アップル - ホットニュース 2016年9月17日 (土曜日)

Swift Playgrounds、App Storeで提供開始

2016年9月14日、誰でも楽しく簡単にプログラムの記述方法を学べる、iPad?向けの新しい革新的なアプリケーション、Swift Playgrounds?(スウィフト・プレイグラウンド)がApp Store?で提供開始となりました。Swift Playgroundsは、インタラクティブなインターフェイスを通じて本物のプログラミングのコンセプトを紹介し、生徒やプログラミング初心者でもSwift?を楽しく学べるように導きます。Swift?はAppleが開発した簡単に学べるプログラミング言語で、プロフェッショナルなデベロッパが最高水準のアプリケーションを作成する際に、実際に使っています。Swift Playgroundsアプリケーションは、これまでにプログラミングの経験のない生徒が、プログラミングの主要な概念を探求するのに親しみやすく、すでにプログラミングを学んでいる生徒にもSwiftを使って実験したり彼らのクリエイティビティを表現したりすることができるパワフルさも持ち合わせています。 「誰でもプログラミングを学ぶ機会を持つべきです。実社会で使われているプログラミング言語を使いながらプログラミングの主要概念を探求するための、楽しく簡単な方法を求めている次世代のプログラマーにSwift Playgroundsをお届けできることをとても嬉しく思います。これまでに世界中で100校以上の学校が秋学期からSwift Playgroundsをカリキュラムに加えることを決定しています。それを使って生徒が作るものを見ることが待ちきれない気持ちです」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは述べています。Swift Playgroundsに含まれているAppleによるプログラミングレッスンでは、生徒たちは没入感のあるグラフィカルな世界の中で、画面に現れる3つのキャラクターをガイドするために、パズルを解いたり課題をクリアしながら、命令の出し方や、関数の作り方、ループの使い方、そして条件付きコードや変数といった、核となるプログラミングの概念を学ぶことができます。Appleはまた、新しい個別の課題を定期的に出し、ユーザが新しいスキルを学び続けることができるようにします。 Swift Playgroundsにはまた、テンプレートが内蔵されており、ユーザはそれらを土台に変更を加えたりコードを構築することができ、グラフィックスやタッチ操作のインタラクションを追加して、独自のプログラムに作り上げることができます。完成したプログラムは、「メール」や「メッセージ」で友達と共有したり、ウェブ上に公開したりできます。さらにSwift Playgroundsは、実際にSwiftを使って書かれているため、プロジェクトをXcodeに直接書き出すことができ、実際に本格的なiOS、Mac?アプリケーションを作成することもできます。【提供について】Swift Playgroundsは本日からApp Storeで無料で提供されます。Swift Playgroundsは、iOS 10以降を搭載したすべてのiPad Air?とiPad Pro?モデル、そしてiPad mini? 2以降で利用することができます。ビデオ、画像、デモなど、詳細情報は、www.apple.com/swift/playgroundsをご覧ください。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、iPhone 7およびiPhone 7 Plusを発表 ? これまでで最高かつ最も先進的なiPhone

2016年9月8日、Apple®は本日iPhone® 7およびiPhone 7 Plusを発表しました。毎日使用されるiPhoneの使い勝手をさらに改善するユニークな革新技術満載の、iPhone史上最高かつ最も先進的なiPhoneです。新しいiPhoneは、これまで撮れなかったような写真が撮れる新しい先進のカメラシステム、より多くのパワーとパフォーマンスを実現しながらもiPhone史上最長のバッテリー駆動時間、没入感を生み出すステレオスピーカー、カメラからディスプレイまで広色域なシステム、2種類の新しいフィニッシュを特長とし、iPhoneで初めての耐水・防塵性を備えています。iPhone 7とiPhone 7 Plusは9月16日(金)から世界25カ国以上で販売されます。   「iPhone 7とiPhone 7 PlusはiPhoneならではの体験において、すべての側面を劇的に改善し、新しい水準の技術革新と精度に到達し、私たちがこれまでに作った中で最高のiPhoneになっています。一から再設計されたカメラは信じられないような写真や動画を昼夜を問わず撮ることができ、A10 Fusionチップは、あらゆるスマートフォンに使われている中で最もパワフルでありながら、iPhone史上最長のバッテリー駆動時間を誇ります。また、まったく新しいステレオスピーカーシステムはこれまでの2倍の音量を出すことができます。これらすべてが初めて耐水・防塵となったiPhoneの中で実現できているのです」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。   新しくなった先進のカメラシステム iPhone 7とiPhone 7 Plusでは世界で最も多く使われているカメラをさらに改良し、まったく新しいカメラシステムを実現しました。12メガピクセルのカメラは、iPhone 7、iPhone 7 Plusとも光学手ブレ補正機能を搭載、より大きな開口部f/1.8の6枚構成のレンズは、より明るく、より精細な写真や動画を撮ることができます。また広色域キャプチャは、より生き生きとした色をさらに多くのディテールとともに捉えることができます。iPhone 7 PlusはiPhone 7と同じ12メガピクセルの広角カメラに加え、12メガピクセルの望遠カメラも備え、両方を使うことによって光学2倍ズーム、デジタルで最大10倍ズームのレンズのように撮影することができます。   今年中には、iPhone 7 Plusの12メガピクセルのデュアルカメラを用いて被写界深度エフェクトのある画像を撮ることができるようになります。機械学習を含む高度なテクノロジーが背景と前景を分け、これまでデジタル一眼レフカメラでしか撮れなかったような美しいポートレートも撮影できるようになります。   このほかのカメラの改良点は以下の通りです。 Appleの設計による新しい画像信号プロセッサ。25ミリ秒という短い時間で一枚の写真に1000億回以上の処理を行い、信じられないような写真や動画を作ります。 広色域キャプチャ、先進のピクセルテクノロジー、そして自動手ブレ補正機能を備えた新しい7メガピクセルのFaceTime® HDカメラ。より美しいセルフィーが撮れます。 iPhone 6sより50%明るい、新しいクアッドLED True Toneフラッシュ。これには、光のちらつきを検知し、動画や写真の中で補正する革新的なセンサーが搭載されています。   より高い性能とより長いバッテリー駆動時間 新しいカスタムデザインのApple A10 Fusionチップは、これらのイノベーションを可能にする新しいアーキテクチャを特長とし、スマートフォンに使われている中で最もパワフルなチップである一方、iPhone史上最も長いバッテリー駆動時間を持ち、充電間隔もより長くなっています。A10 FusionチップのCPUは、iPhone 6より最大2倍高速の2つの高性能コアと、高性能コアの5分の1の電力で動作可能な2つの高効率コアをシームレスに統合した4つのコアを持ちます。さらにグラフィックス性能もよりパワフルになり、iPhone 6より最大3倍高速で動作しながらも半分の電力しか使用しないため、新しいレベルのゲームやプロフェッショナルアプリケーションが可能となります。   両モデルとも最大25のLTEバンドに対応し、全世界でのローミング性能は業界で最高です。LTE Advancedは、iPhone 6より通信速度が3倍速く、最大450Mbpsとなっています1。日本のお客様向けには、iPhoneはFeliCa非接触技術に対応し、クレジットカードやプリペイドカードをiDやQUICPayといった国内ネットワークでも使えるようになるほか、世界最大の交通機関であるJR東日本が発行する日本最大の乗車カード・電子マネーも使えるようになります。   驚くべきオーディオエクスペリエンス 新しいスピーカーはiPhone 6sより2倍大きな、驚くような没入感のある音量を出すことができ、より広いダイナミックレンジとより高品質のスピーカーフォンを実現します。新しいiPhoneにはEarPods® with Lightning® Connectorが付属し、信じられないような音を実現するほか、3.5mmのヘッドフォンアダプタも付属し、古いヘッドフォンやアクセサリもお使いいただくこともできます。   Appleの革新的なワイヤレスヘッドフォンである新しいAirPods™は、シンプリシティとテクノロジーを一緒に織り込み、ワイヤレスエクスペリエンスを再発明、ヘッドフォンを使いやすくします。新しいApple W1チップを搭載するAirPodsは、極めて高効率なワイヤレス通信により接続を改善、音が改良されただけでなく、業界をリードするバッテリー駆動時間を誇ります。AirPodsではSiri®のパワーを利用でき、ダブルタップするだけでお気に入りのパーソナルアシスタントにアクセスすることができます。   注目を浴びるデザイン iPhone 7とiPhone 7 Plusはシルバー、ゴールドそしてローズゴールドのゴージャスなデザインが用意されるほか、まったく新しい2種類のブラック仕上げが加わります。酸化皮膜処理されたマット表面を持つ美しいブラックの仕上げ、それに深い、高光沢の表面を持つ革新的なジェットブラック仕上げです。新しいジェットブラック仕上げは酸化皮膜処理と研磨といった革新的な9ステップを経て、均一な光沢フィニッシュを実現しています。完全に再設計されたエンクロージャは耐水性能を持ち、液体がこぼれたり、水しぶきを浴びた時、そして埃からこれまで以上にiPhoneを守ることができます2。  新しいiPhoneは、iPhone史上最も明るく、最もカラフルなRetina® HDディスプレイを搭載しています。広色域により映画レベルの色、より鮮やかな彩度、そしてスマートフォン市場で最高のカラーマネジメントを提供します。iPhone 7のまったく新しい先進のソリッドステートホームボタンは、耐久性が高く、反応が良い設計となっており、新しいTaptic Engine®と一緒に、より精度が高く、カスタマイズ可能な触感フィードバックを提供します。   iOS 10を搭載、これまでで最大のiOSリリース iPhone 7とiPhone 7 PlusにはiOS 10が搭載されています。これは世界で最も進んだモバイルオペレーティングシステムのこれまでで最大のリリースです。iOS 10ではメッセージが大幅にアップデートされ、より表現力に富んだ、アニメーションを交えたメッセージを友達や家族に送ることができるようになるほか、Siriをアプリケーションと一緒に使って、より多くのことができるになります。またアプリケーションとの対話方法も増え、3D Touch™を使える場面も増えています。マップ、写真アプリケーション、Apple Music®そしてNewsアプリケーションのデザインも美しくなり、ホームアプリケーションを使って、一箇所からホームオートメーション対応製品を簡単に、安全に管理することができます。iOS 10はまた、Siri、マップ、電話そしてメッセージAPIで開発者に信じられないような機会を提供し、お客様が好きなアプリケーションでこれまで以上にいろいろなことができるようにします。   【価格と販売について】 iPhone 7とiPhone 7 Plusはシルバー、ゴールド、ローズゴールドそして新しいブラックフィニッシュが32GB、128GB、256GBのモデルに用意され、価格は72,800円からとなっています。新しいジェットブラック仕上げは128GBと256GBのモデルだけに用意され、Apple.com、Apple Store、Apple製品取扱販売店および一部の通信事業者を通じてのみの販売となります。 iPhone 7およびiPhone 7 Plusは9月9日(金)からご予約いただくことができます。販売は、9月16日(金)から、日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、中国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、香港、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、プエルトリコ、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、UAE、英国、米国バージン諸島、そして米国で開始されます。 iPhone 7およびiPhone 7 Plusは、9月23日(金)から、アンドラ、バーレーン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、エストニア、ギリシャ、グリーンランド、ガーンジー、ハンガリー、アイスランド、マン島、ジャージー、コソボ、クウェート、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、モルディブ、マルタ、モナコ、ポーランド、カタール、ルーマニア、ロシア、サウジアラビア、スロバキアそしてスロベニアでの販売が開始されます。iPhone 7およびiPhone 7 Plusはインドでは10月7日(金)から販売が開始されます。 Appleのデザインによる新しいワイヤレスのAirPods(充電ケース付き)は、Apple.comおよびApple Storeで10月末から16,800円で販売されます。すべてのiPhone 7およびiPhone 7 PlusのモデルにはEarPods with Lightning ConnectorおよびLighting to 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタが付属します。こちらはApple.comおよびApple Storeでもそれぞれ3,200円と900円で販売されます。 レザーおよびシリコンケースを含む、各色揃ったAppleデザインのアクセサリは3,800円から販売されます。またiPhone 7スマートバッテリーケースはブラックとホワイトの2色でApple.comおよびApple Storeで10,800円で販売されます。本体の色に合うメタリックフィニッシュのLightning Dockも5,200円で販売されます。 iPhone 7またはiPhone 7 PlusをAppleから購入されるすべてのお客様には、無料のパーソナルセットアップがApple Storeまたはオンラインで提供されます。メールの設定、App Store®からの新しいアプリケーションの紹介などを通じてお客様のiPhoneをカスタマイズするお手伝いをします3。 iPhone 7、iPhone 7 PlusまたはiOS 10についてもっと知りたいお客様は、お近くのApple Storeで開催されている無料のワークショップに登録することができます。   データプランが必要です。LTEは一部の通信事業者を通じて一部の市場で提供されています。通信速度はサイトの条件と通信事業者によって異なります。LTE対応状況に関する詳細は、お使いの通信事業者にお問い合わせいただくか、apple.com/iphone/LTEをご覧ください。 iPhone 7およびiPhone 7 Plusは防沫、耐水、防塵仕様となっており、IEC標準60529のIP67規格に従ってコントロールされた実験室条件で試験されました。防沫、耐水、防塵性能は永久的なものではなく、通常の使用によって減少することがあります。濡れたiPhoneを充電しないでください。清掃と乾燥については、ユーザガイドを参照してください。液体による損傷は保証対象外です。 日本では全国7店舗のApple Storeでパーソナルセットアップに対応しています。   【Appleについて】 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、健康的な生活を送るための究極のデバイス、Apple Watch Series 2を発表

2016年9月8日、Apple®は本日、世界で最も人気のあるスマートウォッチの第2世代となるApple Watch® Series 2を発表しました。Apple Watch Series 2は、水泳に適した50メートルの耐水性能*に加え、内蔵GPSによりiPhone®なしでもランニングを計測できるなど、フィットネスと健康のための素晴らしい機能を満載しています。また、従来と比べて劇的に明るくなったディスプレイと、パワフルなデュアルコアプロセッサも特長としています。watchOS® 3の強化されたパフォーマンスと組み合わせることで、Apple Watch Series 2ではサードパーティ製アプリケーションの利用や、通知の受信と応答が簡単になったほか、Apple Pay®もいっそう便利に使えるようになりました。Apple Watch Series 2は、9月16日(金)より25を超える国と地域でお求めいただけます。   「Apple Watchに対する社会の反応と、このデバイスが人々の生活を変えたことを大変嬉しく思います。私たちはフィットネスと健康に関して真剣に取り組んでいます。お客様にはApple Watch Series 2の新しい機能をきっと気に入っていただけるでしょう。パワフルな新しいデュアルコアプロセッサ、50メートルの耐水性能、内蔵GPSを備えて、Apple Watch Series 2には、お客様が健康的な生活を送るお手伝いをする数多くの機能が搭載されています」と、AppleのCOO(最高執行責任者)、ジェフ・ウィリアムズは述べています。   フィットネスと健康 Apple Watch Series 2は、水泳やサーフィン、あるいはプールでの水遊びといったシチュエーションにも適した50メートルの耐水性能を備えています。水泳を楽しみたい方のために、Appleはプールとオープンウォーターという新しい2つのワークアウトオプションにたいして、何百時間もの研究を重ねて、まったく新しいアルゴリズムを開発しました。Apple Watch Series 2ではラップを計測したり、ラップの平均速度を追跡したり、泳ぎ方のタイプを自動的に検出したりすることで、活動時の燃焼カロリーを正確に計測することができます。   内蔵GPSにより、Apple Watch Series 2ではウォーキング、ランニング、サイクリングといった屋外でのワークアウトについて、距離、ペース、速度を正確に記録します。この場合、iPhoneを携帯する必要はありません。Apple Watch Series 2は、Wi-Fi、GPS、本体に保存された衛星データを使って現在の位置を素早く特定するので、屋外でワークアウトをすぐに始められます。屋外のワークアウトを終えたら、iPhoneのアクティビティアプリケーションで、経路のマップと速度の変化を確認できます。ランニングや水泳、あるいはミーティングの合間のウォーキングなど、どんな運動を楽しむときも、Apple Watch Series 2のアクティビティアプリケーションは、スタンド、ムーブ、エクササイズのリングに加えて、その日一日の活動をすべて記録します。   先進的なテクノロジー Appleは、Apple Watchのためにカスタム設計のSiP(System in Package)を開発しましたが、この画期的なテクノロジーの開発は第2世代のS2チップにも引き継がれています。デュアルコアプロセッサを搭載したことで、S2チップの性能は新たなレベルに引き上げられ、新しいApple Watchは従来よりも最大50パーセント高速で動作します。また、新しいGPUが追加されたため、グラフィックスのパフォーマンスも従来の2倍に改善されています。さらに、Apple Watch Series 2では、劇的なまでに明るいディスプレイが導入されました―輝度は1,000nitで従来の2倍の明るさです―これはApple製品史上最も明るいディスプレイで、晴れた日の屋外でも重要な情報をひと目で簡単に見られるようになります。   watchOS 3 watchOS 3ではパフォーマンスが大幅に向上し、Apple Watchの文字盤からでも、バックグラウンドで更新される最新情報を表示する新機能のDockからでも、お気に入りのアプリケーションを即座に起動するのがいっそう簡単になりました。フィットネスと健康の新機能では、リラクゼーションやストレスの軽減を目的として、ユーザーにひと休みして深呼吸するエクササイズをするよう促す画期的なBreatheアプリケーションなどがあります。アクティビティアプリケーションには、友人や家族のやる気を持続できるように、データを共有したり、比べたり、競ったりできる機能が追加されました。また、車椅子をお使いのユーザ専用のワークアウトを追加し、そのワークアウトでもアクティビティリングを完成させることができるようになっています。   ミニーマウス、アクティビティ、数字などの新しい文字盤が追加されたことで、Apple Watchはさらにパーソナルなデバイスになりました。ディスプレイの端から端にスワイプするだけで新しい文字盤に切り替えることができ、iPhone上のWatchアプリケーションに新たに加わったFace Galleryを利用すれば、Apple Watchの文字盤のカスタマイズやサードパーティ製アプリケーションを見つけるのがいっそう簡単になります。   Apple Watchのラインナップ Apple Watch Series 2は、まったく新しいフィットネスと健康の機能を、軽量アルミニウムまたはステンレススチールケースに搭載し、豊富に取り揃えた豪華な新色のバンドカラーと組み合わせることができます。   Apple Watch Series 1は軽量アルミニウム製のケースで、新しいパワフルなデュアルコアプロセッサおよびGPUと、オリジナルのApple Watchのすべての機能とを組み合わせて、これまでより最大50パーセント高速になり、価格も27,800円からと、さらにお求めやすくなりました。   Apple Watch Edition™は、美しいセラミックを新たに採用し、クラフトマンシップを体現する光沢ある白色ケースにApple Watch Series 2の素晴らしい機能をすべて詰め込みました。セラミックは、ステンレススチールの4倍以上の硬さがある世界で最も硬い素材のひとつであり、その美しい白色の真珠のような仕上げがApple Watch Editionのボディを傷つきにくいものにしています。   【価格と販売について】 Apple Watchは、38mmと42mmの2種類のケースサイズをご用意しています: - Apple Watch Series 1:ゴールド、ローズゴールド、シルバー、スペースグレイのアルミニウムケースにスポーツバンドが付属(27,800円から)。 - Apple Watch Series 2:ゴールド、ローズゴールド、シルバー、スペースグレイのアルミニウムケース、または、シルバーまたはスペースブラックのステンレススチールケースに多彩な種類のバンドが付属(37,800円から)。 - セラミック製ボディの新しいApple Watch Editionは、Apple.com、直営店のApple Store、一部のApple製品取扱店でお買い求めいただけます(125,800円から)。各地域の販売店は、locate.apple.comでご確認ください。 - Apple Watch Nike+(37,800円から)およびApple Watch Hermès(118,800円から)もご用意しています。   豪華な新色を取り揃えて新登場のApple Watch Band Kitsは本日より販売開始されます。 Apple Watch Series 1、Apple Watch Series 2、Apple Watch Editionは、以下の国と地域において9月9日(金)より受注開始、9月16日(金)より販売開始となります:オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、中国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、香港、アイルランド、イタリア、日本、ルクセンブルク、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、プエルトリコ、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、アラブ首長国連邦、英国、米国。 Apple Watch Nike+は、以下の国と地域において、Apple.comを通じて9月9日(金)より受注開始、10月下旬より販売開始となります:オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、中国、コスタリカ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、香港、インド、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、ルクセンブルク、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、アラブ首長国連邦、英国、米国。 Apple Watch Hermèsは、以下の国と地域において、9月23日(金)より販売開始となります:オーストラリア、ベルギー、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、イタリア、日本、マカオ、ロシア、シンガポール、スペイン、スイス、台湾、アラブ首長国連邦、英国、米国。 Apple Watch Series 1、Apple Watch Series 2、Apple Watch Editionは、以下の国と地域においては、9月23日(金)より販売開始となります:アンギラ、アンティグア・バーブーダ、ケイマン諸島、クロアチア、チェコ共和国、エルサルバドル、ギリシャ、グアム、ハンガリー、ジャージー島、クウェート、マカオ、モナコ、ポーランド、カタール、ルーマニア、ロシア、サウジアラビア、スロバキア、米国領バージン諸島。 Apple Watch Series 1、Apple Watch Series 2、Apple Watch Editionは、以下の国と地域においては、10月7日(金)より販売開始となります:インド、メキシコ。 Apple Watch Series 2には、iOS 10以降を搭載したiPhone 5以降が必要です。watchOS 3 および iOS 10は、9月13日(火)より無料のソフトウェアアップデートとして提供開始される予定です。一部の機能は、特定の国・地域または特定の言語でのみ提供されます。 Apple WatchをAppleより購入されたお客様には、Apple Store またはオンラインで無料のパーソナルセットアップを提供いたします**。カレンダー、通知、アプリケーションなど、Apple Watchの機能のセットアップ、設定をお手伝いいたします。 Apple WatchまたはwatchOS 3について学びたい方はどなたでも、直営店のApple Store®で開催されている無料ワークショップに登録・参加いただけます。   *Apple Watch Series 2は、ISO 22810:2010に基づく50メートル耐水性能を備えています。これはプールや海での水泳のような浅瀬での活動にご利用いただけることを意味します。ただし、Apple Watch Series 2は、スキューバダイビング、水上スキーなど、高速な水流に晒されたり、浅瀬より深い水中への水没が起こりうる活動にはご利用いただけません。ステンレススチールバンドとレザーバンドは耐水性ではありません。   **日本では全国7店舗のApple Storeでパーソナルセットアップに対応しています 【Appleについて】 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。  


Apple、AirPodsによってワイヤレスヘッドフォンを再発明

2016年9月8日、Apple®は本日、音楽を聴いたり、電話をかけたり、テレビ番組や映画を楽しんだり、ゲームをプレイしたり、Siri®とやり取りしたりする方法を高度なテクノロジーによって再発明し、これまで不可能だったワイヤレスオーディオ体験を実現する、革新的な新しいワイヤレスヘッドフォン、AirPods™(エアポッズ)を発表しました。AirPodsは、ワイヤレスヘッドフォンに必要だった様々な設定の手間を解消します。革新的な充電ケースの蓋を開けて1回タップするだけで、設定が瞬時に完了し、お使いのiPhone®とApple Watch®で使える準備が整います。高度なセンサーが、ユーザがいま音楽を聴いている状態であるかを検知し、自動的に音楽を再生したり一時停止したりします。Siriを使う時にも、AirPodsならダブルタップするだけで、お気に入りのパーソナルアシスタントにアクセスできます。この革新的な体験を可能にしているのが、超低電力の新しいAppleのW1チップです。W1チップによって、AirPodsはまったくのワイヤレス設計でありながら、高品質なオーディオ、業界をリードするバッテリー駆動時間を実現します。AirPodsは、10月後半から提供が開始される予定です。   「AirPodsは、画期的なワイヤレスオーディオ体験を提供する初めてのヘッドフォンです。新しいAppleのW1チップによって、高品質なサウンド、長時間のバッテリー駆動、自動設定などの革新的な機能が実現しています。AirPodsを使うのは、魔法のように簡単です。スイッチもボタンもないのに、いとも簡単に、お使いのすべてのAppleデバイスにシームレスに自動接続され、Siriにアクセスする時もダブルタップするだけです。iPhone 7、Apple Watch Series 2と共に、皆様に早くお試しいただきたいです」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。   AirPodsなら、ワイヤレスヘッドフォンの設定は、これまでになく簡単です。iPhoneの近くで充電ケースの蓋を開けて1回タップするだけで、iPad®やMac®をはじめ、同じiCloud®アカウントにサインインしているすべてのデバイスで、AirPodsが瞬時に設定されます。これだけの操作でAirPodsは接続されるので、音楽を聴きたくなったら、あとは耳に付けるだけです。iPhoneで通話を終えた後、Apple Watchで音楽を聴くといった場合でも、AirPodsなら、インテリジェントでシームレスに切り替えることができます。   このようなAirPodsの画期的な革新を実現しているのが、まったく新しいAppleのW1チップです。左右それそれぞれのAirPodsに搭載されたデュアル光学センサーと加速度センサーがW1チップと連係して、AirPodsが耳に装着されたことを感知し、音楽を聴ける状態のときにだけ音楽が再生されます。左右のAirPodsを耳から外すだけで、音楽が自動的に一時停止され、片方だけを外せば、会話をした後に耳に付け直すだけで自動的に音楽が再開されます。また、AirPodsをダブルタップするだけでSiriにもアクセスでき、音楽の選曲やコントロール、音量の変更、バッテリーの充電状況のチェック、その他のタスクをSiriに頼むことができます。左右のAirPodに備わっているもう1つの加速度センサーが、ユーザーが会話していることを感知し、2つのビームフォーミングマイクロフォンをオンにして、ユーザーの声だけに絞り込んで周囲の雑音をフィルタリングするので、電話の声もこれまでになく明瞭に相手に届きます。   超低電力のAppleのW1チップは、従来のワイヤレスチップの3分の1の消費電力で動作するため、AirPodsは1度充電すれば最大5時間、音楽を楽しむことができます。カスタム設計の充電ケースを通じて、AirPodsをさらに追加で充電することもでき、合計で24時間以上再生可能という、業界をリードする再生時間*が実現します。それにより、音楽を聴きたい時にはいつでも、AirPodsが充電され、音楽を楽しむ準備は整っています。   【価格と販売について】 Appleが設計した、充電ケース付きの新しいワイヤレスのAirPodsは、10月後半からApple.comおよびApple Storeで、16,800円でお求めいただけます。 AirPodsを使うには、iOS 10を搭載したApple製デバイス、watchOS® 3、またはmacOS™ Sierraが必要です。   *完全ワイヤレスのステレオヘッドフォンとの比較です。     【Appleについて】 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


