NHKニュース|国際 2017年7月15日 (土曜日)

アフガニスタンのISトップを空爆で殺害 米軍

アフガニスタンに駐留するアメリカ軍は、アフガニスタンでテロを繰り返している過激派組織IS=イスラミックステートの地域組織のトップを空爆で殺害したと発表し、現地の治安が悪化する中、攻勢を強めています。


北朝鮮 プルトニウム抽出し保有量増加か 米研究グループ

北朝鮮の動向を分析しているアメリカの研究グループは、北朝鮮が去年から先月にかけて核兵器の原料となるプルトニウムを抽出し、プルトニウムの保有量が増えた可能性があると指摘しました。


荷台から大量のヌタウナギ 粘液で次々スリップ事故

アメリカ西部の高速道路で、事故で横転したトレーラーの荷台から大量のヌタウナギが放り出されて路上に散乱し、乗用車がヌタウナギの出した粘液でスリップして次々に事故を起こしました。


大英博物館の葛飾北斎展に合わせ江戸文化を紹介

日本を代表する浮世絵師、葛飾北斎の特別展が開かれているロンドンの大英博物館で14日、北斎が活躍した江戸時代後期の文化を紹介するイベントが開催されました。


ウィンブルドン車いすの部 上地 ダブルス決勝へ

テニスの四大大会、ウィンブルドン選手権は14日、車いすの部の女子ダブルスで4連覇を目指す上地結衣選手とイギリスの選手のペアが初戦に勝って決勝に進みました。


トランプ氏長男とロシア人弁護士の面会 別の人物も同席か

アメリカのトランプ大統領の長男が、去年の大統領選挙中に対立候補のクリントン氏に不利になる情報を提供すると持ちかけられてロシア人の弁護士と面会した際、ロシア出身の別の人物が同席していたとアメリカのメディアが報じ、追及が強まりそうです。


NYダウ平均株価 3日連続で最高値更新

14日のニューヨーク株式市場は、アメリカの利上げのペースが緩やかになるという見方などから買い注文が広がって、ダウ平均株価の終値は3日連続で最高値を更新しました。


東芝 半導体事業売却 米で差し止めの法廷審問

経営再建中の東芝が進める半導体事業の売却交渉について、この事業で東芝と提携しているアメリカのメーカー、ウエスタンデジタルが自社の同意のない売却は認められないとアメリカの裁判所に差し止めを求める申し立てを行ったことを受け、双方の意見を聞く法廷審問が行われました。


パラ陸上世界選手権 ロンドンで開幕

パラリンピックで活躍したトップ選手も集まるパラ陸上世界選手権が、イギリスのロンドンスタジアムで14日に開幕しました。


外国人観光客を刃物で襲撃 女性2人死亡 エジプト

エジプト東部の紅海に面した保養地で、刃物を持った男が外国人の観光客を次々に襲ってドイツ人の女性2人が死亡し、エジプトの警察当局は男を拘束して動機などを調べています。


トルコ クーデター未遂1年 政権は団結呼びかけへ

トルコで軍の一部によるクーデター未遂が起きてから15日で1年になります。クーデター未遂のあと政権に批判的な勢力に対し強権的な姿勢を強めるエルドアン大統領は、行き過ぎた取締りが行われていると批判が強まる中、犠牲者の追悼行事を通して国民に団結を呼びかける見通しです。


“サイバー攻撃への報復” 解除へ米をけん制 ロシア

ロシア外務省は、アメリカとロシアの高官による協議が今月17日に開かれると発表し、アメリカがサイバー攻撃への報復だとして続けている措置について、解除に向け協議で進展がなければ対抗措置を取るとけん制しました。


ウィーンにともす日本人照明デザイナーの明かり

ハプスブルク家の栄華が築いた伝統と文化が今も息づくオーストリアのウィーンに気鋭の日本人照明デザイナーがいます。このほどウィーンを代表する観光スポットの照明デザインを任され、現地で大きな注目を浴びています。


監視下の劉暁波氏の妻 中国政府の今後の対応が焦点

中国の民主化運動の象徴的な存在で、服役中にノーベル平和賞を受賞した作家の劉暁波氏が死亡したことを受け、国際社会などからは当局による監視下に置かれ体調を悪化させた劉氏の妻を自由の身にするよう求める声が広がっており、今後、中国政府がどのような対応をとるのか焦点になっています。


仏ニース 86人犠牲のテロ1年 現場で追悼式典

フランス南部のニースで花火の見物客に大型トラックが突っ込み、86人が死亡したテロ事件から1年となった14日、現場近くで追悼式典が行われ、参列したマクロン大統領はテロ対策を強化する姿勢を強調しました。


劉暁波氏 NYでも追悼集会

劉暁波氏の死去を受けて、人権団体や言論団体が多く集まるアメリカ・ニューヨークでは13日、中国の国連代表部の建物の前で追悼集会が開かれました。


米 小売業売り上げ0.2%減 消費減速続く

アメリカの個人消費の重要な指標として注目される、先月の小売業の売り上げ高は前の月と比べて0.2%の減少となり、消費の減速傾向が続いていることを示す結果となりました。


米 消費者物価横ばい FRB金利据え置きの見方広がる

アメリカの先月の消費者物価は前の月に比べて横ばいで、アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会では物価の動向を見極める必要があるとしていることから、市場では今月の会合で金利は据え置かれるという見方が広がっています。


安倍首相 難民受け入れのヨルダンに14億円無償資金

安倍総理大臣は14日夜、総理大臣官邸で日本を訪れているヨルダンのムルキ首相と会談し、内戦が続くシリアからの難民の受け入れに伴うヨルダンの負担を軽減するため、水道インフラの整備におよそ14億円の無償資金協力を行うことを表明しました。


中国政府に反発の4議員 資格喪失の判断 香港裁判所

香港の裁判所は、議会で就任に必要な宣誓を正しく行わなかったとして中国政府に反発する4人の議員が議員資格を失ったという判断を示し、議会内で中国寄りの立場をとる親中派の影響力が強まるとの見方が出ています。


仏革命記念日 米仏大統領が参加で強固な関係アピール

フランス革命記念日の14日、パリで恒例の軍事パレードが行われ、マクロン大統領は招待したアメリカのトランプ大統領とともに参加し、2国間の強固な関係をアピールしました。


韓国南部に建設中の原発 工事を一時中断

韓国南部に建設中の原発について、建設をこのまま進めるか国民的な議論を行って判断する方針を韓国政府が示したことを受けて、原発の運営会社は議論が行われる間、工事を一時中断することを決めました。


