株式投資情報 2016年9月11日 (日曜日)

カナモトの第3四半期は増収ながら減益

■減益の要因は、レンタル資産の投資増強により減価償却費の増加によるもの 建機レンタルで業界トップのカナモト<9678>(東1)の第3四半期は、増収ながら減益となった。 建機レンタルの需要は、東北の復興、東京オリンピック関連の工事など底堅いものがあるが、レンタル資産の投資増強による減価償却費の増加により減益となった。 第3四半期連結業績は、売上高1034億22百万円(前年同期比4.5%増)、営業利益105億76百万円(同15.4%減)、経常利益100億49百万円(同19.9%減..


綿半ホールディングスの8月全店売上高は前年同月比8.6%増加

■全店売上高は15年4月から17ヵ月連続の増加 綿半ホールディングス<3199>(東1)は9日、8月の月次売上状況(スーパーセンター事業16年8月度の速報値)を発表し、全店売上高は前年同月比108.6%、既存店は94.5%だった。 既存店は、月前半に土曜日が1日少なく、特にお盆の日並びが悪かったことが影響し、生鮮部門 が落ち込んだ。中旬以降は、EDLP(エブリデ−・ロー・プライス) 戦略の効果もあり、飲料などを中心に回復基調となったものの、月前半の落ち込みをカバーできなかった..


アイリッジの16年7月期は主力のpopinfo利用ユーザー数が拡大し、大幅増収増益

■今期も収益拡大基調に アイリッジ<3917>(東マ)は9日、16年7月期累計業績を上方修正し、発表した。 売上高は前回予想(3月1日公表)に対して1億16百万円上回る12億30百万円(前期比65.2%増)、営業利益は16百万円上回る1億36百万円(同27.2%増)、経常利益は17百万円上回る1億37百万円(同27.2%増)、純利益は12百万円上回る92百万円(同27.4%増)を達成した。 popinfoを搭載したスマートフォンアプリの利用ユーザー数は、16年7月に4500万..


【9月の株主優待】リコー、タカラトミー、ミズノなど

【9月の株主優待】(10)トーカン<7648>(名2)優待品=自社グループ製品売買単位=1000株直近株価=2099円トプコン<7732>(東1)優待品=メガネセットの割引券売買単位=100株直近株価=1243円リコー<7752>(東1)優待品=自社製品特別価格販売など売買単位=100株直近株価=952円SHO−BI<7819>(東1)優待品=自社企画商品など売買単位=100株直近株価=404円


【9月の株主優待】ワタミ、マルシェ、コロワイドなど

【9月の株主優待】(9)ワタミ<7522>(東1)優待品=食事券など売買単位=100株直近株価=1045円マルシェ<7524>(東1)優待品=優待券もしくは優待品売買単位=100株直近株価=834円ゼンショーホールディングス<7550>(東1)優待品=食事券売買単位=100株直近株価=1843円ウェッズ<7551>(JQ)優待品=クオカード売買単位=100株直近株価=617円


商いは1日だけの喜憂にあらず=犬丸正寛の相場格言

■商いは1日だけの喜憂にあらず 1度、儲かったくらいで大喜びしない。反対に、1度、2度損したくらいで落ち込むなという教えです。ひとことで言えば、株式投資には一喜一憂しないことが大切ということです。 相場好きの投資家の方に耳を傾けていますと、すごく儲かった自慢話をされる方がいらっしゃいます。買った銘柄、特に人気銘柄が数倍にも値上がりしたような時にその傾向が強いといえます。誰だって自慢したくなるものです。気持ちは分かります。しかし、そういった方が、投資総合的に見て大成功され財を成..


