NHKニュース|社会 2016年7月18日 (月曜日)

4歳男児がパトカーにはねられ軽傷 滋賀 長浜

17日夜、滋賀県長浜市の県道で4歳の男の子がパトカーにはねられて軽いけがをしました。警察はパトカーを運転していた24歳の巡査が前をよく見ていなかったのが原因とみて調べています。


脱北者か 保護の男性「日本にとどまりたい」

山口県長門市で16日、北朝鮮からの脱北者の可能性がある男性が保護されましたが、この男性が日本にとどまりたいという趣旨の話をしていることが警察への取材で分かりました。男性は、17日、長崎県にある入国管理局の施設に移されていて、今後、身元を詳しく調べたうえで対応が決められるものとみられます。


川遊びで流され男子大学生が不明 大分

17日午後、大分県玖珠町で川遊びをしていた福岡市の男子大学生が流されて行方が分からなくなり、警察と消防は18日、川の下流などで捜索を行うことにしています。


遠泳大会で溺れ70歳男性が死亡 鹿児島

17日午前、鹿児島県指宿市で遠泳大会に参加していた70歳の男性が溺れ、すぐに救助されて病院に運ばれましたが死亡しました。


ダイビング中に意識失い男性死亡 和歌山

17日午後、和歌山県串本町の沖合でダイビングをしていた大阪市の45歳の男性が意識を失い病院に運ばれましたが、死亡しました。


川遊びの19歳男性が溺れて死亡 広島

17日夕方、広島県三次市のキャンプ場で川で遊んでいた19歳の男性が溺れて死亡しました。


遊泳中の19歳男性が溺れて死亡 鳥取

17日午後、鳥取県日吉津村の海岸で海水浴をしていた鳥取県米子市の19歳の男性が溺れて死亡しました。


沖縄・鳩間島でシュノーケルの女性死亡

17日正午ごろ、沖縄県竹富町の鳩間島の沖合で、シュノーケリングをしていた中国人の29歳の女性がうつ伏せで浮いているのが見つかり、病院に運ばれましたが死亡しました。


海水浴場で不明の18歳男性 遺体で見つかる

16日、石川県内灘町の海水浴場で男性2人が溺れ、1人が死亡1人が行方不明になっていた事故で17日、行方不明になっていた18歳の男性が遺体で見つかりました。


ヨットから転落 男性1人死亡 山口・長門

17日昼前、山口県長門市の沖合で、ヨットレースの大会に参加していた66歳の男性が海に転落して死亡しました。


泳ぎに行った男性が不明 福井

17日午後、福井市の海岸で、愛知県から来た男性が泳ぎに行ったまま行方が分からなくなりました。海上保安署などが18日朝から捜索を再開することにしています。


長野 バス事故から半年 遺族代表が現場で追悼

15人が死亡した長野県軽井沢町のバス事故から半年が過ぎ、遺族会の代表が17日、現場を訪れ花を手向け犠牲になった人たちを追悼しました。


手話対応スタッフ配置 高齢者向け住宅開設へ 札幌

手話ができるスタッフを配置するなどして、耳が不自由なお年寄りが生活しやすいよう配慮した高齢者向けの住宅を、札幌市内の聴覚障害者で作る団体が今年度中にも開設することになりました。


統廃合が進む公共施設の在り方 考えるシンポ

人口減少などによって公共施設の統廃合が進むなか、去年1年間の人口減少数が関東地方の区市町村で最も多かった神奈川県横須賀市で、施設の在り方を市民で考えようというシンポジウムが開かれました。


暴力団員殺害 逃走車の近くに油の跡と容器

15日、名古屋市のマンションで暴力団員が2人組の男に拳銃で撃たれて殺害された事件で、現場から逃走し燃えているのが見つかった車の近くに、油がまかれたような跡と油を入れる容器が残されていたことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は証拠を隠すために火をつけたとみて詳しく調べています。


水上バイクの男性が意識不明の重体 愛知 常滑

17日午後、愛知県常滑市の中部空港の近くの海で水上バイクが浮かんでいるのが見つかり、乗っていた男性が意識不明の重体になっています。


海で男性死亡 サーフィン中に溺れたか 茨城 鹿嶋

17日午前、茨城県鹿嶋市の海で男性が浮いているのが見つかり、死亡が確認されました。警察は男性がサーフィンをしていて溺れたとみて、詳しい状況を調べています。


高校生を殺人容疑で再逮捕「ただ人を刺したかった」と供述

茨城県龍ケ崎市の川に女性の遺体を遺棄したとして高校生が逮捕された事件で、警察は、高校生がフィッシュピックと呼ばれる魚釣り用の先のとがった鋭利な道具で女性を刺すなどして殺害したとして、殺人の疑いで再逮捕しました。調べに対し高校生は「ただ人を刺したかった」などと供述しているということです。


“介護と仕事の両立どうする” 都内で討論会

家族の介護を理由に仕事を辞める「介護離職」が相次ぐなか、介護と仕事を両立させるにはどうすればいいかを話し合う討論会が17日、東京で開かれました。


尖閣諸島沖の接続水域 中国海警局の3隻航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


熊本 益城町に県内最大の仮設住宅 入居始まる

一連の熊本地震で大きな被害を受けた熊本県益城町で県内最大の仮設住宅が完成し、17日から入居が始まりました。


返還されたアイヌ民族の遺骨を埋葬 北海道 浦河町

かつて北海道大学が研究のためとして収集し、15日に85年ぶりにアイヌの人たちに返還されたアイヌ民族の遺骨が、北海道浦河町の墓地に再び埋葬されました。


熊本 美里町の避難勧告解除

熊本県美里町は、土砂災害の危険性が低くなったとして、河川の近くや山沿いの地区などの2984世帯、7484人に出していた避難勧告を午後2時45分に解除しました。これで熊本県内に出されていた雨に伴う避難勧告はすべて解除されました。


原発や原子力関連施設など 地震による異常なし 規制庁

原子力規制庁によりますと、震度2や1の揺れを観測した関東地方の地震で、茨城県東海村にある日本原子力発電の廃炉作業中の東海原発と、運転を停止している東海第二原発、茨城県の東海村と大洗町にある日本原子力研究開発機構の再処理工場などの原子力関連施設、それに神奈川県横須賀市にある核燃料の加工施設では、いずれも異常はないということです。また、それぞれの施設の周辺で放射線量を測定しているモニタリングポストの値にも変化はないということです。


東海第二原発 地震による異常なし

日本原子力発電によりますと、震度2の揺れを観測した茨城県東海村にある東海第二原子力発電所は現在は運転停止中で、この地震による異常はないということです。また、原発の周辺の放射線量を計測するモニタリングポストの値にも変化はないということです。


関東地方で震度4 津波の心配なし

17日午後1時24分ごろ、関東地方で震度4の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。


拳銃で撃たれ死亡の暴力団員から違法な薬物の反応

15日、名古屋市のマンションで暴力団員が2人組の男に拳銃で撃たれて殺害された事件で、死亡した暴力団員から違法な薬物を使ったことを示す反応が出ていたことが捜査関係者への取材で分かりました。当時、一緒にいた男は覚醒剤を使った疑いで逮捕され、警察は詳しいいきさつを調べています。


路線バスと乗用車が正面衝突 7人けが 京都 京田辺

17日朝、京都府京田辺市で路線バスと乗用車が正面衝突し、乗用車を運転していた女性が大けがをしたほか、バスの乗客6人がけがをしました。


熊本 美里町の約3000世帯に避難勧告

熊本県美里町は、土砂災害の危険性が高まっているとして、午前3時半に、河川の近くや山沿いの地区などの2984世帯、7484人に避難勧告を出しました。美里町では、町内4か所に避難所を開設して早めの避難を呼びかけています。


高齢者だけの世帯 初めて全体の4分の1超に

高齢化が進むなか、65歳以上の高齢者だけで暮らしている世帯は過去最多を更新して推計で1260万世帯となり、初めて全体の4分の1を超えたことが、厚生労働省の調査で分かりました。


戦艦大和 主砲の砲塔部分の映像を初めて公開

太平洋戦争末期に鹿児島県沖で沈没した「戦艦大和」について、広島県呉市がことし5月に行った潜水調査の報告会が開かれ、大和の象徴ともいわれた世界最大の主砲の砲塔と呼ばれる部分の映像が初めて公開されました。


脱北者か 全身が水でぬれた若い男性保護 山口 長門

16日午前、日本海に面した山口県長門市で、全身が水でぬれた若い男性が保護されました。男性は「北朝鮮から船に乗り、飛び降りてたどり着いた」などと話していて、警察は、北朝鮮から逃れてきたいわゆる脱北者の可能性があるとみて調べています。


国交相「着工中の仮設住宅の9割が今月中に完成」

石井国土交通大臣は、熊本地震で大きな被害を受けた熊本県の益城町を16日に視察し、記者団に対して、現在着工している3600戸余りの仮設住宅のうち9割が今月中に完成するという見通しを示しました。


海水浴の男性2人溺れる 1人死亡1人不明

16日正午ごろ、石川県内灘町の海水浴場で海水浴に来ていた男性2人が溺れ、1人が死亡、1人が行方不明になっています。


阿蘇の老舗温泉旅館 3か月ぶりに再開

一連の熊本地震の影響で湯を引く施設が壊れ、休業していた熊本県阿蘇市の老舗の温泉旅館が、2回目の震度7の地震から3か月となる16日、営業を再開しました。


トルコ人グループが都内でクーデター反対の集会

トルコで軍の一部がクーデターの動きを見せたことを受けて、日本に住むトルコ人のグループがクーデターに反対する集会を都内で開きました。


トルコと日本結ぶ空の便にも影響

トルコと日本を結ぶ空の便にも影響が出ています。


尖閣沖の接続水域 中国海警局の3隻航行

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船3隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。


熊本地震3か月 きょうもボランティアが支援活動

熊本地震で大きな被害を受けた熊本県南阿蘇村では2回目の震度7の地震から3か月になる16日も県内外からボランティアが訪れ、復興を支援する活動を行っています。


常陸宮妃 華子さま 股関節の手術が無事終了

常陸宮妃の華子さまは16日、東京都内の病院で股関節の痛みを取り除くための手術を受けられました。


スーツケース遺体遺棄 中国籍の男がほのめかす供述

東京・品川区の運河でスーツケースに入った中国籍の女性の遺体が見つかった事件で、不法滞在の疑いで逮捕された中国籍の男が女性の遺体が入ったスーツケースを遺棄したことをほのめかす供述をしていることが警視庁への取材で分かりました。警視庁は死体遺棄の疑いでも調べることにしています。


富士山でGPS使い登山者の行動など調査

富士山の環境を保全するため、登山者の数や動向を把握しようと静岡県と山梨県は、16日から、位置の確認ができるGPS機能のついた機器を登山者に渡して調査を始めました。


新潟県中越沖地震から9年 追悼式

最大震度6強の揺れを観測し15人が犠牲となった新潟県中越沖地震の発生から9年となる16日、大きな被害を受けた新潟県柏崎市で追悼式が行われ、遺族らが花を手向けました。


トルコと日本を結ぶ空の便に影響

トルコのユルドゥルム首相は、軍の一部によるクーデターの試みが起きていることを明らかにしました。このため、トルコと日本を結ぶ空の便にも影響が出ています。


元葉山町議失職の議決 神奈川県が取り消す決定

覚醒剤を使用した罪で有罪判決を受けた神奈川県葉山町の元町議会議員が、町議会から「町内に生活の拠点がない」などとして失職する議決を受けたことについて、神奈川県は「町議会の決定には客観的な事実はない」として、15日に議決を取り消す決定をしました。


専門学校生刺される ナイフ所持の大学生を逮捕

15日昼前、茨城県つくば市の駐車場で、20歳の専門学校生の男性が胸などを刺されて大けがをしているのが見つかりました。男性は「男とけんかになり刺された」と話しているということで、警察は現場近くでナイフを持っていた21歳の大学生の男を銃刀法違反の疑いで逮捕し、けがをした男性との関連を詳しく調べています。


