NHKニュース|文化・エンタメ 2016年10月30日 (日曜日)

ワイヤレスで充電できる電車 埼玉の高校生が製作

高校生が製作したワイヤレスで充電できる電車を走行させる催しが、埼玉県川越市の高校で行われました。


山形 酒田の大火から40年 延焼止めた放水を再現

昭和51年に山形県酒田市の中心街で1700棟以上の建物が焼けた「酒田大火」から、29日で40年になります。川の水を放水し延焼を食い止めた場所で、当時を再現した一斉放水が行われ、参加者たちが防火への誓いを新たにしました。


さいたまで自転車ロードレース 世界の走りを間近で

世界最高峰の自転車のロードレース「ツール・ド・フランス」のことしの総合優勝選手などが参加して、高層ビル街を走り抜ける大会が、さいたま市で開かれました。


山形新幹線 シルバーの「つばさ」ラストラン

山形新幹線の開業当時から24年にわたって親しまれてきた、シルバーをベースにしたデザインの車両の運行が、29日で最後になるのを記念し、ラストランが行われています。


大阪 「太陽の塔」耐震工事前に内部を公開

昭和45年の大阪万博のシンボル「太陽の塔」の内部が29日、耐震工事が行われるのを前に、事前の募集で当選した人たちに公開されました。


近畿地方で木枯らし1号 去年より4日遅く

29日の近畿地方は北寄りの風が強まり、気象台は「近畿地方で木枯らし1号が吹いた」と発表しました。


東京 池袋でハロウィーンイベント 小池知事が騎士の仮装

31日のハロウィーンを前に、東京・池袋では町じゅうでコスプレを楽しめる大規模な仮装イベントが行われています。


ボージョレ・ヌーボー 解禁前に初荷が羽田に到着

来月17日に販売が解禁されるフランス産のワインの新酒、ボージョレ・ヌーボーを積んだことし最初の便が、29日朝、羽田空港に到着しました。


給食にベニズワイガニ 1匹丸ごとふるまう

富山県魚津市の小学校で、地元で水揚げされた冬の味覚、ベニズワイガニが6年生に1人1匹ずつ給食でふるまわれ、子どもたちが特産のカニを丸ごと味わいました。


コメの作柄 一部で台風の影響出るも「やや良」

今月15日時点のことしのコメの作柄は、一部に8月以降の台風の影響が出ているものの、北陸などを中心におおむね天候に恵まれて生育が順調だったことから、全国平均で「やや良」となりました。


地震の影響続く 鳥取県知事らが大阪駅で観光PR

鳥取県中部で起きた地震で観光への影響が続く中、平井伸治知事らがJR大阪駅で特産のカニや梨をPRして鳥取への観光を呼びかけました。


バーバリーと契約切れ業績低迷 三陽商会 170の売り場閉鎖へ

イギリスの有名ブランド、バーバリーグループとの契約が打ち切られ、業績が低迷しているアパレルメーカーの三陽商会は、来年の夏までに、新たに全国のデパートなどにある170の売り場を閉めることを明らかにしました。


野菜価格 葉物は来月平年並みに にんじん・じゃがいも高値続く

農林水産省は、来月の野菜の卸売価格について、日照不足の影響で高値が続く「はくさい」などの葉物類は平年並みに戻る一方、台風の影響が残る「にんじん」や「じゃがいも」は高値が続くという見通しを発表しました。


通天閣はなにわのシンボルや! 再建60年 還暦祝う

大阪を代表する観光施設、「通天閣」が再建されてから28日で60年を迎え、関係者や観光客がなにわのシンボルの「還暦」を祝いました。


9月の家庭の消費支出 前年同月を2.1%下回る

総務省が発表した「家計調査」によりますと、先月(9月)の消費支出は、台風や長雨などの影響もあって外食や住宅のリフォームなどへの支出が減ったことから、物価の変動を除いた実質で去年の同じ月を2.1%下回りました。