AppleとNike、ランニングの完璧なパートナーとなるApple Watch Nike+を発表

2016年9月8日、サンフランシスコおよびオレゴン州ビーバートン、Apple®とNikeは本日、長期にわたって築き上げたパートナーシップの最新の成果となる、Apple Watch® Nike+を発表しました。専用のNike Sport BandとApple Watch Series 2を組み合わせたApple Watch Nike+は、ランニングを楽しむすべての人にぴったりの究極のツールです。GPS、2倍明るいディスプレイ、50メートルの耐水性能*、パワフルなデュアルコアプロセッサ、そしてwatchOS® 3を搭載したApple Watch Nike+には、専用のSiri®コマンドやNikeの象徴的な文字盤が組み込まれており、新しいNike+ Run Clubアプリケーションと密接に統合されています。ランナーごとに異なるスケジュールや進捗に合わせてプランを調整したり、世界のトップレベルのコーチやアスリートからのガイダンスを受けたりでき、最高のモチベーションをキープできます。Apple Watch Nike+は、ランニング初心者からマラソンのベテランまで、ランニングへの情熱を持つ方の究極のパートナーです。   「Apple Watchは、健康的な生活を送るための究極のデバイスですが、私たちはそれをさらに進化させ、ランナーとアスリートのための世界最高のスマートウォッチを作り上げました。Apple Watch Nike+は、トレーニング記録をまったく新しいレベルへと進化させます。世界最大のランナーのコミュニティに紹介する日が待ちきれません」と、AppleのCOO(最高執行責任者)、ジェフ・ウィリアムズは述べています。   「私たちはランナーの多くが、ランニングを簡単に、そして楽しく始められるデバイスを探していることを良く理解しています。今の市場には、複雑で、読みにくく、データだけを重視したデバイスがあふれています。Apple Watch Nike+は、あなたの生活を重視しています。Apple Watch Nike+はシンプルなソリューションを備えた、パワフルなデバイスであり、あなたのランニングの完璧なパートナーなのです」と、Nike Brandの社長、トレバー・エドワーズ氏は述べています。   機能 Apple Watch Nike+は、すべてのApple Watch Series 2モデルと同様にGPSを内蔵し、ペース、距離、経路を記録できるので、iPhone®を持たずにランニングに行くことができます。Apple史上最も明るいディスプレイにより、太陽が照り返すような明るさでもデータが読みやすく、ユーザーがランニングの後でプールに飛び込みたくなったら、50メートルの耐水性能を備えたApple Watch Nike+を付けたままひと泳ぎできます。   Nike Sport Bandは、オリジナルのApple Watch Sport™ Bandと同じ強度と柔軟性を持つフルオロエラストマー製ですが、通気穴を加えたことで通気性が向上し、汗を逃しやすくなっています。軽量のバンドは、コレクション独自の鮮やかなツートーンカラーを活かし、4種類のデザインを用意しました。Apple Watch Nike+には、Nikeの象徴的なスタイルにインスピレーションを受けた専用の2つの文字盤があり、アクティビティのリング、心拍数、ストップウォッチや天気などの便利なアプリケーションを使って簡単にパーソナライズできるので、ランナーは常にひと目で情報を確認できます。    Nike+ Run Club Apple Watch Nike+は、Apple Watch Series 2とNike+ Run Clubアプリケーションのユニークな機能を活用した、手首に付けられる完璧なランニングのパートナーです。アプリケーションの体験はApple Watch Nike+にシームレスに組み込まれ、文字盤から簡単にアクセスできるので、ユーザーはタップするだけですぐに走り出すことができます。Nike+ Run Clubアプリケーションでは、ランニングの時間を知らせる賢いリマインダー、友達との競争や、ランニングに適した天候を知らせる通知などを利用できるため、毎日のモチベーションを高めることができます。ペース、距離、心拍数などのトレーニングデータをひと目で確認したり、ランニングの情報を共有したり、友達と競争をして、手首からフィストバンプを送ったりできます。   【価格と販売について】 Apple Watch Nike+は、38mmと42mmの2つのサイズのアルミニウムケースを用意しました。また、専用のNike Sport Bandが付属し、ブラック/ボルト、ブラック/クールグレー、フラットシルバー/ホワイト、フラットシルバー/ボルトの4つのカラーの組み合わせからお選びいただけます。 Apple Watch Nike+は、38mmが37,800円、42mmが40,800円で、Apple.com、Nike.com、Apple Store、および一部のNike小売店、一部のApple正規取扱店、専門店、百貨店で販売されます。 Apple Watch Nike+は、以下の国と地域では9月9日(金)からApple.comで注文を受け付け、10月下旬に販売開始を予定しています。日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、中国、コスタリカ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、香港、インド、アイルランド、イスラエル、イタリア、ルクセンブルク、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、プエルトリコ、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、アラブ首長国連邦、英国、米国。 Apple Watch Nike+は、以下の国と地域では9月23日(金)からApple.comで注文を受け付け、10月下旬に販売開始を予定しています。チェコ共和国、ギリシャ、ハンガリー、マカオ、ポーランド、カタール、ロシア、サウジアラビア。 Nike Sport Bandは、Apple Watch Nike+限定のバンドであり、別売りではありません。 Apple Watch Series 2には、iOS 10以降を搭載したiPhone 5以降が必要です。watchOS 3およびiOS 10は、9月13日(火)より無料のソフトウェアアップデートとして提供開始される予定です。一部の機能は、特定の国・地域または特定の言語でのみ提供されます。 Apple Watch Nike+をAppleより購入されたお客様には、Apple Storeまたはオンラインで無料のパーソナルセットアップを提供いたします**。カレンダー、通知、アプリケーションなど、Apple Watchの機能のセットアップ、設定をお手伝いいたします。 Apple WatchまたはwatchOS 3について学びたい方はどなたでも、直営店のApple Store®で開催されている無料ワークショップに登録・参加いただけます**   *Apple Watch Series 2は、ISO 22810:2010に基づく50メートル耐水性能を備えています。これはプールや海での水泳のような浅瀬での活動にご利用いただけることを意味します。ただし、Apple Watch Series 2は、スキューバダイビング、水上スキーなど、高速な水流に晒されたり、浅瀬より深い水中への水没が起こりうる活動にはご利用いただけません。ステンレススチールバンドとレザーバンドは耐水性ではありません。   **日本では全国7店舗のアップルストアてパーソナルセットアップに対応しています     【NIKEについて】 オレゴン州ビーバートン近郊に本拠を置くNikeは、広範なスポーツおよびフィットネス向けのオーセンティック・スポーツフットウエア、アパレル、用具およびアクセサリーのデザイン・流通・販売を行う世界の大手企業です。Nikeの完全所有子会社には、コンバース(スポーツ・ライフスタイル・フットウエア、アパレル、アクセサリーのデザイン・流通・販売)、ハーレー・インターナショナル(サーフィンと若者ライフスタイル向けのフットウエア、アパレル、アクセサリーのデザイン・流通・販売)があります。Nikeの詳細、収益情報および他の財務情報については、ウェブサイトhttp://investors.nikeinc.comをご覧ください。ツイッターをご利用の方は、@Nikeをフォローしてください。   【Appleについて】 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple Watch Herm?sに新しいスタイルとカラーが登場

2016年9月8日、サンフランシスコ、パリ、Apple®とHermèsは本日、Apple Watch® Hermèsに新しいスタイルを追加したほか、バンドのラインナップを拡大しました。これにより、Hermèsの特徴的なカラーパレットを取り入れたバンドだけでなく、大胆な新色をお楽しみいただけるようになります。また新しいコレクションでは、Apple Watch Series 2と、Hermèsの特徴的なスタイルである手作りの精巧なレザーバンドとの完璧な組み合わせが実現しました。これは両社の共有する、究極の美しさ、そして実用性への大きな志を原動力にしたデザインプロセスによるものです。また、クリッパー、ケープコッド、エスパスというHermèsのアイコニックなモデルにインスパイアされた限定デザインの文字盤もお楽しみいただけます。Apple Watch Hermèsは巧みで洗練されたシンプルさと機能性を体現した、現代生活のための究極のツールです。    「私たちのパートナーシップは同じ志向の発想と互いへの敬意によって生まれました。私たちはデザインを常に進化させて磨きをかける、という共通のこだわりを持っています」とAppleのチーフデザインオフィサー、ジョナサン・アイブは述べています。   「私たちは決して妥協することなく、卓越性や本物と呼べるものをどこまでも追求し、美しいだけでなく実用的で機能的なオブジェを生み出す、という共通のビジョンにより強く結ばれています。これは私たちのパートナーシップにおける新しい一歩です」と、Hermèsのアーティスティック・ディレクション担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、ピエール=アレクシィ・デュマは述べています。    デザイン Apple Watch Hermèsコレクションはさらに拡大し、新しいスタイルが追加されています。ヴォー・スウィフトとヴォー・エプソンのレザーには、Hermèsのシューズとジュエリーのクリエイティブディレクター、ピエール・アルディによる、Hermèsを代表するサンダルのデザインにインスパイアされたダブルバックル・カフが登場。ローズ・ジャイプール、エトゥープ、ブルー・アガトの新色が手首をエレガントに彩ります。新しいシンプルトゥールディプロイアントバックルのバンドは、クラシックなフォルムを創造しなおし、ヴォー・バレニアレザーのシンプルさとディプロイアントバックルのモダンさを組み合わせたものです。バックルは普段は隠れていて、両側のボタンを押すと開きます。クラシックなドゥブルトゥールとシンプルトゥールのスタイルは、アネモネなどの新色が加わり、秋のラインナップに引き継がれます。   Apple Watch Hermèsの新モデルは、Apple Watch Series 2(GPS、50メートルの耐水性能*、明るさが2倍になったディスプレイ、パワフルなデュアルコアプロセッサとwatchOS® 3を搭載)との組み合わせで、専用のシグネチャーカラーであるオレンジのHermèsスポーツバンドも用意されています。これは耐水性を備えているほか、軽量で柔軟性に優れており、究極の使い心地と耐久性が得られるので、トレーニングにもぴったりです。「Apple Watch Hermès」の文字も刻印されています。   【価格と販売について】 Apple Watch Hermèsのケースには、38mmと42mmの2つのサイズが用意されています。価格は、38mmのシンプルトゥールが118,800円、42mmのシンプルトゥールが123,800円。38mmのドゥブルトゥールが133,800円、42mmのシンプルトゥールディプロイアントバックルが143,800円、38mmのダブルバックル・カフが153,800円です。一部のApple StoreとHermèsのブティック、専門店、百貨店にてご購入いただけます。 Apple Watch Hermèsは、9月23日(金)より日本、オーストラリア、ベルギー、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、イタリア、マカオ、ロシア、シンガポール、スペイン、スイス、台湾、アラブ首長国連邦、英国、米国で販売を開始します。 Apple Watch Hermèsバンド(別売)は、9月16日(金)より販売を開始します。**価格は、シンプルトゥールが39,800円、ドゥブルトゥールが54,800円、ダブルバックル・カフが74,800円です。 Apple Watch Series 2には、iOS 10以降を搭載したiPhone 5以降が必要です。watchOS 3およびiOS 10は、9月13日(火)より無料のソフトウェアアップデートとして提供開始される予定です。一部の機能は、特定の国・地域または特定の言語でのみ提供されます。 Apple Watch HermèsをAppleより購入されたお客様には、Apple Storeまたはオンラインで無料のパーソナルセットアップを提供いたします**。カレンダー、通知、アプリケーションなど、Apple Watchの機能のセットアップ、設定をお手伝いいたします。 *Apple Watch Series 2は、ISO 22810:2010に基づく50メートル耐水性能を備えています。これはプールや海での水泳のような浅瀬での活動にご利用いただけることを意味します。ただし、Apple Watch Series 2は、スキューバダイビング、水上スキーなど、高速な水流に晒されたり、浅瀬より深い水中への水没が起こりうる活動にはご利用いただけません。ステンレススチールバンドとレザーバンドは耐水性ではありません。   **マカオとロシアでは、9月23日(金)より販売を開始します。   ***日本では全国7店舗のApple Storeでパーソナルセットアップに対応しています     【Hermèsについて】 Hermèsは、常に最高品質を追求しています。1837年の設立以来、6世代にわたる企業努力と情熱あふれる職人の技により、その価値を広めました。高い精度と熟練の技を最高品質の素材に活用することで培ってきた臨機応変さ、時が経っても美しく変化していくオブジェへの愛情、常に革新を求める精神は広く世界中で認められています。Hermèsは同族会社であり、Hermèsファミリーの第6世代であるCEO、アクセル・デュマにより経営されています。   【Appleについて】 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple Pay、iPhone 7と共に日本に登場

2016年9月8日、Appleは本日、iPhone® 7、iPhone 7 PlusそしてApple Watch® Series 2の登場により、10月から日本のお客さまにApple Pay®を提供開始することを発表しました。Apple Payは簡単に、クイックに、そして安心、安全に毎日の様々な支払いに利用することができます。JR東日本のSuicaを通勤・通学や毎日の買い物に利用したり、クレジットカードやプリペイドカードを使って店舗やアプリケーション内、ウェブサイトで、個人情報を保護しながら、タッチ一つで便利に支払いが行えるようになります。また、iOS 10ではマップが日本国内の交通機関情報に対応するようになるため、運賃の内訳を含む乗車の詳細を簡単に調べられるようになるほか、Suicaの運賃が自動的にデバイスに表示されるようになり、交通機関を使った移動がこれまで以上にスムーズでシンプルになります。 Apple PayはSuicaが使えるところならどこでも利用できるので、毎日のちょっとした買い物を素早く済ませたり、Suicaカードや定期券を購入したりチャージすることも、すべてお持ちのiPhoneで行うことができます。日本の主要な金融機関やカードブランドもApple Payに対応するため、日本国内で多くの大規模店舗や地元の商店、レストラン、そしてお気に入りのオンラインショップでの支払いにApple Payを利用することができます。  「日本のお客さまに、iPhone 7を通してApple Payの魔法のような体験をお届けできることをとても嬉しく思います。常に持ち歩いているiPhone 7やApple Watch Series 2にSuicaを入れて、かつてないほど簡単で便利に通勤・通学に利用できるほか、タッチ一つでお気に入りのカードを使って安心、安全でプライベートに買い物ができるなど、Apple Payは日々の暮らしを一変します」と、AppleのCEO(最高経営責任者)ティム・クックは述べています。「世界最大の交通機関として、JR東日本は日本全国のお客さまに最高のサービスを提供できるよう技術革新に取り組んでいます。お客さまがSuicaで、通勤・通学中や店舗、弊社アプリケーションで簡単に安全にApple Payを利用できるよう、iPhone 7のために全く新しい体験を一から設計しました。」と、東日本旅客鉄道株式会社、代表取締役社長の冨田哲郎氏は述べています。 日本で販売されるiPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2は、全国で毎日1億6千万件以上使われているFeliCa Type-F NFC非接触技術に対応します。  10月にiOS 10でマップが国内の交通機関情報に対応すると、Apple PayのユーザはiPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2で、最新の運賃と時刻情報に基づいて主要な鉄道、地下鉄、フェリー、全国の路線バスを含む経路を計画し、支払いを行えるようになります。Apple PayにSuicaカードを追加しておけば、予定した経路の運賃が残額を超えるとチャージが必要なことを知らせるアラートが表示され、デバイス上ですぐにチャージすることができます。また、日本の地下鉄の出口や乗り換えなども、ていねいなナビゲーションにそって簡単に確認することができます。Apple Payは、AEON、オリコ、クレディセゾン、JCB、トヨタファイナンス、ビューカード、三井住友カード、三菱UFJニコス、UCカード、通信会社のKDDI、ソフトバンク、NTTドコモが発行する、日本で最も人気のある多数のクレジットカードおよびプリペイドカードに対応します。これは、American Express、MasterCard、JCB、iD、QUICPayといった世界・国内のネットワークに対応した、国内のクレジットカードによる支払いの4分の3以上を占めることになります。クレジットカードのポイントプログラムや特典は引き続き対象となります。10月より、iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2のユーザーは、Suica、iDまたはQUICPayが使えるすべての店舗でApple Payを使って買い物ができるようになります。これは日本の大規模店舗での全取引のほぼ3分の2近くに相当します。国内のApple Storeに加え、サークルK、サンクス、セブンイレブン、ミニストップ、ファミリーマート、そしてローソンといったコンビニエンスストア、AEON、アピタそしてピアゴといったスーパーマーケット、エッソ・モービル・ゼネラル、ENEOSといったガソリンスタンド、ビックカメラ、マツモトキヨシそしてユニクロといった小売店、そしてすき家、日本交通などでApple Payが使えるようになります。Apple Payに対応したアプリケーションやウェブサイトでのオンラインショッピングでは、Touch ID®に指を載せるだけで支払いが完了し、アカウント情報や配送先、連絡先、クレジットカード番号を繰り返し入力する必要はありません。カード番号はだれにも知られることがなく、加盟店に知らされることもありません。日本でApple Payが使えるオンラインブランドには、giftee、じゃらんnet、出前館、TOHOシネマズ、日本交通、BASE、minneがあります。 外出先でアプリケーションやSafari®で購入した商品やサービスの支払いをする場合は、iPhone 6以降、iPad Pro™、iPad Air® 2、iPad mini™ 3以降でApple Payを使うことができます。また、2012年以降に発売され、macOS™ SierraがインストールされたMac®でも、SafariでApple Payを使うことができ、iPhone 6以降またはApple Watchで支払いを承認することができます。  セキュリティとプライバシーはApple Payの中核をなす要素です。iPhone、iPadまたはApple Watchを紛失した場合でも、「iPhoneを探す」機能でデバイスを紛失モードに設定してApple Payの使用を一時停止したり、リモートワイプ(遠隔消去)によってデバイスを完全に消去したりすることができます。また、iCloud.comでApple Payを使った支払い機能を無効にすることもできます。デバイスを紛失してしまってもSuicaの残高は保証されます。 Apple Payでクレジットカードまたはプリペイドカードを使用する際、実際のカード番号はデバイスにもAppleのサーバにも保存されません。その代わりに、デバイスの固有のアカウント番号が割り当てられ、お客さまのデバイスのセキュアエレメントに暗号化されて安全に保管されます。   【Appleについて】 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム − iOS、macOS、watchOS、tvOS − はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple Music Festival開催―この9月、10夜にわたり繰り広げられる壮大なパフォーマンスがロンドンを華々しくライトアップ

2016年8月25日、ロンドン、Apple®は本日、ロンドンの伝説的な会場のRoundhouseで、今年9月に再び、Apple Music® Festivalを開催することを発表しました。Apple Musicが世界中の音楽ファンのために独自にキュレーションしたライブミュージックの祭典は今年10周年を迎えます。   この音楽の祭典に登場する全アーティストは、本日、最新のベストミュージックを毎日お届けするApple Musicのラジオステーション、Beats 1®のロンドン担当DJであるJulie Adenugaにより発表されました。Apple Music Festivalの期間中、音楽ファンの皆様はApple Musicで9月中、独占的に配信されるプレイリスト、アーティストのニュース、バックステージのインタビューを通して、お気に入りのアーティストにいっそう近付くことができます。10夜にわたって繰り広げられる壮大なライブパフォーマンスは、世界100カ国のApple Musicメンバーの皆様に、iPhone®、iPad®、iPod touch®、Mac®、Windows PC、Apple TV®、Androidスマートフォンを通じてライブおよびオンデマンドで配信されます。   「過去10年にわたり、このFestivalには世界中から最大級かつ最高のアーティストがロンドンに集結し、そのパフォーマンスを何百万もの音楽ファンに直接届けてきました。今年のApple Music Festivalではその輝かしい伝統からさらに飛躍し、10周年を祝うにふさわしい、より豪華なアーティストに恵まれて、これ以上エキサイティングなことはありません」と、Appleのインターナショナルコンテンツ担当バイスプレジデント、オリバー・シュサー(Oliver Schusser)は述べています。   9月開催のApple Music Festivalへの出演が決定しているアーティストも同様の興奮を伝えてくれます:   「ロンドンも、Roundhouseで演奏するのも大好きです!皆に会えるのが待ち切れません。マジックが起きるわよ!」― アリシア・キーズ   「Apple Music Festivalで演奏できるのは最高にエキサイティングだ。理由は色々あるけれど、僕たちのニューアルバム「Wild World」リリース後、初めての正式なロンドン公演になるというのが一番の理由かな。Roundhouseは生まれ育った町の美しい会場で、たくさんの新曲を初めて演奏するには、これ以上の場所はないと思う」― バスティル   「ロンドンに戻れるのがとても嬉しいです。私には特別な場所だから、Apple Music Festivalでパフォーマンスするのを本当に楽しみにしています。それに10回目のバースデーできっと素晴らしいパーティーになるはずです」― ブリトニー・スピアーズ   「ロンドンのRoundhouseで開催される今年のApple Music Festivalでヘッドライナーを飾れるのはとても嬉しい。世界中のみんなも、Apple Musicでライブで観てください」― カルヴィン・ハリス   「Roundhouseで演奏するのはとてもエキサイティングです。ロンドンが大好きだし、Apple Music Festivalで僕のファンと素晴らしい体験を分かち合うのが待ち切れません」― エルトン・ジョン   「今年もRoundhouseという象徴的な会場に戻り、僕たちの大好きなフェスのひとつ、Apple Music Festivalでファンのために新曲を演奏できるのをとても楽しみにしているよ」― ワンリパブリック   「今年のApple Music Festivalの参加メンバーに加われるのを本当に楽しみにしているよ。2013年の FestivalでRoundhouseで演奏できたのは嬉しかったし、今年はヘッドライナーだからさらにエキサイティングだ」― The 1975   Apple Music Festivalは9月18日〜9月30日まで開催されます。英国にお住まいの音楽ファンの皆様は、Apple Musicで開催されるチケット抽選に応募されるか、メディアパートナーを通じてチケットにお申し込みいただけます。   Apple Musicは、直観的に使えるオールインワンのアプリケーションで、音楽を楽しむための最良の手段です。すでに1500万人以上の有料会員が毎日のように、それぞれの音楽的嗜好に合わせてエディターにより選り抜かれたプレイリストを楽しみ、誰よりも先に最新の音楽に耳を傾け、新しいアーティストに出会っています。   Apple Music Festivalについて更新および追加される情報については、www.applemusicfestival.comをご覧いただくか、各ソーシャルメディアで展開されるApple Music公式チャンネルをハッシュタグ #AMF10 を使って確認、参加してください。   *チケット取得の情報は英国における状況です。     【Appleについて】 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム ー iOS、macOS、watchOS、tvOS ー はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、第3四半期の業績を発表

