NHKニュース|社会 2016年3月17日 (木曜日)

不正アクセスの疑いで逮捕 回線の強制解約を要請

他人のIDとパスワードを使ってインターネットに接続したとして、富山県警察本部は埼玉県に住む中国人の男を不正アクセス禁止法違反の疑いで16日に逮捕するとともに、男が契約していた通信回線を強制的に解約するようNTT東日本に要請しました。不正アクセスを理由に解約されれば、全国で初めてだということです。


「自治体監査に全国統一的な基準を」答申提出

政府の地方制度調査会は、地方自治体の事務が適正に行われているかチェックすることが必要だとして、地方自治体の監査機能をさらに強化するため、全国で統一的な監査基準を策定するべきだなどとした答申を安倍総理大臣に提出しました。


過労自殺認定 出向元などに賠償命じる 東京地裁

自殺した会社員の両親が会社側に賠償を求めた裁判で、東京地方裁判所は「月170時間以上の時間外勤務が2か月続いて消耗していた」として過労による自殺と認め、会社側におよそ6000万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。


中3女子生徒の自殺 第三者委で原因調査へ 茨城

去年11月、茨城県取手市の中学3年生の女子生徒が自宅で自殺し、市の教育委員会は専門家を交えた第三者委員会を設けて原因を調べることになりました。


靖国神社トイレ出火事件 韓国人の男を追起訴

東京の靖国神社のトイレで爆発音がして火が出た事件で、火薬類取締法違反などの罪に問われている韓国人の男が、無許可で日本国内に火薬を持ち込んだとして、関税法違反などの罪で追起訴されました。


非正規社員 KDDIが月額5400円余賃上げ

ことしの春闘で、非正規で働く人の待遇改善も焦点となるなか、大手通信会社のKDDIの経営側は非正規の社員について、組合側の要求を上回る、平均でひと月当たり5400円余り賃金を引き上げることを労働組合側に伝え、労使交渉が妥結しました。


取り押さえた男性死亡 警察官3人を書類送検

3年前、北海道北見市で交通違反をしたとして警察官に取り押さえられた男性が死亡し、警察は男性を強く押さえつけて死亡させたとして、現場にいた警察官2人を業務上過失致死の疑いで書類送検しました。また、別の警部補を、男性に暴行を加えたとして特別公務員暴行陵虐の疑いで書類送検しました。


理由記載なし 沖縄県への是正指示を出し直し

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡る裁判で、国土交通省は、沖縄県との和解に従って法的な手続きを仕切り直すため、先週、沖縄県の翁長知事に対し、埋め立て承認の取り消しを撤回するよう是正を指示しましたが、沖縄県からの指摘を受け、先週の指示を撤回し、16日、是正指示を出し直しました。


クジラの上に人 写真コンテストの賞を取り下げ

北海道立オホーツク流氷科学センターが主催した写真コンテストで、海岸に打ち上げられたクジラの上に人が立っている写真が最優秀賞に選ばれましたが、インターネット上などで批判が相次ぎ、センターは受賞者からの申し出を受けて賞を取り下げました。センターは「配慮が欠けていた」としています。


大麻所持の疑いで中3男子生徒を逮捕 大阪

大阪府内の中学3年の男子生徒が大麻を隠し持っていたとして、去年11月、警察に逮捕されていたことが分かりました。警察によりますと、男子生徒は「知り合いから買った」と供述したということです。


大阪 梅田暴走事故 重体の女性死亡 死者3人に

先月、大阪・梅田の交差点で乗用車が歩行者を次々にはね、運転していた男性を含む2人が死亡した事故で、意識不明の重体になっていた28歳の女性が16日に死亡し、事故の死者は3人になりました。警察は、運転していた男性が突発性の心疾患で意識を失った状態だったとみて調べています。


春闘 ベースアップ回答相次ぐも去年より低水準

ことしの春闘は、16日、経営側が労働組合に一斉に回答を示す集中回答日を迎えました。大手企業では基本給を引き上げるベースアップの回答が相次ぎましたが、大幅な賃上げが実現した去年の実績に比べて低い水準にとどまりました。


JR高崎線 運転再開は17日午後1時ごろに

JR東日本によりますと、トラブルによって一部で運転の見合わせが続いている高崎線の運転再開は、17日の始発からとしていましたが、17日の午後1時ごろにずれ込む見通しだと発表しました。


自白調書へのサイン「解放されたかった」

栃木県の旧今市市、今の日光市で、小学1年生の女の子が連れ去られて殺害された事件の裁判員裁判で、無罪を主張している被告は、殺害を認めた調書にサインをしたことについて、「もう解放されたいという気持ちだった」と説明しました。


両陛下 福島県を訪問 避難住民励ます

天皇皇后両陛下は、16日、福島県を訪れ、東日本大震災による原発事故の影響で避難生活を続ける葛尾村の人たちを励まされました。


JR高崎線の再開 17日の午後1時ごろに

JR高崎線は、15日、埼玉県熊谷市の籠原駅で起きたトラブルの影響で、16日も始発から熊谷と岡部の間で運転を見合わせています。JR東日本では、当初、運転再開は17日の始発からとしていましたが、17日の午後1時ごろにずれ込む見通しだと発表しました。


56億円詐取の罪 元経営者など5人に無罪判決

LED照明の架空取り引きで「電通」の子会社からおよそ56億円をだまし取ったとして詐欺の罪に問われたLED製品開発会社の元経営者など5人の裁判で、東京地方裁判所は「だます意思があったとは認められない」などとして、全員に無罪の判決を言い渡しました。


News Up 成果はいかに カラス退治に天敵活用

毎朝の通勤や通学で繁華街を通ると足元に生ゴミなどが散らかっていて、嫌な思いをしたことがある方も多いのではないでしょうか。飲食店などが夜間に出したゴミを、カラスがあさって散らかした跡です。時には頭上すれすれを飛んで怖い思いもさせる都会のカラス。このやっかいな存在のカラスを追い払うために“天敵”を活用しようという取り組みが始まりました。


韓国学校増設 東京都が都立高跡地利用の方針

東京都は、韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領の要請を受け、新宿区にある韓国学校を増設するための用地として都立高校の跡地を利用する方針を決め、今後、韓国側と利用条件などについて協議を進めていくことになりました。


“マンホールのふたに鬼太郎”マナー向上呼びかけ

漫画家の水木しげるさんが長年暮らしていた東京・調布市では、歩行者にマナーの向上を呼びかけようと、「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪たちが歩きたばこなどをやめるよう訴えるマンホールのふたを設置しました。


資産家夫婦殺害事件 2審も死刑判決

4年前、資産家の夫婦を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われた東京の元会社社長に対し、東京高等裁判所は「計画性の高い犯行で、落ち度のない2人の命を奪った結果は重大だ」として、1審に続いて死刑を言い渡しました。


中国海警局の3隻 一時尖閣諸島沖の領海に侵入

16日午後、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻がおよそ1時間半にわたって日本の領海に侵入しました。3隻はその後も領海のすぐ外側にある接続水域を航行していて、海上保安本部が再び領海に近づかないよう警告と監視を続けています。


環境省 指定廃棄物の保管強化策示す

東京電力福島第一原子力発電所の事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物を巡り、環境省は、濃度が基準を下回るまで現在の場所で分散して保管を続ける際に、貨物用コンテナの中に廃棄物を収納するなど、保管の強化策を示しました。


米軍兵士逮捕 沖縄の米軍トップが知事に謝罪

那覇市でアメリカ軍の兵士が観光客の女性に乱暴したとして逮捕された事件を受けて、沖縄に駐留するアメリカ軍のトップが県庁に出向き、知事に謝罪するとともに再発防止策を徹底させる考えを伝えました。


中国海警局の3隻 尖閣諸島沖で領海侵入

16日午後、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海に侵入し、海上保安本部が直ちに領海から出るよう警告を続けています。


絢子さま 大学院修了 学位記授与式に

高円宮家の三女の絢子さまは、大学院の修士課程を修了し、16日、学位記の授与式に臨まれました。


米海兵隊 那覇市含む一部地域での宿泊認めない命令

今月、沖縄のアメリカ海兵隊の基地に所属する兵士が、那覇市で日本人観光客の女性に乱暴したとして逮捕された事件を受け、アメリカ海兵隊が沖縄に駐留する海兵隊と海軍の兵士に対し、那覇市を含む一部の地域での宿泊を認めない命令を出したことが分かりました。


女児死亡火災 無期懲役の母親ら 再審で無罪の見通し

21年前、大阪市で住宅が全焼し、小学6年生だった女の子が死亡した火事で、無期懲役が確定した母親ら2人の再審=裁判のやり直しが認められたことについて、検察は、今後行われる再審で有罪を主張しない方針を決めました。これにより、2人に無罪が言い渡される見通しになりました。


沖縄戦訴訟 住民の訴え退ける判決

太平洋戦争末期の昭和20年に激しい地上戦が行われた沖縄戦で被害を受けたとして、沖縄県などの住民79人が国に賠償を求めた裁判で、那覇地方裁判所は「戦時中の明治憲法の下では国の責任を認める法律がなく、賠償を求めることができない」と指摘して、訴えを退ける判決を言い渡しました。


甘利前経済再生相と元秘書の告発状提出

甘利前経済再生担当大臣を巡る問題で、東京の弁護士の団体は、UR=都市再生機構と補償交渉をしていた千葉県の建設会社側から現金を受け取ったのは「あっせん利得処罰法に違反する疑いがある」として、甘利氏と元秘書の告発状を東京地方検察庁に提出しました。


春闘 トヨタ ベースアップは月額1500円

春闘の集中回答日の16日、トヨタ自動車の経営側は、ベースアップを月額1500円とすることなどを労働組合側に正式に伝え、労使交渉が妥結しました。


JR高崎線 一部で運転見合わせ続く

JR高崎線は、15日に埼玉県熊谷市の籠原駅で起きたトラブルの影響で、16日も始発から熊谷と岡部の間で運転を見合わせていて、16日朝のラッシュ時には、代行輸送のバスを待って駅前に長い列が出来るなど混乱が続いています。JRは17日の運転再開を予定しています。


暴力団事務所と車に火炎瓶のようなもの 埼玉

16日未明、埼玉県の行田市と熊谷市で、同じ山口組系暴力団の事務所と幹部の車に火炎瓶のようなものが投げ込まれ、警察は、山口組の分裂に伴う抗争の疑いがあるとみて捜査しています。


