NHKニュース|社会 2016年1月15日 (金曜日)

バスに学生ら6人乗車の情報 早稲田大が確認急ぐ

早稲田大学によりますと、今回、事故があったバスに学生5人と卒業生1人の合わせて6人が乗っていたという情報が寄せられ、6人の安否について確認を進めているということです。


警察幹部 左ガードレールに接触後 右側に転落か

長野県警察本部交通指導課の幹部が、軽井沢警察署で報道関係者の取材に応じ、当時のバスの状況について「バスの進行方向の左側のガードレールにこすった跡があったことから、バスが左側のガードレールに接触したあと、反対車線を越えて右側の崖下に転落した可能性がある」と指摘しました。


バス事故 死亡のうち5人は右側窓際に着席か

今回の事故で死亡し、これまでに身元が確認された9人のうち5人が、右側の窓際に座っていたとみられることが、関係者への取材で分かりました。


食品関連会社「ロースカツとメンチカツも買い取り」

カレー専門店の「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋が廃棄処分にしたはずのビーフカツが、処理業者から横流しされていた問題で、岐阜県羽島市の食品関連会社の責任者が、ビーフカツだけでなくロースカツとメンチカツも買い取っていたことを明らかにしました。岐阜県はこの会社の立ち入り調査を行い実態を調べています。


死亡確認された7人は全員大学生

今回のバス事故で死亡した14人のうち、警察はこれまでに9人の身元が確認されたと発表していますが、運転手2人以外の乗客7人はいずれも大学生で、友人などとツアーに参加していました。


自殺者 18年ぶりに2万5000人下回る

去年1年間に自殺した人は2万3971人と、前の年より1400人以上減り、18年ぶりに2万5000人を下回ったことが分かりました。


バス会社「死亡運転手の健康診断行っていない」

バスを運行していた東京・羽村市のバス会社、「イーエスピー」の山本崇人営業部長は、国土交通省の調査のあと報道陣の取材に応じ、「死亡したバスの運転手は、先月この会社で働き始めてから健康診断はこれまで1度も行っていなかった。健康診断は来月に行う予定だった」と話し健康診断を実施していなかったことを認めました。


スキーバス転落で14人死亡 バス会社を捜索

15日午前2時ごろ、長野県軽井沢町のバイパスで、スキー客を乗せたバスが道路から転落し、乗っていた41人のうち、乗客12人と乗員2人の合わせて14人が死亡し、これまでに、いずれも大学生の8人の乗客の身元が確認されました。警察は午後6時すぎから東京のバス運行会社を過失運転致死傷の疑いで捜索しています。


東京都など ツアー会社を立ち入り検査

今回のバス事故を受けて、東京都と観光庁、それに関東運輸局合わせて5人が、スキーツアーを企画した東京・渋谷区の「キースツアー」を訪れ、午後4時ごろからおよそ1時間半かけて立ち入り検査を行いました。


18日以降荒れた天気に 日本海側中心に大雪も

発達する低気圧の影響で、日本付近は18日の月曜日以降、雪や雨を伴って風が強まり、荒れた天気となる見込みです。さらにその後も強い寒気が流れ込み続け、日本海側を中心に雪が降り続いて大雪となるおそれがあり、気象庁は今後の気象情報に注意するよう呼びかけています。


ツアー会社「若者に人気のツアー」

東京・渋谷区の旅行会社「キースツアー」によりますと、今回の斑尾高原などのスキー場に向かうスキーツアーは、この会社の50種類ほどあるツアーの中でも予約が多い人気のツアーだったということです。


前職場の社長「 在籍中スキーツアーの仕事せず」

今回の事故でバスを運転していた65歳の運転手は、先月まで都内の別のバス運行会社に勤務していました。この会社の社長はNHKの取材に対して「5年近く在籍している間は、比較的小型のバスなどで近距離を送迎する仕事が中心で、今回のようなスキーツアーの仕事はしていなかった」と話しています。


同業者「運転手が道を間違えた可能性も」

首都圏から長野県へのスキーツアーのバスを運行している別の会社の経営者は、バスを運転していて死亡した運転手が、先月まで、比較的小型のバスの仕事が中心だったことについて、「バスは大きさが違うと求められる技術がまったく変わる。慣れない運転の中で道を間違えた可能性もあるのではないか」と指摘しています。


神戸大で阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼

阪神・淡路大震災から17日で21年になるのを前に、学生や教職員41人が亡くなった神戸大学で、犠牲者を追悼する式典が行われました。


バス運行会社 業界団体の安全評価の対象外

日本バス協会は、利用者の参考にしてもらおうと、5年前、各社の安全への取り組みを3段階で評価する独自の制度を導入していますが、今回、バスを運行していた「イーエスピー」は、事業許可から2年に満たない新しい会社のため、評価の対象にはなっていませんでした。


相次ぐバス事故 そのたびに規制強化

スキーツアーなどに利用される貸し切りバスを巡っては、16年前の規制緩和に伴って参入する業者が大幅に増えた一方で、乗客が犠牲になるバス事故が相次ぎ、そのたびに規制が強化されてきました。


勝手にルート変更した場合は道路運送法違反に

国土交通省や日本バス協会によりますと、通常、ツアー会社の「行程表」と、実際のバスの運行ルートが異なることはなく、仮に、運転手が会社に報告せず勝手にルートを変更した場合は、道路運送法違反に当たるということです。


ツアー会社「乗務員が行程表と異なるルート走行」

スキーツアーを企画した東京・渋谷区の「キースツアー」の福田万吉代表は、事故を起こしたバスの乗務員が事前の行程表とは異なるルートを走っていたことを明らかにしました。


バス事故 シートベルト着用状況を確認へ

今回の事故では、複数の乗客が車外に投げ出され、乗客たちは「シートベルトをしていない人もいた」と話していて、警察は、シートベルトを着用せず車外に投げ出された可能性があるとみて、事故当時の詳しい状況を調べています。


都予算案7兆円台 五輪や子どもの貧困対策に重点

東京都の新年度予算案が15日公表され、一般会計の総額は景気の回復などで税収が増える見込みとなったことから7兆円余りとなり、平成5年度以来23年ぶりに7兆円台に上りました。4年後のオリンピック・パラリンピックに向けた施策だけでなく、子どもの貧困対策など福祉にも重点的に配分されています。


拉致問題相 被害者帰国に向け粘り強く取り組む

加藤拉致問題担当大臣は自民党の会合で、核実験を行った北朝鮮に対し、国連の安保理で厳しい制裁を科す決議の早期採択を目指す一方、拉致被害者の帰国に向けて対話の窓口を閉ざすことなく、粘り強く取り組んでいく決意を示しました。


国交省 被害者支援室の職員を派遣

長野県で起きたバス事故を受け、国土交通省は、公共交通機関で大きな事故が起きた場合、被害者や家族への情報提供や心のケアに当たる被害者支援室の職員6人を、現地の病院に派遣しました。


この30年で犠牲者が最多のバス事故に

国土交通省によりますと、バスの事故で死者が10人を上回ったのは、昭和60年1月、長野市の国道でスキーの貸切バスが川に転落し、25人が死亡した事故以来で、今回は、この30年で犠牲者の数が最も多いバス事故となりました。


あすから大学入試センター試験 56万人余が受験

大学入試センター試験が16日から行われ、全国で56万人余りが受験する予定で、各地の試験会場では準備が行われました。


1歳児にたばこ押しつけか 傷害容疑で父親逮捕

1歳の赤ちゃんの足に、火の付いたたばこを押しつけてやけどをさせたとして、福岡市の22歳の父親が傷害の疑いで逮捕されました。赤ちゃんの体には複数のやけどの痕やすり傷などがあるということで、警察は虐待を受けていなかったか調べています。警察によりますと、父親は容疑を否認しているということです。


くいデータ改ざん 住民の約9割が建て替え希望

横浜市のマンションで‘傾き’が見つかり、建物を支えるくいのデータの流用や改ざんが行われていた問題で、マンションのおよそ9割の住民が全棟の建て替えを希望していることが、管理組合が行ったアンケートで分かりました。建て替えには、法律で所有者の5分の4以上の同意が必要ですが、アンケートの結果はこの条件を満たす結果となりました。


バス転落事故 乗客の中には大学生も

今回、事故のあったバスには法政大学や首都大学東京などの大学生が乗っていたという情報があります。


事業用自動車事故調査委が調査員派遣へ

長野県で起きたバス事故を受け、事業用自動車事故調査委員会は、国土交通省の要請を受け、15日に調査員4人を現場の長野県に派遣し、原因を調べることにしています。事業用自動車事故調査委員会は、国から独立した機関としておととし発足し、自動車工学や交通心理学などを専門とする委員らが事故を調査し、再発防止策を提言します。


北朝鮮核実験 自衛隊機調査で放射性物質検出されず

防衛省は、北朝鮮による核実験を受けて連日行ってきた自衛隊機による大気中の放射性物質の調査について、今後、放射性物質が検出される可能性は低いことから、14日までで調査を終了することになりました。


「すごいスピードで右往左往 尋常じゃない曲がり方」

友人らと4人でスノーボードをするためスキー場に向かっていた19歳の男子大学生は、バスの前から6番目の席に乗車していて事故に遭い、顔や腕を打つなどのけがをして長野県佐久市の金澤病院に運ばれました。


バスの走行距離 行程表に基づけば基準満たす

NHKが入手したバスの行程表をもとに走行距離を計算したところ、東京を出発して長野県に到着し、再び東京に戻るまでの距離は、片道でおよそ300キロ、往復でおよそ600キロになるとみられます。国土交通省が、4年前、関越自動車道で乗客7人が死亡したバス事故を受けて強化した安全基準では、1日の走行距離が、原則として昼間の場合は500キロ、夜間の場合は400キロを超えた場合、2人の運転手が交代で乗務する必要があります。今回事故を起こしたバスには2人の運転手が乗務していたことから、行程表に基づけば、片道であっても往復であっても、基準を満たしていることになります。


「いきなりドンという衝撃が」

都内の大学に通っていて、ゼミの仲間10人とスキーに向かう途中で事故に遭った大学4年生の23歳の男性は「寝ていたら、いきなりドンという衝撃があって目が覚めました。何が起きたのか分からず、窓から外に出ましたが、バスがめちゃめちゃに壊れているのを見て事故に遭ったことが分かりました」と当時の状況を振り返りました。同じグループの大学4年生の22歳の男性は「うとうとしていたら、後ろの乗客から『やばい、やばい』という叫び声が聞こえたので、窓の外を見てみると、バスが大きく右に寄っているのが分かりました。そのあとすぐにガードレールにぶつかって、気がつくと、周りはけが人ばかりで、目を覆いたくなるような状況でした」と話していました。その後、男性が報道陣に対して乗客の安否を尋ね、10人以上の死亡が確認されていることを聞かされると、「それほどの大事故になっているなんて知りませんでした。友人の安否も分からず心配です」と声を詰まらせながら話していました。


救急隊長「内部は大きくへこむ」

事故現場に最初に到着した軽井沢消防署の小林心一救急隊長は「バスは右側面を下にした状態で倒れ、外に投げ出されて倒れたとみられる人も2人いた。内部は、立ち木に衝突したとみられる前方から3分の2ほどのところが大きくへこんでいて、屋根と床の部分が1メートルほどの間隔しかなかった。バスの右側面には多くの乗客が重なり合うような状態で倒れ、心肺停止状態の人も多くいた。バスの窓枠と地面に挟まれた状態の人もいた。意識がある人は『寒い』とか『早く助けてくれ』と口々に叫んでいた」と話していました。


