NHKニュース|文化・エンタメ 2016年12月15日 (木曜日)

高齢者 外来の医療費の自己負担額 引き上げ幅抑制で最終調整

政府・与党は、来年度の予算編成の焦点である、一定の所得に満たない高齢者の外来医療費の自己負担上限額について、来年度と再来年度の2段階で1万8000円まで引き上げるものの、引き上げ幅は当初案より半分程度に抑制する方向で最終的な調整に入りました。


踏み間違いの死亡事故 約84%が65歳以上

高齢者ドライバーによる事故が相次ぐ中、アクセルとブレーキの踏み間違いが原因と見られる死亡事故は、ことしに入って先月までに全国で45件起き、このうちおよそ84%が65歳以上のドライバーによる事故だったことが、警察庁への取材でわかりました。


自賠責保険料 9年ぶり引き下げへ 来年4月から

損害保険各社が加盟する団体は、自動車を持つ人全員に加入が義務づけられている自賠責=自動車損害賠償責任保険の保険料を、来年4月から引き下げる方針をまとめ、正式に決まれば、9年ぶりに保険料が引き下げられることになります。


News Up “死んだあとに離婚” 増えてる理由は?

死後離婚という言葉をご存じでしょうか?。「配偶者の死後、その親族と縁を切りたい」、「夫と同じ墓に入りたくない」。そうした人たちの間で“死後離婚”という言葉が広がり始めています。


赤穂四十七士の討ち入りの日に義士祭 兵庫 赤穂

「忠臣蔵」で知られる赤穂四十七士が討ち入りをした12月14日に合わせて、兵庫県赤穂市で「赤穂義士祭」が行われました。


日ロ首脳会談前に 山口の特産品PRするブース設置

15日、山口県で開かれる日ロ首脳会談に合わせて、報道関係者の待機場所となる施設に、ういろうや、かまぼこなど、山口県の特産品をPRするブースが設置されました。


手足が不自由な人たちの絵画や写真 作品展

手や足などが不自由な人たちが作った絵画や写真などを集めた作品展が、14日から東京で始まりました。


首都圏マンション販売 24年ぶりの低水準に

首都圏でことし1年間に発売される新築マンションの戸数はおよそ3万5000戸と、バブル崩壊で落ち込んだ平成4年以来24年ぶりの低い水準となる見通しです。


ガソリン価格 1年ぶりの高値水準に

今週のレギュラーガソリンの1リットルあたりの小売価格は、OPEC=石油輸出国機構が先月末の総会で減産に踏み切ることで最終合意し、原油価格が上昇した影響で、前の週より1.7円高い127.7円まで値上がりし、1年ぶりの高値水準となりました。


モンチッチ誕生の地を新たな観光地に 東京・葛飾区

地元ゆかりの人気漫画や人気映画を生かしたまちづくりが続く、東京・葛飾区は国内外で人気が高いぬいぐるみ、「モンチッチ」の誕生の地を新たな観光地として整備していくことになりました。


さけが上る最南端の川で「献鮭祭」

さけを祭っている福岡県嘉麻市の神社で、川で捕れたさけを奉納して五穀豊じょうなどを願う祭り「献鮭祭」が行われました。


尾瀬で地球温暖化の影響は 65年ぶり学術調査団

群馬県や福島県などにまたがる尾瀬国立公園で地球温暖化の影響などを調べるため、動植物の分布状況などの大規模な調査が65年ぶりに行われることになり、13日、学術調査団が発足しました。


大学キャンパスで自動運転バスの走行公開 福岡

福岡市の九州大学のキャンパスで、来月から、運転手がいない自動運転のバスを走らせる実証実験が始まることになり、報道陣にバスの走行が公開されました。


住まいや働き方など 来年のトレンド予測を発表

来年はどんな年になるのか、住まいや働き方など暮らしに関する8つの分野について情報サービス大手が行った来年のトレンド予測が、13日、発表されました。


新年を前に 大神神社に高さ5メートルの大門松

新年を前に、奈良県桜井市の大神神社に、高さおよそ5メートルの大門松が立てられました。


京都 祇園で年末恒例の「事始め」

京都の祇園で芸妓や舞妓が芸事の師匠などに一足早い新年のあいさつをする年末恒例の「事始め」が行われました。


News Up 来年って休みが少ないの?

ことしも残りわずかです。書店や文房具店などには、さまざまなデザイン、工夫を凝らした来年の手帳やカレンダーが並んでいます。インターネット上では「来年の手帳を探さないといけない」などといった書き込みが見られます。その来年、平成29年について、書店で記者が耳にした買い物客どうしの会話が気になりました。「来年はことしよりも休みが少ないんだよね」どういうことなのでしょうか?