春闘 大手企業の賃上げ 去年実績より低い水準

ことしの春闘は、16日、経営側が労働組合に一斉に回答を示す集中回答日を迎えました。自動車や電機などの大手企業では基本給を引き上げるベースアップの回答が相次いでいますが、大幅な賃上げが実現した去年の実績に比べて低い水準にとどまっています。


暴力団事務所に相次いでトラック衝突 大阪

16日未明から朝にかけて、大阪・門真市と守口市の暴力団事務所が入るビルにトラックが相次いで衝突し、一部が壊れました。警察は、山口組と、分裂した神戸山口組の対立抗争が関係しているとみて捜査しています。


「迎賓館事件」から30年 中核派3人の有罪確定へ

昭和61年、東京の迎賓館などに向けて砲弾を発射した罪に問われた中核派の3人の裁判で、最高裁判所は上告を退ける決定を出し、事件から30年を経て、3人の有罪が確定することになりました。


繁華街のカラス対策 タカを使った実証実験

路上にゴミを散乱させる繁華街のカラスを追い払おうと、天敵とされるタカを使った実証実験が16日から東京・渋谷区で始まりました。


2か月の長男殴り大けがさせた疑い 父親を逮捕

さいたま市で生後2か月の長男を殴り、頭の骨を折る大けがをさせたとして、47歳の父親が傷害の疑いで逮捕されました。


清原和博被告の保釈を申請

覚醒剤を使った罪などで起訴された、元プロ野球選手の清原和博被告(48)について、16日午前、弁護士が東京地方裁判所に保釈を申請しました。


対戦車ヘリやミサイル艇 女性自衛官の配置先拡大

防衛省は、女性の活躍の場を広げるとして、新たに対戦車ヘリコプターの乗員やミサイル艇の乗組員などにも女性自衛官を登用することを決めました。


JR高崎線 きょうも一部で運転見合わせ続く

15日に埼玉県のJR高崎線で起きたトラブルの影響で、16日も始発から熊谷と岡部の間で運転の見合わせが続いています。JRは17日の運転再開を目指していて、16日も高崎線はラッシュ時に駅に入れないなどの混雑が続く見通しです。


詐欺などに使用の口座の残金 給付型奨学金に活用へ

政府は、振り込め詐欺などに使われた金融機関の口座に残っているお金を、犯罪被害者の家族に対する、返済の要らない給付型の奨学金として活用する方針を固めました。


沖縄戦の住民の被害巡る訴訟 きょう判決

太平洋戦争末期に激しい地上戦が行われた沖縄戦を巡って、日米両軍の兵士を上回る民間人が犠牲になったのは、国が住民を保護する義務を怠ったのが原因だとして、沖縄県などの住民が訴えた裁判で、16日に那覇地方裁判所が判決を言い渡します。沖縄戦の被害を巡って住民が国に賠償を求めた裁判で、判決が言い渡されるのは初めてです。


春闘 きょう集中回答日 賃上げ相次ぐ見通し

ことしの春闘は、16日に大手企業の経営側が労働組合に一斉に回答を示す集中回答日を迎えます。大幅な賃上げが実現した去年の実績と比べると低い水準にとどまりそうですが、これまでの交渉でトヨタ自動車が月額1500円のベースアップで事実上決着するなど、ベアを含む賃上げが各社で相次ぐ見通しです。


やさしい日本語で生活情報伝える 弘前大が辞典作成

災害が発生したときなどに外国人に分かりやすく情報を伝える「やさしい日本語」を使って、生活情報を届ける際のことばをまとめた辞典を、青森県の弘前大学の研究グループが作成し、インターネットのホームページで公開しています。


長野バス事故 遺族が会社側に説明会開催求める

乗客乗員15人が死亡した長野県軽井沢町のバス事故の遺族が、事故を起こしたバス会社とツアーを企画した旅行会社に対して、説明会を開いて事故原因や安全管理の状況などについて説明するよう求めました。


避難者ら 新潟限定の東電CMの停止求める

新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所の安全対策などを説明したテレビやラジオのCMが、新潟県内で放送されていることについて、福島から避難している人などが「気持ちを踏みにじる不適切なCMだ」などとして、東京電力に放送をやめるよう求めました。


「CGでも児童ポルノに該当」で有罪判決

コンピューターグラフィックス=CGで描いた少女の裸の画像が児童ポルノに当たるかどうかが争われた裁判で、東京地方裁判所は「CGでも実在の少女の姿を忠実に描いた場合は児童ポルノに当たる」などと判断し、34点のうち3点を処罰の対象に当たるとして有罪の判決を言い渡しました。


マイナンバー法で初立件か カード撮影の男を追送検

同僚の女性の家に侵入したとして警察に逮捕された高松市の会社員の男が、女性のマイナンバーの通知カードをスマートフォンで撮影してナンバーを不正に知ったとして、マイナンバー法違反の疑いで追送検されました。警察によりますと、マイナンバー法を適用した立件は全国で初めてとみられます。


原爆投下B29乗員の孫 戦争起きないよう努力を

太平洋戦争で広島と長崎に原爆を落としたB29の乗員の孫で、日本の被爆者を取材しているアメリカ人の映像作家の男性が15日に都内で会見し、戦争が起きないよう努力すべきだと述べました。


中学が調査書を記入ミス 1人が一時高校不合格に

千葉県船橋市の市立中学校で、高校受験の合否判定に使われる生徒の調査書を作成した際、生徒の出席日数を誤って記入して提出し1人が一時、不合格となっていたことが分かりました。このあと再判定を行った結果合格したということです。


JR高崎線 岡部〜熊谷 16日も運転見合わせ

15日朝早く、埼玉県内にあるJR高崎線の籠原駅で電気設備が焼けるトラブルが起きたため、岡部と熊谷の間の上下線は、運転の見合わせが16日まで続く見込みです。高崎線ではそのほかの区間でも、電車の本数が大幅に減っていて、混雑状況によっては駅やホームへの入場を制限することもあるということです。


去年噴火の口永良部島 小中学校で卒業式

去年、爆発的な噴火が起きた鹿児島県の口永良部島で、小学校と中学校の合同卒業式が行われ、島の人たちも参加して子どもたちの門出を祝いました。


市役所に爆破予告メール 出頭の大学生を逮捕

千葉県の松戸市役所に爆破予告のメールを送りつけたとして、警察は、20歳の男子大学生を威力業務妨害の疑いで逮捕しました。大学生は容疑を認め、先月までにほかの自治体に送りつけられた爆破予告のメールについても関与をほのめかしているということです。


高校生が声 コンビニが未払い賃金支払いへ

埼玉県内のコンビニでアルバイトをしている高校生が、労働時間が切り捨てられ給料が支払われないと声を上げたことをきっかけに、コンビニの運営会社が従業員に未払いの賃金500万円を支払うことになりました。


万引き容疑で逮捕のTBS記者を釈放

東京・赤坂のスーパーマーケットで食料品を万引きしたとして逮捕されたTBSの記者について、東京地方検察庁は勾留が認められなかったとして15日夕方、釈放しました。警視庁は、任意で捜査を続けることにしています。


警察庁長官 山口組トップの出身母体所在地で訓示

指定暴力団「山口組」と分裂した「神戸山口組」が対立抗争の状態になるなか、警察庁の金高長官は、山口組のトップの出身母体がある地域を管轄する愛知県警を訪れ、市民生活の安全確保と対立抗争の防止に全力を尽くすよう指示しました。


暴力団対立抗争 10道県で市民生活に影響

指定暴力団「山口組」と、分裂した「神戸山口組」が対立抗争の状態になり、各地で事件が相次いでいる問題で、NHKが調べたところ、現場近くの学校で集団下校や登下校中の見守りが行われるなど、市民生活に影響が出ている地域が少なくとも10の道と県に上ることが分かりました。


News Up “立って会議” その効果は?

職場で毎日のように行われる会議やミーティング。長時間に及んでうんざり、眠くなって困った、という人も多いのではないでしょうか。そんななか、ネットで話題にあがっているのが「スタンディング会議」。立った状態で打ち合わせ、話し合いを行い、短い時間で効率的に情報共有しようという試みです。


暴力団の銃撃事件の遺族女性「取締り強化を」

山口組と神戸山口組が対立抗争の状態になっていることについて、暴力団員による銃撃事件に巻き込まれて家族を亡くした女性は、いつまた誰かの家族が抗争に巻き込まれるかと思うと心配だとして、警察には暴力団の取締りを強化してほしいと訴えています。


神戸山口組の会合情報 警視庁が警戒強化

東京・新宿歌舞伎町で、指定暴力団「山口組」から分裂した「神戸山口組」の関東の幹部が集まり会合を開くという情報があり、警視庁は、先月の会合の際に小競り合いなどがあったことから警戒を強化しました。これまでのところ、トラブルは起きていないということです。


劇団員殺害 「連絡先交換のため声かけた」趣旨の供述

去年、東京・中野区のマンションで劇団員の25歳の女性が殺害された事件で、逮捕された男が「LINEの連絡先を交換しようと思い、部屋の前で女性に声をかけた」という趣旨の供述をしていることが警視庁への取材で分かりました。男はその後、抵抗されて女性を殺害したと供述しているということで、警視庁は当時の状況を調べています。


暴力団員に暴行の疑い 元暴走族グループの男逮捕

東京・新宿歌舞伎町で、指定暴力団、山口組系の暴力団員4人が元暴走族グループの男に集団で暴行したとして逮捕された事件で、警視庁は、この男も暴力団員に暴行していたとして逮捕しました。


長野バス事故2か月 事故調の委員長が現場に

乗客乗員15人が死亡した長野県軽井沢町のバス事故から2か月となる15日、国の事故調査委員会の委員長が事故現場を訪れて「一刻も早く原因を究明し、対策をまとめたい」と述べ、事故原因の解明と対策の検討を急ぐ考えを示しました。


空自 国産C2輸送機の試作機の飛行を公開

航空自衛隊は、来年度部隊に配備することにしている国産のC2輸送機の試作機の飛行を公開しました。


火災現場から持ち去り 消防署員2人懲戒免職

千葉県いすみ市の消防署の署員らが火災現場の建物からテーブルの天板を勝手に持ち去っていた問題で、いすみ市などでつくる一部事務組合は署員2人を懲戒免職の処分にしました。


海自の練習潜水艦 15年ぶりフィリピン寄港へ

海上自衛隊の練習潜水艦が、今月から来月にかけて行う練習航海の一環として、フィリピンの南シナ海側の海軍基地に寄港することになりました。日本の潜水艦のフィリピンへの寄港は、15年前の平成13年以来です。


