NHKニュース|政治 2016年12月18日 (日曜日)

来年度予算案 過去最大 “97兆円台半ば” 自民 茂木氏

自民党の茂木政務調査会長は長野市で講演し、来年度予算案について高齢化で社会保障費がさらに増えることなどから、一般会計の総額で過去最大となる97兆円台の半ばになるという見通しを示しました。


維新が東京で政治塾発足 小池氏との連携は政策次第

日本維新の会は、来年夏の東京都議会議員選挙を前に東京で政治塾を発足させ、松井代表は選挙での小池知事との連携は、政策などを見極めて判断する考えを示しました。


“年明け解散も 共産などと連携協議急ぐ” 民進 野田氏

民進党の野田幹事長は茨城県土浦市で記者団に対し、年明け早々に衆議院の解散・総選挙が行われる可能性があるとしたうえで、今週、共産党などと幹事長・書記局長会談を開き、衆議院選挙での連携について協議を急ぐ考えを示しました。


ギャンブル依存症対策 民進・公明それぞれ法案検討へ

カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備推進法が成立したことを受け、民進党と公明党はギャンブル依存症に対する懸念が高まっているとして、依存症対策の強化に向けそれぞれ検討を始めることにしています。


日ロ首脳会談の評価 与野党で分かれる 日曜討論

NHKの番組「日曜討論」で、16日まで2日間にわたって行われた安倍総理大臣とロシアのプーチン大統領の首脳会談について、自民党は、「『新しいアプローチ』に一歩を踏み出した」と評価したのに対し、民進党は、「領土問題で一切進展がなかった」と批判しました。


都市部から地方への移住 総務省が研究会設置へ

総務省は地方の人口減少が進む一方で、都市部の若い世代を中心に、自然が豊かな農山漁村に移住しようとする意識が広がっているとして、新たに研究会を設置して、都市部の住民を対象に意識調査を行うなど、実態把握を始めることになりました。


プーチン大統領に手渡された元島民の手紙 内容明らかに

先の日ロ首脳会談で、安倍総理大臣がロシアのプーチン大統領に手渡した北方領土の元島民らが書いた手紙の内容が明らかになりました。手紙には元島民の高齢化が進み、その多くが他界する中、「生きているうちに故郷に戻りたい。自由に島に行きたい」などと訴えていて、政府関係者によると、今回の会談で両首脳が元島民の自由な往来を可能にするための案を検討することで一致したことに、大きな役割を果たしたとしています。


ロシア人の入国ビザ緩和へ 人的交流拡大に向け

先週行われた日ロ首脳会談を踏まえ、外務省は日本とロシアの人的交流の拡大に向けて、一度取得すれば何度でも日本に入国できる「数次ビザ」の有効期間を延長するなど、年明けからロシア人に発給している入国ビザを緩和する方針を決めました。


憲法改正項目の議論 見通せない状況 来年の通常国会

衆参両院の憲法審査会はさきの国会で審議を再開しましたが、自民党と野党第1党の民進党の立場の違いが浮き彫りになるなど、来年の通常国会で改正項目の絞り込みに向けた議論ができるかどうか、見通せない状況です。


国民健康保険の財政支援300億円減額へ 厚生労働相

塩崎厚生労働大臣は、全国知事会など地方団体の代表と会談し、来年度予定されていた国民健康保険への追加的な財政支援について、消費税率の10%への引き上げの再延期により財源の確保が困難だとして、300億円減額する方針を伝えました。


首相補佐官や外務副大臣 トランプ次期政権の関係者と会談

河井総理大臣補佐官や薗浦外務副大臣がアメリカを訪れ、トランプ次期大統領の関係者とそれぞれ会談し、来月の新政権発足に向けて日米同盟の重要性などに理解を求めました。


五輪組織委 1兆円近くの負担 都や政府などに求める案

4年後の東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会は、最大でおよそ1兆8000億円に上ると試算した大会の開催費用のうち1兆円近くの負担を東京都や政府などに求める案をまとめたことがわかりました。都などが負担をどこまで受け入れるのか、今後の協議の行方が焦点となります。


北方四島での日ロ共同経済活動 制度の協議は難航も

安倍総理大臣は、ロシアのプーチン大統領との首脳会談で、焦点となっていた北方領土での共同経済活動について、四島を対象に行うための特別な制度を設ける交渉を開始することで合意しました。ただ、北方四島をめぐって、双方ともに基本的な立場を堅持していることから、交渉が難航することも予想されます。


カジノ含むIRで対応異なる自民・公明 幹部が会談し結束確認へ

自民・公明両党は、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備推進法の採決などで対応が異なったことを踏まえて、来週、幹部が会談し、引き続き与党として意思疎通を図りながら、結束して取り組むことを確認することにしています。


日ロ交渉 河野元衆院議長「国家間の関係強化が必要」

今回の日ロ首脳会談について、かつて外務大臣としてプーチン大統領と会談したことがある河野洋平元衆議院議長は、平和条約の締結や北方領土返還の実現に向けては、首脳どうしに加えて国家間の関係を強めていくことが必要だと指摘しました。


首相 共同経済活動は日ロの法律でなく新たなルール検討

安倍総理大臣はNHKの「ニュースウオッチ9」で、北方領土での共同経済活動を行うための特別な制度について、ロシアや日本の法律とは異なる新たなルールを専門家が協議して検討していくことになるという認識を示しました。


プーチン大統領 全日程終え帰国の途に

日本を訪れていたロシアのプーチン大統領は、日ロ首脳会談やビジネス対話への出席などすべての日程を終え、16日夜、大統領特別機で日本をたち帰国の途につきました。北方領土をめぐる主権の問題では、譲歩する姿勢を示すことなく、経済を中心とした日本との関係強化を目指す方針を強調しました。


安倍首相とプーチン大統領 柔道演武を見学

安倍総理大臣とロシアのプーチン大統領は、16日夕方、東京の講道館を訪れ、柔道の演武を見学しました。


首相「プーチン大統領の訪日は歴史的な出来事」

安倍総理大臣は、日ロ首脳会談にあわせて日本とロシアの経済団体が経済協力などを話し合う「日ロビジネス対話」であいさつし、プーチン大統領の訪日を歴史的な出来事だと評価したうえで、日ロ関係を発展させ地域の繁栄と安定に貢献していく考えを示しました。


プーチン大統領 共同会見で日本側に謝意示す

日ロ首脳会談を終えたプーチン大統領は安倍総理大臣とともに臨んだ共同記者会見で友好的な雰囲気の中で話し合いが出来たと日本側に謝意を示しました。


日ロ首脳会談終え 報道機関向けに声明発表

首脳会談のあと、日ロ両政府は、北方領土での共同経済活動の実現に向けて、協議を開始するとともに、元島民の自由な往来に関して、手続きの簡素化を検討する、などとした、報道機関向けの2つの声明を発表しました。