爆弾の原料になる商品の販売対応訓練

ことし5月の伊勢志摩サミットに向け、テロを未然に防ごうと東京・板橋区のホームセンターで、不審な人物が爆発物の原料にもなる肥料などを買いに来たという想定で、訓練が行われました。


スキーバス事故 死亡した乗員2人の身元判明

長野県軽井沢町のバイパスでスキー客を乗せたバスが道路から転落し、バスに乗っていた41人のうち、乗客12人と乗員2人の合わせて14人が死亡した事故で、警察によりますと、死亡した乗員2人の身元が確認され、バスを運転していた土屋廣運転手(65)と補助員の勝原恵造運転手(57)だということです。


スキーバス転落 国交省がバス会社に特別監査

長野県で起きたバス事故を受け、国土交通省は15日午後、バスを運行していた東京・羽村市の会社に特別監査に入り、安全管理に問題がなかったか調べています。


別のカツやチキンカツ見つかる 繰り返し横流しか

カレー専門店の「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋が廃棄処分にしたはずのビーフカツが横流しされていた問題で、ほかにも別のビーフカツやチキンカツが精肉店などから見つかったことから、愛知県と岐阜県は横流しが繰り返し行われていた可能性もあるとみて、改めて関係先に立ち入り調査を行うなどして実態の把握を急いでいます。


“起きたらバスがひっくり返っていた”

男性6人が搬送された長野県佐久市の「佐久医療センター」には家族などが駆けつけています。このうち、重傷を負った東京・世田谷区の首都大学東京の学生、村本拓夢さん(21)の父親がNHKの取材に応じました。父親によりますと、村本さんは大学の友人5人でスキーに行くといって14日に出かけました。15日午前3時ごろに一緒に出かけていた友人から事故の連絡を受け、午前9時すぎに病院に到着したということです。父親は少しの時間、面会し、村本さんは足の骨を折るなど重傷だということですが、命に別状はないということです。父親は「息子は事故の当時のことについて『車内で寝ていたが、起きたらバスがひっくり返っていた。みんなが痛い、痛いと言っていた』と話していた。一緒に出かけた友人4人のうち2人は無事だが、残りの2人が見つからなかったと言って心配していた」と話していました。


医師「瞬間的な衝撃が体にかかったとみられる状態」

長野県の軽井沢警察署で遺体の死亡確認にあたった医師が取材に応じ、「ご遺体は頭や首などを強く打っていて、瞬間的な衝撃が体にかかったとみられる状態だった」と説明しました。


バス運行会社「事故を起こし本当に申し訳ない」

バスを運行していた東京・羽村市のバス会社、「イーエスピー」の山本崇人営業部長は「事故を起こし、本当に申し訳ない。会社としては、現在、社長が現場に行くなどの対応を取っており、遺族に対しては誠心誠意を持って対応したい。2人のバスの運転手については運行前の聞き取りで、健康上の異常は確認されておらず、病歴や違反歴も把握していない」と話しています。


危険ドラッグ吸い池袋で死傷事故 懲役8年の判決

おととし、危険ドラッグを吸って車を運転し、東京・池袋の繁華街で歩行者7人を死傷させた罪に問われた被告に対し、東京地方裁判所は「『走る凶器』と化した車を暴走させた極めて危険で悪質な犯行だ」として懲役8年の判決を言い渡しました。


東京都が「キースツアー」に立ち入り検査へ

今回のバス事故でスキーツアーを企画した東京・渋谷区の「キースツアー」は東京都に旅行業の登録をしています。このため、東京都は、近く「キースツアー」に立ち入り検査に入ることにしています。立ち入り検査には観光庁の職員も同行するということで、ツアーの実施状況やスケジュールについて詳しく確認することにしています。


専門家「この20〜30年で最悪の事故」

高速バスの事故など交通機関の安全対策に詳しい関西大学社会安全学部の安部誠治教授は、今回の事故の死者が14人に上っていることについて、「1960年代など、かつては多くの人が亡くなる事故はあったが、平成に入ってからは非常に少なくなった。この20〜30年間で最も多くの犠牲者が出た最悪の事故だ」と話しています。


女子大学生「ガタガタと音 道路から外れたと思った」

東京に住む19歳の女子大学生は、友人と2人でスノーボードに行くためにバス中央部の通路側の席に座っていたところ事故に遭い、首や肩を打つけがをしました。女子大学生は「突然、バスが大きく揺れたため目が覚め、スピードが出ているなと思っていたら、逆のほうにまた揺れた。変だなと感じたが、その後、すぐにガタガタと音がして道路から外れたなと思った。その後の記憶はなくなったが、目が覚めたらバスの外に出されて倒れていて、事故になったのだなと気が付いた」と話していました。


貸切バスを運行する事業許可の条件

国土交通省によりますと、スキーツアーなどを目的に貸切バスを運行する事業許可を受ける場合、座席数が50人以上の大型バスは5台以上、50人未満のバスの場合は3台以上保有することや、営業所やその近くに車庫や休憩場所、それに仮眠施設を設けること、さらに大型2種免許など必要な資格を持ったドライバーと運行管理や整備の責任者をそれぞれ置くことなどが条件となっています。これらの条件を満たしていれば、許可されることになっています。


長野県警がバス運行会社から任意で聴取

長野県警察本部によりますと、バスを運行していた東京・羽村市の会社「イーエスピー」に捜査員を派遣し、社員などから任意で事情を聞いているということです。


バス運行会社 おととい運行停止処分に 健康把握せず

国土交通省によりますと、今回事故を起こしたバスを運行していた東京・羽村市の「イーエスピー」は、13日に関東運輸局から、監査の結果、運転手の健康状態を把握していなかったなどとして、所有するバスのうち1台について、運行停止の行政処分を受けていたということです。


バスは別の旅行会社が仲介して手配

事故があったバスは、ツアーを企画した「キースツアー」から別の旅行会社が仲介してバスを手配していました。


バス 行程表とは異なるルート通っていたか

今回事故を起こしたバスの行程表では、バスは14日夜遅く、東京・原宿を出発して、長野県の斑尾高原にあるホテル前に到着する予定になっていました。行程表によりますと、バスは14日午後11時に東京・原宿の代々木体育館前を出発することになっていました。バスはその後、練馬インターチェンジから関越自動車道に入り、埼玉県の東松山インターチェンジまで走行したあと、いったん高速道路を下りて国道18号線を通ることになっていました。行程表では、このあと再び群馬県の松井田妙義インターチェンジから長野県の佐久インターチェンジなどを経由して、15日午前7時半ごろに飯山市の斑尾高原にあるホテル前に到着する計画になっていました。しかし、バスは、行程表に書かれている上信越自動車道ではなく、長野県軽井沢町の国道18号線で事故を起こしています。行程表のとおりであれば、バスは上信越自動車道を走行しているため、事故が起きた場所からみますと、行程表とは異なるルートを通っていたとみられます。


労基署 ツアー企画会社とバス運行会社を調査

今回の事故を受けて労働基準監督署は、ツアーを企画した会社とバスを運行していた会社にそれぞれ職員を派遣し、事実関係を確認するため調査を行いました。


尖閣諸島沖の接続水域 中国海警局の2隻が航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船2隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。2隻は、午後3時現在、南小島の南およそ27キロから30キロの日本の接続水域を航行していて、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。


スキーバス転落で14人死亡 バス会社を捜索へ

15日午前2時ごろ、長野県軽井沢町のバイパスで、スキー客を乗せたバスが道路から転落し、乗っていた41人のうち、乗客12人と乗員2人の合わせて14人が死亡したほか、27人が病院に搬送されて手当てを受けていて、意識がない人もいるということです。警察は過失運転致死傷の疑いで東京のバス運行会社を捜索する方針です。


バス運行会社 おととしからバス事業か

国土交通省によりますとバスを運行していたのは、東京都羽村市に本社がある「イーエスピー」で、「貸し切り」の形態で運行を届け出ているということです。


バスの乗客は18歳〜38歳

スキーツアーを企画した東京・渋谷区の「キースツアー」によりますと、事故が起きたバスは45人乗りで、乗客39人、運転手2人が乗っていたということです。乗客のうち男性が25人、女性が14人で、年齢は18歳から38歳だということです。


国土交通相 バス事故の調査急ぐ

長野県で起きたバス事故について、石井国土交通大臣は閣議のあとの記者会見で、バス事業者の監査を行うなどして事故の調査を急ぐ考えを示しました。


「運転手からシートベルト着用の注意受けていない」

今回の事故で腰などにけがをした大学2年生の20歳の男性が長野県佐久市の病院で取材に応じ、車内ではシートベルトをしていない人もいて、「運転手から着用するように注意も受けていない」と話していました。


JR中央線快速電車 運転再開

人身事故のため東京駅と高尾駅の間の全線で運転を見合わせていた、JR中央線の快速電車は、午前9時15分に運転を再開しました。


カツ横流し「依頼5日後に廃棄」と説明

カレー専門店の「CoCo壱番屋」を展開する会社から廃棄処分を依頼された冷凍のビーフカツを処分せず、横流ししていたとして、愛知県稲沢市の業者が廃棄物処理法違反の疑いで捜索を受けた事件で、業者は、依頼された5日後に、すべて廃棄したとする事実と異なる説明を会社側にしていたことが、警察への取材で分かりました。警察は今後、業者から事情を聴く方針です。


国交省 きょう正午からバス運行会社に特別監査

今回の事故で、国土交通省は15日正午から、バスを運行していた東京・羽村市の「イーエスピー」に、特別監査を行うことを決めました。特別監査では、関東運輸局の担当者らが会社に立ち入り、バスの運行管理や運転手の健康管理などに問題がなかったか確認することにしています。


国交省 運転手の健康管理も強化

おととし3月、富山県の北陸自動車道で、サービスエリアで夜行バスがトラックに衝突し、2人が死亡、26人がけがをする事故では、運転手が運転中に病死した可能性のあることが分かっています。こうした事故を受けて、国土交通省はバス会社などを対象に各地で対策会議を開いたり、文書を送ったりして運転手の健康管理を徹底するよう求めてきました


スキーバス転落事故 3人死亡 11人心肺停止

15日午前2時ごろ、長野県軽井沢町のバイパスでスキー客を乗せたバスが道路から転落し、警察によりますと、バスの乗員乗客41人のうち男性3人の死亡が確認され、11人が心肺停止となっているほか、27人が病院に搬送されたということです。


バス運行会社「運転手の体調 車両に問題なし」

バスを運行していた東京・羽村市の会社「イーエスピー」によりますと、このバスには2人の運転手が乗っていて、運転の経験は少なくとも10年から15年ほどあるということです。会社の説明では2人は、14日夜バスに乗る前の点呼では「健康状態に問題はない」と答えていて、飲酒していたかどうか確かめるアルコールの検査でも問題はなかったということです。また、運行前の車両の点検についてもタイヤなどに異常はなかったとしています。


JR中央線快速電車 運転見合わせ

JR中央線の快速電車は、東京の豊田駅と八王子駅の間で人身事故があったため、東京駅と高尾駅の間の全線で午前7時46分から運転を見合わせています。


過去の主なバス事故

おととし3月、富山県の北陸自動車道では、サービスエリアで夜行バスがトラックに衝突し、2人が死亡、26人がけがをする事故が起きています。この事故では、運転手が運転中に病死した可能性のあることが分かっています。また、平成24年4月には群馬県藤岡市の関越自動車道で、石川県から千葉県に向かっていた当時の高速ツアーバスが道路脇の壁に衝突し、乗客7人が死亡、38人がけがをしました。この事故では、運転手の居眠り運転が事故の原因でした。さらに9年前の平成19年2月には、大阪・吹田市でスキーツアーのバスが道路脇の橋脚に衝突し誘導員の男性1人が死亡し、乗客ら26人が重軽傷を負い、運転手の居眠りが原因でした。