北朝鮮 「再び制裁決議なら行動で応える」

北朝鮮は、国連安全保障理事会で新たな制裁決議を訴えているアメリカを非難する談話を発表し、「再び制裁決議が採択されれば、行動で応える」として対抗措置も辞さない構えを示しています。


エルサレムで銃撃戦 武装したパレスチナ人と警察官 6人が死傷

中東のエルサレムにある宗教的な聖地で14日、武装したパレスチナ人とイスラエルの警察の間で銃撃戦となり、合わせて6人が死傷し、衝突のエスカレートが懸念されています。


インドネシア 南シナ海に独自名称明記の地図を採用

インドネシア政府は、南シナ海の排他的経済水域を含む海域について、インドネシア国内で使われている独自の名称を明記した地図を採用し、南シナ海のほぼ全域の管轄権を主張する中国をけん制する狙いがあると見られます。


劉暁波氏 評価の声に中国は強い不満を表明

中国の民主化運動の象徴的な存在で、服役中にノーベル平和賞を受賞し13日死去した作家の劉暁波氏について、中国政府は「犯罪者だ」としたうえで、海外でその功績を評価する声が相次いでいることなどに対し、「強い不満を表明する」と反発し、国際社会の声を一切受け付けない姿勢を明確にしました。


地球温暖化 今世紀末までにアジアで6度上昇 アジア開発銀行

地球温暖化をめぐり、ADB=アジア開発銀行は、本格的な対策が取られなければ、今世紀末までにアジアで気温が6度上昇して深刻な食糧難に陥るなど地域経済に壊滅的な結果をもたらすとする報告書を発表し、温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」の履行を各国に求めています。


ペルー前大統領の身柄拘束へ 違法選挙資金受け取り容疑

南米ペルーの裁判所は、ウマーラ前大統領について、多額の違法な選挙資金を受け取っていた疑いがあるなどとして、検察当局が身柄を拘束することを認める決定を出しました。これに対してウマーラ前大統領は「権力の乱用だ」などと反発しています。


中国政府 劉暁波氏への評価や追悼の広がり警戒

中国の民主化運動の象徴的な存在で、服役中にノーベル平和賞を受賞し、13日に死去した作家の劉暁波氏について、中国政府は「中国の法律を犯し、有罪判決を受けた人物だ」と強調し、国内外で劉氏を評価したり、追悼したりする動きが広がることに警戒を強めています。


仏大統領「アサド氏退陣を前提とせず」外交方針を転換

フランスのマクロン大統領は、内戦が続くシリア情勢をめぐり、「アサド大統領の退陣を前提条件とはしない」と述べ、内戦の終結に向けて、アサド大統領の退陣による政権移行を求めてきたフランス政府の外交方針を転換する考えを明らかにしました。


米 鉄鋼製品の輸入制限措置 対象国は中国にとどまらず

アメリカのトランプ大統領は安全保障への脅威を理由に、安い鉄鋼製品などの輸入を制限する異例の措置の発動の対象となる国について、中国にとどまらないという考えを明らかにし、各国の反発がさらに強まりそうです。


EU 貴重な文化財の違法取り引き防ぐ新対策案

内戦が続くシリアなどで、歴史的な文化財が略奪されてテロリストの資金源となっているとして、EU=ヨーロッパ連合は、違法な取り引きを防ぐための新たな対策案をまとめました。


米大統領 長男のロシア人弁護士との面会 問題ないと主張

アメリカのトランプ大統領の長男が去年の大統領選挙の最中に、ロシア人の弁護士と面会していたことに批判が高まる中、トランプ大統領は、長男が会ったのはロシア政府の弁護士ではなく、面会時間も短いものだったとして、問題はなかったと主張しました。


ニューヨーク株式市場 2日連続で最高値更新

13日のニューヨーク株式市場はアメリカの長期金利の上昇を受けて、金融関連の銘柄を中心に買い注文が出たことから、ダウ平均株価は値上がりし、前日に続いて最高値を更新しました。


ロシア 野党指導者殺害 5人の被告に懲役11〜20年の判決

おととし、ロシアのプーチン政権を批判してきた野党の指導者が殺害された事件で、モスクワの裁判所は殺人などの罪に問われた5人の被告に対して、懲役20年から11年の判決を言い渡しました。野党側は、事件の全容が解明されないまま、政権側が幕引きを図ろうとしているとして反発しています。


ベトナムのIT企業誘致へ 神奈川県が現地でセミナー

経済成長が続く、ベトナムのIT企業を誘致しようと、13日、神奈川県が現地でセミナーを開き、県内への進出を呼びかけました。


米仏首脳会談 温暖化対策は溝埋まらず テロ対策は協力で一致

アメリカのトランプ大統領とフランスのマクロン大統領が首脳会談を行い、地球温暖化対策の国際的な枠組み、パリ協定をめぐる立場の違いは埋まらなかったものの、テロ対策などで協力していくことで一致し、同盟関係に揺るぎがないことを強調しました。


新駐日米大使が議会で正式承認 来月にも着任へ

アメリカのトランプ大統領が新しい駐日大使に指名したハガティ氏が、議会上院の本会議で正式に承認されました。ハガティ氏は来月にも日本に着任する見通しで、年内に予定されるトランプ大統領の日本訪問に向けた調整などに当たるものと見られます。


劉氏死去 最期の言葉は妻に向けたもの 病院の医師らが会見

劉暁波氏の治療にあたった中国東北部、瀋陽の病院は13日夜、外国メディア向けに記者会見を開き、劉氏への治療や亡くなる直前の状況などを説明し、最後の言葉は、主に妻に向けられたものだったことを明らかにしました。


FRB議長「3%の成長は極めて困難」 トランプ政権に異議

アメリカの中央銀行に当たる、FRB=連邦準備制度理事会のイエレン議長は議会の公聴会で、トランプ政権が掲げる3%の経済成長について、「達成は極めて難しいと思う」と述べ、政府に異議を唱える形となりました。


カタールと国交断絶 日本はクウェートの仲介努力支援の考え

中東のサウジアラビアなどが、カタールとの国交を断絶している問題で、日本の薗浦外務副大臣が13日、双方の仲介を続けているクウェートの外相らと会談し、関係修復のために双方が直接対話する場を設けることが必要だとの認識で一致しました。


TPP 最小限の修正で一致 11月のAPECで大筋合意を

TPP=環太平洋パートナーシップ協定に参加する11か国は、13日までの高級事務レベル会合で、最小限の修正で協定の発効を目指すことで一致しました。ただ、修正の範囲をめぐって温度差があることから、日本政府は各国の意見調整を図ったうえで、11月のAPEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議で、大筋での合意を目指す方針です。


