下線で運転を見合わせています。運転再開は午後2時ごろになる見込みだということです。


虐待受けた障害者 全国で約2700人に

家族や福祉施設の職員などから虐待を受けた障害者は、ことし3月末までの1年間に全国でおよそ2700人と、前の年より40人余り増えたことが、厚生労働省のまとめで分かりました。


アルバイトなどの時給上昇 セールに備え人手確保で

企業が、3大都市圏でアルバイトやパートを募集する際に示す時給は、年末年始のセールに備えて販売スタッフを確保する動きが強まったことなどから、先月は平均で981円と、去年の同じ月を2%上回ったという調査結果がまとまりました。


首都高でトレーラーが事故 コンテナが川に落下

23日午前、東京・江戸川区の首都高速道路で、トレーラーが側壁にぶつかり、コンテナ部分が道路のフェンスを突き破って川に落下しました。警視庁は、トレーラーがカーブを曲がりきれなかったとみて調べています。


安心して年越しを 生活苦など無料電話相談会

仕事や住まいを失うなど、生活が苦しい人たちの相談に弁護士らが無料で応じる、全国一斉の電話相談会が開かれています。


挟み撃ちで殺害 被害者はイラン人 薬物トラブルか

名古屋市中川区で走っていた車が別の車2台に挟み撃ちにされて運転していた男性が殺害された事件で、男性は27歳のイラン人と確認されました。現場の近くで注射器の入ったポーチが見つかっていることなどから、警察は薬物が関係した外国人どうしのトラブルの可能性があるとみて調べています。


天皇陛下 82歳の誕生日 皇居で一般参賀

天皇誕生日の23日、皇居では天皇陛下の82歳の誕生日を祝う一般参賀が行われました。


稲むらの火の町 世界津波の日で防災に新たな決意

11月5日を「世界津波の日」と定める決議案が国連総会で採択され、そのいわれとなった「稲むらの火」の故事が伝わる和歌山県広川町では、採択について知らせる横断幕を掲示し、防災に取り組む決意を新たにしました。


11月5日が「世界津波の日」に 日本提案が採択

国際社会が津波の危険性を共有し被害を減らしていくため、11月5日を「世界津波の日」と定める日本が提出していた決議案が、国連総会で全会一致で採択されました。


海上自衛隊が流氷観測縮小へ 任務の増加で

海上自衛隊が北海道沖のオホーツク海で毎年10回前後行ってきた、哨戒機による上空からの流氷観測を、今シーズンは1回に減らすことが分かりました。警戒監視や海外派遣などの任務の増加が原因だということです。


尖閣諸島沖の接続水域 中国海警局の4隻が航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻が、日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。4隻のうち1隻の甲板上には、4本の砲とみられる装備を搭載しているのが確認できるということです。4隻は午後3時現在、南小島の南東およそ29キロの日本の接続水域を航行していて、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。


排ガス不正ないか 国内の車の検査方法を公開

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンが排ガス規制を逃れるため、不正なソフトウエアを搭載していた問題を受けて、国は国内で同じような不正がないかを確認するサンプル検査を今月末から始めることになり、22日、検査の様子を公開しました。


消防白書「緊急消防援助隊を増強へ」

総務省消防庁はことしの消防白書を公表し、大規模な災害への備えとして、阪神・淡路大震災を教訓に作られた「緊急消防援助隊」を増強し、防災体制を充実させていくことを強調しています。


天皇陛下の記者会見 全文「先の戦争考えた1年」

天皇陛下は82歳の誕生日を前に、皇居・宮殿で記者会見に臨まれました。記者会見の内容の全文です。


津波被害の宮城 女川町 新商店街きょうオープン

東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた宮城県女川町に23日、新しい商店街がオープンします。女川町は被災地の中でも最も人口減少が進んでいて、商店街を中心ににぎわいを取り戻せるかが課題となっています。


天皇陛下 82歳の誕生日

天皇陛下は、23日、82歳の誕生日を迎えられました。


認知症高齢者の早期保護へ 警察署長が行方不明届

行方が分からなくなった認知症の高齢者などを早期に保護するため、警視庁は、家族などに代わって警察署長が行方不明の届けを出す方式を取り入れることになりました。届け出までの時間が大幅に短縮され、より効率的な手配や保護が期待されるということです。


京王井の頭線 運転再開

京王電鉄の井の頭線は、人身事故のため渋谷と永福町の間の下り線で運転を見合わせていましたが、午前0時50分すぎ運転を再開しました。


京王井の頭線 下り運転見合わせ

京王電鉄の井の頭線は午前0時半ごろ永福町駅で起きた人身事故のため、渋谷と永福町の間の下り線で運転を見合わせています。


東芝不正会計問題 新日本監査法人を処分

金融庁は、不正会計問題を引き起こした東芝の監査を担当していた「新日本監査法人」に対して、注意を怠って不正な会計を見落としていたとして、新しい契約を結ぶ業務を来月から3か月間、停止するとともに、課徴金としておよそ21億円の納付を命令する処分を行うと発表しました。


災害情報を多言語で 翻訳機能付き拡声機など紹介

5年後のオリンピック・パラリンピックに向けて、多言語対応の取り組みを検討する協議会が開かれ、外国人の観光客などが災害時に必要な情報を得られるよう災害情報を4か国語で知らせるアプリや翻訳機能の付いた拡声機などが紹介されました。


風で飛ぶ可能性 三角停止表示板の認定取り消し

新潟市のメーカーが製造した、高速道路で車を止めた際に路上に置く三角形の停止表示板について、国家公安委員会は、定められた基準の風で飛ばされる可能性があり、安定性に欠けるとして認定を取り消しました。


溶接不十分の部品 さらに増え690の橋に

全国の500を超える橋で、耐震補強工事に使われた部品に溶接の不十分なものが見つかった問題で、その後の国土交通省の調査で、橋の数はさらに増えて690に上ることが分かりました。これを受けて国の専門家の委員会は工事を発注する国などにも製品の抜き打ち検査を行うことなどを求める再発防止策をまとめました。


マイナンバー通知入れ代わり 国立印刷局のミス

先月、川崎市内の女性に発送されたマイナンバーの通知カードが別の女性のカードと入れ代わっていた問題で、原因を調査していた地方公共団体情報システム機構は、カードなどを封筒に入れる工程を委託している国立印刷局の作業ミスだったと発表しました。


マンション条例裁判 元国立市長に支払い命令

東京・国立市が制定したマンションの高さを制限する条例を巡り、市が不動産会社に支払った賠償金を当時の市長に請求した裁判で、東京高等裁判所は、1審とは逆に、元市長に対して3100万円余りを支払うよう命じました。


住友商事OBの2人がインサイダー取引か

大手商社「住友商事」が業績見通しを大幅に下方修正するという情報を知ったOBの元顧問ら2人が、この情報が発表される前に保有していた株を売却し、損失を免れるインサイダー取引をしたとして、証券取引等監視委員会は合わせて940万円の課徴金の納付を命じるよう金融庁に勧告しました。


