国内市場概況 2008年5月7日 (水曜日)

東京株式市場・大引け

 東京株式市場では、日経平均株価は続伸。連休中の米国株式市場が堅調だったことや為替相場の落ち着きを好感し、朝方から買い優勢でスタートし、一時は2月高値の1万4105円47銭を上回った。  高値を抜いたことで目標達成感や高値警戒感が強まるなか、アジア株の下落をきっかけに、後場に入って株先売り・債先買いの動きが強まり、マイナスとなる場面があったものの、引けにかけて再びプラスに戻した。翌8日に控えている10年物国債の入札を控え、債券先物市場が乱高下しており、株価指数先物にも影響した模様。  なお、33業種中、25業種がプラス。石油関連や商社、非鉄、鉄鋼、海運など市況関連の上昇が目立った。原油先物が最高値を更新したほか、非鉄金属、貴金属、海運市況の上昇が材料視された。  そのほか、海外での金融関連株の上昇を手がかりに、不動産、銀行、証券なども値上がり率上位に入った。米ファニーメイが資本増強と減配を発表したが、住宅ローンの質が改善したことを強調しており、過度の信用懸念が後退したことが背景。ただ、銀行については、三井住友FGがマイナスで取引を終え、後場に入って上げ幅を縮小している。ハイテク、自動車といった主力株も高安マチマチだった。  その半面、原油高による燃料コストの上昇懸念から空運が安く、陸運、紙・パルプがさえない。食料品については、下方修正の伊藤園が大幅安となっており、業種別指数の下落要因となった。(証券新報・木村)


東京株式市場・大引け

 東京株式市場では、日経平均株価は続伸。連休中の米国株式市場が堅調だったことや為替相場の落ち着きを好感し、朝方から買い優勢でスタートし、一時は2月高値の1万4105円47銭を上回った。  高値を抜いたことで目標達成感や高値警戒感が強まるなか、アジア株の下落をきっかけに、後場に入って株先売り・債先買いの動きが強まり、マイナスとなる場面があったものの、引けにかけて再びプラスに戻した。翌8日に控えている10年物国債の入札を控え、債券先物市場が乱高下しており、株価指数先物にも影響した模様。  なお、33業種中、25業種がプラス。石油関連や商社、非鉄、鉄鋼、海運など市況関連の上昇が目立った。原油先物が最高値を更新したほか、非鉄金属、貴金属、海運市況の上昇が材料視された。  そのほか、海外での金融関連株の上昇を手がかりに、不動産、銀行、証券なども値上がり率上位に入った。米ファニーメイが資本増強と減配を発表したが、住宅ローンの質が改善したことを強調しており、過度の信用懸念が後退したことが背景。ただ、銀行については、三井住友FGがマイナスで取引を終え、後場に入って上げ幅を縮小している。ハイテク、自動車といった主力株も高安マチマチだった。  その半面、原油高による燃料コストの上昇懸念から空運が安く、陸運、紙・パルプがさえない。食料品については、下方修正の伊藤園が大幅安となっており、業種別指数の下落を主導した。(証券新報・木村)


JQ平均は大幅続伸 主力株が活況

ジャスダック市場は、休場期間の米国株堅調を受けて全般買い優勢。主力のインテリジェンス、インデックスが活況を呈したほか、アジア投資、プロパストも上伸、低位の新星堂、モンテカルロも賑わった。ネット系のEトレ、ウェブマネーもしっかりでJQ平均は大幅続伸を記録。半面、ビックカメラ、日本マイクロ、楽天に利益確定売り。


東証1部騰落状況(14:00)

値上がり:1077 値下がり:530 変わらず:113


東証1部騰落状況(13:30)

値上がり:1052 値下がり:557 変わらず:111


東京株式市場・前場

 前場の東京株式市場では、日経平均株価は続伸となった。2月高値の1万4105円47銭を上回った。  連休中の米国株式市場が堅調だったことに加え、為替についても落ち着いてきたこともあって、朝方は買い優勢で始まった。ただ、足元の高値警戒感が根強く、売り買い一巡後は積極的な買いが続かず、高値圏でのもみ合いに終始した。  33業種中、26業種がプラスとなった。石油関連や商社、非鉄、鉄鋼、海運など市況関連の上昇が目立った。原油先物が最高値を更新したほか、非鉄金属、貴金属、海運市場が軒並み上昇したことが材料視された。  海外での金融関連の上昇を手がかりに、不動産、銀行、証券なども値上がり率上位に入った。ハイテク、自動車といった主力株も総じて高い。  その半面、原油高によるエネルギーコストの上昇懸念から空運が安く、陸運、紙・パルプがさえない。


日経平均は続伸

 東京市場では、日経平均は続伸。1万4100円台に乗せ、2月高値の1万4105円47銭も上回った。連休中の米国市場や為替の動きがしっかりしていたことから買い優勢となっているようだ。朝方の外資系証券経由の注文が大幅な買い越しとなったことも買い安心感を与えたもよう。


東京株式市場・大引け

 東京株式市場では、日経平均株価は大幅反発。1万4000円大台を回復した。  1日の米国株式市場の上昇や外国為替市場での円安を手がかりに幅広い銘柄が買い優勢で始まった。ただ、売り買い一巡後は1万4000円近辺でのもみ合いに終始した。上値では戻り待ちの売りや利益確定の売りが出た一方、ショートカバーも多かった。4連休を控えていることから、市場参加者が少なく、売り方、買い方ともにポジション調整がメインだったようだ。  なお、後場に入ると、上昇幅は一時、前日比300円を超える場面があった。翌週に控えた10年債入札や雇用統計への警戒感が強く、債券(先物)が売られ、株価指数先物が買われたようだ。  なお、33業種中、31業種がプラス。値上がり率上位には、不動産、その他金融、保険、証券、銀行など金融・不動産関連セクターが入った。前日売り込まれていたうえ、信用不安の後退が手がかりとなった。また米株高と円安を好感し、ハイテクや自動車、機械など輸出関連も高い。  半面、原油先物の下落を嫌気して、石油関連や商社の上値の重さが目立った。特に後場に入って市場予想を下回る今期見通しを発表した三井物産は一時75円安まで売り込まれた。原油先物の下落を受けて、パルプ・紙や化学、空運などは堅調だった。(証券新報・木村英彦)


JQ平均は反発 ほぼ全面高の展開

ジャスダック市場は、米国株高を受けて、幅広い銘柄が上昇。主力の楽天、インテリジェンス、Eトレ、インデックスが高く、日本マイクロやMTI、新星堂など規模や業種問わず物色され、ほぼ全面高の展開となった。JQ平均は反発。材料でユナイテッドテク、ワークスAPが急騰。一方で、セブン銀、フェローテックに利益確定売りが出た。


東証1部騰落状況(14:30)

値上がり:1389 値下がり:237 変わらず:91


東証1部騰落状況(14:00)

値上がり:1367 値下がり:244 変わらず:105


東証1部騰落状況(13:00)

値上がり:1302 値下がり:303 変わらず:110


東京株式市場・前場

 前場の東京株式市場では、日経平均株価は反発。前日比200円を超える上昇となり、1万4000円台を回復した。  1日の米国株式市場の上昇や、外国為替市場での円安を手がかりに幅広い銘柄が買い優勢で始まった。ただ、4連休を控えていることもあって、戻り待ちや利益確定の売りが多いうえ、上値をとる動きも乏しく、買い一巡後は1万4000円近辺でのもみ合いに終始した。  業種別では、不動産、その他金融、保険、証券、銀行など金融関連セクターの上昇が目立つ。前日売り込まれたうえ、信用不安の後退が手がかりとなった。また米株高と円安を好感し、ハイテクや自動車など輸出関連も高い。  半面、原油先物の下落を嫌気して石油関連や商社の上値の重さが目立つ。陸運、情報通信、食料品といったディフェンシブ関連も物色対象からは外れているもよう。食料品はJTが足を引っ張った格好となっている。


日経平均は高値もみあい

 日経平均は高値もみあい。1万4000円近辺での値動きとなっている。リスク資産への投資意欲が高まっているものの、連休前でもあり、上値を買う動きは限定的となっているようだ。


東証1部騰落状況(10:00)

値上がり:1358 値下がり:231 変わらず:123


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