仏独首脳 戦闘機の共同開発やアフリカ西部のテロ対策で一致

フランスのマクロン大統領と、ドイツのメルケル首相は両国合同の閣僚会議を初めて開き、安全保障やテロ対策の分野で連携を強化していくことを確認し、ヨーロッパの結束を強めていく姿勢を示しました。


劉氏死去 香港で中国政府の出先機関前で集会 抗議と追悼

香港では13日夜、劉暁波氏の死去が地元メディアの速報で伝えられると、中国政府の出先機関の前に支持者ら100人余りが集まり、抗議するとともに劉氏の死を悼みました。


劉氏死去 ノーベル賞選考委「中国政府は重い責任負う」

ノーベル平和賞の選考を行うノルウェーの委員会は劉暁波氏が亡くなったことを受けて、声明を発表しました。


劉氏死去 専門家「一党独裁の犠牲になった悲劇のヒーロー」

現代中国論が専門の神田外語大学の興梠一郎教授は、劉暁波氏が亡くなったことが中国に与える影響について、「中国当局は抗議活動などが起きるのを防ぐため、今後、メディアの統制や言論の抑え込みなどを強化していくと見られ、短期的には、社会が不安定になるような大きな影響は出ないだろう」と指摘しました。


劉暁波氏 死去 中国の民主化運動の象徴的存在

中国の民主化運動の象徴的な存在で、服役中にノーベル平和賞を受賞した、作家の劉暁波氏が13日、亡くなりました。61歳でした。


韓国大統領 新国防相に海軍元トップ任命 野党の反対押し切る

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、野党の反対を押し切って海軍のトップだったソン・ヨンム(宋永武)氏を新しい国防相に任命し、北朝鮮が核・ミサイル開発を進めるなか国防を強化するためだとして、国民に理解を求めました。


オーストラリア 2032年の五輪招致目指す方針

IOC=国際オリンピック委員会が2024年と28年の夏のオリンピックについて、24年に立候補している2都市との調整がまとまれば、開催都市を同時に決定することを決めたことを受けて、28年の招致を検討していたオーストラリアのオリンピック委員会が1つ先の32年大会を目指す方針を示しました。


官房長官 警察庁と中国公安部で連携図り捜査協力進める考え

菅官房長官は午後の記者会見で、振り込め詐欺事件を捜査していた日本の警察からの協力要請を受けて、中国の公安当局が日本人35人を詐欺の疑いで拘束したことについて、警察庁と中国公安部との間で連携を図り、引き続き捜査協力を進める考えを示しました。


日韓の国会議員が囲碁で交流

日本と韓国の国会議員らによる囲碁の交流大会が参議院議長公邸で開かれ、両国の議員が碁盤を挟んで向き合い、対局を楽しみながら友好関係を深めました。


沖合に流されたゾウをスリランカ海軍が救出

南アジアのスリランカで沖合に流されたゾウを海軍の船が見つけ、およそ12時間にわたる救助活動の末、無事救出しました。


トランプ大統領がフランス訪問 マクロン大統領と会談へ

アメリカのトランプ大統領がフランスを訪れ、日本時間の13日夜、マクロン大統領と首脳会談を行うことにしており、トランプ大統領が、地球温暖化対策の国際的な枠組みの「パリ協定」から脱退する方針を明らかにする中、立場の違いが鮮明になった両首脳が、テロ対策などの分野で歩み寄ることができるのかが焦点となります。


中朝貿易額 圧力強化も上半期は前年比10%余増加

中国と北朝鮮のことし上半期の貿易額は25億5000万ドルと、去年の同じ時期に比べ10%余り増え、北朝鮮に対する国際的な圧力が強まる中でも、中国との貿易が北朝鮮経済を支えている状況が一層、鮮明になっています。


ダイムラー 100万台以上のディーゼル車で排ガス不正操作か

高級車のメルセデス・ベンツを展開する大手自動車メーカー、ダイムラーについて、ドイツのメディアは12日、100万台以上のディーゼル車で排ガスの不正な操作を行っていた疑いがあると伝えました。


中国 6月の輸出入額 前年比2桁の伸び

中国の先月の貿易統計は、世界経済の回復基調などを背景に、輸出、輸入とも去年の同じ月に比べて2桁の伸び率となりました。


サンマの資源保護へ国際会議開幕 漁獲枠の設定が焦点

不漁が続くサンマの資源保護をめぐって、日本や中国など8つの国と地域が話し合う国際会議が13日に札幌市で開幕し、国や地域ごとに漁獲枠を設ける日本の提案について合意できるかが焦点になります。


マララさん モスル避難民の子ども激励

子どもや女性が教育を受ける権利を訴え、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんが、過激派組織IS=イスラミックステートから解放されたイラクのモスル近郊の避難民キャンプを訪れ、厳しい環境の中で勉強を続ける子どもたちを激励しました。


TPP 2日目の会議 日本「11か国での協定発効に道筋を」

TPP=環太平洋パートナーシップ協定をめぐり、離脱したアメリカを除く11か国の高級事務レベル会合の2日目の会議が始まり、議長を務める梅本首席交渉官は記者団に対し、11か国での協定発効に向けた道筋を見いだしたいという考えを示しました。


官房長官 武器保有の船舶追尾で北朝鮮に厳重抗議

菅官房長官は午前の記者会見で、今月7日、日本海の日本の排他的経済水域内で、水産庁の取締船が、小銃らしき武器を保有した北朝鮮のものと見られる船舶に追尾されたことを受けて、北朝鮮側に対し厳重に抗議したことを明らかにしました。


トランプ米大統領 ロシアとの関係を重視

アメリカのトランプ大統領は、メディアのインタビューに対し、「アメリカとロシアが関係を持たないのはおかしい」と述べ、長男が去年の大統領選挙中、ロシア人の弁護士と面会していたことに批判が強まる中でもロシアとの関係を重視する考えを改めて強調しました。


トランプ政権 韓国にFTA再交渉を要求

アメリカのトランプ政権は、韓国に対してFTA=自由貿易協定の見直しに向けた再交渉を行うよう求める書簡を送ったと発表しました。同盟国に対しても、政権の重要課題に掲げる貿易赤字の削減を求める姿勢を鮮明にしたことで、今後、日本に対しても農作物の市場開放などを求めて圧力を強めてくることが予想されます。


ブラジルのルーラ元大統領に収賄などの罪で有罪判決

ブラジルのルーラ元大統領が、在任中、企業から多額の利益供与を受けたとして収賄などの罪に問われた裁判で裁判所は12日、「大統領が利益供与された事実は重大だ」などとして、禁錮9年6か月の有罪判決を言い渡しました。