普天間基地移設 翁長知事が係争処理委で意見陳述へ

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、沖縄県が再び審査を申し出た国との争いを調停する委員会に、翁長知事が出席し意見を述べる方向で調整を進めていることが分かりました。


民泊「ホームステイ型」は届け出制へ

住宅の空き部屋などを有料で貸し出す「民泊」のうち一般の家庭で宿泊客を受け入れる「ホームステイ型」について、厚生労働省と観光庁は家主が都道府県に届け出を行えば認める方針を決めました。


小1女児殺害 状況説明の映像 裁判で公開

平成17年、栃木県の旧今市市、今の日光市で小学1年生の女の子が連れ去られて殺害された事件の裁判員裁判で、検察官の取り調べに対して殺害を自白した際の音声と映像が再生され、被告が身ぶり手ぶりを交えながら殺害の状況について説明する場面が初めて公開されました。無罪を主張する被告は「刑が軽くなるから自白しようと思った」と説明しています。


JR高崎線 送電設備から出火 一部運転見合わせ続く

JR高崎線は15日朝早く埼玉県内にある籠原駅で送電設備から火が出た影響で、一部の区間では、午後2時半現在も運転の見合わせが続いています。JRでは、復旧作業を進めていますが、運転再開のめどは立っていないということです。


清原被告 覚醒剤使用の罪で追起訴「ストレスで使った」

覚醒剤を使用したとして逮捕された元プロ野球選手の清原和博被告が、警視庁の調べに対して「ストレスがあり気を紛らわせるために覚醒剤を使っていた」などと供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。東京地方検察庁は、15日、使用の罪で追起訴しました。


三鷹女子高校生殺害 やり直し裁判も懲役22年の判決

3年前、東京・三鷹市で女子高校生が殺害された事件のやり直しの裁判員裁判で、殺人などの罪に問われ、リベンジポルノと呼ばれる行為で追起訴された元交際相手の男に対し、東京地方裁判所立川支部は、やり直し前の1審と同じ懲役22年の判決を言い渡しました。


公明 待機児童緊急対策を今月中に取りまとめへ

公明党は、子どもが保育園に入れなかった不満を匿名で書き込んだブログを受け、待機児童の解消に向けた緊急対策を検討する作業チームの初会合を開き、緊急に取り組む具体策を今月中に取りまとめて、政府に提言することになりました。


阪神でも「祝儀」 声出し選手に現金渡す

プロ野球、巨人の選手が、試合前の円陣で声出しを担当した選手に祝儀として現金を出していた慣習が、阪神でも同じように行われていたことが分かりました。


ナイジェリア国籍男性の再審 神戸地裁で改めて審理へ

15年前、兵庫県姫路市で起きた強盗事件で実刑が確定し服役したナイジェリア国籍の男性の再審・裁判のやり直しを地方裁判所が認めなかったことについて、大阪高等裁判所は「男性に反論の機会を与えずに審理が行われていて違法だ」として、地方裁判所で改めて審理するよう命じました。


西武池袋線・豊島線は運転再開 西武有楽町線見合わせ続く

人身事故の影響で運転を見合わせていた▽西武池袋線の池袋駅と所沢駅の上下線、それに豊島線の全線は、午後0時21分に運転を再開しました。西武有楽町線は全線で引き続き運転を見合わせています。


津波で被害の中学校 新校舎で卒業式 岩手・岩泉町

東日本大震災の津波で大きな被害を受け、校舎を内陸に移転させた岩手県岩泉町の中学校の完成したばかりの校舎で、卒業式が行われました。


西武池袋線・豊島線・有楽町線 運転見合わせ

西武線は大泉学園駅で人身事故が起きた影響で、西武池袋線の池袋駅と所沢駅の上下線、それに豊島線と西武有楽町線のそれぞれ全線で、午前11時40分ごろから運転を見合わせています。


ビックカメラのポイント不正使用事件で中国人逮捕

大手家電量販店「ビックカメラ」のポイントが勝手に使われる被害が相次いだ事件で、警視庁は、中国人の男を不正アクセス禁止法違反の疑いで逮捕しました。


劇団員殺害事件「女性の持ち物処分」 証拠隠しか

去年、東京・中野区のマンションで劇団員の25歳の女性が殺害された事件で、逮捕された男が調べに対し、現場から無くなった女性の持ち物について、持ち去ってごみに出して処分したなどと供述していることが警視庁への取材で分かりました。警視庁は指紋などがついた証拠を隠すためだったとみて調べています。


待機児童対策に反映へ 来月にも自治体と意見交換

塩崎厚生労働大臣は、閣議のあと記者団に対し、匿名のブログをきっかけに議論が活発になっている待機児童対策について、来月にも地方自治体の担当者を集めた意見交換の場を設け、対策に反映させていく考えを示しました。


女性乱暴事件 米が捜査に全面協力を強調

沖縄に駐留するアメリカ海軍の兵士が、日本人の女性に乱暴したとして逮捕された事件について、アメリカ国務省の報道官は「アメリカ海軍はこうした事件を非常に深刻に受け止め、真相解明に全力を尽くす」と述べ、警察の捜査に全面的に協力する姿勢を強調しました。


JR京葉線 運転再開

JR東日本によりますと、JR京葉線は夜間に行う予定だった工事の作業が遅れている影響で、東京駅と新木場駅の間の上下線で始発から運転を見合わせていましたが、午前6時40分過ぎに運転を再開しました。


松戸市役所への爆破予告で大学生を逮捕へ

千葉県の松戸市役所に爆破予告メールを送りつけた疑いが強まったとして、警察は20歳の男子大学生を威力業務妨害の疑いで15日にも逮捕する方針で、先月にかけてほかの自治体に送りつけられた爆破予告メールとの関連についても調べることにしています。


JR京葉線 運転見合わせ

JR東日本によりますと、JR京葉線は夜間に行う予定だった工事の作業が遅れている影響で、東京駅と新木場駅の間の上下線で始発から運転を見合わせています。


富士山の「入山料」 山梨県が受け付け方法見直しへ

富士山の夏山シーズンに、登山者から任意で集めるいわゆる「入山料」について、協力する登山者が半数ほどにとどまっていることから、山梨県では入山料を受け付ける場所の見直しなどを行うことになりました。


文科省のいじめ調査 被害内容尋ねる項目新設へ

文部科学省は毎年行っているいじめの実態調査で、深刻なケースの詳細を把握するため、被害の内容を尋ねる項目を新たに設けることになり、各地の教育委員会などに通知しました。


JR高崎線 運転見合わせ

JR高崎線は、埼玉県内にある籠原駅で配電盤から火が出た影響で、高崎駅と東京駅の間の上下線で始発から運転を見合わせています。


住宅1棟全焼し2人の遺体 高齢夫婦か 北九州

15日未明、北九州市八幡西区で住宅1棟が全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。警察は、死亡したのはこの家に住む高齢の夫婦ではないかとみて確認を進めるとともに、出火の原因を調べています。


劇団員殺害 逮捕の男「抵抗され首絞めた」

去年、東京・中野区のマンションで、劇団員の25歳の女性が殺害された事件で、逮捕された男が調べに対し、「女性は初めて見かけた。抵抗されたので首を絞めた」などと供述していることが警視庁への取材で分かりました。警視庁は、供述の内容を詳しく調べるとともに動機などを捜査しています。


「水門管理は作業員の安全確保最優先」ルール徹底へ

東日本大震災で堤防の水門などを閉める作業に当たっていた多くの消防団員などが犠牲になったことを受けて、国の専門家による検討会は、管理する都道府県などが、作業員の安全確保が最優先とするルールを消防団員などに直接説明することなどを盛り込んだガイドラインの修正案をまとめました。


盲導犬連れの視覚障害者死亡事故 運転手を在宅起訴

去年10月、徳島市で、盲導犬を連れた視覚障害者の男性がトラックにひかれて死亡した事故で、徳島地方検察庁は、14日、トラックの38歳の運転手を過失運転致死の罪で在宅のまま起訴しました。


JR宇都宮線と高崎線 一部運転再開

JR東日本によりますと、上野駅で起きた人身事故の影響で、宇都宮線と高崎線はいずれも上下線の全線で運転を見合わせていましたが、午後9時前に宇都宮線は上野駅と宇都宮駅の間、高崎線は上野駅と高崎駅の間でそれぞれ運転を再開しました。宇都宮線・高崎線ともに上野と東京の間は引き続き運転を見合わせています。


車2台が正面衝突 乗用車の夫婦死亡 高知・津野町

14日午後、高知県津野町の国道で乗用車と介護タクシーが正面衝突し、乗用車に乗っていた夫婦2人が死亡しました。


普天間移設 沖縄県が係争処理委に審査申し出

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡り、沖縄県は、国が裁判で和解した内容に沿って翁長知事に埋め立て承認の取り消しを撤回するよう求めたことに対し、これを不服として国と地方の争いを調停する委員会に審査を申し出ました。


巨人 紀律委員会で新オーナーが訓示

プロ野球、巨人は野球賭博問題で、4人目の関与が明らかになってから初めて再発防止策などを話し合う紀律委員会を開き、老川祥一新オーナーが「人を育てる観点から取り組みを進めていく」と訓示しました。


米兵の乱暴事件で沖縄県が外務省などに抗議

アメリカ海軍の兵士が那覇市内のホテルで日本人観光客の女性を乱暴したとして逮捕された事件を受けて、沖縄県の安慶田副知事は外務省沖縄担当大使と沖縄防衛局長を県庁に呼び強く抗議するとともに、沖縄に駐留するアメリカ軍に一層の綱紀粛正と再発防止の取り組みを働きかけるよう求めました。


皇太子ご一家 ボッティチェリ展に

皇太子ご一家は14日、イタリアの画家、ボッティチェリの作品展をご覧になりました。


JR宇都宮線と高崎線 運転見合わせ

JR東日本によりますと、上野駅で起きた人身事故の影響で、宇都宮線と高崎線は午後8時すぎから、いずれも上下線の全線で運転を見合わせています。


JR貨物が積み荷の偏り防ぐ新装置運用へ

今月開業する北海道新幹線の安全性を高めようと、青函トンネルで線路を共有するJR貨物は、事故などにつながりかねない貨物列車の積み荷の偏りをチェックする装置を設置し、14日、現場の担当者への説明会を開きました。


都の有識者会議 組み体操実施は各学校で検討を

一部の自治体で中止する動きが出ている学校の組み体操について、東京都の有識者会議は「一律に中止することで問題が解決するとは考えにくく、現場で議論することが大切だ」などとする報告案をまとめ、学校ごとに組み体操を実施するかどうかや実施する場合の種目について検討するよう求めていく方針を決めました。