バス転落事故 現場は緩やかな左カーブ

事故は、国道18号線碓氷バイパスの入山峠を長野県側におよそ1キロ下った緩やかな左カーブで起きました。バスは、左カーブにさしかかったところで、センターラインを越えて反対側のガードレールを破り転落したとみられます。現場ではガードレールが数メートルにわたって外側に大きく曲がり、バスは、車体の右側を下にして横転していて、フロントガラスが割れて車体がゆがむなどめちゃめちゃに壊れています。


バス転落した碓氷バイパス 合わせて45のカーブ

事故が起きた国道18号線の碓氷バイパスは、国土交通省の高崎河川国道事務所が管理し、群馬県安中市から長野県軽井沢町を結ぶおよそ16キロの区間です。合わせて45か所のカーブがあり、高崎河川国道事務所によりますと事故があったのは、安中市側から数えて43か所めのカーブだということです。上下線ともに登り側には登坂車線があるほか、下り側にはブレーキが故障した車のための緊急避難所も数か所設けられています。


バス転落事故 搬送先の病院

消防などによりますと、正午現在、長野県と群馬県の合わせて9つの病院に30人が搬送され、このうち3人が死亡しました。


バス事故 ツアー企画会社 HPに「激安&格安」

このスキーツアーを企画した東京・渋谷区の「キースツアー」によりますと、事故を起こしたバスは14日夜、東京の原宿を出発して長野県の北志賀高原に向かっていたということです。


スキー客乗せたバス転落 2人死亡 11人心肺停止

15日午前2時ごろ、長野県軽井沢町の国道18号でスキー客を乗せたバスが道路から転落し、警察によりますと、バスの乗客乗員41人のうち男性2人が死亡し、11人が心肺停止となっています。このほか28人が病院に搬送されているということです。


競馬予想詐欺事件 別の詐欺被害者らに売り込みか

「競馬の予想を高い確率で的中させる」と偽って情報料などをだまし取ったとして、千葉県市川市の会社社長らが逮捕された事件で、社長らが投資や健康食品の詐欺の被害者とみられる名簿を使って売り込みをかけ、30億円近くを集めていた疑いがあることが、警察への取材で分かりました。


交通違反切符 手書きから携帯端末で発行に

警視庁は運転免許証のICチップを読み取るなどして、交通違反の切符を迅速に発行できる携帯端末を全国で初めて導入し、15日から運用を始めました。手書きで発行していたこれまでと比べて時間が半分ほどに短縮できるということです。


廃棄処分横流し 別の賞味期限のカツも見つかる

カレー専門店の「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋が廃棄処分にしたはずの冷凍のビーフカツが横流しされ、愛知県内のスーパーで販売されていた問題で、すでに判明しているものとは別の賞味期限のビーフカツが、愛知県内の精肉店で見つかったことが分かりました。さらに、「壱番屋」が廃棄処分したとみられるチキンカツが横流しされていたことも新たに明らかになり、愛知県などは不正な流通の全容の解明を急ぐことにしています。


ステルス性備えた実証機 来月にも初飛行か

アメリカなど各国がステルス戦闘機の開発に力を入れるなか、防衛省が開発を進めるステルス性を備えた実証機が、早ければ来月にも初飛行を行う見通しとなりました。


アスベスト被害 給付金の引き上げなど検討へ

アスベストによる健康被害を受けながら労災の対象にならない被害者の救済を巡って、環境省は新たに有識者の委員会を設け、給付金の引き上げなどの検討を始めることを決めました。


スキー客乗せたバス転落 2人の死亡を確認

15日午前2時ごろ、長野県軽井沢町の国道18号でスキー客を乗せたバスが道路から転落し、警察と消防によりますとバスの乗客乗員39人のうち11人が心肺停止、28人が病院に搬送されているということです。警察によりますと、このうち2人の死亡が確認されたということです。


非正規労働者が家計支える世帯 厳しい経済状況に

パートや派遣社員などの非正規労働者が家計を支える世帯では、5世帯に1世帯が食事の回数を減らすなど経済的に苦しい状況にあることが労働組合の連合の調査で分かりました。


スキー客乗せたバス転落 11人心肺停止 長野

15日午前2時ごろ、長野県軽井沢町の国道18号でスキー客を乗せたバスが道路から転落し、警察と消防によりますと、バスに乗っていた11人が心肺停止となっているほか、28人が病院に搬送されているということです。


来週から強い寒気 平年より2倍の降雪量も

気象庁によりますと、来週からは強い寒気が流れ込み続けるため、東日本や西日本では気温が平年よりかなり低く、日本海側では降雪量が平年より2倍前後多くなるおそれがあります。気象庁は各地に「異常天候早期警戒情報」を発表して低温や大雪に注意を呼びかけています。


スキーバスが転落 少なくとも6人心肺停止 長野

15日午前2時ごろ、長野県軽井沢町の国道18号で、スキー客を乗せたバスが道路から転落し、この事故でバスに乗っていた少なくとも6人が心肺停止となっているということです。


京王線 運転再開

京王線は下高井戸駅で起きた人身事故の影響で、新宿と桜上水の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午前1時17分に運転を再開しました。


京王線 運転見合わせ

京王線は午前0時半すぎに下高井戸駅で発生した人身事故の影響で、新宿と桜上水の間の上下線で運転を見合わせています。


JR横浜線 運転再開

JR横浜線は横浜市の新横浜駅で起きた人身事故の影響で、八王子駅と東神奈川駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午前0時14分に運転を再開しました。


JR横浜線 運転見合わせ

JR横浜線は横浜市の新横浜駅で起きた人身事故の影響で、八王子駅と東神奈川駅の間の上下線で、午後10時54分から運転を見合わせています。


主権者教育 学校現場でどう進めるか考える

夏の参議院選挙から選挙権年齢が18歳以上になるのを受けて、全国各地の教育委員会の担当者などが集まって、学校現場で生徒たちの主権者教育をどう進めるのか考えるシンポジウムが14日、東京都内で開かれました。


五輪を契機に協力を 各国大使館に企業支援などで

東京都の取り組みを各国の大使館に紹介する会合が開かれ、舛添知事は「オリンピック・パラリンピックを契機に、子どもたちの国際理解を深める教育や、企業の海外展開への支援などを連携して進めていきたい」と述べ、各国の大使らに協力を呼びかけました。


ペルー人男性殺害 知り合いの男を殺人容疑で逮捕へ

今月、群馬県伊勢崎市で45歳のペルー人の男性が殺害された事件で、警察は知人のペルー人の34歳の男を出入国管理法違反の疑いで逮捕しました。男は「人を刺した」と話しているということで、警察は殺人の疑いで逮捕状を取っていて、容疑が固まりしだい逮捕する方針です。


石巻 1100世帯が転居先決まらず 対策求める

東日本大震災の発生から4年10か月がたちましたが、被害の大きかった宮城県石巻市では、依然として仮設住宅からの転居先が決まっていない被災者が1000世帯以上に上るとして、市民団体が市に対して、民間の賃貸住宅に移るための家賃を補助するなどの対策を求めました。


身近な場所で起きる子ども事故多発 注意呼びかけ

家庭や公園など身近な場所で起きる子どもの事故は、調査に協力している全国の30の医療機関だけでもこの6年間に1万件を超える報告が寄せられていて、国民生活センターは、大人の不注意で起きている事故も多いとして注意を呼びかけています。


大分県の教員採用訴訟 訴え認めず

8年前に発覚した大分県の教員採用試験を巡る汚職事件に関連して、点数の改ざんを理由に採用を取り消された男性が県を訴えた裁判で、大分地方裁判所は「採用の結果がゆがめられているため、原告が口利きに関与していなかったとしても採用を取り消した処分はやむをえない」と指摘して、処分の撤回を認めませんでした。


五輪エンブレム関係 都の支出850万円むだに

白紙撤回されたオリンピック・パラリンピックのエンブレムが入ったポスターの製作費など、東京都が支出し、むだになった費用はおよそ850万円に上ることが分かりました。


皇宮警察の警部補が痴漢の疑いで逮捕

皇宮警察に所属する42歳の警部補が、東京都内を走行するJRの電車内で乗客の体を触ったとして、東京都の迷惑防止条例違反の疑いで警視庁に逮捕されました。調べに対し容疑を否認しているということです。


廃棄カツ 20以上のスーパー・業者に卸されたか

カレー専門店の「CoCo壱番屋」を展開する「壱番屋」が廃棄処分にしたはずの冷凍のビーフカツが横流しされ、愛知県内のスーパーで販売されていた問題で、このビーフカツが20以上のスーパーや業者に卸されていたことが新たに分かりました。


廃棄カツ横流し 処分依頼受けた業者を捜索

カレー専門店の「CoCo壱番屋」を展開する「壱番屋」が廃棄処分したはずの冷凍のビーフカツが横流しされ、愛知県内のスーパーマーケットで販売されていた問題で、警察はいきさつを解明するため、14日夜、廃棄物処理法違反の疑いで、処分の依頼を受けた愛知県稲沢市の業者を捜索しました。


3歳女児死亡 逮捕の母親ら“十分食事させず”

埼玉県狭山市のマンションで3歳の女の子が死亡していた事件で、逮捕された母親と同居していた男の2人が「十分な食事をさせなかった」という趣旨の供述をしていることが警察への取材で分かり、警察が詳しい状況を調べています。


「競馬予想を的中」 30億円近く詐取か

「競馬の予想を高い確率で的中させる」と偽って情報料などをだまし取っていたとして、千葉県警察本部は、41歳の会社社長や元従業員など13人を詐欺の疑いで逮捕しました。警察は、全国の延べ4万人から合わせて30億円近くをだまし取った疑いがあるとみて調べています。社長は容疑を否認しているということです。


タイの日本人殺害 男女に終身刑と禁錮20年

おととし、タイに長期滞在していた70代の日本人男性が殺害された事件で、タイの裁判所は14日、殺人などの罪に問われたタイ人の男女2人に対して、終身刑と禁錮20年の刑を言い渡しました。


オウム平田被告 懲役9年の判決 確定へ

オウム真理教の元信者で、公証役場事務長の拉致事件などに関わった罪に問われた平田信被告(50)の裁判で、最高裁判所は被告の上告を退ける決定を出し、懲役9年の判決が確定することになりました。


女児を自宅に連れ込んだ疑い 高校事務員逮捕

「大きいお菓子がある」などと言って知り合いの11歳の女の子を家から誘い出し、自宅に連れ込んだとして、32歳の都立高校の事務員がわいせつ目的誘拐の疑いで警視庁に逮捕されました。


警察官から拳銃奪い発砲 警察官けが 男逮捕

14日午後、神奈川県横須賀市の団地で、刃物を持った37歳の男が駆けつけた警察官の拳銃を奪って警察官に向けて4発発砲し、このうち3発が足などに当たって警察官がけがをしました。男はその場で取り押さえられ、殺人未遂などの疑いで逮捕されました。


小田急小田原線 運転再開

小田急小田原線は、人身事故の影響で本厚木駅から伊勢原駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後2時40分に運転を再開しました。


