株式投資情報 2008年12月20日 (土曜日)

今週はこう動いた 「出来高減少」の中での「株価値上がり」

売り物途切れた間隙をぬう 今週(~19日)の動きの特徴は、?株価堅調、?出来高減少、?投資価値に暗雲、という点だろう。NYダウは、軟調だったものの、ひところに比べると荒い動きがおさまった。これを受けて日本のマーケットは、内需株中心に指数はそろって上昇した。 出来高は、大きく減少した。この点については、むしろプラス面に受け止められた。もともと、「買いが優先して出来高が増える地合いではない」。つまり、年末の換金売り等が一巡したとみられることによる。その合間を突く形で株価が値上がり...


討入り「大石内蔵助」がネットを愛用していたらどのように行動するだろうか?

「忠臣蔵」の心とネットの心は時を越えて結びつくか 12月は「忠臣蔵」が話題となる季節である。大石内蔵助の討ち入り。「あら楽し思いは晴るる身は捨つる浮世の月にかかる雲なし」と詠んだ。じっくりと主君のあだ討ちに取り組んで思いを遂げた男の心だろう。 ところで、インターネットの普及は、良くも悪くも社会を変えた。外国発信のポルノが氾濫し自己コントロールのできない男の、性犯罪を多発させている。一方で「発想・考え方」そのものに対しても、日本の良さを根底から揺るがせている。 「今すぐ欲しいも...


シナジーマーケティング 好業績背景に8連騰

シナジーマーケティング<3859>(大ヘ)は19日、前日比5000円高、7.37%上昇の72800円まで値を飛ばし、これで8連騰達成となった。同時に11月25日以来の7万円の大台乗せとなった。 9日に6万円まで下げたが、そこで持ち応え、その後上昇に転じた。1日から19日までに行った自己株式取得(5株)が奏功した模様。これで9月17日から開始した自己株式取得累計は716株(発行済み株式総数の3.46%)に上った。また11月11日発表済みの08年12月期3Q業績の好調さも背景に...


パーク24は駐車場数拡大と運用施策多様化で業績維持に挑む

パーク24<4666>(東1)の08年10月期は、不動産投資市況の悪化などに伴う、土地の一時的活用法として、時間貸駐車場への需要が高まるなど開発環境が堅調に推移し、時間貸駐車場「タイムズ」の運営台数拡大を図った。一方、ガソリン価格の異常な急騰から、消費者の自動車使用控えによる需要減少傾向が続き事業環境は悪化した。その結果、連結売上高は、80,834百万円(前年比7.1%増)、営業利益8,936百万円(同29.4%減)、経常利益8,260百万円(同30.4%減)、当期純利益4...


日本パーカライジングは自社株買いを発表――引け後のリリース、明日の1本

日本パーカライジング<4095>(東1)は19日の大引け後に、自社株買いを発表した。期間は22日~2009年3月19日。取得株式総数(上限)は150万株(発行済み株式総数の2.3%)。取得価額の総額(上限)は12億円。単純に割ると、1株800円の計算となる。 19日終値は15円安の743円。PERは6.07倍と割安でもある。今期連結業績予想は前年比微減収微増益。


大引けの日経平均株価は78円安の8588円と3日ぶりに反落

大引けの日経平均株価は78円71銭安の8588円52銭と3日ぶりに反落。TOPIXは4.26ポイント下落、日経ジャスダック平均株価は0円76銭安と3日続落した。 値上がり業種は、証券商品先物、医薬品、情報・通信、銀行、不動産など7業種。 値下がり業種は、鉱業、ゴム製品、水産・農林、石油石炭製品、その他金融など26業種。 東証1部市場値上がり425銘柄、値下がり1181銘柄、変わらず104銘柄。 225採用銘柄の値上がり率上位は、宇部興産<4208>(東1)、大和証券グループ...


大王製紙が高値更新、オバマ次期米政権がバイオ燃料の増産支援

大王製紙<3880>(東1)が、23円高の1110円と反発し8日につけた年初来高値1107円を更新している。9日付の日本経済新聞朝刊が「オバマ次期米政権が、バイオエタノールなどバイオ燃料の増産支援に乗り出す姿勢を鮮明にし始めた。石油に代わる再生可能エネルギーの推進論者を農務長官に起用。農政と環境・エネルギー政策を融合する枠組みを示し、食料生産と競合しない「第二世代」と呼ばれるバイオ燃料の実用化にも取り組む構えを見せる。 環境対策と雇用創出を同時に実現する戦略を描いており、景...


