NHKニュース|科学・医療 2017年2月26日 (日曜日)

日光東照宮 陽明門 修復終えた4つの像を設置

栃木県の日光東照宮にある国宝の陽明門で、守り神とされるこま犬などの像の修復が終わり、およそ4年ぶりに設置が行われました。


ハリウッドスター 大統領令に抗議集会

アメリカ映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞を2日後に控え、7か国の人の入国を禁止する大統領令に反対する抗議集会が、ロサンゼルス郊外で開かれ、俳優のジョディ・フォスターさんらが、団結し抗議の意思を示すよう呼びかけました。


おたふくかぜで難聴 専門家「ワクチンを定期接種に」

おたふくかぜにかかった子どもが難聴になるケースがあとを絶たず、専門医で作る学会が今月、全国的な被害の実態調査を始めましたが、おたふくかぜのワクチンは任意接種のため、対象者の3割から4割ほどしか受けておらず、専門家は「難聴から子どもを守るために定期接種化すべきだ」と指摘しています。


文化勲章受章 書家の高木聖鶴氏が死去

文化勲章を受章した書家の高木聖鶴さんが24日、肺炎のため亡くなりました。93歳でした。


玄海原発3・4号機 地元町議会が再稼働を容認 佐賀

再稼働の前提となる国の審査に合格した佐賀県にある玄海原子力発電所3号機と4号機について、地元の玄海町の議会は再稼働を容認することを賛成多数で決めました。これを受けて、岸本英雄町長は町として再稼働に同意することを、来月上旬の早い時期に九州電力に伝える考えを示しました。


増えない小児臓器提供 課題検討へ

脳死段階の子どもから臓器の提供を可能にする法律が施行されてことしで7年になりますが、提供は年間数例にとどまり、移植を待つ間に亡くなる子どもも少なくないことから、厚生労働省は改善策を提言するための専門家会議を設け検討を始めました。


川内原発2号機 臨界の状態に 鹿児島

23日夜、原子炉が起動されて運転を再開した鹿児島県にある川内原子力発電所2号機は、24日午前10時、核分裂反応が連続する臨界の状態になりました。九州電力は、来週27日には発電と送電を始める計画です。


1号機でも格納容器内調査へ “ワカサギ釣り”ロボットを投入

東京電力福島第一原子力発電所では、事故で溶け落ちた核燃料の状況を調べるため、2号機に続いて1号機でも来月中旬に、原子炉がある格納容器の内部にロボットが投入されることになりました。格納容器にたまる汚染水の中にワカサギ釣りのようにカメラを下ろしていくロボットが使われます。


村上春樹さん4年ぶり長編小説が発売 午前0時から書店にファン

小説家・村上春樹さんの4年ぶりとなる長編小説が、24日から書店に並び、午前0時から販売を始めた書店には、いち早く買い求めようと熱心な読者が集まりました。


村上春樹さんの4年ぶりの長編小説 24日から発売

小説家、村上春樹さんの4年ぶりとなる長編小説が、24日から発売され、一部の書店では24日午前0時から販売が開始されます。


定期検査で停止の川内原発2号機が運転再開 あす臨界に

定期検査のため去年12月から運転を停止していた鹿児島県にある川内原子力発電所2号機は、23日夜9時半に原子炉を起動し、運転を再開しました。24日午前には、核分裂反応が連続する臨界の状態になる予定です。


がん対策の協議会 厚労相に建物内の禁煙を要望

他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙を防ぐため、患者や専門家らで作るがん対策の協議会は23日、塩崎厚生労働大臣に対して、例外なく建物内を禁煙とすべきだとする意見書を手渡しました。


芥川賞と直木賞の贈呈式

第156回芥川賞と直木賞の贈呈式が23日夜、東京で開かれ、芥川賞を受賞した山下澄人さんと直木賞を受賞した恩田陸さんが、感謝の言葉などを述べました。


頭に吸盤で引っ張り合い 青森 鶴田町で綱引き

髪の毛が少ない人たちが、頭やおでこにひもがついた吸盤をはりつけて引っ張り合う一風変わった綱引きなどで盛り上がる大会が、青森県鶴田町で22日夜に開かれました。


もんじゅ廃炉計画を監視 専門チームが初会合

廃炉が決まった福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉の計画や作業を監視する原子力規制委員会の専門チームの初会合が開かれ、規制委員会側は、およそ5年半かかるとされる原子炉からの核燃料の取り出しのより具体的な工程を来月の会合で示すよう求めました。