埼玉と群馬の突風 ダウンバーストかガストフロントか

14日、埼玉県の上里町から本庄市にかけて住宅のトタンが飛ばされたり、群馬県伊勢崎市で車庫の屋根などが飛ばされたりした、突風の被害について、気象台が調査した結果、ダウンバーストかガストフロントが発生した可能性があることが分かりました。


2人死亡の火災現場から油の成分 殺人・放火の疑いも

14日に千葉県印西市で住宅が全焼し、70代の夫婦とみられる2人が死亡した火災で、警察が現場を詳しく調べたところ、住宅の部屋から油の成分が検出されたことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は、油を使って火を付けられた疑いがあるとみて、殺人や放火の疑いで捜査することにしています。


スリップ挙動が原因か 最新耐震基準の建物倒壊

一連の熊本地震で震度7を2回観測した熊本県益城町では、最新の耐震基準で建てられた住宅も倒壊しました。専門家の解析の結果、震度7の揺れを2回受けることで、建物の変形が極端に大きくなる「スリップ挙動」という現象が起きたとみられることが分かり、専門家は、対策の検討が必要だと指摘しています。


皇室典範改正に相当な議論必要との見方

天皇陛下が、数年内に天皇の位を皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を、宮内庁の関係者に示されていることを踏まえ、政府は今後、対応を検討するものとみられますが、「生前退位」に向けた皇室典範の改正などには課題が山積しており、相当な議論が必要となるという見方も出ています。


年金受給資格の短縮 年間650億円必要との試算

年金を受け取れない人を減らすため、政府が来年度からの実施を検討している、年金の受給資格を得られる加入期間を25年から10年に短縮する施策を巡って、厚生労働省は、試算では年間およそ650億円必要になるとしており、財源の調整を進めたうえで、秋の臨時国会にも必要な法案を提出したいとしています。


生活「苦しい」世帯が約60% 厚生労働省調査で

世帯の所得などについて、去年、厚生労働省が行った調査で、生活が「苦しい」と回答した世帯は全体のおよそ60%で、過去最悪だったおととしより減少したものの、依然として高い水準だったことが分かりました。


育児休業中の給付金 新経済対策で支給期間延長で調整

政府は、今月中をめどに取りまとめる新たな経済対策で、子育て支援策として、育児休業中の親に支払われる給付金の支給期間を、今の最長1年半から延長することを盛り込む方向で調整を進めていることが分かりました。


神戸山口組系の暴力団員が撃たれ死亡 名古屋

15日夕方、名古屋市中心部のマンションの部屋で2人組の男に拳銃で撃たれて死亡したのは、指定暴力団、神戸山口組系の64歳の暴力団員と確認されました。警察は殺人事件として、逃げた男らの行方を捜査するとともに、山口組との対立抗争が背景にないか調べています。


乳児遺体遺棄の疑いで母親逮捕 自宅に別の乳児の遺体

鳥取県岩美町の雑木林に出産直後の赤ちゃんの遺体を遺棄したとして、35歳の母親が死体遺棄の疑いで逮捕され、警察が母親の自宅を捜索したところ、別の赤ちゃんの遺体も見つかりました。警察は自宅で見つかった赤ちゃんについても、母親が出産後に遺棄したとみて、死亡のいきさつを調べることにしています。


JR東海道線 運転再開

JR東海道線は、人身事故の影響で、東京と熱海の間の上下線で運転を見合わせていましたが、午後10時49分に運転を再開しました。


兵庫 姫路沖の貨物船転覆 死者2人に

15日昼前、兵庫県姫路市の沖合で貨物船どうしが衝突して1隻が転覆し、転覆した船の船長と乗組員の合わせて2人が死亡しました。


金庫から3500万円盗んだ疑い 夫婦を逮捕

先月、前橋市の住宅の金庫から現金およそ3500万円を盗んだとして、群馬県高崎市の23歳の会社員の男と24歳のフィリピン人の女の夫婦が窃盗の疑いで逮捕されました。警察によりますと2人は容疑を否認しているということです。


JR東海道線 東京−熱海 運転見合わせ

JR東海道線は、東京の新橋駅の構内で起きた人身事故の影響で、午後9時56分から、東京と熱海の間の上下線で運転を見合わせています。


大雨の土砂崩れで死亡の5人 熊本地震の死者に

熊本県は、先月の大雨による土砂崩れで死亡した5人について、熊本地震との関連が認められるとして、地震の死者と判断すると発表しました。これで一連の熊本地震で死亡したのは、災害関連死と認定された10人を含む64人になりました。


女子大学生が沖に流され死亡 海水浴場は海開き前

15日午後、島根県浜田市で、海水浴に訪れていた22歳の女子大学生が沖合に流され、その後救助されましたが、死亡しました。


地域に根ざす福祉団体を支援「わかば基金」贈呈式

地域に根ざした福祉活動に取り組む団体を支援する、NHK厚生文化事業団の「わかば基金」の贈呈式が15日、東京・渋谷で行われました。


アイヌ民族の遺骨 北大が85年ぶりに返還

アイヌ民族の遺骨を研究のためとして収集し、現在も1000体余りを保管している北海道大学が、遺骨の返還を求められた裁判で和解が成立したことを受け、15日、このうちの12体を85年ぶりに返還しました。


伊方原発の再稼働訓練で熱中症 一部やり直し指示

愛媛県にある四国電力の伊方原子力発電所3号機で再稼働に向けて行われた重大事故を想定した訓練で、防護服を着た作業員2人が熱中症になるトラブルがあり、原子力規制庁は「過酷な環境を想定した対応が不十分だ」として、訓練の一部をやり直すよう指示しました。


妻殺害の罪で起訴 夫は介護で眠れずに疲弊か

先月、埼玉県坂戸市で87歳の夫が、介護していた85歳の妻の口を手で塞いで殺害したとして、さいたま地方検察庁は、夫を殺人の罪で起訴しました。調べに対し夫は「妻が心配で昼夜を問わず気にかけていた」と供述しているということで、警察は事件当時、眠れない日々が続き、夫が疲弊していた可能性があるとみて調べています。


佐賀県のシステムに不正アクセスの疑い 少年を家裁送致

佐賀県の教育情報システムが不正にアクセスされ、生徒の個人情報が大量に漏えいした事件で、不正なアクセスをした疑いで逮捕された17歳の少年について、東京地方検察庁は15日、家庭裁判所に送りました。


2歳の長男殺害容疑の母親不起訴 横浜地検

ことし3月、横浜市で2歳の長男を殺害したとして逮捕された、35歳の母親について、横浜地方検察庁は15日、不起訴処分にしました。


軽井沢バス事故から半年 遺族らが祈りささげる

大学生など15人が死亡した長野県軽井沢町のバス事故から15日で半年です。事故現場には犠牲者の遺族や知人などが訪れ、花を手向けて祈りをささげました。


2歳児死亡 やり直し裁判で元少年に懲役5年 福岡

4年前、北九州市で、当時19歳の元少年が交際相手の女性の2歳の長男を死亡させた罪に問われ無罪判決のあと審理がやり直された裁判員裁判で、福岡地方裁判所は「被害者のけがは被告の暴行により生じたと認められる」として元少年に懲役5年の判決を言い渡しました。


貨物船転覆で3人死傷 兵庫 姫路

15日昼前、兵庫県姫路市の沖合で2隻の貨物船が衝突し、このうち1隻が転覆しました。この事故で転覆した船の船長が死亡し、船内から1人が心肺停止の状態で見つかったほか、別の乗組員がけがをしました。


松江 海水浴の女性 意識不明の重体

15日午後、島根県浜田市の海水浴場で、泳いでいた20代とみられる女性1人が沖に流され、意識不明の重体となっています。


天皇陛下 静養終えて御所で過ごされる

14日、神奈川県の葉山での静養を終えて帰京された天皇陛下は15日、お住まいの御所で過ごされました。政府から送られてきた書類に署名するなどの国事行為に臨んだほか、来週予定されているパラオの大統領との昼(ちゅう)さんやこの秋の地方への訪問について、皇后さまとともに説明を受けられたということです。


兵庫 貨物船衝突で2人死傷 1人行方不明

15日昼前、兵庫県姫路市の沖合で2隻の貨物船が衝突し、このうち1隻が転覆しました。転覆した船の船長が海に投げ出されて死亡し、乗組員1人の行方が分からなくなっているほか、別の1人がけがをしました。


不正引き出し容疑で男逮捕 カード情報売りさばいたか

他人名義の口座から現金を不正に引き出したとして、岐阜市の20代の男が逮捕されました。警視庁は男が他人のクレジットカード情報などを大量に売りさばいたうえ、発覚しないよう匿名性が高いインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の口座を経由し、代金を受け取っていたとみて調べています。


千葉や神奈川で猛烈な雨 土砂災害などに注意

上空の寒気の影響で、関東地方は大気の状態が不安定になり、千葉県や神奈川県で局地的に猛烈な雨が降りました。気象庁は、これまでの雨が多くなっている地域を中心に、このあとしばらくは土砂災害などに十分注意するよう呼びかけています。


仏テロ事件 プーチン大統領が哀悼の意

フランス南部のニースでフランス革命を記念する祝日の花火を見物するため集まっていた人たちの中にトラックが突っ込み、大勢の人たちが犠牲になった事件を受けて、ロシアの大統領府は、15日、プーチン大統領がオランド大統領に電報を送ったと発表しました。


沖縄 米軍兵士に実刑判決 女性に乱暴の罪

ことし3月、那覇市のホテルで日本人の女性を部屋に連れ込み乱暴した罪に問われたアメリカ軍の兵士に対し、那覇地方裁判所は「被害者が感じた恐怖は甚大だ」として懲役2年6か月の実刑判決を言い渡しました。


LINE上場 時価総額9100億円余に

無料通信アプリ大手のLINEが、15日、東京証券取引所に株式を上場し記念の式典が行われました。初日の終値を基にした時価総額は9100億円余りとなり、ことしに入ってから最大の上場となりました。


横浜市の避難勧告 すべて解除

横浜市は市内の12の区の一部の地域に出していた避難勧告を午後5時までに、すべて解除しました。


関東各地の突風被害 気象庁が現地調査

関東地方では14日、群馬県や埼玉県などで突風が原因とみられる被害が相次ぎ、気象庁などが現地で詳しい調査を行っています。


横浜 8区の避難勧告を解除

横浜市は市内の12の区の一部の地域に出していた避難勧告について、15日午後4時半までに、神奈川区、西区、南区、保土ケ谷区、磯子区、金沢区、緑区、都築区の8つの区で解除しました。残る4つの区も安全が確認されしだい、順次、解除するということです。


千葉と神奈川 なぜ猛烈な雨に?