トランプ大統領 軍事パレード出席でパリへ出発

アメリカのトランプ大統領は、フランスのマクロン大統領の招待をうけて、14日に行われるフランス革命記念日の軍事パレードに出席するため、パリに向けて出発しました。


FBI新長官指名の元次官補 政治介入の排除と独立性を強調

アメリカでトランプ政権とロシアとの関係をめぐる疑惑の捜査が続く中、トランプ大統領に解任されたFBI=連邦捜査局のコミー前長官の後任に指名されたレイ元司法次官補が議会で証言し、FBIへの政治の介入を排除し独立性の維持を徹底する姿勢を強調しました。


“1兆トン”の氷山 南極から分離 観測史上最大級

南極大陸から、三重県の面積とほぼ同じ大きさの氷の塊が分離して観測史上最大級の氷山になったことがわかり、観測したイギリスの研究グループは「巨大な塊が分離したことで、南極大陸のほかの部分の氷が不安定になって、海に流出し、海面上昇につながる可能性がある」と指摘しています。


FRB 米経済は消費減速も緩やかに拡大

アメリカの中央銀行に当たるFRB=連邦準備制度理事会は、最新の経済報告で、アメリカ経済は、自動車販売の落ち込みなど個人消費が減速しているものの、労働者の不足が強まっているなどとして、緩やかに拡大していると指摘しました。


NYダウ FRB議長発言で最高値を更新

12日のニューヨーク株式市場は、FRB=連邦準備制度理事会のイエレン議長が追加の利上げを緩やかに進めていく考えを強調したことから、ダウ平均株価は120ドル以上値上がりしおよそ3週間ぶりに最高値を更新しました。


カタールとの断交で米の仲介本格化 長期化も

中東のカタールとサウジアラビアなどが国交を断絶し関係悪化が深刻となる中、アメリカのティラーソン国務長官は仲介を本格化させていますが、カタールと各国の溝は埋まらず、関係修復には時間がかかるとの見方も出ています。


トルコ大統領 非常事態宣言継続の方針

トルコで軍の一部によるクーデター未遂が起きてから1年になるのを前に、エルドアン大統領はクーデター未遂を受けて出されている非常事態宣言を当面、継続する方針を示し、政権の強権的な姿勢に対する批判がさらに高まることが予想されます。


FRB議長「資産規模の縮小は年内に始める」

アメリカの中央銀行に当たるFRB=連邦準備制度理事会のイエレン議長は、議会の公聴会で金融政策を引き締める方向で見直すため、量的緩和策で膨らんだFRBの資産規模の縮小を年内に始める考えを強調しました。


米政府機関 ロシアのカスペルスキー製品の調達停止

アメリカ政府は、ロシアの情報セキュリティー会社「カスペルスキー」について安全保障上の懸念があるとして、政府機関が製品を調達する企業のリストから外すことを決めました。これに対してロシア政府は「政治的な決定だ」と反発を強めています。


トランプ大統領 長男擁護し”魔女狩り”と反論

アメリカのトランプ大統領は、長男が去年の大統領選挙中、ロシア人の弁護士と面会していたことに批判が強まっていることに対して「息子は潔白だ」と擁護し、「政治史上、最大の魔女狩りだ」などと不満をあらわにしています。


水産庁の漁業取締船に銃口向ける 北朝鮮船舶か

日本海の日本の排他的経済水域内で、今月7日水産庁の漁業取締船が、北朝鮮のものと見られる船舶に一時追跡され、小銃のようなものを向けられていたことがわかり、政府は、中国・北京の外交ルートを通じて、北朝鮮側に抗議しました。


台湾 パラグアイと経済連携協定 孤立化さける狙いか

台湾は、南米で唯一、外交関係のあるパラグアイと、12日経済連携協定を結び、中国が世界各地で台湾に対して外交的な圧力を強める姿勢を見せる中、孤立化をさけたい狙いがあるとみられます。


内戦続くイエメン コレラ感染拡大の実態は

内戦が続く中東のイエメンで、国際NGOの現地の責任者として感染が拡大しているコレラの対応にあたった日本人男性が、12日東京都内で会見し、現地では、きれいな水がないために濁った水でも口にせざるをえず、感染が拡大していると見られると指摘しました。


トランプ氏長男 ”CNN戦闘機を撃墜”動画を公開

アメリカのトランプ大統領がCNNテレビのロゴマークが合成された戦闘機を撃墜する動画を、大統領の長男がインターネットのSNSで公開しメディアとの対決姿勢を鮮明にしています。


ノーベル平和賞の劉暁波氏 容体悪化 呼吸機能が低下

中国で服役中にノーベル平和賞を受賞し、末期の肝臓がんを患って仮釈放されたものの危篤状態に陥っている作家の劉暁波氏について、治療にあたっている病院は、12日午後容体がさらに悪化し、呼吸機能が低下しているなどと発表しました。


大リーグ球宴 アリーグが5年連続勝利

大リーグのオールスターゲームが11日、フロリダ州マイアミで行われ、アメリカンリーグが延長戦のすえ、2対1でナショナルリーグに勝ちました。アメリカンリーグはオールスターゲームで5年連続の勝利です。


ピコ太郎さん 国連本部へ 政府主催のレセプション出席のため

貧困の解消などを目指す国連の取り組みをPRするため、岸田外務大臣は12日、ピコ太郎さんに、今月中旬、ニューヨークの国連本部で開かれる政府主催のレセプションへの出席を要請し、ピコ太郎さんも出席してパフォーマンスを披露することを約束しました。


タカタのエアバッグ 米で270万個リコール追加

アメリカ運輸省は、11日大手自動車部品メーカー、タカタのエアバッグ270万個を、新たにリコールの対象に追加すると発表しました。


トランプ大統領長男「ロシアの支援歓迎」 批判強まる

アメリカのトランプ大統領の長男が去年の大統領選挙中、民主党のクリントン氏に不利になる情報を提供すると持ちかけられ、ロシア政府による支援の一環と認識しながら歓迎していたことがわかりました。民主党はロシアと共謀していた証拠だと批判を強め、アメリカメディアは特別検察官が調べる方針だと伝えています。


中国で日本人35人拘束 振り込め詐欺で日本の警察が協力要請

振り込め詐欺事件を捜査していた日本の警察からの協力要請を受けて、中国の公安当局が、南部の福建省で日本人35人を詐欺の疑いで拘束していたことがわかりました。


対北朝鮮で日米韓 防衛能力向上へ協力強化

北朝鮮によるICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験の発表を受け、日米韓3か国の防衛当局の担当者がテレビ会議を開き、北朝鮮による核・ミサイル開発は北東アジアのみならずそれを超える地域にも重大な脅威になっているとして、防衛能力を向上させるため協力を強化していくことを確認しました。