ベステラ:株主優待制度を導入、今1月期末から実施

■100株以上の株主にクオカード2000円分を贈呈 プラント解体管理などのベステラ<1433>(東マ・売買単位100株)は9日の取引終了後、この日開催の取締役会で株主優待制度導入を決めたと発表した。株価終値は3430円(20円安)だった。 発表によると、優待制度の導入は、株主への日頃の支援を感謝するとともに、同社株式への投資魅力を高め、中長期的な保有株主を増やすことを目指している。 優待内容は、毎年1月31日現在の同社株式100株(1単元・1単位)以上を保有する株主を対象に、..


イーブックイニシアティブジャパンは「日活ロマンポルノ」をマンガで独占先行販売

■『悶絶!!どんでん返し』ほか3作をeBookJapanが独占先行販売 マンガの電子書籍販売サイト「eBookJapan」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、イーブックイニシアティブジャパン<3658>(東1)は、日活ロマンポルノの作品を素材に描いた『悶絶!!どんでん返し』をはじめとする新作マンガの電子書籍を独占先行販売する。制作開始から45周年を迎えた日活ロマンポルノがマンガでリブート・再起動する。 9月9日に第一弾として発売する『悶絶..


【銘柄フラッシュ】GNIグループが急伸し保育所の規制緩和期待でJPホールディングスなどが活況高

 9日は、保育所などの規制緩和に関する報道を好感してJPホールディングス<2749>(東1)が5.8%高となり、グローバルグループ<6189>(東マ)は5.2%高。幼児活動研究会<2152>(JQS)は大引け2.3%高だが一時10.2%高。 サイバーコム<3852>(東1)はソフトバンクG<9984>(東1)の5G(第5世代異動通信システム)プロジェクト関連株とされて大幅続伸の15.0%高。三越伊勢丹ホールディングス<3099>(東1)は千葉店の閉鎖などの構造改善策を見直す動..


【業績でみる株価】スバル興業は7連騰、17年1月期第2四半期累計大幅増益で通期増額修正、自己株式取得も発表

■年初来高値445円を目指す展開へ スバル興業<9632>(東1)は9日、419円の17円高まで急伸、409円の7円高で引けて7連騰した。9月8日発表した17年1月期第2四半期累計(2〜7月)連結業績は大幅増益となり、通期予想を増額修正した。また自己株式取得も発表した。株価は安値圏モミ合いから上放れて年初来高値を目指す展開となりそうだ。 9月8日発表した17年1月期第2四半期累計の連結業績は売上高が前年同期比6.8%増の104億06百万円、営業利益が同45.1%増の14億68..


【株式市場】北朝鮮の核実験などでTOPIXが軟調になり日経平均も小反発

◆日経平均の終値は1万6965円76銭(6円99銭高)、TOPIXは1343.86ポイント(2.09ポイント安)、出来高概算(東証1部)はSQ売買が加わったが17億6469万株 9月9日後場の東京株式市場は、13時前に米韓首脳が来た朝鮮の核実験を巡り緊急首脳会談と伝えられ、前後して黒田日銀総裁が首相官邸に入ったと伝わったため様子見気分が強まり、日経平均は1万6970円前後と1万7000円前後の狭い幅で大引けまで小動きが続いた。日経平均は3日ぶりに小高く終わったがTOPIXは3..


ベネッセホールディングスが社外取締役を新社長に迎え後場一段高

■カーライル・ジャパン会長の安達保氏が10月1日付で就任と発表 ベネッセホールディングス<9783>(東1・売買単位100株)は9日の後場一段と強含み、14時過ぎに7%高の2616円(166円高)まで上げて出来高も増勢となっている。手掛かり材料としては、13時30分に代表取締役の異動を発表し、10月1日付で現社長の福原賢一代表取締役が代表取締役副会長に就き、現在は社外取締役で投資ファンド、カーライル・ジャパン・エルエルシー会長の安達保氏(=写真)が代表取締役社長に就く人事を発..