2016年7月26日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、2016年6月25日を末日とする、2016年度第3四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は424億ドル、純利益は78億ドル、希薄化後の1株当たり利益は1.42ドルとなりました。前年同期は、売上高が496億ドル、純利益が107億ドル、希薄化後の1株当たり利益が1.85ドルでした。売上総利益率は、前年同期の39.7%に対し、38%となりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は63%でした。   「当四半期は、お客様の需要とビジネスパフォーマンスが期初の予想より強かったことを反映した業績となりましたことを嬉しく思います。iPhone SEの発売は大成功し、6月のWWDCでプレビューしたソフトウェアとサービスへのお客様とデベロッパからの反応に興奮しています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。   「サービス関連のビジネスが前年同期と比べ19%増大し、App Storeの売上高も過去最高となりました。これはインストールベースが引き続き成長したことと、継続購入されるお客様の数が過去最高となったことによるものです。自社株買いと配当を通じて130億ドル以上を株主に還元したほか、2,500億ドルの資本還元プログラムのうち1,770億ドルをこれまでに完了いたしました」と、AppleのCFO(最高財務責任者)、ルカ・マエストリは述べています。   Appleは2016年度第4四半期の業績について、以下の予想を提供しています。 売上高として455億ドルから475億ドル 売上総利益率として37.5%から38% 営業費用として60億5,000万ドルから61億5,000万ドル その他の収入/(費用)として3億5,000万ドル 税率25.5%   Appleの取締役会は、同社の普通株式1株当り0.57ドルの現金による配当を宣言しました。配当金は2016年8月8日の営業終了時点の株主を対象に、2016年8月11日に支払われます。   Appleは、2016年度第3四半期業績発表のカンファレンスコールのライブストリーミングを、2016年7月26日14時00分(米国西部時間)より、AppleのWebサイト(http://www.apple.com/investor/earnings-call/)で配信します。このウェブキャストは、配信開始後も約2週間にわたり再生が可能です。   本報道関係者用資料は将来的見通しを包含しており、これらには当社の予想売上高、売上総利益率、営業費用、その他の収入/(費用)、それに税率などが含まれています。これらの見通しはリスクと不確実性を伴い、実際の結果は異なることもあります。リスクと不確実性の例としては以下のものが挙げられますが、これらに限定されるものではありません。競争および経済要因、ならびにそれらに対する当社の反応が、当社の製品に対する消費者および事業者の購買決定におよぼす影響;市場における継続的な競争圧力;当社が新しいプログラム、製品および技術革新をタイムリーに市場に提供し、顧客需要を喚起できること;製品の発表および移行、製品価格またはミックスの変更、および/または部品コストの高騰が当社の売上総利益率におよぼし得る影響;当社が顧客の注文に先立って製品の部品を注文するまたは注文の約束をする必要性に伴う在庫リスク;当社が現在単一のまたは限定された供給元から入手している当社の事業に不可欠な特定の部品およびサービスが今後も適当な条件で継続的に入手できること;サードパーティーが提供する製造および物流サービスへの当社の依存が、製造される製品または提供されるサービスの品質、数量およびコストにおよぼし得る影響;当社の海外におけるオペレーションに伴うリスク;サードパーティーの知的財産およびデジタルコンテンツへの当社の依存;当社が他者の知的財産権を侵害したと判断された場合の潜在的影響;当社製品を取り扱う販売会社、通信事業者その他の再販業者の販売能力への当社の依存;製品およびサービスの品質に関する問題が当社の売上高および営業利益におよぼし得る影響;主要な幹部および従業員が今後も当社に留まり、役務を提供し続けること;戦争、テロリズム、公衆衛生問題、自然災害、および製品の供給、配送または需要を妨げる可能性のあるその他の状況;そして訴訟手続きにおける当社にとって不利な結果。当社の業績に影響を与え得る潜在的要因に関する詳しい情報は、当社がSEC(米国証券取引委員会)に提出する報告書の中の「リスク要因」および「事業の財務状況と業績に関する経営陣の解説と分析」の部に折々に含まれています。これらには、既に提出済みの2015年9月26日を末日とする会計年度に関するForm 10-K(年次報告書)、2015年12月26日を末日とする会計四半期に関するForm 10-Q(四半期報告書)、2016年3月26日を末日とする会計四半期に関するForm 10-Q(四半期報告書)および今後提出する2016年6月25日を末日とする会計四半期に関するForm 10-Q(四半期報告書)が含まれます。将来的見通しおよび情報はそれぞれ発表時点のものであり、当社はこれらを更新する義務を負うものではありません。   ※本資料は、米国発2016年7月26日付けで、米国Appleが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。   【Appleについて】 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの3つのソフトウェアプラットフォーム ー iOS、macOS、watchOS、tvOS ー はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、iOSとして史上最大のリリースとなるiOS 10をプレビュー

2016年6月14日、Apple®は本日、世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムのiOS 10を公開し史上最大のアップデートをしました。この新しいiOSはメッセージアプリケーションが大きく強化され、ステッカーやフルスクリーン効果など、これまで以上に表現豊かで動きのある方法で、友人や家族にメッセージを届けられるようになります。iOS10では、Siri®は各種アプリケーションとも連係し、より様々なことができるようにます。また、マップ、写真、Apple Music®、さらにはNewsアプリケーションが美しく再設計されるとともに、ホームオートメーション製品を一個所から簡単かつ安全な方法でコントロールできるホームアプリケーションを追加しました。iOS 10では、Siri、マップ、電話、メッセージなどの各機能をデベロッパに開放し、すばらしい可能性をもたらします。「iOS 10は私たちにとって史上最大のリリースです。新しいやり方により自分の気持ちを伝えることが楽しくなるメッセージ、ホームオートメーションのネイティブアプリケーションが追加されます。さらに美しく再設計されたミュージックやマップ、Newsがより直感的でパワフルになり、お使いのiPhoneやiPadがこれまで以上に大好きになるあらゆる要素が詰め込まれています。iOS 10では、QuickTypeや写真を扱う際にSiriがもっと賢くなります。また新しいホームアプリケーションによるホームオートメーションが可能になり、さらにはデベロッパ向けにSiri、マップ、電話、メッセージといったアプリケーションが開放されます。同時に、Differential Privacyといったパワフルなテクノロジーにより、セキュリティーやプライバシーも従来以上に強化されます」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは述べています。パーソナルで表現豊かなメッセージメッセージは最もよく使われるiOSアプリケーションですが、iOS 10ではさらに表現豊かで、動きのある楽しいメッセージが、友人や家族に送れるようになります。メッセージには、スクリーン全体に広がるバルーンや紙吹雪、もしくは花火のように、特別な瞬間をお祝いするために使える、表現豊かなアニメーションや、インビジブルインクといってメッセージを受け取ったときは不可視で受け取った友達がスワイプしたあとにだけ見ることができるメッセージ、手書きのノートによるあなたらしい表現などが含まれています。また、Automatic suggestionsという変換機能 により入力した単語を簡単に絵文字に置き換えたり、Tapback(タップバック)機能によりタップひとつで素早く簡単に返事をしたり、rich links(リッチリンク)機能により、会話から離れることなく、メッセージ上にあるコンテンツを見たり、動画や音声を再生したりできます。iOS 10のメッセージはApp Store®に新たな可能性をもたらします。デベロッパは新しく楽しいメッセージを開発することができるようになりました。会話の中にステッカーを貼ったり、動かしたりGIFアニメーションをすばやくパーソナライズしたり、写真を編集したりできる機能、さらにはユーザ間の送金、ディナーや映画をスケジュールするというような、これらすべてのなことがメッセージの中だけで完結できるようになります。Siriをデベロッパに開放iOS 10では、Siriは新たに大きな広がりをみせ、ユーザが一緒に使いたいアプリケーションと連係することで、これまで以上のことができるようになります。今回初めて、デベロッパはSiriが提供する知能を利用できるようになり、ユーザは様々なアプリケーションを声だけで直接操作できるようになります。新たに提供されるSiriKit™を利用すれば、メッセージ、電話、写真の検索、乗物の予約、個人間の送金、ワークアウトなど、Siriと連係するアプリケーションを簡単にデザインできます。さらにSiriでCarPlay®をコントロールすることで、自動車メーカーが提供するアプリケーションからカーエアコンやカーラジオの設定なども可能になります。美しく再設計されたマップiOS 10ではマップが美しく再設計され、これまで以上にシンプルで使いやすいものになります。デベロッパに対して新たな拡張機能と共に開放されることで、OpenTableのようなアプリケーションでは予約機能をマップに直接組み込めるようになります。また、UberやLyftのようなサービスでは、ユーザはマップから直接、より簡単に乗車予約ができるようになります。マップは新しい知能を得てさらに賢くなり、ユーザの日々の行動やカレンダーの予定に基づいて、ユーザが次に行きたいと思われる場所への道順を先回りして提供するようになります。また一度ルートが設定されると、その道順に沿ってガソリンスタンド、レストラン、コーヒーショップなどを自動的に検索・表示するほか、途中で立ち止まった時間も考慮して目的地までの時間を予測します。写真で思い出を再発見iOS 10の写真アプリケーションでは、写真ライブラリからユーザのお気に入りや忘れてしまったと思われる瞬間を、自動的にメモリーに表示して、思い出を今一度呼び起こすのを手助けしてくれます。メモリーはすべての写真やビデオをスキャンし、大好きだったり忘れてしまったと思われるイベント、旅行、人物を見つけて、それを美しいコレクションとして表示します。1つのメモリーには、音楽、タイトル、映画のようなトランジションを使って自動的に編集されたMemory Movie(メモリームービー)も含まれます。メモリーは、高度なコンピュータビジョンにより、人々や撮影地、物体をオンデバイスの顔認識、物体認識、シーン認識で、画像をアルバムにまとめます。このインテリジェントな機能により、プライバシーは保持しつつ、メモリーと関連する写真がユーザにとってパーソナルで意味のあるものとなります。ホームアプリケーションによるシンプルなホームオートメーション新しいホームアプリケーションはiOSと深く統合しており、自宅のアクセサリの設定、管理、制御を1箇所で行うことができる簡単、かつ安全な方法を提供します。アクセサリは場面に合わせて個別に、またはグループとして管理できるので、命令ひとつで同時に連係させられるほか、Siriを使ってコントロールすることも可能です。アクセサリはリモートで管理できるほか、Apple TV®と組み合わせてホームオートメーションを構成したり、一日の特定の時刻、場所、アクションで操作を自動化することも可能です。HomeKit™への対応は引き続きグローバルに拡大しており、今年の時点で約100種類のホームオートメーション製品がHomeKitを採用し、サーモスタット、照明、ブラインド、ドアロック、ビデオカメラなどが、ホーム アプリケーションで管理できます。以上のようなHomeKitデバイスにより、今年後半から、Brookfield Residential、KB Home、Lennar Home、R&F Propertiesなど米国の大手住宅施工業者は、新築住宅を建てる際にこれらのHomeKitデバイスの設置を開始します。デザインがすべて新しくなるApple MusicとNewsApple Musicのデザインが刷新され、これまで以上に明快でシンプルな使用感をすべての機能で体験できます。音楽が主役となる新しいデザイン言語を採用し、新たに構成されたインターフェイスにより新しい音楽を見つけ出すのが簡単になります。ライブラリ、For You、メニュー、Radioの各タブは一新され、それぞれの機能がより強化されたほか、新たに追加された検索タブによりさらに音楽を見つけやすくなります。これらの変更点すべてが、明快で直感的なデザインとなっています。iOS 10では、News*も再設計され、For Youが新設されたほか、ストーリーや記事、最新ニュースの通知、有料購読コンテンツが見つけやすいように各セクションに分類されます。iOSのエクスペリエンスiOS 10では、必要な情報へのアクセスがこれまで以上に簡単で迅速になります。Raise to Wake機能により、iPhone®を持ち上げると画面が表示され、ロック画面から直接すべての通知を一目で簡単にチェックできるようになります。通知、「今日」、コントロールセンターの各項目はスワイプまたはプレスだけでアクセス可能になります。iPhone 6sならびにiPhone 6s Plusの場合は3D Touch™とより一層深く連係することでアプリケーションの操作がさらに簡単になります。iOS 10のその他の機能 Siriのインテリジェンスがもたらす新しいQuickType®機能――位置情報、カレンダーの空き状況、連絡先に基づく関連情報を表示する文脈予測。キーボードを切り換えることなく複数の言語入力をサポートする予測タイピング。 電話機能は、サードパーティーによるVoIP通話、ボイスメールのテキスト化、発信者IDによる迷惑電話の警告などと統合。 内蔵アプリケーションのアップデート――iPad®におけるSafari®のSplit View、メモのコラボレーション、Live Photos™の編集。 Apple Pay®の機能拡大――実店舗での購入、App内課金に加えて、Apple Pay対応ウェブサイトではSafariを通じた簡単、安全、プライベートな購入にも対応。 時計アプリケーションの就寝アラームで定期の睡眠スケジュールを設定し、就寝時刻のリマインダーを受信。iOS 10におけるプライバシーセキュリティーとプライバシーは、Appleのハードウェア、ソフトウェア、サービスを設計する上での大前提です。iMessage®、FaceTime®、HomeKitでは、end-to-endの暗号化により、ユーザのデータをAppleや他者に読取り不可能な状態にして保護します。iOS 10では、iOSデバイスが搭載するインテリジェントな機能を使って写真の中の人物、事物、場面を特定したり、QuickTypeによる予測入力を実現しますが、これらはすべてデバイス上のみで行われます。Siri、マップ、Newsのようなサービスでは、ユーザ側のデータをAppleのサーバーに送信しますが、このデータによりユーザを特定するような情報が作成されることは一切ありません。iOS 10より、AppleはDifferential Privacyというテクノロジーを採用して、個々のユーザのプライバシーを守りながら、大人数のユーザの使用パターンを把握します。iOS 10においては、このテクノロジーはQuickTypeや絵文字の予測入力、Spotlight®のdeep linkの予測入力、メモのLookup Hintsに利用されます。【提供について】iOS 10のデベロッパ向けプレビューは本日より、developer.apple.comを通じてiOS Developer Programメンバーに提供されます。また、iOSユーザに対しては7月より、パブリックベータプログラムがbeta.apple.comで提供される予定です。iOS 10の正式リリース版は今秋発表予定で、iPhone 5以降、iPad Air®およびiPad Pro™の各モデル、第4世代のiPad、iPad mini™ 2以降、第6世代のiPod touch®に対して、無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。詳細については、apple.com/ios/ios10-previewをご覧ください。一部の機能は、国や地域、言語によっては利用できない場合があります。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、メジャーアップデートとなるmacOS Sierraをプレビュー

2016年6月14日、Apple®は本日、世界で最も先進的なデスクトップオペレーティングシステムに、Mac®をこれまで以上にスマートで役立つ存在にする機能を加えたメジャーアップデート、macOS Sierra™(マックオーエス・シエラ)をプレビューしました。Siri®がMacでも使えるようになり、ユーザが毎日デスクトップで行う作業を手助けするまったく新しい機能を搭載しました。Siriを使うと、情報を調べたり、書類を探したり、検索結果にピンを付けたりドラッグ&ドロップしたり、システム環境設定を調節したりすることさえできるようになります。iCloud®とのシームレスな統合により、デスクトップや書類フォルダにあるすべてをiPhone®やiPad®からも利用することができるようになるため、いつでも必要なファイルにアクセスすることができます。Universal Clipboard (ユニバーサルクリップボード)を使うと、テキスト、画像、写真そして動画を含むコンテンツを一つのAppleデバイスからコピーし、別のAppleデバイスにペーストすることができます。SierraではApple Pay®をMacで使うことができるようになるため*、これまで以上に安全かつプライベートにオンラインショッピングを楽しむことができます。また写真アプリケーションでは、大切な思い出を再発見したり、ライブラリを整理したり、撮った写真をプロのように完璧に編集したりできるようになります。   「macOS Sierraは、皆様が使い慣れたお気に入りのアプリケーションへの改良や、素晴らしい数々の新機能によって、Macをこれまで以上にスマートで役立つ存在にするメジャーアップデートです。macOS Sierraでは、Siriを使って情報を入手し、ファイルを探し、マルチタスクをしたり、どこからでもMacのデスクトップや書類フォルダにアクセスしたり、MacとiOSデバイス間でコピー&ペーストをしたり、写真アプリケーションで貴重な思い出を再発見したりすることができます」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは述べています。   SiriがMacにデビュー ワンクリックするだけで、MacでSiriを使うことができます。Siriのお馴染みの機能が、デスクトップ用に設計されたまったく新しい機能とともにMacでも使えるようになります。Dock、メニューバーまたはキーボードから簡単にアクセスできるSiriを使うと、自分の声を使って情報を検索したり、ファイルを探したり、メッセージを送信したりすることができます。例えば、昨夜作業したドキュメントを探したり、カレンダーにミーティングの予定を加えたり、FaceTime®での通話を始めたり、といったことをSiriに頼むことができます。MacでSiriを使うと、Siriの検索結果をドラッグ&ドロップでドキュメントまたは電子メールに追加したり、通知センターにSiriの検索結果をピンで付けてスポーツのスコアや株価といった情報に常にアクセスできるようにしたり、さらにシステム環境設定を調節したり、リマインダーを設定したり、写真ライブラリを検索したりすることさえできます。SiriのMacでのデビューに伴い、SiriはiOS、macOS™、watchOS®そしてtvOS™といったAppleのソフトウェアプラットフォーム、4つすべてで使えるようになり、世界36カ国で毎週20億件のリクエストを処理することになります。   すべてのデバイスでデスクトップと書類を共有 macOS Sierraでは、デスクトップ上と書類フォルダ内のすべてのファイルが自動的に他のどのMac、iOSデバイスまたはWindows PC上でも使えるようになります。デスクトップ上または書類フォルダ内に通常のやり方でファイルを保存するだけで、必要なときにどこからでも利用することができます。iPhoneおよびiPad上のiCloud Drive®アプリケーションから、そしてiCloud.comから、またはiCloud for Windowsアプリケーションからも自分のファイルにアクセスすることができます。そして別のMacにログインすると、ファイルはデスクトップや書類フォルダなど、先に保存したのと同じ場所に自動的に現れます。   デバイス間でコピー&ペースト macOS SierraではAppleデバイス間の連係もさらに良くなっています。Universal Clipboard(ユニバーサルクリップボード)を使うと、クリップボードの内容がiCloudを通じてすべてのAppleデバイスで利用できます。テキスト、画像、写真そして動画をMacとiPhone、iPad間で簡単にコピー&ペーストすることができます。   ほとんどすべてのアプリケーションにタブ デスクトップをより効率的にナビゲートできるよう、macOS SierraではSafari®の人気機能であるタブが、マップ、メール、Pages®、Keynote®そしてTextEditなどマルチウィンドウに対応する全てのMacアプリケーション、さらにはサードパーティのアプリケーションでも利用できるようになります。タブを使うと、マップ内で現在の位置を失うことなく複数のロケーションを閲覧したり、Pagesの書類間のコピー&ペーストをフルスクリーンで行なったり、メールで複数の下書きの間を素早く行き来したりすることができます。   Macでピクチャ・イン・ピクチャ 一つの事から目を離さないで別の作業も行うことができます。macOS Sierraでは、作業中もSafariまたはiTunes®のムービーをデスクトップ上でウインドウ表示させることができるほか、ムービーのサイズを変えたり、スクリーンのどのコーナーにでもドラッグしてピンすることができます。スペースを切り替えている間はムービーは進まないため、一瞬たりとも見逃すことがありません。   MacでもApple Payを使ってショッピング* Mac上でのオンラインショッピングは人気がありますが、macOSでは、Safariでのショッピングエクスペリエンスがさらに良くなります。Apple Pay on the webを使って、対応したウェブサイトで安全かつプライベートに買い物をすることが簡単にできます。もうオンラインショップにクレジットカードやデビットカードの番号を知らせる必要はなく、実際のカード番号はお使いのデバイス上にもAppleのサーバにも保存されません。お気に入りのショッピングサイトでチェックアウトの際にApple Payのボタンを探してみてください。そしてお使いのiPhoneのTouch ID®で、またはApple Watch®を使って購入手続を完了してください。強力な暗号化がお使いのデバイスとApple Payサーバとの間のすべての通信を保護し、Apple Payはユーザの購入行為を追跡しません。   写真アプリケーションで思い出を再発見 写真アプリケーションの新しい「メモリー」は、最初の誕生会や、結婚式、家族旅行などのイベントを自動的にコレクションとして作成することにより、写真ライブラリの中に深く埋もれたお気に入りや忘れられた瞬間を再発見する手助けをしてくれます。新しい高度なコンピュータビジョンにより、写真アプリケーションは、オンデバイスの顔認識、物体認識、シーン認識や位置情報を使って、ピープル、撮影地そして写真の中の物体を理解し、画像をアルバムにまとめます。ピープル機能は、誰が写っているかを基に写真を自動的にアルバムにまとめます。撮影地機能は、写真を世界地図上に表示し、それらがどこで撮られたかがわかるようにします。また、ハイライトを抑え、コントラストを加えることにより写真全体のディテールを強化する新しいBrilliance(ブリリアンス)ツールを使うと、写真をプロのように完璧に仕上げることがこれまで以上に簡単にできます。   macOSのその他の機能 Auto Unlock(オートアンロック):認証されたApple Watchを身に付けて自分のMacまで近づいていくと自動的に自分のデスクトップにログインすることができます。 Optimized Storage(オプティマイズドストレージ):お使いのMacの容量が一杯になり始めると、頻繁に利用しない項目をiCloudに保存した上で、使用済みのアプリケーションインストーラーを削除するように促し、さらに重複してダウンロードしたもの、キャッシュ,ログなどを消去します。 メッセージ:アプリケーション内でのウェブリンクのプレビューやビデオクリップの視聴、Tapback(タップバック)を使ってのハート、サムズアップなどのリアクションのメッセージバブル上への直接投稿などにより会話がより面白くなります。またより大きな絵文字を使ってメッセージのインパクトを高めることができます。 Apple Music in iTunes:新しいミュージックを発見したり、エクスクルーシブやニューリリースを閲覧することがこれまで以上に簡単になります。   macOSにおけるプライバシー セキュリティとプライバシーは、Appleのハードウェア、ソフトウェアそしてサービスの設計にとって基本となるものです。iMessageとFaceTimeはエンドツーエンドの暗号化を使い、ユーザのデータをAppleや他者が読めないようにすることで保護しています。SiriやマップのようなサービスはAppleのサーバにデータを送信しますが、このデータはユーザプロファイルを作成するためには使われません。また写真アプリケーションは、デバイス上のインテリジェンスを使って、顔認識、物体認識、シーン認識による画像整理を行っています。   macOS Sierraより、AppleはDifferential Privacy(差分プライバシー)と呼ばれる技術を使って、個人のプライバシーを侵害することなく多数のユーザの利用パターンの発見に役立てています。macOS Sierraでは、この技術はメモ内での推測候補やルックアップヒントの自動修正を改善するのに役立ちます。 【提供について】 macOS Sierraの開発者向けプレビューは、本日より、developer.apple.comにてApple Developer Programのメンバーに対して提供されます。Macのユーザは、本日macOS Sierra Beta Programにサインアップすると、7月からdeveloper.apple.comにてソフトウェアをダウンロードすることができます。最終版は今秋、Mac App Store®から無料で提供されます。詳しくは、apple.com/macos/sierra-previewをご覧ください。機能は変更される可能性があり、機能の中には、全ての地域または言語では利用できない可能性があるものもあります。 *一部の地域でのみお使いいただける機能です。 【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、watchOS 3をプレビューより速く、よりシンプルに、そして画期的なヘルスケア機能を搭載

2016年6月14日、Apple®は本日、パフォーマンスが大幅に向上し、お気に入りのアプリケーションをすぐに起動できる機能や新しいDockなどによって操作性を高め、Apple Watch®のためのまったく新しいフィットネスと健康の機能を搭載するwatchOS® 3のプレビューを行いました。今秋リリースされるこのソフトウェアアップデートには、画期的なBreathe(ブリーズ)アプリケーションが搭載され、一日の中で、リラックスしてストレスを和らげるエクササイズである深呼吸の時間を取るようユーザーにすすめます。アクティビティアプリケーションでは、共有、比較、競争ができるようになるほか、車いすのユーザーがアクティビティのリングを完成させることができるようになります。「Apple Watchは健康な生活に最適なパートナーですが、watchOS 3ではさらに好きになっていただける機能がたくさんあります。お気に入りのアプリケーションがすぐに起動し、アクセスもシンプルになっています。また、Breatheアプリケーションのような健康とフィットネスの画期的な新機能が搭載され、まったく新しい時計のように感じられます」と、Appleのチーフオペレーティングオフィサー、ジェフ・ウィリアムズは述べています。即時性のあるパフォーマンスとシンプルな操作watchOS 3では、メッセージに返信する、ワークアウトを始める、曲をスキップするといった、よく行う操作がさらに簡単にすばやくできるようになっています。サイドボタンを押すと、最近使ったアプリケーションやお気に入りのアプリケーションを表示する新しいDockにアクセスできます。お気に入りのネイティブアプリケーションやサードパーティ製のアプリケーションを、Dockや文字盤から直接起動でき、アプリケーションを見るときに、情報はいつでも最新のものに更新されています。iOSと同様に、ユーザーが文字盤を上にスワイプすると新しく、機能が向上したコントロールセンターを表示でき、下にスワイプすると通知センターを表示できます。また、左右にスワイプすると、文字盤を簡単に切り替えることができます。フィットネスと健康フィットネスと健康の習慣を変えるうえで、社会との関わりは重要な要素です。watchOS 3では、友達や家族、さらにパーソナルトレーナーと結果を共有、比較、競争することができます。完成したアクティビティのリング、終了したワークアウト、獲得した成果など、友達のアクティビティの進捗に関する通知を受け取ることも可能になります。アクティビティの共有はメッセージアプリケーションと直接連動するので、アクティビティとワークアウトのために特別にカスタマイズされた新しいSmart Replies(スマートリプライ)を使って友達や家族とやり取りし、モチベーションを高め、成果を祝うことができます。watchOS 3では、アクティビティアプリケーションの体験が車いすのユーザーに合わせて最適化されています。車いすを漕ぐこと(ロール)が一日の消費カロリー目標の達成度に加味され、「スタンドの時間です」と知らせるリマインダーが「ロールの時間です」になり、車いすに特化したワークアウトもあります。まったく新しいBreatheアプリケーションでは、一日の中で、深呼吸をする短時間のセッションを行うようユーザーにすすめます。美しく、心が安らぐようなビジュアルと触覚による合図が、深く大きく息をする、1〜5分の深呼吸のセッションを行うようユーザーを導き、完了すると、心拍数の概要が表示されます。まったく新しいコミュニケーションメッセージの受信とすばやい返信をする際、watchOS 3はさらにパワフルに、そして表現力豊かになります。ステッカー、手書き、フルスクリーンのエフェクトや、友達がスワイプした時のみメッセージが表示される透明インクを利用できます。Smart Repliesがさらにすばやくできるようになり、メッセージの通知から直接利用できます。もっとカスタマイズした返信が必要な場合は、新しいscribble(スクリブル)機能により、ユーザーがディスプレイの上で文字を書くと、Apple Watchが手書きの文字をテキストに変換します。watchOS 3のSOSでは緊急時に、iPhone®から、またはWi-Fiに接続している時に世界中の救急医療サービスに電話をかけることができ、サイドボタンを押したままにするだけで、緊急時の連絡先に通知することができます。文字盤ミニーマウス、アクティビティ、シンプルで洗練された数字などの文字盤が新たに加わり、Apple Watchがこれまで以上にパーソナルになります。ワークアウト、ミュージック、メッセージなど、さらに多くのアプリケーションが文字盤から直接起動できます。また、写真、モーション、タイムラプスの文字盤にコンプリケーションを追加できるようになります。iPhoneのWatchアプリケーションの新しいFaces Galleryを使って、文字盤のカスタマイズやサードパーティ製アプリケーションの検索がもっと簡単になります。【提供について】watchOS 3は、今秋、Apple Watchに対する無償アップデートとして提供されます。Apple Watchには、iOS 8.2以上を搭載したiPhone 5以降のモデルが必要です。watchOS 3用のWatchKit®は、iOSデベロッパプログラムメンバー向けに本日からdeveloper.apple.comで提供されます。詳しくは、apple.com/watchos-previewをご覧ください。提供される機能は変更される場合があります。一部の機能は国や地域または言語によっては利用できない場合があります。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Siriのパワフルな新機能とシングルサインオンがApple TVに