安倍首相 四島で共同経済活動へ 平和条約締結へ重要な一歩

安倍総理大臣は、ロシアのプーチン大統領との2日間にわたる日ロ首脳会談を終えた後、共同記者会見に臨み、焦点となっていた北方領土での共同経済活動について、「平和条約締結に向けた重要な一歩」として、四島を対象に行うための特別な制度を設ける交渉を開始することで合意したことを明らかにしました。また、両首脳は、元島民の自由な往来を可能にするための案を検討することでも一致しました。


日ロ首脳会談 2日目終わる

安倍総理大臣とロシアのプーチン大統領との2日目の日ロ首脳会談が、午後2時前から行われ、先ほど終了しました。安倍総理大臣は会談の冒頭、日ロ関係は最も可能性を秘めた2国間関係だという認識を示しました。


日ロ首脳会談2日目 始まる

安倍総理大臣とロシアのプーチン大統領との2日目の日ロ首脳会談が、午後2時前から行われています。安倍総理大臣は会談の冒頭、日ロ関係は最も可能性を秘めた2国間関係だという認識を示しました。


民進 蓮舫代表 与党の国会運営批判 衆院選準備急ぐ

民進党の蓮舫代表は、党の両院議員総会で、事実上閉会した臨時国会について「『強行採決国会』だった」と述べ、与党側の国会運営を批判するとともに、早期の衆議院の解散・総選挙に備え、公約の取りまとめなど、準備を急ぐ考えを示しました。


日ロ 共同経済活動のため特別制度を国際的約束として締結検討

日ロ両政府は15日の首脳会談を踏まえ、北方領土すべてを対象として共同経済活動を実現するために特別な制度を国際的な約束として締結することを検討することや、元島民の島へのアクセスを改善する目的で対話を始めることなど、会談の成果を盛り込んだ声明を発表する方向で最終調整に入りました。


午後改めて日ロ首脳会談 成果発表へ

安倍総理大臣は、ロシアのプーチン大統領を招いて日ロ首脳会談を行った山口県から東京に戻って総理大臣官邸に入り、プーチン大統領も昼前に山口宇部空港を出発しました。両首脳は午後改めて会談し、安倍総理大臣が提案した経済協力プランに基づいた合意内容を確認したあと、共同記者会見で2日間の会談の成果を発表することにしています。


外務副大臣 オスプレイ事故で米に原因究明など要請

アメリカを訪れている薗浦外務副大臣は、ラッセル国務次官補と会談し、アメリカ軍の新型輸送機オスプレイが沖縄本島の東の海上に不時着したことを受けて、原因究明と再発防止を求めました。


沖縄県議会 オスプレイ配備撤回求める抗議決議など提案へ

沖縄県名護市の浅瀬にアメリカ軍の輸送機オスプレイが不時着して大破した事故を受けて、沖縄県議会の与党会派が来週、オスプレイの配備撤回を求める抗議決議などを提案し、可決される見通しとなりました。こうした動きは市町村議会にも広がっていて、沖縄では事故への反発が強まっています。


小池知事 政治塾に「都議選対策講座」を新設へ

東京都の小池知事は、来年夏の東京都議会議員選挙に向け、自身が主催する政治塾に、新たに選挙運動の方法などを指導するための200人から300人規模の講座を設けることを決め、このメンバーの中から候補者を擁立するなど都議選の準備を本格化することにしています。


政府 来年度の税収見込み57兆7000億円程度の方針

政府は来年度の予算編成にあたって、税収の見込みを今年度の当初予算をいくぶん上回る57兆7000億円程度とする方針を固め、今月22日の予算案の決定に向け今後、詰めの調整を進めることにしています。


「もんじゅ」政府方針案 約30年かけて廃炉へ

安全管理上の問題が相次いだ福井県の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が来週決定する方針案が判明し、原子炉として運転を再開せずに、およそ30年かけて施設の解体などを行い廃炉にするとしています。一方で、将来的には、もんじゅの敷地内に新たな試験研究炉を設置することを検討するとしています。


日ロ首脳会談 日本側の経済協力3000億円規模で合意へ

安倍総理大臣は15日、ロシアのプーチン大統領を地元の山口県に招いて首脳会談を行い、北方四島での共同経済活動について、特別な制度のもとで実施する方向で検討するとともに、元島民の自由な往来ができるよう調整を進めることで一致しました。一方、経済協力プランをめぐっては民間を含め、日本側が総額で3000億円規模となる経済協力を進めることで合意する見通しとなりました。


日ロ首脳会談 特別制度の共同経済活動などで議論

山口県で行われている安倍総理大臣と、ロシアのプーチン大統領の日ロ首脳会談で、両首脳は日本とロシアの防衛当局間の対話や交流を継続していくことで一致しました。また、安倍総理大臣は通訳だけを同席させた会談などを終えたあと、北方領土問題を含む平和条約交渉に加え、北方四島での共同経済活動や人の自由な往来などについて、率直かつ突っ込んだ議論を行うことができたと述べました。


防衛相 オスプレイの安全性 米側から情報求める

稲田防衛大臣は、防衛省で沖縄県の翁長知事と会談し、アメリカ軍の新型輸送機オスプレイが名護市の沖の浅瀬に不時着して大破した事故を受けて、オスプレイの配備撤回を要請されたのに対し、安全性などの情報を丁寧に説明していく考えを示しました。


安倍首相 会談前に墓参りをフェイスブックに報告

安倍総理大臣は、フェイスブックに、地元、山口県長門市で行うロシアのプーチン大統領との首脳会談を前に、父親の安倍晋太郎元外務大臣の墓参りをしたことを書き込みました。


日ロ首脳会談始まる

安倍総理大臣とロシアのプーチン大統領の日ロ首脳会談は、安倍総理大臣の地元、山口県長門市で午後6時すぎから始まり、現在も続いています。安倍総理大臣は北方領土問題の進展を目指し、北方四島での共同経済活動や人の自由な往来などについて突っ込んだ議論を行っているものと見られ、具体的な合意点を導き出せるかが焦点です。


防衛相 南スーダン派遣部隊に安全確保を指示

稲田防衛大臣は、安全保障関連法に基づいて「駆け付け警護」などの任務が付与され南スーダンに派遣されている部隊の隊長から、テレビ電話で、首都ジュバの治安状況は比較的、落ち着いているなどと報告を受け、安全を確保して活動を継続するよう指示しました。