東洋炭素は続落から下値3000円フシに当たり反発。まずは次のフシ4000円奪回へ

東洋炭素<5310>(東1)は後場も続伸。250円高の3270円まで買われている。 11月10日につけた直近高値4930円から反落・続落してきた、前日18日につけた直近安値3000円で底打ち。そこからのリバウンド局面となっている。この3ヵ月ほどのチャートを見ても、下値3000円フシは堅いようだ。 信用残は3.95倍の買い長で、買い残が増えている。市場でもリバウンドを期待する向きは多いようだ。次のフシであり25日・13週移動平均線でもある4000円ライン奪回を目指す。


富士電機HDは傘下の富士電機モータと日電産の提携断念正式発表も、後場しっかり

富士電機ホールディングス<6504>(東1)はしっかり。5円高の135円まで買われている。本日19日前引け後の12時に、傘下の富士電機モータが、日本電産<6594>(東1)との資本提携を見送ると正式発表した。前日18日に日経新聞等ですでに報じられていたため、織り込み済みだったようだ。 チャートを見ると、11月21日につけた年初来安値99円から反発。ジリ高トレンドで来ている。信用残は1.58倍の買い長だが、売り残が増えている。目先、調整場面がくると見る向きも多いようだ。


ザッパラスが続伸、銀行系証券ではなお利益率が上昇と指摘

占いが主力、携帯電話向けコンテンツ配信のザッパラス<3770>(東マ)が、7000円高の21万7000円と続伸している。前日18日、銀行系証券が、ゲームコンテンツの投入を積極化してもなお利益率が上昇としてレポート(投資判断付与なし)を出している。2009年4月期2Q(8ー10月)は、1Q比でデジタルコンテンツの売上が減少したことが懸念されるが、一時的なものであると指摘。1Qが強く推移したと考えるべきであり、2Q実績を懸念しすぎると中長期的な同社の成長を見誤る結果となるとして...


きょう東証2部上場のソフトクリエイト(主市場ヘラクレス)は反発。好業績・好財務

受託開発系システムインテグレーション事業、eコマースサイト構築エンジンの開発提供事業などを行なっている、ソフトクリエイト<3371>(東2)(主市場ヘラクレス)は反発。65円高の685円まで買われている。株マニ13日付け『今週の注目銘柄』で既報のとおり、本日19日から東証2部上場にも上場した。東証2部では690円まで買われている。 現在の株価でPERは4.94倍と割安。今期連結業績予想は前年比増収増益。『会社四季報』には、次期2010年3月期も増収増益の予想値が出ている。9...


ソフトバンクが続伸し上値追いを鮮明に

ソフトバンク<9984>(東1)が、90円高の1575円と続伸し上値追いを鮮明にしている。同社傘下のソフトバンクモバイルの新規契約から解約数を引いた純増数が19カ月連続で首位、12日付で外資系証券が投資判断を新規「買い」、目標株価を1700円としたことが買い手掛かり。信用取組倍率が0.85倍と信用取組面から短期資金を呼び込む動きとなっている。株価は、9月12日の高値1741円が目先の上値として意識されており、もう一段高があるかもしれない。


久光製薬は後場も続伸。中期続落から下値3400円フシ確認して反発。信用取組も

久光製薬<4530>(東1)は後場も続伸。240円高の3700円まで買われている。 9月4日につけた上場来高値4980円から反落、続落してきたが、下値フシ3400円ライン確認から反発に転じている。信用残も、0.21倍の売り長だが、買い戻しが入ってきている。このまま続伸で、まずは次のフシ4000円ラインまで戻していきたい。 今期2009年2月期連結業績予想は前年比増収増益。『会社四季報』には、次期2010年2月期も増収増益の予想値が出ている。


関東電化工業は続伸、出来高急増。電池関連株に買い集中、オバマ関連としても動意づき

古河系の化学メーカー、関東電化工業<4047>(東1)は続伸。38円高の320円まで買われている。出来高も急増している。引き続き、リチウムイオン電池関連銘柄として買われているもようだ。オバマ次期米大統領の関連銘柄としても、新エネルギー関連株が動意づいている。 PER8倍台の割安さ、株価3ケタで単位1000株の売買しやすさも魅力。信用残は16.48倍と大幅な買い長だが、買い残がさらに増えている。上値の重しとなる懸念はあるが、ここでは「今後も上がる」と見る向きが多い証左と取っ...


シモジマは連日のように新高値。1400円フシか、日柄で調整か

包装資材の専門商社シモジマ<7482>(東1)は続伸、新高値。7円高の1370円まで買われ、前日18日につけた1365円を更新した。連日のように高値更新しているが、本日19日付け日経産業新聞で「シモジマ、在庫を常時把握 10年メドにシステム刷新」と報じられたことも、手がかり材料となっているもようだ。 信用残は0.09倍の売り長で、売り残が大幅に増加。中期続伸、連日の高値更新でそろそろ反落のはずなのだが…。1400円フシか、「クリスマス商戦」が買い材料となっている面があるので...


戻る ページトップに戻る
一定期間無利息で選ぶ
金利で選ぶ
審査時間で選ぶ
利用限度額で選ぶ
自動契約機で選ぶ
学生向けキャッシング
女性向けキャッシング
事業主向けキャッシング
銀行系キャッシング
消費者金融キャッシング
信販系キャッシング
キャッシングについて
年利・利息の計算方法
返済方式について
最新ニュース一覧