2016年6月14日、Apple®は本日、Apple TV®向けに、Siri®のパワフルな新機能やシングルサインオンなど、ユーザのための優れた新機能を多数発表しました。これにより、リビングルームでのエンターテインメント体験がこれまで以上に素晴らしいものとなります。お客様は、拡張されたSiriの機能を使って、より多くのアプリケーションをカバーする検索機能、YouTube検索、トピックによる検索、さらに多数のライブチャンネルへすばやくアクセスしたり、お気に入りのコンテンツにこれまで以上にすばやくアクセスできます。テレビの未来はアプリケーションです。シングルサインオンにより、お客様は1回サインインするだけで、加入している有料テレビ放送プロバイダのすべての動画チャンネルの認証を完了し、それらのテレビ局のすべてのアプリケーションを楽しむことができます。 「テレビの未来はアプリケーションです。Apple TVに搭載されているSiriは、私たちがテレビを操作する方法に革新をもたらしました。そしてこれからも、拡張されたSiriの機能が、さらにすばやく視聴者が観たいコンテンツをお届けします」「Apple TVでは、6,000本を超えるアプリケーションを楽しむことができ、そのうちの1,300本以上が動画チャンネルです。Siriの新機能とシングルサインオンの組み合わせによって、視聴するのがこれまで以上に楽しくなります」。と、Appleのインターネットソフトウェア&サービス担当シニアバイスプレジデント、エディー・キューは述べています。 新しいSiriの特長と機能 Apple TVの登場以来、Siriはさらにパワフルになっており、650,000本を超えるテレビ番組のエピソードや映画から検索できます。また、さらに多くの国で機能が拡張されたSiriを利用できるようになりました。 映画のトピックによる検索*:Siriでトピックやテーマごとに映画を検索できるようになったので、これまで以上に多くの方法で、そのときの気分にあった映画を見つけることが可能です。たとえば、「野球に関する映画を表示して」「自動車についてのドキュメンタリーを探して」「80年代のハイスクールコメディを見つけて」などのように探すことができます。 YouTube検索:6月下旬より、Siriに「YouTubeでかわいいパグのビデオを検索」などのように話しかけて、YouTubeを検索できるようになります。 Live tune-in:Siriに「CBSニュースを見たい」「ESPNを見たい」などのように話しかけて、対応するアプリケーション内にあるライブチャンネルに直接移動することができます。 HomeKit™アクセサリの管理:Apple TVによって、HomeKit対応アクセサリをコントロールすることができます。たとえば、Siriに「ライトを付けて」「温度を70?に設定」などのように頼むことができます。また、Apple TVを使って、外出先からHomeKitアクセサリをコントロールしたり、iOSデバイスのホームアプリケーションを使って、Apple TVをホームオートメーションに活用することもできます。 有料テレビ放送アプリケーション向けのシングルサインオン 史上初めて、米国のお客様は、シングルサインオンを使って、シンプルな方法で有料テレビ放送の動画チャンネルを楽しめるようになります。この秋から、ユーザは、Apple TVにサインインするだけで、お気に入りの動画チャンネルにすぐにアクセスできるようになります(有料テレビ放送の購買契約に含まれているチャンネルに限ります)。 ユーザが1つのテレビ局のアプリケーションにサインインすると、Apple TV上にある、その有料テレビ放送以外のアプリケーションでも、そのユーザのログインが自動的に行われます。 お客様はシングルサインオンを行う際に、有料テレビ放送のプロバイダが提供する、認証が完了したアプリケーションの一覧ページを表示できるので、お気に入りの動画チャンネルを見つけて、ダウンロードして楽しむのも、これまで以上に簡単になります。 どのテレビ局のアプリケーションでも、この技術を活用して、シングルサインオンを利用できるようにすれば、視聴者側の操作が簡略化されます。 シングルサインオンは、Apple TVとiOSの両方で提供予定です。 テレビの未来はアプリケーションです。 最新のApple TVは昨年の秋に登場し、iOSとよく似ていますが、リビングルーム向けというこれまでにない現代的なプラットフォームをデベロッパに提供してきました。Apple TVでは、すでに6,000本を超えるアプリケーションが入手可能となっています。テレビの未来はアプリケーションです。ユーザは家庭にある最も大きなスクリーンで素晴らしい体験を楽しめます。ZovaやDaily Burnを使って汗を流したり、Airbnbやトリップアドバイザーで次回の旅行を計画したり、友人や家族とSketchParty TVやNBA 2K16をプレイしたり。またはギルトでお気に入りのデザイナーブランドを購入するのも、Kitchen Stories クックブックで料理を学ぶのもよいでしょう。ABC Newsで最新ニュースに目を通したり、HBO NOWやSling TVでお気に入りの番組や映画、スポーツを楽しんだりすることもできます。デベロッパはまだtvOS™の可能性に触れ始めたばかりですが、すでに素晴らしい反響が寄せられています。 「Apple TVのtvOSは、テクノロジーとエンタテインメントのシームレスな連係を生み出すことで、Sling TVアプリケーションを新たな高みへと引き上げてくれました」 ― Sling TVのCEO、ロジャー・リンチ氏 「iOSのゲーム体験をリビングルームへと容易に広げることができました。これは、従来のゲーム用コンソールではとても難しいことです」 ― BoomBitのCEO、ハンニバル・ソアレス氏 「tvOSによって、STARZは、これまで成し得なかったような体験をApple TV上で創り出すことができました。お客様にも大変好評です」 ― StarzのCEO、クリス・アルブレクト氏 デベロッパに提供される新しいtvOSのAPIとツールは、下記の通りです。 ReplayKit:デベロッパが自身で開発したアプリケーションを録画してライブ配信を行うことができるようになります。 PhotoKit:iCloud®フォトライブラリとiCloudの共有ストリーム内にある写真やビデオに、サードパーティー製アプリケーションがアクセスできるようにします。 HomeKit:Apple TVからHomeKitデバイスをコントロールするアプリケーションを製作できます。 ホーム画面のアプリケーションにバッジを表示:アプリケーション内で新しい機能やコンテンツを利用できるようになったことをユーザが把握しやすくなります。 Game Center:いくつかの機能強化が行われたほか、ゲームコントローラを同時に最大4台までサポートするようになりました。 その他のApple TVの機能とアップデート iOSユーザは、タッチによる操作、Siri、ゲームプレイをサポートした新しいApple TV Remoteアプリケーションをダウンロードできます。 Apple Music®のデザインが一新され、すべての体験において、分かりやすさとシンプルさが向上しました。「ライブラリ」「For You」「メニュー」「Radio」の各タブのデザインがまったく新しくなり、より直感的に目的の画面に移動できるようになったほか、「検索」タブが追加され、音楽を探すのがこれまで以上に簡単になりました。 Apple TVの写真アプリケーションが新しい「メモリー」機能に対応するようになりました。これにより、ユーザのフォトライブラリにある大切な瞬間を再発見し、大画面で楽しむことが簡単にできるようになります。 明るく鮮やかなApple TVのインターフェイスはユーザに好評ですが、ホームシアターの環境や照明を控えた部屋に合わせて暗めの背景が好まれる場合もあります。ユーザはApple TVに暗めの背景(ダーク)を選択できるようになりました。  ユニバーサルアプリケーションがユーザのiOSデバイスに追加されると、そのアプリケーションが自動でApple TVにダウンロードされ、ホーム画面に表示されます。 Apple TVにキーボードが表示されると、同じiCloudアカウントでログインしている近くのiOSデバイスにもキーボードが表示されるので、テキストがさらに入力しやすくなります。 【提供について】 tvOSのデベロッパプレビューは、developer.apple.comにて、本日よりDeveloper Programメンバーを対象に提供されます。新しいtvOSは、Apple TV用の無料ソフトウェアアップデートとして、今秋より提供を開始する予定です。詳しくはapple.com/tvos-previewをご覧ください。機能は変更される可能性があります。機能によっては一部の地域または言語だけで提供される可能性があります。Siriは、12カ国のApple TVユーザに提供予定です。 *Siriの利用可能状況および機能は国によって異なります。 *一部のコンテンツの視聴には契約が必要です。 【Appleについて】 Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Swift Playgroundsアプリケーションで、プログラミングを簡単に楽しく学習

2016年6月14日、Apple®は本日、だれでも、楽しく簡単にプログラムの記述方法を学べる、iPad®向けの新しい革新的なアプリケーション、Swift Playgrounds™(スウィフト・プレイグラウンド)を発表しました。Swift Playgroundsは、インタラクティブなインターフェイスを通じて生徒やプログラミング初心者でもSwift™を楽しく学べるように導きます。Swift™はAppleが開発した簡単に学べるプログラミング言語で、プロフェッショナルなデベロッパが最高水準のアプリケーションを作成する際、実際に使っています。Swift Playgroundsに含まれているAppleによるプログラミングレッスンでは、生徒たちは夢中にさせるようなグラフィックスの世界の中で画面上のキャラクターをガイドするためにパズルを解いたり、課題をクリアすることを通して、プログラミングの主要概念を学ぶことができます。また、内蔵のテンプレートを活用すれば、だれでも簡単に創造力を発揮して実際のプログラムを作成することができます。完成したプログラムは、「メール」や「メッセージ」で友達と共有したり、ウェブ上に公開したりできます。 「私がプログラミングを学びはじめた頃に、Swift Playgroundsがあれば、どんなによかったでしょう。生徒たちや初心者にも簡単に使えるのに実際のプログラムを記述できるほどパワフル、というアプリケーションは、Swift Playgrounds以外にありません。これはプログラミングの基本概念に命を吹き込み、次の世代に創造力を発揮できるようスキルを与える革新的な方法です」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは述べています。 「Appleの新しいSwift Playgroundsアプリケーションは、これまでで最もパワフルで、しかも使いやすいプログラミング学習のためのアプリケーションです。我々も新しいカリキュラムにも、ぜひ取り入れたいと思っています。これは生徒たちにとって楽しく直感的ににプログラミングの基本概念をiPadを使って学ぶ方法で、将来生徒たちが何をすることにしても助けになるSwiftという言語も習得できます。」と、App Camp for Girlsの創始者、Jean MacDonald氏は述べています。 Appleが開発したプログラミングレッスンのライブラリを活用すれば、生徒たちは、コマンドの発行、関数の作成、ループの実行、条件付きコードや変数の使用といったプログラミングの概念を学びながら、着実にスキルを高め、自信をつけていくことができます。スタンドアロンの新しい課題も定期的にリリースされるため、学習者のスキルの向上と興味の広がりに合わせて、プログラミング能力に磨きをかけることができます。Xcode®を使って、教育者やデベロッパがSwift Playgrounds向けの課題を独自に作成することもできます。 こうしたレッスンに加えて、Swift Playgroundsの豊富な内蔵テンプレートを活用すれば、次世代のデベロッパたちは簡単に創造力を発揮できるようになります。生徒たちやデベロッパは、プログラミングのテンプレートを土台に変更を加えたりコードを構築することができ、グラフィックスやタッチ操作のインタラクションを追加して、独自のコードに作り上げることができます。Swift Playgroundsがあれば、SwiftとiOSフレームワークを使って、様々なインタラクティブプログラムを実質的には無限に作成することができます。空のPlaygroundドキュメントを作成するか、基本的なグラフィックスとユーザーインターフェイスのテンプレートを使って、タッチや加速度センサーに反応したり、Bluetooth対応デバイスをコントロールしたりするパワフルなアプリケーションを作成できます。さらにSwift PlaygroundsはSwiftのコードを使うため、プロジェクトをXcodeに直接書き出すことができ、実際に本格的なアプリケーションとなるようなiOSやmacOS™のプログラムも作成できます。 Swift Playgroundsは、iPadのMulti-Touch™インターフェイス向けに基礎から設計されているため、数回タップするだけでプログラム全部を作成することができます。プログラミング専用の新しいキーボードのキーをスワイプすると、Swiftでよく使う文字列になるよう文字が追加されます。ショートカットバーには、コンテキストに合うような次のコマンドや値の候補が表示されます。さらに、ポップオーバーのキーパッドを使えば、タップするだけで簡単に数字を変更したり、色値にタッチしてカラーピッカーを表示したり、ループや関数定義の境界をドラッグして既存コードを配置したりできます。また、一般的なプログラムのスニペットをライブラリからドラッグするだけで、ほとんどタイプしないまま、または全くせずに新しいパワフルなプログラムを作成することもできます。作成したプログラムは、iPadのRetina®ディスプレイにフルスクリーンで美しく表示され、タッチジェスチャーやiPadの加速度センサーのインタラクションへの反応は、夢中にさせるような感覚を与えます。 【提供について】Swift Playgroundsのプレビューは、本日より、developer.apple.comにてApple Developer Programのメンバーに対して、iOS 10デベロッパプレビューの一部として提供され、7月のiOS 10パブリックベータ版にも含まれます。Swift Playgroundsの最終版は、今秋、App Store®から無料で入手できるようになります。Swift Playgroundsは、iOS 10を搭載したiPad Air®、iPad Pro™、iPad mini™ 2以降の全モデルに対応しています。Swift Playgroundsのビデオ、画像、デモなど、詳細情報については、apple.com/swift/playgroundsをご覧ください。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの3つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、macOS、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


AppleとSAP、iPhoneとiPadを使った業務を改革すべくパートナーに

2016年5月5日、米カリフォルニア州クパティーノおよび独ヴァルドルフ、Apple®とSAPは本日、iPhone®およびiPad®向けのパワフルなネイティブアプリケーションとSAP HANAプラットフォームの最先端の機能性を組み合わせて、あらゆる規模の法人顧客のモバイル体験を改革することを目的としたパートナーシップを発表しました。両社取り組みの一環として新たなiOSソフトウェア開発キット(SDK)とトレーニング環境も提供され、デベロッパ、パートナー、顧客はそれぞれの事業ニーズに合わせたネイティブのiOSアプリケーションを簡単に構築できるようになります。「このパートナーシップを通じて、iOSの革新性とセキュリティがビジネスソフトウェア分野におけるSAPの深い知見とが組み合わされることにより、企業におけるiPhoneとiPadの使われ方が変革されるでしょう。エンタープライズ・ソフトウェアのリーダー企業として、また、ビジネス取引の76パーセントがSAPシステムを通じて行なわれている現状において、SAPはiPhoneとiPadを通じて遂行される世界中のビジネスを意味ある形で変革することを支援してくれるまさに理想的なパートナーです。新しいSDKを通じて、SAP開発に取り組んでいる250万名以上のデベロッパはSAP HANA Cloud Platformを活用するパワフルなiOSネイティブアプリケーションを開発することが可能となり、またiOSデバイスならではの素晴らしい機能性を活用することもできます」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。「AppleとSAPの特別なパートナーシップが画期的な事業領域に向かうことを誇りに思います。ビジネスパーソンに活発で直感的な業務体験を提供するにあたり、私たちは彼らがより多くのことを知り、より多くのことを対応でき、より多くのことを実行できる手助けをしています。SAP HANA Cloud PlatformおよびSAP S/4HANAのパワフルな機能性を、業界の主流であり、エンタープライズ向けとして最も安全なモバイルプラットフォームであるiOSを組み合わせることで、いつどこで働く場合でも最新のデータを提供するお手伝いができます。AppleとSAPは未来を形作り、世界を良い方向に動かして、人々の暮らしを向上させるという使命を共有します」と、SAPのCEO、ビル・マクダーモット(Bill McDermott)氏は述べています。両社はiOS専用の新しいSAP HANA Cloud Platform SDKの提供を計画しており、これにより事業者、デザイナー、デベロッパはSAPのOpen PaaS(platform as a service)であるSAP HANA Cloud Platform上で、iPhoneおよびiPad向けに独自のiOSアプリケーションを迅速かつ効率的に開発するためのツールが提供されます。これらのネイティブアプリケーションではSAP S/4HANA上にあるコアデータとビジネスプロセスが利用できるほか、Touch ID®、位置情報サービス、通知のようなiPhoneおよびiPadの機能をフル活用できます。新しいデザイン言語であるSAP Fiori for iOSは、SAP Fioriの定評あるユーザーエクスペリエンスを誰でも使えるiOSの使用感と組み合わせることでさらにレベルアップし、企業から求められる妥協の許されないユーザーニーズに応えながら、次世代のアプリケーション開発を容易にします。250万名のメンバーを擁するSAPのグローバルのデベロッパコミュニティが新しいSDKと、Appleの革新的なハードウェア&ソフトウェアをフル活用するのを支援すべく、iOS向けの新しいSAP Academyを通じて各種のツールやトレーニングが提供されます。新しいSDK、デザイン言語、トレーニング環境は、本年中に提供・導入が開始される予定です。このパートナーシップの一環として、SAPは重要なビジネスオペレーションに向けたiOSネイティブアプリケーションをいくつか開発する予定です。これらのiPhoneおよびiPad用アプリケーションは、Appleの新しい、安全でインタラクティブなプログラミング言語であるSwift™を使って開発され、SAP Fiori for iOSデザイン言語でおなじみのユーザーエクスペリエンスを提供します。あらゆる業界で働く人々の間で自分のiPhoneやiPadから専用アプリケーションを通じて仕事に必要なデータ、プロセス、ユーザーエクスペリエンスにアクセスすることで意思決定したり行動に移したりといったことが可能になり、保守業務に従事する人であれば出先で部品を注文したり修理の予定を入れたり、医師であれば最新の患者データを他のヘルスケアの専門家と共有したりできるようになります。※本資料は、米国発2016年5月6日付けで、米国Appleが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。【SAPについて】SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援してます。企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスから役員会議室、倉庫から店頭、さらにデスクトップ環境からモバイル環境において、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国310,000社以上の顧客企業に利用されています。詳細についてはwww.sap.comをご覧ください。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、OS X、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、第2四半期の業績を発表

2016年4月26日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple?は本日、2016年3月26日を末日とする2016年度第2四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は506億ドル、純利益は105億ドル、希薄化後の1株当り利益は1.90ドルとなりました。前年同期は、売上高が580億ドル、純利益が136億ドル、希薄化後の1株当たり利益が2.33ドルでした。売上総利益率は、前年同期の40.8%に対し39.4%となりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は67%でした。 「マクロ経済の強い逆風が吹く中、我々のチームはよく頑張りました。Appleのエコシステムの驚くべき強さと10億台を超えるアクティブなデバイスの伸びにより、サービスからの収益が引き続き強い成長を示しており、とても嬉しく思っています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。同社は、株主への資本還元プログラムに500億ドルを追加することにつき取締役会の承認が得られたことを発表しました。この拡大されたプログラムのもと、Appleは2018年3月末までに累積総額2,500億ドルの現金を使用する予定です。「当1〜3月期、当社は116億ドルという強い営業キャッシュフローを生み出し、資本還元プログラムを通じて100億ドルを株主に還元いたしました。手堅い業績により、本日、還元プログラムをさらに拡大し2,500億ドルとすることを発表いたします」と、AppleのCFO(最高財務責任者)、ルカ・マエストリは述べています。 還元プログラムの更新に伴い、取締役会は、自社株買いの承認額を昨年発表した1,400億ドルから1,750億ドルに増額しました。同社は引き続き、譲渡制限付き自社株取得権を正味株式決済する予定です。 取締役会は、同社の四半期配当金を10%引き上げることを承認し、一株当たり0.57ドルの配当を実施することを宣言しました。配当金は2016年5月9日の市場取引終了時点で株主名簿に記載されている株主を対象に、2016年5月12日に支払われます。 資本還元プログラムが始まった2012年8月から2016年3月までの間にAppleは1,630億ドル以上を株主に還元しました。これには1,170億ドルの自社株買いが含まれています。 同社は、同プログラムの資金調達のため、引き続き国内外の債券市場を利用する予定です。マネジメントチームと取締役会は、引き続き資本還元プログラムの各要素を定期的に見直し、年に一度プログラムの更新をお知らせする予定です。Appleは2016年度第3四半期の業績について、以下の予想を提供しています。売上高として410億ドルから430億ドル売上総利益率として37.5%から38%営業費用として60億ドルから61億ドルその他の収入/(費用)として3億ドル税率25.5%Appleは、2016年度第2四半期業績発表のカンファレンスコールのライブストリーミングを、2016年4月26日14時00分(米国西部時間)より、Appleのウェブサイト(http://www.apple.com/investor/earnings-call/)で配信します。このウェブキャストは、配信開始後約2週間にわたり再生が可能です。 本報道関係者用資料は将来的見通しを包含しており、これらには当社の予想売上高、売上総利益率、営業費用、その他の収入/(費用)、税率、ならびに配当金、自社株買いおよび社債発行計画などが含まれています。これらの見通しはリスクと不確実性を伴い、実際の結果は異なることもあります。リスクと不確実性の例としては以下のものが挙げられますが、これらに限定されるものではありません。競争および経済要因、ならびにそれらに対する当社の反応が、当社の製品に対する消費者および事業者の購買決定におよぼす影響;市場における継続的な競争圧力;当社が新しいプログラム、製品および技術革新をタイムリーに市場に提供し、顧客需要を喚起できること;製品の発表および移行、製品価格またはミックスの変更、および/または部品コストの高騰が当社の売上総利益率におよぼし得る影響;当社が顧客の注文に先立って製品の部品を注文するまたは注文の約束をする必要性に伴う在庫リスク;当社が現在単一のまたは限定された供給元から入手している当社の事業に不可欠な特定の部品およびサービスが今後も適当な条件で継続的に入手できること;サードパーティーが提供する製造および物流サービスへの当社の依存が、製造される製品または提供されるサービスの品質、数量およびコストにおよぼし得る影響;当社の海外におけるオペレーションに伴うリスク;サードパーティーの知的財産およびデジタルコンテンツへの当社の依存;当社が他者の知的財産権を侵害したと判断された場合の潜在的影響;当社製品を取り扱う販売会社、通信事業者その他の再販業者の販売能力への当社の依存;製品およびサービスの品質に関する問題が当社の売上高および営業利益におよぼし得る影響;主要な幹部および従業員が今後も当社に留まり、役務を提供し続けること;戦争、テロリズム、公衆衛生問題、自然災害、および製品の供給、配送または需要を妨げる可能性のあるその他の状況;そして訴訟手続きにおける当社にとって不利な結果。当社の業績に影響を与え得る潜在的要因に関する詳しい情報は、当社がSEC(米国証券取引委員会)に提出する報告書の中の「リスク要因」および「事業の財務状況と業績に関する経営陣の解説と分析」の部に折々に含まれています。これらには、既に提出済みの2015年9月26日を末日とする会計年度に関するForm 10-K(年次報告書)、2015年12月26日を末日とする会計四半期に関するForm 10-Q(四半期報告書)、および今後提出する2016年3月26日を末日とする会計四半期に関するForm 10-Q(四半期報告書)が含まれます。将来的見通しおよび情報はそれぞれ発表時点のものであり、当社はこれらを更新する義務を負うものではありません。※本資料は、米国発2016年4月26日付けで、米国Appleが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの3つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、OS X、watchOS、tvOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、最新のプロセッサ、より長いバッテリー駆動時間に、新しいローズゴールド仕上げを追加し、MacBookをアップデート