ベクターが新作ゲームを「近日中に事前登録開始」など材料にストップ高

■15日に始まる「東京ゲームショウ2016」も合わせて期待強まる スマートフォン向けゲーム開発などのベクター<2656>(JQS・売買単位100株)は9日の後場一段高となり、一時ストップ高の475円(80円高)まで上げて活況となっている。9月1日付で新作ブラウザゲーム「リグレティア」を発表し、「近日中に事前登録を開始いたしますので、続報までしばらくお待ちください」としたため、日増しに期待が強まっているようだ。 市場関係者の予想では、事前登録の開始時期として、9月15日に始まる..


【9月の株主優待】京セラ、ノジマ、カッパ・クリエイトなど

【9月の株主優待】(8)京セラ<6971>(東1)優待品=自社製品割引券売買単位=100株直近株価=4944円日本車輌製造<7102>(東1)優待品=自社オリジナルカレンダー売買単位=1000株直近株価=267円FPG<7148>(東1)優待品=ギフトカード売買単位=100株直近株価=977円レシップホールディングス<7213>(東1)優待品=岐阜県特産富有柿売買単位=100株直近株価=898円


【材料でみる株価】ヨロズは自己株式取得を発表を好感して急続伸

■底打ちしてから反発展開 ヨロズ<7294>(東1)は9日、1497円の104円高まで上げて急続伸している。9月8日、自己株式取得を発表。株価は年初来安値圏だが、底打ちして反発展開が期待される。 9月8日発表した自己株式取得は、取得株式総数の上限100万株(自己株式除く発行済株式総数に対する割合4.04%)、取得価額総額の上限20億円、取得期間16年9月14日〜17年3月13日としている。 株価は17年3月期減収減益予想を嫌気する形で水準を切り下げ、8月18日の年初来安値12..


大塚家具がリユース事業など好感し4ケタ台を回復

■1016円を回復すれば当面の業績は織り込まれ材料性を発揮の見方 大塚家具<8186>(JQS・売買単位100株)は9日の後場1013円(35円高)で始まり、前場に続き8月5日以来の4ケタ(1000円)台回復となっている。9月8日付で、家具リユース市場の創出に向けて本格始動し、8日からキャンペーンを行うと発表。期待が広がった。 このところは、8月初旬に業績予想の下方修正を受けて4ケタ割れとなっていたが、9月に入っては持ち直してきた。下方修正を発表する直前の株価は1016円(8..


黒田日銀総裁が首相官邸に入ったと伝わり日経平均は堅調転換

■前引けの32円安から持ち直し後場寄り後は41円高に 9日後場寄り後の東京株式市場では、「黒田日銀総裁が首相官邸に入った」(ロイター通信)と伝えられ、日経平均は前引けの32円52銭安(1万6926円25銭)から急速に持ち直して41円23銭高(1万7000円)と堅調転換した。


【株式市場】北朝鮮の核実験説が流れ日経平均は軟化したが政策関連株などは高い

◆日経平均の前引けは1万6926円25銭(32円52銭安)、TOPIXは1341.83ポイント(4.12ポイント安)、出来高概算(東証1部)はSQ売買が加わり10億1281万株 9月9日(金)前場の東京株式市場は、ECB(欧州中央銀行)の金融政策現状維持を受けて円安基調に転じたため、日経平均は朝方に71円01銭高(1万7029円78銭)まで上げたが、北朝鮮の核実験説が流れると値を消し、10時過ぎには56円68銭安(1万6902円09銭)まで軟調に転じた。前引けも32円52銭安..


JPホールディングスが保育所の規制緩和期待など好感し出直り強める

■「ダブルボトム」形成の動きみられ相対的に買い優勢の様子 保育所の運営などを行うJPホールディングス<2749>(東1・売買単位100株)は9日、出直りを強める展開となり、11時を過ぎては7%高の297円(20円高)となっている。「政府や東京都は待機児童の解消に向け保育所の規制を緩和」(9日付日本経済新聞朝刊)などと伝えられ、関連銘柄として条件反射的に同社株を買う動きもあるようだ。 年初来の高値は4月の438円。以降は人件費の高騰などが言われて株価も調整基調だが、6月、8月に..