代理出産あっせんの会社 元社長を脱税で起訴

子どもを第三者の女性に産んでもらう「代理出産」や「卵子提供」のあっせんなどで得た1億5000万円余りの所得を隠していたとして、東京地検特捜部は東京の医療コンサルティング会社の元社長を法人税法違反などの罪で起訴しました。


不利な証言しないよう迫った罪 弁護士を在宅起訴

東京の50歳の弁護士が、事件の裁判で証言する予定だった男性に文書を送り付けるなどして被告にとって不利な証言をしないよう迫ったとして、証人威迫の罪で在宅起訴されました。


オレオレ詐欺 75歳の女性が1億円被害

東京・練馬区の75歳の女性が、息子を装ったオレオレ詐欺のうその電話を信じて現金合わせて1億円をだまし取られ、警視庁は、詐欺事件として捜査しています。


小2男児 終業式の日に事故で死亡 新潟

新潟県加茂市の交差点で、終業式を終えたばかりの小学2年生の男の子が乗った軽乗用車が別の車に衝突され、男の子が死亡しました。警察は衝突してきた車を運転していた団体職員をその場で逮捕し、事故の状況を調べています。


在日朝鮮人への脅迫的言動は人権侵犯 初の勧告

法務省は、右派系グループの元代表者らが、東京・小平市の朝鮮大学校の前で、在日朝鮮人2人に対し、脅迫する言動を行ったことは人権侵犯に当たるなどとして、この元代表者に対し、今後、同様の行為を行わないよう勧告しました。法務省によりますと、こうした事例で勧告を行うのは初めてだということです。


再稼働反対グループ 福井県知事が同意表明で抗議活動

福井県の西川知事が高浜原子力発電所3号機と4号機の再稼働に同意すると表明したことを受けて、経済産業省の前では、再稼働に反対している市民グループが抗議活動を行いました。


子どもたちが「家庭のスマホルール」東京

生活習慣が乱れたり、犯罪に巻き込まれたりするなど、深刻な影響も指摘されているスマートフォンの利用について、子どもたちみずからが家庭での利用ルールを定める取り組みが、東京・江戸川区のすべての小中学校で始まりました。


JR横浜線 運転再開

人身事故の影響で東京の町田駅と神奈川県の橋本駅の間の上下線で運転を見合わせていたJR横浜線は、午後6時28分に運転を再開しました。


水俣病 国の審査会が10人の申請棄却

水俣病の認定を巡り、国の臨時審査会が新たな指針を基に4回目の認定審査を行った結果、熊本県と鹿児島県の合わせて10人の申請について棄却が相当とする答申をまとめ、環境省はいずれの申請も棄却しました。


温室効果ガス削減目標 5年ごとに見直しへ

地球温暖化対策を巡って、温室効果ガスの削減目標の達成に向けた計画作りを進めている環境省と経済産業省は、目標を5年ごとに見直すことなどを明記した計画の骨子案を示しました。


福井県知事 経産相に国民の理解促進要請

関西電力高浜原子力発電所の3号機と4号機の再稼働に同意した福井県の西川知事は、22日夕方、林経済産業大臣と会談しました。西川知事は、原発に対する国民の理解の促進を要請したのに対して、林大臣は国として責任を持って説明などの対応にあたる考えを示しました。


JR横浜線 運転見合わせ

JR横浜線は午後5時半ごろに起きた人身事故の影響で、東神奈川駅と八王子駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、その後、見合わせの区間は縮小され、東京の町田駅と神奈川県の橋本駅の間の上下線で運転を見合わせています。


中国海警局の船に砲らしき装備 尖閣沖接続水域

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島沖合の日本の領海のすぐ外側にある接続水域に、22日午前8時20分ごろ、中国海警局の船2隻が新たに入り、現在合わせて4隻が航行を続けています。


靖国神社事件 再来日の際2キロの黒色火薬所持

東京の靖国神社のトイレで爆発音がして火が出た事件で、建造物侵入の疑いで逮捕された韓国人の男が、今月9日に再び来日した際に2キロ近い粉末を持ち込み、これらが黒色火薬だったことが警視庁への取材で分かりました。警視庁は、火薬類取締法違反などの疑いもあるとみて捜査しています。


子育て中に親を介護「ダブルケア」5人に1人直面

子育て中の母親の5人に1人が親の介護も同時に担う「ダブルケア」の問題に直面していることが、生命保険会社などが行った全国調査で分かりました。調査したグループは「晩婚化が進むなか、ダブルケアの問題は今後、より大きくなる」と指摘しています。


内部文書漏えいで陸自幹部3人を懲戒処分

自衛隊の訓練に関する内部文書を在日ロシア大使館の元駐在武官に渡したとして、陸上自衛隊の元陸将らが自衛隊法違反の疑いで書類送検され、その後、起訴猶予となった事件で、陸上自衛隊は現役の幹部3人を戒告の懲戒処分としました。


大学入試改革 新テスト 記述式をまず国語と数学で

大学入試の抜本的な改革を目指している文部科学省は、22日に開かれた有識者会議で、大学入試センター試験に代わる新たなテストのイメージを示しました。文章やグラフを読み解いて自分の考えを書く問題となっていて、こうした記述式をまずは国語と数学に盛り込む方向で検討を進めるとしています。


厚労省 介護離職ゼロ対策を自治体に説明

家族の介護を理由に仕事をやめる介護離職をなくそうと、施設などの受け皿の整備を盛り込んだ今年度の補正予算案について、厚生労働省が全国の自治体を対象に説明会を開き、自治体の担当者からは「施設の整備だけが進んでも人手不足のなか、サービスの質が低下しかねない」といった声も聞かれました。


現場付近に注射器数十本入りポーチ 薬物トラブルか

20日、名古屋市中川区を走っていた車が別の車2台に挟み撃ちにされて運転していた男性が殺害された事件で、現場の近くから数十本の注射器の入ったポーチが見つかっていたことが、警察への取材で分かりました。ポーチは男性のものとみられ、警察は薬物が関係したトラブルの可能性もあるとみて調べています。


テロ対策の中心「SAT」の合同訓練を初公開

サミット=主要国首脳会議、「伊勢志摩サミット」を来年に控え、警察庁はテロ対策の中心となる、警視庁と神奈川県警の特殊部隊「SAT」の合同訓練を初めて公開しました。


JR北海道データ改ざん 19人と会社を書類送検

おととし明らかになったJR北海道によるレールの検査データの改ざん事件で、警察は、うそのデータを国に報告して監査を妨害したなどとして、本社の幹部を含む社員ら19人と、法人としてのJR北海道を22日、鉄道事業法違反などの疑いで書類送検しました。


京都 ブランドショップに車で突っ込み多額窃盗

22日未明、京都市のブランドショップで、高級バッグなど数千万円分が盗まれているのが見つかりました。防犯カメラには、車が突っ込んだあと、複数の犯人が商品を持ち出す様子が映っていて、警察は窃盗事件として捜査しています。