2016年4月19日、Apple®は本日、MacBook®に最新のIntelプロセッサ、改良されたグラフィックパフォーマンス、より速いフラッシュストレージを採用した上、バッテリー駆動時間を1時間長くしてアップデートし、最も薄型かつ最軽量のMac®をこれまで以上に良くしました。オールメタルのUnibodyをまとうMacBookには、ゴールド、シルバー、スペースグレイ、そしてMacでは初となるゴージャスなローズゴールドといった4つのアルミニウム仕上げが用意されています。美しい12インチのRetina®ディスプレイ、高いレスポンスを特長とするフルサイズキーボード、感圧タッチトラックパッド、多機能なUSB-Cポートそして一日中使用できるバッテリー駆動時間を、わずか2ポンド(0.92 kg)、13.1mm厚のデザインの中に実現したMacBookはノートブックの未来そのものです。 「MacBookは私たちがこれまでに作った中で最も薄く、軽いMacであり、私たちが考えるノートブックの未来と言えるものです。最新のプロセッサ、より速いグラフィックスとフラッシュストレージ、より長いバッテリー駆動時間、そして美しいローズゴールド仕上げを特長とするこのアップデートされたMacBookをお客様はきっと気に入っていただけると思います」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。 アップデートされたMacBookは、1.3 GHz(Turbo Boost時は最大3.1 GHz)の第6世代デュアルコアIntel Core Mプロセッサと、より速い1866 MHzのメモリを搭載しています。新しいIntel HD Graphics 515は、最大で25%高速のグラフィックスパフォーマンスを提供し、より速いPCIeベースのフラッシュストレージは、アプリケーションの立ち上げからファイルのオープンまで、毎日の作業がさらにてきぱきとこなせます*。ワイヤレスでのウェブブラウジングは10時間にまで伸び、iTunes®ムービーの再生も最大11時間まで可能になったMacBookは、一日中外出先で使うのに最適なノートブックです**。MacBookに搭載される信じられないほど小さく多機能なUSB-Cポートは充電、データ転送そしてビデオ出力に使用され、従来のUSBポートの3分の1のサイズのコネクタ1つでこれらの用途に対応しています。USB-CのMacBookへの採用により、AppleとサードパーティーUSB-Cアクセサリのエコシステムは拡大を続け、ユーザにこれまで以上の柔軟性と機能性を提供しています。 稼動部品や通気孔を持たないMacBookは、音を抑え、効率的なパフォーマンスを実現するために完全なファンレス設計となっています。ワイヤレスの世界に向けて設計されたMacBookは、内蔵802.11ac Wi-FiやBluetooth 4.0など最新のワイヤレステクノロジーを採用し、高速なワイヤレスコネクティビティを実現しています。AirPlay®を使ってMacBookからお使いのApple TVにコンテンツをストリーミングさせたり、AirDrop®を使ってファイルを素早く交換したり、ワイヤレスヘッドフォンを使ったりするといった用途に最適です。 Appleは本日また、13インチのMacBook Air®のすべての構成に8GBのメモリを標準搭載しました。 すべての新しいMacには、Macのエクスペリエンスをさらに洗練させ、システムのパフォーマンスを改良する最新のOS X®であるOS X El Capitanが搭載されています。El CapitanはOS X Yosemiteの革新的な機能性と美しいデザインを基に、ウィンドウ管理、内蔵アプリケーションおよびSpotlight®検索に加えて、アプリケーションの起動や切り替え、PDFの表示、メールへのアクセスといった日常的な作業をこれまで以上に素早くレスポンスの良いものにするパフォーマンス向上に向けた改良を加えています。 iMovie®、GarageBand®そしてiWork®アプリケーションがすべての新しいMacに無料で搭載されています。iMovieでは目をみはるようなムービーを作成することができ、GarageBandを使うと作曲をしたり、ピアノやギターの演奏を学んだりすることができます。iWorkにはPages®、Numbers®そしてKeynote®が含まれ、美しい文書、スプレッドシートそしてプレゼンテーションを簡単に作成、編集そして共有することができます。iCloudのためのPages、Numbers、Keynoteでは、iPhone®やiPad®で作成したドキュメントをMacで編集してWindowsユーザを含む友人とも共同作業をすることができます。【価格と販売について】MacBookはApple.comを通じて本日から、直営店のApple Storeおよび一部のApple製品取扱販売店では明日から順次販売が開始されます。MacBookには、1.1 GHz(Turbo Boost時は最大2.2 GHz)のデュアルコアIntel Core m3プロセッサ、8GBのメモリそして256GBのフラッシュストレージを搭載したモデル(148,800円)、そして1.2 GHz(Turbo Boost時は最大2.7 GHz)のデュアルコアIntel Core m5プロセッサ、8GBのメモリそして512GBのフラッシュストレージを搭載したモデル(184,800円)が用意されています。このほかにCTOオプションとして、1.3 GHz(Turbo Boost時は最大3.1 GHz)デュアルコアIntel Core m7プロセッサを搭載したモデルも用意されています。このほかの技術仕様並びにアクセサリについては、www.apple.com/jp/macbookでご覧いただけます。 *テストは量産前のMacBook構成を用いて2016年4月にAppleにおいて行われました。詳しくは、www.apple.com/jp/macbookをご覧ください。 **ワイヤレスインターネットテストは、試作モデルのMacBook構成を用いて2016年4月にAppleにおいて行われました。バッテリー駆動時間および充電サイクルは使用方法および設定により変動します。詳しくは、www.apple.com/jp/macbookをご覧ください。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム - iOS、OS X、watchOS、tvOS - はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、WWDCをサンフランシスコで6月13日に開幕

2016年4月18日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、世界で最も革新的なアプリケーションを創るクリエイティブな才能を迎える、27回目となる恒例のワールドワイドデベロッパカンファレンス(世界開発者会議、以下WWDC)を6月13日から17日にかけてサンフランシスコで開催することを発表しました。WWDCにはAppleのデベロッパコミュニティが世界中から一堂に会し、Appleの4つのソフトウェアプラットフォームであるiOS、OS X®、watchOS®、tvOS™の未来について学びます。基調講演を含む月曜日のキックオフイベントはBill Graham Civic Auditoriumで開催され、同じ週の残りのカンファレンスセッションはMoscone Westで行われます。「4つの革新的なオペレーティングシステムと、世界中で使われている10億台以上のデバイスを支える直感的で新しいプログラミング言語が揃ったことで、Appleのデベロッパコミュニティが一堂に集まるのにこれほどエキサイティングな時はありません。Swiftでコーディングに取り組み、iOS、OS X、watchOS、tvOSに向けてアプリケーションや製品を生み出すデベロッパの皆さんにとって、WWDC 2016は画期的なイベントになるでしょう。サンフランシスコで、またライブ配信を通じて多くの方々に参加していただくことを、私たちは心待ちにしています」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。デベロッパは本日から米国太平洋夏時間4月22日(金)午前10時*までに、WWDCウェブサイト(developer.apple.com/wwdc/register/)を通じてチケットを申し込むことができます。そしてランダムに選ばれた参加者にチケットが発行され、デベロッパは米国太平洋夏時間4月25日(月)午後5時**までに申込み状況を知ることができます。また、2年連続で最大350のWWDC Scholarship枠が用意されており、学生および世界各国のSTEM参加組織のメンバーを対象に、無料チケットと成長を続けるAppleのアプリケーション エコシステムの最も才能あるデベロッパと出会い、コラボレーションできるチャンスが提供されます(developer.apple.com/wwdc/scholarships/)。さらに今年は、財政的に制約がある意欲あふれる若いデベロッパがWWDCに参加できるよう、スカラーシップ対象者のうち最大125名に対して旅費を援助します。WWDC 2016の活動内容は以下のとおりです: コードレベルでのサポート、最適な開発テクニックのアドバイス、そしてアプリケーションにiOS、OS X、watchOS、tvOSのテクノロジーを最大限に活用するための方法を紹介する、1,000人以上のAppleエンジニアによる150以上のハンズオンラボおよびイベント。 iOS、OS X、watchOS、tvOSの最新のイノベーションと機能、そしてアプリケーションの機能性、性能、品質およびデザインを向上させるためのベストな方法の紹介。 世界中から訪れる何千人ものiOS、OS X、watchOS、tvOSデベロッパたちとの交流の機会。昨年は参加者の80パーセントが初参加、世界70カ国以上からの参加あり。 特定のトピックにフォーカスし、特別なゲストスピーカーやアクティビティを用意した、参加者同士の集い。 テクノロジー、サイエンス、エンターテイメントの各分野の先駆者や影響力ある人たちを招いて行われる魅力あふれる刺激的なランチタイムセッション。 技術的に優れ、革新的で抜きん出たデザインを持つ、iPhone®、iPad®、Apple Watch®、Apple TV®およびMac®のアプリケーションを表彰するApple Design Awards。WWDCのセッションは開催期間中を通じてWWDCのウェブサイト(developer.apple.com/wwdc/live/)およびWWDCアプリケーションを通じてライブストリーミングされ、世界中のより多くのデベロッパが最新の情報にリアルタイムでアクセスすることができます。チケットの申し込み、アップデートおよびその他の情報は、Apple WWDC 2016のウェブサイト(developer.apple.com/wwdc/register/)をご覧ください。*日本時間 4月23日(土)午前2時**日本時間 4月26日(火)午前9時※本資料は、米国発2016年4月18日付けで、米国Appleが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム - iOS、OS X、watchOS、tvOS - はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、9.7インチiPad Proを発表

2016年3月22日、Apple®は本日、まったく新しいモデルとなる9.7インチiPad Pro™を発表しました。この新しいモデルは重さ約450g未満のボディに、従来より明るく広色域で、反射率が低く、Night Shift™モードを備えた新しいプロ仕様のRetina®ディスプレイを装備し、新しく搭載したTrue Tone®ディスプレイテクノロジーにより、ホワイトバランスをダイナミックに調節することが可能です。この新しいiPad Proは、64ビットのA9Xチップ搭載によりほとんどのポータブルPCに匹敵する素晴らしい性能を誇るほか、従来のモデルよりも2倍のパワフルな4スピーカーオーディオシステム1、新しい12メガピクセルiSight®カメラによるLive Photos™や4Kビデオの撮影、5メガピクセルのFaceTime® HDカメラ、さらに高速になったワイヤレス機能なども備えています。iPad Proは、革新的なApple Pencil™、新登場の9.7インチiPad Proにフィットするように設計された新しいSmart Keyboard™カバーにも対応しています。「iPad Proは新しい世代のiPadであり、毎日の生活にはなくてはならないものです。非常に没入感の高い体験を提供するとともに、iPad Proを使うことで、人々はより生産的かつ創造的にものごとを行うことができます。iPad Proは驚くほど軽快に動くだけでなく、持ち運びやすく、指先でも、Apple Pencilでも、Smart Keyboardでも、とても自然に操作でき、新たに2つのサイズで登場しました。9.7インチiPad Proは、True Toneテクノロジーを搭載した新しいRetinaディスプレイ、4スピーカーオーディオシステム、超高速なA9Xチップ、12メガピクセルiSightカメラ、5メガピクセルのFaceTime® HD、さらに速くなったワイヤレス機能を備えて、Apple Pencil と Smart Keyboardも標準サポートしています。iPad Proは既存のiPadユーザにとって究極のアップグレードになるほか、PCユーザにとってもパソコンを置き換えるのに最適なデバイスです。」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。いち早くiPad Proを使い始めたデザイナー、イラストレーター、ビジネスユーザは、以下のように働き方を変革しています:「コンピューターアニメーションを製作する上で、どれほど手描きが必要とされているかを理解している人は実に少ないのです。iPad ProとApple Pencilは、実際に紙に描く体験に限りなく近いものを、デジタル世界で実現しています」と、Pixar and Walt Disney Animation Studiosでチーフクリエイティブオフィサーを務めるJohn Lasseter氏は述べています。「最新のサイクルウェアのデザインを含むあらゆる作業をiPad Proでこなしています。iPad Proはどこにでも持っていけるので、ノートパソコンばかりか、今や紙のノートとしても使っています。Raphaのデザインチームにとって、iPad Proは標準のツールになりつつありますよ」と、Raphaのデザイン部門ヘッド、Alex Valdman氏は述べています。「Citiでは、iPad Proがまさに私たちの働き方を変革しつつあります。iPad ProとApple Pencilは、新しい革新的な顧客体験を作り出すという、新しいCitiデザインチームの作品の主要部分を為しています。私たちはiPad Pro とApple Pencilを使って新しいデザインのコンセプトを描いたり、作品のプレゼンテーション、メールの返信、Adobe Creative Cloud上のデザインファイルで作業し、世界中にいる他のデザインチームとFaceTimeで行うミーティングに参加したりしています」と、Citi Global Consumer Bankingのデザイン部門ヘッド、Stephen Gates氏は述べています。Pro仕様のディスプレイ9.7インチiPad ProはTrue Toneディスプレイという先進的なディスプレイテクノロジーを採用しています。これは新しい4チャンネルのセンサーを使ってダイナミックホワイトバランスを調節し、ディスプレイの表示を環境光に合わせることにより、白色を表示する場合にもより自然で正確に表示することができます。この先進的なRetinaディスプレイは、iPad Air® 2に搭載されているものより25パーセント明るく、反射率も40パーセント低減されているので、屋内でも屋外でも、コンテンツがいっそう見やすくなります。新しいRetinaディスプレイは、iMac® Retina 5Kディスプレイモデルと同様の広い色域を採用しており、色の彩度が従来より25%高く1、よりいっそう鮮やかな色を表示します。また、カスタム仕様のタイミングコントローラー、光配向、酸化物TFTにより、素晴らしい色合い、コントラスト、鮮やかな色彩をもたらします。iOS 9.3に含まれるNight Shift機能は、iPad Proの時計と位置情報を利用し、日没後は暖色系の色域になるようにディスプレイの色合いを自動的に調節することで、夜心地よい眠りをとりやすくなるよう、お手伝いします。Pro仕様のパフォーマンス新しいiPad Proはわずか6.1mmの薄さ、約450g未満の軽さながら、機能性においては実に革新的で、インターネットやワイヤレスでの接続性に優れ、どんな用途にも使える多機能性を兼ね備えています。パワフルなA9Xチップは第3世代の64ビットアーキテクチャーで設計され、多くのラップトップやグラフィック専用機に匹敵する性能を発揮しながら、丸一日使えるバッテリー駆動時間2を誇ります。超高速なワイヤレス機能は、MIMOテクノロジー採用の802.11ac Wi-Fiで、従来よりも最大50パーセント高速なセルラー接続3を可能にする超高速なLTE-Advancedと、現行のタブレット製品の中では最も多いLTEバンド4をサポートし、どこでもインターネットに接続することが可能です。新しいiPad Proは最初からApple SIMを内蔵しており、世界100以上の国・地域を旅行する際には、iPad Pro本体から直接対応する携帯電話会社のワイヤレスデータプランを選択し接続できるので非常に簡単で便利です5。iPad Proは、先進的な12メガピクセルのiSightカメラのセンサー部にピントを素早く合わせるFocus Pixelsに加え、Appleが設計した画像信号プロセッサー、先進的なノイズ低減する機能、第3世代のローカルトーンマッピング技術、優れた顔検出機能、これらの総合的な技術により、シャープで細部まで美しい画像、63メガピクセルのパノラマ写真、Live Photosを撮ることが可能です。また、True Toneフラッシュにより、暗い場所での撮影や書類をスキャンしても優れた画像が得られます。新しいiSightカメラは4Kビデオ撮影に対応したいるので、新しいiPad Proはプロ品質のビデオの撮影、編集、共有にも最適なデバイスになりました。前面の5メガピクセルFaceTime HDカメラも改良され、新しいiPad Proはビデオ会議のほか、親しい仲間とのビデオチャットにも最適です。Pro仕様のオーディオ4スピーカーオーディオシステムにより、オーディオ出力数の2倍以上も迫力ある明瞭でリッチなステレオサウンド1が楽しめます。iPad Proをどのような向きで持っていても、内蔵センサーがそれを検知して自動的に音の出方を調節・最適化します。iOS 9.3ではDolby Digital Plus方式でエンコードされたオーディオを含むビデオの再生に加え、Apple Lightning® Digital AV Adapterを使ったマルチチャンネル音声の出力にも対応しています。Pro仕様のアクセサリー別売のApple PencilとSmart Keyboardは、革新的なレベルの精緻さと応用力をiPad Proにもたらします。Apple Pencilに仕込まれた先進的なセンサーは、筆圧と傾きの両方を検知するので、自然な手描き、注釈の書き込み、ノートテイキングが可能になります。新しいSmart Keyboardは9.7インチiPad Pro専用デザイン、そして薄型ながら耐久性のあるキーボードで、充電やBluetooth経由のペアリングが不要、さらに中に折り畳むこともできるので保護用のSmart Cover®としてもお使いいただけます。新登場のLightning - SDカードカメラリーダー、Lightning - USB3カメラアダプタを使えば、デジタルカメラの写真やビデオを、iPad Pro本体に簡単に読み込めます。また、同じく新登場のLightning to USB-Cケーブル、Apple 29W USB-C電源アダプタで高速充電が可能です。【価格と販売について】 9.7インチiPad Proは、シルバー、スペースグレイ、ゴールド、新色のローズゴールドのメタリック仕上げで、エントリーモデルは32GB Wi-Fiモデル66,800円と、32GB Wi-Fi + Cellularモデル82,800円となります。両モデルとも容量は32GB、128GB、そしてiOSデバイスとしては最大となる新登場の256GBから選べます。詳細についてはwww.apple.com/jp/ipadをご覧ください。 以下の国と地域では、9.7インチiPad Proは3月24日(木)よりApple.com、Apple Storeで受注を開始し、一部の携帯電話販売店ならびにApple製品取扱店では3月31日(木)より受注を開始します:オーストラリア、カナダ、中国(Wi-Fiモデルのみ)、フランス、ドイツ、香港、日本、ニュージーランド、プエルトリコ、シンガポール、英国、米領バージン諸島、米国。 以下の国と地域では、9.7インチiPad Proは4月初めより販売開始予定です:アルバニア、アンギラ、アンティグア・バーブーダ、オーストリア、ベルギー、ボスニア、ブルガリア、ケイマン諸島、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、エルサルバドル、エストニア、フィンランド、ギリシャ、グリーンランド、グアム、グアテマラ、ハンガリー、アイスランド、インド、アイルランド、マン島、イタリア、コソボ、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マケドニア、マカオ(Wi-Fiモデルのみ)、モナコ、モンテネグロ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、タイ(Wi-Fiモデルのみ)、トルコ、アラブ首長国連邦。 Apple Pencil、Smart Keyboardチャコールグレイはそれぞれ、11,800円、16,800円での提供となります。ポリウレタン製のiPad Pro Smart Cover、9.7インチiPad Pro用シリコンケースでは鮮やかな新色を取り揃え、各色それぞれ、6,500円、8,800円での提供となります。 Lightning - SDカードカメラリーダーは3,500円、Lightning - USB3カメラアダプタは4,500円、Apple 29W USB-C電源アダプタは5,800円、Lightning - USB-Cケーブル(1m)は2,800円、Lightning - USB-Cケーブル(2m)は3,800円での提供となります。 iPad ProをAppleより購入されたお客様には、店舗またはオンラインでのパーソナルセットアップを提供し、メール設定、App Store®で入手できるアプリケーションのご紹介などを通じて、お客様のiPad Proのカスタマイズをお手伝いします。 新しいiPad Pro や iOS 9について学びたい方は、Apple Storeにて開催している無料ワークショップに参加登録することもできます。1 iPad Air 2と比較しています。2 バッテリー駆動時間はデバイスの設定、使用方法、その他の要因によって変わります。実際の結果とは異なります。3 理論値に基づく速度で、実際の速度とは異なります。4 データプランが必要です。LTEは一部の国・地域で特定の携帯電話会社により提供されています。実際の速度は各国・地域での状況により異なります。LTE対応に関する詳細は、携帯電話会社に問い合わせるか、http://www.apple.com/ipad/LTE/をご覧ください。5 iPad Pro(9.7インチモデル)に組み込まれたApple SIMは、一部の携帯電話会社から購入した場合に無効になっている場合があります。詳細については各携帯電話会社にお問い合わせください。Apple SIMと組み込みのApple SIMは中国では利用できません。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム − iOS、OS X、watchOS、tvOS − はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。製品画像、およびビデオはこちらから: 画像 ビデオ


Apple、iPhone SEを発表 ? 4インチディスプレイの最もパワフルなスマートフォン

2016年3月22日、Apple?は本日、4インチディスプレイを搭載した最もパワフルなスマートフォンとなるiPhone? SEを発表しました。多くの人々に愛されているコンパクトなアルミニウムのデザインは、面取りしたマットなエッジ、ボディの色に合わせたステンレススチールのAppleロゴ、そしてローズゴールドを含む4つのゴージャスなメタリック仕上げなどの特長と共にアップデートされました。iPhone SEは、iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusで使われているのと同じ64ビットのA9チップによる、無類のパフォーマンスを提供し、高速性、より長いバッテリー駆動時間、より速いワイヤレス速度、Live Photos?や4Kビデオ機能を持つ12メガピクセルのiSight?カメラ、そしてApple Pay?に対応したTouch ID?といった機能を特長としています。「iPhone SEはわくわくする新しいアイデアです。多くの人々に愛されている象徴的なデザインをベースにしながらも、それを徹底的に再発明しました。その結果は、4インチディスプレイを搭載した、世界で最も美しくパワフルなスマートフォンです。iPhone SEは、美しい4インチのRetinaディスプレイ、モーションコプロセッサを搭載した先進の64ビットA9チップ、より長いバッテリー駆動時間、True Toneフラッシュ、Live Photos、4Kビデオ機能を持つ12メガピクセルのiSightカメラ、より速いLTEおよびWi-Fi、そしてApple Payに対応したTouch IDといった機能を持っています。少し小さめのスマートフォンが欲しいと思っておられる皆さんは、きっとiPhone SEを気に入っていただけると思います」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。 4インチディスプレイの最もパワフルなスマートフォンiPhone SEは、多くの人々に愛されている象徴的なデザインをベースにしつつもそれを徹底的に再発明したもので、お客様はどのモデルを選ばれてもすべての機能を搭載したパワフルなiPhoneを手にすることができます。iPhone 6sとiPhone 6s Plusで初めて採用された64ビットのA9チップは、iPhone 5sと比較してCPU性能で2倍、GPU性能で3倍上回るパフォーマンスを提供します。しかもこれらすべてがエネルギー効率を高めているため、バッテリー駆動時間もさらに長くなっています。A9には、Appleの次世代モーションコプロセッサであるM9が組み込まれているため、例えば、iPhoneを持ち上げずに「Hey Siri」を起動させたり、歩数や距離の計測など様々なフィットネストラッキング機能など、より多くの機能をより少ない電力で常時使用することができます。iPhone SEのユーザは、コンテンツのブラウズ、ダウンロードそしてストリーミングを、Wi-Fiを使った場合iPhone 5sより最大3倍速く、LTEでは最大50%速く行うことができます*。iPhone SEはまたより多くのLTEバンドに対応しているため、より優れた世界各国でのローミングが可能であるほか、Voice over LTEおよびWi-Fi通話に対応し、より高品質な広帯域を使った通話を行なうことができます。 使いやすいインターフェイス、驚くような機能、そしてセキュリティーをコアに持つiOS 9は、iPhone SEの基盤であり、メッセージ、FaceTime?、写真、ミュージックそしてマップといったパワフルな内蔵アプリケーションをiPhoneユーザにもたらします。iOS 9はインテリジェンスもより強化され、iPhone SEでは予測機能を備えたアシスタンス機能、パワフルな検索、改良されたSiri?機能のほか、新しくNight Shift?機能が加わり、iPhone SEの時計と位置情報を利用し、日没後は暖色系の色域になるようにディスプレイの色合いを自動的に調節することで、夜心地よい眠りをとりやすくなるよう、お手伝いします。これらすべてのイノベーションが、手に心地よく収まるようデザインされた軽量かつコンパクトなボディの中に詰め込まれています。ボディはビーズを吹き付けてサテンのような仕上げを持たせたアルミニウムと、面取りしたマットなエッジ、ボディの色に合わせたステンレススチールのAppleロゴ、そして明るい4インチのRetina?ディスプレイを特長としています。 世界で最も多く使われているカメラiPhone SEは先進の12メガピクセルiSightカメラを搭載しています。このiSightカメラは、高度なピント合わせのためのFocus Pixelテクノロジー、Appleの設計による画像処理プロセッサ、先進のノイズリダクション、第3世代のローカルトーンマッピングそしてより改良された顔認識といった特長を持ち、iPhone 6sで撮ったような、これまで以上にシャープでディテールに富む写真を撮ることができます。iPhone SEのLive Photos機能を使うと、スナップショットを超えた、動きのある瞬間を捉えることができ、忘れられない思い出を音と一緒に再生することができます。Live Photosは、タッチすると、そのショットの前後の瞬間を表示できる機能で、これまでのような時間を止めた一瞬よりもさらに生き生きとした思い出を楽しむことができます。 このほかにもカメラには以下のような先進機能が含まれています。4Kに対応した3840×2160の解像度でのHD撮影機能。4Kビデオを撮影した後は、Mac?、Windows PCまたはiPad?で編集を行うことができるほか、iPhoneの最新版のiMovie?を使うと、iPhone SE上で2本の4Kストリームを同時に編集することができます。Retina Flash。True Tone?ライティングテクノロジーを使ってディスプレイを一瞬3倍の明るさにする機能で、暗いところでもFaceTime HDカメラを使って素晴らしく明るいセルフィーを撮ることができます。最大63メガピクセルのパノラマ写真、1080pビデオでは最大60fpsで、スローモーションでは最大240fpsで撮影できるビデオ撮影機能、ビデオ手ブレ補正および映画レベルのビデオ手ブレ補正の付いたタイムラプスなど、iPhone 6sで初めて搭載された機能の数々。【価格と販売について】iPhone SEにはスペースグレイ、シルバー、ゴールドそしてローズゴールドの16GBおよび64GBモデルが用意され、Apple Store、Apple.com、Apple製品取扱販売店そして一部の通信事業者を通じて販売されます。価格は399ドルから、または米国内のApple Store限定で24ヶ月払い月額17ドルからとなっています**。新しく発表された、米国内のApple Storeで提供される割賦購入での買い替えプログラムの一環として、iPhone SEを24ヶ月払い月額10ドルから購入することもできます***。****オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、日本、ニュージーランド、プエルトリコ、シンガポール、英国、米国バージン諸島そして米国のお客様は、3月24日(木曜日)からiPhone SEの注文が可能となります。販売は3月31日(木曜日)から開始されます。アルバニア、アンドラ、オーストリア、バーレーン、ベルギー、ボスニア、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、ギリシャ、ガーンジー、ジャージー、ハンガリー、アイスランド、インド、アイルランド、マン島、イタリア、コソボ、クウェート、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マケドニア、モルジブ、マルタ、モナコ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、サウジアラビア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、トルコそしてアラブ首長国連邦では、4月上旬からiPhone SEの販売が開始します。Appleがデザインしたアクセサリは、39ドルで提供されるブラックおよびミッドナイトブルーのレザーケースや、現在49ドルで販売中のボディの色に合わせたメタリック仕上げのLightning? Dockと共に、Apple StoreおよびApple.comを通じて販売されます。AppleでiPhone SEをご購入の全てのお客様には、メールをセットアップしてiPhoneのカスタマイズをお手伝いしたり、App Store?からの新しいアプリケーションを紹介したりするPersonal Setupが店内またはオンラインで無料で提供されます。iPhone SEまたはiOS 9についてより詳しくお知りになりたい方は、Apple Store?で提供されている無料ワークショップに登録することができます。*データプランが必要。LTEは一部の市場で一部の通信事業者を通じて提供されています。速度はサイトの状態および通信事業者によって変動します。LTE対応状況に関する詳細は、お使いの通信事業者にお問い合わせいただくか、www.apple.com/iphone/LTE/をご覧ください。**価格は一番近いドルに丸めてあり、24ヶ月割賦払いを前提としています。適格なクレジットカードをお持ちのお客様のみ。2年ローンが必要。ご購入に際しては割賦代金の初回分、税金およびアクティベーション料金のお支払いが必要な場合があります。通信事業者の条件もしくは他の条件および適格性が適用されることがあります。***価格は一番近いドルに丸めてあり、24ヶ月割賦払いを前提としています。完全に作動するiPhone 5sの下取りが必要です。下取り価格および端末の毎月の支払額は、下取りしたスマートフォンの状態とモデルにより異なります。割賦購入での買い替えは、適格なクレジットカードを持つ有資格の米国のお客様のみに提供されています。2年ローンが必要。ご購入に際しては割賦代金の初回分および税金のお支払いが必要。諸条件が適用されます。****米国での販売状況です。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム - iOS、OS X、watchOS、tvOS - はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。製品画像、およびビデオはこちらから:画像ビデオ


