NHKニュース|スポーツ 2016年10月4日 (火曜日)

テニス ジャパンオープン 錦織が逆転勝ちで2回戦に

テニスの男子ツアー「ジャパンオープン」が東京で開幕し、2年ぶりの優勝を狙う錦織圭選手は初戦の対戦相手が当日になって代わりましたが、逆転勝ちで2回戦に進みました。


サッカー代表合宿2日目 香川ら海外組が合流

サッカー日本代表は、今月行われるワールドカップロシア大会、アジア最終予選の第3戦と第4戦に向け、海外組の選手など8人が合宿に合流しました。


IOC会長 東京五輪の開催費用で前向きに協議

東京オリンピック・パラリンピックの施設整備をめぐり、東京都の調査チームが開催費用が3兆円を超えるという独自の集計結果を出したことを受けて、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は、今後、組織委員会と前向きに協議していく意向を示しました。


海外強化支援選手に陸上のサニブラウン

東京オリンピック・パラリンピックが4年後に近づく中、若手の有望アスリートの海外でのトレーニングを資金面で支援する事業が新たに始まることになり、陸上の17歳、サニブラウンアブデル・ハキーム選手が選ばれたことがわかりました。


元広島4番の山本一義氏が死去

プロ野球の広島で4番バッターとして活躍し、現役引退後はロッテの監督や広島のコーチを務めた山本一義さんが先月、尿道がんのため亡くなっていたことがわかりました。78歳でした。


西武 辻新監督が就任会見「チームに恩返し」

プロ野球、西武の黄金時代を支えたOBで、新たにチームの指揮を執ることになった辻発彦新監督が就任の記者会見を行い、「チームに恩返ししたい気持ちがあった。優勝を目指して精いっぱい頑張りたい」と意気込みを述べました。


アマチュアでメジャー初優勝 畑岡が喜び語る

ゴルフの日本女子オープンで、アマチュア選手として国内メジャー大会で初めて優勝した畑岡奈紗選手が、地元の茨城県笠間市で3日、改めて喜びを語りました。


世界レベルの障害者アスリートを 日体大が奨学金制度

パラリンピックなど世界レベルで活躍できる障害者アスリートを育成しようと、日本体育大学は障害者スポーツに取り組む学生や生徒を対象に、遠征費や学費などを支援する奨学金制度を始めることになりました。


小池都知事 国際ボート連盟会長と意見交換

4年後の東京オリンピックの施設整備をめぐり、東京都の調査チームがボートの競技会場を宮城県内に変更することを提案する中、国際ボート連盟の会長が3日、東京都の小池知事と面会し、「今の会場に決めた理由を選考過程を含めて説明したい」と述べ、東京・臨海部で開催する今の大会計画への理解を求めました。


国際ボート連盟会長 視察で「現在の会場がベスト」

2020年東京オリンピック・パラリンピックの予算などを検証している、東京都の調査チームが見直しを提案したボートやカヌーの競技会場の建設予定地を、国際ボート連盟の会長が視察し、「現在の競技会場がベストだと確信している」と話しました。


中長期の選手強化戦略を 「鈴木プラン」発表

スポーツ庁の鈴木大地長官は、2020年東京オリンピック・パラリンピックのあとも続く、選手強化の支援の体制を作り上げていくため、みずからの名前を取った、通称「鈴木プラン」という、競技団体の中長期的な強化戦略プランの策定などを支援していく、新たな方針を明らかにしました。


IOC副会長 東京五輪の大幅計画見直しに不快感

4年後の東京オリンピックの施設整備をめぐり、東京都の調査チームが、ボート競技の会場の都外への変更など、計画の大幅な見直しを小池知事に提案したことについて、IOC=国際オリンピック委員会の副会長が「信頼関係を壊すものだ」と述べ、不快感を示していたことがわかりました。