成田山新勝寺ですす払い

毎年、多くの参拝者が初詣に訪れる千葉県の成田山新勝寺で、ことし1年にたまったほこりを払い落とす、すす払いが行われました。


来年のえと「酉(とり)」の名が付く魚の展示会 福井

来年のえとの「酉(とり)」にちなんで、鳥の名前が付いた魚を集めた展示会が福井県坂井市の水族館で開かれています。


“サンタ列車” 運行始まる 信楽高原鉄道

滋賀県甲賀市の信楽高原鉄道で、サンタクロースが乗り込んだ「サンタ列車」の運行が始まり、地元の子どもたちが一足早いクリスマスを楽しみました。


旧ソビエト軍占領下の北方領土で“共生”の写真見つかる

戦後、旧ソビエト軍に占領された北方領土で、日本人と当時のソビエトの人たちがとも暮らしていた様子を収めた写真がロシアの資料館で見つかりました。北方領土問題の専門家は「人間どうしのつながりが表れた貴重な資料で、今後、領土問題が進展した際に共生の在り方などを考えるための手がかりになる」と指摘しています。


冬の風物詩「気嵐」見られる 石川 七尾市

この冬いちばんの冷え込みになった石川県七尾市で、12日朝、海面から水蒸気が立ちのぼる「気嵐」が見られました。


フランスの環境認証に千葉・船橋の地区 日本初

地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」を去年、議長国として取りまとめたフランス政府が、環境に配慮したまちづくりを進めている地域を認証する制度に、日本では初めて千葉県船橋市にある地区が選ばれました。


民生委員が各地で不足 30府県で80歳以上が担い手

独り暮らしの高齢者の見守りなど地域の福祉を担う民生委員が各地で不足する中、少なくとも30の府県で80歳以上の高齢の人が民生委員を務めていることがわかりました。国は75歳未満の人を選ぶことを努力目標としていますが、各地で欠員が出る中で、高齢の委員にも頼らざるをえない実態が浮き彫りになりました。


新千歳空港 雪の影響で約1500人が空港で一夜

北海道の新千歳空港では、10日に続き、11日も雪のため、空の便の欠航が相次ぎ、足止めされた乗客およそ1500人が空港のロビーで一夜を過ごしました。


逃げたニホンライチョウ 1羽見つからず 長野

長野県大町市の博物館で人工飼育されている国の特別天然記念物のニホンライチョウ2羽が逃げ出し、このうち、まだ見つかっていない1羽の捜索が11日も行われましたが、日没までに見つかりませんでした。捜索は12日も続けられます。


「あべのハルカス」で階段垂直マラソン 大阪

高さ300メートルの日本一高いビル、大阪市の「あべのハルカス」で、ランナーたちが階段を駆け上がるタイムを競う大会が開かれました。


パラリンピック競技を子どもたちが体験

4年後の東京パラリンピックに向けて競技に親しんでもらおうと、「車いすラグビー」や「ボッチャ」などを子どもたちが体験するイベントが、都内で開かれました。


震災も闘病も乗り越え 念願のケーキ店オープン

東日本大震災の発生から5年9か月となる11日、岩手県山田町では、高校生のときに被災し、その後、闘病生活も乗り越えた女性が、幼い頃からの夢だったケーキ店をふるさとにオープンさせました。


冬に咲くひまわりで観光PR 神奈川 寒川町

神奈川県寒川町の畑で、冬に咲くひまわりの花を自由に摘み取れる催しが開かれています。


“ロボットを身近に” アート作品の展示会 神奈川

ロボット産業を推進する国の特区に指定されている神奈川県藤沢市で、ロボットをテーマにしたアート作品の展示会が開かれています。


津波の被災地域で復興願うマラソン大会 仙台

東日本大震災の発生から5年9か月となる11日、津波で大きな被害を受けた仙台市若林区ではマラソン大会が開かれ、市民ランナーが復興を願いながら沿岸部を駆け抜けました。


軽自動車にも車種別の保険料を導入検討 損害保険各社

損害保険各社は、すべての車種で一律となっている軽自動車の自動車保険の保険料の水準を、事故や盗難の多さなどに応じて車種によって変える仕組みを、平成32年までに導入することになりました。