グーグル 育休からの復職支援を呼びかけ

来月からの新年度に育児休職から復職する女性を支援しようと大手IT企業の「グーグル」が50余りの企業とともに、育児と仕事の両立を実現するための新たな取り組みを発表し、復職に不安を持たないよう呼びかけました。


秋田駒ヶ岳で火山性地震 1日に20回前後観測

秋田県と岩手県にまたがる、秋田駒ヶ岳は、12日から13日にかけて火山性地震が増加し、1日で20回前後、観測されました。仙台管区気象台は、「今のところすぐに噴火する兆候は認められないが、今後の推移に注意が必要だ」と説明しています。


津波被害の雄勝石使った壁画 仙台駅に設置

東日本大震災からの復興に向けたシンボルとして、JR仙台駅に津波で大きな被害を受けた宮城県石巻市の雄勝地区特産の石を使った壁画が設置され、除幕式が行われました。


逮捕直後の映像「間違いありません」 夜には一転否認

平成17年、栃木県の旧今市市、今の日光市で、小学1年生の女の子が連れ去られて殺害された事件の裁判員裁判で、殺人の疑いで逮捕された日の取り調べの様子の映像と音声が再生され、被告が逮捕直後に「間違いはありません」と容疑を認めたものの、その日の夜には一転して否認する場面などが公開されました。


エステ大手「TBC」店舗に労基署が是正勧告

エステティックサロン大手の「TBC」の店舗が、従業員に違法に残業をさせたうえ、賃金の一部を支払っていなかったとして労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが労働組合への取材で分かりました。


移転の課題検証 消費者庁長官らが徳島で勤務開始

政府が地方創生に向けて検討を進めている消費者庁の徳島県への移転を巡り移転に伴う課題を検証しようと、消費者庁の板東長官ら職員10人が14日から4日間、徳島県で勤務する実証実験が始まりました。


市議が「おかま」と発言 不適切と撤回 新潟・三条

新潟県三条市の市議会議員が、市が番組制作を委託している地元FMラジオ局への委託料について審議した際、ラジオ局の男性出演者が性的マイノリティではないかとしてラジオ局への支援を減らすよう発言し、その後撤回していたことが分かりました。


劇団員女性殺害 事件直前に見かけ後をついていった

去年、東京・中野区のマンションで、劇団員の25歳の女性が殺害された事件で、逮捕された男が調べに対し殺害を認めたうえで、事件直前に女性を見かけて後をついていったという趣旨の供述をしていることが警視庁への取材で分かりました。警視庁は偶然見かけた女性を狙ったとみて事件のいきさつを調べています。


News Up ネットで探ることしの卒業式

「小学校の卒業式はプチ成人式のような装い」学校の卒業式の時期を迎え、インターネット上には、式にまつわるさまざまな書き込みが見られます。服装や先生のことばについての書き込みが目に付く一方で、SNSを見ていくと、ことしはインフルエンザの流行による影響も出ているようです。


「伊勢志摩サミット」に向け警備訓練徹底を指示

ことし5月の「伊勢志摩サミット」を前に、警察庁は全国の警察から派遣する警備部隊の隊長を集めた会議を三重県で開き、サミットが厳しい国際テロ情勢の下で行われることを十分に理解したうえで、訓練を徹底するよう指示しました。


被災地の教育支援 資金不足や人材確保が課題

東日本大震災で被災した子どもの今後の教育支援について考えるシンポジウムが開かれ、震災から5年が過ぎるなか、継続的な支援が求められる一方で資金不足や人材の確保が課題となっている実態が報告されました。


民主 待機児童問題で保育所視察 対策本部設置へ

民主党の蓮舫代表代行らが東京都内の保育所を視察し、今後、岡田代表をトップとする対策本部を党内に設置して、保育士の待遇改善など、待機児童の解消につなげるための具体策を早急に取りまとめることになりました。


関西電力 高浜原発の運転停止の仮処分に異議申し立て

福井県にある高浜原子力発電所の3号機と4号機について大津地方裁判所が運転停止を命じる仮処分の決定を出したことに対し関西電力は、「極めて遺憾であり、到底承服できない」として、14日異議を申し立てました。


警察官が風呂場をのぞき住居侵入の疑い 懲戒処分

東京・武蔵野市の警察署の巡査部長が住宅の敷地内に忍び込み風呂場をのぞいたなどとして、警視庁は、住居侵入などの疑いで書類送検するとともに停職の懲戒処分にしました。


皇居「乾通り」 今月25日から一般公開

宮内庁は、この春の皇居の「乾通り(いぬいどおり)」の一般公開をこれまでの5日間から1週間に拡大し、今月25日から31日まで行うと発表しました。


事故の弾みで交番に車突っ込む 東京・大田区

東京・大田区の交差点で、乗用車と軽ワゴン車が衝突する事故があり、弾みで乗用車が近くにある交番に突っ込みました。車に乗っていた2人がけがをし、交番の一部が壊れて使用できない状態になっていて、警視庁が事故の原因を調べています。


18歳少年に懲役4年〜6年6か月の判決 川崎の中1殺害事件

去年、川崎市の多摩川の河川敷で中学1年の男子生徒が殺害された事件で傷害致死の罪に問われた18歳の少年に対し、横浜地方裁判所は「被害者を呼び出し、事件のきっかけをつくった」と指摘し、懲役4年から6年6か月の不定期刑の判決を言い渡しました。


小学校で英語を正式教科 年間70時間確保の案示す

学習指導要領の改訂に向けて検討を進めている文部科学省の審議会は、小学校高学年で英語を正式な教科にし年間70時間を確保するため、朝の会などを活用して短時間学習を繰り返したり夏休みに合宿を行ったりする案を示しました。


劇団員殺害事件 逮捕の男が殺害認める供述始める

去年、東京・中野区のマンションで、劇団員として活動していた25歳の女性が殺害された事件で、逮捕された男が「私が殺しました」などと殺害を認める供述を始めたことが警視庁への取材で分かりました。警視庁は2人の接点や事件のいきさつを調べています。


男が刃物で女性切りつけ逃走 埼玉・越谷

埼玉県越谷市の路上で、帰宅途中の女性が後ろから来た男に突然、顔を刃物で切りつけられ、持っていたバッグを奪われそうになりました。女性が抵抗したため男は何も取らずに逃げ、警察は強盗傷害事件として捜査しています。


乗用車とワゴン車衝突 小5男児死亡し両親も重体

13日夜、岡山市の国道2号線で乗用車とワゴン車が衝突して、乗用車に乗っていた小学5年生の男の子が死亡し、男の子の両親が意識不明の重体となっています。


東急池上線 運転再開

東急池上線は、踏切で電車と自転車が接触する事故が起きた影響で、雪が谷大塚と蒲田の間で運転を見合わせていましたが、午後1時16分、運転を再開しました。


東急池上線 一部で運転見合わせ

東急電鉄によりますと、東急池上線は午後0時半ごろ踏切で電車と自転車が接触する事故が起きた影響で、雪が谷大塚と蒲田の間の上下線で運転を見合わせています。


女性に乱暴の疑いで米兵逮捕 官房長官「米側に強く抗議」

菅官房長官は午前の記者会見で、沖縄のアメリカ海軍の兵士が13日、那覇市内のホテルで日本人の女性に乱暴したとして逮捕された事件を受けて、アメリカ側に対し、綱紀粛正や再発防止を求めて強く抗議したことを明らかにしました。


成田空港に「水素ステーション」開設で記念式典

二酸化炭素を排出しない燃料電池車に燃料の水素を供給する「水素ステーション」の運用が成田空港で始まるのを前に14日、記念の式典が開かれました。


長崎 原爆資料館の資料展示を刷新 記念の式典

戦後70年が過ぎ、被爆体験の継承が課題となるなか、長崎市の「長崎原爆資料館」で、原爆が投下された当時の映像をジオラマに映し出す「プロジェクションマッピング」という手法を取り入れるなど資料の展示が新しくなり、14日記念の式典が開かれました。


5歳児転落死事件の初公判 母親は無罪を主張

おととし12月、東京・荒川区のマンションで5歳の男の子が13階から転落して死亡した事件で、殺人の罪などに問われている母親の初公判が開かれ、母親は「私は落としていません」と殺人の罪について無罪を主張しました。


消費者庁長官ら 徳島で勤務の実証実験始める

政府が地方創生に向けて検討を進めている消費者庁の徳島県への移転を巡り、移転に伴う課題を検証しようと、消費者庁の板東長官ら職員10人が、14日から4日間徳島県で勤務する実証実験が始まりました。


山口組系暴力団員4人逮捕 新宿歌舞伎町で暴行か

東京・新宿歌舞伎町で、指定暴力団「山口組」系の暴力団員4人が、35歳の男性に集団で暴行したとして警視庁に逮捕されました。被害者は、山口組から分裂した「神戸山口組」に参加しようとしていたとみられ、警視庁は事件が起きた背景を調べています。


北陸新幹線開業1年 利用者は開業前の特急の3倍

北陸新幹線が開業して14日で1年になります。JR西日本によりますと、新幹線の利用者数は、開業前の特急列車の利用者数に比べておよそ3倍に増えたということです。


暴力団事務所に銃弾の痕 富山

14日未明、富山市の暴力団事務所に銃弾が撃ち込まれた痕が見つかりました。この暴力団は、指定暴力団「山口組」から分裂した「神戸山口組」に加わる動きを見せていたことから、警察は山口組からの離脱を巡る対立が背景になっている可能性があるとみて調べています。


ワゴン車横転 大学生1人死亡6人けが 東京・青梅

14日未明、東京・青梅市の交差点でワゴン車が横転し、車に乗っていた男子大学生が死亡したほか男女6人がけがをしました。


東京都 昨年度のCO2排出量 5年前の4分の3に

地球温暖化を防ぐため東京都はオフィスビルなどに二酸化炭素の排出削減を独自に義務づけていますが、制度の開始から5年間で合わせておよそ1400万トン削減され、年間の排出量も4分の3にまで減少したことが分かりました。


飲食店の客が撃たれる 知り合いの男逮捕 口論の末か

13日夜、福岡県志免町の飲食店で67歳の男性客が拳銃で撃たれて頭部にけがをし、警察はおよそ2キロ離れた場所で拳銃を持っていた男を見つけ、銃刀法違反の疑いで逮捕しました。警察は男が知り合いの男性と口論になった末に発砲したとみて殺人未遂の疑いでも調べることにしています。