イチロー 今季最終戦で3030本目の安打

大リーグ、マーリンズのイチロー選手は2日、今シーズン最終戦のナショナルズ戦に代打で出場して、通算3030本目となるヒットを打ちました。


カブス 川崎 安打でポストシーズンへアピール

大リーグ、カブスの川崎宗則選手は2日、レギュラーシーズン最終戦のレッズ戦に途中出場し、逆転勝利につながるヒットを打って、ポストシーズンのメンバー入りに向けてアピールしました。


パラリンピック競泳の山田 所属企業に銅メダルを報告

リオデジャネイロパラリンピック、競泳男子50メートル自由形の運動機能障害のクラスで銅メダルを獲得した山田拓朗選手が所属している企業で大会について報告し、「これに満足することなく次に向けて頑張りたい」と話しました。


ドジャース前田 最終戦は3回5失点で11敗目

大リーグ、ドジャースの前田健太投手は2日、今シーズンの最終戦となったジャイアンツ戦に先発し、3回途中5失点で11敗目を喫しました。


スポーツ庁 選手強化の支援体制構築で“鈴木プラン”

スポーツ庁は発足から1年がたち、2020年東京オリンピック・パラリンピックのあとも続く選手強化の支援の体制を作り上げていくため、鈴木大地長官の名前をとった通称「鈴木プラン」という競技団体の中長期的な強化戦略プランの策定などを支援していく方針を新たにまとめました。


競馬の世界最高峰「凱旋門賞」マカヒキは14着

競馬の世界最高峰のレース「凱旋門賞」が、2日、フランスで行われ、日本から出走したマカヒキは14着でした。


米女子ゴルフ 野村は16位

女子ゴルフのアメリカツアーの大会は2日、中国の北京で最終ラウンドが行われ、野村敏京選手はスコアを7つ伸ばし、通算13アンダーで16位でした。


男子ゴルフ 片岡大育が逆転で今季初優勝

男子ゴルフの国内ツアーの大会は愛知県みよし市で最終ラウンドが行われ、片岡大育選手が、スコアを6つ伸ばして、逆転で今シーズン初優勝を果たしました。


楽天がソフトバンクに勝利 松坂10年ぶりに登板

プロ野球は楽天対ソフトバンクの1試合が行われ、楽天が7対0で勝ちました。


アマチュアの畑岡が初優勝 ゴルフ日本女子オープン

女子ゴルフの国内メジャー大会「日本女子オープン」は、栃木県那須烏山市で最終ラウンドが行われ、アマチュアで17歳の高校3年生、畑岡奈紗選手が、初めての優勝を果たしました。アマチュア選手が、女子ゴルフの国内メジャー大会で優勝するのは史上初めてです。


リオ五輪銅メダルの錦織に報奨金200万円

リオデジャネイロオリンピックのテニス男子シングルスで日本勢96年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得した錦織圭選手に日本テニス協会から報奨金200万円が贈られ、錦織選手は「日本の人たちにお祝いしてもらい心からうれしい」と喜びを語りました。


岩隈 今季最後の先発で5失点 勝ち負けは付かず

大リーグ、マリナーズの岩隈久志投手は、1日のアスレティックス戦で今シーズン最後の先発マウンドに上がり、4回途中5失点で勝ち負けは付きませんでした。


ドラフト注目の創価大・田中がプロ志望届を提出へ

今月20日に行われるプロ野球のドラフト会議で、1位候補として注目される最速156キロの本格派ピッチャー、創価大の田中正義投手が3日、プロ野球志望届を提出することになり、「選んでいただいたチームで頑張りたい」と決意を述べました。


NHK杯フィギュアに向け2連覇狙う宮原らが抱負

来月札幌市で行われるフィギュアスケートのNHK杯に出場する選手が記者会見し、大会2連覇を狙う宮原知子選手は「自分のいちばんいい演技ができるように頑張りたい」と抱負を述べました。


西武の新監督に辻発彦氏

プロ野球、西武の新しい監督にチームの黄金時代を支えたOBで今シーズン、中日のコーチを務めた辻発彦氏が就任することになりました。


ヤンキース田中 3年目「ステップアップできた」

大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が1日、3年目のシーズンを振り返り、「先発ローテーションに穴を開けることなく投げられ、一つステップアップできた」と話しました。