7年前の殺人事件 自殺の元同僚を書類送検へ

7年前の平成21年、栃木県日光市で66歳の男性が殺害された事件で、警察は、勤務先の元同僚で去年自殺した71歳の男が男性を殺害したとして、15日にも殺人の疑いで書類送検する方針です。


病院駐車場に大けがの男性 暴行し置き去りか

13日夜、茨城県坂東市の病院の駐車場で、足の骨が折れ全身に打撲を負った男性が倒れているのが見つかり、警察は、何者かが男性に暴行を加えて置き去りにした可能性もあるとみて捜査しています。


街頭犯罪 大阪が16年連続で全国最悪

大阪府内で去年1年間に起きた「ひったくり」や「路上強盗」などの街頭犯罪は6万3000件に上り、おととしよりおよそ1万件減ったものの、16年連続で全国最悪になりました。


壇上乱入受け成人式見直しへ 水戸市教委

今月10日に行われた水戸市の成人式で十数人の若者のグループが壇上に乱入するなどした問題を受けて、市の教育委員会はことし3月までに新成人や有識者らで作る委員会を立ち上げて、成人式の在り方を見直すことになりました。


気象庁 1週間ほどは震度4程度の余震に注意

今回の地震について、気象庁地震津波監視課の長谷川洋平課長は午後2時から記者会見し、「今回の地震は、陸側のプレートと海側のプレートの境界付近で起きた地震だとみられる。この地域はひずみがたまりやすく、マグニチュード5から6前後の地震が繰り返し発生している、地震活動が活発な地域で、昭和57年にはマグニチュード7.1の浦河沖地震が発生している。また、今回の震源の東側や南側では、平成15年に発生したマグニチュード8.0の十勝沖地震など、規模の大きな地震が繰り返し起きている。揺れが強かった地域では、今後1週間程度は震度4程度の揺れを伴う余震に注意するとともに、積雪が多い地域では雪崩や落石などにも注意してほしい」と話しています。


地震 北海道で交通機関に影響

地震で、北海道ではこれまでに特急6本が運休するなど、交通機関に影響が出ています。


小田急小田原線 一部運転見合わせ

小田急小田原線は人身事故の影響で、午後1時半ごろから、本厚木駅と伊勢原駅の間の上下線で運転を見合わせています。


地震 札幌で女性2人が転倒し軽いけが

札幌市消防局によりますと、地震の揺れによって、いずれも札幌市白石区で90代と80代の女性が室内で転倒し、頭を打って病院に搬送されたということです。消防によりますと、いずれも意識はあり、けがの程度は軽いということです。


青い森鉄道 順次運転再開

青森県内を走る第3セクターの「青い森鉄道」は、安全確認のため全線で運転を見合わせていましたが、午後1時ごろから、安全が確認できた区間から順次運転を再開しているということです。


雪不足で雪まつりの雪像1基も作れず 岩手

雪不足によって、今月30日から予定されていた岩手県雫石町の雪まつりでは、呼び物の雪像の制作が中止されることになりました。まつりの実行委員会によりますと、49回目となるこのまつりで、雪像が展示されないのは初めてだということです。


ツイッター 地震直後から投稿相次ぐ

ツイッターでは、地震の直後から「パソコンが倒れそうになったので慌てて押さえた」とか、「食器が落ちるかと思った」などと投稿が相次いでいます。


【NewsUp】ガソリン値下がり“2ケタ”も 影響は

原油価格の下落の影響で下がり続けているガソリンの小売価格。14日午後に発表された12日時点の価格はレギュラーガソリン1リットル当たり全国平均で118.9円。11週連続の値下がりで、およそ6年8か月ぶりの水準まで低下しています。ガソリンスタンドの中には100円を切る価格で販売するところも出ています。


新千歳空港 運航を再開

国土交通省新千歳空港事務所によりますと、新千歳空港では地震の直後、いったん滑走路を閉鎖しましたが、滑走路の安全が確認されたため、運航を再開しました。


専門家「過去にも大きな地震 注意を」

今回の地震について、地震のメカニズムに詳しい東京大学地震研究所の平田直教授は、「今回地震が起きた場所は陸側のプレートに海側のプレートが沈み込んでいる場所で、この周辺では過去にも昭和57年の浦河沖地震など、マグニチュード7前後の大きな地震が起きている。揺れが強かった地域では、今後しばらくは震度4程度の余震に注意してほしい」と話しています。また、東北大学の遠田晋次教授は、「今回の地震は、陸側のプレートと海側のプレートの境界付近か、海側のプレートの内部で発生したとみられ、周辺では今回の震源の東側で平成15年に十勝沖地震が発生するなど、地震活動が活発な地域だ。今後も余震が起きる可能性があるので、引き続き揺れには注意してほしい」と話しています。


青い森鉄道 地震後の安全確認で運転見合わせ

青森県内を走る第三セクターの「青い森鉄道」は、12時55分現在、青森県内の青森駅と目時駅の間の全線で安全確認のため、運転を見合わせています。


いじめ苦に自殺か 同級生を暴行容疑で書類送検へ

去年7月、岩手県矢巾町で中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、同級生の少年らが男子生徒に暴行を加えていたとして、警察がこのうち14歳の少年1人を暴行の疑いで書類送検する方針を固めたことが、捜査関係者への取材で分かりました。


3歳女児死亡事件 「LINE」で虐待の相談か

埼玉県狭山市のマンションで3歳の女の子が死亡していた事件で、逮捕された母親と同居していた男の2人が、携帯電話の無料通話アプリ「LINE」で「帰ったらやろう」などと虐待の相談とみられるやり取りを数回にわたって行っていたことが、警察への取材で分かり、警察は、2人が示し合わせて虐待を繰り返していたとみて調べています。


JR北海道 地震で一部運転見合わせ

JR北海道によりますと、この地震の影響で、午後0時40分現在、▽室蘭線は▽伊達紋別駅と登別駅の間の上下線と▽東室蘭駅と室蘭駅の間の上下線が運転を見合わせているほか、▽日高線でも苫小牧駅と鵡川駅の間の上下線で運転を見合わせています。これらの区間以外は、運転をしているということです。


北海道と青森 最近の震度5弱以上の地震は

気象庁によりますと、震度5弱以上の揺れが観測されたのは、北海道では去年6月4日に網走地方で起きたマグニチュード5.0の地震以来で、このときは、釧路市阿寒町で震度5弱の強い揺れを観測しました。また、青森県では今月11日に三八上北地方で起きたマグニチュード4.6の地震以来で、このときは、南部町で震度5弱の強い揺れを観測しました。


青森 再処理工場 地震による異常なし

日本原燃によりますと、青森県にある使用済み核燃料の再処理工場は、この地震による異常はないということです。また、施設の周辺で放射線量を監視しているモニタリングポストの値に変化はないということです。


高速道に卵投げつけ 逮捕の兄弟ら放火の疑い

去年、高速道路を走行中の車に生卵を投げつけたとして逮捕された神奈川県秦野市の21歳と18歳の兄弟らが、去年5月、山北町の空き家を放火したとして逮捕されました。警察の調べに対して兄弟は容疑を否認しているということです。


携帯電話各社 通話・通信に影響無し

大手通信会社のNTTドコモとKDDI、それにソフトバンクによりますと、先ほどの地震による携帯電話の通話や通信への影響は、これまでのところないということです。


北海道警察本部 今のところ被害情報無し

北海道警察本部によりますと、午後0時35分現在、この地震による被害の情報は入っていないということで、引き続き情報収集にあたっています。


北海道 泊原発 地震の影響なし

北海道電力によりますと、北海道泊村にある泊原子力発電所は運転停止中で、今のところ、この地震による異常はないということです。また、周辺の放射線量を測定するモニタリングポストの値にも変化はないということです。


東北新幹線 運転を再開

JR東日本によりますと、東北新幹線は、二戸駅と新青森駅の間で、一時運転を見合わせましたが、すぐに再開したということです。


女川原発 この地震による異常なし

東北電力によりますと、宮城県女川町と石巻市にある女川原子力発電所は、この地震による被害や異常は確認されていないということです。


青森 東通原発は地震による影響なし

東北電力によりますと、震度5弱を観測した青森県東通村の東通原子力発電所に地震による影響はないということです。


総務省消防庁「今のところ被害情報入っていない」

今回の地震を受けて、総務省消防庁は、北海道庁や青森県庁のほか、揺れの強かった地方の消防本部を通じて情報収集を行っていて、午後0時30分現在、被害の情報は入っていないということです。


政府 情報連絡室設置し情報収集と警戒

政府は午後0時半前、総理大臣官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、関係府省庁や自治体などと連絡を取りながら、地震による被害が出ていないか情報収集と警戒にあたっています。


震度5弱 気象庁が会見へ

さきほどの地震について、気象庁は午後2時から記者会見を開き、地震のメカニズムや今後の注意点について説明することにしています。


新千歳空港 滑走路閉鎖し地震影響を点検

新千歳空港では、国土交通省新千歳空港事務所が滑走路を閉鎖して、地震による影響が無いか調べています。


東北新幹線 一部で見合わせ

この地震で、東北新幹線は、新青森と二戸の間で上下線とも運転を見合わせています。


北海道と青森県で震度5弱 津波なし

14日昼すぎ、北海道と青森県で震度5弱の強い揺れを観測する地震がありました。この地震による津波はありませんでした。


皇居で「歌会始」

新春恒例の「歌会始」が、14日、皇居で行われました。


廃棄カツ横流し 処分依頼受けた業者を捜索へ

カレー専門店の「CoCo壱番屋」を展開する「壱番屋」が廃棄処分したはずの冷凍のビーフカツが横流しされ、愛知県内のスーパーで販売されていた問題で、警察は流通のいきさつを解明するため、処分の依頼を受けた愛知県稲沢市の業者を、14日午後にも廃棄物処理法違反の疑いで捜索することにしています。


客メール転送・のぞき見か auショップ元従業員逮捕

大手携帯電話会社のKDDIが手がける「au」の販売代理店の元従業員が、勤務していた当時、会社の顧客情報の管理システムを悪用して女性客のメールを転送して、のぞき見していたとして、警視庁に逮捕されました。


去年の刑法犯罪109万件余 戦後最少に

去年1年間に全国で起きた殺人や盗みなどの刑法犯罪は109万件余りで、13年連続で減少し、戦後最も少なくなったことが分かりました。


尖閣沖接続水域 中国海警局の2隻が航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船2隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


「競馬の予想教える」詐欺容疑で会社社長ら逮捕

「競馬の予想を高い確率で的中させる」と偽って情報料などをだまし取っていたとして、千葉県警察本部は、41歳の会社社長や元従業員など13人を詐欺の疑いで逮捕しました。警察は、全国の延べ4万人から合わせて30億円近くをだまし取った疑いがあるとみて実態を調べています。


ペルー人男性殺害 知人宅などに血痕 行方捜査

今月、群馬県伊勢崎市で45歳のペルー人の男性が殺害された事件で、事件のあと行方が分からない知人のペルー人の男の自宅や駐車場から死亡した男性の血痕などが見つかったことが警察への取材で分かりました。警察は、この男が事件に関与している疑いもあるとみて調べるとともに、出入国管理法違反の疑いで逮捕状を取って行方を捜しています。


“妊活読本” 新成人に配布へ 東京・文京区

東京・文京区は若い世代に早いうちから仕事と子育てなどの具体的なライフプランを考えてもらおうと、妊娠・出産に関する正しい知識などを掲載したワークブックを初めて作成し、新成人の男性と女性に配布することになりました。