北陸新幹線 きょう開業1年 利用者増え好調維持

北陸新幹線の開業から14日で1年を迎えました。去年3月の開業から先月末までの利用者は長野駅止まりだった前の年に比べて90%余り増え、好調を維持しています。


ジカ熱 妊婦の感染に備え医療機関のリスト公開

中南米を中心に感染が広がるジカ熱に妊婦がかかった場合に備え、日本感染症学会は専門的なアドバイスが行える医療機関のリストを作成し、ホームページで公開しました。


宮内庁 京都御所の一般公開 年間を通じ実施へ

宮内庁は、これまで春と秋に5日間ずつ行ってきた「京都御所」の一般公開を、年間を通じて実施する方針を固めました。皇居の参観や「乾通り」(いぬいどおり)の公開も拡大していく方針で、皇室に関する施設が一層開かれていくことになります。


母親刺殺事件 首の2か所に傷 息子に強い殺意か

12日、兵庫県芦屋市で52歳の母親が刃物で刺されて死亡し15歳の息子が逮捕された事件で、母親の首に刃物で刺されたとみられる2か所の傷があったことが、警察への取材で分かりました。警察は、息子に強い殺意があったとみて、当時の状況などを調べています。


劇団員殺害事件 指紋がついた物 持ち去ったか

去年、東京・中野区のマンションで、劇団員として活動していた25歳の女性が殺害された事件で、現場の部屋から女性のリュックサックなどがなくなっていることから、警視庁は逮捕された男が事件への関与が発覚しないよう指紋などがついた物を持ち去り、処分した疑いがあるとみて行動を捜査しています。調べに対し男は容疑を否認しているということです。


消費者庁の移転巡り きょうから徳島で試験勤務

政府が地方創生に向けて検討を進めている消費者庁の徳島県への移転を巡り、板東長官ら職員が実際に徳島県で勤務し、業務を円滑に進められるか検証する実証試験が14日から始まります。


飲食店で男性撃たれる 男を逮捕 口論の末か

13日夜、福岡県志免町の飲食店で男性が拳銃で撃たれて病院に搬送され、警察は現場から2キロ離れた場所で拳銃を持った男を見つけ銃刀法違反の疑いで逮捕しました。警察は男が男性と口論になった末に発砲したとみて殺人未遂の疑いでも調べることにしています。


福岡 志免町 男性が拳銃で撃たれる 犯人は逃走

13日夜福岡県志免町の飲食店で、男性が拳銃で撃たれて病院に搬送されました。けがの程度は分かっていませんが、搬送したとき意識はあったということです。警察によりますと、撃ったのは知り合いの男とみられ、現在も逃走しているということです。


空襲で中止に 71年ごしで卒業式 大阪

卒業シーズンを迎えるなか、大阪では、空襲で校舎が焼けて卒業式ができなかった当時の国民学校の生徒たちが集まり、71年ごしの卒業式が行われました。


被災地の復興 高齢者の暮らし支援が課題

東日本大震災の被災地の復興について話し合うシンポジウムが仙台市の東北大学で開かれ、高齢者への支援などが課題として指摘されました。


沖縄の米兵 ホテルで女性に乱暴の疑い

沖縄のアメリカ海軍の兵士が13日未明、那覇市内のホテルで日本人観光客の40代の女性を自分の客室に連れ込んで乱暴したとして逮捕されました。警察によりますと、調べに対し容疑を否認しているということです。


安保法施行前に若者や学者が抗議 新宿

憲法解釈を変更して集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法が、今月末に施行されるのを前に、若者や学者たちが、東京・新宿で抗議の声を挙げました。


未指定の放射性物質含む廃棄物 7都県で3100トン余

東京電力福島第一原子力発電所の事故で発生した放射性物質を含む廃棄物を巡り、基準の濃度を超えているのに指定廃棄物に指定されず、処分が宙に浮いたままの廃棄物が7つの都と県で少なくとも3100トン余りあることが分かりました。保管する自治体や農家が風評被害などを懸念して申請を行わないためで、環境省が今後、処分の検討を始めることになりました。


劇団員殺害事件 「事件当時 東京に」逮捕前と異なる供述

去年、東京・中野区のマンションで、劇団員として活動していた25歳の女性が殺害された事件で逮捕された男が、調べに対し、「当時は引っ越しの準備で東京にいた」と逮捕前の話と異なる供述をしていることが分かり、警視庁は男の行動を詳しく調べています。調べに対し男は容疑を否認しているということです。


地下鉄サリン事件から21年を前に集会 事件振り返る

オウム真理教による地下鉄サリン事件から今月20日で21年になるのを前に、事件を振り返る集会が開かれ、被害者や遺族が教団の死刑囚に対する気持ちなどを述べたインタビューが紹介されました。


被災地の堤防整備 3割近くで高さ引き下げなど見直し

東日本大震災をきっかけに、国が示した新たな基準に基づいて海岸の堤防の整備が進められていますが、被災地では、全体の3割近くで住民の要望などを受けて堤防の高さを引き下げるなど、計画が見直されたことが分かりました。東日本と西日本の太平洋側沿岸で、新たな基準によってかさ上げが必要となる防潮堤は少なくとも1500キロに上り、専門家は、避難対策を進めたうえで、地域の事情に応じた対策が必要だとしています。


母親刺され死亡 逮捕の息子「勉強のことで口論に」

12日夜、兵庫県芦屋市で52歳の女性が刃物で刺されて死亡し、15歳の息子が逮捕された事件で息子が、「勉強のことで口論になった」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かりました。母親は、刺される前、2階の階段から1階に転げ落ちたとみられるということで、警察が、死因や当時の状況を調べています。


東京の私立高校 入試説明会で公立中学の教諭を接待

東京の私立高校の入試説明会で東京、神奈川、千葉の公立中学校の教諭およそ90人が図書カードの提供や飲食の接待を受けていたことが分かり、各都県などの教育委員会は教職員が利害関係者から金品や接待を受けることを禁じた規定に違反する疑いがあるとして調査しています。


ブータンの若者 日本の学生らと柔道親善試合 神戸

ブータンから訪れた若者たちが柔道を通して交流を深めようと、日本の中学生や高校生と神戸市で親善試合をしました。


震災で被害受けた地区に津波避難ビル完成 福島

津波の際に沿岸部の住民が一時的に避難する「津波避難ビル」が東日本大震災で被害を受けた福島県いわき市に完成し、13日、記念の式典が開かれました。


劇団員殺害事件 逮捕の男 周辺の防犯カメラに

去年、東京・中野区のマンションで、劇団員として活動していた25歳の女性が殺害された事件で逮捕された男が、事件前に現場周辺の防犯カメラに写っていたことが分かり、警視庁は男の行動を確認し、女性との接点を調べています。調べに対し男は容疑を否認しているということです。


復興の現状知って 外国人留学生招きツアー 宮城

東日本大震災で大きな被害を受け、その後、復興が進む地域の現状を海外からの留学生に知ってもらおうというツアーが宮城県名取市で行われました。


高木復興大臣 新産業も育成し復興実現

高木復興大臣はNHKの「日曜討論」で、東日本大震災から5年が経過したことを踏まえ、今後の復興の進め方について、産業・なりわいを再生するとともに、新産業の育成にも取り組み、東北の復興を実現したいという考えを示しました。


水陸両用バスの運行始まる 長野 諏訪湖

陸上と湖の湖面上の双方で景色を楽しむことができる「水陸両用バス」の運行が、長野県の諏訪湖で、ことしも始まりました。


「母親を刺した」などと供述 15歳息子を逮捕

12日夜、兵庫県芦屋市の住宅で52歳の女性が血を流して倒れているのが見つかり、死亡が確認されました。警察は、現場で「母親を包丁で刺した」などと供述した15歳の息子を殺人未遂の疑いで逮捕し、容疑を殺人に切り替えていきさつなどを調べています。


復興予算 NPOなどの資金として592億円

東日本大震災の被災地では、被災者を支援するNPOなど、数多くの民間団体が活動しています。NHKが国の復興予算を分析したところ、NPOなどの民間団体が使える資金として592億円が計上されていたことが分かりました。


復興予算の全体状況判明 半分余がインフラ整備など

東日本大震災の過去5年間の復興予算、およそ26兆円の使われ方をNHKが独自に分析したところ、インフラの整備やまちづくりなどの分野がおよそ14兆円と、全体の半分余りを占めていたことが分かりました。予算がどのような分野にどれだけ充てられていたのか、全体状況が初めて明らかになりました。


長野 栄村 震度6強の地震から5年 復興祈る

東日本大震災が発生した翌日、長野県栄村で震度6強の地震が起きてから12日で5年です。村では、12日夜、ろうそくに火をともして復興を祈る催しが行われました。


劇団員殺害事件 逮捕の男 捜査員にうその説明か

去年、東京・中野区のマンションで、劇団員として活動していた25歳の女性が殺害された事件で、逮捕された男が捜査員に対し、事件前に福島県に引っ越したなどと実際と異なる話をしていたことが分かり、警視庁は、事件への関与を疑われないよう、うその説明をしたとみて調べています。調べに対し、男は容疑を否認しているということです。


「母親を刺した」などと供述 15歳少年を逮捕

12日夜、兵庫県芦屋市の住宅で女性が首から血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されました。警察は、現場で「母親を包丁で刺した」などと供述した15歳の少年を殺人未遂の疑いでその場で逮捕し、いきさつなどを調べています。


国連の防災部門トップ 被災地の子どもと意見交換

東日本大震災の発生から11日で5年になったのに合わせて、日本を訪れている国連の防災部門のトップが仙台市を訪れ、岩手、宮城、福島の子どもたちと今後の復興などについて意見を交わしました。


“奇跡の車” 修理終えて持ち主へ

宮城県南三陸町で、東日本大震災の津波に流さたにもかかわらず大破を免れ、全国の愛好家の間で奇跡の車と呼ばれている昭和40年代の国産車が、震災から5年が過ぎた12日、修理を終えてようやく持ち主の男性の元に戻りました。


北陸新幹線の車窓から花火を見る催し

北陸新幹線の開業から14日で1年となるのを記念して、12日、北陸新幹線の車窓から花火を見る催しが開かれ、抽せんで選ばれたおよそ200人が歓声を上げて楽しみました。