フィギュア 羽生 フリーはミス出るも今季初戦で優勝

フィギュアスケートの羽生結弦選手が今シーズンの初戦として出場したカナダの国際大会で、4回転ジャンプで転倒するミスもありましたが優勝しました。


「いわて国体」台風で被害受けた自治体でも試合

岩手県で開催されている「いわて国体」は2日から本格的に競技が始まり、8月の台風による記録的な大雨で被害を受けた自治体でも試合が行われました。


競馬の世界最高峰「凱旋門賞」 マカヒキ初優勝目指す

競馬の世界最高峰のレース、「凱旋門賞」が、日本時間の2日夜11時すぎにフランスで行われ、ことしの日本ダービーを制したマカヒキが日本の馬として初優勝を目指します。


女子200メートル平泳ぎ 金藤が日本新で優勝

25メートルのプールで争う競泳の短水路のワールドカップ第4戦が1日、北京で行われ、女子200メートル平泳ぎで、リオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得した金藤理絵選手が2分15秒91の日本新記録で優勝しました。


セ・リーグ観客動員数 史上最多を更新

プロ野球、セ・リーグの今シーズンの観客動員数は1384万8988人で、昨シーズンより34万人近く増えました。これは、実数発表が実施されていなかった平成4年に記録した1384万1000人を超えて、史上最多となりました。


サッカー 宇佐美と武藤 アジア最終予選への出場辞退

サッカー日本代表の宇佐美貴史選手と武藤嘉紀選手が、いずれもけがのため、今月行われるサッカーワールドカップロシア大会、アジア最終予選への出場を辞退しました。


セ・リーグ シーズン最終試合で広島黒田が10勝目

プロ野球は3試合が行われ、セ・リーグはレギュラーシーズンのすべての試合が終了しました。広島の黒田投手は大リーグ時代を含めて7年連続の2桁勝利となる10勝目を挙げました。


サッカーJ1 福岡が敗れJ2降格が決まる

サッカーJ1は、第2ステージ第14節が行われ、年間順位で最下位のアビスパ福岡が名古屋グランパスに敗れ、アビスパのJ2降格が決まりました。


セ・リーグ 広島野村が最多勝と勝率第1位

プロ野球、セ・リーグは、1日、レギュラーシーズンが終了し、25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島の野村祐輔投手が最多勝と勝率第1位のタイトルを獲得しました。また、打撃部門ではDeNAの筒香嘉智選手がホームラン王と打点王の二冠に輝きました。


ヤクルト山田 史上初の2年連続トリプルスリー

プロ野球、セ・リーグは、1日、レギュラーシーズンの全日程を終え、ヤクルトの山田哲人選手が打率3割4厘、ホームラン38本盗塁30個の成績で、プロ野球史上初となる2年連続の「トリプルスリー」を達成しました。


国内女子ゴルフ 15歳アマチュアの長野が単独首位

女子ゴルフの国内メジャー大会、「日本女子オープン」は栃木県那須烏山市で第3ラウンドが行われ、15歳のアマチュア、長野未祈選手がスコアを1つ伸ばし、単独トップに立ちました。


フィギュアスケート国際大会 宇野・宮原の活躍で日本優勝

団体戦で争われるフィギュアスケートの国際大会、ジャパンオープンがさいたま市で開かれ、日本は、宇野昌磨選手が難度の高いジャンプを成功させたほか宮原知子選手も安定した演技を見せて優勝しました。


米女子ゴルフ 野村は25位に後退

女子ゴルフのアメリカツアーの大会は1日、中国の北京で第3ラウンドが行われ、野村敏京選手はスコアを2つ伸ばしましたが通算6アンダーで25位に順位を下げました。


阪神一筋18年 福原が引退登板

プロ野球、阪神の先発や中継ぎとして長年活躍し、今シーズンかぎりで現役を引退する福原忍投手が1日のシーズン最終戦で最後の登板をし、「伝統ある阪神のユニフォームを着られたこと誇りに思います」と感謝の言葉を述べました。