消防団活動 就活で評価を 消防庁審議会が答申

災害から地域を守る役割を担う消防団員が減り続けるなか、総務省消防庁の審議会は、加入者を増やすため、消防団で活動した大学生などが就職活動で企業から評価される仕組みを普及させるよう答申しました。


解党したみんなの党 渡辺元代表 再び不起訴

解党したみんなの党の渡辺喜美元代表が化粧品販売会社の会長から8億円を借り入れていた問題で、東京地検特捜部は検察審査会の議決を受けた再捜査でも「起訴するだけの証拠がない」として、渡辺氏を再び不起訴にし捜査を終結しました。


「震災遺構」南三陸町の防災対策庁舎 引き渡し式

東日本大震災の記憶を伝える「震災遺構」の1つ、宮城県南三陸町の防災対策庁舎が、震災発生から20年後まで宮城県によって維持管理されることになり、現地で庁舎の引き渡し式が行われました。


寝屋川の中学生殺害事件 男を起訴 睡眠薬成分検出

大阪・寝屋川市の中学1年生の男女が遺体で見つかった事件で、警察が、2人の遺体を詳しく調べたところ、ごく微量の睡眠導入剤の成分が検出されていたことが、捜査関係者への取材で分かりました。警察は、契約社員の男が2人に薬を飲ませ抵抗できなくした疑いがあるとみて調べています。検察は22日、男子生徒を殺害した罪で男を起訴しました。


諫早湾干拓巡る国への制裁金の倍増が確定 最高裁

長崎県の諫早湾で行われた干拓事業を巡って国に科せられている制裁金について、最高裁判所は国の抗告を退け、制裁金を2倍に引き上げ、1日当たり90万円とする決定が確定しました。国がこれまでに支払った制裁金は3億円を超えていますが、さらに膨らむことになります。


北アルプス 慶応大山岳部遭難 1人死亡1人救助

21日、北アルプスのスバリ岳で慶応大学山岳部の男子学生2人が遭難し、このうち22歳の学生が意識不明の状態で見つかり、まもなく死亡が確認されました。もう1人の25歳の学生は無事救助されました。


厚労省汚職 別の職員も業者から借金 2人を懲戒免職

厚生労働省の監察本部は、マイナンバー制度の導入に向けたシステム設計などの業務を巡る汚職事件で収賄の罪で逮捕・起訴された職員のほかにも、業者から現金を借りたり飲食の付けを回したりしていた職員がいたなどとする検証結果をまとめました。これを受けて、厚生労働省は22日付けでこの2人を懲戒免職の処分にしました。


笹子トンネル事故 会社側の過失認め賠償命じる判決

3年前、中央自動車道の笹子トンネルで起きた天井板の崩落事故で、死亡した5人の遺族がトンネルを管理する中日本高速道路などに損害賠償を求めていた裁判で、横浜地方裁判所は「有効な点検を行っていれば事故を回避することができた」として会社側の過失を認め、合わせて4億4000万円余りの賠償を命じる判決を言い渡しました。


組み体操 けがの割合 兵庫県が平均の2倍以上

運動会などで披露される組み体操の事故が相次いでいることから、専門家が都道府県別にけがをした子どもの割合を調べたところ、兵庫県が全国平均の2倍以上も高く、次いで福岡県と大阪府が高いことが分かりました。専門家は「けがが多い自治体は早急に抜本的な対策が必要だ」と指摘しています。


もんじゅ 検討会の座長に有馬元文相を内定

馳文部科学大臣は記者会見で、高速増殖炉「もんじゅ」を巡り、今の事業者に代わる運営主体の特定を求める原子力規制委員会の勧告を受けて、課題の検証を行う検討会の初会合を来週28日に開き、座長に元文部大臣の有馬朗人氏が内定したことを明らかにしました。


不明の女子中学生を無事保護 33歳の男逮捕

三重県御浜町で先月、登校するため家を出たまま行方が分からなくなっていた中学2年の女子生徒が22日午前、高知市で無事保護されました。警察は女子生徒と一緒にいた33歳の男を未成年者誘拐の疑いで逮捕しました。警察によりますと、調べに対し容疑を否認しているということです。


「通級指導」制度 高校にも導入の方針

障害などのために読み書きや対人関係が困難な小中学生を対象に、一部の授業をふだんとは別の教室で行う「通級指導」と呼ばれる支援の制度について、文部科学省は平成30年度をめどに高校にも導入する方針を固めました。


新国立競技場デザイン 木材多用と緑が特徴

東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場を巡って、政府は関係閣僚会議を開き、先に公表された2案のうちA案を採用することを決めました。A案は、建築家の隈研吾氏がデザインした「大成建設」などでつくるグループの案で、「木と緑のスタジアム」をテーマに、木材を多く使った伝統的な日本建築と壁面を彩る緑が特徴のスタジアムとなっています。


北アルプス 慶応大山岳部の2人が遭難 1人は重体

21日、北アルプスのスバリ岳で慶応大学山岳部の男子学生2人が遭難し、このうち1人は無事救助されましたが、もう1人の22歳の学生は意識不明の重体です。


国立市議会議長 陳情の女性に不適切発言で辞職

今月、東京・国立市の市議会で出生届の嫡出子の記載欄の廃止を求める陳情書を提出した女性に対し、市議会の議長が婚姻届を出さずに子育てしてきたことを非難するような発言をしていたことが分かりました。この議長は、発言の責任をとって21日付けで議長を辞職しました。


JR東海会長名乗り口座開設か 名古屋の男ら2人逮捕

JR東海の会長だとうそを言って銀行口座を開設し、通帳をだまし取ったとして、名古屋市の男ら2人が詐欺などの疑いで警視庁に逮捕されていたことが分かりました。警視庁は、2人が別の詐欺グループから金をだまし取るために、大企業の幹部と同じ名前の口座を悪用しようとしたとみて捜査しています。


登山家の谷口けいさん発見 死亡を確認

北海道の大雪山系の黒岳で、21日から行方が分からなくなっていた女性登山家の谷口けいさんが、22日午前、捜索隊に発見され、病院で死亡が確認されました。警察は頂上付近の崖から誤って滑り落ちたとみて調べています。


福井県知事 高浜原発3・4号機の再稼働に同意表明

関西電力高浜原子力発電所の3号機と4号機について、福井県の西川知事は22日午前、再稼働に同意すると表明し、これで立地自治体と県の同意が出そろいました。高浜原発を巡っては、ことし4月に裁判所が出した再稼働を認めない仮処分の決定に対し関西電力が異議を申し立てていて、24日に示される裁判所の判断が焦点になります。