高齢者の医療費 自己負担上限額1万8000円へ 公明が了承

公明党は、党の会合で、来年度の予算編成の焦点になっていた、一定の所得に満たない高齢者の外来医療費の自己負担上限額について、来年度と再来年度の2段階で1万8000円まで引き上げることを了承しました。


官房長官 EU離脱の英財務相に情報提供を要請

菅官房長官は、来日しているイギリスのハモンド財務相と総理大臣官邸で会談し、イギリスのEU=ヨーロッパ連合からの離脱をめぐって、イギリスに進出している日本企業に不利益が及ぶのを避けるため事前に十分な情報提供を行うよう要請しました。


プーチン大統領到着 夕方以降に日ロ首脳会談

安倍総理大臣とロシアのプーチン大統領との日ロ首脳会談は、プーチン大統領が先ほど山口県に到着し、当初の予定よりずれ込み、夕方以降に始まる見通しです。安倍総理大臣は会談で、北方領土問題を含む平和条約交渉の前進につなげるため、北方四島での共同経済活動などをめぐり意見を交わすことにしていて、首脳レベルでの突っ込んだ議論が行われるものと見られます。


防衛副大臣 宜野湾市長に辺野古への移設推進を強調

13日に沖縄本島の東の浅瀬でアメリカ軍の輸送機オスプレイが不時着して大破した事故で、若宮防衛副大臣は、事故機が所属するアメリカ軍普天間基地がある宜野湾市の佐喜真市長と会談し、基地の危険性を早期に除去するため政府として名護市辺野古への移設を進めていく考えを強調しました。


日ロ首脳会談 予定よりずれ込み夕方以降に

安倍総理大臣とロシアのプーチン大統領との日ロ首脳会談は、プーチン大統領の山口県到着が遅れていることから、当初の予定よりずれ込み、15日夕方以降に始まる見通しです。安倍総理大臣は会談で、北方領土問題を含む平和条約交渉の前進につなげるため、北方四島での共同経済活動などをめぐり意見を交わすことにしていて、首脳レベルでの突っ込んだ議論が行われる見通しです。


小池知事 都議選で公明との選挙協力を検討

東京都の小池知事は、14日に都議会公明党が最大会派・自民党との連携を見直す考えを示したことを受けて、「お互いに仲間どうしで引っ張り合うことは効果がない」と述べ、来年夏の東京都議会議員選挙で、自身が主催する政治塾から擁立する候補者との調整など、公明党との選挙協力を検討する考えを示しました。


東京都議会閉会 自民と公明が対照的な主張

最終日を迎えた東京都議会の定例会は、豊洲市場の問題を受け小池知事がみずからの給与を削減する条例などが可決・成立した一方、15日の討論では、自民党が小池知事の都政運営を批判したのに対し、公明党は評価するなど、都議会で協調してきた双方が対照的な主張を展開しました。


首脳会談前に 右翼団体の街宣活動を厳重警戒 山口 長門

日ロ首脳会談の会場となる山口県長門市では、北方領土の返還などを求める右翼団体が街宣活動を行っていて、警察は、会場周辺への立ち入りを制限するなどして、右翼団体が過激な行動をとらないよう警戒に当たっています。


安保法に基づく邦人救出 自衛隊が訓練を公開

安全保障関連法の施行で、治安が悪化した国に自衛隊が出動し、日本人を救出することなどが可能になったことを受けて15日、群馬県の演習場でこの任務の訓練が公開されました。


自民沖縄県連「オスプレイ事故の原因究明を」

アメリカ軍の新型輸送機オスプレイが沖縄本島の東の海上に不時着したことを受け、自民党の沖縄県連は、党本部を訪れ、二階幹事長に対し、事故原因の究明と速やかな情報公開などをアメリカ軍に働きかけるよう申し入れました。


全国知事会 地方の税財源確保へ有識者研究会

全国知事会は、社会保障費が増大し、自治体の財源不足が深刻化しているとして、自治体が独自に課税する税の導入など、新たな税財源の在り方を話し合う有識者研究会の初会合を開き、来年夏をめどに一定の取りまとめを行うことになりました。


安倍首相が山口到着 日ロ首脳会談へ

安倍総理大臣は、ロシアのプーチン大統領との日ロ首脳会談に臨むため、15日昼前、政府専用機で山口県に到着しました。安倍総理大臣は、北方領土をめぐる日本の法的な立場が侵されない形で北方四島での共同経済活動などを実現し、領土問題を含む平和条約交渉の進展につなげたい考えで、首脳レベルでの突っ込んだ議論が行われる見通しです。


自民 オスプレイ事故で丁寧な説明が必要

アメリカ軍の新型輸送機オスプレイが沖縄本島の東の海上に不時着したことを受けて、自民党の国防関係の合同会議が開かれ、出席者から自衛隊がオスプレイを導入することも踏まえて、安全性などを丁寧に説明すべきだといった意見が相次ぎました。


菅官房長官「依存症対策強化に取り組む」

菅官房長官は午前の記者会見で、カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備を推進する議員立法が成立したことを受けて、政府として、ギャンブル依存症対策の強化など必要な措置に取り組んでいく考えを示しました。


維新 馬場幹事長「カジノへの懸念解消に協力」

日本維新の会の馬場幹事長は記者会見で、カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備を推進する法律が成立したことを受け、カジノに対する懸念の解消に向けギャンブル依存症対策などに、与党と協力して取り組む考えを示しました。


オスプレイ不時着 翁長知事が防衛相に抗議へ

13日、沖縄本島の東の浅瀬でアメリカ軍の輸送機オスプレイが不時着して大破した事故で、現場では、15日もアメリカ軍が機体の回収作業を進めています。沖縄県の翁長知事は、15日午後、東京で稲田防衛大臣らに直接抗議し、事故原因の究明やオスプレイの配備撤回などを求めることにしています。


有識者会議「退位の制度化はスピード感重要」

政府は、天皇陛下の退位などを検討する有識者会議が、今月7日に開いた会合の議事概要を公表し、メンバーからは、退位を容認することを前提に、今後の議論や制度設計をスピード感を持って進めるべきだという意見が出されたことがわかりました。


安倍首相が山口へ プーチン大統領は遅れる見通し

安倍総理大臣は、ロシアのプーチン大統領との日ロ首脳会談に臨むため、15日午前、政府専用機で羽田空港を出発し、山口県に向かいました。一方、政府関係者によりますと、プーチン大統領は、到着の時間が遅れ、夕方ごろになる見通しです。


カジノ含むIR 日本進出目指す海外企業の動き活発に

カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備推進法が、14日夜から開かれていた衆議院本会議で、自民党や日本維新の会などの賛成多数で可決され、成立しました。これを見越して、日本国内への進出を目指す海外の企業の動きも活発化しています。