楽天 栗原が引退会見

プロ野球・楽天の内野手で、最初に入団した広島では主軸として活躍し、今シーズンかぎりで引退する栗原健太選手が仙台市内で会見し「自分のバッティングができなくなった」と引退の理由を話しました。


いわて国体が開幕 震災の被災地初 台風の影響も

東日本大震災のあと、初めて被災地で開かれる国体「いわて国体」が開幕し、1か月前の台風による被害で大会の運営に影響が出る中、開会式では地元の選手代表が、最後まで力いっぱい競技すると宣誓しました。


中日の育成選手 多村が引退表明

プロ野球、中日の育成選手で強打の外野手として横浜やソフトバンクで活躍し、第1回のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックで日本の初の世界一に貢献した多村仁志選手(39)が1日、引退を表明しました。


ヤクルトの新垣投手が戦力外

プロ野球、ヤクルトは先発投手としてダイエーやソフトバンクで活躍し、去年ヤクルトのリーグ優勝に貢献した新垣渚投手と来シーズンの契約を結ばないことを発表しました。


国内男子ゴルフ 谷原が単独首位

男子ゴルフの国内ツアーの大会は愛知県みよし市で第3ラウンドが行われ、賞金ランキングトップの谷原秀人選手がスコアを4つ伸ばし、単独首位に立ちました。


両陛下 「いわて国体」開会式に出席

東日本大震災から5年がたったことし、被災地で初めて開かれる国体・国民体育大会の開会式が、1日、天皇皇后両陛下も出席されて岩手県で開かれました。


元横綱 千代の富士のお別れ会

ことし7月に亡くなった大相撲の元横綱千代の富士のお別れ会が東京・両国の国技館で開かれ、関係者やファンが大横綱との別れを惜しみました。


マリナーズ青木はホームラン含む2安打

大リーグ、マリナーズの青木宣親選手は30日のアスレティックス戦に先発出場し、ホームランを含む2安打の活躍で勝利に貢献しました。


ダルビッシュ 今季最後の先発で好投 7勝目

大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手は30日のレイズ戦で、今シーズン最後の先発のマウンドに上がり、6回1失点、12奪三振の好投で7勝目を挙げました。


フィギュアスケート 羽生が史上初の4回転ループ

フィギュアスケートの羽生結弦選手が今シーズンの初戦としてカナダでの国際大会に出場し、男子シングルの前半のショートプログラムで史上初めて4回転ループのジャンプに成功してトップに立ちました。


ソフトバンク松坂 入団して2年目で初の1軍登板へ

プロ野球で右肩の手術からの復活を目指すソフトバンクの松坂大輔投手が、2日の楽天戦で登板することになりました。松坂投手はソフトバンクに入団して2年目で、初めての1軍登板となります。


日本ハム 2連勝でシーズン最終戦を締めくくる

プロ野球は3試合が行われ、4年ぶりのリーグ優勝を決めた日本ハムが接戦を制し、2連勝でシーズン最終戦を締めくくりました。


リオ五輪で銅メダル 競泳の星奈津美が現役引退へ

リオデジャネイロオリンピックで2大会連続の銅メダルを獲得した競泳女子バタフライの第一人者、星奈津美選手が現役を引退することになりました。


サッカー女子 丸山桂里奈が今季で現役引退

サッカー女子の元日本代表で、なでしこリーグ1部、コノミヤ・スペランツァ大阪高槻のフォワード、丸山桂里奈選手が、今シーズンかぎりで現役を引退することになりました。


小池都知事 大会後のコスト考慮し五輪会場整備を

東京都の小池知事は記者会見で、オリンピックの予算などを検証している都のチームが競技会場の変更など計画の大幅な見直しを提案したことについて、「お金の問題は、作るときと、その後の後利用の問題がある」と述べ、大会終了後のコストも考慮して競技会場を整備すべきだという考えを示しました。