踏切事故で乗用車の女性死亡 北海道・中富良野町

22日朝、北海道中富良野町の踏切で、普通列車と乗用車が衝突し、乗用車を運転していた40代の女性が死亡しました。列車の乗客にけがはありませんでした。


新国立競技場デザイン “木と緑のスタジアム”のA案に決定

東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場を巡って、政府は関係閣僚会議を開き、先に公表された2案のうちA案を採用することを決めました。A案は、建築家の隈研吾氏がデザインした「大成建設」などでつくるグループの案で、「木と緑のスタジアム」がコンセプトとなっています。


登山家の谷口けいさん 心肺停止の状態で見つかる

北海道の大雪山系の黒岳で行方が分からなくなっていた女性登山家の谷口けいさんが、22日午前、捜索隊によって発見されました。警察によりますと谷口さんは心肺停止の状態だということです。


列車と乗用車が衝突 車の女性が意識不明 北海道

22日朝、北海道中富良野町の踏切で普通列車と乗用車が衝突し、乗用車を運転していた40代の女性が意識不明の重体となっています。列車に乗っていたおよそ40人にけがはないということです。


基準満たさない「今治タオル」 一部メーカーが出荷

愛媛県今治市のタオルメーカーが、品質基準を満たしていない製品を高級タオルの「今治タオル」として出荷していたことが、メーカーでつくる組合への取材で分かりました。問題のタオルはブランドの認定を受けておらず、全国に少なくとも35万枚が出荷されたとみられ、組合が実態調査を行っています。


路上で転倒 警察署で保護の男性が死亡

21日、東京・江戸川区の路上で自転車で転倒して、警察署で保護されていた41歳の男性がその後、死亡し、警視庁が死因を調べています。


登山家の谷口けいさん 登山中に不明 捜索開始

世界最高峰のエベレストにも登頂した女性登山家の谷口けいさんが21日、北海道の大雪山系の黒岳を登山中に行方が分からなくなり、22日朝から警察や自衛隊が捜索をしています。


寝屋川市の男子中学生殺害の罪でも起訴へ

大阪・寝屋川市の中学1年生の男女が遺体で見つかった事件で、検察は女子生徒を殺害した罪で起訴されている男を22日、男子生徒を殺害した罪でも起訴する方針です。これまでの捜査で、男子生徒を殺害したことを示す直接的な証拠は得られておらず、検察は、今後始まる裁判で状況証拠をもとに難しい立証を迫られることになります。


データ流用問題 業界団体が再発防止で指針

建物のくいの工事でデータの流用などが相次いで明らかになった問題で、大手建設会社などでつくる「日本建設業連合会」は、くい打ちを行う業者には毎日、作業記録の報告を求めるなど、再発防止に向けた施工管理の指針の案をまとめました。


登山家の谷口けいさん 登山中に不明 捜索へ

世界最高峰のエベレストにも登頂した女性登山家の谷口けいさんが21日、北海道の大雪山系の黒岳を登山中に行方が分からなくなり、警察と自衛隊は22日の日の出を待って捜索することにしています。


竜巻などの新たな判定基準 来年度から運用へ

竜巻などの突風の強さを被害から判定する「藤田スケール」と呼ばれる基準について、気象庁は物置や自動販売機、それに電柱といった被害をもとに判断するように見直し、来年度から運用を始めることになりました。


震災遺構の防災対策庁舎 きょう引き渡し式 宮城

東日本大震災の記憶を伝える「震災遺構」の一つ、宮城県南三陸町の防災対策庁舎が、震災から20年後まで県によって維持管理されることになり、22日、現地で庁舎の引き渡し式が行われます。


笹子トンネル事故 民事裁判きょう判決

中央自動車道の笹子トンネルで起きた天井板の崩落事故で、亡くなった5人の遺族が中日本高速道路などを訴えた裁判の判決が22日、横浜地方裁判所で言い渡されます。会社側の過失について裁判所がどのように判断するか注目されます。


オリンピック・パラリンピック教育の提言まとまる

オリンピック・パラリンピックを通じた子どもたちの教育の内容について検討してきた東京都の有識者会議は、都内のすべての公立学校でボランティア活動や国際交流などを、年間35時間程度を目安に行うべきだとする最終提言をまとめました。


五輪エンブレム応募者のアドレスを誤送信

2020年東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会が、白紙撤回されたエンブレムに応募した100人分のメールアドレスを誤って送信し、お互いに分かる状態になっていたことが分かりました。


ロシア爆撃機が日本列島周回 自衛隊機が緊急発進

21日、ロシア軍の爆撃機が日本列島周辺を1周し、自衛隊機がスクランブル=緊急発進しましたが、領空侵犯はありませんでした。


同性愛など題材の本26冊盗難か 岐阜県図書館

岐阜市にある岐阜県図書館で、同性愛や性同一性障害を題材にした書籍26冊がなくなっていることが分かり、県は盗まれた可能性があるとして、21日、警察に被害を届け出ました。


高浜原発再稼働 福井県知事が同意表明へ

関西電力が再稼働を目指す高浜原子力発電所について、福井県の西川知事は20日の林経済産業大臣に続き、21日関西電力の八木社長と会談し、判断する材料は整ったとして、近く再稼働に同意を表明する方針です。


女性登山家の谷口けいさん 大雪山系で遭難か

世界最高峰のエベレストにも登頂した、女性登山家の谷口けいさんが21日、北海道の大雪山系の黒岳を登山中に行方が分からなくなりました。付近には滑落した跡があったということで、警察は谷口さんが遭難したとみて、22日朝から行方を捜すことにしています。


都の被災地支援ツアー 4割の旅行会社が過大受給

東京都が、被災地を支援するため福島県へのツアーを行う旅行会社に出している補助金を調査したところ、全体のおよそ4割に当たる80余りの旅行会社が合わせて1000万円余りを過大に受け取っていたことが分かりました。


2歳の長男にたばこ 母親を書類送検

去年、東京・江戸川区の飲食店で2歳の長男に火のついたたばこをくわえさせたとして、警視庁は20代の母親を暴行の疑いで書類送検しました。このときのものとみられる画像がインターネット上に投稿され、明らかになったということです。


東海地震判定会「地震に直ちに結びつく変化なし」

東海地震の判定会は、21日の定例の会合で「現在のところ、東海地震に直ちに結びつくとみられる変化は観測していない」という見解をまとめました。


「安保関連法は違憲」来春以降各地で提訴へ

ことし9月に成立した安全保障関連法は憲法違反だとして、弁護士などのグループが、来年の春以降、各地で訴えを起こすことを明らかにしました。安全保障関連法を巡る集団訴訟は初めてとみられます。


がん発症の従業員「環境改善訴えるも受け入れられず」

発がん性があるとみられる物質を扱っていた化学工場で、従業員など5人が相次いでぼうこうがんを発症した問題で、がんを発症した従業員が記者会見し、「作業環境の改善を訴えたが受け入れられなかった」と話しました。


生活圏外の森林は除染しない方針 土砂流出など懸念

東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、各地で行われている除染を巡り、国は住民の生活圏から離れた森林については除染で落ち葉を取り除くことで土砂が流出するなどの悪影響が懸念されるとして、除染を行わない方針を示しました。