プーチン大統領 日本到着遅れる見込み

政府関係者によりますと、ロシアのプーチン大統領が日本に到着する時間が遅れる見込みとなり、山口県長門市で行われる日ロ首脳会談が始まるのは当初の予定から2時間余り遅れる見通しとなったということです。


首相「北方領土元島民の思い胸に刻み交渉」

安倍総理大臣は15日午後、日本を訪れるロシアのプーチン大統領と、地元の山口県で首脳会談に臨みます。これに先立って安倍総理大臣は、羽田空港で記者団に対し、「元島民の切実な思いを胸に刻んで、日本を代表して交渉したい」と述べました。


正社員と非正規労働者 認められる待遇差は 政府が指針案

政府が、同一労働同一賃金の実現に向けて、正社員と非正規の労働者の待遇差がどのような場合に認められるのかなどを示したガイドラインの案が明らかになり、時間外や深夜・休日手当、それに病気休職などでは差を認めないと明記しています。


高齢者 外来の医療費の自己負担額 引き上げ幅抑制で最終調整

政府・与党は、来年度の予算編成の焦点である、一定の所得に満たない高齢者の外来医療費の自己負担上限額について、来年度と再来年度の2段階で1万8000円まで引き上げるものの、引き上げ幅は当初案より半分程度に抑制する方向で最終的な調整に入りました。


有識者会議 退位容認 一代限りの特別法制定で意見集約へ

天皇陛下の退位などを検討する政府の有識者会議は、専門家のヒアリングを受けた議論の結果、来月末にも取りまとめる予定の論点整理では、退位を容認したうえで、天皇陛下の一代に限る特別法の制定での対応を求める方向で、意見集約を進める公算が高くなりました。


きょう日ロ首脳会談 具体的な合意点見いだせるか

安倍総理大臣は15日午後、日本を訪れるロシアのプーチン大統領と、地元の山口県で首脳会談に臨みます。会談では、北方四島での共同経済活動や人の自由な往来の実現に向けて意見が交わされる見通しで、安倍総理大臣は、北方領土問題を含む平和条約交渉の前進を目指し、首脳どうしの政治決断で具体的な合意点を見いだしたい考えです。


第192臨時国会 事実上閉会

第192臨時国会は、会期が17日まで3日間再延長されましたが、焦点となっていたカジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備を推進する議員立法が、15日未明に衆議院本会議で可決・成立し、事実上、閉会しました。


オスプレイ事故 基地移設計画阻止求める声強まるか

沖縄本島の東の海上に、アメリカ軍普天間基地に所属する輸送機オスプレイが不時着して大破した事故を受けて、翁長知事は15日に東京で稲田防衛大臣らと面会し、直接抗議することにしています。今回の事故をきっかけに、オスプレイの安全性への懸念が高まり、普天間基地の沖縄県名護市への移設計画阻止を求める声が強まることも予想されます。


カジノ含むIR整備推進の議員立法が成立

国会では、14日夜から開かれていた衆議院本会議で、カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備推進法が、自民党や日本維新の会などの賛成多数で可決され、成立しました。一方、民進党など野党4党が昨夜提出した、安倍内閣に対する不信任決議案は、自民・公明両党や日本維新の会などの反対多数で否決されました。


内閣不信任案 衆院本会議で否決

民進党、共産党、自由党、社民党の野党4党が提出した、安倍内閣に対する不信任決議案は、15日未明、衆議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党や日本維新の会などの反対多数で否決されました。


小里貞利元総務庁長官が死去

自民党の元衆議院議員で、地震対策担当大臣として阪神・淡路大震災の被災地の復興支援にあたったことなどで知られる、小里貞利氏が、14日午後9時すぎ、鹿児島市内の病院で亡くなりました。86歳でした。


国会会期 17日まで再延長 衆院本会議で議決

国会では、衆議院本会議で、14日までだった会期を17日までの3日間再延長することが議決されました。本会議では、民進党など野党4党が、カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備を推進する法案の成立を阻止しようと提出した、安倍内閣に対する不信任決議案の審議が続いていて、与野党の攻防は最終局面を迎えています。


野党4党 内閣不信任決議案を衆院に提出 自民 会期再延長へ

民進党、共産党、自由党、社民党の野党4党は、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案の成立を阻止しようと、安倍内閣に対する不信任決議案を衆議院に共同で提出しました。これに対して自民党は、国会の会期を3日間再延長したうえで、不信任決議案を否決し、法案を可決・成立させる方針で、最終盤の与野党の攻防が激しさを増しています。


東電の送配電事業など 他社との再編統合で収益増を

東京電力福島第一原子力発電所の事故の賠償や、廃炉の費用の負担の在り方を検討している国の有識者会議は、21兆円を超える見通しとなった費用のうち、東京電力が賄う分を増やすため、家庭などに電気を送る送配電事業などは他社との再編や統合を通じて、収益を増やすことを目指すべきだとする提言案をまとめました。


都議会公明党 自民党との連携見直す考え

都議会公明党は議員報酬を2割削減するなど独自の議会改革案について、都議会での議論が進まないことは問題だとして、次の都議会に条例案を提出することを決め、東村邦浩幹事長は「自民党との信義は完全に崩れた」と述べ、都議会最大会派の自民党との連携を見直す考えを示しました。


沖縄県知事 あす首相官邸など訪問 抗議へ

13日夜、沖縄本島の東の海上にアメリカ軍の輸送機オスプレイが不時着した事故で、沖縄県の翁長知事は14日夕方、記者団に対し、「辺野古の移設が予定されている場所のすぐそばで起きた事故であり、普天間基地から辺野古に移設しても、その危険が変わらないということを県民も実感したと思うし、県外・国外の人にも認識されるだろう。これからも信念を持って頑張っていきたい」と述べ、普天間基地の名護市辺野古への移設計画阻止を目指す考えを強調しました。


自民 IR法案審議で国会会期の3日間延長を申し入れ

カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案が、参議院で修正のうえ衆議院に送り返されたことを受けて、自民党は法案の成立に万全を期したいとして、14日までの会期を今月17日までの3日間再延長するよう、大島衆議院議長に申し入れました。


あす日ロ首脳会談 次官級の非公式協議で大詰めの調整

安倍総理大臣は15日、日本を訪れるロシアのプーチン大統領と、地元の山口県で首脳会談に臨むことにしています。日ロ両政府は、会談を15日に控え、14日東京で次官級の非公式協議を行うなど、北方四島での共同経済活動や人の自由な往来の実現に向けて、大詰めの調整を続けています。


