ウォッチ・ザ・カンパニー 2008年8月18日 (月曜日)

クリエイト株式会社(3024・JQ)福井道夫社長

福井社長を囲んで 暑いですね〜。真夏日を通り越して、いつ猛暑日になるかとドキドキ・ヒヤヒヤしております。ちなみに、猛暑日は最高気温が35度を超えた日をさしますよ。 さて、私たちがそんな暑い日々を快適に過ごせるのは、なんといっても空調システムのおかげ!乾いたのどをうるおしたり、汗をスッキリ流せるのは上下水道のおかげ!! 今日のゲストは、空気と水の流れを制御するのに欠かせない管工機材の商社兼メーカーであるクリエイト株式会社 代表取締役社長の福井道夫さんです。 私、不勉強ながら、今回、カンコウキザイっていう言葉を初めて知りました・・・。 要はパイプや継ぎ手やバルブのことなんですね〜。で、これがないと、空調も換気や排気ができないですし、水道も引き込めないし、排水できないというわけなんです。 もちろん、こうした管工機材は、個人のお宅やマンションなどの集合住宅、さらには病院やテナントビルなど、人がいるところすべてに必要となります。 ただ、去年の建築基準法の改正や景気の減速感もあって、新築分の着工はにぶる一方・・・。管工機材の需要も減ってしまって、クリエイトの業績も・・・!?と思っていたんですが!!! 今は新築分の需要も大事ですが、それだけじゃなく既存の建物の取り換え需要も大事になってきているそうなんです。シェアはなんと半々にまで増えてるとのこと。昭和30年代から40年代に作られた大規模団地が、ちょうど今、耐用年数切れを迎えていて、その需要が大きいんですって。 こっそり福井社長にうかがったら、新築で管工機材を入れるよりも、取り換えるほうが(状態にもよりますが)倍以上、お金がかかることがあるんだそうですよ〜。へえええ。 クリエイト株式会社は、もともと戦後、排水の分野を専門に生まれた会社です。ライバル各社は給水から始まっているので、まずその時点で強みがあります。現在扱っている商品は4000アイテム以上ということで、豊富な品揃えも魅力のひとつ。 かつ、メーカー機能だけでなく、全国に営業所を展開する巨大な販売網を持つ商社機能を備えていて、注文から1時間以内に商品を届けられる状態にまで整備がすすめられています。このジャスト・イン・タイム体制も、強みになっています。 私たちの生活に欠かせない管工機材。生きていく限り、お世話になり続ける企業、それがクリエイト株式会社なんですよ!どうぞ、オンデマンドで詳しくチェックしてくださいね♪ それでは、皆さん、暑さに負けずがんばりましょう!また来週です★


GMOアドパートナーズ(8728・大証HC)高橋信太郎社長

高橋社長を囲んで 〜オンデマンドを聴く〜 リスナーの皆さん、こんにちは。内田まさみです。 日差しが一段と強くなりましたね。この逃げ場のない暑さには、正直閉口してしまいます。結局エアコンで暑さをしのいでしまって…自分の『エコ』指数の低さには本当にガッカリ。素敵な夏のすごし方があったら教えてくださいね♪ さて、今回のゲストはGMOアドパートナーズ(株)代表取締役社長の高橋信太郎さんです。 高橋社長はまさに『夏』がぴったりの雰囲気。7月1日に、旧社名『まぐクリック』から社名変更され、決意も新たに熱くお話いただきました。 GMOアドパートナーズ(株)は、中堅広告代理店と組んで、顧客ニーズに合わせたインターネット広告を企画・提案している会社です。 2007年のインターネット広告費の市場規模は6003億円で、このうちの約6割は大手ネット専業代理店、約4割は中堅中小代理店が占めているのだそうです。 この中堅中小代理店の占有部分が、成長期あるいは未開拓領域として、今注目されている領域。この領域に強みを持っているのが、GMOアドパートナーズ(株)なのです。 そうそう、先日「iフォン3G」の発売が世界的な話題になりましたね。このモバイル分野も、端末の機能向上やパケット通信定額制が普及する中、大きな成長が見込まれている分野です。新しい広告手法が続々と生まれているのだそうですよ。GMOアドパートナーズ(株)はこのモバイル分野にも力を入れています。 景気動向が敏感に反映する広告業界の中で、成長分野を見極め注力している企業GMOアドパートナーズ(株)。詳しくは、オンデマンドでお聴きくださいね♪ では、また来週お耳にかかります☆