化血研に立ち入り検査 近く業務改善命令へ

熊本市にある製薬会社「化血研」が、医薬品の原料で生物テロにも使われるおそれのあるボツリヌス毒素を運ぶ際に、必要な届け出を怠っていたとして、厚生労働省は会社に対し立ち入り検査を行いました。「化血研」では国の承認とは異なる方法で血液製剤や動物用のワクチンを製造する問題が相次いで明らかになっていて、厚生労働省は、近く業務改善命令を出す方針です。


世界の平均気温 過去最高を更新の見通し

ことしの世界の平均気温は、アメリカ西部やインドなどで異常な高温が続いたことなどから、過去最高だった去年を更新し、120年余りの統計で最も高くなる見通しとなりました。


地球温暖化で予測 極端な異常気象の頻度高まる

地球温暖化が進行すると、日本をはじめ世界各地で異常な高温や大雨、それに大雪など極端な気象現象の頻度が高くなるという予測が、スーパーコンピューターを使った大がかりな分析でまとまりました。研究グループは今回の予測結果を国や自治体の温暖化対策に活用してもらいたいとしています。


カフェイン大量摂取が原因か 20代男性死亡

カフェイン入りの清涼飲料水を飲み続けていた20代の男性が死亡していたことが分かり、解剖を行った福岡大学の医師は、胃の中からカフェインの錠剤とみられる粉末状のものも見つかったことなどから、短期間にカフェインを大量摂取したことが原因の中毒死とみています。


商品券1人で860万円使用 大分・姫島村

大分県姫島村で販売された「プレミアム商品券」のうち、総額の1割近くのおよそ860万円分を村内の男性が、1人で使っていたことが分かりました。男性は親族の代理などとして商品券を購入していましたが、代理購入する際の制限などが設けられていなかったということで、商品券を販売した商工会では「特定の人に集中し、大変申し訳ない」と話しています。


挟み撃ちで男性殺害 ペルシャ語で「殴れ殴れ」の声

20日に名古屋市中川区で、乗用車が別の2台の車に挟み撃ちにされて止められ、運転していた男性が殺害された事件で、近くの人が撮影した映像にペルシャ語で「殴れ殴れ」などとどなる声が入っていたことが分かりました。ペルシャ語はイランを中心に使われている言語で、警察は外国人どうしのトラブルの可能性もあるとみて詳しい状況を調べています。


NHK会長の記事で新潮社に賠償命令

週刊誌の記事で名誉を傷つけられたとして、NHKと籾井勝人会長が、発行元の新潮社を訴えた裁判で、東京地方裁判所は「記事の内容は真実とは認められない」などとして、新潮社に対し、籾井会長に550万円を支払うよう命じる判決を言い渡しました。


教員の育成指標や研修計画策定を 中教審が答申

教員の育成の在り方を検討してきた文部科学省の中教審=中央教育審議会は大学と教育委員会が連携する協議会を各地に設けて、育成指標や研修計画を策定するよう馳文部科学大臣に答申しました。


商品券上限超え購入 滋賀・甲良町長の不信任案否決

ことし7月、滋賀県甲良町で販売された「プレミアム商品券」を、町長と当時の町議会議長が1人2冊までの上限を超えて購入していたことを受けて、21日、町議会で町長に対する不信任決議案が審議されましたが、採決の結果、否決されました。町長は「軽率な行動で、深くおわびしたい」と話しています。


入居者転落死の老人ホームに行政処分 川崎市

高齢者3人が転落して死亡するなど、問題が相次いだ川崎市の有料老人ホームに対して、市は、介護報酬の請求を来年2月から3か月間停止する行政処分を行いました。


国歌斉唱で起立せず減給 取り消し求めるも訴え退け

卒業式で国歌を斉唱する際に起立しなかったなどとして、減給処分を受けた大阪府立の支援学校の男性教諭が処分の取り消しなどを求めた裁判で、大阪地方裁判所は「公立学校の教職員に国歌の起立斉唱を義務づけた府の条例は憲法に違反せず、処分が重すぎるとは言えない」として、訴えを退けました。


介護休業を分割で取得可能に 制度の見直しを

介護を理由に仕事を辞める「介護離職」をなくそうと、厚生労働省の審議会は、介護休業を利用しやすくするため分割して取得できるようにするなど、制度の見直しを求める報告書を取りまとめました。


原子力推進PRの看板撤去始まる 福島・双葉町

東京電力福島第一原発が立地する福島県双葉町で、原発事故の前から町の中心部に設置されていた原子力の推進をPRする看板の撤去作業が21日から始まりました。


再発防止策取り3学期から給食再開 奈良・生駒

奈良県生駒市の学校給食センターで、調理中の野菜にあめの包み紙が混入しているのが見つかり、給食が中止されていた問題で、生駒市は監視カメラを設置するなど再発防止策を取ったうえで、3学期から給食を再開することを決めました。


「初日の出暴走」対策 警視庁が取締り訓練

年末年始に「初日の出暴走」などとして、活動が活発化するおそれがある暴走族の検挙に向けて、警視庁は新たな機材を使った取締りの訓練を行いました。


電気柵設置 経済産業省が規制を強化へ

ことし7月、静岡県西伊豆町で動物よけの電気柵に家族連れなど7人が感電し、2人が死亡した事故を受けて、経済産業省は規制を強化し、今後は電気工事士の資格がなければ、自作では電気柵を設置できなくすることを決めました。


高齢者の歩く割合増の地域ほど転倒の割合が減

高齢者で、1日平均30分以上歩く人の割合が増えた地域ほど、転倒する人の割合が減少していることが千葉大学などの研究グループが行った大規模な調査で分かりました。研究グループは、地域での介護予防の取り組みにつなげてほしいとしています。


就学支援金不正支給の疑い サポート校6校廃止へ

通信制のある三重県の高校で国の就学支援金が不正に支給された疑いが持たれている事件で、高校の運営会社の親会社は21日、不正に関わった疑いがある都内などのサポート校、合わせて6校を年内で廃止することを明らかにしました。


筑波山地域の日本ジオパーク認定目指しフォーラム

貴重な地形や地質のある地域を保護して観光などに生かす「日本ジオパーク」に、茨城県の筑波山地域の認定を目指している協議会が、来年4月の再申請に向けて土浦市でフォーラムを開きました。


除染で出た土を建設資材に 環境省がモデル事業

東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う、福島県内の除染で出た土などの処分を巡って、環境省は来年度から土に含まれる放射性物質を除去したうえで、建設資材などに再生利用するモデル事業を始めるとする方針案を明らかにしました。


大量の覚醒剤密輸 メキシコ人に懲役25年の判決

相模原市の貸倉庫などにあった石材から見つかった合わせて170キロの覚醒剤を密輸した罪に問われているメキシコ人の男の裁判で、横浜地方裁判所は「密輸方法は巧妙であり悪質で、大量の覚醒剤の密輸は社会的な影響が計り知れない」と指摘し、懲役25年の実刑判決を言い渡しました。


