兜町の噂 2008年4月11日 (金曜日)

買い推奨

ゴールドマン・サックス証の今月の注目銘柄のなかで、東芝、日本電気硝子、日本電産,6594>を買い推奨としている。


水準訂正

三益半導体が水準訂正相場入り。コスモ証が投資判断を「A]に格上げ、目標株価2960円に引き上げており、株価を刺激していきそうだ。


評価高まる

マクドナルドの3月度売上げが既存店ベースで5.4%増、全店ベースで6.3%増と好調。これで07年1月から15カ月連続プラスとなっており、アナリストサイドの評価が高まっている。


外国人買う

大陽日酸は4日続落となっているが、この間欧州証券経由で資金が入っており、一部オイルダラーとの観測もある。


中国系資金

任天堂に外国人買いが目立っている。市場観測筋では中国系資金も流入していると指摘しており、新たな刺激要因として注目される。


底入れ

ニチユが底入れから反騰へ向かいそうな動き。ここ下値を継続して拾っている筋もある。環境にやさしいバッテリーフォークの好調で今3月期は大幅増益へ。


外国人継続買い

コマツは4日続落したが、その間継続して外国人買いが入っており、先高期待感が強まっている。


もみ放れ

ワコムに有力筋の買いがみられ、もみ合い放れから上値を追いそうだ。「タブレットの2ケタ成長が続き、収益面からの見直し余地が大きい」と。


出番近い

「オークマは、米国向けの輸出価格の引き上げ観測から出番が近い」と大手の担当アナリスト。主力の工作機械が海外でエネルギー産業や航空機部品向けに伸びが続き、今期もロシアなど新興国で高い需要の伸びが見込まれ業績拡大基調は不変。「PERは10倍前後で、安い場面は仕込みの急所」とも。


雲上抜けへ

神鋼電機は週足ベースでの一目均衡表の抵抗帯「雲」上抜けが接近しており、その後上昇志向を一段と強めるとの見方。


新値追い態勢

酉島製作所が新値追い態勢。業績変化率の高さに加え、海水淡水化プラント向けポンプで世界シェア7割と断トツで深刻化する水不足関連の有望株との見方。外国人買いも入っている。


新値追い

ニトリは年初来高値を更新したが、新値追い基調が続きそうだ。今2期は経常利益で前期比11%増見通しにあるほか、配当を前期22円から年28円へと引き上げる見通し。0.10倍の取組面からも注目で、引続き好業績を織り込む上昇基調が見込まれる。


期待感高まる

GSユアサには目先資金ばかりでなく、長期的な大口資金の流入が期待できそうな状況。大手自動車メーカーが新型車でハイブリッド車を意識的に増やしていくが、その場合寿命の長い自動車電池の供給がポイント。技術面で世界有数の企業である同社に期待する向きが増えてきた。


見直し本格化

三井造船には目立たぬながら機関投資家の買いが入っている。連続増益が見込まれる好業績銘柄にもかかわらず割安に放置されており、見直しが本格化しそうだ。


大口投資家

JR東日本には引き続き大口投資家筋の買いが入ってきている。08年度から3年間の設備投資額1兆4000億円を計画、「攻めの経営」が高く評価されている。主力の鉄道事業、及びショッピングやコンビニ、エキナカに不動産など非鉄道事業がすこぶる好調で、鉄道と非鉄道の両輪とも文句のない状態。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