都の予算編成 保育や介護の団体が人材不足の対策を要望

東京都の小池知事が新年度の予算編成に向け、業界団体などから直接要望を聞き取るヒアリングは3日目の14日、保育や介護の団体を中心に行われ、深刻化する人材不足の対策の強化を求める要望が相次ぎました。


IR法案 参院本会議で可決 自民は衆院で採決 野党は阻止へ

国会は会期末の14日、参議院本会議でカジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案の採決が行われ、自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決され、衆議院に送り返されました。自民党は国会の会期を再び延長したうえで、衆議院本会議でも法案を採決し、成立させる方針なのに対し、民進党など野党4党は法案の成立を阻止するため、安倍内閣に対する不信任決議案などを提出する方針を示していて、最終盤の与野党の攻防が続いています。


地方創生 東京の大学の地方移転 促進策を検討へ

政府は地方創生の施策の方向性を示す「総合戦略」の改訂案を取りまとめ、東京への一極集中を是正するため、東京の大学の新増設を抑制し、地方移転を促進する対策を検討し、来年夏を目途に基本的な考え方を取りまとめる方針を明記しました。


北陸新幹線 小浜・京都ルートで事実上の決着

北陸新幹線の福井県の敦賀から大阪までのルートを検討してきた与党の委員会は14日、福井県小浜市を通って京都駅に南下する「小浜・京都ルート」が適切だとする報告をまとめました。これによりルートの絞り込みは「小浜・京都ルート」で事実上、決着しました。


新潟県知事 相次ぐ鳥インフル検出 経営支援など要望

新潟県内の2つの養鶏場で、鳥インフルエンザウイルスが相次いで検出されたことを受けて、新潟県の米山知事は14日、農林水産省を訪れ、細田大臣政務官に養鶏場への経営支援や、風評被害の防止などを要望しました。


首相の問責決議案扱わず 参議院本会議でIR法案の採決へ

国会は会期末の14日、民進党が安倍総理大臣に対する問責決議案を参議院に提出しましたが、参議院議院運営委員会で、本会議では決議案を扱わないことを決めました。これを受けて、参議院本会議が再開され、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案の採決が行われることになっています。


沖縄 副知事 “米軍が「パイロットは感謝されるべきだ」と”

13日夜、沖縄本島の東の海上にアメリカ軍の輸送機オスプレイが不時着した事故を受けて、沖縄県の安慶田副知事は14日午後、アメリカ軍に抗議しました。これに対し、沖縄のアメリカ軍トップのニコルソン四軍調整官は「パイロットは県民や住宅に被害を与えないようにしていて感謝されるべきだ」などと述べ、反発したということです。


日ロ首脳会談前に 山口の特産品PRするブース設置

15日、山口県で開かれる日ロ首脳会談に合わせて、報道関係者の待機場所となる施設に、ういろうや、かまぼこなど、山口県の特産品をPRするブースが設置されました。


有識者会議 天皇退位容認が大勢 特別法制定が望ましい

天皇陛下の退位などを検討する政府の有識者会議は、論点整理に向けた議論を行い、退位を容認する意見が大勢となったほか、法整備の在り方については恒久的な制度を設けるのは困難だとして、政府内で有力視されている特別法の制定が望ましいという認識で、おおむね一致しました。


あす日ロ首脳会談 山口と東京で警戒強化

ロシアのプーチン大統領は15日、日本を訪れ、安倍総理大臣の地元の山口県長門市や東京で首脳会談を行います。警察は、最大で1万1000人を超える態勢で警備に当たることにしていて、会場周辺では、警察官が24時間態勢でパトロールを行うなど警戒が強化されています。


オスプレイ不時着 米駐日大使 緊密に意思疎通の考え

岸田外務大臣は、アメリカ軍の新型輸送機オスプレイが沖縄県名護市の沖合で不時着したことを受けて、アメリカのケネディ駐日大使と会談し、原因究明や再発防止に向けた対策など情報提供を十分図るよう求めました。これに対し、ケネディ大使は安全性の確保に向け、日本側と緊密に意思疎通を図っていく考えを示しました。


首相に対する問責決議案めぐり協議 与野党の攻防続く

国会は会期末の14日、民進党が安倍総理大臣に対する問責決議案を参議院に提出し、決議案は参議院議院運営委員会の理事会で取り扱いが協議されることになりました。一方、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案について、自民党が成立を目指しているのに対し、民進党など野党4党は安倍内閣に対する不信任決議案を提出する方針で、最終盤の与野党の攻防が続いています。


プーチン大統領 あす来日 ロシア側の思惑は

ロシアのプーチン大統領が、15日から日本を訪れ、山口県などで安倍総理大臣との首脳会談に臨みます。北方領土問題を含む平和条約交渉に応じつつも、まずは2国間の信頼関係を築いていくことが重要だとして、日本に対し、経済分野を中心に幅広い協力を求めるものと見られます。


自民 学校の運動部指導者に国家資格の創設検討

自民党のスポーツ立国調査会は学校の運動部について、専門的な知識のある指導者を外部から活用するため、新たな国家資格の創設を検討していくことになりました。


米軍オスプレイ不時着 空中給油の訓練中に不具合か

13日夜、沖縄本島の東の海上で、アメリカ軍の輸送機オスプレイが不時着した事故で、事故機は上空で別の航空機から燃料の提供を受ける空中給油の訓練をしていた際に不具合が起きて飛行が困難になったことが、アメリカ側の説明でわかり、防衛省が確認を続けています。


年金制度改革関連法が成立 自民・公明・維新など賛成多数

国会は14日、会期末を迎え、参議院本会議で年金支給額の新たな改定ルールを盛り込んだ年金制度改革関連法が、自民・公明両党や日本維新の会などの賛成多数で可決され、成立しました。一方、民進党はカジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案の成立阻止に向けて、安倍総理大臣に対する問責決議案を参議院に提出するなど、最終盤の与野党の攻防が続いています。


参院本会議 議長に対する不信任案否決 IR法案など採決へ

国会は14日、会期末を迎え、参議院本会議で民進党が提出した伊達参議院議長に対する不信任決議案が、自民・公明両党や日本維新の会などの反対多数で否決されました。本会議ではカジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案などの採決が行われる一方、民進党など野党4党は、法案の成立阻止に向けて、安倍内閣に対する不信任決議案を提出することにしていて、最終盤の与野党の攻防が展開されています。


在日米軍司令官「オスプレイの機体が原因の可能性低い」

稲田防衛大臣はアメリカ軍の新型輸送機オスプレイが不時着したことを受けて、在日アメリカ軍の司令官と電話で会談し、司令官は空中給油の訓練の際に不具合が生じたことなどを説明し、現時点では、事故原因がオスプレイの機体にある可能性は極めて低いという認識を示しました。