廃油精製施設爆発事故 元常務らに有罪判決 千葉

おととし、千葉県野田市の廃油の精製施設で爆発が起き、2人が死亡、20人がけがをした事故で、業務上過失致死傷の罪に問われた施設を経営する会社の元常務らに対し、千葉地方裁判所松戸支部は、執行猶予の付いた有罪判決を言い渡しました。


音で注意の装置使用義務化の条例成立 徳島県

ことし10月、徳島市で目の不自由な男性が一緒にいた盲導犬とともにトラックにひかれ死亡した事故を受けて、歩行者などに音で注意を促す装置が車に付いている場合、使用を義務づける全国で初めての条例が21日の徳島県議会で可決・成立しました。


オートバイとトレーラー衝突で中3少年死亡

21日未明、千葉県浦安市の交差点で中学3年の少年2人が乗ったオートバイと大型トレーラーが衝突し、オートバイに乗っていた少年1人が死亡し、もう1人が足を骨折するなどのけがをしました。


尖閣諸島沖の接続水域 中国海警局の船2隻航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船2隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。2隻は午後3時現在、久場島の東北東およそ37キロを航行していて、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。


毒物運搬の際に届け出ず 化血研に立ち入り検査

熊本市にある製薬会社「化血研」が医薬品の原料で生物テロにも使われるおそれのあるボツリヌス毒素を運ぶ際に必要な届け出を怠っていたとして、厚生労働省は会社の本社に立ち入り検査に入りました。化血研では国の承認とは異なる方法で血液製剤や動物用のワクチンを製造する問題が相次いで明らかになっていて、厚生労働省は近く、業務改善命令を出す方針です。


化血研 毒素運搬時に届け出ず 厚労省が立ち入りへ

熊本市にある製薬会社「化血研」が、医薬品の原料で生物テロにも使われるおそれのあるボツリヌス毒素を運ぶ際に必要な届け出を怠っていたとして、厚生労働省は21日にも会社に対し、立ち入り検査を行うことにしています。化血研では国の承認とは異なる方法で血液製剤や動物用のワクチンを製造する問題が相次いで明らかになっていて、厚生労働省は近く業務改善命令を出す方針です。


生活圏から離れた森林 除染しない方針固める

東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、各地で行われている除染を巡り、国は住民の生活圏から離れた森林について、除染で落ち葉を取り除くことで土砂が流出するなどの悪影響が懸念されるとして、除染を行わない方針を固めました。


車で挟み撃ち殺害 現場で外国人がどなる声

20日、名古屋市中川区の路上で走っていた車が別の車2台に挟み撃ちにされて止められ、運転していた男性が殺害された事件で、現場では数人が外国語でどなる声が聞かれていたことが、警察への取材で分かりました。警察は防犯カメラの映像を解析するなどして捜査しています。


原発事故時 データ基に避難先割り出すシステムを視察

国内の原発で唯一稼働している鹿児島県の川内原子力発電所で、再稼働後初めての事故を想定した大規模な防災訓練が行われ、鹿児島県が導入した放射線量や風向きなどのデータを基に避難先を割り出すシステムを、原発がある各地の自治体の担当者が視察しました。


知人が伐採した木の下敷きに 男性が死亡

栃木県那須町の雑木林で、近くに住む69歳の男性が、知人が伐採して倒した高さ20メートル余りの木の下敷きになり、頭などを打って死亡しました。


野菜販売のテントに車突っ込む 9人けが 大津

20日夕方、大津市のドラッグストアの駐車場に設けられたテントに軽トラックが突っ込み、小学生2人を含む買い物客9人がけがをしました。警察によりますと、このうち2人が足の骨を折る重傷だということです。


車で挟み撃ちし殺害 襲った男数人は全員外国人か

名古屋市中川区の路上で走っていた車が、別の車2台に挟み撃ちにされて止められ、運転していた男性が殺害された事件で、男性に暴行を加えた男数人が全員、外国人とみられることが警察への取材で分かりました。被害者の男性も外国人とみられ、警察は詳しい状況を調べています。


霧島連山の硫黄山 ごく小さな火山性微動観測

宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山のえびの高原にある硫黄山で、20日午前、振幅のごく小さな火山性微動が2度にわたって観測されました。気象台は「直ちに噴火に結びつくものではない」としたうえで、火山活動がやや高まっているため今後の活動の推移に注意するよう呼びかけています。


「貧困が子どもの夢を狭めている」 国が具体的対策を

経済的に厳しい家庭で育った学生などがみずからの経験を語る集会が東京で開かれ、「大人の貧困が子どもの進学の夢を狭めている」として国に対し、一人親家庭に支給される児童扶養手当を拡充することなど貧困対策をより具体的に進めるよう訴えました。


住宅の焼け跡から1人の遺体発見 千葉・白井

20日昼すぎ、千葉県白井市で住宅の2階部分が焼ける火事があり、1人が遺体で見つかりました。警察はこの家に住んでいた50代の男性とみて身元の確認を進めるとともに、火事の原因を詳しく調べています。


世田谷一家殺害事件 遺族らが情報提供を呼びかけ

東京・世田谷区の住宅で一家4人が殺害された事件からまもなく15年になるのを前に、遺族や地元の住民が現場近くに集まり、一日も早い犯人逮捕のために情報の提供を呼びかけました。


「蒲蒲線」実現へ ラッピング電車を運行

羽田空港へのアクセス向上が期待される東京・大田区の蒲田にある2つの駅を結ぶ、通称「蒲蒲線」の整備に向けて、実現への機運を高めようというラッピング電車の運行が始まりました。


尖閣沖で中国海警局の2隻が一時領海侵入

20日午後、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船2隻がおよそ2時間にわたって日本の領海に侵入しました。2隻は、その後も、領海のすぐ外側にある接続水域で航行を続けていて、海上保安本部が再び領海に近づかないよう警告と監視を続けています。


JR高崎線 運転再開

JR高崎線は埼玉県の本庄駅と岡部駅の間で起きた人身事故の影響で、午後0時すぎから東京と高崎の間の全線で運転を見合わせていましたが、午後1時21分に運転を再開しました。


尖閣沖 中国海警局の2隻が領海侵入

20日午後、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船2隻が日本の領海に侵入し、海上保安本部がただちに領海から出るよう警告を続けています。


熱気球どうしが接触 1機墜落2人大けが 佐賀

20日朝、佐賀県神埼市で開かれていた熱気球の大会で、2機の熱気球が接触して1機が墜落し、乗っていた男性2人が腰の骨などを折る大けがをしました。


JR高崎線 運転見合わせ

JR東日本によりますと、JR高崎線は埼玉県の本庄駅と岡部駅の間で起きた人身事故の影響で、午後0時すぎから東京駅と高崎駅の間の全線で運転を見合わせています。


男性 路上で「知らない男に」刃物で刺され大けが

20日朝東京・大田区の路上で、27歳の会社員の男性が男に刃物で腹部を刺され大けがをしました。男性は「知らない男に刺された」と話していて、警視庁は、傷害事件として刃物を持ったまま逃げている男の行方を捜査しています。