震災の風化防止へ 福島県が新聞に全面広告

東日本大震災と原発事故から6年目に入り、福島県は、震災の風化を防ぐとともに支援への感謝を伝えるため、12日朝の新聞に全面広告を出しました。


JR京浜東北線 運転再開

JR御徒町駅で起きた人身事故の影響で運転を見合わせていた京浜東北線は、午後9時16分、全線で運転を再開しました。


観光バスにはねられ 小学生死亡 東京・台東区

東京・台東区の交差点で、横断歩道を渡っていた7歳の小学生が観光バスにはねられて死亡し、警視庁は事故の原因を調べています。


春闘 電機や自動車 大手企業で交渉が大詰め

ことしの春闘は、集中回答日を来週に控え、電機や自動車といった大手企業でベースアップの水準などを巡って交渉が大詰めを迎えています。


JR山手線は運転再開 京浜東北線は運転見合わせ

JR御徒町駅で起きた人身事故の影響で運転を見合わせていた山手線は、午後8時24分、内回りと外回りとも全線で運転を再開しました。京浜東北線は大宮と大船駅の間の全線で引き続き運転を見合わせています。


被災地支援で贈られた発電機盗難 岩手 陸前高田

岩手県陸前高田市の中学校で、被災地への支援として贈られた照明設備に使う発電機2台がなくなり、グラウンドに発電機を固定していたボルトなどが落ちていたということで、警察は窃盗事件として捜査しています。


JR京浜東北線・山手線 運転見合わせ

JR御徒町駅で起きた人身事故の影響で、京浜東北線は大宮と大船駅の間の全線、山手線は内回りと外回りの全線で、午後8時2分から運転を見合わせています。


日産自動車 ベースアップ相当3000円の満額回答へ

ことしの春闘で、日産自動車は、組合側が求めているベースアップに相当する月額平均3000円の賃金引き上げについて、満額で回答する方向で最終的な調整に入りました。


道路脇の工事現場に車突っ込み 作業員3人死傷

12日午後、茨城県神栖市の国道で、道路脇の工事現場に乗用車が突っ込み、作業員の男性3人がはねられ、2人が死亡し、1人が頭などに大けがをしました。警察は、乗用車を運転していた62歳の男をその場で逮捕し、事故の詳しい状況を調べています。


全国防災対策の事業費3兆円 当初見通しの3倍に

今後の大規模災害に備えるため、東日本大震災の復興財源を使って全国の学校の耐震化や津波対策を進める、国の「全国防災対策」の事業費が、当初の見通しの3倍となる3兆円に増加していることが分かりました。


原発事故 放水した消防部隊の状況が明らかに

5年前の福島第一原子力発電所の事故では、最初に1号機の原子炉建屋が爆発、その後、3号機、4号機も爆発し、使用済みの核燃料を保管していたプールが冷却できなくなりました。このとき、原発を冷やすための放水活動を行った部隊の1つに、東京消防庁のハイパーレスキュー隊があります。当時の映像から、現地に向かう隊員たちの緊迫した状況が明らかになりました。


憲法に緊急事態条項 反対の人たちが集会

大規模災害などに対応するとして、憲法に加えるかどうか議論が続いている、緊急事態の条項について、反対の立場の人たちが12日に集会を開き、「災害が多い日本にはすでに精緻な法律があり、条項は必要がない」などと訴えました。


劇団員女性殺害 逮捕の男との接点確認されず

去年8月、東京・中野区のマンションで、劇団員として活動していた25歳の女性が殺害された事件で、これまでの調べで、殺人の疑いで逮捕された男と女性との接点は確認されていないということで、警視庁は事件のいきさつを調べています。調べに対し、男は容疑を否認しているということです。


福島の子どもの甲状腺がんで「家族の会」結成

東京電力福島第一原子力発電所の事故以降、甲状腺がんと診断された福島県内の子どもの家族が、将来への不安や治療の情報を互いに共有したいと、12日に「家族の会」を結成しました。


津波から命守った元校舎でサバイバルゲーム 警察が捜査

震災の記憶を伝えようと地元が保存を検討している、宮城県山元町の小学校の校舎だった建物に、10日に10代から20代の9人が無断で入って、エアガンなどを撃ち合うゲームをしたとして、警察が調べていることが分かりました。当時の学校関係者からは「命を守ってくれた校舎なので、とても残念です」という声が上がっています。


JR武蔵野線 運転再開

人身事故の影響で、JR武蔵野線は府中本町と南船橋の間の全線で運転を見合わせていましたが、午後5時36分、運転を再開しました。


JR武蔵野線で運転見合わせ

JR武蔵野線は、西国分寺駅で起きた人身事故の影響で、府中本町と南船橋の間の全線で、午後4時50分ごろから運転を見合わせています。


春闘 電機大手 ベースアップ1500円で事実上決着

ことしの春闘で、電機大手5社の経営側は、基本給を一律に引き上げるベースアップについて、月額1500円で回答する方針を固め、労働組合側も受け入れる見通しとなり、賃金を巡る労使交渉は事実上決着しました。水準は去年を下回るものの、3年連続のベースアップとなりました。


東海道新幹線 運転再開

東海道新幹線は、車両のパンタグラフなどに物が引っかかったため、午後2時半ごろから名古屋駅と岐阜羽島駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後3時24分に運転を再開しました。


東海道新幹線 名古屋〜岐阜羽島 運転見合わせ

東海道新幹線は、名古屋駅で車両のパンタグラフに物が引っかかったため、午後2時半ごろから、名古屋と岐阜羽島の間の上下線で運転を見合わせています。


一億総活躍相 保育士の待遇改善 具体策検討急ぐ

加藤一億総活躍担当大臣は、大阪・枚方市で保育所を視察し、待機児童の解消に向け保育士不足を解決する必要があるとして、保育士の待遇を改善する具体策の検討を急ぐ考えを示しました。


かさ上げ復興工事進み まちびらき式 岩手・大槌町

東日本大震災で壊滅的な被害を受けた岩手県大槌町の中心部で、宅地の一部の造成が完成し、「まちびらき式」が開かれました。


デジタル技術活用で被災地の当時の状況学ぶ

東日本大震災の記憶を風化させないようにと、今の風景に津波被害の状況などを重ねて映すメガネ型の端末を使って、被災地をまわる催しが仙台市で行われました。


男子生徒自殺の中学校で卒業式 全員で黙とう

広島県府中町の中学校で、中学3年生の男子生徒が、非行歴があるという誤った資料に基づいて進路指導を受けたあと自殺した問題で、生徒が通っていた中学校の卒業式が12日に行われました。会場には遺影が飾られ、出席者全員で黙とうをささげたということです。


国連事務総長 元慰安婦に日韓合意の理解求める

国連のパン・ギムン(潘基文)事務総長が、韓国人の元慰安婦の女性と初めて面会し、去年の慰安婦問題を巡る日本と韓国の合意について、韓国政府が元慰安婦の人々の苦痛を和らげるよう努力した結果だと改めて評価し、理解を求めました。


劇団員女性殺害 容疑者の男は事件当時近くに居住

去年8月、東京・中野区のマンションで、劇団員として活動していた25歳の女性が殺害された事件で、警視庁は、当時近くに住んでいた37歳の男を殺人の疑いで逮捕しました。調べに対し男は容疑を否認しているということです。


省庁などの施設耐震化 今年度末100%は困難に

大地震が発生した際に防災拠点の機能を担う中央省庁や国の出先機関で、法律に基づく耐震性を満たした施設は、昨年末の時点で96%余りとなっていて、今年度末に耐震化を100%にする目標の達成が難しくなっています。


米メディア 復興の遅れや廃炉の難しさ指摘

東日本大震災から5年となったのに合わせて、アメリカの大手メディアは、被災地の最新状況や東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業の進み具合などに関する特集記事を掲載し、復興の遅れや廃炉作業の難しさを指摘しています。


犠牲者と同数の土人形で供養 宮城・山元町

東日本大震災で被害を受けた宮城県山元町では、犠牲者と同じ数の土人形を並べてそれぞれの死を悼みました。


国連の防災部門トップ 日本の知識や経験に期待

東日本大震災から11日で5年となったのに合わせて日本を訪れた国連の防災部門のトップは「日本は地震や津波といった数々の災害と向き合ってきた、ほかに例のない立場にある」と述べ、東日本大震災などを通じて日本が培った知識や経験を、国際社会が共有していくことに期待を示しました。


劇団員女性殺害事件 殺人容疑で37歳の男を逮捕

去年8月、東京・中野区のマンションで、劇団員として活動していた25歳の女性が殺害された事件で、警視庁は、当時近くに住んでいた37歳の男が事件に関わったとして、福島県内で殺人の疑いで逮捕しました。警視庁は男の身柄を警視庁本部に移し、調べを進めています。


高台移転の造成費 地区により最大9倍の差

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手・宮城・福島の3県で行われている高台移転事業について、NHKが地区ごとの造成などにかかる費用を調べたところ、1区画当たりの平均は2700万円余りだったことが分かりました。費用は造成場所の地形などによって大きく異なり、1億円を超える区画がある一方、1000万円台の区画もあり、最大でおよそ9倍の差が出ていました。


青森市で住宅火災 2人死亡

12日朝早く、青森市で住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。この家に住む91歳と66歳の女性2人の行方が分からなくなっているということで、警察が確認を急ぐとともに火事の原因を調べています。


原発事故5年 賠償求める動き続く

原発事故の賠償を巡って国の紛争解決センターが扱った住民と東京電力との交渉のうち、継続中の事案の数は事故から5年がたった今も2700件を超えています。また、東京電力や国に対して裁判を起こした人たちは全国で1万人を超えていて、依然として賠償を求める動きが続いています。


長野・栄村 きょう震度6強の地震から5年

東日本大震災が発生した翌日、長野県栄村で震度6強の地震が起きてから12日で5年となります。被害を受けた住宅や農地などの復旧は終わりましたが、村では、急速に進む人口減少の対策が課題となっています。


原発事故5年 福島の漁業 本格再開に課題

福島県沖でとれる魚介類の放射性物質の濃度は、福島第一原子力発電所の事故から5年が経過して大幅に低下し、ここ1年ほどは国が定めた食品の基準を超える魚介類はとれていません。しかし、漁の本格的な再開に向けては漁業関係者の間でも風評被害が懸念されるなどとして、いまだ慎重な意見が少なくなく、専門家は「再開に向け、消費者の信頼をさらに深めるために、調査のやり方などを改善していく必要がある」と指摘しています。


被災地の鉄道 4路線で今も運行できず

東日本大震災によって、被災地の鉄道は一時25の路線で不通となり、復旧作業が進めれられていますが、震災から5年がたった今も岩手、宮城、福島の4つの路線で鉄道の運行ができない状態が続いています。


