NHKニュース|文化・エンタメ 2017年4月16日 (日曜日)

JCBなど 一部の加盟店で決済できないトラブル 夕方復旧

JCBなど複数のクレジットカード会社で、15日昼前からカードの決済ができなくなるトラブルが発生しました。トラブルは夕方になって解消されましたが、各社は決済のシステムに何らかの障害が起きたとして原因を調べています。


熊本地震から1年 南阿蘇村で復興目指す催し

熊本地震の前、多くの大学生が暮らしていた熊本県南阿蘇村で、復興を目指す催しが開かれ、被災した大学生が当時の様子を語りました。


南阿蘇鉄道 全線復旧願いキャラクター列車運行 熊本

熊本地震で被災した南阿蘇鉄道の全線復旧を願って、人気漫画のキャラクターなどが描かれた列車の運行が始まりました。


北アルプス 立山黒部アルペンルートが全線開通

北アルプスの山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」が15日に全線で開通し、記念の式典が開かれました。


熊本地震1年 8人犠牲の西原村で追悼式

災害関連死を含め8人が犠牲となった熊本県西原村でも、遺族などが出席して追悼の式典が開かれました。


2度の震度7 熊本 益城町で地震から1年の追悼式

熊本地震で2度にわたって震度7の揺れに見舞われた熊本県益城町で、地震の発生から1年になるのに合わせた追悼の式典が開かれました。


大学生の就職活動 去年上回る早いペースで進む

来年春に卒業する大学生の就職活動は、人手不足を背景にした「売手市場」が続く中、去年を上回る早いペースで進んでいることが就職情報会社の調査でわかりました。


熊本地震1年 水前寺成趣園で復興を願う催し

熊本地震から1年となるのに合わせて、熊本市の日本庭園「水前寺成趣園」では、復興を願う催しが行われました。


自然界のトキ6年連続ひな誕生 新潟 佐渡

国の特別天然記念物「トキ」の保護活動が進められている新潟県佐渡市で、14日、自然の中で生息するつがいの巣でひなが確認され、環境省は野生環境のもとで6年続けてひなが誕生したと発表しました。


日光 中禅寺湖の遊覧船 運航始まる

春の観光シーズンを迎え、栃木県日光市の中禅寺湖で、14日から遊覧船の運航が始まりました。


熊本地震から1年 復興状況を知事に報告

熊本地震の発生から1年の14日、熊本県庁で、幹部職員らが蒲島知事に復興の状況などを報告する会議が開かれました。


まといをバトン代わりにリレー 伝統行事「走りやんこ」福井 勝山

消防団員が、火消しのシンボル「まとい」をバトン代わりにリレーしながら市街地を駆け抜ける、福井県勝山市の伝統行事「走りやんこ」が行われました。


熊本 災害公営住宅の入居申し込み 初めて西原村で開始

熊本地震で自宅を失い、仮設住宅などで暮らす人を対象にした、災害公営住宅の入居申し込みが、地震後初めて熊本県西原村で始まりました。


キリンとLINEが新型自販機開発 スマホで飲み物購入

低迷する自動販売機の売り上げを増やすため、飲料大手のキリングループは、無料通信アプリのLINEと連携して、スマートフォンで商品を買ったり、ポイントがたまったりする新しい自動販売機を開発し、13日から設置し始めました。


浅草寺 五重塔改修 東日本大震災で落下の「宝珠」設置

東京・浅草にある浅草寺で、大がかりな改修工事に合わせて、東日本大震災で落下した「宝珠」と呼ばれる玉を、高さ52メートルの五重塔の最上部に設置し直す作業が行われました。


熊本地震 半壊以上の6割が応急修理で元の住宅に

熊本地震で住宅が半壊以上の被害を受けた人の60%余りが、応急修理を行うなどして元の住宅に住み続けていることが、NHKが熊本県で行った調査でわかりました。専門家は「仮設住宅に入った被災者と比べ、被害の実情が目立たなくなるおそれがあり、支援の網から漏れないようにすべきだ」と指摘しています。


生活用品メーカー 大型の白物家電分野に参入へ

大手電機メーカーの間で、家電事業の縮小や撤退が相次ぐ中、仙台市の生活用品メーカーが、エアコンなど大型の白物家電の分野に参入することになり、機能を絞った手ごろな価格の製品にどこまで支持が広がるか注目されます。


新入社員研修で「帆船日本丸」のマストに登る訓練

横浜市の観光名所の1つ「帆船日本丸」で、この春入社した新入社員の合同研修会が開かれ、マストに登る訓練が行われました。


希少な動物 ゴールデンターキンの赤ちゃんすくすく 和歌山

中国の山岳地帯に生息する希少なウシ科の動物「ゴールデンターキン」の赤ちゃんが、和歌山県白浜町の動物公園で誕生し、すくすくと成長しています。


遠隔操作の自動走行実験で審査基準案 夏ごろ申請受け付けへ

ドライバーが乗っていなくても車を遠隔操作できる自動走行について、警察庁は、公道での実験に必要な道路使用の許可を審査する基準の案を公表しました。今後、正式に基準を決め、ことし夏ごろから、走行実験に向けた申請を受け付けるということです。


江島神社 1500年続く伝統の例大祭 神奈川

観光地として知られる神奈川県藤沢市の江の島にある神社で、およそ1500年続く伝統の例大祭が行われました。


「湯〜園地」完成予想図を公表 3日間だけオープン

大分県別府市は、この夏3日間に限ってオープンする施設「湯〜園地」の完成予想図を公表しました。温泉につかりながら楽しめる、メリーゴーラウンドなどのアトラクションが用意されるということです。


債権や契約分野の民法改正案 衆院法務委で可決

企業がインターネットの通信販売などで契約者に示す約款について、契約者の利益を一方的に侵害する内容は無効とする規定を新たに設けるなどとした、民法の債権や契約の分野の改正案が、衆議院法務委員会で採決され、自民・公明両党や共産党、日本維新の会の賛成多数で可決されました。


ハマの番長 三浦大輔さんのモニュメント設置 横浜

ハマの番長の愛称で親しまれ、プロ野球のDeNAで去年、現役を引退した三浦大輔さんの写真とサインが収められたモニュメントが、横浜スタジアムの近くの駅に設置され、記念の除幕式が行われました。


都立病院が人気の病院食レシピを公開

塩分やカロリーを抑えた病院食を、家庭でのバランスのとれた食生活に生かしてもらおうと、東京・墨田区の都立墨東病院は、病院食の人気メニューの調理法をホームページで公開する取り組みを始めました。


1歳未満の乳児に蜂蜜与えないよう注意喚起 厚労省

先月東京で、蜂蜜を与えられた生後6か月の男の子が乳児ボツリヌス症で死亡したことを受けて、厚生労働省は1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないよう、全国の自治体に対し、注意喚起を求める通知を出しました。


長良川の鵜飼いシーズン前に鵜の健康診断

長良川の鵜飼いが来月11日に開幕するのを前に、岐阜市で鵜の健康診断が行われました。


津波で全壊の役場再建へ安全祈願祭 宮城 女川町

東日本大震災の津波で全壊した宮城県女川町の役場が6年たってようやく再建されることになり、11日、安全祈願祭が行われました。


日清製粉 業務用の小麦粉 6月下旬から一部値上げ

輸入した小麦の政府の売り渡し価格の改定に伴って、製粉最大手の日清製粉はパンなどに使われる業務用の小麦粉をことし6月下旬から値上げすることになりました。


熊本地震の復興支援 売上一部を寄付する商品の発売相次ぐ

熊本地震から、まもなく1年になるのを前に、食品メーカーなどの間では復興を後押ししようと、売り上げの一部を寄付する商品の発売が相次いでいます。


「湯〜園地」運営資金に約3400万円集まる 大分 別府

大分県別府市は温泉と遊園地を融合させた「湯〜園地」(ゆーえんち)と名付けた施設をこの夏、期間限定でオープンする計画で、インターネットなどを通じて運営資金を募ったところ、これまでに集まった資金はおよそ3400万円に上り、当初の目標の3倍を超えたことがわかりました。


漫画家のように夢をつかんで マンガ御朱印を発行

手塚治虫さんなど、多くの漫画家が若い頃を過ごした東京・豊島区で、この地域にある寺が漫画家たちのように創造力を発揮して、夢をつかむことを祈願する御朱印の発行を始めました。


大阪造幣局 桜の通り抜け始まる

桜の名所として知られる大阪の造幣局の桜の通り抜けが11日から始まり、大勢の人たちでにぎわっています。


紀伊半島南部に自生のサクラ 新種か

紀伊半島南部の山に自生するサクラについて、国立研究開発法人などの研究グループは葉の大きさや花の咲く時期などに、これまでに見つかっているサクラとは異なる特徴が見られることから、新種の可能性があるとして近く論文をまとめ、学会誌に報告することになりました。


「刃渡り神事」無病息災願う 埼玉 本庄

日本刀で足場を作ったはしごをはだしで上り、無病息災を願う「刃渡り神事」が埼玉県本庄市で行われました。


レシピサイト 1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないよう注意

生後6か月の男の子が、先月、離乳食として与えられた蜂蜜が原因と見られる乳児ボツリヌス症で死亡したことを受けて、レシピのサイトを運営する企業では、1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないよう注意喚起するとともに、誤解を招きかねないとして、関連するレシピの投稿を削除する動きが広がっています。


樹齢600年のしだれ桜が見頃 埼玉 秩父

埼玉県秩父市の寺で、樹齢およそ600年とされるしだれ桜が見頃を迎え、訪れた人たちを楽しませています。


都内の駅周辺の放置自転車 2700台余減る

東京都が都内すべての駅の周辺で放置自転車の数を調べたところ、去年はおよそ3万4000台と、おととしより2700台余り減り、平成2年をピークに毎年減少傾向が続いています。


家計簿アプリ 大手銀行が安全性高める取り組み

スマートフォンで銀行口座などの取り引き記録をまとめて管理できる「家計簿アプリ」の人気が高まっていますが、自動的に記録を集められるよう、ネットバンキングのIDやパスワードを事業者に預ける必要があり、情報の流出を心配する声も出ています。このため、信頼できる事業者には、銀行が直接、口座の記録を提供し、IDなどを知らせずにアプリが利用できるようにして安全性を高める取り組みを、大手銀行が始めています。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