小池都知事 五輪競技施設建設で国産木材を優先活用へ

東京都の小池知事は、3年後の東京オリンピック・パラリンピックの競技施設の建設にあたり、生態系の保全に配慮した多摩地域を含む国産の木材を優先的に活用し、環境に優しい大会を目指す考えを示しました。


東京 葛飾の町工場 小型水中探査機「ド・ボーン」を開発

東京・葛飾区の5つの町工場が、それぞれの技術を持ち寄って、水中の様子をリアルタイムで確認できる小型の水中探査機を開発しました。漁業などさまざまな分野で使われるよう、町工場ならではのスピード感を生かして、さらに改良を重ねたいとしています。


作曲家 船村徹さんの告別式

「王将」や「矢切の渡し」などのヒット曲を手がけた作曲家で、今月16日に亡くなった船村徹さんの告別式が23日、東京都内で営まれ、生前親しかった歌手や芸能関係者などが参列して別れを惜しみました。


News Up 命つないだぬいぐるみ 何を訴える

とさかの代わりにカエルの前足の一部をつけたにわとり。ボクシンググローブをつけているクマ。一瞬、ユニークにも奇妙にも見える11体のぬいぐるみが横浜市の病院に展示されています。ぬいぐるみたちは何を訴えているのでしょうか。


地球に似た惑星7つ見つかる 太陽系から40光年の宇宙で

太陽系からおよそ40光年離れた宇宙に、地球と似た大きさの惑星が7つあると、欧米の研究者などで作る国際共同研究チームが発表し、水が存在するのかなど、地球のように生命を育むことができる惑星なのか見極めるための研究が本格化すると期待されています。


規制委 東電社長呼び組織体制など聞き取りへ

再稼働の前提となる審査が終盤を迎えている新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所について、原子力規制委員会は東京電力の廣瀬直己社長を呼んで、緊急時の対応拠点の耐震不足に関して誤った説明をしていた問題を含め、原発を運転する組織体制などの考えを聞くことになりました。


将棋「電王戦」 現役のタイトル保持者と初対局へ

プロ棋士と人工知能が対局する将棋の「電王戦」で、ことしは、初めて、現役のタイトル保持者との対戦が実現することになり、出場する佐藤天彦名人は記者会見で、「苦しい戦いになると思うが、精いっぱい頑張りたい」と意気込みを述べました。


来春のNHK連続ドラマ「半分、青い。」

来年春から放送が始まるNHKの連続テレビ小説は、岐阜県と東京を舞台に、昭和から平成のおよそ半世紀を失敗を繰り返しながら明るく生き抜いていくヒロインの姿を描く、「半分、青い。」に決まりました。脚本は、多くのドラマなどを手がけている北川悦吏子さんが担当します。


「鉄腕アトム」目標に小型ロボット開発

漫画家の手塚治虫さんの代表作「鉄腕アトム」を目標に、日本の企業がチームを組んで小型のロボットを開発し、今後、ネットワーク技術や人工知能などを使ってコミュニケーション能力を成長させるプロジェクトをスタートさせました。


細川茂樹さん 「所属事務所との契約継続」の仮処分

俳優の細川茂樹さんが所属事務所から契約を解除されたのは不当だと申し立てたことについて、東京地方裁判所は、事務所との契約が継続しているとする仮処分の決定を出しました。


川内原発 三反園知事が運転継続容認の考え

運転中の川内原子力発電所について、鹿児島県の三反園知事は、22日の県議会で、専門家委員会の意見を踏まえて「現状では強い対応を取る必要はないと判断している」と述べ、川内原発の運転継続を容認する考えを明らかにしました。


将棋界初の外国人女流プロ棋士 ”将棋は私の人生そのもの”