千葉県と神奈川県で局地的に雨雲が発達し猛烈な雨が降ったことについて、気象庁は、上空には寒気が、地表付近には北東から湿った空気がそれぞれ流れ込み、大気の状態が非常に不安定になったことが原因だとしています。


交番で後輩に拳銃向けた疑い 巡査長を書類送検 神奈川

神奈川県の藤沢警察署の32歳の巡査長が、交番で後輩の警察官に複数回、拳銃を向けたとして、銃刀法違反の疑いで書類送検されました。


愛知 男児連れ去り殺害事件 受刑者が再審申し立て

14年前、愛知県豊川市で1歳の男の子が連れ去られて殺害された事件で、1審で無罪となったあと、2審で懲役17年の判決が確定した49歳の受刑者の弁護団が15日、名古屋高等裁判所に再審=裁判のやり直しを申し立てました。


元俳優の高知容疑者 覚醒剤と大麻を所持した罪で起訴

元俳優の高知東生容疑者が横浜市内のホテルで覚醒剤と大麻を隠し持っていたとして15日、覚醒剤取締法違反などの罪で起訴されました。


長女揺さぶって大けがさせた罪 父親に無罪判決

生後間もない長女を激しく揺さぶり脳に後遺症が残る大けがをさせたとして傷害の罪に問われた23歳の自衛官の父親に対し、京都地方裁判所は「犯人と断定するだけの証拠はない」として無罪を言い渡しました。


神奈川県と千葉県で猛烈な雨 警戒を

上空の寒気の影響で関東地方は大気の状態が不安定になり千葉県や神奈川県で局地的に猛烈な雨が降りました。大気の不安定な状態はこのあとしばらく続く見込みで、気象庁は、土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。


横浜 12区の2852世帯に避難勧告

横浜市は15日午後1時10分、市内の12区の94か所、2852世帯に避難勧告を出しました。横浜市は市内に土砂災害警戒情報が出されたことを受けて、土砂災害の危険があるとして事前に指定していた一部の地域に避難勧告を出しました。


高齢者施設の送迎車とトラックが衝突 4人死傷

15日朝、長崎県東彼杵町の交差点で高齢者施設の送迎車と大型トラックが衝突し、送迎車に乗っていた90歳の女性が死亡し、お年寄りなど3人がけがをしました。


都市部の局地的大雨 地下街などの浸水に警戒を

都市部は道路が舗装され雨水がしみ込みにくいため大雨が降ると排水が追いつかなくなり、浸水被害が出ることがあります。特に「アンダーパス」などの低い土地、それに地下鉄の駅や地下街などは浸水の危険が高く、大雨の際には警戒が必要です。


「生前退位」巡り閣僚からも発言

天皇陛下が生前退位の意向を宮内庁の関係者に示されていることを巡って、閣議のあとの記者会見で、各閣僚からは公務の負担の軽減を検討すべきだという発言や、天皇陛下がご意思を表明されていない段階で発言は慎むべきだなどの指摘が出されました。


岩手 花巻 福祉バスが横転11人搬送

15日午前、岩手県花巻市の交差点で車3台が絡む衝突事故があり、このうち障害者福祉施設のマイクロバスが横転して、乗っていた利用者11人が病院に運ばれました。警察によりますと、いずれもけがの程度は軽いとみられるということです。


JR東海道線 運転再開

JR東海道線は大雨によるとみられる信号機の不具合で、東京駅と熱海駅の間の上下線で運転を見合わせていましたが、15日午後1時56分に運転を再開しました。


トラックとバスが衝突 乗客など10人軽傷 千葉

15日午前、千葉県木更津市の交差点でトラックと路線バスが衝突し、バスの乗客と運転手合わせて10人が軽いけがをしました。トラックが赤信号を無視して交差点に入ったとみられ、警察は33歳の運転手を逮捕し、事故の詳しい状況を調べています。


京浜東北線 全線で運転再開

大雨の影響で京浜東北線は鶴見駅と大船駅の間で運転を見合わせていましたが、午後1時半すぎから全線での運転を再開しました。


東海道線 東京・熱海間で運転見合わせ

JR東海道線は大雨によるとみられる信号機の不具合で、午後1時すぎから東京駅と熱海駅の間の上下線で運転を見合わせています。


兵庫 貨物船衝突 1人死亡1人不明

15日昼前、兵庫県姫路市の沖合で2隻の貨物船が衝突し、このうち1隻が転覆しました。海上保安部によりますと、転覆した船の船長が心肺停止の状態になっているほか、乗組員1人の行方が分からなくなっているということです。


京浜東北線 鶴見と大宮間 運転再開

大雨の影響で京浜東北線は大船駅と大宮駅の間の全線で運転を見合わせていましたが、午後1時すぎから鶴見駅と大宮駅の間で運転を再開しました。引き続き、鶴見駅と大船駅の間は運転の見合わせが続いています。


千葉 市原と横浜で猛烈な雨 厳重に警戒を

関東南部は大気の状態が不安定になり、千葉県が市原市に設置した雨量計で午後1時までの1時間に92ミリ、横浜市では午後1時10分までの1時間に80.5ミリのいずれも猛烈な雨を観測しました。気象庁は、低い土地の浸水や川の急な増水、土砂災害などに厳重に警戒するよう呼びかけています。


関東で局地的に猛烈な雨 土砂災害などに警戒を

上空の寒気の影響で、関東地方は15日も大気の不安定な状態が続き、千葉県では局地的に1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降っています。大気の不安定な状態は夕方にかけて続く見込みで、気象庁は低い土地の浸水や川の急な増水、土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。


JR 京浜東北線 運転見合わせ

大雨の影響で、京浜東北線は15日午後0時40分ごろから、大船駅と大宮駅の間の全線で運転を見合わせています。


軽井沢バス事故から半年 犠牲者に祈り

長野県軽井沢町でスキーツアーのバスが道路脇に転落し、大学生など15人が死亡した事故から15日で半年です。事故現場には地元の人などが訪れ、花を手向けて亡くなった人たちに祈りをささげていました。


九州の観光支援 高速道の定額乗り放題開始

熊本地震で影響を受けた観光業の復興を支援するため、九州の高速道路を定額の料金で3日間乗り放題にする割り引きが15日からスタートしました。


高木副大臣 「廃炉の計画で石棺の選択肢はない」

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向けた計画で、国の専門機関が核燃料を建屋内で閉じ込める「石棺」と呼ばれる方法に初めて触れたことについて、高木経済産業副大臣は15日行われた福島県の内堀知事との会談で、「廃炉をやり遂げることが最も大切なことで、石棺という選択肢は全くない。計画の記述を書き直すよう指示した」と述べました。


1歳男児から覚醒剤成分 誤って飲んだか 父親を逮捕

神戸市内の病院を受診した1歳の男の子の尿から覚醒剤の成分が検出され、34歳の父親が覚醒剤を持っていた疑いで逮捕されました。警察は男の子が誤って飲み込んだ可能性があるとみて調べています。


姉妹都市の鎌倉市 ニース訪問で情報収集

神奈川県鎌倉市は事件が起きたフランス南部のニースと姉妹都市の関係を結んでいます。ことし10月には、姉妹都市になってから50周年を記念する行事のため松尾崇市長や市民の代表が8日間の日程でニースを訪問する予定になっているということです。市は、今回の事件を受けて現地の治安情勢などの情報の収集を進め、予定どおり訪問するかどうか検討することにしています。


女性タレントにストーカーの疑い 男を逮捕

18歳の女性タレントの自宅マンションなどで、待ち伏せや付きまといを繰り返したとして、34歳の男がストーカー規制法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。


千葉 市原市付近で猛烈な雨 記録的短時間大雨情報

気象庁によりますと、千葉県市原市付近ではレーダーによる解析で15日午前11時までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。気象庁は数年に1度の記録的な大雨となり、災害が発生する危険が迫っているとして、「記録的短時間大雨情報」を発表し、安全を確保するよう呼びかけています。


熊本 益城町の避難勧告解除

熊本県の益城町は土砂災害の恐れが低くなったとして、3814世帯、9971人に出していた避難勧告を15日午前10時に解除しました。


熊本 南阿蘇村 避難指示を切り替え

熊本県南阿蘇村は、土砂災害のおそれが低くなったとして、15日午前9時に1994世帯4765人に出していた避難指示のうち、立野地区などの802世帯1786人については避難勧告に、また、一関地区などの1192世帯2979人については「避難準備情報」に切り替えました。2693世帯6606人に出されていた避難勧告は解除されました。


熊本 大津町と西原村 避難勧告を解除

熊本県の大津町は、土砂災害のおそれが低くなったとして、514世帯1277人に出していた避難勧告を午前8時40分に解除しました。また、熊本県の西原村は大雨による土砂災害のおそれが低くなったとして1134世帯3167人に出していた避難勧告を午前7時半に解除しました。


陸自演習場で空包紛失 動物の仕業か 新潟

14日、新潟県妙高市の陸上自衛隊の演習場で、機関銃の空包50発が、屋外に置いてあったリュックサックの中から無くなっているのが分かり、自衛隊は動物か鳥が持ち去った可能性もあるとみて調べています。


警視庁が防犯アプリの機能をさらに強化

東京都内で起きた犯罪などの情報をスマートフォンで確認できる警視庁の防犯アプリが、深刻な状態が続いている振り込め詐欺などの「特殊詐欺」の被害を減らすための機能をさらに充実させて、15日から運用が始まります。


証券取引等監視委 東芝の告発念頭に調査継続

東芝の不正会計問題で、歴代社長の刑事告発を念頭に調査を進めている証券取引等監視委員会に対し、検察が刑事責任を問うのは困難だとの見方を伝えました。これに対し監視委員会は東芝の会計処理は悪質だとする逆の見方を強めていて、当面、告発を見送ることはせず、調査を継続する方針を決めました。


自衛隊機が南スーダンから日本大使館職員を輸送

アフリカの南スーダンで激しい戦闘が起きたことを受け、日本人の国外退避に備えるたため派遣された航空自衛隊の輸送機が、日本時間の14日夜遅くにかけて現地の日本大使館の職員4人をアフリカのジブチに輸送しました。


長野スキーバス事故 複数回のブレーキも制御不能に

大学生など15人が死亡した長野県軽井沢町のバス事故から15日で半年となり、警察が記録計などを分析したところ、バスは事故現場のおよそ1キロ手前から転落直前までの間に、複数回、ブレーキがかけられたとみられることが警察への取材で分かりました。しかし速度は上がり続けていて、警察は、この1キロの間にバスが制御不能になったとみて事故原因の解明を進めています。


埼玉県各地で突風被害 気象台が調査へ

埼玉県では、突風の影響で県内各地でトタンが飛んだり、街路樹が倒れたりする被害が出て、気象台は15日、現地調査を行うことになりました。


住宅全焼し2人死亡 70代の夫婦か 千葉

14日、千葉県印西市で住宅1棟が全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかり、1人が煙を吸って病院に搬送されました。警察は、死亡したのはこの家に住む70代の夫婦とみて確認を進めるとともに、火が出た原因を調べています。


九州電力 ダムの漏水と土砂崩れの関連調査

一連の熊本地震で熊本県南阿蘇村にある九州電力の発電所から大量の水が流出した問題で、有識者の検討会は、2人が死亡した発電所近くの土砂崩れとの関連を調べ、調査結果をことし10月をめどに公表することを決めました。


明石歩道橋事故 “元副署長 罪に問えず” 判断確定へ

兵庫県明石市の歩道橋で花火大会の見物客11人が死亡した事故で強制的に起訴された警察署の元副署長について、最高裁判所は、「時効が成立している」として有罪か無罪かの判断を示さず、検察官役の指定弁護士の上告を退ける決定を出しました。これによって元副署長を罪に問うことはできないとする判断が確定することになりました。


大気不安定 浸水や増水にしばらく注意

気温の上昇と上空の寒気の影響で東日本と西日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、関東では局地的に非常に激しい雨が降りました。大気の不安定な状態はこのあとしばらく続く見込みで、気象庁は、低い土地の浸水や川の急な増水、落雷、突風などに十分注意するよう呼びかけています。


熊本 宇城市 山都町 美里町 避難勧告を解除

熊本県宇城市は土砂災害のおそれが低くなったとして、9488世帯2万4466人に出していた避難勧告を午後8時35分に解除しました。また、熊本県山都町は全域の6650世帯1万5974人に出していた避難勧告を午後8時40分に解除しました。さらに熊本県美里町も、土砂災害のおそれが低くなったとして、2984世帯7484人に出していた避難勧告を午後8時40分に解除しました。


熊本地震の流木か 長崎沖の大量の木を撤去

長崎市の漁港の沖で大量の木が漂流しているのが見つかりました。長崎市などは、熊本地震で倒れた木がその後の大雨で海に流れ出た可能性もあるとみて、撤去作業を進めています。


大気不安定 局地的に猛烈な雨のおそれ

東日本と西日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定になり、千葉県で非常に激しい雨が降っています。気象庁は、低い土地の浸水や急な川の増水に警戒するとともに、土砂災害や落雷、突風、それにひょうにも十分注意するよう呼びかけています。


“休憩”も労働時間に含める判決

脳内出血で後遺症が残った警備員の男性が、長時間の労働が原因だと訴えた裁判で、東京地方裁判所は、「休憩中に無線機を持たされるなど労働を義務づけられていた」として、労災と認める判決を言い渡しました。男性の弁護士によりますと、休憩を労働時間に含める判断は異例だということです。


突風でガラス割れる 女性3人が軽いけが

14日午後、埼玉県新座市にある大学の敷地内で、突風で飛ばされた倉庫のトタンが窓ガラスにぶつかり、建物の中にいた3人の女性が割れたガラスで腕などを切る軽いけがをしました。