千葉・船橋のスクラップ火災 警察と消防が現場検証

千葉県船橋市のスクラップ業者の敷地で鉄くずなどの山がおよそ40時間にわたって燃え続けた火災で、警察と消防は20日朝から現場検証を行い、出火の詳しい原因を調べています。


住宅など5棟焼ける 全焼の住宅から2人の遺体

20日朝早く、青森県つがる市で住宅など5棟が焼ける火事があり、このうち全焼した住宅の焼け跡から2人が遺体で見つかりました。警察によりますと、この住宅に住む60代と30代の女性2人と連絡が取れなくなっているということで、警察は、亡くなったのはこの2人とみて身元の確認を進めています。


札幌 市電が環状線に 運行始まる

札幌市の中心部を走る路面電車=市電のこれまで終点だった2つの停留場の間が線路でつながれて環状線となり、20日から運行が始まりました。


尖閣沖の接続水域に中国海警局の船2隻

第11管区海上保安本部によりますと、20日午前9時ごろ、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船2隻が、日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入ったのが確認されました。


挟み撃ちで車停止 運転の男性切られ死亡 名古屋

20日午前1時半ごろ、名古屋市中川区の路上で走っていた車が、前後を別の車2台に挟み撃ちにされて止められ、運転していた男性が数人の男に刃物で切られるなどして、その後死亡しました。男らは仲間とみられる別の車に乗って逃げ、警察は殺人事件として捜査しています。


群馬大病院 手術後死亡患者の遺族「真相解明を」

群馬大学医学部附属病院で肝臓の腹くう鏡手術などを受けた患者が相次いで死亡した問題で、19日、開腹手術で亡くなった患者の遺族が記者会見し、「真相を解明してほしい」と訴えました。遺族の弁護団はカルテの記載が不十分であることなどを指摘し、来月中旬までに医師側から直接説明がなければ、民事訴訟を検討していく考えを明らかにしました。


「アノニマス」 サイバー攻撃相次ぎ97件に

国際的なハッカー集団「アノニマス」によるとみられるサイバー攻撃が、ことし9月以降、国内の企業や団体などのホームページに相次ぎ、少なくとも97件に上っていることが警察庁への取材で分かりました。


介護の人手不足解消へ 再就職で返済免除の新制度

介護の現場で深刻となっている人手不足を解消しようと、厚生労働省は、育児などでいったん職場を離れた介護職員が施設などに再就職する際、準備金を貸し付け、2年間働けば返済を免除する新たな制度を設けることになりました。


千葉・船橋のスクラップ火災 40時間で鎮火

千葉県船橋市のスクラップ業者の敷地で鉄くずなどの山が燃えた火災は、消防によりますと、発生から40時間余りたった19日午後9時に完全に消し止められました。警察と消防は今後現場検証を行い、詳しい原因を調べることにしています。


震災復興事業 「ドローン」活用で効率化を

東日本大震災で大きな被害を受けた被災自治体や国の関係者が出席して復興事業の加速化について話し合う会議が仙台市で開かれ、小型の無人機「ドローン」を測量に活用して工事の効率化を図っていくことなどを確認しました。


被害者救助中に車にはねられ2人死傷 長野・南箕輪村

19日未明、長野県南箕輪村の国道で道路を横断中の26歳の男性が乗用車にはねられ、はねた車に同乗していた女性が男性を助けようとしたところ、さらに後続の軽乗用車に2人ともはねられました。この事故で男性は全身を強く打って死亡し、女性も大けがをしました。


横浜中央信組 元支店長が1億8000万円着服か

横浜市に本店のある横浜中央信用組合は57歳の元新潟支店長が顧客の定期預金を解約するなどの手口でおよそ1億8000万円を着服していたとして懲戒解雇処分にしました。今後、この元支店長を警察に告訴する方針です。


脳死の男児からの臓器移植手術すべて終了

今月16日に石川県内の病院で脳死と判定された10歳未満の男の子から提供された肺などの臓器は、全国4か所の病院に運ばれて患者に移植する手術が行われ、すべての手術が19日朝までに無事終了しました。


JR京葉線 運転再開

JR京葉線は風で飛ばされたものが架線に引っかかった影響で、東京駅と蘇我駅の間と東京駅と西船橋駅の間でいずれも運転を見合わせていましたが、午後5時37分、上下線とも運転を再開しました。


原爆投下70年 被爆体験を語り継ぐ

原爆投下から70年の節目の年に、改めて被爆体験を若い世代に語り継ごうという集会が東京都内で開かれました。


札幌 市電が環状線に 市民向け試乗会

札幌市の中心部を走る路面電車=市電がこれまで終点だった2つの停留場の間を線路でつなぎ20日から環状線として運行されるのを前に19日、市民などに向けた試乗会が開かれました。


JR京葉線 運転見合わせ

JR京葉線は、風で飛ばされたものが架線に引っかかった影響で、東京駅と蘇我駅の間と東京駅と西船橋駅の間でいずれも午後4時45分ごろから上り下りとも運転を見合わせています。


オープンめど立たず スキー場で安全祈願祭 秋田

秋田市のスキー場が今シーズンの営業開始を前に安全祈願祭を開きましたが、ことしは積雪がなく開始のめどが立たないなかでの祈願となりました。


JR常磐線快速 運転再開

JR常磐線の快速電車は三河島駅で起きた人身事故の影響で、品川駅と茨城県の土浦駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後3時半ごろ、運転を再開しました。


スクラップ火災 30時間余でほぼ消し止められる

千葉県船橋市のスクラップ業者の敷地で鉄くずなどの山が燃えた火災は発生から30時間余りたってほぼ消し止められ、警察と消防は完全に鎮火するのを待って現場検証を行い、詳しい原因を調べることにしています。この火災で、消防隊員1人が消火活動中にかかとの骨を折る大けがをしました。


野坂昭如さん葬儀 文化人やファン別れ惜しむ

今月9日に亡くなった、作家の野坂昭如さんの葬儀が19日東京・港区で営まれ、文化人やファンなど、およそ600人が参列して別れを惜しみました。


雪不足のスキー場で積雪を祈願 群馬・みなかみ町

例年より暖かく雪不足でスキー場のオープンの延期が相次ぐなか、群馬県みなかみ町の町営スキー場では、雪が積もることを祈願して神事が行われました。


JR常磐線快速 運転見合わせ

JR常磐線の快速電車は午後2時すぎに三河島駅で起きた人身事故の影響で、品川駅と茨城県の土浦駅の間の上下線で運転を見合わせています。


雪を願いスキー場でセレモニー 青森・大鰐町

青森県内はまとまった雪が少なく多くのスキー場が利用できない状態が続いていて、大鰐町のスキー場でも、19日のオープンは延期されましたが、ゲレンデに1日も早く、雪が積もることを願って予定どおりオープニングセレモニーが開かれました。


