NHKニュース|科学・医療 2016年3月26日 (土曜日)

大学入試 英語の外部試験の活用進まず

英語教育の充実を目指している文部科学省は、大学入試で英検やTOEFLなどの外部試験の活用を促していますが、一般入試では6%余りしか活用されていないことが分かりました。


脳性まひ再発防止のための調査データに誤り

出産時に子どもが重い脳性まひになった母親を対象にした調査で、人工的に子宮を収縮させる「子宮収縮薬」の使用量が、学会の指針を超えていた割合を日本医療機能評価機構が間違って少なく発表していたことが分かりました。専門家は「この薬の適切な使用は脳性まひの再発防止の最重要テーマの一つで、データに誤りがあったのは残念だ」と話しています。


特許訴訟で後発医薬品の販売認めない判決 知財高裁

大手製薬会社「中外製薬」が特許権を巡って後発医薬品のメーカーなどを訴えた裁判で、知的財産高等裁判所は、新しい技術を使った特許は広い範囲で保護されるという初めての判断を示し、後発医薬品を販売しないよう命じる判決を言い渡しました。


川内原発 免震重要棟の代わりに耐震構造の施設を申請

去年、再稼働した鹿児島県にある川内原子力発電所の緊急時の対応拠点について、九州電力は、当初計画していた免震重要棟を建設せず、代わりに耐震構造の施設を設置するとした計画を原子力規制委員会に改めて申請しました。規制委員会は、計画を変更するかどうか慎重に検討するよう求めていて、申請どおりに認められるか注目されます。


伊方原発3号機 7月下旬再稼働の計画示す

愛媛県にある伊方原子力発電所3号機について、四国電力は、再稼働に向けた最終段階となる使用前検査を原子力規制委員会に申請し、ことし7月下旬に原子炉を起動して再稼働させる計画を示しました。


人工知能が人種差別的発言 実験を中断

アメリカのIT企業マイクロソフトは24日、インターネット上での会話を通じて学習する人工知能がネット上で人種差別的な発言をするようになり、実験を中断したと発表しました。


小頭症の赤ちゃん パナマで確認 ブラジル以外で初

WHO=世界保健機関は、中南米を中心に感染が拡大しているジカ熱について、ブラジル以外で初めて、中米のパナマで、ジカ熱との関連が疑われる先天的に頭部が小さい小頭症の赤ちゃんが確認されたことを明らかにしました。


重力波観測装置「KAGRA」試験運転始まる

アインシュタインが存在を予言し、「最後の宿題」と言われた、「重力波」という現象を捉えるため、岐阜県の山中に建設された、巨大な観測装置「KAGRA(かぐら)」で、25日から試験運転が始まりました。今後、世界の観測網と連携することで、未知の天体現象の解明につながると期待されています。


四国電力 伊方原発1号機の廃炉を正式決定

愛媛県伊方町にあり運転開始から来年で40年になる伊方原子力発電所1号機について、四国電力は25日の取締役会で、再稼働のための新たな安全対策に多額の費用がかかるなどとして、廃炉にすることを正式に決定しました。


ジカ熱 ウイルスは2013年にはブラジルに

中南米を中心に広がっているジカ熱について、ブラジルの保健当局はウイルスがブラジルに持ち込まれたのは、これまでの想定よりも1年ほど早い2013年で、ジカ熱の流行地からブラジルへの渡航者が増加したことでリスクが高まったと発表し、ことし8月のオリンピックの開催が近づくなか、感染の拡大防止に全力を挙げています。


News Up 中学生の「コンビニ昆虫」研究に注目

夜間の街灯にカナブンやが蛾などが群がる風景は、昔は公衆電話ボックスなどでよく見られたものですが、最近ではコンビニが「夜の昆虫の集会所」になっています。しかしある研究で、コンビニの中でも「昆虫が集まるコンビニ」と、「集まらないコンビニ」があることが分かりました。ネットで大評判のユニークな研究をしたのは、津市在住の男子中学生です。


「最小限の遺伝子の細菌作製に成功」米研究所など

生命を維持するのに欠かせない最小限の遺伝子だけを持つ細菌を人工的に作り出すことに成功したとアメリカの研究所などが発表し、生命として必要な基本的な機能の解明につながる成果として注目を集めています。


原子力規制委員長 敷地内保管には地元理解が必要

原子力規制委員会の田中委員長は東京電力福島第一原子力発電所の事故から5年の今月、NHKのインタビューに応じ、事故で溶け落ちた核燃料などの廃棄物について、搬出先が決まるまでの長期間、原発の敷地内に保管せざるをえない状況が予想されるとして、早い段階から地元の理解を得る必要があるという考えを示しました。


重力波観測に挑むKAGRA 試験運転へ

アインシュタインが100年前に存在を予言した「重力波」を捉えるため、岐阜県の山中に建設された巨大な観測装置「KAGRA」で、25日から実際に装置を稼働させる試験運転が始まります。重力波は、先月、アメリカを中心とした研究チームが観測に成功したと発表していて、世界の観測網が整うことで未知の天体現象の解明につながると期待されています。


