兜町の噂 2008年6月1日 (日曜日)

修正高続く

油研工業に複数の機関投資家買いが流入しているようだ。中国、アジアが2ケタ増ペースで伸び、インド持分法会社の連結化も寄与、今期経常利益は16%増予想と順調で、PER9倍台の割安修正が当分続くとみられる。


買いインパクト大きい銘柄

本日終値を基準にMSCIバーラ指数の入れ替えが実施されるが、買いインパクトの大きい銘柄として伊予銀行、中国銀行、東邦ガス、丸一鋼管、島津製作あたりが噂されている。


動き軽快に

木村化工機が動き出しそうだ。貸借取引停止措置で動けなかったが、それが解除され、原子力関連の出遅れ的感覚。1200円台のフシを払って上げ加速が期待される。


さらに上値へ

阪和興業は14年ぶりの高値に買われているが、注力筋の目標値はさらに高い。鋼材市況の利ザヤ拡大で今期業績は増額修正が有力だし、現状のPERでもまだ9倍台と割安な点が手掛けやすいという。


売り方窮地

野村不HDは、不動産やマンション市場の不振が指摘されている中で好調さを保っており、前期、今期と業績好調。PERは11倍で、信用取組が0.34倍と空売りが非常に多く、売り方が窮地に陥っている。


複数の筋

蛇の目に複数の筋が買いを入れているようだ。今期経常利益4倍増と業績変化率が高く、日証金ベースでは連日の株不足と、この局面では格好の物色対象との見方。


上昇トレンド回復

ダイキンは、25日移動平均線を回復して上昇トレンドに回復してきたが、「中期的な成長期待継続で、6000円の大台に向けて下値を切上げる展開」と大手証券。2012年にはエアコンの世界販売を現在の3倍の1000万台に拡大する計画で、中期的な業績の拡大基調が評価されている。今3月期は経常利益で前期9%増の1400億円で過去最高を更新見通しながら、大手では1ドル100円でも今期2ケタ増益が可能としている。


さらに水準訂正

東芝機械がさらに水準アップしそうだ。月次受注は20%増ペースで、、特に建機油圧機器の伸びが急。三菱UFJ証が「1」に投資判断を引き上げたが、追随するところが増えそうだ。PER9倍台とまだ割安の域を出ていない。


体力勝負?

GSユアサは、日柄面、値頃的にも空売り筋が最大ピンチを迎えているといわれ、目が離せない。空売り筋がどこまで体力が持つのかといった段階で、さらに踏み上げ相場が続きそうだ。


3000円台目指す

「三菱地所は、年初来高値圏から15%程度の調整を経て値ごろ感も台頭、週足ベースでは13週・26週移動平均線のゴールデンクロス示現の動きで妙味。3000円の大台乗せを目指す展開が見込まれる」と大手証券。大都市中心部のオフィス賃料を15〜20%引き上げる、との報道も支援材料。


継続的な玉手当て

兼松は有力筋が継続的な玉手当てを実施しているとの噂。高値突破から新波動入り近い。


大ピンチ

GSユアサは、取組妙味と材料性からジリジ上げて400円突破となりそうな勢い。「コスト面、日柄面でも空売り筋は大ピンチ」と分析筋。


骨太の資金

コニカミノルタはさらに水準訂正期待が強い。今期も2ケタ増益から連続最高益更新見込みと業績面の背景は十分。低PERと日証金での逆日歩を手がかりに骨太の資金が入っている。


本格上げ相場

コナミは26週移動平均線をサポートに上昇トレンドにあり、直近では5日・25日移動平均線がゴールデンクロス示現、年初来高値圏に向けた本格上げ相場とみられる。今3月期は売上で前期比11%増、営業利益が同33%増と、市場予想を上回る好調な内容で、6月に世界同時発売予定の「メタルギアソリッド4」が注目される。


仕手っぽい資金

ヤクルトに仕手っぽい資金が流入しているようで、大きくウネリそうな動き。海外展開が加速しており、中長期展開力が評価されている。日証金で株不足状態。


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