News Up なぜ進まない 水道管の「鉛管」撤去

私たちの生活に欠かせない水を送ってくれる水道管は、全国的に老朽化など多くの問題を抱えています。その問題のひとつが、あまり知られていませんが「鉛」です。家庭などで使う水に、地域によっては微量の鉛が溶け出している可能性があるとして、対策が進められています。なぜそのようなことが起きているのでしょうか。


沖縄で「世界のウチナーンチュ大会」開幕

海外に渡った沖縄県出身者やその子孫たちが5年に1回、沖縄に集まって交流を深める大会が27日から始まり、およそ600人が三線(さんしん)を演奏して大会の開幕を華々しく祝いました。


電動自転車 一部製品で人力補う力が基準超え 「使用控えて」

国内で販売されている電動アシスト自転車のうち7つの製品の一部で、人の力を補うアシスト力が法律に基づく基準を超えていたことがわかりました。対象の製品は合わせて4536台が販売されているということで、警察庁は製品名などを公表し、使用を控えるよう呼びかけています。


青森 奥入瀬渓流で紅葉見頃

青森県十和田市の奥入瀬渓流では木々が鮮やかに色づき紅葉が見頃を迎えています。


地震で落ちた鳥取の梨を買い取り無料配布 東京 港区

今月21日に発生した鳥取県中部の地震で被害を受けた梨農家を支援しようと、東京・港区は枝から落ちた梨を買い取り、区のイベントなどで無料で配る取り組みを始めました。


梅のウイルス感染問題 国の検討会が植樹再開認める

東京・青梅市で感染が広がった梅の木を弱らせるウイルスについて、国の検討会は伐採などの対策によって新たな感染リスクは十分に低くなっているとして、名所として知られていた市内の公園やその周辺での梅の植樹の再開を認めました。


鳥取 農家支援へ地震で落下の梨を販売

今月21日に鳥取県中部で発生した震度6弱の地震によって収穫期を迎えていた特産の梨が枝から落ちる被害が相次いだことから、農家を支援しようと鳥取市などのスーパーでは落ちた梨の販売が始まりました。


AEDで9年間に835人救命 専門家「積極的に活用を」

街なかで突然、心臓が機能を停止して倒れた人のうち、AEDによる救命処置が行われたことで日常生活ができるまでに回復した人は、過去9年間に全国で推計835人にのぼるとする研究結果を京都大学などのグループが発表しました。救命処置には心臓マッサージなどもありますが、AEDがなければ救命できなかった人の数が出されるのは初めてで、専門家は「AEDの効果がはっきりと示されたもので、積極的に活用すれば救える人はさらに増やせる」と話しています。


新宿区が民泊に独自ルール検討へ 犯罪に利用懸念

政府がいわゆる民泊の普及に向けた新法の準備を進める中、東京・新宿区は、都市部の民泊は一定の規制がなければ、犯罪に利用される可能性があるなどとして、区独自のルール作りの検討を始めました。


「プラチナ大賞」に島根県雲南市など2団体

地域の課題解決に向けた先進的な取り組みを表彰する「プラチナ大賞」の表彰式が、都内で行われ、過疎化が進む地域の活性化に取り組む若者への支援活動を行っている島根県雲南市の取り組みなどが大賞に選ばれました。


サケ不漁 根室の8漁協 定置網漁を一部自主規制

北海道でサケの不漁が続き、川に戻ってくるサケが減少していることを受けて、根室地方の8つの漁協は、海で行っている定置網漁の一部を自主規制することを決めました。


タカタのエアバッグ搭載 3社で136万台リコール

トヨタ自動車やフォルクスワーゲンなど3社は、タカタのエアバッグを搭載している113車種、合わせておよそ136万台のリコールを国に届け出ました。これでタカタのエアバッグをめぐるリコールは、国内で1700万台を超えました。


卵子の凍結保存1000人超 うち12人が出産

将来の妊娠に備え健康な女性が卵子を凍結保存することについて、日本産科婦人科学会が、産まれた子どもへの影響などがわからず「推奨しない」としているなか、全国の少なくても44の医療機関で1000人以上の健康な女性が卵子を凍結保存していることがNHKの取材でわかりました。このうち出産した女性も12人に上り、専門家は「卵子凍結の広がりは若い時期に子どもを産みにくい社会であることを物語っている。医療問題としての議論だけでなく、社会問題として議論し調査も進める必要がある」と指摘しています。