【業績でみる株価】鎌倉新書は戻り歩調で4月高値目指す、17年1月期第2四半期累計は大幅増収増益

■好業績を評価して4月の上場来高値5070円を目指す展開 鎌倉新書<6184>(東マ)は9日、4060円の370円高まで上げて急反発している。9月8日発表した17年1月期第2四半期累計(2〜7月)の非連結業績は計画超の大幅増収増益だった。通期も大幅増収増益予想で上振れ余地がありそうだ。株価は8月の直近安値圏から切り返して戻り歩調だ。好業績を評価して4月の上場来高値を目指す展開だろう。なお10月1日付で株式4分割を予定(8月12日公表)している。 17年1月期第2四半期累計の非..


上海株式は取引開始後に0.1%安となり昨日までの5日続伸から反落

■一方、日経平均は北朝鮮の核実験報道などで朝方71円高のあと56円安 9月9日(金)の中国・上海株式市場は、取引開始後に総合指数が0.1%安の3094.08ポイント(1.88ポイント安)前後で推移し、昨日までの5日続伸基調から小反落の始まりとなった。 一方、日経平均は為替の円安復帰などが好感されて朝方に71円01銭高の1万7029円78銭まで上げたが、10時過ぎには北朝鮮の核実験報道などで56円68銭安の1万6902円09銭まで軟調に転じている。


アクセルマークは「ワクサガ」好調など好感し4日続伸基調

■「VR」(仮想現実)ゲーム開発でも注目 モバイルゲーム開発などのアクセルマーク<3624>(東マ・売買単位100株)は9日、4日続伸基調となり、10時30分にかけて17%高の1876円(276円高)まで上げている。引き続き、7日、完全子会社アクセルゲームエンターテインメントが提供する対戦RPG「ワールドクロスサーガ −時と少女と鏡の扉−」(略称:ワクサガ)が350万ダウンロードを突破したと発表し、材料視されている。 2016年9月期の業績はV字回復の見込みで、このところ株価..


アイリッジがファミリーマートの公式アプリ支援など好感し4日続伸

■「ペナントフラッグ」形成し遠からず大きく動き出す可能性 次世代「020」サービスなどのアイリッジ<3917>(東マ・売買単位100株)は9日、4日続伸基調となり、10時過ぎには7%高の3650円(225円高)と出直りを強めている。9月6日付でユニー・ファミリーマート<8028>(東1)の公式アプリ「ファミリーマートアプリ」および「Famiポートアプリ」の開発支援を発表しており、連日好感される展開となっている。 WEB情報を活用して実店舗への来店を促す「020」(オンラインツ..


【編集長の視点】AWSホールディングスは自動運転株人気が依然として継続

■2Q業績上方修正が支援して分割権利取りの買い物が継続 AWSホールディングス<3937>(東マ)は、今年7月27日につけた上場来安値4805円からの大きく底上げして目先の利益を確定する売り物も交錯している。ただ同社株は、今年9月30日を基準日に株式分割を予定しており、下値にはこの権利付き最終日を前に分割権利取りの買い物が依然として継続している。さらにこの権利取りのサポート材料として自動車の自動運転のテストサービスの展開や、今3月期第2四半期(2016年4月〜9月期、2Q)累..


中村超硬は下値の固さなど見直され大きく出直る

■大幅減益にもかかわらず一度下げた後ズルズル下押す様子なし 中村超硬<6166>(東マ・売買単位100株)は9日、大きく出直る展開になり、取引開始後に15%高の1282円(167円高)まで上げて東証マザーズの値上がり率1位になった。手掛かり材料としては、10月に「高機能セラミックス展」(10月5日〜10月7日:インテックス大阪)に出展することなどが言われている。 8月初旬に第1四半期決算(4〜6月)の発表を受けてストップ安の急落となったが、その後は1100円をはさむ小動きに転..


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