中小企業庁の幹部職員逮捕 電車内で女性触った疑い

中小企業庁の57歳の幹部職員が、東京・世田谷区の京王線の電車内で女性の体を触ったとして、都の迷惑防止条例違反の疑いで警視庁に逮捕されました。


同居の男性死亡 殴った疑いで男を逮捕

18日、東京・足立区のアパートで、同居していた50代とみられる男性を殴ったとして、62歳のアルバイトの男が傷害の疑いで警視庁に逮捕されました。男性は19日朝になって死亡し、警視庁は今後、容疑を傷害致死に切り替えて調べることにしています。


加古川 殺害された女性 約100万円引き出す

大阪・吹田市の20歳のアルバイト店員の女性が殺害され、兵庫県加古川市の川で遺体で見つかった事件で、女性が今月、自分の口座から数回にわたって合わせておよそ100万円を引き出していたことが、捜査関係者への取材で分かりました。女性は最後に現金を引き出した日に加古川市に向かったとみられ、警察は事件との関連を捜査しています。


新聞配達の男性死亡 ひき逃げで捜査 北茨城

19日未明、茨城県北茨城市でミニバイクで新聞配達をしていた68歳の男性が倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。警察は現場に車のバンパーの一部が落ちていたことなどから、男性が車にはねられ死亡したとみてひき逃げ事件として捜査しています。


「餃子の王将」社長殺害 事件発生から2年

おととし12月、「餃子の王将」を展開する会社の社長が京都市の本社前で拳銃で撃たれて殺害された事件は、19日で発生から2年になります。京都府警察本部の本部長が事件現場を訪れて手を合わせ、1日も早い事件の解決を誓いました。


世田谷一家殺害事件で情報提供呼びかけ

東京・世田谷区の住宅で、会社員の一家4人が殺害された事件からまもなく15年になるのを前に、警視庁は犯人の遺留品の情報が記されたチラシなどを現場近くの駅で配って情報提供を呼びかけました。


スクラップ火災 ほぼ収まるも放水続く 千葉・船橋

千葉県船橋市のスクラップ業者の敷地で鉄くずなどの山から出火した火災は発生から丸1日以上が過ぎました。炎や煙はほとんど収まったものの、鉄くずなどの一部が高温のままとみられ、消防は放水を続けて鎮火に向けた作業を進めています。


JR京浜東北線 運転再開

JR京浜東北線は、秋葉原駅の構内で起きた人身事故の影響で、大宮駅と大船駅の間の全線で運転を見合わせていましたが、午前8時38分、運転を再開しました。


JR山手線 運転再開

JR山手線は、秋葉原駅の構内で起きた人身事故の影響で、内回り、外回りとも運転を見合わせていましたが、午前7時56分、運転を再開しました。


JR山手線・京浜東北線 運転見合わせ

JR山手線は秋葉原駅の構内で起きた人身事故の影響で午前7時37分から内回り、外回りとも運転を見合わせています。また京浜東北線も大宮と大船の間の全線で運転を見合わせています。


車がアパートに突っ込み 少年5人死傷 千葉・銚子

19日未明、千葉県銚子市で少年5人が乗った乗用車がアパートに突っ込み、18歳の男子高校生2人が死亡したほか、1人が意識不明の重体、2人が軽いけがをしました。アパートは壁の一部が崩れましたが、住民にけがはありませんでした。


貨物船の火災 約12時間後に鎮火 愛知・豊橋

18日午後、愛知県豊橋市の港で金属のスクラップを積んだ貨物船が燃えた火災は、消火活動の結果、およそ12時間後の19日未明に消し止められました。警察によりますと、この火災によるけが人はいないということです。


千葉・船橋の火災 1日たつも火の勢い衰えず

千葉県船橋市のスクラップ業者の敷地で鉄くずなどの山から出火した火災は、丸1日がすぎ、火の勢いが弱まりつつあるものの依然として衰えず、消火作業が続いていて、鎮火のめどは立っていないということです。


自動タクシー 神奈川県など 公道で実験へ

神奈川県は、運転手がいらない自動運転タクシーの実用化を目指すため、公道を走らせる実証実験を、来年2月から東京の企業と合同で始めることになりました。


来年の春闘 多くの労組が賃上げ3年連続要求

来年の春闘に向け、産業ごとの労働組合が相次いで要求の方針を固め、多くの組合で、「ベースアップ」に相当する賃上げの要求を3年連続で掲げる見通しになりました。


夫婦別姓 国会での議論は不透明な情勢

いわゆる「選択的夫婦別姓制度」を巡り、民主党などは、制度を導入するための民法の改正案を来年の通常国会に再び提出する方針ですが、自民党内では、「家族の絆が薄れるおそれがある」という意見が根強く、国会で議論が深まるかどうか不透明な情勢です。


長周期地震動 超高層ビルで対策強化へ

南海トラフで想定される巨大地震の長周期地震動について、国の初めての想定がまとまったことを受けて、国土交通省は、三大都市圏などで超高層ビルを建築する際に考慮すべき長周期の揺れの大きさを、最大でこれまでの2倍に引き上げるなど、対策を強化することになりました。


規制改革会議 「民泊」推進へ意見書案

政府の規制改革会議は、旅館業法で原則として認められていない、いわゆる「民泊」を推進する立場から、旅館業法の適用除外となる基準を設けることなどを求める意見書の案を取りまとめました。


東武東上線 運転再開

東武東上線は、人身事故の影響で上下線の一部の区間で運転を見合わせていましたが、19日午前0時49分に全線で運転を再開しました。


西武池袋・有楽町・豊島線 運転再開

西武池袋線は人身事故の影響で池袋駅と練馬駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午前0時33分、運転を再開しました。また池袋線に乗り入れている西武有楽町線と豊島線も運転を再開しました。


JR宇都宮線 運転再開

JR宇都宮線は、人身事故の影響で、栃木県の小金井駅と宇都宮駅の間の下り線で運転を見合わせていましたが、午前0時19分に運転を再開しました。


西武池袋・有楽町・豊島線 運転見合わせ

西武池袋線は江古田駅と東長崎駅の間で起きた人身事故のため、池袋駅と練馬駅の間の上下線で、運転を見合わせています。また池袋線に乗り入れている西武有楽町線と豊島線も運転を見合わせています。


東武東上線 一部で運転見合わせ

東武東上線は、北池袋駅で起きた人身事故のため、上り線が池袋駅と埼玉県の和光市駅の間で、下り線が池袋駅と川越市駅の間で、それぞれ運転を見合わせています。


全日空機 もやのようなもので那覇空港に緊急着陸

18日夜、成田発台北行きの全日空機が、操縦室内に一時もやのようなものが発生したため、那覇空港に緊急着陸しました。乗客・乗員198人にけがはなく、全日空が詳しい原因を調べています。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