Apple、ヘルスケアアプリケーションをさらに進化させるCareKitを発表

2016年3月22日、Apple®は本日、デベロッパがお客様自身による健康状態の積極的な管理を実現するために設計された、新たなソフトウェアフレームワーク、CareKit™を発表しました。CareKitを利用したiPhone®アプリケーションによって、健康管理のプランを記録したり、症状や投薬治療の追跡を行なったりするのが簡単になります。また、お客様がご自身の健康状態をより深く理解するための実態の解明を得ることもできます。CareKitでは、医師、看護師や家族と情報を共有することも可能なため、あらゆる人がより積極的に健康管理に関わることができるようになります。「ResearchKitがすでに医学研究の迅速さと規模に広範囲な影響を及ぼしていることを大変嬉しく思っています。そこで同じ原理が個人の健康管理にも役立つことに気が付いたのです」と、Appleのチーフオペレーティングオフィサー、ジェフ・ウィリアムズは述べています。私たちは自分の健康に何が起こっているかを理解するためのツールを個人に提供することは信じられないほどの影響力を及ぼすと信じています。CareKitを使って設計されたアプリケーションは、自分自身の健康管理により積極的に関わる事ができ、このことを実現します」CareKitは来月よりオープンソースのフレームワークとしてリリースされます。これにより、デベロッパのコミュニティは、Appleが設計した最初の4つのモジュールに基づきながら開発を続けることができます。4つのモジュールには、次のものがあります。 Care Cardは、薬を服用する、理学療法など、個人的な健康管理プランやアクションアイテムを管理するために役立ちます。アクティビティは自動で管理され、Apple Watch®またはiPhoneのセンサーによって入力されます。 Symptom and Measurement Trackerでは、感染症の可能性に備え体温を監視したり、痛みや疲労を測定するなど、症状と体調を簡単に記録することができます。進捗状況のアップデートには、簡単なアンケート、傷の治癒状況を撮影した写真のほか、動きの範囲を数値化など、iPhoneの加速度センサーやジャイロスコープを使ったアクティビティの計測を含めることができます。 Insight DashboardはCare Cardのアクションアイテムに対して症状をマッピングし、治療がどのように作用しているかを簡単に確認できるようにします。 Connectは健康状態や体調の変化に関する情報を共有し、医師、治療に当たるチームや家族とコミュニケーションを取りやすくします。「ResearchKitにより、低予算で高品質の臨床研究を運営するに当たってのモバイルアプリケーションの力にすぐに気づきました」と、ロチェスター大学メディカルセンターのレイ・ドーシー(医学博士、デビッド・M・レヴィ研究室の神経学の教授)は述べています。「CareKitが研究結果とパーキンソン病患者の日々の治療方法との溝を埋めてくれることを願っています。このフレームワークは、研究と医薬の民主化へのまったく新しい機会を開拓しようとしているのです」健康管理アプリケーションのデベロッパは、これらのCareKitをパーキンソン患者、手術後の治療、自宅での健康状態のモニタリング、糖尿病の管理、メンタルヘルス、妊産婦の健康管理のためのアプリケーションに組み込めることを大変喜んでいます。 セージ・バイオネットワークスとロチェスター大学はCareKitを使って、mPower ResearchKit™での研究を、患者自身の状態を患者本人に知らせ、治療する側に治療についての情報を提供するための貴重なツールへと変えようとしています。 テキサス医療センターは、800万人の患者が治療チームとつながりを深めることで健康状態を改善できるようにするため、治療の経路をガイドおよびサポートするためのアプリケーションを設計しています。 ベス・イスラエル・ディコネス・メディカルセンターは、HealthKit™にデータを安全な方法で保管する家庭での健康管理デバイスを通じて、患者が自身の長期治療の管理におけるさらなる実態の解明を提供しようと試みています。 One Dropは糖尿病の管理へのよりよいアプローチを提供しています。 Start (Iodine開発)は抗うつ剤を使用している人に、その薬が自分自身に効能があるかどうかを理解する手助けをし、医師がより多くの情報に基づいて治療を行うために役立ちます。 Glow, Inc.は、妊娠中の女性がより健康に過ごせるように、妊娠に関するアプリケーションGlow NurtureにCareKitのモジュールを組み込んでいます。詳しくは、www.apple.com/jp/carekitをご覧ください。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム - iOS、OS X、watchOS、tvOS - はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。製品画像、およびビデオはこちらから: 画像 ビデオ


Apple、さらに進化したResearchKitを発表

2016年3月22日、Apple®は本日、さらに進化したオープンソースフレームワーク、ResearchKit™を発表しました。ResearchKitは、遺伝子データや、通常は検査室で行われる各種の医療検査をiPhone®アプリケーションで扱えるようにします。医学研究者はこれらの新機能を採用し、世界中の何十億もの人々に影響を与える疾病や病態について、対象を絞り込んだ研究を計画したり、より条件を絞り込み、被験者から特定のタイプのデータを収集したりできます。「ResearchKitへの反応は上々です。ResearchKitによる研究が、あっという間に、かつてない規模に広がり、研究者はこれまで不可能だった実態の解明や発見を得られるようになっています。世界中の医学研究者は、今後もiPhoneを活用し、複雑な病気について現在私たちが知っている情報をさらに掘り下げていくことでしょう。また、引き続きオープンソースコミュニティの協力を得て、医学研究におけるiPhoneの役割に限りない可能性がもたらされるはずです」とAppleのチーフオペレーティングオフィサー、ジェフ・ウィリアムズは述べています。ResearchKitにより、iPhoneは医学研究向けの優れたツールとなり、医師や科学者、研究者はiPhone用アプリケーションを使って、参加者が世界中のどこにいても、より頻繁に正確なデータを収集できるようになります。このようなアプリケーションを基盤とした研究の参加者は、どの研究に参加するか、どの情報を提供するかに関する承諾プロセスをインタラクティブに確認したり、参加している研究のタスクを簡単に実施したり、アンケートの回答を送信したりできます。また、健康に関するデータを研究者と共有する方法を選択することもでき、これまでになく簡単に医学研究に貢献できます。ResearchKitはオープンソースとして提供されているため、デベロッパはだれでもiPhone用の調査研究をすぐに設計できます。オープンソースコミュニティ向けにリリースされたばかりの新しいモジュールを使うと、研究者は円滑でシンプル、かつ費用のかからない方法で、遺伝子データも研究に組み込めるようになり、また、利用可能なソフトウェアコードを作成し、タスクをコミュニティに還元して、ほかの研究者がこのフレームワークを使って、さらに多くの研究ができるようにすることもできます。遺伝子解析サービスを提供する企業23andMeが設計したこのモジュールにより、被験者は遺伝子データを医学研究に簡単に提供できます。また、研究者はNational Institutes of Mental Healthと連携して、何回かの調査結果に基づき、参加者の遺伝子研究を行うための唾液を使った検査キットを提供しています。「産後うつについては、まだわからないことが数多くあります。産後うつの症状が表れる女性と、そうでない女性がいる理由を突き止める鍵はDNAにあるのではないかと考えています。ResearchKitを使うと、遺伝子データを取得できるようになり、産後うつに悩むさまざまな地域や人種、年齢、職業の女性と連係できるようになり、産後うつにおけるゲノムの特徴を分析して、より効果的な治療法の発見に役立てることができます」と、UNC Center for Women’s Mood Disordersの周産期精神医学プログラムでディレクターを務める医学博士兼公衆衛生学修士、Samantha Meltzer-Brody氏は述べています。「このようなタイプの情報を収集できると、研究者が特定の疾病や病態に対するゲノム指標を判断するのに役立ちます。ぜんそくを例にとってみましょう。ResearchKitを使うと、iPhone経由で、これまでより広い範囲の対象者と大量のデータを調査できるようになり、環境や地理、遺伝子といった要素が、個人の疾病や治療に対する反応にどのように影響を与えるかを把握できます」とマウントサイナイ病院、ワイルコーネル大学医学部でJean C.& James W. Crystal遺伝学の教授を務め、Icahn Institute for Genomics and Multiscale Biologyの創設者でもあるEric Schadt博士は語っています。遺伝子データを利用したResearchKitの研究には以下のものがあります。 産後うつ:PPD Actとは、遺伝子診断を用いたアプリケーションベースの新しい研究で、産後うつの症状が表れる女性の遺伝子構造を調べることで、一部の女性が産後うつの影響を受ける原因を詳しく理解することを目的としています。University of North Carolina School of Medicineと国際的な産後うつに関する団体Action Towards Causes and Treatment Consortiumの主導により、PPD Actでは被験者に、National Institutes of Mental Healthが提供する唾液を使用した検査キットを配布しています。 心血管疾患:Stanford Medicineが開発したMyHeart Countsアプリケーションは、23andMeの既存の顧客の遺伝子データを使用し、心臓の状態を傾向的に判断して、参加者の行動やライフスタイルが心臓の健康状態にどのように関連しているかを測定します。このような関係性を広範囲にわたって調査することで、研究者は心臓を健康な状態に保つ方法を把握できるようにしたいと考えています。 ぜんそく:Asthma Healthアプリケーションは、個人の症状のパターンを追跡し、発症のきっかけを特定する目的で開発されました。23andMeの顧客の遺伝子データを使用して、研究者がぜんそく治療をパーソナライズする方法を把握するのに役立ちます。Asthma Healthアプリケーションは、マウントサイナイ病院、ワイルコーネル大学医学部とLifeMap Solutionが開発しました。研究者は引き続きResearchKitを調整し、検査室の医療検査をiPhoneアプリケーションで実現できる新たなモジュールを作成することで、フレームワークの構築を行います。主なモジュールとして、聴力検査の実施機能、特定の刺激に対して特定の反応を返すのにかかる時間の測定、情報処理の速度と記憶力の評価、数学的なパズル「ハノイの塔」を使った認知の研究、時間制限のある歩行テストの実施などがあります。ResearchKitを用いた研究は国際的に拡大し続けており、オーストラリア、オーストリア、中国、ドイツ、香港、アイルランド、日本、オランダ、スイス、英国、米国で利用可能です。iPhone 5以降および最新世代のiPod touch®用ResearchKitアプリケーションは、App Store®で入手できます。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム − iOS、OS X、watchOS、tvOS − はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。製品画像、およびビデオはこちらから: 画像 ビデオ


特定のAC電源プラグとワールドトラベルアダプタキットをお使いのお客様への重要なお知らせ

2016年1月28日、Apple®は本日、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、欧州大陸、ニュージーランドそして韓国での使用を目的として設計されたAC電源プラグの自主回収を発表しました。ごくまれに該当するApple製2芯電源プラグが破損し、触れると感電する危険性があります。これらの電源プラグは2003年から2015年までの間にMac®および特定のiOSデバイスと一緒に出荷され、Appleワールドトラベルアダプタキットにも含まれていました。Appleでは全世界で12件の発生例があったことを把握しています。日本、カナダ、中国、香港、英国、米国向けに設計されたApple AC電源プラグおよびApple USB電源アダプタは自主回収の対象とはなっていません。 お客様の安全はAppleの最優先事項であるため、Appleではお客様に該当するプラグの使用を中止していただくようお願いしております。お客様は、www.apple.com/jp/support/ac-wallplug-adapterにアクセスして、該当するアダプタを新しい改良されたものと交換する方法についてご確認いただきますようお願いいたします。 該当する2芯プラグには、Apple電源アダプタとの接続部のくぼみに4〜5文字が記載されているか、または文字が一切記載されていません。該当するアダプタの見分け方についてはprogram websiteをご覧ください。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム − iOS、OS X、watchOS、tvOS − はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、過去最高の第1四半期業績を発表

2016年1月26日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple?は本日、2015年12月26日を末日とする2016年度第1四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は過去最高の759億ドル、純利益も過去最高の184億ドル、希薄化後の1株当り利益は3.28ドルとなりました。前年同期は、売上高が746億ドル、純利益が180億ドル、希薄化後の1株当たり利益が3.06ドルでした。売上総利益率は、前年同期の39.9%に対し40.1%となりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は66%でした。「私たちのチームはAppleの過去最高の四半期を達成しました。これに貢献したのが世界で最も革新的な製品と、iPhone、Apple WatchそしてApple TVの過去最高の販売台数です。当四半期、Services事業の成長が加速し、過去最高の業績を生み出すこととなりました。また、市場で実際に使われている当社製品の数であるインストールベースは最近、重要な節目となる10億台を超えました」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。「当社の記録的な販売台数と高い利益率は、非常に困難なマクロ経済環境にも拘わらず、純利益とEPS(1株当たり利益)を押し上げ、過去最高の数字を達成しました。当四半期の営業キャッシュフローは275億ドルとなり、90億ドル以上を自社株買いと配当金を通じて投資家に還元いたしました。これまでに2,000億ドルの資本還元プログラムのうち1,530億ドルを執行いたしました」と、AppleのCFO(最高財務責任者)、ルカ・マエストリは述べています。Appleは2016年度第2四半期の業績について、以下の予想を提供しています。売上高として500億ドルから530億ドル売上総利益率として39%から39.5%営業費用として60億ドルから61億ドルその他の収入/(費用)として3億2,500万ドル税率25.5%Appleの取締役会は、当社普通株式1株当り0.52ドルの現金による配当金を発表しました。配当金は、2016年2月8日の営業時間終了時点で株主名簿に記録されている株主を対象に、2016年2月11日に支払われます。Appleは、2016年度第1四半期業績発表のカンファレンスコールのライブストリーミングを、2016年1月26日14時00分(米国西部時間)より、AppleのWebサイト(http://www.apple.com/investor/earnings-call)で配信します。このウェブキャストは、配信開始後約2週間にわたり再生が可能です。2016年度第1四半期業績補足資料本報道関係者用資料は将来的見通しを包含しており、これらには当社の予想売上高、売上総利益率、営業費用、その他の収入/(費用)、および税率などが含まれています。これらの見通しはリスクと不確実性を伴い、実際の結果は異なることもあります。リスクと不確実性の例としては以下のものが挙げられますが、これらに限定されるものではありません。競争および経済要因、ならびにそれらに対する当社の反応が、当社の製品に対する消費者および事業者の購買決定におよぼす影響;市場における継続的な競争圧力;当社が新しいプログラム、製品および技術革新をタイムリーに市場に提供し、顧客需要を喚起できること;製品の発表および移行、製品価格またはミックスの変更、および/または部品コストの高騰が当社の売上総利益率におよぼし得る影響;当社が顧客の注文に先立って製品の部品を注文するまたは注文の約束をする必要性に伴う在庫リスク;当社が現在単一のまたは限定された供給元から入手している当社の事業に不可欠な特定の部品およびサービスが今後も適当な条件で継続的に入手できること;サードパーティーが提供する製造および物流サービスへの当社の依存が、製造される製品または提供されるサービスの品質、数量およびコストにおよぼし得る影響;当社の海外におけるオペレーションに伴うリスク;サードパーティーの知的財産およびデジタルコンテンツへの当社の依存;当社が他者の知的財産権を侵害したと判断された場合の潜在的影響;当社製品を取り扱う販売会社、通信事業者その他の再販業者の販売能力への当社の依存;製品およびサービスの品質に関する問題が当社の売上高および営業利益におよぼし得る影響;主要な幹部および従業員が今後も当社に留まり、役務を提供し続けること;戦争、テロリズム、公衆衛生問題、自然災害、および製品の供給、配送または需要を妨げる可能性のあるその他の状況;そして訴訟手続きにおける当社にとって不利な結果。当社の業績に影響を与え得る潜在的要因に関する詳しい情報は、当社がSEC(米国証券取引委員会)に提出する報告書の中の「リスク要因」および「事業の財務状況と業績に関する経営陣の解説と分析」の部に折々に含まれています。これらには、既に提出済みの2015年9月26日を末日とする会計年度に関するForm 10-K(年次報告書)、および今後提出する2015年12月26日を末日とするForm 10-Q(四半期報告書)が含まれます。将来的見通しおよび情報はそれぞれ発表時点のものであり、当社はこれらを更新する義務を負うものではありません。※本資料は、米国発2016年1月26日付けで、米国アップルが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム - iOS、OS X、watchOS、tvOS - はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Appleの新しい音楽アプリケーションで手のひらに乗るiOSデバイスがソングライターやトラックメイカーのスタジオに

2016年1月20日、Apple®は本日、iOS用の音楽制作アプリケーションのファミリーに新しいメンバーを加えると共に、従来のアプリケーションをメジャーアップデートしました。これにより場所を問わず、手軽に自分の音楽の可能性を引き出したり、素晴らしい音楽を制作できるようになります。新登場のアプリケーション、Music Memosでは、思いついた音楽のアイデアをのがすことなくiPhone®に捉えて、まとめたり、作り込んだりすることができます。また、iOSのためのGarageBand®はメジャーアップデートされ、iPhoneやiPad®だけを使って誰でもDJのように音楽が作れる楽しい方法、Live Loopsなど複数の新機能を搭載しました。「大物アーティストから将来を夢見る学生まで、世界中のミュージシャンがAppleのデバイスを使って素晴らしい音楽を作っています。そんな彼らは、音楽のアイデアがひらめいた時はすかさず新登場の革新的なアプリケーションMusic Memosを使って、iPhoneやiPadに記録しておけるようになります。GarageBandは世界で最もポピュラーな音楽制作アプリケーションですが、今回のアップデートではLive LoopsとDrummerというパワフルな新機能を使って誰でも簡単に自分の音楽の可能性を広げるようになったほか、iPad Proの大型スクリーンや、iPhone 6sとiPhone 6s Plusの3D Touch機能にも対応しました」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。「時にアイデアは自分でノートブックに書き留めるよりも速く湧いて出るので、それを忘れないうちにボイスメモやメモを使って素早く記録するようにしてきました。新登場のMusic Memosは、その2つのアプリケーションが一緒になった音楽製作のためのスーパーパワーみたいなものです。」と語るのは、批評家から絶賛されるシンガーソングライター兼プロデューサーのライアン・アダムス氏です。「Music Memosが、単なるギターのアイデアをバーチャルドラマーによって全体の構成にまで仕上げてくれるというのは、心から感動しました。まるで自分の心を読んでいるかのように自由な演奏をしてくれる人工知能(A.I.)を持ったミュージシャンが、ぴったりのアドリブやエレキベースの伴奏を合わせてくれるのです。」「ファーストアルバムはGarageBandを使って録音しましたが、今も続けて音楽制作に使っています」と語るのは、グラミー賞に輝いた経歴を持つアーティスト兼プロデューサーのT-Pain氏です。「GarageBandの新機能のLive Loopsを使えば素早くトラックやビートを組み立てられるし、さらには楽器のような効果も加えられるところが気に入っています。音楽の作り方そのものが変わるでしょう。」今や世界中のミュージシャンやソングライターが音楽のアイデアを手早く書き留めておくのに手持ちのiPhoneが搭載するボイスメモを使っており、実際、多数のヒット曲がボイスメモから生まれています。ボイスメモをヒントに作られた新アプリケーションのMusic Memosは、作曲や音楽のアイデアを展開させやすいように設計されたミュージシャン好みの機能を追加して、さらに機能性を高めています。Music Memosを利用すれば、どんな楽器でもiPhoneの内蔵マイクロフォンを通じて録音できます。録音は高音質の非圧縮フォーマットで行なわれ、録音した音声には名前をつけ、タグやレーティングを設定して、これを手始めにアイデアのライブラリを構築できます。Music Memosは、録音されたアコースティックギターやピアノからリズムやコードを解析し、曲に合うようなドラムやベースラインを瞬時に追加できるので、まるでカスタマイズ可能なバーチャルバックバンドがあなたの曲の雰囲気に合わせて演奏してくれるようです。Music Memosは基本的な記譜にも対応しており、弾かれたコードを画面に表示してくれます。iCloud®と連係させた場合には、Music Memosは自動的にお使いのAppleデバイスすべてで利用できるようになり、これをGarageBandやLogic Pro X?で開き、それぞれの機能を使って曲をさらに作り込むことができます。ミュージシャンが音楽のアイデアをメールを通じてバンドメンバーと共有したり、あるいはApple Music™のConnectを通じてファンに伝えることも可能です。新アプリケーションのMusic Memosの詳細については www.apple.com/jp/music-memos をご覧ください。iOSのためのGarageBandは世界で最もポピュラーなモバイル向け音楽制作アプリケーションです。そして最新のGarageBand 2.1アップデートには、素晴らしい音楽を直観的に作れるまったく新しい手段となるLive Loopsが追加されました。Live LoopsはDJハードウェアコントローラーとドラムマシンからヒントを得た機能で、高度にビジュアル化されたグリッド中のセルやコラムをタップして、様々な楽器やサンプルのループをトリガーできるので、誰でも簡単に音楽が作れるというものです。ループはその場で演奏、アレンジ、リミックスでき、GarageBandは各々のビートを自動的に同期してテンポとピッチを合わせてくれます。Live Loopsを使い始めるにはAppleがデザインした様々なジャンルの付属テンプレート(EDM、ヒップホップ、ダブステップ、ロックなど)が利用できるほか、最初から作ることもできます。iOSのためのGarageBand 2.1には、Drummerの新機能としてEDMとアコースティック合計9種類のバーチャルセッションドラマーが追加され、それぞれに特徴あるサウンドを提供するほか、ベースプレーヤー向けにアンプの種類も追加されています。GarageBandを使いこなしているユーザー向けとして、オートメーション機能、録音のコントロール、新しいシンプルなEQを使ったダイナミックで洗練された曲作りも可能になりました。GarageBand 2.1は新発売のiPad Pro™が搭載する広大な12.9インチRetinaディスプレイではいっそう映え、一度に表示・操作できるコントロールが増え、再生できる範囲も広くなります。GarageBand 2.1はさらに、iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusでは3D Touchに対応し、より表現力に富んだ演奏が可能になりました。GarageBand for iOSの詳細については www.apple.com/jp/ios/garageband をご覧ください。【価格と販売について】Music Memosは、iPhone 4s以降およびiPad 2以降に対応し、App Store®を通じて無料で入手できます。GarageBand 2.1 for iOSは容量32GB以上のiOSデバイスに付属するほか、iOS 9以降を搭載する対応デバイスの既存ユーザーに無料アップグレードとして提供されます。また、上記以外のユーザーに対しては、App Storeを通じて600円にて販売されます。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム − iOS、OS X、watchOS、tvOS − はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