国内男子ゴルフ 池田と片岡がトップに並ぶ

男子ゴルフの国内ツアーの大会は愛知県みよし市で第2ラウンドが行われ、池田勇太選手と片岡大育選手の2人がトップに並んでいます。


女子ゴルフ米ツアー野村は23位に順位上げる

女子ゴルフのアメリカツアーの大会は30日、中国の北京で第2ラウンドが行われ、野村敏京選手はスコアを4つ伸ばして通算4アンダーとし、23位に順位を上げました。


ゴルフ日本女子オープン 若手が活躍 上位占める

女子ゴルフの国内メジャー大会「日本女子オープン」は栃木県那須烏山市で第2ラウンドが行われ、多くの選手がスコアを伸ばせない中、若手選手がスコアを伸ばし上位を占めました。


広島の25年ぶりリーグ優勝祝う花電車 お披露目

プロ野球、広島の25年ぶりのリーグ優勝を祝って路面電車を大きなコイなどで飾りつけた「花電車」がお披露目され、祝勝ムードを盛り上げています。


パラリンピックメダリストが文科省訪問 大臣に報告

リオデジャネイロパラリンピックに出場した陸上の辻沙絵選手などメダリストたちが文部科学省を訪れ、松野文部科学大臣にメダル獲得を報告しました。


フィギュアスケート国際大会 宮原や宇野が公式練習

フィギュアスケートの国際大会、ジャパンオープンが10月1日、さいたま市で開かれるのを前に、全日本選手権を2連覇している宮原知子選手などが試合会場で調整しました。


マリナーズ 青木は2安打の活躍

大リーグ、マリナーズの青木宣親選手は29日、アスレチックス戦に先発出場し、ヒット2本を打ちました。


大リーグで11年ぶりの引き分け 川崎は1安打

大リーグ、カブスの川崎宗則選手は29日のパイレーツ戦に先発してツーベースヒット1本を打ちました。試合は、大リーグの公式戦では11年ぶりの引き分けとなりました。


民進国対委員長「五輪予算3兆円超 政府に最終責任」

民進党の山井国会対策委員長は記者会見で、東京都の調査チームが東京オリンピック・パラリンピックの開催費用が3兆円を超えると指摘したことについて、最終的な責任は政府にあるとして、今後の国会審議で追及していく考えを示しました。


新国立競技場 関係閣僚会議で本体工事契約を了承

2020年の東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場をめぐり、政府は、30日、関係閣僚会議を開き、工事費1489億円余りで、大成建設などのグループと本体工事などの契約を締結することを了承しました。


IOCバッハ会長に筑波大学が名誉博士の称号

オリンピックに関する教育の普及に貢献したとして、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長に、日本の大学で初めて、筑波大学から名誉博士の称号が贈られることになりました。


五輪会場計画見直し 小池知事 提案実現に向け取り組み

東京都の小池知事は、オリンピックの予算などを検証している都の調査チームが、競技会場を都外の施設へ変更するなど計画の大幅な見直しを提案したことを受けて、ボートやカヌーの会場をめぐり宮城県の村井知事と会談するなど調整を始めていて、提案の実現に向けた取り組みを進めることにしています。


プロ野球 西武 辻発彦氏に監督就任要請

プロ野球、西武は、チームの黄金時代を支えたOBで、中日のコーチを務める辻発彦氏に、新しい監督への就任を要請し、辻氏はNHKの取材に対し「前向きに検討したい」と就任へ意欲を見せました。


サッカー男子U16アジア選手権 日本決勝進出ならず

インドで行われているサッカー男子の16歳以下のアジア選手権は、29日、準決勝が行われ、日本はイラクに2対4で敗れて、2大会ぶりの決勝進出はなりませんでした。


DeNA三浦が最後の登板「最高のプロ野球人生」

プロ野球で現役最年長の42歳で、今シーズンかぎりでの引退を表明しているDeNAの三浦大輔投手が現役最後の登板をし、「ファンに支えられて25年間やってこられた。最高のプロ野球人生だった」と感謝の言葉を述べました。