IR法案など参院本会議で採決へ 野党4党 内閣不信任案提出へ

国会は14日、会期末を迎え、参議院本会議では民進党が提出した伊達参議院議長に対する不信任決議案の採決が行われていて、与党などの反対多数で否決される見通しです。本会議では、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案などの採決が行われる一方、民進党など野党4党は、法案の成立阻止に向けて、安倍内閣に対する不信任決議案を提出することにしていて、最終盤の与野党の攻防が展開されています。


大阪 松井知事 IR法案に期待「外国人旅行客増を」

大阪府の松井知事は、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案が国会で可決・成立する見通しとなったことについて、「大阪に来る外国人旅行客を増やしたい」と期待感を示すとともに、ギャンブル依存症対策などを検討する組織を立ち上げる考えを示しました。


NHK経営委員3人に辞令交付

今月11日付けで任命されたNHKの経営委員3人に14日、高市総務大臣から辞令が手渡されました。


沖縄 翁長知事 オスプレイ不時着で国に抗議

沖縄本島の東の海上で、アメリカ軍の輸送機オスプレイが不時着した事故を受けて、沖縄県の翁長知事は、県庁で沖縄防衛局の中嶋局長と外務省沖縄事務所の川田大使に対し、「オスプレイについては県民の不安がいっこうに払拭(ふっしょく)されていないことから、配備撤回を求めてきたが、その不安が現実となり、大きな衝撃を受けている」と述べました。


岸田外相 ケネディ大使に安全確認まで飛行停止求める

岸田外務大臣は、オスプレイが不時着したことを受けて、14日午前、アメリカのケネディ駐日大使と電話で会談しました。


野党4党 内閣不信任決議案提出で一致

民進党、共産党、自由党、社民党の幹事長・書記局長らが、会期末の国会対応などを協議し、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案の成立の阻止に向けて、4党が連携してあらゆる手段で対抗することを確認しました。


首相 会期末国会は「万全の態勢で」 幹事長に指示

安倍総理大臣と自民党の二階幹事長が総理大臣官邸で会談し、会期末の国会対応を協議し、安倍総理大臣は「国会対応は幹事長と国会対策委員長に任せる。何があってもいいように、万全の態勢で臨んでもらいたい」と指示しました。


オスプレイ不時着 首相「重大な事故は大変遺憾」

安倍総理大臣は、アメリカ軍の新型輸送機オスプレイが沖縄県名護市の沖合で不時着したことについて、14日午前、総理大臣官邸で記者団に対し、「重大な事故を起こしたことは大変遺憾だ」と述べたうえで、飛行の安全確保が大前提だという認識を示しました。


ロシア政府関係者へ地元特産品の袋詰め 山口 長門

日ロ首脳会談が開かれる山口県長門市で、プーチン大統領に随行するロシアの政府関係者に贈られるお茶などの特産品を袋詰めにする作業が行われました。


オスプレイ不時着 防衛相が飛行停止を申し入れ

稲田防衛大臣は、アメリカ軍の新型輸送機オスプレイが沖縄県名護市の沖合で不時着したことを受けて、在日アメリカ軍の司令官に対し安全が確認されるまでオスプレイの飛行を停止するよう申し入れたことを明らかにしました。


プーチン大統領あす来日 山口で首脳会談へ

安倍総理大臣は、15日、日本を訪れるロシアのプーチン大統領と、地元の山口県で日ロ首脳会談に臨むことにしています。会談では、北方領土問題を含む平和条約交渉の前進を目指し、北方四島での共同経済活動や自由な人の往来の実現に向けて意見が交わされる見通しで、具体的な合意点を打ち出せるかどうかが焦点です。


国会会期末 年金制度改革・IR法案 成立へ

第192臨時国会は、14日、会期末を迎え、焦点となっていた年金制度改革関連法案と、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案は、本会議で採決が行われます。民進党は、安倍内閣に対する不信任決議案などの提出も検討していますが、いずれの法案も賛成多数で可決・成立する見通しです。


「高額療養費制度」見直し 自公が詰めの調整へ

政府・自民党は、来年度の予算編成の焦点である、一定の所得に満たない高齢者の医療費の自己負担上限額の引き上げについて、難色を示している公明党に対し、引き上げ幅の抑制に加え、さらなる負担緩和策を示して理解を得たい考えで、14日、詰めの調整が行われる見通しです。


民進 衆院選公約に高校までの教育無償化を明示

民進党は次の衆議院選挙の公約に、就学前教育から高校まで無償化し大学の学費を大幅に減免するなど「教育の無償化」を推進し、その財源は、所得税の「配偶者控除」の見直しや「子ども国債」の発行などで確保すると明示することを決めました。


年金制度改革とカジノ含むIR法案 あす採決で合意

参議院議院運営委員会の理事会が、13日夜開かれ、年金支給額の新たな改定ルールを盛り込んだ年金制度改革関連法案と、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案について、14日の参議院本会議で、投票による採決を行うことで、与野党が合意しました。


NHKのネット同時配信 総務省検討会で議論

放送と通信の融合が進む中での、放送の在り方などを検討している総務省の有識者検討会が開かれ、NHKが行うインターネットを通じたテレビ放送の同時配信をめぐって、NHKと、民放連=日本民間放送連盟などが、それぞれの見解を述べました。


カジノ含むIR法案 参院内閣委で可決 14日成立へ

カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案は、ギャンブル依存症の対策を明示することなどを盛り込む修正を行ったうえで、13日夜、参議院内閣委員会で、採決が行われ、自民党や日本維新の会などの賛成多数で可決されました。法案は14日の参議院本会議で可決されたあと、衆議院本会議で、改めて採決され、可決・成立する見通しです。


グレーゾーン事態 外国艦船などの防護 運用開始で調整

政府は、安全保障関連法で可能になったグレーゾーン事態の際のアメリカの艦船などの防護について、実施の判断などにあたるための指針を、年内にも、NSC=国家安全保障会議で決定し、運用を開始する方向で調整に入りました。


プーチン大統領 北方四島すべての交渉には慎重な姿勢

ロシアのプーチン大統領は、北方領土問題をめぐり、平和条約の締結のあと、歯舞群島と色丹島の2島を引き渡すと記された日ソ共同宣言を重視する考えを改めて示し、北方四島すべてを交渉の対象にすることについては「共同宣言の枠を超える」と述べ、慎重な姿勢を示しました。