大気不安定 関東は非常に激しい雨に

関東地方は大気の状態が非常に不安定になり、千葉県で非常に激しい雨が降っています。気象庁は、低い土地の浸水や急な川の増水に警戒するとともに、土砂災害や落雷、突風、それにひょうにも十分注意するよう呼びかけています。


浜名湖死体遺棄事件 男性「浜松の知人に会いに」

今月8日、静岡県の浜名湖で切断された男性の遺体が見つかった事件で、男性は事件の前、周囲に「浜松市の知り合いに会いに行く」と話し、その後行方不明になっていたことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は詳しいいきさつを調べています。


小学6年生死亡 マンションから転落か

14日朝、東京・板橋区のマンションの駐車場で男の子が倒れているのが見つかり、まもなく死亡が確認されました。男の子はこのマンションに住む小学6年生で、警視庁はベランダから転落したとみて調べています。


小田急 全線で運転再開

小田急電鉄は、川崎市内で線路が冠水したため、午後6時53分から向ヶ丘遊園と町田の間で運転を見合わせていましたが、午後7時38分に全線で運転を再開しました。


南スーダンの日本人退避へ 自衛隊機が出発

アフリカ・南スーダンで激しい戦闘が起きたことを受け、日本人の国外退避に備えるため派遣された自衛隊の輸送機が、日本時間の14日夕方、外務省からの要望を受けて首都ジュバに向かいました。現地の日本大使館の職員4人を乗せて、アフリカのジブチに輸送することになっています。


小田急 運転見合わせ区間を縮小

小田急電鉄は、川崎市内で大雨で線路が冠水したため、午後6時53分から東京・新宿と神奈川県内の各地を結ぶ全線で運転を見合わせていましたが、午後7時10分から見合わせの区間を向ヶ丘遊園と町田の間に縮小し、折り返し運転を始めました。折り返し運転が行われているのは新宿と向ヶ丘遊園の間と町田と小田原、相模大野と片瀬江ノ島、それに新百合ヶ丘から唐木田の間です。


熊本 甲佐町の避難勧告解除

熊本県甲佐町は土砂災害のおそれが低くなったとして4310世帯、1万1040人に出していた避難勧告を午後7時半に解除しました。


熊本 八代市の避難勧告解除

熊本県八代市は土砂災害のおそれが低くなったとして、1万751世帯、2万4997人に出していた避難勧告を午後7時に解除しました。


小田急 全線で運転見合わせ

小田急電鉄は、川崎市内で大雨で線路が冠水したため、午後6時53分から東京・新宿と神奈川県内の各地を結ぶ全線で運転を見合わせています。


熊本地震3か月 約4600人が避難生活

一連の熊本地震で最初の震度7を観測した地震から14日で3か月です。被災地では仮設住宅への入居が十分に進まず、今もおよそ4600人が避難生活を続けていて、住まいの確保や生活の再建が依然、大きな課題となっています。


宮内庁長官 生前退位「コメント差し控えたい」

宮内庁の風岡典之長官は14日の定例の記者会見で、天皇陛下が退位の意向を宮内庁関係者に示されたという報道について見解を問われ、それを否定したうえで、「おつとめを行っていかれる中でいろんな考えをお持ちになることはありえるがコメントを差し控えたい」と話しました。


熊本 御船町の避難勧告解除

熊本県御船町は土砂災害のおそれが低くなったとして、6928世帯、1万7105人に出していた避難勧告を午後6時15分に解除しました。


川で行方不明の女性が死亡 熊本 美里町

14日朝、熊本県美里町で、83歳の女性が自宅近くで大雨により増水した川に流され、捜索の結果、下流で見つかりましたが死亡が確認されました。


最低賃金引き上げ 労使の主張に隔たり

今年度の最低賃金の引き上げについて話し合う厚生労働省の審議会が開かれ、経営者側が中小企業への影響が大きいとして慎重な姿勢を示した一方、労働組合側は大幅な引き上げを求め、主張の隔たりが鮮明になっています。


熊本 天草市に避難指示

熊本県天草市は、これまでに降った雨で住宅の裏山が崩れるおそれがあるとして、午後5時10分に、天草市五和町の3世帯5人に避難指示を出しました。


天皇陛下 葉山御用邸出発 笑顔で手を振る

天皇陛下が、数年内に天皇の位を皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることが明らかになりました。天皇陛下は神奈川県の葉山御用邸を14日夕方出発し、詰めかけた人たちに手を振って応えられていました。


熊本地震 宅地被害は4600か所余に

一連の熊本地震では、宅地などが崩れる被害が相次ぎ、これまでの調査で「危険」または「要注意」と判定された宅地が熊本県内で合わせて4600か所余りに上っています。


部屋に火を付け夫殺害した容疑で妻を逮捕

東京・日野市の住宅で、部屋に火を付けて寝ていた夫を殺害したとして、フィリピン人の妻が警視庁に逮捕されました。調べに対し、妻は「暴力を振るわれたので夫を殺して自分も死のうと思った」と供述しているということです。


熊本 人吉市の避難勧告解除

熊本県人吉市は、土砂災害の危険性が低くなったとして、山沿いの133世帯、296人に出していた避難勧告を午後5時半に解除しました。


キッコーマン食品 クモ混入で商品自主回収

食品メーカーのキッコーマン食品は、麺などに混ぜて使う調理用のソースにクモが混入していたとして、商品およそ50万袋を自主回収すると発表しました。


都内で大規模な災害想定した訓練 大学生も参加

首都直下地震や集中豪雨での水害など大規模な災害を想定し、警察や自衛隊のほか大学生など1000人近くが参加する災害訓練が都内で行われました。


普天間移設 沖縄県は提訴せず 国は提訴視野に検討か

アメリカ軍普天間基地の移設計画を巡る、政府と沖縄県の作業部会の会合が開かれ、沖縄県側は、名護市辺野古沖の埋め立て承認の取り消しを撤回するよう求めた国の是正指示に不服はあるものの、新たな訴訟は起こさない考えを伝えました。これを受けて、政府は、今後、県が是正指示に従わないことの違法性を確認するための訴訟を起こすことを視野に、検討を本格化するものとみられます。


伊方原発 重大事故想定した訓練始まる

今月末にも再稼働する見通しの愛媛県にある伊方原子力発電所3号機で、緊急時の作業員らの対応力を確認するため、原子力規制庁の検査官の立ち会いの下、重大事故を想定した訓練が14日から始まりました。


宮内庁鴨場見学会 埼玉全域から初の参加

埼玉県越谷市にある宮内庁の鴨場で、埼玉県全域の住民を対象にした初めての見学会が開かれ、参加した人たちが景観などを楽しみました。


常陸宮妃の華子さま 股関節の手術へ

常陸宮妃の華子さまは、加齢に伴って股関節に痛みなどの症状があることから、16日、東京都内の病院で手術を受けられることになりました。


九州 しばらくは土砂災害に警戒を

活発な前線の影響で、九州では南部を中心に断続的に非常に激しい雨が降り、これまでの大雨で地盤が緩んでいる地域があります。気象庁は、九州ではしばらくの間、土砂災害に警戒するよう呼びかけています。


覚醒剤密輸か メキシコ人を逮捕・起訴

先月、成田空港で、およそ1億3000万円分の覚醒剤およそ2キロをスーツケースに隠して密輸しようとしたとして、メキシコ人の男が逮捕・起訴されました。


熊本市の避難勧告解除

熊本市は、土砂災害が起きる危険性が低くなったなどとして、午後4時25分、7172世帯、1万6500人に出していた避難勧告を4日ぶりに解除しました。


民進代表 生前退位「国民の方向性一致する結論を」

民進党の岡田代表は記者会見で、「報道されているようなご意向であるとすれば、真摯(しんし)に受け止め、政府は、有識者が議論する場を作って、しっかりと議論してほしい。有識者会議の結論が出たあと、皇室典範や法律の改正について、国会でも、しっかり議論する必要がある。非常に重要な問題なので、多くの国民の方向性が一致するような結論が出ることを期待したい」と述べました。


河野統幕長「外務省の要請あれば対応」

アフリカの南スーダンからの日本人の国外退避に備えるため航空自衛隊の輸送機が派遣されたことについて、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長は、14日の記者会見で、「外務省からの要請があれば対応していきたい」と述べ、現地に待機しながら対応を検討する考えを示しました。


伊方原発 事故起きた場合の対応策 見直し

今月末にも再稼働する見通しの愛媛県にある伊方原子力発電所で、事故が起きた場合に備えて作られた周辺地域の対応策について、国や県は道路の寸断や激しい渋滞が発生することを想定して複数の避難経路を示すなどの見直しを行いました。


同友会幹事 生前退位 皇室典範の議論必要

天皇陛下が「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることについて、経済同友会の小林代表幹事は長野県軽井沢町で記者団に対し、「天皇陛下の本当の心が表明されたわけではないので、コメントしようがないが、もしそうだとしたら全然考えていなかったので驚いた」と述べました。そのうえで、生前退位に向けた皇室典範の改正の議論について、「小泉政権の時にも一部、議論されたが、当然必要だ。時間をかけてじっくりやるべきだ」と述べました。


熊本地震 損壊した自宅や軒先で避難5300人

一連の熊本地震で大きな被害を受けた熊本県益城町では、壊れた自宅のほか、敷地のテントや倉庫などのいわゆる「軒先」で避難生活を送る人が、先月の時点で少なくとも5300人に上ることが町などの調査で分かりました。


熊本 菊陽町の避難勧告解除

熊本県菊陽町は、土砂災害のおそれが低くなったとして、山沿いの13世帯41人に出していた避難勧告を午後2時半に解除しました。


熊本 五木村の避難勧告解除

熊本県五木村は、土砂災害のおそれが低くなったとして、村内全域の515世帯、1181人に出していた避難勧告を午後4時に解除しました。


鹿児島 姶良市の避難勧告解除

鹿児島県姶良市は市内の蒲生町全域の3208世帯、6653人に出していた避難勧告を午後3時に解除しました。


熊本 宇土市の避難勧告解除

熊本県宇土市は土砂災害のおそれが低くなったなどとして、市内の山沿いや川沿いの8813世帯2万2674人に出していた避難勧告を解除しました。


西〜東日本気温上昇 猛暑日も 熱中症に注意

14日は東日本と西日本の太平洋側を中心に厳しい暑さとなっているほか、午後からは大気の状態が不安定になり、局地的に発達した雨雲がかかっています。気象庁は、熱中症に十分注意するとともに、急な激しい雷雨や突風にも十分注意するよう呼びかけています。


阪神高速湾岸線で多重事故 2人死亡

14日午前、神戸市東灘区の阪神高速湾岸線で、トラックなど車4台が関係する追突事故があり、男性2人が死亡しました。


田母神陣営の元会計責任者に有罪判決

おととしの東京都知事選挙で落選した田母神俊雄元航空幕僚長らによる選挙違反事件で、運動員に報酬を支払った罪に問われている資金管理団体の元会計責任者に対し、東京地方裁判所は、執行猶予のついた懲役1年6か月の有罪判決を言い渡しました。


埼玉の母子放火殺人で無罪判決取り消し

8年前、埼玉県志木市で自宅に放火して妻と長女を殺害したとして42歳の当時の夫が放火や殺人の罪に問われた裁判で、東京高等裁判所は「被告が放火したことを相当程度疑うことができる」として1審の無罪判決を取り消し、裁判員裁判をやり直すよう命じました。


維新代表 生前退位「深い議論すべき」

おおさか維新の会の代表を務める大阪府の松井知事は記者団に対し「陛下は、お体、健康状態について、ご無理なさっていたのだろう。ただ、実現するかどうかについてはコメントする立場にない。どの政党がやるということではなくて、すべての国会議員が陛下の思いを重く受け止め、陛下がどこまでお考えなのかなど、中身について深い議論をすべき事柄だと思う」と述べました。