ジカ熱の拡大は国際イベントが影響か

流行が広がるジカ熱のウイルスが中南米に持ち込まれたのは3年前の2013年で、スポーツの国際的なイベントの開催の前後に渡航者が増えた時期と重なったとする研究成果をブラジルなどの研究グループが発表しました。日本の専門家は「大規模な人の移動がウイルスの侵入のリスクを高めたもので、8月のリオデジャネイロオリンピックを前に現地に行く日本人も対策を徹底してほしい」と話しています。


妊娠17週目ごろのジカ熱感染に小頭症のリスク

中南米を中心に感染が広がるジカ熱について、妊娠17週目ごろの妊婦がこの病気にかかることと、小頭症の子どもが生まれることとの間に強い関係性がみられるとする研究成果をブラジルなどのグループが発表しました。日本の専門家は「これまでは妊娠初期の感染がリスクだと言われていたが、それ以降も注意が必要な可能性があることを示す重要な知見の1つだ」と指摘しています。


四国電力 伊方原発1号機の廃炉決定へ

愛媛県伊方町にあり、運転開始から来年で40年になる伊方原子力発電所1号機について、四国電力は、再稼働のための新たな安全対策には多額の費用がかかるなどとして廃炉にする方針で最終調整を進めていて、近く取締役会で正式に決定することにしています。


モノ作りの品質管理を医療現場の安全確保に

日本のモノ作りの現場で行われている品質管理の方法を医療現場に取り入れることで医療の安全の質を高めようという講座が名古屋大学附属病院で開かれ、全国から参加した医師らが、大手自動車メーカーの担当者などから医療事故の原因を徹底的に究明し解決策を立てる手法などを学びました。


2シーズンぶりの調査捕鯨船団が帰港 下関

政府の新たな計画に基づいて捕獲するクジラの数を減らした南極海の調査捕鯨船の船団が24日、山口県の下関港に戻りました。国際司法裁判所の判決を受けて昨シーズンは捕獲をしていなかったため、クジラを積んで戻るのは2シーズンぶりです。


最新のドローン紹介 安全性配慮の機種など注目

小型無人機「ドローン」の最新の機種を紹介する展示会が24日から千葉市で始まり、落下事故を防ぐため、安全講習を受けたことを証明するカードをかざさないと起動しない安全性に配慮した機種などが注目を集めています。


国内4例目のジカ熱感染を確認 冷静な対応呼びかけ

中南米に滞在歴があり発疹などの症状を訴えていた愛知県の女性が、ジカ熱に感染していることが確認されました。中南米を中心に流行が広がった去年以降、国内で患者が確認されたのは4例目で、厚生労働省は現段階では国内で感染が拡大するリスクは極めて低いとして冷静に対応するよう呼びかけています。


美容医療のHP広告規制へ 厚労省が検討開始

脱毛や脂肪吸引などの「美容医療」を巡るトラブルの相談が相次いでいることから、厚生労働省は、医療機関がホームページに出す広告の規制に向け検討を始めました。


チェルノブイリ事故30年 巨大構造物を公開

旧ソビエトのチェルノブイリ原子力発電所の事故から、来月26日で30年になるのを前に、放射性物質の拡散を防ぐため、建設が進められている、爆発した原子炉の建屋を覆うアーチ型の構造物が報道陣に公開されました。


原発事故対応を訓練 プラントシミュレーター公開

原子力発電所の審査や検査にあたる原子力規制庁の職員の専門性を高めるため、事故時の対応の訓練ができる「プラントシミュレーター」と呼ばれる設備が完成し、公開されました。


伊方原発3号機 “7月再稼働”示す方針

愛媛県にある伊方原子力発電所3号機の設備の詳しい設計を示した工事計画が、23日、原子力規制委員会の認可を受け、四国電力は、再稼働に向けた最終段階となる「使用前検査」を今週中にも申請して、ことし7月に再稼働させる計画を示す方針です。


東京電力幹部が新潟県の技術委員会で謝罪

核燃料が溶け落ちる「メルトダウン」を事故の3日後には判断できたと東京電力が明らかにした問題で、23日、東京電力の幹部が柏崎刈羽原発の安全性を議論する新潟県の技術委員会に出席し、「もっと早く認めて報告すべきだった」と謝罪しました。委員からは「社内マニュアルなのに、なぜ5年もの間、存在に気付かなかったのか」などと厳しい意見が相次ぎました。


宇宙から流れ星観測 千葉工大のカメラ打ち上げ成功

宇宙から流れ星の観測を目指している千葉工業大学が開発した特殊なカメラが宇宙輸送船に搭載され、日本時間の23日、アメリカのフロリダ州からロケットで打ち上げられました。3度目の挑戦で打ち上げに成功しました。