カジノ含むIR法案 修正のうえ委員会採決の見通し

カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案は、参議院内閣委員会の理事会で、自民党がこれまでの審議で民進党などから出された指摘を踏まえ法案を修正する考えを示したうえで、採決を行いたいと提案し、民進党もこれに応じる考えを示しました。これによって、法案は修正のうえ内閣委員会で採決が行われる見通しとなりました。


日ロ首脳 共同経済活動で実務者レベル検討指示の見通し

15日、日本を訪れるロシアのプーチン大統領に同行する政府高官は、NHKなどの取材に応じ、日ロ両首脳は、今回の会談で北方領土での共同経済活動をめぐって互いに受け入れ可能な方法を実務者レベルで検討するよう指示を出す見通しであることを明らかにしました。


北方領土の元島民アンケート「まず2島返還」が最多

15日、ロシアのプーチン大統領が来日し、日ロ首脳会談が行われるのを前に、NHKは北方領土の元島民とその子や孫を対象にアンケートを行いました。この中で、ロシアに対する北方領土の返還要求についてどう思うか尋ねたところ、「まず歯舞・色丹の2島を返還し、残りの国後・択捉の帰属について協議を続ける」と答えた人が42%と、「4島とも返還すべきだ」と答えた人を上回り、最も多くなったことがわかりました。


官房長官 日ロ首脳会談「信頼関係を基礎に率直に議論」

菅官房長官は午後の記者会見で、山口県などで行われる日ロ首脳会談について、両首脳は両国の間で平和条約が締結されていないことは異常だという認識で一致しているとしたうえで、信頼関係を基礎に領土問題などをめぐって率直な議論が行われるという認識を示しました。


首相 時間外労働の上限規制“法案を早期に提出”

安倍総理大臣は、国内外の女性リーダーを招いた国際会議であいさつし、女性が仕事と家庭を両立できる環境を整えるうえで最重要課題となるのが働き方改革だとして、時間外労働の上限規制を含めた措置を取りまとめ、必要な法案を早期に国会に提出する考えを示しました。


年金制度改革関連法案 参院厚生労働委で可決 14日成立へ

年金支給額の新たな改定ルールを盛り込んだ年金制度改革関連法案は、参議院厚生労働委員会で採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決されました。法案は、14日の参議院本会議で採決され、可決・成立する見通しです。


維新 松井知事「政策合えば小池知事と戦略的に協議したい」

日本維新の会の代表を務める大阪府の松井知事は、東京都の小池知事が来年夏の東京都議会議員選挙でみずからの政治塾の参加者から候補者を擁立する考えを示していることに関連し、「政策が合えば戦略的に協議したい」と述べました。


民進 蓮舫代表 カジノ含むIR法案は廃案を 不信任提出も

民進党の蓮舫代表は、党の常任幹事会で、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案について、廃案を目指す考えを強調するとともに、自民党の出方次第では安倍内閣に対する不信任決議案を提出する考えを示しました。


政務活動費で『年賀はがき』〜政務活動費ニュースまとめ〜

そろそろ年賀状のシーズン。この1年お世話になった人への年賀状を書くのに追われている人もいらっしゃるのではないでしょうか。そんななか、調査や研究のために使われる政務活動費で「年賀はがき」を買うこと、そして有権者に送ることは認められるのか。何をもって「年賀状」というのか。そんなことが、議論になっています。使いみちが問われている地方議員の「政務活動費」、今月10日までの1週間に全国で明らかになった動きやニュースをまとめました。(日付は放送日です)


自民 国会関係業務の効率化など求める提言まとめる

自民党の一億総活躍推進本部は、政府が「働き方改革」を進めるにあたっては、民間企業だけでなく、国家公務員の長時間労働の是正も必要だとして、国会に関係する業務の効率化などを求める提言をまとめました。


維新 馬場幹事長 小池知事との連携に否定的な考え示す

日本維新の会の馬場幹事長は記者会見で、東京都の小池知事が来年夏の東京都議会議員選挙でみずからの政治塾の参加者から候補者を擁立する考えを示していることに関連し、小池氏は自民党を離党していないとして、連携に否定的な考えを示しました。


盛り土問題でけじめ 都知事給与減額条例案 委員会で可決

豊洲市場の盛り土の問題を受け、東京都の小池知事が「けじめをつける」としてみずからの給与を減額するための条例案が、都議会の委員会で全会一致で可決され、15日の本会議で成立することになりました。


年金制度改革関連法案 きょう委員会採決へ

年金支給額の新たな改定ルールを盛り込んだ年金制度改革関連法案をめぐって、参議院厚生労働委員会の理事会が開かれ、与党側が改めて13日に採決を行いたいと提案したのに対し、民進党もこれを受け入れ、午後の質疑終了後に採決を行うことを決めました。


マイナンバー システム不具合 5社に約2億円請求へ

マイナンバーカードの交付などを管理するシステムに不具合が相次いだ問題を受けて、システムを運用するJーLIS=地方公共団体情報システム機構は、システムを開発した富士通など5社に対し、総額およそ2億円の費用負担を求めることを決めました。


石原経済再生相 TPP参加各国の大使などに呼びかけ

石原経済再生担当大臣は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定が承認されたことを受けて、13日、総理大臣官邸で参加各国の大使などを招いて会合を開き、TPP協定の発効に向けて国内手続きを進めるよう呼びかけました。


稲田防衛相 連絡メカニズムの早期運用開始へ努力

稲田防衛大臣は閣議のあとの記者会見で、中国の軍用機が沖縄本島と宮古島の間の上空を通過し、自衛隊機がスクランブル=緊急発進したことを受けて、日中の防衛当局者が連絡を取り合う連絡メカニズムの早期の運用開始に向けて努力していく考えを示しました。


翁長知事式典欠席へ 官房長官「県が歓迎しないのは残念」

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、沖縄県のアメリカ軍北部訓練場の一部返還に合わせた記念式典に翁長知事が出席しない考えを明らかにしたことについて、返還は負担軽減に資するもので、沖縄県から歓迎されないのは極めて残念だという認識を示しました。


岸田外相 ロシア側と厳しい交渉続く 会談直前まで調整

岸田外務大臣は、閣議のあと記者団に対し、15日に山口県で行われる日ロ首脳会談を控え、現在も北方領土問題などをめぐりロシア側と厳しい交渉が続いており、調整は会談の直前まで行われるという認識を示しました。


公明 山口代表 高齢者の医療費負担は引き続き調整

公明党の山口代表は記者会見で、来年度の予算編成で焦点になっている、一定の所得に満たない高齢者の医療費の自己負担上限額の引き上げをめぐり、厚生労働省が示した上限を倍増させる案は負担が重くなりすぎるとして、引き続き政府与党内で調整する考えを示しました。