日本取引所CEO 生前退位「極めて自然なお考え」

天皇陛下が「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることについて、日本取引所グループの清田瞭最高経営責任者は記者団に対し、「お年を召されれば、体調や体力が落ちてくるわけですから、極めて自然なお考えではないかと思う」と述べました。そのうえで、皇室制度を定めた「皇室典範」に退位に関する規定がなく、天皇の生前退位が認められていないことについて、「不自然だと思う。天皇陛下のお考えを機会に、ぜひ、よい制度に作り替えていただいたほうがいいと思う」と述べました。


西〜東日本 午前中から真夏日 蒸し暑い

東日本と西日本では、太平洋側を中心に晴れて気温が上がり、湿度も高く蒸し暑くなっています。気象庁は、こまめに水分を取るなど熱中症に十分注意するよう呼びかけています。


九州南部で断続的に非常に激しい雨 土砂災害に厳重警戒

活発な前線の影響で、九州南部に発達した雨雲がかかり、断続的に非常に激しい雨が降っています。九州では、これまでの大雨で地盤が緩んでいる地域があり、気象庁は、引き続き土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。


自民 幹事長代行 生前退位「ご意向に沿い実現を」

自民党の細田幹事長代行は記者団に対し、「ご高齢でもあるので、ご意思を尊重して国会として真剣に検討する必要がある。法改正が必要ということになるし、各党・各会派でよく議論すべきだ。私としては、ご病気もされているし、体力的にも負担が大きいので、ご意向に沿う形で実現することが望ましいのではないかと思う」と述べました。


熊本 上天草市の避難指示・勧告解除

熊本県上天草市は、土砂災害のおそれが低くなったとして、159世帯、365人に出していた避難指示と、9832世帯、2万1709人に出していた避難勧告をそれぞれ解除しました。これで上天草市に出されていた避難指示と避難勧告はすべて解除されました。


増水の川に女性流されたか 熊本 美里町

14日朝、熊本県美里町で、女性が川に流されたのではないかという通報があり、警察と消防は、近所に住む80代の女性と連絡が取れないことから、大雨で増水した川に流されたおそれがあるとみて捜索しています。


農家の倉庫にクマ 米袋荒らす 岩手 紫波町

14日朝、岩手県紫波町の農家の倉庫にクマが現れ、コメが入った袋が荒らされているのが見つかりました。警察などは近くの住民に警戒するよう呼びかけています。


熊本 菊池市の避難勧告解除

熊本県菊池市は土砂災害警戒情報が解除されたことを受け、市内の735世帯、2155人に出していた避難勧告を午前10時55分に解除しました。


熊本 嘉島町の避難勧告解除

熊本県嘉島町は、土砂災害警戒情報が解除されたことを受けて、町内の842世帯、2271人に出していた避難勧告を午後0時半に解除しました。


浜名湖の切断遺体は北海道出身の男性

今月8日、静岡県の浜名湖で切断された男性の遺体が見つかった事件で、遺体は北海道出身の32歳の男性と確認されました。腹に刃物で刺されたような痕があることから、警察は男性が殺害されたとみて捜査しています。


公明 山口代表 生前退位「冷静に見ていく」

公明党の山口代表は会見で「天皇の地位は、憲法上の地位を踏まえて皇室典範などで規定されており、極めて重要なので慎重に考えていくべきものだ。政治の側でコメントすべきことではなく、今後の推移がどうなるのか定かでないので冷静に見ていきたい」と述べました。


熊本地震から3か月 仮設住宅の高齢者は

熊本県益城町では、仮設住宅への入居が始まってから14日で1か月となります。入居した人たちは不安を抱えたまま生活再建を進めています。


「生前退位」のご意向 海外メディア大きく取り上げる

天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることについて、海外でも各国のメディアも大きく取り上げています。


官房長官 生前退位に向けた皇室典範改正考えてない

菅官房長官は午前の記者会見で、天皇陛下が数年内に天皇の位を皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示され、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表す方向で調整が進められていることについて、政府としてコメントは控えるとしたうえで、現段階で生前退位に向けた皇室典範の改正などは考えていないと述べました。


熊本地震から3か月 熊本市災対本部で黙とう

一連の熊本地震で、最初の震度7を観測した地震から14日で3か月です。熊本市災害対策本部の会議では、市長や幹部職員が黙とうを行いました。


鹿児島 霧島で住宅が浸水被害か

鹿児島県霧島市の消防局によりますと、市内を流れる天降川のそばの姫城地区と東郷地区では、住宅地が水につかる被害が出ているということです。大人の腰のあたりまで水につかっている場所もあるということで、警察と消防は、逃げ遅れた住民がいないか確認を進めています。


鹿児島 霧島 河川敷の駐車場で車2台浸水

鹿児島県の霧島市消防局によりますと、14日午前9時半ごろ、霧島市国分の天降川の河川敷にある駐車場で、車2台が天井の近くまで水につかる被害が出たということです。このうち1台には人が乗っていましたが、およそ30分後に救助され、けがはないということです。


熊本地震から3か月 ボランティアが黙とう

一連の熊本地震で、最初の震度7を観測した地震から3か月の14日、熊本市では、復興支援に訪れたボランティアなどが犠牲者に黙とうをささげました。


首相 生前退位「コメントは控えたい」

安倍総理大臣は記者団に対し、天皇陛下が数年内に天皇の位を皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示され、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表す方向で調整が進められていることについて、「事柄の性格上、コメントは差し控えたい」と述べました。


警察庁が偽サイト情報を国際団体に提供

海外のインターネットサーバーを使って開設された、偽のショッピングサイトで利用者が金をだまし取られる被害が相次いでいることを受けて、警察庁は、世界の偽サイトなどの情報を集めて分析している国際的な団体と連携して対策に乗り出すことになりました。


JR芸備線 土砂に乗り上げ車両の一部が脱線 広島

14日午前5時40分ごろ、広島県三次市のJR芸備線で線路脇の土砂が崩れて走行中の列車が乗り上げ、先頭車両の一部が脱線しました。けが人はいないということで、JRは大雨の影響で土砂が崩れたのではないかとみて原因を調べています。


九州南部で局地的に非常に激しい雨 土砂災害に厳重警戒

活発な前線の影響で、九州南部に発達した雨雲がかかり、局地的に非常に激しい雨が降っています。九州ではこれまでの大雨で地盤が緩んでいる地域があり、気象庁は引き続き土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。


鹿児島 姶良 6653人に避難勧告 土砂災害の危険性

鹿児島県姶良市は大雨によって土砂災害の危険性が高まっているとして、午前9時40分、市内の蒲生町全域にあたる3208世帯、6653人に避難勧告を出しました。


鹿児島 姶良 別府川で氾濫危険水位超える

鹿児島県姶良市を流れる別府川は14日午前8時半現在、永瀬橋上流の観測所で川があふれる危険性が非常に高くなる氾濫危険水位を超えています。


鹿児島 姶良 220人に避難勧告 土砂災害の危険性

鹿児島県の姶良市は大雨で土砂災害の危険性が高まっているとして、14日午前7時40分、市内の蒲生町新留地区と蒲生町大山地区の合わせて141世帯、220人に避難勧告を出しました。


日本人の国外退避で派遣 自衛隊輸送機が到着

アフリカの南スーダンで政府軍と反政府勢力の間で激しい戦闘が起きたことを受けて、現地の日本人の国外退避に備えるため派遣された航空自衛隊の輸送機が日本時間の14日朝、アフリカのジブチに到着しました。


東〜西日本の太平洋側で厳しい暑さに 熱中症に注意

東日本と西日本では、太平洋側を中心に各地で晴れて厳しい暑さになる見込みで、気象庁はこまめに水分を取るなど、熱中症に十分注意するよう呼びかけています。


「人は相手のほおで年齢を推測」研究成果を発表

大手化粧品メーカーの関連会社は、人は相手のほおにできるスジなどから年齢を推測しているとみられるという研究成果を発表しました。


「生前退位」のご意向 所名誉教授「重大な問題を提起」

天皇陛下が天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることについて、皇室の歴史や制度に詳しい京都産業大学の所功名誉教授は「全力投球でお仕事をされ、完璧なまでにやり遂げたいという気持ちをお持ちだったので、年齢の経過とともに十分できなくなることを心配されたのだろう。象徴天皇制度が国民のために存続するために最も根本的で重大な問題を提起されたのだと思う」と述べました。


「生前退位」のご意向 政府は慎重に対応検討か

天皇陛下が天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を示され、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表わす方向で調整が進められていることについて、政府はお気持ちを正確に把握したうえで、今後の対応を慎重に検討するものと見られます。


「生前退位」のご意向 国民的な議論につながるか

天皇陛下が数年内に天皇の位を皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示され、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表わす方向で調整が進められていることが分かりました。今後、皇室典範の改正なども含めた国民的な議論につながっていくものとみられます。


熊本 益城町と大津町 氾濫危険水位下回る

熊本県によりますと、一時、川があふれる危険性がある氾濫危険水位を超えていた、益城町の木山川と大津町の白川は、その後、氾濫危険水位を下回りました。これで、熊本県内で氾濫危険水位を超えている河川はなくなりました。


熊本地震から3か月 経済への影響続く

一連の熊本地震では、自動車や半導体の工場を中心に生産停止などの影響が相次ぎ、地震発生から3か月がたった今も、影響が残っています。


熊本地震から3か月 住まいの確保や生活再建に課題

一連の熊本地震で、最初の震度7を観測した地震から14日で3か月です。被災地では仮設住宅への入居が十分に進まず、今もおよそ4700人が避難生活を続けていて、住まいの確保や生活の再建が依然、大きな課題となっています。


熊本 大津町 白川で氾濫危険水位超える

熊本県によりますと、14日午前2時半現在、大津町を流れる白川が町内の観測所で川があふれる危険性が非常に高くなる「氾濫危険水位」を超えています。


熊本 益城町 木山川で氾濫危険水位超える

熊本県によりますと、14日午前2時現在、益城町を流れる木山川は町内の観測所で、川があふれる危険性が非常に高くなる「氾濫危険水位」を超えています。


九州で局地的に非常に激しい雨 土砂災害に厳重警戒

活発な前線の影響で、九州では14日も局地的に非常に激しい雨が降っています。気象庁は、これまでに大雨となっている地域では引き続き土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。


熊本県内の避難指示・勧告まとめ

熊本県内では13日午後9時半現在、南阿蘇村の1994世帯、4765人と、上天草市の159世帯、365人に避難指示が出ています。


「生前退位」のご意向 古川教授「議論深める必要」

天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることについて、近現代史が専門の日本大学の古川隆久教授は「スムーズに皇位継承ができるよう、議論を深めていく必要がある」と話していました。


「生前退位」のご意向 作家の半藤さん「正直驚いた」

天皇陛下が「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることについて、昭和史をテーマに数多くの作品を手がけている作家の半藤一利さんは「生前退位のご意向については正直驚いた。皇室典範はどのようにあるべきなのか考えていく必要がある」などと話しています。


原発事故 製造メーカーに賠償認めない判決

東京電力・福島第一原発の事故を巡り、国内外に住む人たちが原発を製造したメーカー3社に賠償を求めた裁判で、東京地方裁判所は「事故の責任を電力会社に負わせている今の制度は合理的だ」として、メーカーに対する訴えを退ける判決を言い渡しました。


「生前退位」のご意向 海外のメディアも速報

天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることについて、海外のメディアは、NHKの報道を引用して速報で伝えています。


「生前退位」巡る政界の反応

天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることについて政界の反応です。


元暴力団員が声かけ 裁判員裁判の対象から除外

暴力団幹部が殺人未遂の罪に問われた裁判を巡って、元暴力団員が審理に参加した裁判員に声をかけたとして逮捕、起訴されたことを受けて、福岡地方裁判所小倉支部は「裁判員が怖がって参加が困難な状況だ」として、この裁判を裁判員裁判の対象から除外することを決めました。


南スーダンで足止めの日本人 ケニアに出発

政府軍と反政府勢力の間で情勢が緊迫しているアフリカの南スーダンに滞在している日本人のうち、足止めになっていた少なくとも44人が、日本時間の13日午後8時前、チャーター機で隣国ケニアに向けて出発したことが確認されました。