App Store、過去最高のホリデーシーズンを記録

2016年1月6日、Apple®は本日、このホリデーシーズンにApp Store®を世界中のお客様に多くご利用いただき、クリスマスから新年をはさむ数週間で過去最高の記録を達成したことを発表しました。1月3日までの2週間に、App Storeを訪れたお客様がアプリケーションやアプリケーション内課金アイテムに支払った金額は11億ドルを超え、これに伴って、App Storeへのトラフィックと販売金額の週間記録を2週続けて更新しました。2016年1月1日には、App Storeの歴史始まって以来、最高の販売額を達成し、売上金額はこの日1日だけで1億4,400万ドル以上となりました。この日の売上は、ちょうど1週間前のクリスマスに達成したばかりの単日の最高売上記録を塗り替える結果となりました。「App Storeにとって最高記録が続いたホリデーシーズンとなりました。App Storeの売上は昨年だけで200億ドルを達成しており、私たちのお客様が、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV向けの多くの素晴らしいアプリケーションをダウンロードして楽しんでいただいたことを、私たちはとても嬉しく思っています。同時に、私たちのお客様のために世界で最も革新的かつエキサイティングなアプリケーションを生み出してくださったすべてのデベロッパの皆様に感謝したいと思います。2016年にはどのようなことが起きるのか待ち切れない思いです」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。2008年以来、App Storeは全世界で累計約400億ドルにのぼる収益をデベロッパの皆様にもたらしてきましたが、その1/3以上が昨年一年間だけで生み出されました。App Storeの成功により、現在のAppleは米国だけで190万もの雇用を創出し、支えています。これらの雇用の約3/4、つまり140万人以上が、アプリケーション制作に従事するクリエイター、ソフトウェアエンジニア、iOSアプリケーションの開発を行う起業家などで、その他、IT関連職以外の雇用も、直接的・間接的にアプリケーション事業に関わることで創出しています。*Appleは以前にもiOSアプリケーションのエコシステムにより、欧州で120万人、中国では140万人の雇用を創出したことを発表しています。ゲーム、ソーシャルネットワーキング、エンターテインメントは、すべてのApple製品を通して年間で最も人気のあるApp Storeのカテゴリーであり、お客様はMinecraft: Pocket Edition、Trivia Crack、Heads Up!で自らの記録に挑戦し、Facebook Messenger、WeChat、Snapchatを使って友人や家族と連絡を取り合っています。ゲームとサブスクリプション課金方式を採用したアプリケーションが、昨年中に高い売上をあげたタイトルの上位を占めており、これにはクラッシュ・オブ・クラン、モンスターストライク、ゲーム・オブ・ウォー、Fantasy Westward Journeyや、Netflix、Hulu、マッチ・ドットコムなどがあります。全面的に刷新されたApple TV®とApple Watch®の登場により、まったく新しいアプリケーション体験も生まれ、テレビを通じたコンテンツの楽しみ方を変え、Appleがこれまで作ってきた中で最もパーソナルなデバイスを一目見るだけで有益な情報が得られるようになってきています。昨年10月に発売されて以来、新しいApple TVで最も人気のあるアプリケーションは、レイマン アドベンチャー、Beat Sports、HBO NOWなどです。Apple Watchアプリケーションで人気が高いものは、フィットネスに用いるNike+ RunningやLifesum、旅行時に便利なiTranslateやCitymapperなどとなっています。*雇用創出の推計はDr. Michael Mandel(Progressive Policy Institute)による調査ーApp Economy Jobs in the United States(2016年1月6日付け)に基づきます。※文中にあるコンテンツの情報は一部、米国における状況です。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TVにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム - iOS、OS X、watchOS、tvOS - はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、ジェフ・ウィリアムズをチーフ・オペレーティング・オフィサーに任命

2015年12月17日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、ジェフ・ウィリアムズがCOO(最高執行責任者)に任命され、ジョニー・スルージがハードウェアテクノロジーズ担当シニアバイスプレジデントとしてAppleのエグゼクティブチームに参加したことを発表しました。また、ワールドワイドプロダクトマーケティング担当のフィル・シラーは担当分野を広げ、Appleのプラットフォーム全般にわたる革新的なApp Store®も担当することになります。Appleはまた、Tor Myhrenが2016年の最初の四半期にCEO(最高経営責任者)ティム・クック直属のマーケティングコミュニケーションズ担当バイスプレジデントとしてAppleに入社することを発表しました。 「Appleのエグゼクティブチームが深みと幅に富んだ人材に恵まれていることは、とても幸運なことです。年末を迎える前に、2人の重責を担うエグゼクティブがすでに果たしてくれた貢献を評価しています。ジェフは紛れもなく私がこれまでに一緒に働いた中で最も優れたオペレーションズ担当エグゼクティブです。また、ジョニーのチームは世界最高レベルのシリコンデザインを作り出しており、それが私たちの製品に毎年革新をもたらしています」と、AppleのCEO、ティム・クックは述べています。 さらに続けて、「また、フィルは、App Storeが主導するエコシステムをさらに前進させるという新たな役割も担うことになります。App Storeは単一の、革新的なiOSストアから4つのパワフルなプラットフォームへと成長し、我々のビジネスのますます重要な部分となっています。そして、広告およびマーケティングコミュニケーションズにクリエイティブな才能をもたらすTor Myhrenを迎えることをとても嬉しく思います」と述べています。 ジェフは1998年にAppleにワールドワイドプロキュアメントの責任者としてAppleに入社、2004年にはオペレーションズ担当バイスプレジデントに任命されました。2010年以来、彼はAppleのサプライチェーン、サービス、サポート全般を統括するほか、世界中で100万人以上にもなる従事者を守るソーシャルレスポンシビリティーの責任者でもあります。ジェフはiPhone®の発売と共に始まったAppleの携帯電話市場への参入で重要な役割を果たしたほか、Apple初のウェアラブル製品、Apple Watch®の開発も監督し続けています。 Appleでハードウェアテクノロジーズ担当バイスプレジデントとして過ごした約8年のうちに、ジョニー・スルージは世界最強かつ最も革新的と言っても過言ではないシリコンおよびテクノロジーエンジニアのチームを作り上げ、Appleの製品ライン全般にわたって使われているバッテリー、アプリケーションプロセッサ、ストレージコントローラ、センサーズシリコン、ディスプレイシリコンその他のチップセットを含む、画期的なカスタムシリコンおよびハードウェアテクノロジーズを統括してきました。テクニオン-イスラエル工科大学で教育を受けたジョニーは、2008年にAppleに入社し、Appleが設計した初のシステム・オン・チップであるA4の開発を主導しました。 App Storeの責任者としての役割が加わったフィル・シラーは、Appleのお客様がiPhone、iPad®、Mac®、Apple WatchそしてApple TV®を使う際に愛用されているエコシステムを拡大する戦略に注力します。フィルは現在、これまでのワールドワイドプロダクトマーケティング、インターナショナルマーケティング、教育およびビジネスマーケティングを含むマーケティングの担当に加え、Appleのほぼすべての開発者関連の機能を主導しています。全世界で1,100万人以上の開発者たちが、Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム、iOS、OS X®、watchOS™そしてtvOS™で使われるアプリケーション、さらにそれらと一緒に使えるハードウェアその他のアクセサリを作っており、お客様がこれまでにこれらのプラットフォーム全体でダウンロードしたアプリケーションの数は1,000億以上に上ります。 Tor Myhrenはグレイ・グループからAppleにやって来ます。グレイ・グループではグレイ・ニューヨークのチーフ・クリエイティブ・オフィサーおよびプレジデントを務めてきました。彼のリーダーシップのもと、グレイは2013年と2015年にAdweekのグローバルエージェンシー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。Appleのマーケティングコミュニケーションズ担当バイスプレジデントとして、TorはAppleの広告活動の責任者として、ビデオ、モーショングラフィックス、インタラクティブウェブデザインからパッケージングおよびリテールストアのディスプレイなどのクリエイティブを担当する、数々の賞に輝くチームを主導します。Torは、18年間にわたりAppleでグラフィックデザインとマーケティングコミュニケーションズを担当してこのたび引退を表明した、ヒロキ・アサイの後任となります。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの4つのソフトウェアプラットフォーム - iOS、OS X、watchOS、tvOS - はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、Swiftをオープンソースとしてリリース

2015年12月3日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple?は本日、同社のプログラミング言語、Swift?をオープンソースにしたことを発表しました。オープンソース言語として、アプリケーションデベロッパから教育機関そして大企業のデベロッパまで、幅広い分野の才能あるデベロッパが、Swiftの新しい機能と最適化に貢献できるようになり、Swiftを新たなコンピューティングプラットフォームでも使えるようにする手助けをすることができるようになります。2014年に発表されたSwiftは、史上最も速く広がっているプログラミング言語であり、高性能で効率のよいコンパイル言語と人気の高いスクリプト言語のシンプルさと対話性を合わせ持っています*。Appleはまた、技術文書、コミュニティリソースそしてSwiftのソースコードがダウンロードできるリンクなどを含む、Swiftオープンソースに関する詳細な情報を提供するSwift.orgというウェブサイトを立ち上げました。 「Swiftをオープンソースにすることで、デベロッパコミュニティ全体がこのプログラミング言語に貢献し、これまで以上に多くのプラットフォームで使えるようにする手助けをすることができます。Swiftのパワーと使いやすさは新しい世代にコーディングへの興味を持たせ、本日の発表によって、彼らは、モバイルデバイスからクラウドまで、どこにでもアイディアをもたらすことができるようになります」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは述べています。 Swiftは、次世代の最先端ソフトウェアを作るために必要な自由と能力をデベロッパに与える、強力で直感的なプログラミング言語です。Swiftは、これまでコーディングをしたことがない人でも簡単に学び、使うことができます。また、スクリプト言語と同じくらい表現力に満ち、楽しい、初めてのシステムプログラミング言語です。安全性を念頭に設計されたSwiftはまた、よくあるプログラミングエラーのカテゴリー全体を取り除いています。 SwiftオープンソースコードはGitHubから入手することができ、これには、iOS、OS X?、watchOSそしてtvOS?を含む、Appleのすべてのプラットフォームはもとより、Linuxのサポートも含まれています。提供されるコンポーネンツにはSwiftコンパイラ、デバッガ、標準ライブラリ、基本ライブラリ、パッケージマネジャーそしてREPLが含まれます。Swiftは人気のあるApache 2.0オープンソースライセンスの下でライセンスされ、ランタイムライブラリ例外が付いているため、ユーザは簡単にSwiftを独自のソフトウェアに組み込み、この言語を新しいプラットフォームに移植することができます。Swiftに関するより詳しい情報およびコミュニティリソースへのアクセスについては、Swift.orgをご覧ください。 *RedMonk Programming Language Rankings, June 2015による。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの3つのソフトウェアプラットフォーム - iOS、OS X、watchOS - はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


壮大な12.9インチのiPad Pro、水曜日にオンラインで販売開始、今週後半には店頭販売も開始

2015年11月9日、Apple®は本日、iPad Pro®が11月11日(水曜日)にApple.comでオンラインでの販売が始まり、Apple直営店、特定の通信事業者、そしてApple製品取扱販売店でも今週後半から店頭販売を開始することを発表しました。Apple Pencil™そしてAppleの新しいSmart Keyboardもまた、水曜日にオンラインで販売開始となり、iPad Proにかつてない精度と実用性をもたらします。「iPad Proに対するアプリケーションデベロッパやお客様からの反応は素晴らしいものです。今週いよいよ、iPad Proを世界中のお客様に提供できることをとても嬉しく思っています。iPad Proは私たちがこれまでに作ったなかで最もパワフルなiPadであり、壮大な12.9インチのRetinaディスプレイ、パワフルな64ビットのA9Xチップそして画期的なApple Pencilと新しいSmart Keyboardなどにより、ユーザはさらにクリエイティブに、さらにプロダクティブになることができます。彼らがiPad Proをどんな風に使ってくれるのか大いに楽しみにしています」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。新しいより大きいiPad Proは、iOSデバイスの中ではこれまでで最大の560万ピクセルの美しい12.9インチのRetina®ディスプレイ、そして新しい64ビットのA9Xチップによる、ほとんどのポータブルパソコンに匹敵する画期的なパフォーマンスを特長としています。薄型、軽量にもかかわらず、ユーザがiPad®に期待している10時間のバッテリー駆動時間*を提供し、一日中使うことができます。iPad Pro用に開発されたApple Pencilは描画やスケッチを驚くほど滑らかに自然に行うことができ、美術作品としてのイラストレーションや緻密な3Dデザインのような作業を信じられないような精度で行うことができます。さらに、内蔵されたLightning®コネクタによりペアリングと充電も高速で簡単に行うことができます。Appleの新しいSmart KeyboardはiPad Proの実用性を高め、薄型で耐久性の高いデザインの中にフルサイズキーボードを実現したもので、どこにでも持っていくことができます。Smart KeyboardはiPad Proの革新的なSmart Connectorポートに接続するため、別途バッテリーを用意する必要もなく、オンオフのスイッチやBluetoothのペアリングも必要ありません。iPad Proはすでに、次世代の先進的なアプリケーションデベロッパにインスピレーションを与えており、それらのアプリケーションには、プロダクティビティから、デザイン、イラストレーション、エンジニアリングそして医療から教育、さらにはゲームやエンターテイメントまであらゆるものが含まれます。「iPad Proはクリエイターたちの働き方を変える手助けをする新しい形の機動性のあるクリエイティビティを可能にします。iPad Proの大きなスクリーンと非常に高速なパフォーマンスを使って、クリエイターたちはAdobeのCreative Cloudモバイルアプリケーションシリーズを最大限に利用することができます。例えば、50メガピクセルの画像をiPad Pro上でPhotoshop Fixを使って編集し、その画像をデスクトップ上のPhotoshop CCに送ってさらに細かな調整をすることができるというのも、AdobeとAppleの何百万人ものお客様が恩恵を受けることができる、いわば業界を前進させるコラボレーションです」と、Adobeのプロダクト担当バイスプレジデント、Scott Belsky氏は述べています。「世界中のクリエイティブな才能が彼らのワークフローの一環としてPaperを使い、フローチャートからストーリーボード、ワイヤフレーム、建築スケッチにいたるまであらゆるものをデザインしています。パワフルな12.9インチのRetinaディスプレイそしてほとんどのポータブルパソコンに比肩する性能を提供するA9Xチップを備えたiPad ProはPaperのための究極のプラットフォームです。iPad ProはPaperのユーザに、アイデアがひらめくとすぐにノートや、写真、スケッチ、図にして記録するための、より大きな、よりダイナミックなキャンバスを提供します」と、FiftyThreeのCEOであり共同創業者でもあるGeorg Petschinigg氏は述べています。「Procreate 3は、アーティストにかつてない没入感のあるエクスペリエンスを提供すべくiPad Pro用に設計されています。iPad Proのゴージャスな12.9インチRetinaディスプレイは、最大解像度16Kという信じられないような大きなアートワークの作成を可能にします。このような新しいレベルの解像度により、大判の印刷や極めて繊細なアートワークが可能になります。Procreate 3はApple Pencilにも対応しています。その素晴らしい精度、圧力感度、傾斜検知そしてパームリジェクションにより、Apple Pencilは私たちが待ち望んでいたツールになっています」と、Savage InteractiveのJames Cuda氏は述べています。「iPad ProとApple Pencilは新しいメモパッドとペンです。そのシンプルな使い勝手とパワフルな計算能力により、デザイナーたちはこれらのツールを最大限に活用して彼らのスケッチのエクスペリエンスを再度想像し、彼らの平面作品を3Dに高めることができます。UMake、iPad ProそしてApple Pencilによって、プロのデザイナーは彼らのクリエイティビティと共にイノベーションを手にすることができるようになったのです」と、3Dスケッチングアプリケーション、UMakeのCEO、Evi Meyer氏は述べています。【価格と販売について】 iPad Proの価格は、32GB、Wi-Fiモデルの94,800円から、Wi-Fi + Cellular 128GBモデルの128,800円までとなっており、ゴージャスなメタリック仕上げが施されたシルバー、ゴールドそしてスペースグレーの3色が用意されています。Apple.com、直営店のApple Store、特定の通信事業者そして特定のApple製品取扱販売店でご購入いただくことができます。 Apple Pencilは11,800円で、Smart Keyboardはチャコールグレイで19,800円で販売されます。 iPad Proは、アンギラ、アンティグア・バーブーダ、オーストラリア,オーストリア,ベルギー,カナダ,ケイマン,ケイマン諸島、中国、チェコ共和国,デンマーク、エル・サルバドル、フィンランド、フランス、ドイツ、ジブラルタル、グリーンランド、グアテマラ、香港、ハンガリー、アイルランド、マン島、イタリア、日本、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、マレーシア、メキシコ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ、ロシア、シンガポール、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、タイ、トリニダード・トバゴ、トルコ、UAE、米国,英国、ウルグアイそして米国バージン諸島で販売されます。 新しい、Appleのデザインによるポリウレタン製のiPad Pro Smart Coverは、チャコールグレイとホワイトの2色が用意され、7,800円で販売されます。新しいiPad Pro Silicone Caseはチャコールグレイとホワイトが用意され、9,800円で販売されます。 Apple直営店でiPad Proをご購入のお客様は、メールのセットアップ、App Store®からの新しいアプリケーションの紹介など、購入されたiPad Proをカスタマイズするための無料のパーソナルセットアップを受けることができるため、iPad Proをすぐに使える状態にしてお持ち帰りいただけます。 新しいiPad ProまたはiOS 9についてより詳しく学びたい人は誰でも、すべてのApple Store®で提供されている無料のワークショップに登録することができます。*バッテリー駆動時間は各種デバイスの設定、利用方法その他の要因によって異なり、変動することがあります。**Smart Keyboard for iPadはUS Englishのキーボードレイアウトで提供されます。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの3つのソフトウェアプラットフォーム - iOS、OS X、watchOS - はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、過去最高の第4四半期業績を発表

2015年10月27日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple?は本日、2015年9月26日を末日とする、2015年度第4四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は515億ドル、純利益は111億ドル、希薄化後の1株当り利益は1.96ドルとなりました。前年同期は、売上高が421億ドル、純利益が85億ドル、希薄化後の1株当り利益が1.42ドルでした。売上総利益率は、前年同期の38%に対し、39.9%となりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は62%でした。 売上高の伸びに貢献したのが過去最高となったiPhone?の第4四半期販売台数、Apple Watch?の取扱店の拡大、そして過去最高のMac?の販売台数とサービスからの収益です。 「2015年度は、売上高が28%増大し2,340億ドルとなるなど、Appleにとってこれまでで最も業績の良い年となりました。この継続的な好業績は、地球上で最高の、最も革新的な製品を作ることへの私たちの取り組みの結果であり、私たちのチームがとてつもない努力をしてきたことを証明するものです。まもなくホリデーシーズンが始まりますが、AppleではiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusをはじめ、ケースとバンドの種類をさらに充実させたApple Watch、新しいiPad Pro、そして今週出荷が始まるまったく新しいApple TVなど、これまでで最高の製品ラインナップを用意しています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。 「過去最高の7〜9月期業績により、一株当たり利益は38%伸び、営業キャッシュフローも135億ドルとなりました。当四半期中、自己株式の取得と配当により、170億ドルを株主に還元し、総額2,000億ドルの資本還元プログラムのうち1,430億ドル以上をこれまでに執行いたしました」と、AppleのCFO(最高財務責任者)、ルカ・マエストリは述べています。 Appleは2016年度第1四半期の業績について、以下の予想を提供しています。売上高として755億ドルから775億ドル売上総利益率として39%から40%営業費用として63億ドルから64億ドルその他の収入/(費用)として4億ドル税率26.2% Appleの取締役会は、普通株式1株当り0.52ドルの現金による配当金を発表しました。配当金は、2015年11月9日の営業時間終了時点で株主名簿に記録されている株主を対象に、2015年11月12日に支払われます。 Appleは、2015年度第4四半期業績発表のカンファレンスコールのライブストリーミングを、2015年10月27日14時00分(米国西部時間)より、AppleのWebサイト(http://www.apple.com/quicktime/qtv/earningsq415/)で配信します。このウェブキャストは、配信開始後も約2週間にわたり再生が可能です。 本報道関係者用資料は将来的見通しを包含しており、これらには当社の予想売上高、売上総利益率、営業費用、その他の収入/(費用)、および税率などが含まれています。これらの見通しはリスクと不確実性を伴い、実際の結果は異なることもあります。リスクと不確実性の例としては以下のものが挙げられますが、これらに限定されるものではありません。競争および経済要因、ならびにそれらに対する当社の反応が、当社の製品に対する消費者および事業者の購買決定におよぼす影響;市場における継続的な競争圧力;当社が新しいプログラム、製品および技術革新をタイムリーに市場に提供し、顧客需要を喚起できること;製品の発表および移行、製品価格またはミックスの変更、および/または部品コストの高騰が当社の売上総利益率におよぼし得る影響;当社が顧客の注文に先立って製品の部品を注文するまたは注文の約束をする必要性に伴う在庫リスク;当社が現在単一のまたは限定された供給元から入手している当社の事業に不可欠な特定の部品およびサービスが今後も適当な条件で継続的に入手できること;サードパーティーが提供する製造および物流サービスへの当社の依存が、製造される製品または提供されるサービスの品質、数量およびコストにおよぼし得る影響;当社の海外におけるオペレーションに伴うリスク;サードパーティーの知的財産およびデジタルコンテンツへの当社の依存;当社が他者の知的財産権を侵害したと判断された場合の潜在的影響;当社製品を取り扱う販売会社、通信事業者その他の再販業者の販売能力への当社の依存;製品およびサービスの品質に関する問題が当社の売上高および営業利益におよぼし得る影響;主要な幹部および従業員が今後も当社に留まり、役務を提供し続けること;戦争、テロリズム、公衆衛生問題、自然災害、および製品の供給、配送または需要を妨げる可能性のあるその他の状況;そして訴訟手続きにおける当社にとって不利な結果。当社の業績に影響を与え得る潜在的要因に関する詳しい情報は、当社がSEC(米国証券取引委員会)に提出する報告書の中の「リスク要因」および「事業の財務状況と業績に関する経営陣の解説と分析」の部に折々に含まれています。これらには、既に提出済みの2014年9月27日を末日とする会計年度に関するForm 10-K(年次報告書)、2014年12月27日を末日とするForm 10-Q(四半期報告書)、2015年3月28日を末日とするForm 10-Q(四半期報告書)、2015年6月27日を末日とするForm 10-Q(四半期報告書)、および今後提出する2015年9月26日を末日とするForm 10-Q(四半期報告書)が含まれます。将来的見通しおよび情報はそれぞれ発表時点のものであり、当社はこれらを更新する義務を負うものではありません。※本資料は、米国発2015年10月27日付けで、米国Appleが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの3つのソフトウェアプラットフォーム - iOS、OS X、watchOS - はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、美しい新Retinaディスプレイを搭載しiMacファミリーをアップデート