大相撲 元幕内の玉飛鳥が現役引退 年寄「荒磯」を襲名

大相撲で元幕内の玉飛鳥が29日、現役を引退し年寄「荒磯」を襲名しました。


ゴルフ日本女子オープン 20歳森田が単独首位に

女子ゴルフの国内メジャー大会、「日本女子オープン」が栃木県那須烏山市で開幕し、20歳の森田遙選手が3アンダーで単独トップに立ちました。


大相撲 新弟子検査の対象を25歳未満に緩和

日本相撲協会は相撲以外のスポーツ経験者の入門を促進しようと、新弟子検査の対象年齢を23歳未満から25歳未満に緩和しました。


DeNA三浦 負け投手で24年連続勝利ならず

プロ野球は29日、3試合が行われ、DeNAは引退を表明している現役最年長で42歳の三浦投手が先発しましたが、負け投手となり、24年連続勝利のプロ野球新記録はなりませんでした。


女子ゴルフ米ツアー大会 野村は38位と出遅れ

女子ゴルフのアメリカツアーの大会は29日、中国の北京で第1ラウンドが行われ、野村敏京選手はイーブンパーの38位と出遅れました。


国内男子ゴルフ 5人が首位に並ぶ

男子ゴルフの国内ツアーの大会は、愛知県みよし市で第1ラウンドが行われ、ツアー初勝利を目指す香妻陣一朗選手など5人の選手がトップに並びました。


中日 森新監督が就任会見「タフな選手つくる」

プロ野球、中日の森繁和新監督が就任の記者会見を行い「危機感はある。接戦を耐えられるようなタフな選手をつくっていきたい」と意気込みを述べました。


五輪ボート・カヌー会場 宮城への変更を知事が歓迎

宮城県の村井知事は「復興五輪にふさわしい大会になる」と述べて、ボートやカヌーの会場を宮城県内へ変えることを歓迎する考えを示しました。


王貞治さん 東京五輪組織委の新理事に就任へ

2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の新しい理事に、オリンピックの追加種目として採用された野球・ソフトボールなど5つの競技を代表して、プロ野球・ソフトバンクの球団会長、王貞治さんが就任することになりました。


五輪競技会場見直し 水泳連盟「大変困惑」

東京オリンピック・パラリンピックの予算などを検証している東京都の調査チームが水泳の会場について大幅な見直しを提案したことについて、日本水泳連盟は「大会の立候補ファイルの段階で東京都とIOC=国際オリンピック委員会、それに国際水泳連盟との間で調整し、その後、設計などの計画が確定したと認識していて大変困惑している。テスト大会を含むスケジュールを考慮すると、建設予定である2019年12月までには、IOCに承認された計画どおりに竣工していただきたいと考えている」とコメントを発表しました。


バレーボール協会「ぽんと見直すのはいかがか」

東京オリンピック・パラリンピックの予算などを検証している東京都の調査チームが競技会場の大幅な見直しを提案したことについて、日本バレーボール協会の女子強化委員長で組織委員会の荒木田裕子理事は「国内外の競技団体が長い時間をかけてやってきたものを、ぽんと見直すというのはいかがなものか」と不快感を示しました。


サッカーW杯アジア最終予選 イラク戦と豪戦のメンバー発表

来月行われるサッカーワールドカップアジア最終予選のイラク戦とオーストラリア戦に臨む日本代表メンバーが発表され、鹿島アントラーズのミッドフィルダー、28歳の永木亮太選手が初めて選出されました。


錦織 ジャパンオープン前に意気込み

テニスの錦織圭選手が来月3日に東京で開幕するジャパンオープンを前に記者会見し、「タフな大会になることは間違いないが、1戦1戦戦っていきたい」と意気込みを語りました。


小池知事 競技会場見直し「トライする価値ある」

東京都の小池知事は、NHKのインタビューに応じ、東京オリンピック・パラリンピックの予算などを検証している都の調査チームが、競技会場を都外の施設へ変更するなど計画の大幅な見直しを提案したことについて「信頼を失わない範囲でトライする価値はある」と述べ、提案の実現のため努力する考えを示しました。