警察官に暴行の副操縦士 断酒とうその申告

先月、金沢市で酒に酔って警察官を殴ったとして逮捕され、罰金の略式命令を受けた日本航空の副操縦士が、航空法に基づく身体検査の際に「酒を断っている」と、うその申告をしていたことが社内調査で分かり、国土交通省は13日、日本航空を厳重注意としました。


News Up 水道で異変を検知 広がる見守りサービス

1人暮らしのお年寄りが増えるなか、孤独死や思わぬ犯罪に巻き込まれるケースがあとを絶ちません。ネット上には、東京・目黒区で88歳の女性の遺体が公園に遺棄された事件などを受けて、「こんな事件が起こると1人暮らしの方が心配。でも、町内のほとんどが1人暮らしのお年寄り」、「独居老人が多いのでご近所の声かけは必要」といった声も上がっています。こうしたなか、生活に欠かせない水道やガス、そして街なかの防犯カメラなどを活用して、1人暮らしのお年寄りなどの安全を見守ろうという自治体のサービスが広がっています。


熊本県 氾濫危険水位超えた河川なくなる

熊本県によりますと、氷川は氷川町立神と島地の2つの観測地点で「氾濫危険水位」を超えていましたが、その後、水位が下がり、「氾濫危険水位」を下回りました。これで熊本県内の川で「氾濫危険水位」を超えている河川はなくなりました。


「生前退位」意向示されたのは5年ほど前 【解説】

天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることが分かりました。担当記者が解説します。


宮内庁 これまで退位制度設けないと説明

「生前退位」について、宮内庁は、これまで、制度を設ける考えはないとしてきました。


天皇陛下 象徴の務め果たせるものが天皇位にあるべき

関係者によりますと、天皇陛下が「生前退位」の意向を示されたのは、今から5年ほど前だということです。以来、天皇陛下は、「象徴としての務めを果たせるものが天皇の位にあるべきで、十分に務めが果たせなくなれば譲位すべきだ」という考えを一貫して示されてきたということです。


福岡 香春町 避難勧告を解除

福岡県香春町は町内の一部の254世帯540人に出していた避難勧告を解除しました。これで福岡県内に出されていた避難勧告はすべて解除されました。


がん新治療薬 適応外投与で副作用 死亡例も

体の免疫力を高めることで、がん細胞を破壊する新しいタイプのがん治療薬「オプジーボ」を、安全性や有効性が確認されていない大腸がんなどの患者に投与し、全身の筋力が低下する重症筋無力症などの重い副作用を起こすケースが複数起きていたことが分かり、全国のがんの専門医でつくる日本臨床腫瘍学会は緊急の声明を出して注意を呼びかけることになりました。また「オプジーボ」を別のがんの治療と合わせて行った60代の男性患者が死亡したことも分かり、製造販売元の製薬企業も、抗がん剤などとの併用を原則として行わないよう社員が医療機関を訪れ、直接説明を行うことを決めました。


福岡 久留米市 避難勧告を解除

福岡県久留米市は午後6時半に市内の一部の5761世帯1万3481人に出していた避難勧告を解除しました。


九州で非常に激しい雨 土砂災害など厳重警戒

活発な前線の影響で、九州では発達した雨雲が次々とかかり大雨となっていて、熊本県では、1時間に70ミリを超える非常に激しい雨を観測した地域があります。気象庁は、引き続き土砂災害や川の氾濫などに厳重に警戒するよう呼びかけています。


天皇陛下 「生前退位」の意向示される

天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されていることが分かりました。数年内の譲位を望まれているということで、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表わす方向で調整が進められています。


大飯原発の地震の揺れ想定 見直さず

福井県にある大飯原子力発電所で想定される地震の揺れについて過小評価のおそれがあると指摘された問題で、原子力規制委員会は別の手法で再計算した結果が今の想定を下回ったとして、見直す必要はないという結論で一致しました。


イノシシが体当たり 小学生など3人けが 長野

長野市内の住宅街にイノシシが現れ、付近を走り回って通学途中の小学生など合わせて3人に次々と体当たりをして、3人は軽いけがをしました。警察は逃げたイノシシを探すとともに、注意を呼びかけています。


熊本 白川・水無川が氾濫危険水位に

熊本県では大雨で川の水位が上昇していて、白川が大津町陣内の観測地点で、川があふれる危険性が非常に高くなる「氾濫危険水位」を超えているほか、水無川が八代市古麓町の観測地点で「氾濫危険水位」に達しています。


災害食 初のグランプリは?

地震や水害などの災害に備えて食料の備蓄が求められる中、避難先などで食べる災害食のおいしさを競う催しが初めて開かれ、塩分控えめで健康に配慮した煮物などがグランプリを獲得しました。


日本の人口 7年連続減少 減少幅は最大に

総務省がことし1月1日現在の住民基本台帳を基にまとめた国内の日本人の人口は1億2589万人余りで、7年連続で減少し、減少幅は27万人余りと調査開始以降最も大きくなっています。


福岡 那珂川町 避難勧告を解除

福岡県那珂川町は午後4時すぎ、町内の全域の1311世帯3368人に出していた避難勧告を解除しました。


被団協が核兵器廃絶署名本格化へ

日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会は、核兵器禁止条約の実現を呼びかける署名活動を本格化させるため、13日、連絡会を立ち上げ、1億人規模の署名を集めていくことを確認しました。


車の希望ナンバー制がピンチ 英字も導入し対応へ

自動車のナンバープレートの数字を自由に選べる「希望ナンバー制」で、「1」や「8」など人気の高い数字を使ったナンバーが、来年度中にも取得できなくなる見通しになっていることが分かりました。国土交通省は、アルファベットも使用できるようにして対応することにしています。


福島第一 廃炉計画で初めて「石棺」に言及

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向け、国の専門機関は、事故で溶け落ちた核燃料を取り出すことがあくまで大前提としたうえで、核燃料を建屋内で閉じ込める「石棺(せっかん)」と呼ばれる方法に初めて触れ、この方法に選択の余地を残した技術的な計画を示しました。


無許可で「民泊」 運営会社の社長ら書類送検

観光客が多く訪れる東京・浅草に近いビルで、許可を受けずに「民泊」を運営し外国人を宿泊させていたとして、運営会社の社長ら6人が書類送検されました。


熊本 菊陽町に避難勧告

熊本県菊陽町は大雨を受けて、午後3時に戸次地区の13世帯41人に避難勧告を出しました。


福岡 宗像市の避難勧告解除

福岡県の宗像市は午後1時半、市内の4013世帯9336人に出していた避難勧告を解除しました。


福岡 糸島市の避難勧告解除

福岡県糸島市は午後2時15分、市内の3143世帯8742人に出していた避難勧告を解除しました。


熊本 阿蘇市 山沿いの5000人余に避難勧告

熊本県阿蘇市は大雨を受けて午後2時45分に山沿いの2163世帯5326人に避難勧告を出しました。阿蘇市は市内9か所に避難所を開設して早めの避難を呼びかけています。


長崎 佐世保市の住宅街で土砂崩れ

長崎県の佐世保市消防局によりますと、大雨の影響で午後0時20分ごろ、佐世保市鵜渡越町の住宅街で道路沿いの斜面が幅20メートル高さ50メートルほどに渡って崩れ、土砂が道路に流れ込みました。斜面の下にある駐車場に止まっていた車1台が土砂で押し流されたほか、別の車1台が土砂や木などに埋まりました。消防によりますと当時、車の中に人はおらずけが人などはいませんでした。この地区の公民館長の石原繁嗣さんは「道路のすぐ下に住宅が多くあるのでゾッとします。2年前にも小さな土砂崩れがあったのでいつか崩れると思っていました。これ以上災害が起こらないようにしっかりと対策してほしい」と話していました。


熊本 上天草市 避難指示と避難勧告

熊本県上天草市は午後2時20分山沿いの大矢野町岩谷地区の159世帯365人に避難指示を出しました。また、大矢野町岩谷地区を除く市内全域の9832世帯、2万1709人に避難勧告を出しました。


金の投資で5億円詐取か 大阪の会社社長ら逮捕

実態のない金への投資話をもちかけて、兵庫県の高齢者などから現金をだまし取ったとして、大阪の会社社長らが逮捕され、警察は、この会社が関西を中心におよそ260人から合わせて5億円余りを集めていたとみて調べています。調べに対し、社長は容疑を否認しているということです。


九州など非常に激しい雨のおそれ 引き続き厳重警戒

活発な前線の影響で、九州北部を中心に断続的に非常に激しい雨が降っています。前線がゆっくりと南下するため九州北部ではこのあと数時間、九州南部では13日夜にかけて、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は、引き続き土砂災害や川の氾濫などに厳重に警戒するよう呼びかけています。


福岡 苅田町の避難勧告解除

福岡県苅田町は午後2時、2139世帯4824人に出していた避難勧告を解除しました。町では町内の6つの地区の348世帯780人に対して避難準備情報を出していて、早めに安全な場所に避難するよう呼びかけています。


福岡 庄内川 氾濫危険水位を下回る

福岡県によりますと、遠賀川水系の庄内川は飯塚市勢田の観測所で一時、川の水があふれる危険性が非常に高くなる「氾濫危険水位」を超えましたが、午後0時半、川の水は氾濫危険水位を下回りました。


カツの横流し 遅くともおととし2月以降か

廃棄されるはずだったカレーチェーン店のビーフカツを横流ししたとして、愛知県の廃棄物処理業者の会長らが逮捕された事件で、カツの横流しが、遅くともおととしの2月ごろから始まっていた疑いのあることが警察への取材で分かりました。


出産に悩む女性の電話相談始まる

経済的な事情などで出産をためらっている女性の悩みに電話で相談に応じる「妊娠SOSほっとライン」が13日から始まり、全国から相談を受け付けています。


熊本県 避難指示と勧告 午後0時半時現在

大雨のため、熊本県内では、南阿蘇村の1900世帯余りに避難指示が、熊本市など14の市町村の6万6000世帯余りに避難勧告が出ています。


善光寺貫主の罷免申し立て 傘下寺院の団体

長野市にある善光寺大勧進の82歳の住職が寺の女性職員にセクハラ行為などをしたとして辞任を求められている問題で、善光寺傘下の天台宗の寺の住職で作る団体が「信徒の信頼を失うものだ」として、住職の罷免を求める申し立てを行ったことを明らかにしました。


看護師など100人の給与不払いの疑い 病院を捜索 大阪

大阪・大正区の病院が、看護師や事務員などおよそ100人に合わせて2000万円余りの給与を支払わなかったとして、大阪労働局は最低賃金法違反などの疑いで、13日朝からこの病院の捜索しました。病院では職員の解雇が相次ぐなどしていて、労働局が運営の実態を調べることにしています。


熊本 八代市 約2万5000人に避難勧告

熊本県の八代市は午後0時20分、山沿いなどの1万751世帯、2万4997人に避難勧告を出しました。八代市は市内30か所に避難所を設け、早めの避難を呼びかけています。


路上で無理やりキスの疑い 「ほかに10件くらい」

ことし3月、東京・杉並区の路上で、帰宅途中の20代の女性を押し倒し、無理やりキスをしたとして、27歳の元会社員が強制わいせつの疑いで警視庁に逮捕されました。元会社員は、「数年前から10件くらいやった」と供述しているということで、警視庁がさらに調べを進めています。


バレンタインデーに呼びかけ集団暴走 少年8人逮捕

「彼女いない人、集合」とことし2月のバレンタインデーに呼びかけて人を集め、都内から埼玉県内にかけて信号無視を繰り返すなどバイクで集団暴走したとして、埼玉県内の少年8人が警視庁に逮捕されました。調べに対し8人は「都内で暴走しても埼玉まで逃げれば捕まらないと思った」などと供述しているということです。


福岡 久留米市の1万3000人余りに避難勧告

福岡県久留米市は午前11時15分、崖や急な斜面の近くに住む5761世帯、13481人に避難勧告を出しました。久留米市は、市内の11か所に避難所を設置して早めの避難を呼びかけています。