廃棄の冷凍カツ 岐阜の食品関連会社が買い取り

大手カレーチェーンが廃棄処分にしたはずの冷凍のビーフカツが愛知県内のスーパーで販売されていた問題で、岐阜県羽島市の食品関連会社が、処分を依頼された業者からビーフカツを買い取っていたことが分かりました。


救急搬送中の男性から財布盗んだ疑い 消防士長を逮捕

去年11月、川崎消防局の38歳の消防士長が、救急車で搬送中の男性から財布を盗んだとして、13日、窃盗の疑いで逮捕されました。消防士長は容疑を否認しているということです。


自衛官の自殺未遂 「上司のいじめ原因」と両親提訴へ

3年前、広島県の海上自衛隊呉基地に停泊していた潜水艦の艦内で、乗組員が自殺を図ったのは、上司のいじめや暴行が原因だったなどとして、乗組員の両親が、今月中にも国に対し3000万円の賠償を求める訴えを起こすことになりました。


廃棄のカツ 産廃業者の転売でスーパーに 愛知

「CoCo壱番屋」を展開する大手カレーチェーンは異物が混入した可能性があるとして廃棄を依頼したビーフカツを産業廃棄物処理業者が不正に転売し、愛知県内のスーパーで販売されていたと発表しました。カレーチェーンではチェーン店以外で買った冷凍のビーフカツは食べないよう呼びかけています。


金の延べ板など密輸しようとした疑いで逮捕 約10億円分

金の延べ板130キロなどおよそ10億円分を密輸しようとしたとして、大阪の自営業者ら10人が関税法違反などの疑いで逮捕されました。警察は消費税がかからない国で買い付けた商品を国内で消費税分の額を含めて売って、利益を不正に得る目的だったとみて調べています。警察によりますといずれも否認しているということです。


ベッド転落で赤ちゃんに後遺症 1億円賠償命じる

9年前、鹿児島市立病院に入院していた生後7か月の男の子が、重い後遺症を負ったのは、病院の不注意でベッドから転落したのが原因だと両親などが訴えた裁判で、鹿児島地方裁判所は、「ベッドからの転落と後遺症には、因果関係が認められる」として、鹿児島市に1億1000万円余りの賠償を命じました。


震災孤児の預金着服の疑い 後見人のおじ逮捕

東日本大震災で両親を亡くした当時小学生だったおいの未成年後見人に選任された宮城県石巻市の男が、おいの預金口座からおよそ400万円を引き出し着服したとして、業務上横領の疑いで仙台地方検察庁に逮捕されました。


自衛官の自殺未遂 防衛相「心からおわび」

海上自衛隊の潜水艦の艦内で3年前、乗組員1人が拳銃で自殺を図り、一時意識不明となったことについて、中谷防衛大臣は13日の衆議院安全保障委員会で、上司からの不適切な指導が原因だったとして、おわびするとともに再発防止に万全を期す考えを示しました。


信者からの“献金”巡り旧統一協会に賠償命令

統一教会・世界基督教統一神霊協会から名前を変えた宗教団体が信者から受けた献金を巡り、信者の元夫が「自分の金を無断で使われた」として教団を訴えた裁判で、東京地方裁判所は「教団は元夫の意思に反する献金だと認識していた」として3400万円余りの賠償を命じました。


冬山遭難 バックカントリーの危険性

12日から13日にかけて長野県と福島県のスキー場で外国人のスキー客が相次いで遭難しました。いずれも無事でしたが、冬山のリスクを改めて浮き彫りにしました。「バックカントリー」と呼ばれるコース外を滑るスキーの危険性です。


女児死亡 縛り付けるなどの虐待なかったか捜査

埼玉県狭山市のマンションで、3歳の女の子が顔にやけどを負った状態で遺体で見つかり、母親と同居していた男の2人が逮捕された事件で、部屋の押し入れの中に、ロープなどをくくりつける金具が取り付けられていたことが、警察への取材で分かり、警察は縛り付けるなどの虐待が行われていなかったか詳しく調べています。


ハンセン病元患者2人 国との間で和解成立

東京に住むハンセン病の元患者2人が起こした裁判で、13日に国との間で和解が成立し、補償金が支払われることになりました。裁判を起こして補償金を請求できる期限は3月末ですが、請求していない元患者は400人ほどいると推計され、弁護団は「差別や偏見が提訴をためらわせている」と指摘しています。


DDoS攻撃の犯罪組織 国際捜査協力で摘発

世界各国で企業のサイトなどに対し、外部から大量のデータを送りつけてサーバーをダウンさせる「DDoS(ディードス)」というサイバー攻撃を繰り返していた犯罪組織が、ユーロポール=ヨーロッパ刑事警察機構に摘発されていたことが分かりました。警察庁によりますと、国内の企業も攻撃を受け、日本の警察が捜査に協力していたということです。


“実質的な工事丸投げ”旭化成建材など営業停止処分

横浜市のマンションの工事で、くいのデータの流用や改ざんが行われていた問題で、国土交通省は、法律が禁止している工事の丸投げを実質的に行っていたとして、1次下請けの日立ハイテクノロジーズと2次下請けの旭化成建材をいずれも15日間の営業停止処分とするとともに、元請けの三井住友建設を含めた3社に対して、業務改善命令を出しました。


反則切符に患者の名前を書いたか 医師を逮捕

京都市の精神科の医師が、交通違反で検挙された際、反則切符に自分が担当する患者の名前を書いたとして、有印私文書偽造などの疑いで逮捕されました。この医師は、患者の名前を無断で使ったとみられる住民基本台帳カードなどを持っていたということで、警察がいきさつを調べています。


暖冬で野菜は安値続く

農林水産省が先週の全国の野菜の小売価格を調査したところ、暖冬で生育が進み出荷が増えたことから、平年に比べてキャベツが34%安くなるなど、価格が安い状況が続いています。


建設現場で作業員2人死亡 CO中毒か

13日昼すぎ、札幌市豊平区の建設工事現場で作業員の男性2人が心肺停止の状態で見つかり、その後、死亡が確認されました。当時、2人は業務用の機械を使って作業していたということで、警察は、機械のエンジンが不完全燃焼したことによる一酸化炭素中毒の可能性があるとみて調べています。


尖閣諸島沖 中国海警局の2隻が一時領海侵入

13日午後、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船2隻が、およそ2時間にわたって日本の領海に侵入しました。2隻は、その後も領海のすぐ外側にある接続水域で航行を続けていて、海上保安本部が、再び領海に近づかないよう警告と監視を続けています。


北大 学生や卒業生の個人情報11万件流出のおそれ

北海道大学は学内に設置されたサーバーが不正なアクセスを受けて、学生の個人情報など最大およそ11万件が流出したおそれがあると発表しました。大学はサーバーの記録を解析して外部に流出したかどうか詳しく調べています。


都心上空の新たな飛行ルート 住民に説明

東京オリンピック・パラリンピックに向けて羽田空港の発着便を増やすために計画されている都心上空の新たな飛行ルートについて、国は、今月下旬にかけ、都内各地で、住民を対象にした2回目の説明会を開いています。


クレーンゲームの景品引っ張り出す動画 警察が捜査

川崎市のゲームセンターで、小学生の男子児童がクレーンゲームの取り出し口に上半身を入れ、景品のぬいぐるみを引っ張り出す様子を写した動画がインターネットに投稿され、警察は、窃盗の疑いで捜査しています。


「バイトの研修」装いレジの現金盗んだ疑い 高校生逮捕

東京・新宿区のコンビニエンスストアに「アルバイトの研修に来た」とうそを言って訪れ、ほかの店員が目を離した隙にレジから現金17万円余りを盗んだとして、18歳の高校生が警視庁に逮捕されました。都内では同じような被害が合わせて14件相次ぎ、被害額は400万円に上るということで警視庁が関連を調べています。


工事現場で作業員2人心肺停止 CO中毒か 札幌

13日正午すぎ、札幌市豊平区の建設工事現場で作業員の男性2人が倒れているのが見つかり、消防によりますと、いずれも心肺停止の状態だということです。当時、2人は密閉された場所でヒーターを使って作業していたということで、消防は、ヒーターの不完全燃焼による一酸化炭素中毒の可能性もあるとみて調べています。


高血圧治療薬で副作用 国が添付文書改訂を指示

高血圧の治療薬を服用した患者2人が劇症肝炎を発症し死亡していたことが分かりました。このうち1人の患者については薬との因果関係が否定できないとして厚生労働省は製薬会社に対し薬の添付文書を改訂し注意を呼びかけるよう指示しました。


警察庁長官 山口組分裂で情報収集や取締り強化指示

警察庁の金高長官は、指定暴力団「山口組」と、分裂した「神戸山口組」の拠点が管内にある兵庫県警を訪れ、暴力団対策の捜査員に情報収集や取締りの強化を指示しました。


福島 スキー場遭難「濃い霧でコース間違えた」

12日夕方、福島県北塩原村でスキーをしていて遭難したオーストラリア人の男女6人は13日朝、救助隊に付き添われ、全員が無事下山しました。警察によりますと、6人は濃い霧がかかっていたため、コースを間違えて遭難したと話しているということです。


社長強盗殺人事件 1億7000万円詐取容疑で再逮捕

知り合いの会社社長を殺害して遺体を遺棄したなどとして男2人が逮捕・起訴された事件で、警視庁は、2人が貸金庫からおよそ1億7000万円をだまし取ったとして詐欺の疑いで再逮捕しました。ほかにも3000万円近くがなくなっていて、警視庁は2人が関わったとみて調べています。


北日本や東日本などでこの冬いちばんの寒さ

上空の寒気の影響で、13日朝は北日本や東日本の各地で氷点下となり、この冬いちばんの寒さとなりました。日中は西日本も含めて気温はあまり上がらず寒い1日となる見込みです。


北海道・北見でダイヤモンドダスト現象

北海道のオホーツク海側では、寒気が流れ込んだことに加え、晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象が起きた影響で、厳しい冷え込みになり、北見市の最低気温は氷点下20度まで下がりました。


スキー場コース外で身動き取れず 6人を救助

12日、長野県野沢温泉村のスキー場でバックカントリーと呼ばれるコースの外を滑るスキーをしていて身動きがとれなくなったフィンランド人とみられる男性6人は13日朝、全員が警察のヘリコプターで救助されました。6人は、バックカントリーを滑る際にスキー場が提出を求めている連絡先などを記入した計画書を提出していなかったということで、警察などがいきさつを詳しく調べています。


防火扉の定期点検 6月から義務化へ

診療所や高齢者施設で防火扉が作動せずに被害が拡大する火事が相次いだことを受けて、国土交通省はことし6月から、高齢者や不特定多数の人が利用する施設について、防火扉などの定期点検の義務化を実施することになりました。


スキー場訪れ遭難 発見の6人が下山

12日夕方、福島県北塩原村のスキー場を訪れたオーストラリア人の男女6人が遭難し、消防などの捜索の結果、12日夜遅く、コースを外れた山の中で全員、無事見つかりました。6人は山小屋に待機したあと、13日午前7時すぎ、ふもとの駐車場に下山しました。


スキー場コース外で身動き取れず 救助活動を再開

12日、長野県野沢温泉村のスキー場のコースの外で身動きが取れなくなったフィンランド人とみられる男性6人の救助活動は、13日朝から再開されました。警察などは、ふもとからの救助隊とともにヘリコプターも現地に向かわせて6人を救助することにしています。