地震被害乗り越えことしも新酒 熊本 山都町

熊本地震で被災した熊本県山都町の酒蔵で、被害を乗り越えてことしも新酒ができあがり、酒造りのシンボルとされる「杉玉」の掛け替えが行われました。


「年明けうどん」をPR うどん食べ比べの催し 高松

正月に1年の幸せを願って食べる「年明けうどん」を広めようと、うどんの消費が盛んな高松市で、各地のうどんを食べ比べる催しが開かれました。


トキの羽の色に変化 繁殖期まもなくか 新潟 佐渡

新潟県佐渡市に生息する国の天然記念物トキの羽の色に変化が見られ、環境省では、繁殖期が近づいていることを示すものと見て観察を続けています。


地震保険料値上がりへ 損害保険各社が周知進める

将来の地震の想定の見直しに伴い、地震保険の保険料が来年1月から全国平均で5.1%値上がりするのを前に、損害保険各社は加入者への周知を進めています。


著者名など伏せて販売「文庫X」 タイトル公表する催し

本の表紙にカバーをかけ、タイトルや著者の名前などを伏せた状態で販売して、異例の売れ行きが続く「文庫X」と名付けられた書籍の本来のタイトルなどが盛岡市で公表されました。


ニホンウナギ稚魚 日韓台の養殖業者が流通正常化を申し合わせ

絶滅のおそれがあるニホンウナギをめぐり、養殖に使う稚魚の不透明な国際取引が乱獲を招いているとして国際機関が実態調査を行うことが決まったことを受けて、日本と韓国、台湾の養殖業者らが会合を開き、国際社会の理解を得られるよう稚魚の流通の正常化に取り組んでいくことを申し合わせました。


「真田丸」初の発掘調査 盛り土や堀の跡発見か

戦国時代に天下統一を果たした豊臣秀吉方の武将、真田幸村こと信繁が「大坂冬の陣」で大坂城の南に築いた出城、「真田丸」の初めての学術的な発掘調査が行われ、盛り土と見られる跡などが見つかりました。一連の調査では巨大な堀と見られる跡なども確認され、真田丸の実態に迫る成果として注目されています。


夏目漱石没後100年 坊っちゃん列車ミュージアム開館 松山

明治の文豪、夏目漱石の没後100年の命日にあたる9日、小説「坊っちゃん」に登場する機関車のレプリカなどを展示した「坊っちゃん列車ミュージアム」が、小説の舞台となった松山市にオープンしました。


患者の雇用継続に配慮求める 改正がん対策基本法が成立

がん患者が安心して暮らせる社会の構築を目指し、事業主に対し、がん患者の雇用継続に配慮するよう求めることなどを盛り込んだ改正がん対策基本法が、9日の衆議院本会議で全会一致で可決されて成立しました。


15言語に対応 押しボタン式信号の操作案内板を設置

日本を訪れる外国人に東京の街を安全に観光してもらおうと、警視庁は、押しボタン式の信号の操作方法について近年観光客が増加しているタイやベトナムなど15の言語で案内する取り組みを始めました。


小規模保育施設の3歳児以降受け入れ先確保に課題 総務省が勧告

保育所などの空きを待っている待機児童の現状について、総務省が保育施設を抽出して調査した結果、2歳児までを預かる「小規模保育施設」の3割近くが3歳以降の受け入れ先を確保できていないことがわかり、総務省は厚生労働省などに対し、市町村と連携して対策を徹底するよう勧告しました。


低金利で定期預金から普通預金へ 預金通貨の残高 過去最高更新

日銀のマイナス金利政策の影響で定期預金の金利が下がったことから、お金を普通預金に移す動きが広がっていて、いつでも引き出せる「預金通貨」の残高が、先月は去年の同じ月より9.6%増えて、過去最高を更新しました。


ゆで卵少量ずつ食べて卵アレルギー発症を80%抑制

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんは、卵アレルギーになるリスクが、高いことが知られていますが、生後6か月の段階からゆで卵をごく少量ずつ食べさせると1歳になったとき、卵アレルギーの発症を80%抑えられたとする研究成果を国立成育医療研究センターなどのグループが発表しました。


老朽化進む団地を再生 共同事業体でまちづくり 横浜

団地の老朽化が進みまちづくりの課題となる中、横浜市は、UR=都市再生機構や金融機関などと共同事業体を立ち上げて団地の再生に取り組むことになり、近く協定を結ぶことにしています。


福島県内 帰還困難区域の除染 国が費用負担へ

政府は、東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、原則として立ち入りが禁止されている福島県内の帰還困難区域で、来年度から実施する除染の費用について、東京電力には請求せず、国が負担する方針を固めました。原発事故に伴う除染の費用を国が負担するのは初めてです。


高齢者の医療費 自己負担上限額引き上げ 決着は週明け以降に

厚生労働省は、来年度の予算編成で、一定の所得に満たない70歳以上の人の医療費の自己負担上限額を引き上げる措置について、与党内の異論を踏まえ、引き上げ幅の抑制などを検討していて、決着は週明け以降になる見通しです。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