待機児童対策 東京都中心に実態調査へ

政府は、匿名のブログをきっかけに、待機児童を減らす具体的な方策を検討しており、とりわけ待機児童が多い東京都を中心に、認可保育所や認可外の保育施設の設置状況や定員など実態を調査したうえで、効果的な対策につなげたい考えです。


被災3県の住宅計画戸数 当初比14%減

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県では、急速な人口減少によって災害公営住宅や高台の住宅地を供給する計画の見直しを迫られる自治体が出ていて、NHKが調べたところ、当初の計画より全体で14%、7200戸余り減っていることが分かりました。


劇団員女性殺害事件 30代の男を逮捕へ

去年8月、東京・中野区のマンションで、劇団員として活動していた25歳の女性が殺害された事件で、当時、近くに住んでいた30代の男のDNA型が現場に残されたものと一致したことが警視庁への取材で分かりました。警視庁は殺人の疑いで男の逮捕状をとり、12日、逮捕する方針です。


「トモダチ作戦 誇りに思う」在日米軍が声明

東日本大震災から5年の11日、被災地での大規模な支援活動「トモダチ作戦」を行った在日アメリカ軍の司令官が、「日本国民の努力に寄り添うことができ、誇りに思う」とする声明を発表しました。


LINE すべての機能が復旧

無料通話アプリ「LINE」はメッセージの送受信などの機能が一時、正常に利用できない状態になりましたが、11日夜10時までにすべての機能が復旧したということです。


女性殺害で元交際相手を起訴 女の被告は処分保留

東京・新宿区の女性の遺体が神奈川県内で見つかった事件で、東京地方検察庁は、女性の首を絞めて殺害したとして元交際相手を殺人の罪で起訴しました。一方、一緒に逮捕された知り合いの女の被告を処分保留で釈放しました。


札幌ガスボンベ爆発事件 懲役18年の判決

おととし、札幌市で警察の官舎など5か所にカセットこんろ用のガスボンベを仕掛け爆発させた罪などに問われた53歳の被告に対し、札幌地方裁判所は「無関係の店や大勢の人を巻き込み、強く非難される」として、懲役18年の判決を言い渡しました。


事故被害者支援 スキーバス事故も意見交換

航空事故や鉄道事故が起きた際、遺族の心のケアなどに当たる国土交通省の被害者支援室の運営について話し合う遺族や専門家の会合が開かれ、ことし1月、長野県で起きたスキーバスの事故についても意見が交わされました。


LINEメッセージ送受信が回復 一部障害も

無料通話アプリ「LINE」は正常に利用できない状態となっていましたが、11日午後7時40分すぎに、メッセージの送受信が行えるようになったということです。


亡き娘のそばで生きたい 両親の思いは

東日本大震災の津波で一人娘を失った瀬尾眞治さん(61)と裕美さん(57)は、ほぼ毎月、娘の供養のため東京から岩手県大船渡市を訪れています。


行方不明の夫への思い書き続ける 岩手・陸前高田

岩手県陸前高田市には、東日本大震災の発生から5年となる今も行方が分からない夫への思いを、書き続けている女性がいます。


震災直前に産まれた女児 5歳の誕生日

岩手県宮古市で、東日本大震災が起きる直前に生まれ、停電が続く中、毛布で体を温めてもらいながら一命を取り留めた女の子が、11日に5歳の誕生日を迎えました。


津波の到達点に桜植樹し後世に 岩手 陸前高田

東日本大震災の津波で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市では、若者たちが津波が到達した地点に桜の木を植えて、後世に伝える取り組みを行っています。


事前復興計画策定 都道府県と政令市の3分の1余

災害からの復興を迅速に進めるため、被災した地域の復興方針などをあらかじめまとめておく、事前復興計画の策定を進めている自治体は、全国の都道府県と政令指定都市の3分の1余りに上ることが、NHKが行った調査で明らかになりました。計画の策定を進める自治体は、地震や津波で大きな被害が想定される地域に集中していて、専門家は「ほかの地域でも備えを進めることが必要だ」と指摘しています。


LINE 正常に利用できず 運営会社が原因調べる

無料通話アプリ、LINEが11日午後6時すぎの時点で、メッセージを送れないなど、正常に利用できない状態となっていて、運営会社が原因を調べています。


東電社長 福島第一原発で黙とう「責任果たす」

東京電力福島第一原子力発電所では地震が発生した時刻に合わせて廣瀬直己社長が社員とともに黙とうをささげ、廃炉作業や賠償などに最後まで責任を果たすと話しました。


震災5年 ネットの3・11

東日本大震災の発生から5年になり、インターネットでも震災当日の記憶や今の思い、未来への決意など、あの日に思いをはせるさまざまな書き込みが行われました。


女児殺害事件 取り調べ拒否の場面など法廷で再生

栃木県の旧今市市、今の日光市で、小学1年生の女の子が連れ去られて殺害された事件の裁判員裁判で、取り調べの様子を録画した映像と音声が10日に続いて公開され、被告が「これ以上無理」と泣きながら取り調べを拒否する場面などが再生されました。


3歳児ケージ監禁死亡 両親に実刑判決

東京・足立区で当時3歳だった次男をうさぎ用のケージに監禁して死亡させたとして、監禁致死などの罪に問われた両親に対し、東京地方裁判所は「動機は身勝手で、同情の余地は乏しい」として、父親に懲役9年、母親に懲役4年の判決を言い渡しました。


消防団が最後の不明者捜索 福島・浪江町

福島県浪江町で行方不明者の捜索に当たってきた地元の消防団が、震災の発生から5年を迎えて捜索活動を終えることになり、11日に最後の捜索を行いました。


大川小学校で亡くなった息子をしのぶ 宮城・石巻

津波で多くの児童が犠牲になった宮城県石巻市の大川小学校で、当時、3年生の長男を亡くした佐藤美広さん(54)は、息子と過ごした日々を思い出しながら静かに祈りをささげていました。


野球賭博で選手に注意喚起 熊崎コミッショナー

プロ野球、巨人の野球賭博問題で新たな選手の関与が明らかになるなか、熊崎勝彦コミッショナーが視察先の球場で、選手たちに野球協約の順守などを注意喚起しました。


震災の日に産まれ5歳に 娘の成長見守る

東日本大震災が起きた5年前の3月11日に産まれた子どもたちは、11日に5歳の誕生日を迎えました。仙台市の母親は、5歳になった娘の成長をこれからも見守っていきたいという思いを強くしています。


津波で一部壊れた巨大防潮堤の上で黙とう

岩手県宮古市の田老地区では、震災の津波で一部が破壊された国内最大級の防潮堤の上に地元の人たちが集まり、地震が発生した午後2時46分、黙とうをして、亡くなった人たちに祈りをささげました。


発生時刻に合わせ仮設住宅で黙とう 岩手・釜石

岩手県釜石市の仮設住宅では、地震が発生した午後2時46分に合わせて住民が黙とうをささげました。


予備校生殺害事件 少年を殺人の疑いで逮捕

先月27日に福岡市西区の路上で、予備校に通う19歳の女子生徒が刃物で刺されて殺害された事件で、警察は交番に自首したあと、病院で手当てを受けていた同じ予備校に通う19歳の少年を殺人の疑いで逮捕しました。


南三陸町の防災対策庁舎で祈り 宮城

津波で43人が犠牲になったとされる宮城県南三陸町の防災対策庁舎では、地震発生の午後2時46分に合わせて遺族や住民が祈りをささげました。


東日本大震災5年 政府主催の追悼式

東日本大震災の発生から5年となる11日、天皇皇后両陛下が出席されて、政府主催の追悼式が東京で開かれ、地震の発生時刻に合わせて、安倍総理大臣や遺族の代表ら出席者全員が黙とうをささげて、震災で亡くなった人たちに哀悼の意を表しました。


阪神・淡路大震災を経験した人が犠牲者に黙とう

東日本大震災の発生から5年となった11日、神戸市の公園では、阪神・淡路大震災を経験した人たちが「3.11」の文字の形に並べたろうそくに火をともし、5年前に地震が起きた時刻に合わせて犠牲者に黙とうをささげました。


閖上地区で地震発生時刻に合わせて祈り 宮城

東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県名取市の閖上地区では、地震が発生した午後2時46分に合わせて、集まった多くの人が静かに手を合わせました。


地震発生時刻に合わせ鎮魂の鐘響く 東京・銀座

東京・銀座では地震発生の午後2時46分に合わせて、鎮魂の鐘の音が鳴り響き、道行く人たちが黙とうをささげました。


天皇陛下 東日本大震災追悼式でのおことば(全文)

天皇陛下は、皇后さまとともに東日本大震災の犠牲者の追悼式に出席し、これからも国民が心を一つにして被災者に寄り添っていくことが大切だという思いを述べられました。おことばの全文です。


天皇陛下 追悼式でおことば

天皇陛下は、皇后さまとともに東日本大震災の犠牲者の追悼式に出席し、これからも国民が心を一つにして被災者に寄り添っていくことが大切だという思いを述べられました。


遺体見つかっていない息子にメール送り続ける

宮城県南三陸町では、震災のあと、今も遺体が見つかっていない息子を思い、携帯電話にメールを送り続ける両親がいます。


首相 待機児童多い自治体と連携し具体策検討を

安倍総理大臣は、参議院本会議で、子どもが保育園に入れなかった不満を匿名で書き込んだブログに関連して、「待機児童ゼロを必ず実現させる」と述べたうえで、待機児童が多い自治体とも連携して解消に向けた具体策を検討する考えを示しました。


釜石高校のエース 行方不明の母思い甲子園へ

今月20日に開幕するセンバツ高校野球に、21世紀枠で出場する岩手県の釜石高校の選手たち。中には特別な思いを抱いて被災地をたった選手もいます。


麻生大臣「防潮堤事業でむだなケースも」

麻生副総理兼財務大臣は11日の閣議のあとの記者会見で、東日本大震災の復興事業について、「防潮堤事業では『いかがなものか』というケースが出てきている」と述べ、整備を慎重に検討すべきむだなケースもあったという認識を示し、今後の教訓にする必要があるという考えを示しました。


中3生徒自殺 教育長「ご遺族の気持ちはもっとも」

広島県府中町の中学3年の男子生徒が、非行歴があるという誤った資料に基づいて進路指導を受けたあと自殺した問題で、男子生徒の両親がNHKに寄せた手紙の中で「学校が生徒に対する愛情が足りないと思う」などと指摘しているのを受けて、町の教育長は「ご遺族の気持ちはもっともだと思う」と述べ、改めて学校の対応に問題があったという考えを示しました。