ベッカムさん 熊本選抜の高校生と交流 地震からの復興支援

熊本地震からの復興を支援しようと、サッカー、元イングランド代表のベッカムさんが29日、東京都内で、熊本県選抜の高校生のサッカー選手たちと交流しました。


五輪競技会場見直し ボート協会「困惑している」

東京オリンピック・パラリンピックの予算などを検証している東京都の調査チームがボートやカヌーの競技会場について都の臨海部から宮城県への変更を提案したことについて日本ボート協会の吉田健二広報委員長は「調査チームから接触がなく具体的なコメントのしようがない」と話しました。


レッドソックス 3年ぶり地区優勝 上原・田澤が所属

上原浩治投手と田澤純一投手が所属する大リーグ、レッドソックスが28日、アメリカンリーグ東部地区で3年ぶりの地区優勝を果たしました。


リーグ優勝 日本ハム栗山監督「こんな幸せ初めて」

プロ野球、パ・リーグで4年ぶりの優勝を決めた日本ハムの栗山監督が29日午前、北海道に戻り、新千歳空港で「昨夜からほとんど寝ていないが、こんなに幸せなのは初めてだと思います」と話しました。


マリナーズ青木 2安打1打点 勝利に貢献

大リーグ、マリナーズの青木宣親選手は28日のアストロズ戦に先発出場し、2安打1打点でチームの勝利に貢献しました。


東京都調査チーム 五輪費用3兆円超 3競技会場見直し提案

東京オリンピック・パラリンピックの予算などを検証している東京都の調査チームの1回目の調査結果が29日報告され、開催費用を独自に推計した結果、3兆円を超えるとしたうえで、コスト削減に向け、都内に整備する予定の3つの競技会場を都外の施設へ変更するなど計画の大幅な見直しを提案しました。


五輪競技会場の見直し 森会長「極めて難しい」

2020年東京オリンピック・パラリンピックの予算などを検証している東京都の調査チームが競技会場の大幅な見直しを提案していることについて、大会の組織委員会の森喜朗会長は、知事の判断を待つとしたうえで「競技会場をひっくり返すのは極めて難しい問題だ」と述べ見直しは困難だという見解を示しました。


プロ野球 中日 森ヘッドコーチが監督に昇格へ

プロ野球・中日は、来シーズンの新しい監督に、監督代行として今シーズン途中から指揮を執った森繁和ヘッドコーチを昇格させる方針を固めました。


西武 OBの辻発彦氏に監督就任を要請へ

プロ野球の西武は、新しい監督について西武の黄金期を支えたOBで中日のコーチを務めている辻発彦氏に候補を一本化し、就任を要請する方針であることが球団関係者への取材でわかりました。


リオ五輪でボクシング選手が賭け IOCが厳重注意処分

IOC=国際オリンピック委員会は先月のリオデジャネイロオリンピックのボクシングの試合で賭け行為をしたとして、アイルランドとイギリスのボクシングの代表選手3人を厳重注意処分としました。


日本ハムが4年ぶりのリーグ優勝 巨人は2位確定

プロ野球は、5試合が行われ、パ・リーグは、優勝へのマジックナンバーを「1」としていた日本ハムが、西武に勝って、4年ぶりのリーグ優勝を果たしました。


パ・リーグ 日本ハムが4年ぶり優勝

プロ野球、パ・リーグは優勝へのマジックナンバーを「1」としていた日本ハムが今夜、西武に1対0で勝って、4年ぶりのリーグ優勝を果たしました。


日本陸連 強化委員長に伊東浩司さんが就任

2020年の東京オリンピックを見据えて、日本陸上競技連盟の新たな強化委員長に、男子100メートルで日本記録を持つ伊東浩司さんが就任しました。


サッカー J2ライセンスを鹿児島に交付せず

サッカーJリーグは、J3の鹿児島ユナイテッドが申請していたJ2に参加するためのクラブライセンスを、スタジアムの収容人数が基準を満たしていないとして交付しないことを決めました。申請したJ2のライセンスが認められないのは、クラブライセンス制度が始まって以来、初めてです。