山口県内の避難勧告 すべて解除

山口県下関市は、市内を流れる友田川の流域の1154世帯3233人に出していた避難勧告を正午に解除しました。また、山口県周南市も市内を流れる夜市川の流域の698世帯1692人に出していた避難勧告を正午に解除しました。またこれに先立ち、山口市は、嘉川地域の干見折地区、それに南若川流域の4つの地区の合わせて275世帯595人に出していた避難勧告を、午前11時35分に解除しました。また、山口県山陽小野田市も小野田地区、須恵地区、赤崎地区、本山地区の4498世帯9987人に出していた避難勧告を、午前11時45分に解除しました。これで山口県内の4つの市に出されていた避難勧告はすべて解除されました。


児童虐待取り組み強化へ 全国の担当検事が初会議

増え続ける児童虐待への取り組みを強化するため、全国の担当検事を集めた初めての会議が開かれ「警察や児童相談所などの関係機関と連携し、的確な捜査や再犯防止に努めてほしい」という法務大臣の訓示が読み上げられました。


高浜原発の延長差し止め裁判始まる 名古屋

運転開始から40年以上が経過した福井県にある関西電力高浜原子力発電所1、2号機について、愛知県や福井県などの住民が、原子力規制委員会に運転の延長を認めないよう訴えた裁判が名古屋地方裁判所で始まり、規制委員会側は、訴えを退けるよう求めました。


逮捕の大学院生 賭けマージャンなどで元投手と関係深めたか

プロ野球巨人の元投手らが関与した野球賭博事件で、12日逮捕された名古屋市の2人の大学院生は、元投手と賭けマージャンをしたり違法なバカラ賭博に一緒に出入りしたりして関係を深めていったとみられることが関係者への取材で分かりました。


北九州市門司区 住宅のガラス割れ1人けが

北九州市によりますと、13日午前8時すぎ、北九州市門司区庄司町で、住宅の裏の石垣が崩れて住宅に押し寄せ、窓ガラスが割れたということです。この際、50代の女性が、手をガラスで切る軽いけがをしたということです。


福岡 糸島市 8700人余に避難勧告

福岡県糸島市は、大雨による土砂災害の危険性が高まっているとして、午前10時、一部の地域の3143世帯8742人に避難勧告を出しました。


福岡 香春町の一部に避難勧告

福岡県香春町は、大雨による土砂災害の危険性が高まっているとして、午前9時20分、山沿いの山下区と新町区の合わせて254世帯540人に避難勧告を出しました。


福岡 那珂川町の一部に避難勧告

福岡県那珂川町は、大雨で土砂災害の危険性が非常に高まっているとして、午前9時に町内の山沿いや崖の近くの1211世帯、3368人に避難勧告を出しました。町は4か所に避難所を設けて、避難するよう呼びかけています。


九州など 猛烈な雨のおそれ 土砂災害に厳重警戒

活発な前線の影響で、九州北部と山口県で断続的に非常に激しい雨が降っています。前線が次第に南下するため、13日は西日本を中心に非常に激しい雨が降り、特に九州北部では、このあと数時間は局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあり、気象庁は土砂災害や川の氾濫などに厳重に警戒するよう呼びかけています。


福岡 苅田町の一部に避難勧告

福岡県苅田町は、午前9時15分に崖近くや急斜面など土砂災害の危険がある地域の、2139世帯、4824人に避難勧告を出しました。苅田町は町内の公民館など5か所に避難所を設けて早めの避難を呼びかけています。


山口 周南市の一部に避難勧告

山口県周南市は市内を流れる夜市川が洪水が起きる危険性が非常に高くなる「氾濫危険水位」に達したため、午前8時45分、流域の698世帯、1692人に避難勧告を出しました。


山口 7河川で氾濫危険水位を超える

山口県によりますと、大雨のため、山口県内では、午前9時現在、下関市を流れる友田川と粟野川、木屋川、山口市を流れる南若川、周南市を流れる夜市川、防府市を流れる柳川、それに下松市を流れる切戸川の合わせて7つの河川が、川の水があふれる危険性が非常に高くなる氾濫危険水位を超えています。


福岡 庄内川が氾濫危険水位を超える

福岡県によりますと、飯塚市勢田にある観測所で庄内川が午前8時50分、川の水があふれる危険性が非常に高くなる氾濫危険水位を超えました。


熊本県 避難指示と勧告 午前9時現在

大雨のため、熊本県内では、南阿蘇村の1900世帯余りに避難指示が、熊本市など13の市町村の5万5000世帯余りに避難勧告が出されています。


熊本 嘉島町の一部に避難勧告

熊本県嘉島町は、土砂災害警戒情報の発表を受けて午前8時20分、下六嘉地区など4つの地区の合わせて842世帯、2271人に避難勧告を出しました。


長崎 壱岐市の一部に避難勧告

長崎県壱岐市は、土砂災害のおそれが高まっているとして、午前8時前、勝本町全域の2456世帯、5687人と、郷ノ浦町沼津地区の413世帯、965人に避難勧告を出しました。


山口市で土砂崩れ けが人はなし

山口市によりますと、13日午前6時ごろ、山口市嘉川の干見折地区で、住宅の裏山が幅20メートル、高さ3メートルにわたって崩れ、住宅の敷地に流れ込みました。住民は避難していて、けがをした人はいないということです。


山口 6河川で氾濫危険水位を超える

山口県によりますと、大雨の影響で、午前8時現在、下関市を流れる友田川と、山口市を流れる南若川、周南市を流れる夜市川、防府市を流れる柳川、下松市を流れる平田川と切戸川の6つの河川が、住民の避難の判断基準となる氾濫危険水位を超えています。


熊本県 避難指示と勧告 午前8時現在

大雨のため、熊本県内では、避難指示が南阿蘇村の1900世帯余りに、避難勧告が熊本市など12の市町村の合わせておよそ5万5000世帯に出されています。


熊本 益城町の一部に避難勧告

熊本県益城町は今後の大雨で被害が出るおそれがあるとして、午前8時に、山沿いや川沿いの地域の3814世帯、9971人に新たに避難勧告を出しました。


山口市の232世帯に避難勧告

山口市は、市内を流れる南若川の水が「氾濫危険水位」に達したため、午前7時50分、流域の大村地区と上辻地区、四辻地区、それに今宿西地区の合わせて232世帯、502人に避難勧告を出しました。


遺族会代表「手術ミスか早急に説明を」

群馬大学附属病院で肝臓などの手術を受けたあと退院できないまま死亡するなどした患者50人のうち、少なくとも13人に治療上の問題が見つかり、死亡の原因となった可能性があるとする内容の報告書を日本外科学会がまとめました。遺族会の代表は「手術ミスだったのではないかという疑念を深めている。大学は、何が起きていたのか早急に説明してほしい」と話していて今後、病院側に直接の説明や謝罪を求めていくことにしています。


長崎 対馬市の避難勧告解除

長崎県対馬市は、大雨で土砂災害のおそれが高まっているとして、久和地区の58世帯109人に出していた避難勧告を、午前7時半に解除しました。


福岡 宗像市の一部に避難勧告

福岡県宗像市は、土砂災害のおそれが高まっているとして、午前7時、山沿いの地区などの4013世帯、9336人に避難勧告を出しました。


山口市の43世帯に避難勧告

山口市は、土砂災害の危険性が高まっているとして、午前6時半、嘉川干見折地区の43世帯、89人に避難勧告を出しました。


山口 山陽小野田市の一部に避難勧告

山口県山陽小野田市は、土砂災害の危険性が高まっているとして、午前6時に、小野田地区と須恵地区、赤崎地区、それに本山地区の合わせて4498世帯、9987人に避難勧告を出しました。


山口 下関市 住宅16棟で床下浸水

消防によりますと、山口県下関市新地西町で16棟の住宅の床下が水につかる被害が出ているということです。


女性の遺体に深い刺し傷 強い殺意か

茨城県龍ケ崎市の川に多数の刺し傷がある女性の遺体を遺棄したとして、高校生が逮捕された事件から13日で1週間になります。これまでの調べで、女性の傷は深いもので肺にまで達していたことが分かり、警察は強い殺意があったとみて事件の動機などを調べています。


熊本県 避難指示と勧告 午前6時現在

熊本県内では、南阿蘇村の1900世帯余りに避難指示が、熊本市など11の市町村のおよそ5万1000世帯に避難勧告が出されています。


熊本 西原村の一部に避難勧告

熊本県西原村は大雨で土砂災害の危険性が高まっているとして、午前5時、山あいや急な傾斜地などの1134世帯、3167人に新たに避難勧告を出しました。


バングラデシュ襲撃 生存者が現場の状況説明

バングラデシュで武装グループが飲食店を襲撃して日本人7人が死亡した事件で、警察は、けがをして救出された男性からこれまでに複数回、現場の状況などについて説明を受けていたことが警察への取材で分かりました。警察は、今後、男性の回復の状況をみながら本格的な聴き取りを行うことにしています。


廃棄カツ不正転売 壱番屋から約30万円受領

廃棄処分されるはずだったカレーチェーン店のビーフカツを不正に転売したなどとして愛知県の処理業者の会長らが逮捕された事件で、処理業者の会長がカレーチェーン店側から処分の費用として30万円近くを受け取っていたことが警察への取材で分かりました。警察はこの費用をだまし取った疑いがあるとみて捜査しています。


山口 3河川で氾濫危険水位を超える

山口県によりますと、大雨の影響で午前6時現在、下関市を流れる友田川と、山口市を流れる南若川、周南市を流れる夜市川の3つの河川が、住民の避難の判断基準となる「氾濫危険水位」を超えています。


熊本 宇土市の一部に避難勧告

熊本県宇土市は、土砂災害警戒情報の発表を受けて、午前4時半に、花園地区など5つの地区の8813世帯、2万2674人に避難勧告を出しました。宇土市は市内の5か所に避難所を設け、早めの避難を呼びかけています。


気象台 長崎 対馬市「50年に1度の大雨」

長崎地方気象台は、長崎県対馬市で、13日午前4時までの48時間の雨量が300ミリを超えたことから、午前4時20分に、「対馬市では、50年に1度の記録的な大雨になっているところがある」と発表しました。気象台は災害の危険性が高くなっているとして、土砂災害などに厳重な警戒を呼びかけています。


熊本県 避難指示と勧告 午前4時現在

熊本県内では大雨で土砂災害の危険性が高まっているとして、南阿蘇村の1900世帯余りに避難指示が、また、熊本市など9つの市と町の4万1000世帯余りに避難勧告が出されています。


子宮頸がんワクチン問題 27日に集団提訴へ

子宮頸がんワクチンを接種したあと原因不明の体の痛みなどを訴える人が相次いだ問題で患者らの弁護団が会見し、今月27日に東京や大阪など全国4か所で国と製薬会社に対し集団訴訟を起こす方針を明らかにしました。


熊本 南阿蘇村に避難指示と避難勧告

熊本県南阿蘇村は、大雨のため土砂災害の危険性が高まっているとして、午前3時に中松や一関などの地区の合わせて1994世帯、4765人に避難指示を、このほかの2693世帯、6606人に避難勧告を出しました。南阿蘇村は村内7か所に避難所を設け、早めの避難を呼びかけています。


山口 下関市の一部に避難勧告

山口県下関市は、市内を流れる友田川が「氾濫危険水位」に達したため、午前3時10分、流域の1154世帯、3233人に避難勧告を出しました。


熊本 菊池市の一部に避難勧告

熊本県菊池市は、土砂災害警戒情報が出されたのを受けて、午前2時15分、市内の崖の近くや急な斜面など土砂災害の危険性が高い地域の、およそ700世帯、2000人に避難勧告を出しました。菊池市は市内4か所に避難所を設け、早めの避難を呼びかけています。


長崎 対馬市の一部に避難勧告

長崎県の対馬市は、土砂災害のおそれが高まっているとして、午前0時50分、久和地区の58世帯、109人に避難勧告を出しました。


九州北部 きょう猛烈な大雨のおそれ 厳重警戒を

活発な前線の影響で、西日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、九州では局地的に非常に激しい雨が降っています。特に九州北部では13日は局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降って大雨となるおそれがあり、気象庁は土砂災害に厳重に警戒するとともに、川の増水や低い土地の浸水に警戒するよう呼びかけています。