松坂屋銀座店跡地に大規模複合施設が来年4月オープンへ

東京・銀座にあった「松坂屋銀座店」の跡地などで進む再開発事業の詳細が26日に発表され、有名ブランド店に加えて、観光バスの乗降施設、それに能楽堂などを備えた大規模な複合施設として来年4月にオープンすることが明らかにされました。


「原爆の子の像」 禎子さんの母校で平和願う集会

幼い時に広島で被爆して12歳で亡くなり、「原爆の子の像」のモデルになった佐々木禎子さんの命日に合わせて禎子さんの母校の中学校で平和を願う集会が開かれました。


News Up 野菜高騰 “救世主”はきのこ

シイタケにエノキ、シメジ、マイタケ、そしてマツタケ。きのこは、秋を代表する味覚の1つですが、ここのところ価格が高騰している野菜に代わって、人気が高まっています。


津波被害の畑跡に再生エネルギー活用の野菜工場

東日本大震災で被災して使えなくなった宮城県石巻市の畑などの跡地に、再生可能エネルギーなどを活用してトマトやパプリカを栽培する工場が完成し、25日、施設の内部が報道関係者に公開されました。


巨人 ファーム専用の新球場建設へ 地域密着目指す

東京・稲城市に、プロ野球、巨人のファーム専用の球場が新たに建設されることが決まりました。バーベキューをしながら観戦できるなど、球団としては地域密着型の球場を目指していて、地元でも地域活性化につながると期待しています。


来年の年賀状 1月2日の配達は取りやめ

日本郵便は、来年の年賀状の配達について、人件費の負担が大きいとして1月2日の配達を取りやめると発表しました。


陸前高田市の松林復活へ 苗木を試験植樹

東日本大震災の津波で流された岩手県陸前高田市の海岸沿いの松林を復活させようと、25日、松の苗木を植える試験植樹が行われました。


スマホアプリで銀行口座から買い物代金決済 横浜銀行

ITと金融サービスを融合させた「フィンテック」と呼ばれる技術が注目されている中、地方銀行大手の横浜銀行は、スマートフォンのアプリを使って買い物した代金を銀行の口座から決済できるサービスを導入することになりました。


六甲山の小学校でまきストーブの火入れ式 神戸

二十四節気の1つで霜が降りるころとされる霜降がすぎ、神戸市の六甲山の頂上付近にある小学校では、児童たちがまきストーブに火をつける恒例の「火入れ式」が行われました。


1歳未満の子ども 就寝中に窒息死相次ぐ 大人用寝具が原因か

1歳未満の幼い子どもがベッドや布団などで就寝中に窒息して死亡する事故が相次いでいることについて、消費者庁が分析結果を公表し、多くは大人用の寝具が原因になっていると見られるとして、ベビーベッドや子ども用の固めのマットレスを使うことなどを呼びかけています。


News Up イクラ高騰のなぜ?

全国的に野菜の値上がりが消費者の悩みの種となっていますが、この秋は、海産物にも価格の高騰する食材が出ています。それは、これからが旬の「イクラ」です。この夏の台風の影響でサケ漁の開始が遅れたことが主な要因ですが、記録的な不漁の原因はそれだけではないようです。


波の力で発電 日本初の波力発電所 岩手・久慈

海の波の力を利用して作った電力を一般の施設に供給する、日本で初めての波力発電所が、岩手県久慈市の港に完成し、住民などに公開されました。


大阪 造幣局で「貨幣大試験」

1円から500円までの6種類の硬貨などが定められた重さで造られているかを検査する、恒例の「貨幣大試験」が、大阪の造幣局で行われました。


ハロウィーンで車両通行規制へ 東京・渋谷

10月31日のハロウィーンに向けて、毎年、仮装した大勢の人たちで混雑する東京・渋谷では、ことしはさらに多い人出が見込まれるとして、警視庁は、混雑の状況に応じて車両の通行を規制し、歩行者に車道を開放する措置を初めて取ることにしました。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