新十両の明生「続けてきてよかった」

11月の大相撲九州場所で新十両に昇進することが決まった立浪部屋の明生(めいせい)が会見し、「上がれるか不安だったので、ほっとした。続けてきてよかった」と喜びを語りました。


高野連 女子の全国大会練習参加さらに検討へ

高野連=日本高校野球連盟は、全国大会の練習に女子の参加が認められていないことについて、28日開かれた審議委員会で意見を交換し、開幕前の甲子園練習と試合前の練習を分けて女子が参加できる道を探るなど、さらに検討を進めることになりました。


リオ五輪の成果や課題を発表 JOC主催のコーチ会議

4年後の東京オリンピックに向け競技力の向上につなげようと、リオデジャネイロ大会で金メダルを獲得した競技の指導者たちが成果や課題を発表しました。


新十両の小柳「4場所での昇進は出来すぎ」

11月の大相撲九州場所で新十両に昇進することが決まった時津風部屋の小柳が会見し、「4場所での新十両昇進は出来すぎだと思う」と謙虚に喜びを語りました。


東京五輪・パラリンピック記念銀貨の打ち初め式

オリンピックとパラリンピックの開催都市がリオデジャネイロから東京に引き継がれたことを記念した1000円銀貨の製造が、28日から大阪の造幣局で始まりました。


小池知事 ボート会場の都外変更「選択肢の1つ」

東京都の小池知事は、記者団に対し、東京オリンピック・パラリンピックの予算などを検証している都の調査チームが、ボートやカヌーの競技会場を宮城県内にあるボート場などへの変更を提案する方針について、「選択肢の1つだ」と述べました。


楽天の栗原 今季限りで引退へ

プロ野球、楽天の栗原健太選手が、今シーズンかぎりで現役を引退する意向を固めたことがわかりました。


ドジャース前田 4回3失点で今季10敗目

大リーグ、ドジャースの前田健太投手は、27日、パドレス戦に先発し、4回3失点で今シーズン10敗目を喫しました。


新十両昇進の大翔鵬「やっとという感じ」

11月の大相撲九州場所で新十両に昇進することが決まったモンゴル出身の大翔鵬が会見し、「うれしい。やっとという感じ」と喜びを語りました。


カブス川崎 9試合ぶり先発出場で1安打

大リーグ、カブスの川崎宗則選手は、27日のパイレーツ戦に先発出場し、ヒット1本を打ちました。試合はカブスが6対4で勝ち、3連勝としました。


マリナーズ青木 タイムリーツーベースで1打点

大リーグ、マリナーズの青木宣親選手は、27日のアストロズ戦に先発し、タイムリーツーベースヒットを打ちました。試合はマリナーズが4対8で敗れました。


五輪予算検証チーム 3競技会場の大幅見直し提案へ

東京オリンピック・パラリンピックの予算などを検証している東京都の調査チームは、臨海部のボートやカヌーの競技会場をはじめ、水泳、バレーボールの合わせて3つの競技会場について都外の施設への変更を含む大幅な見直しを提案することにしていますが、いずれの会場もすでに整備が始まっているだけに、実現に向けてはさまざまな調整を迫られることになります。


大相撲 新十両に小柳など3人が昇進

11月に行われる大相撲九州場所で、アマチュア時代に世界選手権で優勝した時津風部屋の小柳(おやなぎ)など3人が新十両に昇進することが決まりました。


都の五輪予算検証チーム ボート会場を宮城県に変更提案へ

東京都の小池知事が立ち上げた、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの予算などを検証している調査チームは、臨海部に新たに整備するボートの競技会場について、整備費用がかかりすぎるなどとして、宮城県内への変更を提案することがわかりました。


西武 田邊監督 今季かぎりの退任を正式表明

プロ野球、西武の田邊徳雄監督がチームの成績不振の責任を取り、今シーズンかぎりで退任することを正式に表明しました。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