年金制度改革関連法案 首相 法案成立させる意義を強調

国会は、会期末を14日に控え、参議院厚生労働委員会で、年金支給額の新たな改定ルールを盛り込んだ年金制度改革関連法案の審議が行われ、安倍総理大臣は、将来世代の基礎年金と世代間の公平性を確保するためのものだとして、法案を成立させる意義を強調しました。


首相 宇宙開発の進展に向けて連携を指示

安倍総理大臣は、宇宙開発戦略本部の会合で、関係閣僚に対し、民間企業などが宇宙関連ビジネスに参入するための環境整備や日本の宇宙技術の海外展開などに連携して取り組むよう指示しました。


新型インフルエンザに備え 政府対策本部の訓練

政府は、新型インフルエンザの感染者が国内で相次いで確認されたという想定の訓練を行い、安倍総理大臣は、政府対策本部の会合で緊急事態宣言を行ったうえで、関係閣僚に対し感染拡大の防止に全力を挙げるよう指示しました。


日中韓首脳会議 年内見送りを通知 来年早期開催で調整

岸田外務大臣は、韓国の国会でパク・クネ(朴槿恵)大統領の弾劾を求める議案が可決されたことを踏まえ、日中韓3か国による首脳会議の年内開催を見送る方針を中国と韓国に通知したことを明らかにしたうえで、来年の早い時期に日本で開催できるよう調整を続ける考えを示しました。


国会あす会期末 年金法案とIR法案めぐり与野党攻防

国会の会期末を14日に控え、自民党は焦点となっている年金制度改革関連法案とカジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備を推進する法案を13日、参議院の委員会で採決したい考えです。これに対し、民進党は自民党の出方次第では安倍内閣に対する不信任決議案の提出も辞さないとしていて、与野党の攻防が激しさを増しています。


政府 普天間移設工事の早期再開に理解求める

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設先とされている名護市辺野古沖の埋め立て承認をめぐる裁判で、国側の勝訴が確定する見通しとなりました。政府は、沖縄県最大のアメリカ軍の演習場・北部訓練場の一部返還が今月22日に実現することも踏まえ、引き続き、基地負担の軽減に取り組み、移設工事の早期再開に理解を求めていくことにしています。


EPA交渉 自民党農林会議で政府に批判相次ぐ

日本とEUとのEPA交渉について、11日、自民党の農林関係の合同会議が開かれ、外務省や農林水産省の幹部が現状を説明しました。


農業分野で外国人受け入れなど 新たな規制緩和策

政府は、地域を限って大胆な規制緩和を行う「国家戦略特区」の諮問会議を開き、農業の担い手不足の解消を目指し、農業に関する専門知識が一定の水準に達している外国人材を受け入れることなどを含む、新たな規制緩和策を正式に決めました。


各党の支持率は NHK世論調査

NHKの世論調査によりますと、各党の支持率は、自民党が39.8%、民進党が9.0%、公明党が2.9%、共産党が4.3%、日本維新の会が1.3%、自由党が0.3%、社民党が0.8%、「特に支持している政党はない」が34.8%でした。


内閣支持50% 不支持32% NHK世論調査

NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より5ポイント下がって50%、「支持しない」と答えた人は、6ポイント上がって32%でした。


南スーダンでのPKO 駆け付け警護など新任務が可能に

南スーダンでのPKO活動で、自衛隊の派遣部隊に付与された「駆け付け警護」などの新たな任務が、日本時間の12日朝から実施できるようになりました。これにあたって、派遣部隊の隊長は隊員に対し、「ジュバ市内は平穏だが、安全確保のため万全の態勢を確立して活動する」と訓示しました。


国連軍縮会議 被爆地 長崎で始まる

核軍縮について各国の政府関係者や研究者が意見を交わす「国連軍縮会議」が、被爆地・長崎市で12日開幕し、2日間にわたる議論が始まりました。


自民 奥野誠亮元法相のお別れの会

法務大臣や文部大臣などを歴任し、先月103歳で亡くなった、自民党の元衆議院議員、奥野誠亮氏のお別れの会が、12日、東京都内で営まれ、およそ1300人が参列し、別れを惜しみました。


維新 今国会で提出法案 目標の100本超える

日本維新の会は、12日、生活保護を受けている人のパチンコなどへの支出を禁止する法案など28本を参議院に提出し、今の国会で提出した法案は、目標としていた100本を超えました。


カジノ含むIR法案で4人の参考人質疑

カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案を審議している、参議院内閣委員会では、12日、与野党が推薦した参考人4人に対する質疑が行われ、参考人からは、「施設の整備が地域に経済効果をもたらす」という意見や、「カジノは不幸をまきちらすビジネスだ」といった批判が出されました。


自民“IR法案と年金法案あす委員会採決” 民進は拒否

自民党と民進党の参議院国会対策委員長が会談し、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案と年金制度改革関連法案の委員会での採決について、自民党が、13日の質疑終了後に行いたいと提案しました。これに対して、民進党は、「さらに徹底した審議が必要だ」などとして、提案を拒否しました。


薬価 改定ない年は市場価格のサンプル調査で最終調整

厚生労働省は、現在、2年に1度行われている薬価の改定をめぐり、改定が行われない年には、すべての薬の中から抽出で市場価格のサンプル調査を行い、価格変動が大きい薬などの価格を見直す方向で最終調整に入りました。


首相 北方領土の元島民に「私の世代で終止符打つ」

安倍総理大臣は、今週行うロシアのプーチン大統領との首脳会談を前に、北方領土の元島民などと面会し、「元島民、お一人お一人が亡くなっていく中で、領土問題に『私の世代で終止符を打つ』という決意で首脳会談に臨みたい」と述べました。


年金制度改革関連法案 委員会採決 引き続き協議へ

参議院厚生労働委員会の理事会が開かれ、与党側が、年金制度改革関連法案の取り扱いについて、「あすで衆議院の審議時間を超える見通しだ」として13日の採決を提案したのに対し、民進党や共産党などは、審議を深めるべきだとして、引き続き、協議することになりました。


日ロ首脳会談前に次官級協議打診 領土問題で直前まで調整へ

今週後半の日ロ首脳会談を前に、政府は、北方領土での共同経済活動などをめぐり合意点を探るため、次官級協議の開催をロシア側に打診していて、領土問題の進展に向けて、直前まで事務レベルの調整を続ける方針です。


国会 カジノ含むIR法案など与野党攻防が山場に

国会は、会期末を14日に控え、自民党が、カジノを含むIR・統合型リゾート施設の整備を推進する法案などの成立に全力をあげることにしているのに対し、民進党は、安倍内閣に対する不信任決議案の提出も検討するなど、与野党の攻防は今週、山場を迎えます。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