将棋界に初めてとなる若き外国人女流のプロ棋士が誕生しました。ポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカ女流3級が、2月20日、東京で行われた対局に勝って、プロとなる女流2級に昇級しました。日本将棋連盟によりますと、外国人が将棋のプロになるのは、男性の「棋士」も含めて初めてです。カロリーナ・ステチェンスカさんはポーランド出身の25歳で、高校生のときに読んだ日本の漫画に登場する将棋に興味を持ち、インターネットの対局で腕を磨きました。その後、プロを目指して4年前に来日。甲府市内の大学に通いながら女流のプロ棋士を養成する「研修会」に所属し、おととし10月には女流3級に昇級してプロ入りに王手をかけていました。NHKの国際放送NHKワールドに出演したカロリーナさんのインタビュー日本語訳を全文掲載します。インタビューの動画と英文は関連リンクからご覧頂けます。


映画監督 鈴木清順さん死去

映画「ツィゴイネルワイゼン」など不条理な世界観を独特の映像美で描き、国内外で高い評価を受けた映画監督の鈴木清順さんが、東京都内の病院で亡くなりました。93歳でした。


大飯原発再稼働へ審査書案を取りまとめ

福井県にある大飯原子力発電所3号機と4号機について、原子力規制委員会は、再稼働の前提になる新しい規制基準の審査に事実上合格したことを示す審査書の案を取りまとめました。全国の原発で6か所目になりますが、今後も、検査や地元の同意が必要で、関西電力が目指す再稼働は早くてことしの秋以降になると見られます。


平安時代の街路樹か 狭い間隔で並ぶ柳の木の根

鳥取市の青谷横木遺跡の調査で、狭い間隔で直線上に並ぶ柳の木の根が出土したことがわかり、鳥取県埋蔵文化財センターは、平安時代の山陰道の街路樹の可能性が高く、当時の街道の様子を知る全国でも初めての貴重な成果だとしています。


柏崎刈羽原発 緊急時の対応拠点了承 伝達誤りは問題視

新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所の再稼働の前提となる審査で、東京電力は耐震性の不足に関して誤った説明をしていた免震重要棟を、緊急時の拠点として使用しない方針を示しました。原子力規制委員会はこの方針を了承しましたが、重要な情報の伝達の誤りを問題視していて、運転する能力があるか、今後の審査で慎重に見ていくとしています。


民間チーム開発の月面探査車「SORATO」と命名

日本で初めての月面探査を目指している民間のチーム「HAKUTO」は、開発中の探査車に「宇宙とともに」という意味を込めて、アルファベットで「SORATO」と命名しました。また、21日は、人気ロックバンド、サカナクションによる「SORATO」の応援歌も披露されました。


動物園で外来種との交雑サル57頭処分 千葉 富津

千葉県富津市が運営するニホンザルを飼育する動物園で、164頭のうち、およそ3分の1にあたる57頭のサルが、周辺に住みついた特定外来生物のアカゲザルと交雑して生まれたサルだったことがわかり、動物園が処分したということです。


上野のパンダ 交配準備で22日から展示中止

東京・上野動物園は、飼育している2頭のジャイアントパンダのうちメスのパンダに発情のピークが近づいていることなどから、交配を目的としたオスとの同居の準備を行うため、22日から2頭の展示を中止すると発表しました。


中国 H7N9型鳥インフル 新たに304人感染

WHO=世界保健機関は、中国で、先月中旬から今月にかけてH7N9型の鳥インフルエンザウイルスに感染した人が新たに304人報告されたと発表し、生きた鳥を扱う市場などにできるだけ近づかないことや、手洗いなどの対策を徹底するよう呼びかけています。


熊本地震後に温泉一時止まる 断層と別の要因か

熊本地震のあと、阿蘇市の温泉の一部が一時的に止まったメカニズムについて、九州大学の研究グループは、地下50メートル付近の地盤が局所的に、断層とは別の要因で水平に横滑りし、井戸の内部が変形して温泉が止まったとする調査結果を発表しました。


自然哺育の双子のチンパンジー 国内初の繁殖活動へ

国内で唯一、母親に育てられた双子のメスのチンパンジーが、繁殖活動に入ることになり、21日、高知県から東京の動物園に出発します。自然哺育の双子のチンパンジーが繁殖活動に入るのは国内で初めてで、成果が注目されます。


返還の訓練場 国立公園編入に向け調査へ

沖縄県のアメリカ軍北部訓練場のうち、去年日本に返還された地域に、絶滅のおそれが高いヤンバルクイナなどが生息する可能性が高いとして、環境省は、隣接する国立公園に編入し、貴重な自然環境を保護しようと、来年度、現地調査を行う方針を固めました。


雑誌「Newton」 発行継続し経営再建目指す

科学雑誌「Newton」を発行する出版社が、20日に東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請し、その後の会見で、これまでどおり雑誌の発行を続けながら経営再建を目指す方針を明らかにしました。


映画「この世界の片隅に」未完成版誤って上映 青森

アニメ映画の「この世界の片隅に」の完成前のバージョンが、配給した会社の手違いのため、1か月半にわたって青森市の映画館で上映されていたことがわかり、配給元は希望する人に対し、完成版を無料で鑑賞できるようにするなどの対応をとっています。


同意書“偽造”で受精卵移植 親子関係認めないよう訴え

東京に住む40代の男性が、夫婦関係が事実上、破綻していたのに、妻が凍結していた受精卵の移植に同意する書類を偽造して出産したとして、子どもとの法的な親子関係を認めないよう求める訴えを、大阪家庭裁判所に起こしていたことがわかりました。一方、妻側は「男性には伝えていた」として、訴えを退けるよう求めています。


福井の化学工場 新たに従業員2人 ぼうこうがん発症

福井市にある化学工場で、従業員などが相次いでぼうこうがんになった問題で、新たに2人がぼうこうがんを発症したことを労働組合などが明らかにしました。


再生ぬいぐるみで臓器移植への理解を 横浜

子どもへの臓器移植を理解するきっかけにしてもらおうと、壊れた部分に、別のぬいぐるみの一部を“移植”して再生させたぬいぐるみの展示会が横浜市で始まりました。


IoT技術活用したトイレが登場

あらゆるモノをインターネットでつなぐ「IoT」の技術を使い、トイレの空き状況などをスマートフォンで確認できるサービスを大手通信会社が始めることになりました。


福島第一原発 ロボット調査 さらに分析を

事故で溶け落ちた核燃料の取り出しに向けて、東京電力福島第一原子力発電所2号機で行われたロボットなどによる内部調査をめぐり、原子力規制委員会の検討会では、ロボットに付着した物質の分析や追加調査を通じてさらに情報を出すよう求める意見が出されました。


将棋界初 外国人女流プロ棋士が誕生

将棋の女流のプロ棋士を目指していたポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカ女流3級が、20日、東京で行われた対局に勝ってプロとなる女流2級に昇級しました。日本将棋連盟によりますと、外国人が将棋のプロになるのは男性の「棋士」も含めて初めてです。


大飯原発3・4号機 審査書案取りまとめへ

福井県にある大飯原子力発電所3号機と4号機について原子力規制委員会は、関西電力の安全対策が再稼働の前提になる新しい規制基準の審査に事実上合格したことを示す審査書の案を、22日に取りまとめる見通しになりました。今後も検査や地元の同意などが必要で、関西電力の目指す再稼働は早くてことしの秋以降になると見られます。


「忍者の里」をPR 市職員が忍者姿で業務 滋賀・甲賀

忍者の里として知られる滋賀県甲賀市では20日から5日間、市役所の職員たちが忍者姿で業務にあたっています。


科学者が抗議集会 “トランプ大統領は科学重視を”

「地球温暖化はでっちあげだ」などと主張するトランプ大統領に対し、科学者たちが抗議する集会がアメリカ東部、ボストンで開かれ、トランプ大統領に対して科学を重視するよう訴えました。


食物アレルギー 新しい治療法に注目集まる

20日は、日本アレルギー協会が定めた「アレルギーの日」です。子どもに多い食物アレルギーでは、専門の医師の指導の下で行う新しい治療法が注目されています。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