2015年10月13日、Apple?は本日、iMac?ファミリーの全モデルをアップデートし、非常に美しいRetina? 4Kディスプレイを21.5インチiMacに初めて搭載したほか、すべての27インチiMacにRetina 5Kディスプレイを装備しました。この新しいRetinaディスプレイは、従来より広くなった色域と息を飲むほど壮観な画質により、写真やビデオをこれまで以上に没入感を味わえる、真に迫るものとして映し出してくれます。この最新のiMacはまた、従来よりパワフルになったプロセッサとグラフィックス、2基のThunderbolt? 2ポート、高性能なFusion Driveをさらにお求めやすくした新しいストレージオプションなども備えています。また、Appleは本日、まったく新しいMagic Keyboard?、Magic Mouse? 2、Magic Trackpad? 2で構成されるワイヤレスアクセサリの新しいラインアップも併せて発表しました。これら一連のMagicデバイスは再設計されて、これまで以上に快適な使用感が得られるようになったほか、新たに充電型バッテリーを搭載することにより、使い捨てバッテリーの必要性を完全に排除した点を特長としています。新しくなったMagic Trackpad 2では、Appleの革新的な感圧タッチによる操作がデスクトップでも利用可能になったことで、iMacの体験に新たな広がりを加えます。「最初のiMac登場から今日に至るまで、iMacの精神は一度も揺らいだことはありません。すなわち、最新のテクノロジーと最高のディスプレイと最先端のデザインで究極のデスクトップ体験を届けることです。今回のモデルは私たちがこれまで作ってきた中で、最も素晴らしいiMacとなりました。豪華で新しいRetinaディスプレイ、さらに強力なプロセッサとグラフィックスに加えて、完全に刷新されたMagicアクセサリも用意され、新しいiMacは引き続き、究極のデスクトップ体験を再定義していきます」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。Retinaディスプレイでは、テキストはこれまで以上にくっきりと表示され、ビデオは信じられないほど真に迫って見えます。写真もこれまで以上にもっと細かいところまで表示できます。21.5インチiMacは新登場のRetina 4Kディスプレイにより、標準的な21.5インチiMacディスプレイの約4.5倍に達する、驚愕の4,096×2,304ピクセル(940万ピクセル)の解像度を備えました。27インチiMacは全モデルがRetina 5Kディスプレイを搭載し、オールインワンモデル装備のディスプレイとしては世界最高の解像度、HD(ハイビジョン)ディスプレイの約7倍に達する1,470万ピクセルを誇ります。Retinaディスプレイが21.5インチiMacでも搭載され、27インチではすべてのiMacに標準装備となったことで、iMac Retinaディスプレイモデルはこれまで以上にお求めやすくなりました。新しいRetinaディスプレイの色域は従来よりも広くなり、より明るく現実に近い色をデスクトップで映し出します。標準的なsRGBベースのディスプレイでは、現実世界で目に見える色の多くがスクリーン上で再現されることは決してありません。新しいRetina 5Kおよび4KディスプレイはP3ベースの広い色域を特長とし、25パーセント(sRGBよりも)広いカラースペースにより目に見える色が増えることから、画像や写真はより鮮明になり、細かい表現力はさらに高まり、被写体をかつてないほど真に迫る姿で映し出します。これまで以上に高速でパワフルになった新しい27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルは、新たに第6世代のIntel Coreプロセッサと、最大3.7テラフロップスもの計能力がある最新のAMD製高性能グラフィックスを標準装備します。新しい21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデルは第5世代のIntel Coreプロセッサと強化されたIntel Iris Pro Graphicsを備えています。2基のThunderbolt 2ポートはiMac全モデルに標準装備となり、外付けドライブや高性能な周辺機器との間で最大20Gbps(ギガビット/秒)のデータ転送を実現します。そして、3ストリームの802.11ac Wi-Fiの搭載により、iMacは最大1.3Gbpsに達する高速なワイヤレスネットワーク接続にも対応しています。*Fusion Driveは、大容量のハードディスクの高性能なフラッシュストレージを組み合わせることで、起動時間の短縮と、アプリケーションやファイルへの高速アクセスを実現します。Fusion DriveはOS X?と連係動作することでユーザのiMacの使い方に適応し、使用頻度の高いファイルやアプリケーションを自動的にフラッシュストレージ側に移動します。Fusion Driveのこの驚くべき性能が、1TBハードディスクと24GBの高速フラッシュストレージを組み合わせた新しい低価格構成でよりお求めやすくなりました。Fusion Driveは、より作業負荷が高い用途にも対応できるように、128GBの高速フラッシュと組み合わせる2TBまたは3TBの構成でもお求めいただけます。ストレージ性能の究極を求める方のために、オプションとして最大1TBのフラッシュストレージのみの構成も用意されていますが、こちらも今回のアップデートで従来よりも最大2.5倍も高速になりました。**まったく新しくなったMagic Keyboard、Magic Mouse 2、Magic Trackpad 2はいずれも従来より快適に使えるようになり、操作できることも増えたほか、いっそう環境にも優しくなりました。3つの新しいアクセサリはいずれも内蔵の充電型リチウムイオンバッテリーを中心に再設計され、使い捨てバッテリーの必要性を完全に排除したのに加えて、大幅に堅牢さの増した内部構造と質感を特長としています。新しいMagic Keyboardはすっきりと美しい新デザインにフルサイズのキーボードを備えながら、デスク上に占めるスペースは従来より13パーセントも小さくなっています。新設計のシザー構造を備えてキーボード面がより水平に近くなったことで、Magic Keyboardは信じられないほど安定した、正確で、快適なタイピング体験を与えてくれます。新しいMagic Mouse 2は従来よりも軽く、頑丈になり、接地部分の設計を最適化することでよりスムーズに、滑るように動かせるようになっています。新しいMagic Trackpad 2は表面が従来より29パーセントも広くなり、デスクトップ環境に初めて感圧タッチをもたらします。感圧タッチにより、Mac?を操作するための様々な新しい方法が使えるようになります。単語の意味をさっと調べたり、ファイルの内容をプレビューしたり、住所からマップを立ち上げたりできる「強めのクリック」などがあります。これら新しいMagicデバイスは、Lightning?-to-USB充電ケーブルで接続すると、お使いのMacと即座にペアリングを完了します。そして充電完了後は、1カ月以上もワイヤレスで使い続けられます。***すべての新しいMacには、Mac体験をいっそう洗練させながらシステムのパフォーマンスを向上する最新バージョンのOS Xとなる、OS X El Capitanが搭載されています。El Capitanは、OS X Yosemiteの革新的な機能性と美しいデザインを基本に、ウインドウ管理、内蔵アプリケーション、Spotlight?検索に加えて、アプリケーションの起動や切り替え、PDFの表示、メールへのアクセスといった日常的な作業をこれまで以上に素早くレスポンスの良いものにするパフォーマンス向上に向けた改良を加えています。El Capitanは特にRetinaディスプレイ用に設計されており、Retinaディスプレイ上で最適な読みやすさを追求してきめ細かく調整された新しいシステムフォント、San Franciscoも備えています。新しいiMacの全モデルに、iMovie?、GarageBand?、iWork?アプリケーションが無料で搭載されています。本日アップデートされて4Kビデオに対応したiMovieでは美しいムービーを簡単に作成することができ、GarageBandでは新しい音楽を作曲したりピアノやギターの演奏を学んだりできます。Pages?、Numbers?、Keynote?で構成されるiWorkでは、美しいドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを簡単に作成、編集、共有することができます。iCloud?のためのPages、Numbers、Keynoteでは、iPhone?やiPad?で作成したドキュメントをMacで編集してWindowsユーザを含む友人とも共同作業をすることができます。【価格と販売について】27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデルは本日より、Apple.com、Appleの直営店、Mac製品取扱販売店を通じて販売が開始されます。27インチiMacは、208,880円、238,880円、258,880円の3モデルで提供されます。さらに詳しい技術仕様、CTOオプション、アクセサリに関する情報はwww.apple.com/jp/imacをご覧ください。21.5インチiMacは本日より、Apple.com、Appleの直営店、Mac製品取扱販売店を通じて販売が開始されます。21.5インチiMacは、126,800円、148,800円、そしてRetina 4Kディスプレイモデルが172,800円の3モデルで提供されます。さらに詳しい技術仕様、CTOオプション、アクセサリに関する情報はwww.apple.com/jp/imacをご覧ください。新しいiMacの全モデルに新登場のMagic KeyboardとMagic Mouse 2が付属しています。同じく新登場のMagic Trackpad 2はオプションとしてご注文いただけます。新しいMagicアクセサリは、Apple.com、Appleの直営店、Mac製品取扱販売店でもお求めいただけます。Magic Keyboardは11,800円、Magic Mouse 2が9,500円、Magic Trackpad 2は14,800円で、いずれも本日より販売が開始されます。*実際の速度は、通信範囲、接続速度、使用する場所の条件、ネットワークの規模、その他の要因により変わります。**量産前および量産された27インチiMacモデルを使用し、2015年9月にAppleが実施したテストの結果に基づきます。詳しくはwww.apple.com/jp/imacをご覧ください。***量産前のMagic Keyboard、Magic Mouse 2、Magic Trackpad 2のデバイス本体、ファームウェア、ソフトウェアを、量産されたiMacシステムと共に使用し、2015年9月にAppleが実施したテストの結果に基づきます。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの3つのソフトウェアプラットフォーム - iOS、OS X、watchOS - はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


ジェームズ・ベル、Appleの取締役に選任

2015年10月1日、Apple®は本日、ボーイング社(The Boeing Company)の前CFO(最高財務責任者)兼コーポレートプレジデント、ジェームズ・A・ベルがAppleの取締役に選任されたことを発表しました。ベルは複合企業における財務担当者、戦略立案者、そしてリーダーとしての40年以上の経験があります。ボーイング社に在籍した38年の間に、Boeing Capital CorporationおよびBoeing Shared Servicesの2社も監督し、2005年にはボーイング社の暫定CEOも務めています。「ジェームズはボーイング社でのコーポレートプレジデント兼CFOという輝かしい経歴を通じて、グローバル環境、財務分野、工業分野における豊富な経験を備えた人物です。そんな彼をApple取締役会に迎え入れられるのは大変喜ばしく、彼と一緒に仕事ができることを非常に楽しみにしています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。「私たちはApple取締役会の才能の幅、知識の深みを広げてくれる卓越した人物を求めていますが、ジェームズ・ベルのような素晴らしい人物を探し当てることができて非常に幸せです。私は、彼が今後Appleに対して多くの重要な寄与を果たしてくれることを確信しています」と、Apple取締役会長、アート・レビンソンは述べています。「私はApple製品の熱心なユーザーで、この会社の革新を起こす能力に対して大きな敬意を払っています。Apple取締役会に参画できることを私は大変嬉しく思っており、全精力を傾けてAppleの成功の継続に貢献できることを楽しみにしています」と、ベルは述べています。ベルは現在、JP Morgan Chase、Dow Chemical Company、CDWの取締役のほか、シカゴのRush University Medical Centerの理事も務めています。彼はまた、New Leaders for New Schoolsと協力して才能ある教師と校長の育成支援など、数々のコミュニティでも委員として活躍しています。ベルはカリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(California State University, Los Angeles)で会計学の学士号を修了しています。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの3つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、OS X、watchOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


OS X El Capitan、無料アップデートとして明日提供開始

2015年9月30日、Apple®は本日、世界で最も先進的なデスクトップオペレーティングシステムの最新のメジャーリリース、OS X® El Capitan(オーエステン・エルキャピタン)が米国時間の9月30日(水)にMac®ユーザを対象に無料アップデートとして提供されることを発表しました。El CapitanはOS X Yosemiteの画期的な機能と美しいデザインをベースに、ウインドウ管理、内蔵アプリケーション、Spotlight®検索の刷新とパフォーマンスの向上により、Macエクスペリエンスを洗練させ、アプリケーションの起動や切り替え、PDFの閲覧やメールアクセスといった毎日の操作をより迅速に、さらに軽快にします。 「Macがこれほど人々に愛されている大きな理由の一つがOS Xのパワーと使いやすさです。El Capitanはとても大きな違いにつながる小さな改良の積み重ねにより、Macのエクスペリエンスを洗練させ、パフォーマンスを向上させています。OS Xベータプログラムを通して届いたフィードバックは信じられないほどポジティブでした。El Capitanを使うことによりユーザはMacのことがもっと好きになると思います」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは述べています。 洗練されたMacのエクスペリエンスEl CapitanはユーザがMacで最もよく行う操作をよりシンプルかつスマートに行えるようにします。すっきりとしたデザインとなったMission Control®を使うと、Mac上に開いているすべてを一望、整理することがさらに簡単になります。一回のスワイプで、Mission Controlはすべてのウインドウを一つの平面上に並べてくれるため、必要なウインドウをこれまで以上に簡単に見つけることができます。デスクトップがウインドウで混んできたら、ウインドウの一つを画面上部にドラッグして新しいスペースを作り、そこにウインドウを広げることができます。また、新しいSplit View機能では、二つのアプリケーションウインドウをフルスクリーンモードで自動的に左右に並べて表示できるので、気を散らされることなく両方のアプリケーションに集中できます。 SpotlightはEl Capitanでさらにスマートになりました。Spotlightを使って、株価、現在の天気と天気予報、スポーツの試合結果、試合日程、チームの順位、さらに選手の情報までチェックすることができます。また、Spotlightでは自然な言葉づかいでファイルを検索することもできます。例えば、「4月にハリソンから来たメール」とか「昨日作ったプレゼンテーション」とタイプすると、探しているまさにそのものを見つけるのをSpotlightが手伝ってくれます**。Spotlightウインドウは、より多くの結果を表示できるようにリサイズしたり、デスクトップの好きな場所に移動することもできます。 El CapitanではOS X内蔵アプリケーションもさらに良くなっています。Safari®では新たに、お気に入りのウェブサイトを開いたままタブバーでアクティブにしておくページピン機能が追加され、また、流れるブラウザの音声をどのタブからでも素早く消音するミュートボタンも新たに用意されました。メールには新機能として、メールメッセージ中の名前やイベントを認識して、それを連絡先やカレンダーにワンクリックで追加できるSmart Suggestionsが加わりました。また、iOSと同じようにスワイプ操作によってメッセージを削除したり、フルスクリーンモードで複数のメールメッセージを切り替えることも可能になりました。「写真」アプリケーションでは、撮影地を編集したり、複数の写真の説明をまとめて変更したり、アルバムを日付やタイトルで並べ替えたりすることができるようになったほか、お気に入りのデベロッパが作ったサードパーティ編集拡張機能を使ってさらに上のレベルの編集を行うこともできます。 El Capitanでは「メモ」も完全に新しくなり、メモの中に写真、PDF、ビデオ、その他のファイルをドラッグ&ドロップしたり、SafariのURLや地図の位置情報のようなアプリケーションのコンテンツも「共有」メニューを使って直接追加できるようになりました。チェックリストが簡単に作成できるようになり、重要なTo-doリストを確認しやすくなるほか、新登場の添付ファイルブラウザでは添付ファイルを一か所に集めて表示するので、探しているものを簡単に見つけることができます。iCloud®を使うと、メモがいつも同期されている状態にあるため、一つのデバイスで作成したメモを他のデバイスで編集したりチェックリストの項目をチェックしたりすることができます。向上したシステムパフォーマンスOS X El CapitanではMac全体のシステムパフォーマンスが向上し、日常的な作業の多くを、これまでよりも迅速に、より軽快にこなせるようになります。Appleの画期的なグラフィックテクノロジーであるMetal™によってCore AnimationとCore Graphicsが加速されることで、システムレベルの描画能力が最大50パーセント、効率性が最大40パーセント向上し、結果的に日常的に使うアプリケーションの描画がこれまでよりも速くなります*。MetalはまたCPUとGPUの能力をフルに引き出して、ドローコールのパフォーマンスを最大10倍も高速化することでスムーズな描画を実現し、ゲームやProアプリケーションにおいて、より豊かで、より流れるようなエクスペリエンスを提供します*。 El Capitanでは国際言語対応もいっそう強化されました。新しい中国語のシステムフォントは繁体字と簡体字の両方を備え、鮮明な画面可読性を持つ50,000もの美しくデザインされた字体を備えています。中国語のキーボードインプット方式では語彙が定期的に更新されるほか、変換候補ウインドウがよりスマートになりました。El Capitanでは、ひらがなを自動的に漢字へ変換するので、個々の語に対して変換候補を選んで確定する必要が減り、日本語入力が高速化します。また、新しい4つも含めた日本語のフォントコレクションから選べるので、自分が作成している文書に最も適したフォントを選ぶことができます。 【提供について】OS X El Capitanは米国時間の9月30日(水)からMac App Store?で無料アップデートとして提供されます。El Capitanは2009年以降に発売されたすべてのMacのほか、2007年と2008年に発売された一部のモデルにも対応しています。 *128GBのフラッシュストレージと8GBのRAMを装備した2.7GHz Intel Core i5搭載13インチMacBook Proを使用し、2015年8月にAppleが実施したテスト結果によります。リリース前のOS X v10.11を使ってテストを実施しました。利用できる機能はデバイスによって異なります。パフォーマンスはシステム構成、アプリケーションの負荷、その他の要素によって異なります。?**言語によっては利用できない場合があります。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの3つのソフトウェアプラットフォーム - iOS、OS X、watchOS - はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


Apple、iPhone 6sとiPhone 6s Plusの記録的な販売台数を発表

2015年9月28日、Apple®は本日、新登場のiPhone® 6sとiPhone 6s Plusの2モデルが販売開始からわずか3日間で、新記録となる1,300万台以上を販売されたことを発表しました。iPhone 6sとiPhone 6s Plusは10月9日(金)より販売地域が拡大し、新たにイタリア、メキシコ、ロシア、スペイン、台湾を含む40カ国以上が追加される予定です。新しいiPhoneは今年末までには世界130カ国以上でお求めいただけるようになる予定です。「iPhone 6sとiPhone 6s Plusの販売は驚くほど好調で、初めての週末における販売台数は、Appleの歴史の中で過去最高のものとなりました。お客様からの反響も素晴らしく、新機能の3D TouchとLive Photosは皆さまから好評を得ています。10月9日からは、さらに多くの国のお客様にiPhone 6sとiPhone 6s Plusをお届けできることを心待ちにしています」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。iPhone 6sとiPhone 6s Plusには3D Touchという、ディスプレイを深く押す力の感知により基本操作をもっと素早く簡単に実行できる機能が追加されたことで、iPhoneの革新的なMulti-Touch™(マルチタッチ)インターフェイスに強力かつ新しい広がりが生まれています。新しいiPhoneは静止画を生き生きしたものに変えるLive Photosも搭載し、時間を止めて一瞬をとらえ、大切な思い出に命を吹き込むことができます。Live Photos、3D Touch、12メガピクセルiSight®カメラ、5メガピクセルFaceTime® HDカメラ、Retina® Flashその他の機能はAppleが設計したA9チップにより実現されますが、同時に、スマートフォン搭載用としては最も先進的なこのチップは、これまで以上に高いパフォーマンスと優れたバッテリー駆動時間を両立させます。iPhone 6sとiPhone 6s Plusは、現行のスマートフォンが搭載する中で最も耐久性のあるガラス、航空宇宙産業で用いられるのと同じ7000シリーズアルミニウムを素材として作られ、新色のローズゴールドを加えた豪華なメタリックフィニッシュで仕上げられています。iOS 9は世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムで、ユーザの先を読むアシスタンス機能、パワフルな検索機能、改良されたSiri®を通じてiPhoneにより進んだインテリジェンスをもたらしますが、これらの機能はすべて利用者のプライバシーを守りながら実行されます。内蔵アプリケーションは、再設計されたメモアプリケーション、詳細な乗り換え案内を備えたマップ、モバイルデバイスで最高のリーディング体験を提供するNewsアプリケーションなどで、いっそう強化されています3。iOSの基盤は、これまでよりも少ない空き容量でインストールできるようになったソフトウェアアップデート、利用者のデバイスをしっかり守る先進的なセキュリティー機能によりいっそう強固なものとなっています。お客様にはApple Store®アプリケーションまたはApple.comを通じて、入荷時期や目安となる納品日などの最新情報をチェックされることをお勧めします。直営店のApple StoreにてiPhone 6sまたはiPhone 6s Plusをお求めいただいたお客様には、無料のパーソナルセットアップサービスを提供します。メール送受信の設定のカスタマイズなどのお手伝いや、App Store?で入手できる新しいアプリケーションのご紹介など致しますので、お客様は店舗を出た瞬間から新しいiPhoneを活用できるようになります。また、世界中のApple直営店で開催されている無料のワークショップを通じて、新しいiPhoneやiOS 9について詳しく学ぶこともできます。両モデルとも日本では、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが取り扱い、直営店のApple Store、Apple.com、またはiPhone取扱販売店を通じてお求めいただけます。iPhone 6sとiPhone 6s Plusの販売は世界中に拡大しており、10月9日(金)からは40の国と地域が追加されます――アンドラ、オーストリア、ベルギー、ボスニア、ブルガリア、クロアチア、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、ギリシャ、グリーンランド、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、マン島、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、モルディブ、メキシコ、モナコ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾。また10月10日には、バーレーン、ヨルダン、クウェート、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦も加わります。さらに10月16日(金)には、インド、マレーシア、トルコでの販売も始まり、iPhone 6sとiPhone 6s Plusは今年末までに130カ国以上でお求めいただけるようになる予定です。9月26日(土)までに完了した販売分についてはAppleの2015会計年度第4四半期の業績に含まれ、9月27日の販売分についてはAppleの2016会計年度第1四半期の業績に含まれる予定です。【価格と販売について】・iPhone 6sとiPhone 6s Plusは、ゴールド、シルバー、スペースグレイ、そして新色のローズゴールドによるメタリックフィニッシュで提供され、両モデルとも日本では、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが取り扱い、直営店のApple Store、Apple.com、またはiPhone取扱販売店を通じてお求めいただけます。・Appleのデザインによるアクセサリーとして、様々な色から選べるレザー製およびシリコーン製ケース、本体カラーとマッチするメタリックカラーのLightning Dockなどもお求めいただけます。・お客様はApple.comでiPhoneを予約後、入荷に伴ってお近くのApple Store直営店で受け取れるようになります。各直営店では毎営業日、予約なしで来店されたお客様のためにも(数量に限りはありますが)iPhoneを在庫する予定です。*マップの交通機関情報は、ボルチモア、ベルリン、シカゴ、ロンドン、メキシコシティ、ニューヨーク市、フィラデルフィア、サンフランシスコ・ベイエリア、トロント、ワシントンD.C.を含む一部の主要都市に加えて、北京、成都、上海など、中国の300以上の都市で提供されます。Newsアプリケーションの提供内容は国ごと異なります。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの3つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、OS X、watchOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


iPhone 6sとiPhone 6s Plus、9月25日(金)発売

2015年9月21日、Apple?は本日、最も先進的なiPhoneとなるiPhone? 6sとiPhone 6s Plusを、Appleの直営店で9月25日(金)午前8時(現地時間)より販売開始すると発表しました1。どちらのモデルも同日より、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、および一部のApple製品取扱店にて販売される予定です。Appleはまた、新しいiOSへの移行が過去最速となり、すでに50パーセント以上のデバイスがiOS 9となっていることも併せて発表しました2。「iPhone 6sとiPhone 6sに対するお客様の反応は驚くほど好意的です。私たちは、これまでで最も先進的なiPhoneを今週金曜日よりお客様にお届けできるのが待ちきれません。iOS 9は、Appleの歴史において過去にリリースしたどのソフトウェアよりも速いペースで多くのユーザーにダウンロードされており、素晴らしいスタートを切っています」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは述べています。iPhone 6sとiPhone 6s Plusには3D Touchという、ディスプレイを深く押す力の感知により基本操作をもっと素早く簡単に実行できる機能が追加されたことで、iPhoneの革新的なMulti-Touch?(マルチタッチ)インターフェイスに強力かつ新しい広がりが生まれています。新しいiPhoneは静止画を生き生きしたものに変えるLive Photosも搭載し、時間を止めて一瞬をとらえ、大切な思い出に命を吹き込むことができます。Live Photos、3D Touch、12メガピクセルiSight?カメラ、5メガピクセルFaceTime? HDカメラ、Retina? Flashその他の機能はAppleが設計したA9チップにより実現されますが、同時に、スマートフォン搭載用としては最も先進的なこのチップは、これまで以上に高いパフォーマンスと優れたバッテリー駆動時間を両立させます。iPhone 6sとiPhone 6s Plusは、現行のスマートフォンが搭載する中で最も耐久性のあるガラス、航空宇宙産業で用いられるのと同じ7000シリーズアルミニウムを素材として作られ、新色のローズゴールドを加えた豪華なメタリックフィニッシュで仕上げられています。iOS 9は世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムで、ユーザの先を読むアシスタンス機能、パワフルな検索機能、改良されたSiri?を通じてiPhoneにより進んだインテリジェンスをもたらしますが、これらの機能はすべて利用者のプライバシーを守りながら実行されます。内蔵アプリケーションは、再設計されたメモアプリケーション、詳細な乗り換え案内を備えたマップ、モバイルデバイスで最高のリーディング体験を提供するNewsアプリケーションなどで、いっそう強化されています3。iOSの基盤は、これまでよりも少ない空き容量でインストールできるようになったソフトウェアアップデート、利用者のデバイスをしっかり守る先進的なセキュリティー機能によりいっそう強固なものとなっています。【価格と販売について】iPhone 6sとiPhone 6s Plusは、ゴールド、シルバー、スペースグレイ、そして新色のローズゴールドによるメタリックフィニッシュで提供され、両モデルとも日本では、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが取り扱い、直営店のApple Store、Apple.com、またはiPhone取扱販売店を通じてお求めいただけます。新しいiPhoneの2モデルは、オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、日本、ニュージーランド、プエルトリコ、シンガポール、英国、米国で販売予定です。お客様は、9月26日よりApple.comでiPhoneを予約した後、入荷に伴ってお近くのApple Store直営店で受け取れるようになります。多くの直営店では各営業日、予約なしで来店されたお客様のためにも(数量に限りはありますが)iPhoneを在庫する予定です4。Appleのデザインによるアクセサリーとして、様々な色から選べるレザー製およびシリコン製ケース、本体カラーとマッチするメタリックカラーのLightning Dockなどが販売される予定です。直営店のApple StoreにてiPhone 6sまたはiPhone 6s Plusをお求めいただいたお客様には、無料のパーソナルセットアップサービスを提供します。メール送受信の設定のカスタマイズなどのお手伝いや、App Store?で入手できる新しいアプリケーションのご紹介など致しますので、お客様は店舗を出た瞬間から新しいiPhoneを活用できるようになります。新しいiPhoneやiOS 9の詳細をお知りたい方はどなたでも、直営店のApple Storeで開催されている無料のワークショップへ参加登録することができます。1. 直営店のApple StoreでiPhoneで購入する場合、中国、香港、日本、米国(無税の州)では予約が必要です。2. 2015年9月19日時点のApp Storeでの状況に基づきます。3. マップの交通機関情報は、ボルチモア、ベルリン、シカゴ、ロンドン、メキシコシティ、ニューヨーク市、フィラデルフィア、サンフランシスコ・ベイエリア、トロント、ワシントンD.C.を含む一部の主要都市に加えて、北京、成都、上海など、中国の300以上の都市で提供されます。Newsアプリケーションの提供内容は国ごと異なります。4. 米国での販売状況です。【Appleについて】Appleは1984年にMacintoshを登場させ、パーソナルテクノロジーに革命を起こしました。今日Appleは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchにより世界のイノベーションを牽引しています。Appleの3つのソフトウェアプラットフォーム――iOS、OS X、watchOS――はすべてのApple製品でシームレスな体験を提供するとともに、App Store、Apple Music、Apple Pay、iCloudといった画期的なサービスで人々の可能性を拡げています。Appleの10万人の社員は世界で最も素晴らしい製品を創り出すこと、そして自分たちが生まれてきた世界をさらに良いものとして次世代へ残すことに邁進しています。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