月面探査のコンテスト 日本チームにKDDIが協力

民間による月面探査の国際コンテストに参加している日本のチームに、大手通信会社の「KDDI」が協力し、昼と夜で250度以上の温度差がある月面で画像の伝送に挑むことになりました。


「もんじゅ」設置許可取り消し求める裁判始まる

福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」を巡り、地元の住民などが国の設置許可を取り消すよう求めている裁判が東京地方裁判所で始まり、国は訴えを退けるよう求めました。


原子力規制委 柏崎刈羽原発の集中審査取りやめ

事故を起こした福島第一原子力発電所と同じタイプの中で最も審査が進んでいる新潟県の柏崎刈羽原発について、原子力規制委員会は、東京電力の準備不足で設備の耐震性の評価に時間がかかると指摘し、これまで行ってきた集中的な審査をやめることになりました。審査の終了時期もことし秋以降になるという見方が強まっています。


UAEの火星探査機打ち上げ 日本企業が受注

中東のUAE=アラブ首長国連邦が2020年に計画している火星探査機の打ち上げを日本企業が受注し、日本の打ち上げビジネスに弾みがつくものとみられます。


宇宙利用ビジネス促進 国が企業支援する組織

手のひらサイズの超小型衛星など、低コストでの人工衛星の開発も可能になるなか、さまざまな分野で宇宙を利用した新しいビジネスを創り出してもらおうと、国が企業の活動を支援する新たな組織が発足しました。


国内3例目のジカ熱感染確認 すでに回復

ブラジルに滞在歴があり、発疹などの症状を訴えていた神奈川県の女性が、ジカ熱に感染していることが確認されました。中南米を中心に流行が広がった去年以降、国内で患者が確認されたのは3例目で、厚生労働省は、現段階では国内で感染が拡大するリスクは極めて低いとして、冷静に対応するよう呼びかけています。


伊方原発3号機 7月再稼働の計画示す方針固める

愛媛県にある伊方原子力発電所3号機について、四国電力は、近く原子力規制委員会に行う再稼働に向けた使用前検査の申請の中で、ことし7月に原子炉を起動して再稼働させるという計画を示す方針を固めました。


コウノトリが徳島で産卵か 繁殖拠点以外 野生状態で初

去年2月から徳島県鳴門市に定着している国の特別天然記念物、コウノトリが、卵を産んだとみられることが分かりました。昭和46年に国内の野生のコウノトリが絶滅して以降、繁殖活動の拠点となっている兵庫県豊岡市周辺を除けば、野生状態での産卵は初めてとなります。


プルトニウム輸送船 厳重警戒下 米に向けて出港

おととしの核セキュリティーサミットでの日米の合意に基づいてアメリカに引き渡されることが決まっていた研究用のプルトニウムが、専用の輸送船に積み込まれ、22日午後、厳重な警戒のもと茨城県の港から出港しました。


ジカ熱 韓国で初の患者を確認

韓国政府は、中南米を中心に感染が広がっているジカ熱に、ブラジルに滞在歴のある40代の韓国人の男性が感染していることを確認しました。韓国でジカ熱の患者が確認されたのは初めてです。


プルトニウム きょうにも輸送船に積み米へ出港か

おととしの核セキュリティーサミットでの日米の合意に基づいて、アメリカに引き渡されることが決まっていた研究用のプルトニウムが、専用の輸送船で22日にも茨城県の港から出港するとみられます。


人工知能が小説執筆 文学賞で選考通過

小説を書く人工知能の開発を目指す研究プロジェクトの報告会が21日、東京で開かれ、実際に人工知能を使って書かれた小説が紹介されました。


シジュウカラ 鳴き声組み合わせ意思疎通 文法も

小形の野鳥「シジュウカラ」には異なる鳴き声を組み合わせて複雑な意味を伝える能力があり、その組み合わせには「文法」もあることが、総合研究大学院大学の研究で分かりました。ヒト以外の動物で、文章で情報を伝える能力が明らかになったのは、これが初めてです。


コンピューター囲碁ソフト 強さ競う世界大会

先週、アメリカのIT企業グーグルが開発した人工知能が囲碁でトップレベルのプロ棋士に勝利し話題となりましたが、20日、コンピューターの囲碁ソフトの強さを競う世界大会が東京で開かれました。


コウノトリの卵 放鳥目指し取り寄せ 千葉・野田市

国の特別天然記念物、コウノトリの野生復帰に向けて去年、自然界への放鳥に成功した千葉県野田市は、遺伝的な多様性を確保しようと兵庫県で生まれたコウノトリの卵を取り寄せて放鳥を目指すことになり、19日、卵が野田市の施設に届きました。


新しい高校教科書 妊娠や出産の医学的知識が増える

来年の春から使われる高校の教科書には、「卵子の老化」ということばが初めて登場するなど、妊娠や出産に関する医学的な知識が数多く盛り込まれていることが分かりました。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