会社社長殺害事件 2人を詐欺容疑で再逮捕へ

知り合いの会社社長を殺害し、遺体を前橋市内に遺棄したなどとして男2人が逮捕・起訴された事件で、警視庁は、2人が社長になりすまして銀行の貸金庫を解約しおよそ1億7000万円をだまし取ったとして、13日にも詐欺の疑いで再逮捕する方針を固めました。


スキー場訪れ遭難 無事発見の6人が下山開始

12日夕方、福島県北塩原村のスキー場を訪れたオーストラリア人の男女6人が遭難し、消防などの捜索の結果、12日夜遅く、コースを外れた山の中で全員、無事見つかりました。6人は山小屋に待機したあと、13日明け方から歩いて下山を始めました。


スキー場訪れ遭難 無事発見の6人下山へ

12日夕方、福島県北塩原村のスキー場を訪れたオーストラリア人の男女6人が遭難し、消防などによる捜索の結果、12日夜遅く、コースを外れた山の中で全員無事見つかりました。警察は6人を近くの山小屋に待機させ、13日朝から下山させることにしています。


スキー場コース外で身動き取れず 6人の救助再開へ

12日、長野県野沢温泉村にあるスキー場のコースの外で身動きが取れなくなったフィンランド人とみられる男性6人について、警察は、13日朝から救助活動を再開することにしています。


厚生年金 資格あるも未加入 約200万人

厚生労働省は、年金の給付がより手厚い厚生年金に入る資格があるにもかかわらず、実際には国民年金に加入している人がおよそ200万人に上るとした推計をまとめ、資格のある人が適切に厚生年金に加入できるよう、企業などへの指導を強化していくとしています。


救助要請の男女6人 全員見つかる 福島 北塩原村

12日夕方、福島県北塩原村で、スキー場に来ていたオーストラリア人の男女6人から遭難したと連絡がありましたが、警察によりますと、捜索の結果、12日午後10時半すぎ、付近の山の中で全員見つかったということです。いずれも命に別状はないとみられるということで、警察が詳しい状況を調べています。


東日本大震災の「在宅被災者」 実態調査始まる

東日本大震災で被害を受けた自宅で生活を続けている、いわゆる「在宅被災者」の実態を把握するための調査が、12日から宮城県石巻市で始まりました。


ハンセン病患者の裁判検証 療養所で聞き取り調査へ

かつてハンセン病の患者の裁判が隔離された療養所などで開かれたことについて、差別的な扱いがなかったか検証している最高裁判所の有識者委員会は、今月から来月にかけて群馬県と熊本県の療養所で入所者からの聞き取りなどの調査を行うことを決めました。


潜水艦で自殺未遂 3人をパワハラで懲戒処分

3年前、広島県の海上自衛隊呉基地に停泊していた潜水艦の艦内で、乗組員1人が拳銃で自殺を図り、一時、意識不明となったことについて、海上自衛隊が、上司のパワーハラスメントが原因だとする調査結果をまとめ、幹部3人を懲戒処分としていたことが分かりました。


噴火警報や火口周辺警報 全国12の火山に

気象庁は12日、全国の活火山の去年12月以降の活動状況や、警戒すべき事項について概況を発表しました。噴火が発生したり、火山活動が高まったりしているとして、全国の12の火山に「噴火警報」や「火口周辺警報」が発表されています。


福島 北塩原村のスキー場 男女6人 救助要請

12日夕方、福島県北塩原村で、スキー場に来ていたオーストラリア人とみられる男女6人から救助の要請があり、警察は付近の山中で遭難したとみて詳しい状況を調べています。また、6人の救助に向かった仲間の1人とも連絡が取れないという情報があり、警察が確認を急いでいます。


拉致被害者の有本さん56歳に 一日も早い帰国を

拉致被害者の有本恵子さんは、1月12日が56歳の誕生日です。北朝鮮が核実験を行い、拉致問題への影響が懸念されるなか、神戸市の自宅では、両親が赤飯やケーキを用意して一日も早い帰国を願いました。


スキー場コース外で男性6人身動き取れず

12日午後、長野県野沢温泉村のスキー場のコースの外で、スキーなどをしていたフィンランド人とみられる30代から40代の男性6人が身動きが取れなくなったと警察に連絡がありました。6人にけがはないということで、警察は、13日朝からヘリコプターと地上の両面から救助を再開することにしています。


住宅火災 父親と7歳次男の死亡確認

12日未明、群馬県伊勢崎市で住宅が全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかった火事で、亡くなったのは、この家に住む38歳の男性と7歳の次男と確認されました。また、13歳の長女も意識不明の重体となっていて、警察は現場検証を行って火事の原因を調べています。


不正アクセスされ顧客情報盗まれた可能性

コンピューターのセキュリティーソフトなどを販売する東京の会社のデータベースが外部から不正にアクセスされ、「現金を払わなければ情報を公開する」という手紙が届いていたことが分かりました。会社は、3800余りの顧客企業の情報が盗まれた可能性があるとみて調査するとともに、警視庁に被害を相談しました。


“女性に乱暴”の罪 実刑取り消し無罪判決

4年前、鹿児島市で女性に乱暴した罪に問われた男性について、福岡高等裁判所宮崎支部は「裁判所が改めて行ったDNA鑑定で、別人のDNAの型が検出され、被害者の証言は信用できない」と指摘して、1審の実刑判決を取り消し無罪を言い渡しました。


ホテル大量盗難 ドアや窓にこじあけた形跡なし

長野県の志賀高原にあるホテルで、高校生およそ170人の財布などが盗まれた事件で、貴重品が保管されていたフロントに入るドアや周辺の窓には鍵がかかっていて、細工したり、こじあけたりしたような痕は無かったことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は、引き続き防犯カメラの映像解析を進めるなどして、犯人の侵入経路をさらに詳しく調べています。


プロ野球新人研修 初めて野球賭博関連の講義

プロ野球12球団の新人選手たちの研修会が開かれ、野球賭博問題を受けて、初めて野球賭博や八百長に関する講義が組まれました。


エルニーニョ現象が先月にかけて最盛期 暖冬傾向続く

気象庁は、おととし夏から続く「エルニーニョ現象」が、先月にかけて最盛期となったと発表しました。今後、徐々に弱まり、夏までには平常の状態に戻る可能性が高いとしていますが、この冬は広い範囲で暖冬傾向が続き、春の訪れも平年より早くなる可能性があるとしています。


東日本大震災で被災の3県 沿岸部の人口減少進む

東日本大震災の被災地、宮城、岩手、福島の3県の国勢調査の速報値が12日までに出そろい、東日本大震災や原発事故の影響で、いずれの県でも震災前に行われた前回の調査に比べて、沿岸部の多くの自治体で人口が減少していることが明らかになりました。


北・東日本で真冬並みの寒さ 都心などでは初雪

上空の寒気の影響で12日は北日本や東日本の各地で気温が上がらず、真冬並みの寒さとなったほか、東京の都心などで初雪を観測しました。


やけど女児死亡 母親「お湯が顔にかかった」

埼玉県狭山市の3歳の女の子が顔にやけどを負った状態で死亡しているのが見つかり、母親と同居していた男が保護責任者遺棄の疑いで逮捕された事件で、母親はやけどについて「お湯が顔にかかった」と供述していることが分かりました。警察は、体にも暴行を受けたような複数の傷があることから、女の子が日常的に虐待を受けていたとみて調べています。


警察の大規模災害訓練施設が完成

地震や大雨など自然災害への対応を強化するための警察の大規模な災害訓練施設が全国で初めて大阪に完成し、12日に開所式が行われました。


中学生の長男に万引きさせた疑い 父親を逮捕

去年12月、神奈川県鎌倉市にあるリサイクル店で、中学2年生の長男に指示して漫画のキャラクターの人形を万引きさせたとして、横浜市の50歳の父親が逮捕されました。長男は「去年の春ごろから10回以上万引きさせられた」と話しているということで、警察は詳しいいきさつを調べています。


首都高で玉突き事故 40代の男性2人死亡

12日未明、東京・豊島区の首都高速道路の中央環状線で、トラックと乗用車合わせて6台が絡む玉突き事故があり、男性2人が死亡し、3人がけがをしました。


新幹線で現代美術 臨時列車の外観を公開

上越新幹線でこの春から絵画や映像などの現代美術の作品を楽しむことができる臨時列車が運行されることになり、12日に初めて公開されました。


住宅火災で2人死亡 90歳と64歳の親子か 秋田

12日朝、秋田県美郷町で住宅3棟が全焼する火事があり、火元とみられる家から2人が遺体で見つかりました。警察は死亡したのは、この家に住む90歳の女性と64歳の長男の親子とみて確認を進めるとともに火事の原因を調べています。


異物混入事件 学校給食を再開 奈良生駒

学校給食センターの調理員が食材に異物を混入した事件を受けて、奈良県生駒市は、先月からすべての小中学校で給食を中止していましたが、センターに合わせて28台の監視カメラを設置するなどの再発防止策を取ったうえで、12日から給食を再開しました。


豪雨被害の病院 外来診療を本格再開 茨城

関東・東北豪雨で大きな被害を受けた茨城県常総市の総合病院は、今月から外来診療を本格的に再開し、来月の全面再開に向けて復旧作業を進めています。


歯科医院トイレに赤ちゃんの遺体 事務員逮捕

先週、東京・虎ノ門の歯科医院のトイレで生まれたばかりの赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、警視庁は、この歯科医院で働く22歳の事務員の女を死体遺棄の疑いで逮捕しました。


演歌歌手装う詐欺容疑 75歳の男逮捕

演歌歌手を装って「歌が売れたら返すから金を貸してほしい」とうそを言って東京都内の86歳の女性から現金をだまし取ったとして、75歳の男が詐欺の疑いで警視庁に逮捕されました。調べに対し容疑を否認しているということです。


都心などで初雪 北・東日本で寒い1日に

上空の寒気の影響で、12日は北日本や東日本の各地で気温が下がり、東京の都心などでは初雪を観測しました。日中も気温はあまり上がらず寒い1日となる見込みです。


皇居で「講書始」

天皇皇后両陛下が、年の初めにさまざまな分野の研究者から講義を受けられる「講書始」が12日に皇居で行われました。


3歳女児死亡 体に複数の傷 日常的に虐待か

埼玉県狭山市のマンションで、3歳の女の子がやけどを負った状態で遺体で見つかり、母親と同居していた男が保護責任者遺棄の疑いで逮捕された事件で、女の子の体にはやけどのほかに暴行を受けたような複数の傷があったことから、警察は日常的に虐待を受けていたとみて調べています。


女子中学生にわいせつ容疑 男を逮捕

東京都内で物干しざおの移動販売中に見かけた女子中学生の住宅に忍び込み、無理やり体を触ったとして、30歳の男が強制わいせつなどの疑いで警視庁に逮捕されました。


京浜急行 運転再開

京浜急行は、横浜市南区の井土ヶ谷駅で起きた人身事故の影響で、神奈川新町駅と上大岡駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午前9時46分に運転を再開しました。


京浜急行 一部運転見合わせ

京浜急行は、横浜市南区の井土ヶ谷駅で起きた人身事故の影響で、神奈川新町駅と上大岡駅の間の上下線で運転を見合わせています。


住宅火災で2人死亡 父親と7歳の次男か

12日未明、群馬県伊勢崎市で住宅が焼ける火事があり、焼け跡から38歳の男性と7歳の次男とみられる2人が遺体で見つかりました。また、13歳の長女も意識不明の重体となっていて、警察が身元の確認などを急いでいます。