神戸女児誘拐殺人事件 被告に死刑求刑

おととし、神戸市で小学1年生の女の子が遺体で見つかった事件の裁判で、殺人や誘拐などの罪に問われている被告に、検察は「命を軽視する姿勢が顕著で、子をもつ親に強い不安を与えた。根深い犯罪の傾向があり、更生は困難だ」と指摘して死刑を求刑しました。


避難先の仮設校舎で卒業式 福島 大熊中学校

震災5年となる11日、福島県内のほとんどの中学校で卒業式が行われ、原発事故の影響で避難先の仮設校舎で授業を続けている大熊町の中学校でも、26人が新たな門出を迎えました。


全入居者退去の仮設団地で撤去作業 宮城 亘理町

宮城県亘理町では、入居者がすべて災害公営住宅などに移り住んだ仮設団地で、プレハブの建物の撤去作業が進められています。


首都直下地震を想定 東京都内で訓練

東日本大震災から5年となる11日、東京都内でも首都直下地震を想定した訓練が行われました。


40人が犠牲の旧役場庁舎前で追悼 岩手・大槌町

当時の町長と職員、合わせて40人が津波の犠牲になった岩手県大槌町の旧役場庁舎前では、職員らが祈りをささげました。


震災の教訓を県外の児童たちに 岩手・釜石

5年前、全校児童およそ200人が高台に避難して助かった岩手県釜石市の釜石小学校では、児童たちがテレビ会議システムを通じて東京と愛知の児童に震災の教訓を伝えました。


都内で合同の号外配る 被災した東北3県の新聞社

東日本大震災で被災した東北3県の新聞社は11日、合同で、震災の記事を載せた号外を東京都内の街頭で配りました。


福島県内の自治体では11日も除染作業

原発事故により今も避難区域となっている福島県内の自治体では、事故の発生から5年となる11日も除染作業が行われています。


防潮堤の工事現場 11日も復興に向け作業

岩手県大船渡市の防潮堤の工事現場では、震災の発生から5年となる11日も、作業員たちが復興に向けた工事にあたっています。


交通事故の死者を年間2500人以下に 今後5年間で

交通事故による年間の死者を2500人以下にするという目標を盛り込んだ、今後5年間の交通安全に関する政府の基本計画が11日に決定されました。警察庁は過去の交通事故を詳細に分析し、その結果に基づいた対策を実施することで、目標を達成したいとしています。


一億総活躍相 工程表に先立ち待機児童対策検討へ

加藤一億総活躍担当大臣は閣議のあとの記者会見で、待機児童を巡る議論が活発化していることに関連し、ことし5月にも取りまとめる一億総活躍社会の実現に向けた工程表に先立って、与党とも協力して待機児童対策を打ち出すことも検討する考えを示しました。


環境相「除染などの課題に今後も全力」

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故の発生から11日で5年となるのに合わせ、丸川環境大臣は11日の閣議のあとの記者会見で、「福島で10万人、東北全体で17万4000人もの方々が現在も避難生活を続けていることに大変、心が痛む。除染や中間貯蔵施設の整備、指定廃棄物の処理などの課題に今後も全力を尽くすが、その前提として被災地や避難されているすべての方の立場にたって考え、寄り添って対応することを大切に考えて取り組みたい」述べました。


トラックにひき逃げされ男性死亡 会社員を逮捕

10日夜に茨城県古河市の国道で自転車に乗っていた男性がトラックにひき逃げされて死亡した事件で、警察は、トラックを運転していた23歳の会社員の男をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。男は容疑を否認しているということです。


政府 今後5年間の復興基本方針を閣議決定

政府は、東日本大震災から5年となる11日の閣議で、震災発生から10年間で合わせて32兆円程度の復興予算を確保して、被災地の自立につながり地方創生のモデルとなるような復興を実現するなどとした、今後5年間の基本方針を決定しました。


在留外国人最多223万人余 不法残留も増加

日本に在留する外国人が、去年末の時点で223万2000人余りに上り、統計を取り始めてから最も多くなる一方、滞在期限をすぎても日本に不法に残留している外国人は、ことし1月の時点でおよそ6万3000人と、2年連続で増加しました。


津波への備えを忘れない 市民ら避難訓練 岩手・宮古

東日本大震災の発生から5年となる11日、岩手県宮古市では津波への備えを忘れないため、早朝から市民らが参加して避難訓練が行われました。


女子中学生不明から2年 情報提供呼びかけ 埼玉・朝霞

埼玉県朝霞市で当時、中学1年生だった女子生徒の行方が分からなくなって10日で2年となり、両親や同級生などがビラを配って情報の提供を呼びかけました。


政府 ブログ受けて待機児童の具体策検討へ

政府は、子どもが保育園に入れなかった不満を匿名で書き込んだブログをきっかけに、待機児童の対策を巡る議論が活発化していることを受けて、保育所を探す保護者の実態調査をしたうえで、各自治体と協力して、待機児童を減らす具体的な方策を打ち出せないか検討を進める方針です。


中3生徒自殺 推薦基準 毎年そのつど検討

広島県府中町の中学3年の男子生徒が非行歴があるという誤った資料に基づいて進路指導を受けたあと自殺した問題で、学校は、高校を受験する生徒を推薦するかどうか決める際、いつからの問題行動を対象とするか、毎年そのつど検討していたことが学校の調査報告書で分かりました。


震災当日の夜空は プラネタリウムで再現 仙台

東日本大震災の発生から5年になるのに合わせて、仙台市のプラネタリウムでは、発生当日の星空を再現し、当時を思い出してもらおうという催しが開かれています。


住宅に73歳女性の遺体 殺人で捜査 愛知・蒲郡

10日夜、愛知県蒲郡市の住宅で、この家に住む73歳の女性が死亡しているのが見つかり、首に携帯電話の充電器のコードが巻かれていたことなどから警察は殺人事件として捜査しています。


福島第一原発 廃炉完了に最長40年

5年前の東京電力・福島第一原子力発電所の事故では、6つある原子炉のうち1号機から3号機までの3基で核燃料が溶け落ちる「メルトダウン」が起き、1号機と3号機、4号機で建屋が水素爆発しました。国と東京電力がまとめた現在の工程表では、福島第一原発で設備を取り除いて建屋を解体するまで、すべての廃炉作業が完了するには最長で40年かかるとされています。中でも重要なのは、事故当時、それぞれの建屋の最上階に設けられた「使用済み燃料プール」と、原子炉の中にあったすべての核燃料を取り出すことです。


福島第一原発 今も汚染水が課題

事故から5年となる今も福島第一原発で大きな課題となっているのが「汚染水」の問題です。


福島第一原発から半径80キロ 放射線量65%減少

東京電力福島第一原子力発電所から半径80キロの地域でヘリコプターを使って行われている地表付近の放射線量の調査について、原子力規制委員会は最新の去年秋に測定された値が事故の起きた年の秋に比べて、平均でおよそ65%減少したとしています。


抜本的見直し求められた原子力規制

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて日本の原子力規制は抜本的な見直しが求められました。


原発事故 放射性物質の放出量は

大量の放射性物質が放出され、世界最悪レベルとなった5年前の東京電力・福島第一原子力発電所の事故。外部に放出された放射性物質の量について、東京電力は事故の翌年、原発周辺で測ったデータやシミュレーションを基に試算を公表しています。


福島第一原発事故 原子力政策に大きな影響

5年前の東京電力福島第一原子力発電所の事故は、日本の原子力政策に大きな影響を与えました。


震災5年 今も17万人以上が避難生活

東日本大震災の発生から11日で5年となります。国が重点的に復興に取り組む集中復興期間は今年度で終わりますが、被害が大きかった岩手・宮城・福島の3県を中心に今も17万人以上が全国各地で避難生活を余儀なくされ、被災者の生活再建をどう支援していくかが大きな課題となっています。


巨大地震や津波の想定 見直し進む

5年前の巨大地震のあと、国は将来、日本で起こりうる南海トラフの巨大地震や首都直下地震の想定や、各地の津波の想定などの見直しを進めています。


津波警報発表の在り方 大幅見直し

東日本大震災を教訓に、気象庁は巨大地震が予想される場合の津波警報の発表の在り方を大幅に見直すとともに、より早く正確に情報を発表するための取り組みを進めています。


震災5年 関連死含む死者と不明者2万1000人超

東日本大震災の発生から5年となり、警察がこれまでに確認した死者と行方不明者は1万8455人となっています。また、避難生活などで亡くなったいわゆる「震災関連死」は、国のまとめで3000人以上と、「関連死」を含めた震災による死者と行方不明者は2万1000人を超えています。


放射性物質で出荷自粛や停止の食品 ピークの8分の1に

東京電力福島第一原子力発電所の事故で放出された放射性物質の影響で、出荷の自粛や停止となった食品の件数は今年度は先月末現在で279件と、ピーク時の8分の1に減っています。


野球賭博問題 賭博の”キーマン”に協力要請へ

プロ野球・巨人の野球賭博問題で、調査委員会は全容解明に向けて賭博の中心的な存在と見られている飲食店経営者と元投手に調査への協力を強く要請する方針です。


被災者の生活再建支援を考えるシンポジウム

東日本大震災の発生から5年になるのに合わせて10日夜、被災者の生活再建に向けた支援の在り方を考えるシンポジウムが東京都内で開かれ、支援団体の男性が「住宅再建に向けた現在の支援制度では対象となる被災者が限られ不十分だ」と述べて制度の見直しを訴えました。


東京都 木造住宅密集地 対策強化へ

首都直下地震で火災が燃え広がるおそれの高い木造住宅の密集地について、東京都は新年度から住民の理解を得ながら道路の幅を広げる取り組みを重点的に進めるとともに、沿道の住宅を耐火性の高い建物に建て替えるための費用を新たに助成するなど、対策を強化することにしています。


被災者向けの住宅整備 計画の45%にとどまる

東日本大震災の被災者に向けて自治体が供給する災害公営住宅や高台の住宅地について、5年間でどこまで整備が進んだかNHKが調べたところ、被害の大きかった岩手・宮城・福島の3県で完成したのは2万134戸で、計画の45%にとどまっていることが分かりました。


東日本大震災から5年 復興の遅れ課題に

東日本大震災と、東京電力福島第一原子力発電所の事故の発生から11日で5年となります。国の「集中復興期間」は今月で終了しますが、全国で17万人余りが依然として避難生活を余儀なくされ、東北などの被災地では、復興の遅れが大きな課題となっています。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