東芝に情報遮断解除の仮処分 米裁判所

経営再建中の東芝が半導体事業の売却を巡ってアメリカのメーカー、ウエスタンデジタルと対立している問題で、アメリカの裁判所は、両社が共同運営する三重県の半導体工場への技術情報のアクセスを禁止する措置をとった東芝に対して、この措置を解除するよう命じる仮処分を出しました。


米 北朝鮮ICBMで関係の第3国にも制裁意向

北朝鮮によるICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験の発表を受けて、アメリカ政府は、国連安全保障理事会で新たな制裁決議を求めていくとともに、北朝鮮と取り引きしている第3国の企業や個人にもアメリカ独自の制裁を科していく意向を明らかにしました。


カタール国交断交で米が仲介 事態の打開なるか

中東のカタールとサウジアラビアなどが国交を断絶し、関係悪化が深刻となる中、アメリカのティラーソン国務長官はカタール政府とテロ対策で協力する覚書を交わすなど、仲介の動きを本格化させていて、事態の打開につながるのか注目されます。


シリア人権監視団「IS指導者 死亡」 米軍は確認できず

シリアの人権団体は11日、過激派組織IS=イスラミックステートの指導者バグダディ容疑者がすでに死亡しているという見解を示しましたが、アメリカ軍は確認できていないとしており、情報は錯そうしています。


ノーベル平和賞の劉暁波氏危篤 米「受け入れ準備ある」

ノーベル平和賞を受賞した中国の作家の劉暁波氏が末期のがんで、危篤状態に陥っていることについて、アメリカ国務省の報道官は、中国政府に重ねて無条件の釈放を求めるとともに、アメリカは、劉氏を受け入れる準備があると強調しました。


EU高官 日本と大枠合意したEPAの意義強調

日本とEU=ヨーロッパ連合の企業関係者らによる会合がブリュッセルで開かれ、EUの高官は日本と大枠合意したEPA=経済連携協定の意義を改めて強調するとともに、今後の交渉で非関税障壁の撤廃などの協議を急ぎたい考えを示しました。


ロシア外相 米制裁に対抗措置検討とけん制

ロシアのラブロフ外相は、アメリカ政府が受けたとするサイバー攻撃をめぐってロシアに科している制裁の一部への対抗措置を検討していると強調し、さきの米ロ首脳会談を受けて両国の対話が活発化するのを前にアメリカをけん制したものと見られます。


トランプ大統領の長男 ロシア疑惑のメール公開

アメリカのトランプ大統領の長男が去年の大統領選挙中にロシア政府の支援の一環として民主党のクリントン氏に不利になる情報を提供すると持ちかけられ、ロシア人の弁護士と面会していたことが、公開されたメールから明らかになり、トランプ陣営とロシアとの共謀があったかどうかに大きな関心が集まっています。


アメリカの農業団体 鉄鋼などの輸入制限は報復受け農業に打撃

アメリカの安全保障への脅威を理由にトランプ大統領が検討している、鉄鋼などの輸入を制限する異例の措置について、アメリカの18の農業団体は、貿易相手国から報復を受けて、輸出に依存している農業に深刻な打撃を与える可能性があるとして、貿易戦争を引き起こさないよう求める書簡をロス商務長官に送りました。


オランダ当局「スズキのディーゼル車に排ガス不正の疑い」

オランダの陸運当局は、スズキを含む2つの自動車メーカーが生産したディーゼル車に、排ガスを不正に操作するソフトウエアが搭載されていた疑いがあるとして地元の検察に通報したと発表しました。


米 迎撃ミサイルシステム「THAAD」試験に成功

アメリカ国防総省は、最新の迎撃ミサイルシステム「THAAD」の迎撃試験に成功したと発表し、北朝鮮の弾道ミサイルなどに対するアメリカ軍の防衛能力を示したと強調しました。


仏大統領 2024年夏の五輪招致 IOC委員にアピール

東京大会の次となる2024年夏のオリンピック・パラリンピックのパリへの招致を目指すフランスのマクロン大統領が、IOC=国際オリンピック委員会の臨時総会を前にプレゼンテーションを行い、パリはあくまで2024年の大会を目指す姿勢を強調しました。


日本が国際組織犯罪防止条約の締約国に

「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法の施行を受け日本は組織的なテロや犯罪を防ぐための「国際組織犯罪防止条約」の受諾書を国連に提出し、条約の188番目の締約国となりました。


インド最高裁 牛食肉処理禁止の政府通達を差し止め

牛を神聖な生き物だとするヒンドゥー教徒が人口の8割近くを占めるインドで、牛の食肉処理を全面的に禁止するとした政府の通達を最高裁判所が差し止める命令を出しました。牛肉を食べるほかの宗教の人々の間では安ど感が広がる一方、ヒンドゥー教徒からは反発も予想され、牛をめぐる論争は今後も続きそうです。


日米韓の政府高官が協議 北朝鮮に圧力強め連携確認

北朝鮮問題について日米韓3か国の政府高官による協議がシンガポールで行われ、北朝鮮に対して圧力を強め3か国で連携していくことを改めて確認しました。


中国 上半期の新車販売台数 伸び率低下

中国のことし上半期の新車の販売台数は政府の減税措置が縮小された影響などから、去年の同じ時期に比べて伸び率が3%余りに低下しました。


中国「北朝鮮問題で中国責任論やめにしよう」

北朝鮮による核・ミサイル開発を止めるため、アメリカや日本が、中国に対して北朝鮮への圧力を強化するよう求めるなか、中国外務省は、「問題の核心は米朝の対立にある。『中国責任論』はやめにしよう」などと述べ、中国に責任を押しつけるべきではないと反発しました。


英当局がテロ遭遇時の対処方法まとめた動画を公開

ヨーロッパでテロに対する懸念が強まる中、イギリスの治安当局は夏休みなどを利用した旅行者が増えるのを前に、滞在先で、テロに遭遇した場合の対処方法をまとめた動画を公開しました。


劉暁波氏の診察映像投稿 北京のドイツ大使館が批判

中国で服役中にノーベル平和賞を受賞し、がんを患って仮釈放された作家の劉暁波氏をめぐり、劉氏を診察したドイツの医師らが中国の治療を評価したような発言をした映像がインターネット上に投稿され、北京にあるドイツ大使館は当局による情報操作だとして批判しました。