岐阜 国天然記念物の岩などに金具さらに21本

岐阜県にある国の天然記念物の巨大な岩に、ロッククライミングで使う金具2本が打ち込まれていた問題で、地元の町が調査した結果、さらに21本の金具が見つかりました。


靖国神社に火薬入りパイプ 韓国人被告に求刑

東京の靖国神社に火薬を詰めたパイプを持ち込み、トイレで燃やした罪などに問われている韓国人の被告の裁判が開かれ、検察は「極めて悪質なテロ行為だ」として懲役5年を求刑しました。一方、弁護側は「政治的なテロとは違う」として執行猶予を付けるよう求めました。


JR常磐線 運転再開

JR常磐線は、柏駅の構内で起きた人身事故の影響で、快速電車が品川と取手の間、各駅停車が、綾瀬と我孫子の間のいずれも上下線で運転を見合わせていましたが、午後9時16分ごろ、運転を再開しました。


自動車学校の裁判 慰霊碑の建立で和解成立

東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県山元町の自動車学校に勤めていた従業員の遺族が学校側に賠償を求めた裁判は、学校側が跡地に慰霊碑を建て遺族に陳謝することなどを条件に和解が成立しました。


福島第一原発の裁判 遺族の審理参加を認める

福島第一原子力発電所の事故を巡って強制的に起訴された東京電力の旧経営陣の裁判で、避難中に亡くなった人の遺族が被害者参加制度を利用して審理に参加することを、裁判所が認めたことが、関係者への取材で分かりました。


JR常磐線 運転見合わせ

JR常磐線は、柏駅の構内で起きた人身事故の影響で、快速電車が品川と取手の間、各駅停車が、綾瀬と我孫子の間のいずれも上下線で、午後8時26分ごろから運転を見合わせています。


福島 南相馬 再出発喜ぶ人も すぐに戻れない人も

東京電力福島第一原発の事故で福島県南相馬市に出されている避難指示の大部分が、12日午前0時に解除されました。対象の住民はおよそ1万800人と、これまで解除された自治体の中で最大です。原発事故から5年4か月を経て、12日、南相馬市では再スタートを喜ぶ住民の姿があった一方、すぐには自宅に戻れない住民もいました。


群馬大附属病院 手術後死亡の13人に治療上の問題

群馬大学附属病院で、肝臓やすい臓の手術を受けたあと、退院できないまま死亡するなどした患者50人を調べたところ、少なくとも13人に治療上の問題が見つかり、死亡原因になった可能性があるとする内容の報告書を、日本外科学会がまとめました。専門家は「医療過誤ではないのか、病院は詳しく調べて遺族にきちんと説明する責任がある」と話しています。


診療報酬詐取でタレント女医に有罪判決 東京地裁

タレントとしても活動していた東京の医師が、診療報酬をだまし取ったとして詐欺の罪に問われた裁判で、東京地方裁判所は「医師の知識を生かして犯行の中心的な役割を果たしていた」として、執行猶予の付いた懲役3年の判決を言い渡しました。


善光寺大勧進の住職 セクハラ問題を否定 辞任せず

長野市にある善光寺大勧進の82歳の住職が、寺の女性職員にセクハラ行為などをしたとして辞任を求められている問題で、12日、住職が記者会見し、「女性職員とは面識もなく、話したこともない」などと述べ、辞任には応じない考えを示しました。


熊本 山都町 全域の約1万6000人に避難勧告

熊本県山都町は、今後の大雨で土砂災害のおそれがあるとして、午後6時、町内全域の6650世帯1万5974人に避難勧告を出しました。町は、千寿苑、清和支所、蘇陽支所の3か所に避難所を開設し、早めの避難を呼びかけています。


野球賭博 大学院生管理の口座に賭け金 胴元役か

プロ野球巨人の元投手らが関与した野球賭博事件で、逮捕された名古屋市の2人の大学院生が管理する口座に、賭け金が振り込まれていたということで、警視庁は、元投手らからの賭けを引き受ける胴元役だったとみて調べています。調べに対し、1人は容疑を否認しているということです。


「忘れられる権利」認めた地裁判断 高裁が取り消し

過去に罰金刑を受けた男性が、当時の記事をグーグルに表示させないよう求めたことについて、東京高等裁判所は削除を命じた地裁の決定を取り消し、男性の申し立てを退けました。地裁の決定は過去の出来事を知られたくない「忘れられる権利」を初めて認めたものとして注目されていましたが、高裁で判断が覆されました。


廃棄のカツ転売事件 処理業者「金もうけのため」

廃棄処分されるはずだったカレーチェーン店のビーフカツを食品として転売していたなどとして、愛知県の廃棄物処理業者の会長ら3人が食品衛生法違反などの疑いで逮捕された事件で、処理業者の会長が逮捕前の調べに対し「金もうけのためだった」と説明していたことが警察への取材で分かり、警察は詳しいいきさつを調べています。


九州北部 あす猛烈な雨のおそれ 厳重警戒を

前線の活動が活発になるため、九州を中心にこれから13日にかけて雨が強まり、特に九州北部では13日の未明以降、局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降り、大雨となるおそれがあります。気象庁は、土砂災害に厳重に警戒するとともに、川の増水や低い土地の浸水に警戒するよう呼びかけています。


認可外保育施設で女児死亡 東京都が改善勧告

ことし3月、東京・大田区にある認可外の保育施設で寝ていた生後6か月の女の子が職員が部屋を離れた際に具合が悪くなり、その後、死亡する事故があり、東京都は、保育士が1人で勤務している時間があるなど、都の基準を満たしていない運営が行われていたとして、施設に対し改善勧告をしました。


JR京浜東北線 運転を再開

JR京浜東北線は、人身事故の影響で大宮駅と大船駅の間の全線で運転を見合わせていましたが、午後5時17分に運転を再開しました。


JR京浜東北線 人身事故で運転見合わせ

JR京浜東北線は、午後4時すぎに御徒町駅で起きた人身事故の影響で、大宮駅と大船駅の間の全線で運転を見合わせています。


高浜原発3・4号機 再び運転認めず 大津地裁

福井県にある高浜原子力発電所の3号機と4号機について、大津地方裁判所は「関西電力の説明では、原発の新規制基準が致命的な事故を避けるための対策として十分とは言えず、新規制基準で許可を受けたこと自体で安全性が確保されたとみることはできない」として、ことし3月に運転停止を命じた仮処分の決定に続いて、再び運転を認めない判断をしました。これにより高浜原発3・4号機は再稼働できない状態が続くことになります。


震災の教訓をシンガポールで講演 陸前高田市長

世界の各都市の市長らが都市が抱える課題について議論する国際会議がシンガポールで開かれ、岩手県陸前高田市の戸羽市長が、東日本大震災の教訓を生かした災害に強いまちづくりについて講演しました。


女子大学生が世界7大陸最高峰制覇 日本人最年少記録

東京の女子大学生が、19歳で北アメリカ大陸最高峰、デナリの登頂に成功し、世界7大陸の最高峰をすべて制覇する日本人の最年少記録を塗り替えました。


温室効果ガス削減 官公庁などの電力契約先見直しへ

ことし4月に始まった家庭向けの電力小売り自由化を受けて、環境省は、官公庁の施設の電力の契約先を見直すことで、温室効果ガスの排出を減らす取り組みを進めることになり、12日にその基本方針を作るための委員会の初会合が開かれました。


占いの会社の情報不正入手し他社に提供疑いで逮捕

東京のシステム開発会社の役員が、取引先の占いを行う会社の売り上げに関する情報を不正に入手し、同業他社に勝手に渡していたとして逮捕されました。警視庁は、占いを利用していた顧客の個人情報も流出していた疑いがあるとみて調べています。


野球賭博事件 大学院生2人を逮捕 1人は否認

プロ野球、巨人の元投手らが関与した野球賭博事件で、警視庁は、元投手らに野球賭博をさせていたとして、いずれも名古屋市の大学院生2人を逮捕しました。調べに対し、1人は容疑を否認しているということでです。


避難指示が大部分解除で復興への誓い 福島・南相馬

東京電力福島第一原発の事故で出されていた避難指示の大部分が解除された福島県南相馬市で、市や国の担当者が復興への誓いを述べる行事が行われ、桜井勝延市長が「きょうをスタートの日として皆さんと心を一つにして、全力で復興に取り組みます」と決意を述べました。


熱中症で搬送 先週は4659人 去年同期比3倍以上

全国で、先週1週間に熱中症で病院に運ばれた人は、去年の同じ時期の3倍以上に当たる4659人に上ったことが、総務省消防庁のまとめで分かりました。およそ60%が65歳以上で、総務省消防庁は「特に高齢者の方は暑さを感じにくく、室内でも熱中症になることはあるので十分に注意してほしい」としています。


東・西日本中心に真夏日に 熱中症に十分注意

12日も東日本と西日本を中心に気温が上がり、午前中から各地で30度以上の真夏日になっています。気象庁は、こまめに水分をとるなど、熱中症に十分注意するよう呼びかけています。


九州北部中心に大雨のおそれ 土砂災害など警戒を

活発な前線の影響で九州北部で12日朝から断続的に激しい雨が降っています。九州北部を中心にこれから13日にかけて局地的に非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあり、気象庁は、土砂災害や川の増水と氾濫、それに低い土地の浸水に警戒するよう呼びかけています。


冷凍カツ転売 産廃処理業者の会長らを逮捕

廃棄処分されるはずだった、カレーチェーン店のビーフカツが不正に転売されていた事件で、警察は、処分を委託された愛知県の業者の会長など3人が、食品を販売する許可がないのに3万枚以上のカツを卸売業者に転売していたなどとして、食品衛生法違反などの疑いで逮捕しました。


空き部屋で不正に商品受け取りか 中国人留学生逮捕

他人のクレジットカードの情報で購入した高級腕時計を都内や千葉県内の空き部屋に配達させ、不正に受け取っていたなどとして中国人留学生が警視庁に逮捕されました。警視庁は、不正が発覚しないよう少なくとも20か所近くの空き部屋を勝手に使っていたとみて調べています。


福島 南相馬 JR常磐線不通区間の一部で運転再開

東京電力福島第一原発の事故による避難指示の大部分が解除された福島県南相馬市を走るJR常磐線は、不通区間の一部で12日朝、5年4か月ぶりに運転を再開しました。


熊本 人吉市の133世帯に避難勧告

熊本県人吉市は土砂災害のおそれがあるして午前8時40分に、山沿いや川沿いの地区などの133世帯296人に避難勧告を出しました。人吉市は、東間コミュニティセンターと田野活性化センターに避難所を設け、早めの避難を呼びかけています。


九州北部中心に大雨のおそれ 土砂災害などに警戒を

活発な前線の影響で九州北部で断続的に激しい雨が降っています。九州北部を中心にこれから13日にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあり、気象庁は、土砂災害や川の増水と氾濫、それに低い土地の浸水に警戒するよう呼びかけています。


福島 南相馬の避難指示 大部分が解除

東京電力福島第一原発の事故で福島県南相馬市に出されている避難指示の大部分が12日午前0時に解除されました。原発事故に伴う避難指示の解除は5例目で、対象の住民は1万人を超え、これまで解除された自治体の中で最大です。


池に遺体遺棄 男はバッグ準備のため一度マンション出たか

東京・目黒区の公園の池で88歳の女性が切断された遺体で見つかった事件で、死体遺棄の疑いで逮捕された男が一度、女性のマンションを出たあと、遺棄に使われたとみられるスポーツバッグを購入したと供述していることが警視庁への取材で分かりました。警視庁は、バッグを準備するために、一度、マンションを出た可能性があるとみて、調べています。


冷凍カツ転売 業者の会長や責任者ら逮捕へ

廃棄処分されるはずだったカレーチェーン店のビーフカツが不正に転売されていた事件で、警察は処分を委託された愛知県の業者などが食品を販売する許可がないのに3万枚以上のカツを転売しスーパーなどに卸していた疑いがあるとして、12日にも食品衛生法違反などの疑いで逮捕する方針です。


東武東上線 運転再開

東武東上線は人身事故の影響で、11日午後11時すぎから池袋駅と川越市駅の間で上下線とも運転を見合わせていましたが、午前1時5分に全線で運転を再開しました。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