首都高で6台絡む玉突き事故 2人死亡

12日未明、東京・豊島区の首都高速道路中央環状線で、トラックと乗用車合わせて6台が絡む玉突き事故があり、男性2人が死亡し、3人がけがをしました。


福島県の避難指示 帰還困難区域除き28年度中に解除方針

政府は、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けた福島県内の避難指示について、新年度、平成28年度中には帰還困難区域を除いてすべて解除する方針で、商業施設や医療機関の整備など、住民が帰還できる環境づくりへの支援を加速させることにしています。


領海侵入初確認の船は中国海軍の艦を改修

沖縄県の尖閣諸島の沖合で領海侵入を繰り返している中国海警局の船のうち、先月下旬に初めて確認された船が、中国海軍のフリゲート艦を改修したものであることが分かり、政府は中国側に厳重に抗議するとともに、警戒を強めています。


東京都心と横浜で初雪を観測

12日の関東地方は上空に寒気が流れ込んで雲が広がり、東京の都心と横浜市で初雪を観測しました。


マイクロソフト「IE」安全対策 最新版のみに

世界中で広く使われているインターネットの閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー」について、開発したマイクロソフトは、最新版以外のセキュリティー対策を12日で終了します。専門家は、サイバー攻撃が巧妙化するなかで、ソフトウエアメーカーの対策には限界があり、利用する個人や企業などの側でのセキュリティー対策がより重要になっていると指摘しています。


車いすの男性と介助の男性の2人 はねられ死亡

11日夜、山口県下関市の県道で、いずれも70歳の車いすに乗った男性と介助していた男性の2人が軽乗用車にはねられ、死亡しました。警察は車を運転していた74歳の男を逮捕して、事故の状況などを詳しく調べています。


群馬 ペルー人殺害 所在不明の知人捜す

今月8日、群馬県伊勢崎市内の病院に胸を刺されたペルー人の男性が運び込まれ、その後死亡した事件で、事件のあと、男性の知人で30代のペルー人男性の所在が分からなくなっていることが、警察への取材で分かりました。男性の家からは死亡した男性のものとみられる血痕が見つかっていて、警察は事件について何らかの事情を知っているとみて捜しています。


トヨタ労組 ベア要求月額3000円 去年の半分に

ことしの春闘で、トヨタ自動車の労働組合は、グループ全体で賃金の底上げを図るためとして、ベースアップの要求額を去年の半分にとどめ月額3000円とする方針を固めました。


仙台で「震災アーカイブ」のシンポジウム

東日本大震災の記憶の風化を防ぐため、被災地の自治体などが発生当時の写真や資料を集めてインターネット上で公開する、「震災アーカイブ」と呼ばれる取り組みについて話し合うシンポジウムが、仙台市の東北大学で開かれました。


大規模災害経験の知事・市長らがシンポジウム

阪神・淡路大震災からまもなく21年となる兵庫県西宮市で、大規模な災害を経験した全国各地の知事や市長らによるシンポジウムが開かれ、経験や教訓を風化させず、今後の対策に生かすことが重要だという発言が相次ぎました。


やけどの女児放置の疑い 母親と同居の男 逮捕

埼玉県狭山市のマンションで3歳の女の子が死亡しているのが見つかり、警察は、女の子がやけどをしていたにもかかわらず放置したとして、22歳の母親と同居していた男を保護責任者遺棄の疑いで逮捕しました。


新成人がタイムカプセルを開封 奈良

成人の日の11日、奈良市では、新成人たちが母校の小学校に埋めたタイムカプセルを開けて夢や将来に思いをはせました。


成人式に舞妓が参加 祝いの舞を披露 京都

成人の日の11日、京都市で成人式が行われ、成人を迎えた舞妓も参加して祝いの舞を披露しました。


JR常磐線各駅停車 運転再開

JR常磐線の各駅停車は、人身事故の影響で、綾瀬と取手の間で上下線とも運転を見合わせていましたが、午後6時51分、運転を再開しました。


津波被害の宅地 今も買い取られずが17%に

東日本大震災の発生から11日で4年10か月です。被災地では、津波の被害を受けた宅地を自治体が買い取る事業が進められていますが、宅地の相続人と連絡が取れないなどの理由で、今も買い取られていない宅地が宮城・岩手の2県で全体の17%、およそ7600か所に上ることが分かりました。


「子ども食堂」の現状や課題を報告する催し

生活に困窮する子どもたちに食事を提供する「子ども食堂」の現状や課題を報告する催しが都内で開かれ、「新たに食堂を始めたい」という人たちが全国から参加しました。


成人式で模擬投票を体験 東京・中野区

東京都内の成人式では、若者の選挙への関心を高めてもらおうと、模擬投票を体験する催しが開かれました。


NHKアナウンサー逮捕 危険ドラッグ所持の疑い

NHKのアナウンサーが、10日、東京都内の自宅で危険ドラッグを所持していたとして、厚生労働省の麻薬取締部に逮捕されました。


JR常磐線各駅停車 綾瀬〜取手 運転見合わせ

JR常磐線の各駅停車は、千葉県松戸市の馬橋駅で起きた人身事故の影響で、綾瀬と取手の間で上下線とも運転を見合わせています。


センター試験での不正行為 10年で65件

大学入試センター試験で、本人になりすまして他人が受験する「替え玉受験」やカンニングなどの不正行為が、去年までの10年で65件あったことが分かりました。今月16日と17日の試験を前に、大学入試センターは「不正は絶対にやめてほしい」と呼びかけています。


気象庁が震度5弱の地震で会見「余震に注意を」

今回の地震について、気象庁の長谷川洋平地震津波監視課長は午後5時半から記者会見し、「今回の地震は陸側のプレートの内部で起きた地震で、震源が比較的浅かったため、地盤の影響などもあって場所によっては震度5弱の揺れを観測したとみられる。揺れが強かった地域では、今後、2〜3日程度は震度4程度の揺れを伴う余震が起きる可能性があるので注意してほしい」と呼びかけています。


震災の月命日 亡き息子に姉弟の命守ること誓う

東日本大震災で息子を失った宮城県石巻市の母親は、家族と共に息子の墓を訪れ、手を合わせていました。


震災4年10か月 岩手・陸前高田で不明者捜索

東日本大震災の発生から4年10か月となる11日、震災で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市では、警察が、今も行方が分からない人たちの捜索を行いました。


地震 携帯電話の通話・通信に影響なし

大手通信会社のNTTドコモとKDDI、それにソフトバンクによりますと、地震による携帯電話の通話や通信への影響はこれまでのところないということです。


青森県で震度5弱

11日午後、青森県で震度5弱の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波はありませんでした。


死亡ひき逃げ事件 出頭の74歳の男を逮捕

10日夜、千葉県流山市で道路を横断していた81歳の女性が乗用車にひき逃げされ死亡した事件で、警察は、出頭してきた74歳の男をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。


遺体を放置した疑い 家族3人逮捕 栃木・真岡

栃木県真岡市の住宅で住人の男性とみられる遺体を放置したとして、11日、妻と子どもら家族3人が死体遺棄の疑いで逮捕されました。


震災から4年10か月 復興と豊作願い鏡開き

東日本大震災の発生から4年10か月となった11日、宮城県南三陸町では、今も仮設住宅などで暮らす人たちが、地元の農家の人たちと共に、震災からの復興とことし1年の豊作を願って鏡開きをしました。


全国最大規模の成人式 横浜

成人の日の11日、横浜市では3万5000人余りが大人の仲間入りをし、全国で最も規模の大きい成人式が行われています。


震災4年10か月 福島県沿岸部でも不明者捜索

東日本大震災と原発事故から11日で4年10か月です。福島県の沿岸部では、今も行方が分からないままとなっている198人の捜索が行われています。


成人の日 東京ディズニーランドで成人式

成人の日の11日、千葉県浦安市では東京ディズニーランドで成人式が行われ、おなじみのキャラクターが新成人の門出を祝いました。


震災4年10か月 ボランティアが不明者捜索

東日本大震災の発生から4年10か月となった11日、宮城県気仙沼市では、全国から集まったボランティアが、今も行方不明のままの人たちの捜索を行いました。


住宅3棟焼ける火事 2人死亡 青森・八戸

11日朝、青森県八戸市で住宅3棟が焼ける火事があり、火元の住宅から2人が遺体で見つかりました。火事のあと、この家に住む高齢の夫婦と連絡が取れなくなっているということで、警察は、亡くなったのはこの夫婦とみて身元の確認を急いでいます。


高齢女性はねられ死亡 ひき逃げで捜査

10日午後6時すぎ、千葉県流山市で、道路を横断していた81歳の女性が乗用車にはねられて搬送先の病院で死亡し、乗用車がそのまま走り去ったことから、警察はひき逃げ事件として捜査しています。


西武新宿線 運転再開

西武新宿線は、野方駅で起きた人身事故の影響で、西武新宿と上石神井の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午前10時すぎに運転を再開しました。


西武新宿線 運転見合わせ

西武新宿線は野方駅で起きた人身事故の影響で、午前9時25分から西武新宿と上石神井の間の上下線で運転を見合わせています。


1人暮らし男性殺害の疑い 知り合いの男逮捕

今月3日、福岡県中間市の住宅で1人暮らしの86歳の男性が刃物で刺されて殺害されているのが見つかった事件で、警察は近くに住む知り合いの61歳の男を殺人の疑いで逮捕しました。


成人式会場で大けが 新成人を傷害容疑で逮捕

10日、和歌山市で開かれた成人式の会場で新成人の男性が顔や頭に大けがをして倒れているのが見つかった事件で、警察は、式に来ていた新成人の建設作業員の男を傷害の疑いで逮捕しました。2人は酒に酔っていたということで、警察が当時の状況を調べています。


震災関連死含めた死者不明者 2万1000人超

東日本大震災の発生から4年10か月になり、警察がこれまでに確認した死者と行方不明者は1万8457人となっています。また、避難生活などで亡くなったいわゆる「震災関連死」は国のまとめで3000人以上と、「関連死」を含めた震災による死者と行方不明者は2万1000人を超えています。


日中の法律専門家など 人権や法の価値観共有を

日本や中国などの法律の専門家や学生が参加して都内でシンポジウムが開かれ、政治体制の違いを超えて、人権や法の支配といった価値観を共有する大切さを確認しました。


新成人どうし もみ合いか 男性けが 男逃走

10日午後、和歌山市で開かれた成人式の会場の外で、新成人とみられる男性どうしがもみ合いとなり、20歳の男性が頭を強く打つけがをしました。相手の男は現場から逃走し、警察が傷害事件として捜査しています。


小4男児死亡 複数児童「いじわるされるの見た」

去年10月、沖縄県豊見城市で小学4年の男子児童が首をつって死亡した問題で、複数の児童が学校が行ったアンケートに対し、「死亡した児童が、いじわるなどをされているのを見たことがある」と回答していたことが分かりました。市の教育委員会と学校は、いじめなどがなかったか、今後詳細な調査を行うことにしています。


孫の成人式へ 夫婦はねられ大けが 運転は新成人

10日午後、静岡県湖西市で、成人式に参加するため車を運転していた20歳の男が60代の夫婦をはねて大けがをさせたとして、過失運転傷害の疑いで逮捕されました。夫婦は孫の成人を祝うため式典の会場に向かう途中だったということで、警察が当時の詳しい状況を調べています。


両陛下 大相撲初場所を観戦

天皇皇后両陛下は、10日、大相撲の初場所を観戦されました。


被災地で成人式 復興への決意新たに

東日本大震災が起きた当時、中学3年生だった若者の多くがことし新成人になります。被災地では11日の成人の日を前に、10日、各地で成人式が行われ、復興への決意を新たにしました。


陸自空挺部隊 離島防衛を想定した訓練公開

自衛隊で唯一のパラシュート降下部隊、陸上自衛隊の第1空挺団が、10日、千葉県の演習場で離島の防衛を想定した訓練の様子を公開しました。


老人ホームで93歳の妻殺害容疑 夫を逮捕 横浜

10日午前、横浜市港北区の老人ホームで、同じ部屋に入居していた93歳の妻の首を絞めて殺害したとして、93歳の夫が殺人の疑いで逮捕されました。


JR東海道線 運転再開

川崎駅で起きた人身事故のため一部で運転を見合わせていたJR東海道線は、午後5時ごろ上下線で運転を再開しました。


出初め式 大地震想定し救助訓練公開 横浜

横浜市で新年恒例の消防出初め式が行われ、大地震による災害を想定した救助訓練などが公開されました。


中国海警局の2隻 尖閣沖の接続水域出る

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で航行を続けていた中国海警局の船2隻は、10日午後1時ごろ、日本の領海のすぐ外側にある接続水域から出ました。


JR東海道線 東京〜熱海 運転見合わせ

JR東海道線は川崎駅で起きた人身事故のため、午後3時24分から、東京駅と熱海駅の間の上下線で運転を見合わせています。


貴金属店の夫婦縛り数百万円奪う 長野・諏訪

10日未明、長野県諏訪市にある住宅を兼ねた貴金属店に数人の男らが押し入り70代の夫婦を粘着テープで縛ったうえ現金数百万円や指輪などの貴金属を奪われたと警察に通報があり、警察が強盗事件として捜査しています。


震災当時 中学3年生 成人式で復興への決意

11日の成人の日を前に、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市で成人式が行われ、震災発生当時、中学3年生だった196人の新成人が復興への決意を新たにしました。


110番の日 DAIGOさんが適切な通報呼びかけ

1月10日は110番の日で、警視庁では歌手のDAIGOさんが110番通報の受け付けを体験し、適切な通報を心がけるよう呼びかけました。


港で貨物船が座礁 乗組員全員を救助 山形・酒田

10日朝早く、山形県酒田市の港でパナマ船籍の貨物船が座礁し、海上保安本部と航空自衛隊がヘリコプターで乗組員18人全員を救助しました。


無人機 規制1か月 国への申請など1000件超

ドローンなど無人機の飛行を規制する改正航空法の施行から10日で1か月となり、制限エリアでの飛行を求める国への申請や事前の相談が、これまでに1000件を超えたことが国土交通省のまとめで分かりました。


中国海警局の2隻 尖閣沖の接続水域を航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船2隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


ペルー人刺殺 交友関係やトラブルなかったか調べる

8日、群馬県伊勢崎市内の病院に胸を刺されたペルー人の男性が運び込まれ死亡した事件で、警察はこの男性を車で病院に運んできた別のペルー人の男性などから事情を聞いてトラブルがなかったかなどについて詳しく調べることにしています。


歩道に不審なケース 一時騒然 千葉・市川

9日夜、千葉県市川市の歩道で不審なスーツケースのようなものが見つかり、警察では爆発物のおそれもあるとして爆発物処理班を出して回収しました。その後の調べで、ケースは医療用の機器であることが分かりましたが、現場は一時騒然となりました。


110番通報 緊急性ないものが20%余

1月10日は「110番の日」です。去年1月から11月までに全国の警察が受け付けた110番通報は840万件余りで、このうち、緊急の対応を必要としないものが全体の20%余りを占めたことが分かり、警察庁は緊急性がない場合は全国共通の短縮ダイヤルなどの利用を呼びかけています。


危険性ある病原体の管理方法の点検求める 厚労省

熊本市にある血液製剤などのメーカー「化血研」が生物テロにも使われるおそれのある「ボツリヌス毒素」を運ぶ際に必要な届け出を怠っていた問題を受け、厚生労働省は研究機関や製薬会社に対し、危険性のある病原体の管理方法を点検するよう求めました。


ホテルで大量盗難 監視カメラに不審者映らず

長野県の志賀高原にあるホテルで高校生およそ170人の財布などが盗まれた事件で、貴重品を保管していたフロント周辺の監視カメラの映像には不審な人物は映っていなかったことが警察への取材で分かりました。警察はホテルの中や周辺でほかに不審な人物が目撃されていないかなど捜査を進めています。


鹿児島奄美地方で震度4

9日午後11時12分ごろ、鹿児島県奄美地方で震度4の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。


オープン予定の呉服店で着物数千万円分盗難

茨城県守谷市の9日オープンする予定だった呉服店で、着物など130点余り、販売価格にして数千万円分が盗まれていることが分かり、警察が窃盗事件として捜査しています。


沖縄 死亡の小4男児 アンケートに「いじめ受けた」

去年10月、沖縄県豊見城市で首をつって死亡した小学4年の男子児童が、学校のアンケート調査に「いじめを受けた」という内容の回答をしていたことが分かり、市の教育委員会が第三者委員会を設けていじめがなかったか事実関係を調査しています。


福岡 暴力団事務所に火炎瓶投げこまれる

9日朝、福岡市にある山口組系暴力団の事務所に複数の火炎瓶のようなものが投げ込まれ、警察は、放火未遂の疑いで調べるとともに、山口組の分裂に関連したトラブルの可能性もあるとみて捜査しています。


志賀高原のホテル 当初から高校生の財布など狙った犯行か

長野県の志賀高原にあるホテルで、高校生およそ170人の財布などが盗まれた事件で、財布などが保管されていたフロントには荒らされたような形跡がなかったことなどから、警察は高校生の財布など狙った犯行の可能性もあるとみて捜査を進めています。このホテルでは去年も合宿で訪れていた中学生340人の財布などが盗まれる事件が起きていて、警察で関連を調べています。


NPO代表 知的障害者に準強制わいせつの疑い

東京・府中市にある知的障害者の福祉施設を運営するNPO法人の代表が、施設に入所している20代の女性の体を無理やり触ったとして、準強制わいせつの疑いで警視庁に逮捕されました。


橋などから金属板なくなる 東北3県で260以上

東北の岩手・山形・宮城の3県で、橋やトンネルに取り付けられていた金属製のプレートや欄干の飾り、合わせて260個以上が相次いでなくなっているのが見つかり、警察が窃盗事件として捜査しています。


ペルー人男性 搬送後に死亡 胸に刺し傷

8日夜、群馬県伊勢崎市内の病院に胸に刺し傷のある男性が運び込まれ、その後、死亡しました。死亡したのはペルー国籍の45歳の男性で、警察は殺人事件として捜査しています。


大分の母娘死亡火災 長男を放火・殺人容疑で逮捕

おととし、大分県豊後高田市で住宅が全焼し56歳の母親と長女が死亡した火事について警察は、当時、福岡県に住んでいた31歳の長男が家に火をつけて2人を殺害した疑いがあるとして放火と殺人の疑いで逮捕しました。警察によりますと、調べに対し容疑を否認しているということです。


東京・歌舞伎町でまたホテル火災 けが人なし

9日午後、東京・新宿歌舞伎町で、ホテルの1室が焼ける火事がありました。けが人などはいませんでしたが、歌舞伎町では7日も近くのホテルで火事が起きています。


志賀高原 ホテルで大量盗難 未明には貴重品確認

長野県の志賀高原にあるホテルでスキー合宿に来ていた川崎市の高校生、170人の財布などが盗まれていた事件で、貴重品の保管されていた部屋には鍵がかけられ、8日未明には貴重品があると確認されていたことが警察などへの取材で分かりました。このホテルでは去年8月にも学習塾の合宿で訪れていた中学生340人の財布などが盗まれる事件が起きていて、警察では関連を調べています。


アパート火災で1人死亡 60代男性か 栃木市

9日朝、栃木県栃木市のアパートで火事があり、男性1人が死亡しました。警察は亡くなったのは、この部屋に住む60代の男性とみて確認を進めています。


中国海洋調査船の活動 沖縄近海で2倍以上に

去年、沖縄県の尖閣諸島沖で、中国当局の船が日本の領海に侵入した回数は前の年とほぼ同じでしたが、一方で沖縄近海では、中国の海洋調査船の活動が前の年の2倍以上に増加したことが海上保安庁のまとめで分かりました。


中国海警局2隻 尖閣沖の接続水域を航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船2隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


JR京浜東北線・東海道線 運転再開

JR京浜東北線は川崎駅と蒲田駅間で起きた人身事故のため、運転を見合わせていましたが、9日午前7時36分に全線で運転を再開しました。また、この影響で品川と横浜の間の上下線で運転を見合わせていたJR東海道線も運転を再開しました。


東京書籍 検定中教科書閲覧 本社が主導

教科書会社の最大手「東京書籍」が教員を集めて会議を開き、検定途中の教科書を閲覧させて現金を渡していた問題で、会議は本社の編集部局の主導で開催されていたことが分かりました。文部科学省はほかにも同様の会議が開かれていなかったか、詳しい報告を求め、厳正に指導する方針です。


JR京浜東北線・東海道線 運転見合せ

JR京浜東北線は、川崎駅と蒲田駅間で起きた人身事故のため、午前6時39分から神奈川県の大船と埼玉県の大宮の間の全線で運転を見合わせています。また、この影響でJR東海道線も品川と横浜の間の上下線で運転を見合わせています。


東武東上線 運転再開

東武東上線は、ふじみ野駅の構内で発生した人身事故のため、池袋と埼玉県の小川町の間の全線で運転を見合わせていましたが、9日午前6時25分に全線で運転を再開しました。


志賀高原のホテル 生徒170人の財布盗難か

長野県山ノ内町の志賀高原にあるホテルで、スキー合宿に来ていた神奈川県の高校生170人の財布などが無くなっていることが分かり、警察が盗まれたとみて調べています。このホテルでは去年8月にも学習塾の合宿で訪れていた中学生340人の財布などが盗まれる事件が起きていて警察は関連を調べています。


東武東上線 運転見合わせ

東武東上線は、9日午前5時18分ごろふじみ野駅の構内で発生した人身事故のため、池袋と埼玉県の小川町の間の全線で上下線とも運転を見合わせています。


路線バス事故 運転手の健康管理を調査へ

7日、東京・小金井市で路線バスがアパートに突っ込んだ事故で、運転手が事故の直前に座席であおむけの状態になっていたことから、国土交通省はバス会社などから事情を聞き、運転手の健康管理に問題がなかったか詳しく調べることにしています。


データ改ざん 1次2次下請けともに営業停止処分へ

横浜市のマンションの工事でくいのデータの流用や改ざんが行われていた問題で、国土交通省は、工事の1次下請けの「日立ハイテクノロジーズ」が、法律で禁止されている工事の丸投げを実質的に行っていたとして、2次下請けの「旭化成建材」とともに来週にも15日間の営業停止処分などとする方針を固めました。元請けの「三井住友建設」も合わせて行政処分することにしています。


厚労省 製薬会社への検査方法見直しへ

血液製剤の製造を巡って不正を続けていたとして、熊本市にある血液製剤などのメーカー「化血研」が8日業務停止処分を受けました。化血研には国が定期的に立ち入り検査を行っていたにもかかわらず不正を見抜けなかったことから厚生労働省は、製薬会社への検査方法を見直すことにしています。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