「北朝鮮の弾道ミサイルは新型エンジン」韓国情報機関

北朝鮮が1週間前にICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に初めて成功したと発表したことについて、韓国の情報機関は、ミサイルの2段目には、北朝鮮が先月、燃焼実験を行ったと見られる新しいエンジンが使われていたとして、ミサイル技術が一段と向上しているという見方を示しました。


「トランプ氏長男にロシアから情報と伝達」米紙報道

アメリカのトランプ大統領の長男が去年の大統領選挙中、ロシア人の弁護士と面会していたことについて、アメリカのメディアは「長男は『ロシア政府から出た情報が提供される』と事前に伝えられていた」と報じました。大統領側は、ロシアとの共謀を否定していますが、議会では説明を求める声が一層高まりそうです。


米軍空中給油機が墜落炎上 少なくとも16人死亡

アメリカ南部ミシシッピ州でアメリカ軍の空中給油機が墜落して炎上し、これまでに搭乗員少なくとも16人の死亡が確認され、軍と地元当局が墜落の原因を調べています。


北朝鮮 2年以内に米西海岸への攻撃能力 米研究グループ

1週間前に北朝鮮がICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に初めて成功したと発表したことに関連して、北朝鮮の動向を分析しているアメリカの研究グループは、開発がさらに進めば今後2年以内に核弾頭を搭載し、アメリカの西海岸を攻撃する能力を獲得する可能性があるとして、ミサイル防衛能力の強化を急ぐべきだと指摘しました。


官房長官 慰安婦問題の記憶遺産登録支援を批判

菅官房長官は閣議の後の記者会見で、韓国の閣僚が、慰安婦問題に関する資料をユネスコの「記憶遺産」に登録するため支援していく意向を示したことについて、ユネスコの目的に反しかねない行動だと批判したうえで、日韓合意の着実な履行を求めていく考えを示しました。


トランプ大統領 FRB副議長にクオールズ氏を指名

アメリカのトランプ大統領は、中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会の金融規制担当の副議長に、元財務次官のクオールズ氏を指名する人事を発表し、みずからが掲げる金融規制の緩和に向けた取り組みを強める姿勢を鮮明にしました。


北朝鮮 ICBM発射実験成功で連日の祝賀行事

1週間前にICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に初めて成功したと発表した北朝鮮は、開発に携わった科学者らを首都ピョンヤンに招き、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の出席の下で、連日祝賀行事を開いており、ICBMの開発をキム委員長の業績としてたたえることで、一層の権威づけを図る狙いがあると見られます。


モスル解放 トランプ大統領が声明で成果を強調

過激派組織IS=イスラミックステートのイラク最大の拠点、モスルが解放されたことを受けて、アメリカのトランプ大統領は「ISが大きな脅威となってからの何年間かよりも、この6か月間でよりめざましい進展を遂げた」とする声明を出し、みずからが大統領に就任して以降、空爆を強化するなどした成果だと強調する狙いがあると見られます。


首脳会議で長女着席 トランプ大統領が批判に反論

ドイツで開かれたG20サミットでトランプ大統領が席を外した際、長女で大統領補佐官を務めるイバンカ氏が代わりに首脳会議の席に一時、座り、アメリカメディアから「公私混同だ」などと批判が出ていることに対し、トランプ大統領は10日、ツイッターで反論しました。


トランプ氏長男 ロシア人弁護士面会 議会から説明求める声

アメリカのトランプ大統領の長男が去年の大統領選挙中、ロシア人の弁護士と面会していたことについて、ホワイトハウスはトランプ陣営とロシアとの共謀はないと主張しましたが、議会からは説明を求める声が出ています。


仏大統領 IOC会長に2024年五輪招致をアピール

東京大会の次となる2024年の夏のオリンピック・パラリンピックの招致を目指すフランスのマクロン大統領が、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長と会談し、国を挙げて取り組む姿勢を強調しました。


インド ヒンドゥー教徒巡礼者のバスに銃乱射 7人死亡

インド北部で、ヒンドゥー教徒の巡礼者を乗せたバスに向けて武装グループが銃を乱射してこれまでに7人が死亡し、警察はイスラム過激派がヒンドゥー教徒の巡礼者を狙って襲撃した可能性があると見て調べています。


ロシア トランプ大統領の協力否定発言 見守る考え

ロシアのプーチン大統領とサイバー攻撃への対応で協力することで合意したアメリカのトランプ大統領が「実際にできるとは思っていない」と明らかにしたことについて、ロシア側は批判はせずに状況を見守る考えを示すなど、首脳会談を受けて関係改善を進めたいアメリカに配慮する姿勢を示しています。


モスル解放 イラク首相が勝利演説で団結訴える

過激派組織IS=イスラミックステートがイラクで最大の拠点としてきたモスルが解放されたことを受けて、アバディ首相が10日に勝利演説を行い、避難民の帰還やモスルの復興に向けて国民の団結を訴えました。


シリア和平協議始まる 停戦守れるかが焦点

シリアの内戦終結に向けたアサド政権と反政府勢力による和平協議がスイスで始まり、過激派組織IS=イスラミックステートの壊滅後も見据えて、まずは双方が停戦を確実に守ることができるかどうかが焦点になります。


2024年五輪目指すロス招致委 スイスに到着

東京大会の次となる2024年のオリンピック・パラリンピックの招致を目指しているアメリカ・ロサンゼルスの招致委員会がプレゼンテーションを行うためスイスに到着し、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長から「再びともに歴史を刻めることを幸せに思っている」と歓迎を受けました。


IOC 2024・28年夏の五輪 開催都市同時決定へ

IOC=国際オリンピック委員会の臨時総会が日本時間の11日夜からスイスで始まり、東京大会後の2024年と28年の夏のオリンピックの開催都市を同時に決定する異例の措置を決める見通しです。


日ロ 経済協力の合意文書 具体化加速で一致

世耕経済産業大臣は訪問先のロシアで経済閣僚と相次いで会談し、去年の日ロ首脳会談で交わされた経済協力の合意文書について、ことし9月の日ロ首脳会談までに企業間の契約を目指すなど具体化を加速させることで一致しました。


EU 福島産コメなど10県の一部食品 輸入規制緩和へ

EU=ヨーロッパ連合が、ことし秋にも緩和する方針を示している日本産の食品の輸入規制について、具体的な規制除外の対象を福島県産のコメなど、10県の一部の食品とすることを検討していることがわかりました。


北米で大規模な山火事 1万人以上が避難

アメリカ西部やカナダ西部で大規模な山火事が相次いで起き、2日以上にわたり広い範囲に燃え広がっていて、これまでに合わせて1万人以上の住民が避難し、被害がさらに拡大することが懸念されています。


日デンマーク首脳会談 法支配の徹底やEPA発効へ協力で一致

安倍総理大臣は日本時間の11日未明、デンマークのラスムセン首相との首脳会談に臨み、海洋における法の支配の徹底や、日本とEU=ヨーロッパ連合のEPA=経済連携協定の早期発効に向けて協力していくことで一致しました。


モスル “解放” 焦点は「首都」ラッカ攻略に

イラク政府は過激派組織IS=イスラミックステートがイラク最大の拠点としてきたモスルを解放したと表明しました。ISの壊滅に向けた次の焦点はISが「首都」とするシリアの都市、ラッカの攻略に移りますが、ISはここでも住民を「人間の盾」として抵抗しており、慎重な作戦を強いられることになります。


安倍首相 最後の訪問国 デンマークに到着

フィンランドを訪れていた安倍総理大臣は、日本時間の10日夜、最後の訪問国デンマークに到着しました。11日未明、ラスムセン首相と会談し、海洋における法の支配の徹底などで協力を拡大していくことを確認したい考えです。


インド洋で日米印の合同軍事演習始まる

中国がインド洋や南シナ海で海洋進出を強める中、10日からインド洋で、アメリカとインドの海軍、それに日本の海上自衛隊による合同軍事演習が始まり、3か国は連携して海上交通路の安定を確保していく姿勢を確認し、中国をけん制する狙いもあるものと見られています。


日本とフィンランド 対北朝鮮やロシア対応 緊密連携で一致

フィンランドを訪れている安倍総理大臣は日本時間の10日夕方、ニーニスト大統領との首脳会談に臨み、弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮や、双方の隣国であるロシアへの対応などで緊密に連携していくことで一致しました。


ロンドンの観光地「カムデン・マーケット」で火災

先月、高層住宅で大規模な火災が起きたイギリスのロンドンで、今度は商店や飲食店が数多く建ち並ぶ人気の観光地で火災が発生し、地元の消防などが原因を調べています。


ロシアで国際産業見本市 日本の技術力アピール

ロシア中部のエカテリンブルクで開幕した国際産業見本市で、日本パビリオンがオープンし、世耕経済産業大臣がプーチン大統領に産業用ロボットや工作機械などを紹介して日本の技術力をアピールしました。


ノーベル平和賞の作家 劉暁波氏が危篤状態

中国で、服役中にノーベル平和賞を受賞し、がんを患って仮釈放された作家の劉暁波氏について、治療にあたっている中国東北部の瀋陽の病院は10日午後、劉氏は血圧が低下するなど病状が悪化し危篤状態に陥っていると発表しました。


中国の物価上昇率横ばい 景気安定重視の政府方針反映か

中国の先月の消費者物価指数は、前の年の同じ月と比べて1.5%のプラスと上昇率が横ばいとなりました。企業が製品を出荷する際の値動きを示す指数も上昇率は横ばいとなり、景気の安定を重視する中国政府の方針が物価に反映されているという見方が広がっています。


韓国閣僚 慰安婦問題の資料 ユネスコ記憶遺産登録支援へ

韓国のムン・ジェイン(文在寅)政権で慰安婦問題の担当として新たに就任した閣僚が元慰安婦たちが暮らす施設を訪問し、慰安婦問題に関する資料をユネスコの「記憶遺産」に登録するため韓国政府として支援していく意向を明らかにしました。


トランプ氏長男 大統領選中にロシア人弁護士と面会 米紙報道

アメリカのメディアは、トランプ大統領の長男が去年の大統領選挙中、民主党のクリントン氏に不利になる情報を提供すると持ちかけられ、ロシア政府とつながりのあるロシア人弁護士と面会していたと報じ、トランプ陣営がロシアの支援を受けようとしていたことを示すものだと伝えています。


トルコ最大野党がデモ行進 最終的に数万人が参加

トルコの最大野党が、エルドアン政権の強権的な姿勢に抗議するとして25日間かけて行ったデモ行進に最終的に数万人が参加し、野党の支持者以外にも政権に不満を持つ市民が増えていることをうかがわせています。


イバンカさんが首脳会議の席に一時座る 公私混同の批判も

ドイツで開かれたG20サミットで、アメリカのトランプ大統領に代わって長女のイバンカさんが、首脳会議の席に一時、座る場面があり、「公私混同だ」などと批判も出ていて、物議を醸しています。


イラク首相“ISに勝利しモスルを解放”と表明

イラクのアバディ首相は、9日、過激派組織IS=イスラミックステートに対する軍事作戦が行われてきたイラク北部のモスルを訪問し、ISに勝利し、モスルを解放したと表明しました。国際社会の脅威となってきたISの壊滅に向けて大きな一歩となり、ISが「首都」とするシリアの都市、ラッカの攻略作戦にも弾みがつくと見られます。


プーチン大統領 北方領土問題の解決に意欲

ロシアを訪れている森元総理大臣はプーチン大統領と会談し、北方領土問題の解決を含む平和条約の締結を急ぐよう促したのに対し、プーチン大統領は「安倍総理大臣との間で解決したいという気持ちがさらに強まっている」と応じました。


ブラジル サンパウロで恒例の「日本祭り」

世界最大の日系人社会があるブラジルのサンパウロで、日本文化を紹介する恒例のイベント「日本祭り」が9日開かれ、訪れた人たちが日本各地の郷土料理を味わうなどして楽しみました。


米国務長官がウクライナを訪問 ロシア制裁継続を強調

アメリカのティラーソン国務長官は、訪問先のウクライナでポロシェンコ大統領と会談し、ウクライナ情勢をめぐるロシアへの制裁を継続する立場に変わりがないことを強調し、トランプ大統領とロシアのプーチン大統領が関係改善の姿勢を示す中、ウクライナ側の懸念を払拭(ふっしょく)する狙いがあるものと見られます。


ロシアで国際産業見本市 プーチン大統領が日ロ経済協力に期待

日本からおよそ170の企業や団体が出展するロシア最大規模の国際産業見本市の開幕を前に、中部の都市エカテリンブルクで開会式が行われ、プーチン大統領は「日本は最も重要なパートナーだ」と述べ、日ロの経済協力に期待を示しました。


トルコ大統領「米脱退ならパリ協定承認しない方向に」

トルコのエルドアン大統領は、地球温暖化対策のためのパリ協定について、脱退を表明したアメリカ抜きで対策を進めていくことをG20サミットで確認したものの、直後の会見で、「アメリカが脱退したらトルコは議会で協定を承認しない方向に向かう」と述べました。アメリカなどが拠出することになっている発展途上国の温暖化対策のための資金を約束どおり受け取れるよう先進各国をけん制したものと受け止められています。


米大統領 ロシアとの協力関係前進に与野党から批判も

アメリカのトランプ大統領は、ロシアのプーチン大統領との首脳会談を受けて、サイバー攻撃への対処などで協力関係を前進させたいという考えを強調しましたが、与野党双方から「プーチン大統領は信用できない」などと批判も出ています。


イラク アバディ首相がモスル訪問 完全な制圧を宣言か

過激派組織IS=イスラミックステートに対する軍事作戦が続いてきたイラク北部のモスルをイラクのアバディ首相が9日午後、訪問しました。アバディ首相は「兵士と国民に対し勝利を祝福する」としていて、このあと、モスルの完全な制圧を宣言すると見られます。


劉暁波氏を診察した米独医師「国外移送は可能」

中国で服役中にノーベル平和賞を受賞し、がんを患って仮釈放された作家の劉暁波氏が国外での治療を希望しているのに対し、中国当局が認めない方針を示す中、8日に劉氏を診察したアメリカとドイツの医師は、医療的な立場からは移送可能だとする見解を示し、中国側の対応が注目されています。


モスル奪還へ イラク軍の完全な制圧近づく

過激派組織IS=イスラミックステートがイラクで最大の拠点としてきたモスルの奪還作戦で、イラク軍は、ISの戦闘員を旧市街のわずかな場所に追い詰めて完全な制圧に近づいており、イラク国内では、8か月余りにわたる作戦の完了に期待が高まっています。


北朝鮮 米軍爆撃機飛行を非難「核戦争の導火線に火」

北朝鮮は、アメリカ軍がICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験への対抗措置としてB1爆撃機を朝鮮半島周辺で飛行させたことについて、「核戦争の導火線に火をつけようとしている」と非難し、ICBMの開発はアメリカの挑発を終わらせるためのものだと正当化しました。


外務省がピコ太郎さんと協力 「持続可能な開発目標」をPR

貧困や格差の解消など世界が一致して取り組むべき課題として、国連が定めた「持続可能な開発目標」の考え方を広く知ってもらおうと、外務省は、「PPAP」の曲で知られるピコ太郎さんと協力して取り組みを始めました。


モンゴル大統領選 野党候補が当選 政府への不満背景か

7日、決選投票が行われたモンゴルの大統領選挙で、愛国的なスローガンを掲げた野党・民主党のバトトルガ氏が当選し、景気の低迷を背景に政府への不満を強める有権者の幅広い支持を集めた結果と受け止められています。


日本企業の海外M&A件数 上半期 2年連続で最高更新

日本企業がことし上半期に海外企業を買収するなどした件数は、アメリカ企業を対象にした大型案件が相次いだことなどから、2年連続で過去最高を更新しました。


南スーダン独立6年 武力衝突続き 深まる人道危機

アフリカの南スーダンが長い内戦の末に独立を果たしてから、9日で6年となりました。しかし、現地では、政府軍と反政府勢力との武力衝突が繰り返されて、犠牲者や難民が増え続け、人道危機が深まるばかりです。


トランプ大統領 G20の成果強調も孤立際立つ結果に

G20サミットを終えて、アメリカのトランプ大統領は「すばらしい成功だった」と成果を強調しましたが、地球温暖化対策などをめぐって、各国との溝が浮き彫りになり、国際協調を目指す場でアメリカの孤立が際立つ結果となりました。


米中首脳 北朝鮮にさらなる圧力か 緊張緩和か議論

アメリカと中国の首脳会談がドイツで行われ、北朝鮮に核・ミサイル開発をやめさせるため、トランプ大統領が中国にさらなる圧力を求めたのに対し、習近平国家主席は圧力よりも、緊張の緩和が優先だという考えを強調しました。


G20 独メルケル首相 米のかたくなな姿勢に失望感

ドイツで開かれていたG20サミットで、議長を務めたメルケル首相は閉幕後の記者会見で、地球温暖化対策で、アメリカとそのほかの19か国の意見が対立したとして、アメリカのかたくなな姿勢に失望感を示しました。


イラク軍 モスル奪還作戦 ISが最後の抵抗続ける

過激派組織IS=イスラミックステートが、イラクで最大の拠点としてきたモスルの奪還作戦で、イラク軍はISの戦闘員を旧市街のわずかな場所に追い詰め、完全な制圧に近づいていますが、ISとつながりのあるメディアは「戦闘員は死ぬまで戦う」と伝えており、ISが最後の抵抗を続けています。


プーチン大統領 米大統領と「個人的な関係築けた」

ロシアのプーチン大統領は、ドイツで行われたG20サミットの閉幕に合わせて記者会見を行い、初めての首脳会談を行ったアメリカのトランプ大統領について「個人的な関係を築くことができた」と述べ、今後アメリカとの関係改善を進めたい考えを示しました。


中国 劉暁波氏を米独の医師が診察 適切な治療アピールか

中国で服役中にノーベル平和賞を受賞し、がんを患って仮釈放された作家の劉暁波氏について、中国の病院は、アメリカとドイツの医師が8日、診察を行ったと発表し、適切な治療が行われていることをアピールする狙いもあると見られます。


モンゴル大統領選 決選投票 野党候補が大きくリード

7日、決選投票が行われたモンゴルの大統領選挙は開票作業が続いていますが、選挙管理委員会が発表した暫定的な得票率では、野党候補が大きくリードしていて、政府の財政緊縮策に対する有権者の厳しい見方が示されたものと見られています。


G20閉幕 温暖化対策は米抜きで 結束示せず

ドイツで開かれていたG20サミットは日本時間8日夜、首脳宣言を発表して閉幕し、アメリカが保護主義的な動きを強める中、焦点の貿易については「保護主義と闘い続ける」という文言を盛り込みました。しかし、地球温暖化対策はアメリカ抜きで進めるという異例の内容になり、G20として結束できなかったことを示す結果になりました。


沖ノ島 世界遺産登録の審議は1日先送りに

ポーランドで開かれているユネスコの世界遺産委員会は、日本が推薦する福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」について、世界遺産に登録するかどうかの審議を1日先送りしました。ほかの候補の議論に時間がかかったためで、遺産群の審議は日本時間9日午後行われる見通しです。


日米首脳 北朝鮮への圧力強化 緊密連携で一致

安倍総理大臣は日本時間の8日夜、訪問先のドイツでアメリカのトランプ大統領と会談し、北朝鮮に対する圧力を強めていくため緊密に連携していくことで一致しました。一方、会談ではトランプ大統領が対日貿易赤字は巨額に上り、相互に利益のある貿易関係が重要だと指摘したのに対し、安倍総理大臣は日米経済対話の場を通じて建設的に議論していきたいという考えを示しました。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