ザッパラス(3770・東証マザーズ)杉山全功社長

杉山社長を囲んで 〜オンデマンドを聴く〜 皆さん、こんにちは!梅雨もまだ明けず、今日は傘を持っていった方がいいのかしらと頭を悩ませるこの季節、気になるのは天気予報・・・ですよね♪ 今日は、天気予報、そしてニュースと並んで、毎日見ても飽きないものひとつ、『占い』をケータイコンテンツとして提供している企業をご紹介します。 ゲストは、株式会社ザッパラス 代表取締役会長 兼社長の杉山全功(まさのり)さんです。 今でこそ、ケータイの占いコンテンツといえばザッパラスというくらい、定着した感のある会社ですが、もともと「占いありき」ではなく、可処分所得の高い若い(いわゆるF1層:25歳から34歳の)女性をターゲットにした会員制ビジネスを展開しようというのが第一のテーマだったんだそうです。で、若い女性に売れ続けるコンテンツということで、占いに白羽の矢が立ったと・・・。 確かに、女性って占い好きですもんねぇ。ターゲット層ど真ん中の私も納得してしまいました。 が!!!ザッパラスのすごいところは、ただ占いに眼をつけたってことだけではありません。 実は、占いって会員情報を入手するには最適のコンテンツなんですって! 生年月日に血液型、名前に住所に趣味、職業・・・500万人いるというザッパラス会員の若い女性が進んでこうした個人情報を提供してくれるんです。そりゃ、占い結果を手に入れるためなら、生年月日を虚偽申告して年齢をサバ読むわけないですよね。 こうしたデータをもとに、会員が今求めているサービスは何かということをきめ細かくチェックして、提案していく・・・これこそが、他の占いサイトを展開するだけの企業には真似できない「ザッパラスならではの強み★」なんですねえ。 しかも、杉山会長は「これからがザッパラスの成長の第二ステージ」と高らかに宣言していらっしゃいます。 それを牽引するのが、占いに続く第2の柱、「コミュニケーション・コンテンツ」の成長です。いわゆる「デコメ=デコメール」、ケータイのメールを装飾するサービスが、今まさに急成長を遂げているんだそうです。 そういえば、ちょっと前までは「中高生など、若い女の子が使うもの」とばかり思っていた「デコメ」が、私たち、さらには中高生の親御さんの世代まで浸透し始めてますもんね。 占いコンテンツの会員である500万人もの女性が、そのままザッパラスのデコメを使い始めたら・・・業績ももちろんうなぎのぼり! ましてや、クチコミ大好きな女性たちですからね。会員じゃない女性でも、自分がもらったデコメがかわいければ、「じゃあ、ザッパラスのデコメを使ってみよう!」ってことになるのは想像に難くありません! 毎日見ても飽きないコンテンツとして「占い」を選んだこと、そして、そのコンテンツをもとに膨大な会員データを収集し、ビジネスに活用したこと、この2点が今のザッパラスの成長を約束したといても過言ではないですね。 今日は個人的にも素晴らしいビジネスモデルだなと感動を覚えながら収録に臨みました。是非、オンデマンドでチェックなさってくださいね!「ザッパラス」の名前の由来の「ホントのトコロ」もお話いただいてますよ♪ それでは、今日はこのへんで!皆さん、また来週です☆


デジタルハーツ(3620・東証マザーズ)宮澤栄一社長

宮澤社長を囲んで 〜オンデマンドを聴く〜 暑くなってきましたね。蒸し暑さをしのぐのにエアコンが欠かせなくなってきたんですが、エコも心がけねばならず・・・。なかなかむずかしいところです。 さて、今日のゲストは株式会社デジタルハーツ 代表取締役社長 兼CEOの宮澤栄一さんです。 デジタルハーツはデバッグの専門会社です。 デバッグとは!?ゲーム(やケータイ、パチンコ機器)に組み込まれているソフトウェアの不具合=バグを見つけ出し、解消することを指します。 ただ、実際はデジタルハーツが行っているのは「バグを見つけ出す」ことだけで、「改善」作業は行っていないんです。「バグを見つける」作業を言い表す言葉が、まだ存在しないんですって。実にニッチなお仕事ですよね。 これまでは、メーカーが開発と同時にこのデバッグも行っていたのですが、開発競争の激化、開発サイクルの加速化を受けて、デバッグのアウトソーシングが進んでいるんだそうです。 そんななか、デジタルハーツは世界でも唯一といわれるデバッグの専門会社として、これまでに蓄積した膨大なバグ情報を活用し、存在感を高め続けているんです。 宮沢社長の未来予想図は・・・「Made in Japan から Checked by Japanへ」 細やかで繊細な日本人だからこそできるチェック作業、それがデバッグ。見つけ出せるバグの数が全然違うんですって!!海外への進出も、この「日本でデバッグしました」ブランドをもってすれば、成功間違いなし!? 今回の放送はとっても盛りだくさんです。実は元作詞家でいらしたという宮沢社長の横顔など、ききのがせませんよ!ぜひぜひ、オンデマンドでチェックしてくださいね♪ それでは、今週はこのへんで!皆さん、また来週です。


アクロディア(3823・東証M)堤純也社長

堤社長と一枚! 〜オンデマンドを聴く〜 皆さん、こんにちは☆國友真由美です。 洞爺湖サミット開幕を目前に控え、東京都内は今まで見たこともないほど厳重な警戒態勢が敷かれています。何事もなく終わればいいのですが・・・。 さて、今日のゲストは、株式会社アクロディア 代表取締役社長兼CEOの堤純也さんです。去年もご登場いただいたんですが、アクロディアは、この1年程の間に、さらにさらに大躍進を遂げていらっしゃいますよ! アクロディアは携帯電話の中に組み込まれているミドルウェアの開発を行っています。「ミドルウェアって何?」となった方も大丈夫!番組内で堤社長にわかりやす〜くご解説いただいてますからね。 ここでは簡単にご紹介しておきましょう。 ミドルウェアとは、多機能化する携帯電話を、私たち誰もが簡単に使いこなせるようにするためにと、日夜、携帯電話の中で働いてくれている小人さん・・・だと思ってください。 アクロディアがすごいのは、その「小人さん」が日本の大手携帯電話キャリア3社すべてで!働いていることなんです。 ・・・でも、ここまでは、去年ご出演いただいた際にもお話いただきました。現在のアクロディアはさらなる進化を遂げています! まずは製品ライナアップの拡充!家庭のインターフォンに携帯電話で出てしまおうという「VIVID TOUCH」のほか、ゲームの世界やECサイトシステムにも進出し、収益モデルの分散化をはかっています。 また、携帯電話以外の市場の開拓にも乗り出しており、業績の伸びも実に楽しみな状況なんです。 これまで、「日本の携帯電話は世界では売れない」・・・ってイメージがありませんでしたか?でも、堤社長は「携帯電話の『中身』は世界で売れている」そうなんです。アクロディアも、もちろん海外での展開が進んでいます。 どうぞ、詳しくはオンデマンドでチェックなさってくださいね! 今週は、携帯電話で働く「小人さん」を作っている「小さな巨人」、アクロディアをご紹介しました。それでは、皆さん、また来週です♪


エス・イー・エス株式会社(6290・JQ)北島文雄常務取締役CFO

北島CFOを囲んで 〜オンデマンドを聴く〜 皆さん、こんにちは。國友真由美です。 梅雨も真っ只中、だんだん蒸し暑さに辟易・・・しはじめるころですよね。体が暑さに慣れてない今が、熱中症になりやすいシーズンなんですって。どうぞ、皆さん、お気をつけて・・・。 さて、今日のゲストは株式会社SES 専務取締役CFOの北島文雄さんです。 収録前、スタジオに現れたキャスター:桜井英明さんは、開口一番「今日は大注目の太陽電池!SESだよ!楽しみだねえ」・・・環境サミットと目される洞爺湖サミットを控え、ますます大注目の会社ですよね。 SESはもともとは半導体を作る工程のうち、洗浄と乾燥に強みを持っています。 しかし、事業の柱が半導体一本だと、どうしても「シリコン・サイクル」に左右されやすいため、新たな柱としたのが太陽電池。現在、太陽電池の製造工程を一括して(フルターンキー)提供するため、準備が着々と進んでいるそうです。 実は、この太陽電池を事業の柱とするにあたっては、驚きの裏話があったんです。桜井さんも私も、ほんとにビックリでしたよ! そして、番組後半では今後の成長戦略をうかがっています。 SESの業績は、なんと今後、倍倍ゲームで伸びていくようなんです!半導体部門での積み上げ、太陽電池部門での躍進など、売上予想を示していただきながら検証しておりますので、どうぞオンデマンドでお聞きくださいね。 北島専務によりますと、太陽電池元年は2015年と目されていたんですが、このところの発展で2013年に前倒しされそうなんですって。桜井さんも、今は1ジャンルにすぎない「太陽電池」が、今後、半導体のように、「太陽電池産業」として地位を確立するのではないかと期待をこめて確信なさってましたよ! 海外の投資家からも非常に注目されるSES。日本国内の優秀な技術力をもつ会社を、私たち、日本の投資家が見過ごすわけにはいきません!今後とも要チェック!!でお願いします。 それでは、今週はこのへんで。。。皆さん。また来週です♪


ナノキャリア株式会社(4571・東証M)中冨一郎社長

中冨社長を囲んで 〜オンデマンドを聴く〜 皆さんこんにちは!仲田奈々です。 今週は、今年3月に東証マザーズに上場したばかり、ナノキャリア株式会社 代表取締役社長 中冨一郎さんをゲストにお迎えしてお送りしました。 まず、ナノキャリア株式会社がどのような企業かを一言で説明すると、 「ナノテクノロジーを用いた、ミセル化ナノ粒子による ドラッグ・デリバリー・システムに強みを持つ                  創薬ベンチャー企業」 コテコテの文系の私には、ただ?マークが浮かぶばかりでした(苦笑) が、私と同じような印象を持たれた方も、おまかせ下さい。 しっかりとお話を伺っています! 現代ではその死亡率が約60パーセントと、非常に恐い病気とされている「がん」。 治療の為に用いられる抗がん剤は、副作用が重いことでも知られています。 この副作用は、「がん細胞」を攻撃する為の薬剤が健康な細胞まで犯してしまうから、引き起こされてしまうんですね。 そこで、ナノキャリアは、 「“がん細胞”だけを狙い、作用する抗がん剤」 を研究・開発することに着手しています。 つまり、がん細胞だけを狙った『ステルスミサイル』のような薬を作っていらっしゃるということなんですよ。 この抗がん剤が完成すれば・・・ ・副作用が軽いため、入院する必要がなく、日帰り治療が可能。 ・「がん」だけに作用する薬剤の濃度を高めることが出来、治療効果も期待できる。 などなど・・・安全性、利便性が向上し、患者さんの負担は驚くほど軽減されることになります。 素晴らしい技術ですよね! 現在は、独自の“ミセル化ナノ粒子”技術のパイオニアとして、順調に研究、開発を続けるナノキャリア。 将来的には製造、販売まで手掛ける「スペシャリティー ファーマ」を 目指しています。 このマーケットの規模はなんと5兆円!ということですから、 この抗がん剤が製品化された際には、どんな成長を遂げるのか、 ビジネスとしても本当に楽しみですよね。 薬学博士でもある中冨社長は15歳の時 「不老長寿の薬を作ってあげる」 と、ご両親に約束されたことがきっかけで、今もこの道を突き進んでいらっしゃる のだそうです。 一つ一つ言葉を選んで、誠実にお話頂く姿がとても印象的でした。 番組ではさらに詳しく、現状や将来性についても語って頂いています。 ぜひお聴き下さいね!


ビック東海(2306・JQ)早川博己社長

早川社長を囲んで 〜オンデマンドを聴く〜


株式会社プロシップ(3763・JQ)川久保真由美社長

川久保社長を囲んで 〜オンデマンドを聴く〜


ワークスアプリケーションズ(4329・JQ)牧野正幸社長

牧野社長を囲んで 〜オンデマンドを聴く〜 皆さん、こんにちは。國友真由美です。 5月ももう終わり・・・いや〜な梅雨がやってきますね・・・。ホントにやだなあ。 さて、今日のゲストは株式会社ワークスアプリケーションズ 代表取締役・最高経営責任者の牧野正幸さんです。 大企業向けの人事・給与・会計などの業務統合パッケージソフトを開発、そして販売しているワークスアプリケーションズ。もう一つの柱として、保守や業務代行事業も展開しているため、安定した収入が得られるビジネスモデルが魅力です。 これまでの日本企業は、業務統合パッケージソフトを自ら開発=オーダーメイドしていましたが、世界的な流れとしては、レディメイドで開発コストを浮かせるのが主流です。日本企業でもコスト削減が必須の今、レディメイドが俄然注目を集めるはず!のですが・・・、日本の企業に合った業務統合パッケージソフトのレディメイドは行われておらず、帯に短し、たすきに長し・・・という状況が長らく続いていました。 そんな現状を打開するために生まれたのが、ワークスアプリケーションズ。 日本企業にあった業務統合パッケージソフトをレディメイドで開発し、グローバルで認められる「メガ・ベンチャー」と目指しているのです。 j堅実すぎるほどに堅実な(!)成長戦略は、オンデマンドでお聞きいただくとして、私が一番驚いたのは、ワークスアプリケーションズの人材獲得戦略。なんとリクルーティングに20億円も費やしているそうなんです。 もちろん、世界で戦うためには、人材もグローバル化する必要があります。牧野社長はアジアでナンバー1をとれば、必然的に世界TOP3に入るとして、中国人留学生なども積極的に採用していらっしゃるということです。 ベンチャーが成長を続けるためには、優秀な人材を常に獲得し続けることが大事と話す牧野社長。これからの成長が楽しみですよね。 では、今日はこのへんで・・・皆さん、また来週です♪


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